2005年11月

2005年11月30日

阪神JF 穴候補はアサヒライジング!

消してみようと思ってたアルーリングボイスが昨日のデータでは消えず、代わりに?ファンタジーS2着、3着のラッシュライフニシノタカラヅカが回避していなくなっちゃうという状況。

何だかアルーリングボイス物凄く1本被りしそうな雰囲気ですね。

飛べば高配当が期待できそうですが…。

それでは今日も過去の傾向から。

小倉2歳S
小倉2歳Sの連対馬の阪神JFでの成績です。データは小倉で行なわれた過去10回分を参考にしました。
小倉2歳S1着馬
Ν┃
2着馬

非出世レースとして有名。勝ち馬には早熟馬が多く小倉2歳Sが競争生活のピークだった馬も少なくないが、タムロチェリーみたいに2歳いっぱいまでは持つ馬もいるので注意が必要。

また03年の1、2着馬はそのまま朝日杯FSでもワンツーを決めるなど、最近傾向が変わってきた模様。そのメイショウボーラー、コスモサンビームともに小倉2歳Sの後に重賞で勝利して2歳G気膨んできた。こういうタイプは少なく過去10年で3頭のみ。その3頭の朝日杯での成績は着と好成績。

牝馬では前例がないので何とも言えないがアルーリングボイスは数少ない好走パターンに当て嵌まってる気がする。

連勝中
これも過去10年のデータです。
2連勝中の馬
´↓´


3連勝中以上の馬


連勝中の馬は強い!勝ったり負けたりが多い牝馬において連勝できるのは能力のある証拠。また前走負けていても連勝経験のある馬は注意。アインブライドやタムロチェリーも連勝経験ありです。

3連勝以上の馬は案外な成績ですが、掲示板外にぶっとんでるのは重賞実績がないシーズグレイス、小倉2歳S以来のコウエイロマン、前走が交流重賞のカシマフラワーなので調子に乗って切ると痛い目に合うかも。

大敗してる馬の殆どがレース間隔の開いた馬や前走ダートの馬。なので前走が10月以降で芝のレースを連勝中の馬に限定すると
´

使えません?これ。なかなかの複勝率。3連複、3連単の軸に良さそうです。今年該当馬するのはアイスドールアサヒライジングテイエムプリキュア。そしてアルーリングボイス

今日のまとめ
データ的にはアルーリングボイスに不安材料は今日も見つからない。ただ3着、4着、5着あたりになる可能性もあるとは思う。
ファンタジーS2、3着馬が回避するお陰で人気になりそうだがアイスドールはデータ的にも良さそう。ブログ人気してるのが気になりますけど…。
だったら血統的にも地味なアサヒライジングが狙い目かも?昨日のデータで目を付けたブラックチーターとこの馬が現時点での穴候補です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


阪神JF 出走馬の新馬レビューその1

23頭の登録ですか。しかし我がPOGグループからの出走は例によってゼロ。何だかなぁ。

23頭全部やるのはしんどいので、とりあえず出走賞金が足りている12頭を順にやっていきます。今日は6頭分です。

アイスドール・・・★★★★
(キャプテンスティーヴ×母父サンデーサイレンス)
母の全姉に トゥザヴィクトリーがいる良血馬。初勝利時は先行して叩き合いを制し、前走は末脚自慢の好面子が揃ったレースを鋭い瞬発力で差し切った。結構タフな競馬を経験しているのが強み。血統、実績からも阪神マイルに不安もないしG菊値の厳しい流れは向きそうな感じがする。

アサヒライジング・・・★★★★
(ロイヤルタッチ×母父ミナガワマンナ)
血統は地味だが素晴らしいスピードがある逃げ馬。血統からは距離延長は歓迎なハズ。多少ペースが速くなっても逃げた方が良さそうなタイプ。絡まれず自分のペースで行けるようなら、この相手でも逃げ切れる能力はあると思う。問題は同型馬の出方と初輸送。

アルーリングボイス・・・★★★+★
(フレンチデピュティ×母父エンドスウィープ)

