2005年11月

2005年11月26日

ジャパンカップ 最終予想

夕飯食べに行くためちょっと早いですがジャパンCの最終予想です。
明日は久しぶりの現地観戦なので当日午前9時以降に頂いたトラックバックやコメントのお返しが物凄く遅れると思います。すみません。(新馬レビューなども月曜日更新予定です。)必ずお返ししますので。

ちなみに明日の帰宅時間は寿司屋もしくは焼肉屋で祝勝会を開く予定のため、深夜になる予定です。いや深夜になる!深夜に帰りたい!美味しいもの食べたい!

そのためにも当てますよ〜。
それでは週中に書いたジャパンCの関係の記事です。
人気から データ データ

まず、データにもある通りゼンノロブロイは2着、3着の可能性が高いと思う。去年がこの馬のピークだとすると今年はやや落ち目。3歳から4歳春にかけての勝ち切れないロブロイに戻っている!ような気がする。

ただ3連複、3連単の軸にするには最適な馬。1着になると思っている馬に◎を打つのがホントの予想かもしれませんが、この馬に◎を打って3連複中心に馬券を買います。

相手は天皇賞3着以下からの巻き返しがないというデータがあるので、基本的には天皇賞組は軽視。1着のヘヴンリーロマンスと明らかに天皇賞が叩き台のスズカマンボだけ押さえて前走天皇賞組は終了。日本馬でロブロイに逆転できそうなのはスズカマンボだけじゃないでしょうか。

別路線のアドマイヤジャパンもデータ的には買いですが、ロブロイ逆転となるとちょっと力が足りない気がします。

なので1着候補は外国馬。過去最も連対馬を多く出している前走BCターフからバゴを対抗に。その他の外国馬ではベタートークナウアルカセットウィジャボードを押さえて終了。

買い目
◎ゼンノロブロイ○バゴ▲アルカセット
△ベタートークナウ、ウィジャボード、スズカマンボ
×ヘヴンリーロマンス、アドマイヤジャパン

馬連 ◎○▲BOX ◎−△△△ 6点

馬単(ロブロイ2着付け)
 ○▲△△△−◎ 5点

3連複(ロブロイ1頭軸) ◎−○▲△△△×× 21点

3連単(資金的に余裕がないので2頭軸マルチ)

◎○軸に相手▲△△△×× 36点

自信度 仲間が当てたら寿司屋に直行


競馬blogランキング
TOPへ戻る


新馬レビュー SS産駒エフセイコーが余裕の勝利!

今日は京都2歳Sも込みで一気に13レース分のレビューです。
その京都2歳Sではマルカシェンクが断然の人気に応えて優勝。これで無敗の3連勝。相変わらず強いですね…。

また東京新馬でもSS産駒エフセイコーが着差以上の強さを見せてデビュー戦を勝利で飾りました。やはり今年もサンデーなんでしょうか。

5回東京7日(11月26日)4R 新馬 ダ・1600M
ロックアウト・・・★★
クロフネ産駒で母父Danzig。道中3、4番手から直線で抜け出したが、抜け出してからがイマイチの伸びで差してきた2着馬に際どくクビ差まで追い詰められる。スピード感がなく最後も一杯に映ったが、516キロの大型馬で余裕残しの仕上げ。次走に上積みはありそうでガラリと変わる可能性がある。

5回東京7日(11月26日)5R 新馬 芝・1800M
エフセイコー・・・★★★★
道中は2、3番手で待機し直線入って直ぐに楽な手応えのまま先頭へ。直線半ばでも1頭だけ余裕の手応えで手綱も動かず。差してきた2着馬に迫られると追い出しを開始し余裕残しのまま1馬身3/4離してゴール。派手さはないが大物感たっぷり。父SS、母父Seeking the Goldの良血馬。

5回京都7日(11月26日)5R 新馬 ダ・1400M
フローレンスガール・・・★★★
ブイトール・・・★★★
逃げたフローレンスガール、直後に1頭挟んで2、3番手の外を進んだブイトール。直線では前を行くフローレンスガールをブイトールがジワリジワリと追い詰め差しきる脚色だったが、そこからフローレンスガールももう一伸びし、最後は馬体を併せてゴール。1着同着。2頭とも競ってしぶとく勝負根性あり。