完成度が高くレース経験も申し分ない。どんな競馬もできるしスピード、瞬発力もトップクラス。ただ気持ち阪神の1600Mが長そうなのと、ここまで使い詰めできてるので疲れが気になる。また逃げて押し切った小倉2歳S、少頭数のききょうS、外を回して差したファンタジーSと意外にも揉まれる競馬はしていない。母は気性が悪かっただけにそういう競馬に巻き込まれて力を出せないで終わる可能性もあるかも…。

エイシンアモーレ・・・★★★★
(エイシンワシントン×母父サンデーサイレンス)
前走の負けは力を出し切れていないだけに参考外。ただ完成度の高さを武器にデビューから連勝していただけに、上積みが期待できないのも確か。また1600Mも長い気がする。おまけに放牧明け。エイシンテンダーの近親だけに意外性はあるんですが不安材料がしこたまあるので手を出しづらい。

クリノスペシャル・・・★★+
(スペシャルウィーク×母父ヘクタープロテクター)
平均以上のペースでもいい脚を使う差し馬だが、前走は流れが厳しすぎたか付いて行けず末脚不発。もしかしたらトコトン溜めないと34秒台の脚が使えない馬なのかもしれない。また勝ったりんどう賞は例年よりもやや低レベルな印象。先行馬が自滅するなど流れも向いた。この相手ではきびしい感じ。

グレイスティアラ・・・★★+
(フジキセキ×母父ノーザンテースト)
芝では新潟2歳S4着が光るが、やはりダート向きの血統。新潟2歳では重馬場だったのも味方したと思う。それでも9馬身離された4着。相手が強かったとはいえやはり芝の一流馬とは分が悪い印象。大雨が降って流れが向けばひょっとするかも?


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競艇は思ったよりも好配当かも?

久しぶりに競艇の記事です。今回で3回目。

競艇は6艇立てだから当たりやすいんでないかい?と1回目の記事で書いたんですが、その分配当安いだろ!とあっさり反論されました。

まあその通りなんですが、恐らくみなさん思ってる程は安くはないかと。先日行なわれていたSG競艇王チャレンジカップ最終日の配当を見ると2連勝単式(競馬でいうところの馬単)の最低配当は450円。最高配当は6,090円でした。

12Rあって3ケタ配当は半分の6回です。

どうでしょ?意外についてる気がしませんか?気のせい?

ちなみにこの日の3連単の最低配当は1,090円。最高配当は27,560円。この他にも14,780円の配当が出ていました。

競馬の穴党でも十分満足できる配当だと思うのですがどうでしょ。

6艇立てなんで点数も絞れますしね!

と言う事で今日からあなたも「熱血KYOTEI宣言」です!

ちなみに上のキャンペーンの締め切りはいきなりですが今日まで。ガツンと申し込んで「iPOD nano」当てちゃって下さい。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 11:04|この記事のURLComments(1)TrackBack(1)競艇 

2005年11月29日

阪神JF 穴は懲りずにブラックチーター?

阪神JF過去の傾向から。と言っても過去にはキャリア1戦で連対したりと連勝中の人気馬がぶっ飛んだりと超難解な1戦。
果たしてどこまで過去の傾向が通用するか不明ですが、やらないよりはいいかも?やってみます。

データは過去10年です。

上位人気馬の成績
1番人気
´
2番人気

3番人気
´キЛ

人気馬がボコボコ飛ぶイメージがあったが、意外にも1番人気の馬は掲示板を外していないという事実。安定してるんですね。ただ2番人気は1連対のみでボロ負けも多い傾向。上位人気馬同士に大金を突っ込むのは危険。

ファンタジーS
ファンタジーSが出来てから過去9回の阪神JFのうち前走ファンタジーS組が3着以内に1頭もこなかった年は00年のみ。連対馬6頭、3着4頭と好ステップ。
そのファンタジーS連対馬の成績
1着馬

2着馬
きき

勝ち馬、2着馬ともにイマイチの成績。このうち阪神JFでも上位3番人気までに支持された馬は9頭いますがその成績は


ツルマルグラマー以外は一応掲示板は確保。勝ち切れないが大崩れもしにくい模様。う〜ん取捨に困りますね…。

連対馬はパンチ不足ですが、ボロ負けした馬が本番で穴を開ける事が結構あります。

アインブライド た裕ぃ恵紜Э裕ぃ叡
エイシンレマーズ /裕ぃ誼紜人気2着
タムロチェリー ┸裕ぃ隠庵紜Э裕ぃ叡
コンコルディア た裕ぃ乎紜人気3着

タムロチェリー以外はファンタジーSで4番人気以内に支持は受けています。ファンタジーSで人気を裏切った馬の巻き返しに注意です。
例外タムロチェリーは重賞勝ち馬。重賞実績もなくファンタジーSで人気にもならず惨敗している馬はつらいかも。

今日のまとめ
ここまで散々逆らってきたアルーリングボイスですが今日のデータでは掲示板は固そうな雰囲気。安定して走りそうです。馬券に絡むかどうかは枠と相手関係次第でしょうか?明日以降他のデータからも検証してみます。
穴が狙えるファンタジーS組からは2番人気で大敗したブラックチーターが怪しい予感。出るなら狙ってみたい。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


やっとこハンドルネームバトン

ちょっとバタバタしていましたが、先週の回顧記事もようやく終わりスッキリ気分一新。いよいよtuumooさんから頂いたHNバトンです。

久しぶりですね、こういうバトンは。

んじゃ早速。

1.HNの由来はなんですか?

ガンダム世代の皆さんは説明するまでもなく速攻分かると思うんですが、ガンダムの主人公アムロ・レイからです。アム郎、アムローも考えたんですがamurouにしました。理由は…忘れた。
今となってはアムローの方が良かったかな…。
安室○美恵からじゃないですよ。

2.差し支えなければ本名をお願いします。

そんな勇気ないです。

3.本名の由来はなんですか?

親の名前から1字貰って…。ありきたりな付け方ですよね。昔はあまり好きじゃなかった。なので自分の子供にはオシャレな名前を付けようとしましたが…。

歴史は繰り返す。

4.過去に使っていたHNを教えて下さい。

ないです。このブログを始めて初めてHNを使ったので。恐らく今後も変えないんじゃないかな。大きな事件を起こしてブラックリストに載らない限りは。

5.過去につけられたあだ名を教えてください。

大体名前で呼ばれます。なのであだ名みたいなのは付けられた事はないです。つまらん人生ですんません。

6.今までかわいいなと思った名前を教えて下さい

なんだろう?“子”の字が付いてるのが好きです。あとは“や行”。ヨー子とかU子とかかな。やさしい感じがするので。
でもヨイチキナコはちょっと違う。

7.一番好きな恋人になんて呼ばれたいですか?

特にないです。人前で呼ばれて恥ずかしくなければいいと思う。でも親父とは呼ばれたくないな。

8.HNと本名どっちが好きですか?

さすがに本名です。

9.もし生まれ変わってもその名前でいたいですか?

多分、現世でロクでもない事ばかりしてるので来世は虫か何かでしょう。名前を付けて貰えるかがまず心配。

10.次にまわす人。

誰かいますでしょうか?見ちゃった人お願いします。


競馬blogランキング
TOPに戻る


新馬レビュー ピルサドスキー産駒チェリーストームがデビュー戦勝利!

ひっそり更新。先週日曜の新馬レビューです。
日曜は五つ星以上の評価は残念ながらつけませんでしたが、粒揃いで面白そうな馬が多く勝ち上がりました。なかでも注目はピルサドスキー産駒のチェリーストーム。種牡馬として大不振のピルサドスキーですがひょっとしたら…。ひょっとするかも!?次走が早速試金石になりそうですが注目したい1頭です。

ところでマルカシェンクが骨折ですか…。毎年この時期になるとこういうニュースが入ってきますが…。ラストクロップ、サンデーの出世頭だけに何とも残念です。

5回東京8日(11月27日)4R 新馬 芝・1400M
ダノンブリエ・・・★★★★
Robertoの系統Mister Baileys産駒のマル外。外枠でスタートもさほど良くなかったが直ぐに押し上げて2番手へ。あっさり先行できるスピードもあるが鞍上もさすが。前残りで内有利の馬場だけに先行できたのも大きいが直線では余裕たっぷりに逃げ馬を交わして3馬身差の楽勝。

5回東京8日(11月27日)5R 500万下 ダ・1600M
ピサノバンキッシュ・・・★★★
相変わらずスピードが無さそうで前半は置いていかれ気味。後方からの競馬になったが4コーナーで外に出すと他馬とぶつかりながらもひるまず、ジワジワ伸びる。長〜くいい脚を使うタイプ。やはりダート向き。距離ももっと長い方が良さそう。