5回京都7日(11月26日)6R 新馬 芝・1200M
タッチザピーク・・・★★★★
スペシャルウィーク産駒で祖母の全弟にSilver Charmの三冠を阻止したTouch Goldがいる良血馬。距離が伸びても良さそうだが、この距離でもスピード感たっぷりで2番手につけると、直線でも力強く抜け出して最後までしっかり伸び切った。2馬身半差をつけての快勝。強い。

5回東京7日(11月26日)1R 未勝利 ダ・1400M
ニシノインピッシュ・・・★★
好スタートから先頭へ。直線に入ると早めに他馬に並ばれ4、5頭横一線の叩き合い。交わされそうな手応えだったが最後またもう一伸びして結局最後まで抜かせずハナ、クビ差の接戦をものにした。スピードはないが勝負根性がある。自分のペースで逃げられたのも良かった感じ。

5回東京7日(11月26日)2R 未勝利 芝・1600M
トーセンエックス・・・★★★
3ヶ月振りで+14キロ。余裕残しの仕上げに見えたが好スタートから3、4番手に付けれるなどスピードも上々。早めに内から伸びてきた2着馬をあっさり捕らえ最後は2馬身半突き放しての勝利。3キロ減量騎手が乗っていたので半信半疑だがいいスピードがあるし、次走に上積みもありそう。

5回東京7日(11月26日)3R 未勝利 芝・1400M
コスモワイズマン・・・★★
ニューイングランド産駒で母父トウショウペガサスという渋い配合。前走は逃げたが、今回は控えて2、3番手からの競馬。直線途中で粘る逃げ馬を難なく交わし抜け出した。最後は差してきた2着馬に差を詰められたが半馬身残しての勝利。このレースで落馬したデムーロ騎手が心配。

5回京都7日(11月26日)1R 未勝利 ダ・1400M
ビッグムサシ・・・★★★★
アフリート産駒。4戦目で初ダート。抜群のスピードで先手を奪うと直線に入っても抜群の手応え。殆ど追うところなく軽く気合をつけただけで7馬身差の大楽勝。やはりダート向きか。母父はマルベンスキーで叔母にはファイトガリバー。距離にも融通が利きそうな感じ。

5回京都7日(11月26日)2R 未勝利 芝・1600M
ミスズエリコン・・・★★
道中は先頭から6、7頭一団となって進む流れを真ん中あたりで待機。直線では先行馬との激しい叩き合いを制し抜け出した。抜け出してから後方待機の2頭に猛追されたが何とか残して接戦をものにした。瞬発力はないが、なかなかしぶとくジワジワ伸びるタイプ。エリシオ産駒。

5回京都7日(11月26日)3R 未勝利 芝・1200M
ソニックベロシティ・・・★★
フサイチソニック産駒。道中は中団で脚を溜めると直線外から猛追。最後の最後でクビ差分捕らえて2戦目で初勝利。そんなに速い流れに見えなかったが先行馬がバテバテで展開も嵌った。今日は何とか差しきれたが上でも通用するような瞬発力には見えず、昇級後も好走するには展開の助けが必要な予感。

5回東京7日(11月26日)9R ベゴニア賞 芝・1600M
ブラックバースピン・・・★★★★★
道中は3、4番手からの競馬。直線に向いても前走同様手応え抜群だったが、追い出されてから外にヨレる場面も。内から盛り返した2着馬と中団から差してきた3着馬に詰め寄られれはしたものの最後まで踏ん張りきって何とか勝利。手応え的にはもっと楽に勝っても良さそうに見えたんだが…。

5回京都7日(11月26日) 京都2歳S 芝・2000M
マルカシェンク・・・★★★★★★
6頭立ての少頭数なレースだったが前半1000M60秒9で流れるまずまずの流れを今回も最後方からの競馬。安全策で外に出した分、中を突いた2着馬にあわやのシーンを作られたが、力で捻じ伏せて半馬身差で勝利。前走でもかなりの末脚を使ってる2着馬を2キロの斤量差がありながら余裕を持って交わすあたり、この相手では1枚力が上だった。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年11月25日

ジャパンカップダート 最終予想

ジャパンCダート最終予想。まずは週中に書いた記事です。
データ データ

今週何度となく書きましたがカネヒキリはやはり消す事にしました。△で押さえる事も考えましたが、人気的にも馬券妙味がなさそうなので。
消した主な理由は距離が長そうなのと、3歳馬不振のデータです。ただ武蔵野S連対馬が好相性なのが気になりますが…。