5回京都8日(11月27日)5R 新馬 芝・1800M
チェリーストーム・・・★★★★
ピルサドスキー産駒に高評価は危険な気もしたが、調教どおりの強い内容。道中は中団やや後ろからの競馬。4コーナーで団子状態の先頭集団を大外から追走し直線で連れて伸びてきた2着馬との追い比べも制して勝利。調教内容から相手のレベルに疑問はあるが、緩い流れを距離をロスしながら大外から差しきるのだから強い。

5回京都8日(11月27日)9R あけび賞 芝・1600M
ファイングレイン・・・★★★★
やはりスピードがある。内枠だった事も味方したが二の脚が速く楽に先頭へ立つとSペースに落としての逃げ。直線に入ると力強く伸び2馬身半差をつけて快勝。
レース間隔は開いたが初戦同様強い競馬で2連勝。レースを見ても血統的にもやはりマイルが良さそう。

5回東京8日(11月27日)1R 未勝利 ダ・1600M
ゴーファイトウィン・・・★★★★
エンドスウィープ産駒で母父Mtoto。3戦目で初ダート。道中は後方の内で待機。直線外に出そうとするが失敗し内から抜け出す。先に抜け出し差を広げにかかった2着馬をジワリジワリと追い詰めクビ差交わしてゴール。芝も2戦して3着2回なら悪くはないがダートならかなり強そう。

5回東京8日(11月27日)2R 未勝利(牝馬) 芝・1400M
ウエスタンビーナス・・・★★
好スタートを切るが控えて2番手からの競馬。内々を回り直線でも残り400Mで内から抜け出した。2着馬に馬体を併せられるともう一伸び。3/4馬身残して勝利。内有利な今の東京、その辺にも恵まれた印象。

5回東京8日(11月27日)3R 未勝利 芝・1800M
サクラマジェスティ・・・★★★
母は中山牝馬S3着のサクラアカツキ。父はサクラローレルで叔父にサクラエイコウオー、サクラケイザンオ−、近親にサクラセンチュリーとサクラファン期待の1頭。道中2番手から早め先頭で突き放す。ラスト200Mではセフティーリードを保ち後は流すだけの楽勝。成長力がありそうな血統だけに今後も楽しみ。

5回京都8日(11月27日)1R 未勝利(牝馬) 芝・1400M
プリティタヤス・・・★★★
7戦目での初勝利。今日も後方待機から末脚勝負。差し馬向きの展開にもなったが、4コーナーで外を回すと一気に加速し3馬身突き抜けての快勝。やっと順番が回ってきた。溜めればいい差し脚を使える。上のクラスでも展開が向けば勝負になる。

5回京都8日(11月27日)2R 未勝利 ダ・1200M
トーホウドンファン・・・★★★
父トーホウキングという珍しい馬。道中は中団の後ろから。4コーナーから徐々に追い上げ外に。前の4頭で決まったかと思ったら外から物凄い脚でまとめて差しきってしまった。前半スムーズになれば今日の末脚なら昇級しても面白そう。

5回京都8日(11月27日)3R 未勝利 芝・1800M
ヴィクトリーラン・・・★★★★
父はDeputy Minister産駒のヴィクトリースピーチ。前2走は早めの競馬だったが決め手に欠け2着。今回も中団やや後ろから外を回して早めに進出したが、直線で外に出すと楽に先頭に立ちそのまま押し切った。スパッと切れる脚がなさそうなのでスローの瞬発力勝負だと勝ちきれなさそうだが、上でも大崩れはしなそうな感じ。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年11月28日

ジャパンC回顧 デットーリ恐るべし

行って来ましたジャパンC。しかし凄いレースでしたね!世界の騎手の腕とビールに酔ってまいりました。

まずは予想結果です。予想はこちら

 1着▲アルカセット
 2着−ハーツクライ
 3着◎ゼンノロブロイ
 4着−リンカーン
 5着△ウィジャボード

 7着×ヘヴンリーロマンス
 8着○バゴ
 9着△スズカマンボ
11着×アドマイヤジャパン
12着△ベタートークナウ

タップダンスシチーが超Hペースで飛ばす大逃げ。さすがに捕まってしまったが盛り上げてくれた。
そして直線では激しい叩き合いでハナ差の決着と最後まで大興奮のレースだった。ゼンノロブロイとの叩き合いを制し、更に追い込んできたハーツクライとの叩き合いにも勝利するなど、世界の強さと世界ナンバーワンの腕を思う存分見せつけたアルカセットとデットーリ。そして2分22秒1のスーパーレコード。素晴らしいレースだったと思います。