いろいろ矛盾してますが同じ3歳馬のサンライズバッカスは押さえる予定。こちらは母父リアルシャダイ。距離も持ちそうな感じ。人気的にも3歳馬ならこっちかなと。いいのか?これで。裏目にきそうな予感がプンプンしてます。

それでは◎です。重視する実績は交流G気任呂覆中央のG機F映のフェブラリーS連対馬シーキングザダイヤを本命にします。またマイルCS南部杯連対馬も好成績。負けはしたもののその後JBCクラシックを使ったのも好ローテ。それに左回りに変わるのも合うハズ。いいとこづくしなのに人気もなさそう!

対抗はタイムパラドックス。今年の流れが連覇失敗なのが気になりますが、実績、ローテ全てが完璧。安定感もあり3着は外さない気がします。本命馬と3連単2頭軸で勝負。

単穴にサカラート。前走が案外の内容ですが左回りは3戦3勝。折角前走の負けで人気を落としそうなのに鞍上で人気しそうなのが気に入りませんが、世代交代があるならこの馬でしょうか。軽視できません。

押さえはユートピアパーソナルラッシュヒシアトラスに上で上げたサンライズバッカスと外国馬タップデイ

恐らくシーキングザダイヤは人気薄だと思われるので手広く行きます。オッズ次第でもうちょっと流すかも。傷口が広がるだけかな…。

買い目
◎シーキングザダイヤ○タイムパラドックス▲サカラート
△サンライズバッカス、パーソナルラッシュ、タップデイ、
ユートピア、ヒシアトラス

馬連 ◎○▲BOX ◎−△△△△△  8点

ワイド ◎−○▲△△△△△ 7点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△△ 36点

当初は翌日のために軽く遊ぶつもりでしたが、気付くと買い目も増えてやる気満々。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


今週の注目2歳馬 シーザリオ半妹シルクプレアデスがデビュー!

折角11頭分も出走馬考察を書いた京都2歳Sが6頭立て…。6頭立てだと過去の傾向がどうの言ってもしょうがないので、京都2歳Sのデータは調べてません。

しかし6頭立てとは…。マルカシェンクのせいでしょうかね?

馬券的にもつまらなくなっちゃったんで、見るレースにした方がいいのかな?勝ちっぷりに注目しましょう。

それではその他の今週出走する2歳注目馬です。

東京
サンデーサイレンス産駒の大物候補エフセイコーが登場。母父はSeeking the Gold。全兄に東スポ杯2歳S4着、共同通信杯3着、スプリングS5着とパンチ不足で有名なセイコーアカデミーがいる。SS×Seeking the Goldは今年の2歳でもマジックアワーやブラックチーターが初戦から大物感のある勝ち方をしていますのでこの馬も期待できそうです。土曜の5R芝1800Mでデビュー予定。
このレースはキスミーテンダーやキッスパシオンの半妹ジャムセッション(父アグネスタキオン)や叔母にベガがいる良血馬スペシャルカード(父スペシェルウィーク)など、なかなか好面子が揃って面白そう。

500万特別のベゴニア賞はブラックバースピンが出走予定。初戦は3キロの斤量差もありアポロノサトリに1馬身半差の2着に敗れたが、続く未勝利戦では3馬身差の楽勝。能力は相当高そう。強敵はカイシュウタキオンコスモラバンジンあたりになりそうだが、それ以上に注目したいのがキンタマーニ
漢なら黙って単勝を購入するべし!

日曜日の注目馬は何と言ってもシーザリオの半妹シルクプレアデス。4Rの芝1400M戦でデビュー。父がスペシャルウィークからアドマイヤベガに替わってどうなるか?ですね。個人的にはお姉さん同様のノーザンダンサーのクロスもありますし、この馬も走りそうな気がします。大注目ですね。

京都
土曜の6R芝1200M戦には2頭のSS牝馬がデビュー。フェアリーSを勝ったタヤスブルームの娘ブルーミングスノーマルガリータです。
ブルーミングスノーの方はお母さんに似て芦毛。芦毛のサンデーは…のジンクスが気になります。マルガリータは社台Fの生産馬で母はドイツのG鞠蓮ただ名前がカミーユのお父さんの愛人と同