馬券の方はロブロイの2着付けで馬単を買ったんですが、tuumooさんにそれなら3着だと書かれた挙句ホントに3着…。どうなってるんだ、コレ?システムが良くわからん。まるで手品のようであります。
一旦先頭に立って差されるという天皇賞と同じ負けパターン。最後のひと踏ん張りがきかないあたり、やはり衰えがありますね。有馬は3着も怪しいかも…。

2着ハーツクライは天皇賞着外からの巻き返し。データ的には巻き返しはキツイと思ったんですが、中から強引に伸びてきましたね。最後ハナ差届かなかったのはこの馬の勝負弱さなのか?デットーリの腕なのか?惜しくもまたもや2着。
ぶっつけでの天皇賞、またドスローに泣かされた事を考慮すれば、天皇賞3着以下からの巻き返しも納得はできるんですけど…。買えなかった。

勝ったアルカセットはやはり日本向き?東京向き?の血統が良かったんだとは思いますが、騎手の腕も大きかったと思います。
これでデットーリ騎手はJRA通算15勝目でジャパンC3勝目。しかも全部ハナ差だとか。凄いですね…。
僅か3センチの差なのにゴールを過ぎた時には勝ったと思ったとコメントしてる事からも正に“勝たせた”って事なんでしょう。恐ろしい騎手です。

それにしても面白いレースでした。やはり心情的には日本馬を応援しちゃいますけど、日本馬が勝ってばかりだと盛り上がらないのも事実。
来年以降も強い外国馬の来日を楽しみにしています。

ちなみに仲間が3連単600円ゲットして予定通り焼肉屋に直行する事ができました。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:59|この記事のURLComments(8)TrackBack(32)

ジャパンCダート回顧 折角◎きたのに…

昨日は予定どおり府中に出撃し、予定通り焼肉屋で祝勝会。1日中飲んだくれていました。おかげでまだ頭痛いです。

そんな訳で遅れましたが先週のレース回顧をしていきます。まずは不本意ながら大爆笑を提供してしまったジャパンカップダートからです。

まずは予想結果です。予想はこんなのでした。

 1着−カネヒキリ
 2着◎シーキングザダイヤ
 3着−スターキングマン
 4着○タイムパラドックス
 5着△サンライズバッカス

 7着▲サカラート
 8着△ユートピア
13着△タップデイ
14着△パーソナルラッシュ
15着△ヒシアトラス

打倒カネヒキリとか抜かして真っ向勝負。無印にした1番人気馬と本命馬で決まり馬連59倍…。
シーキングザダイヤ11番人気でしたか…。こういう穴馬から行く時は本命馬は押さえとかないとこういう馬鹿な目に合うという事を身を持って実証してしまいました。アホですね。

カネヒキリは3歳馬の成績が悪いのと血統的に府中の2100Mは長いと思っていたので切っちゃた訳ですが、好相性の武蔵野連対馬ですからね…。データ的には買えるんですよね。
ただ、勝つならぶっちぎるかなと思っていただけに、やはり微妙に距離が長いのでしょうか?

シーキングザダイヤは同年のフェブラリーSで連対、マイルCS南部杯で連対とデータ的に走る条件が揃いまくっていましたが、ホントに走りましたね。
来年以降もフェブラリーSと南部杯連対馬に人気薄がいたら積極的に狙う予定です。そんなにうまくは行かないだろうけど。

それにしても直線の3頭の争いは見応えありましたね。あまりにも人気がなかったので予想記事の買い目よりも手を広げて流したり、単勝も買っていたので余計に力が入りましたが結局ハナ差の2着。複勝なんか買ってナス。

勝利の女神さんは余程俺が嫌いと見えます。

いいレースだったんですが、何だか不完全燃焼な今年のジャパンカップダートになっちゃいました…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList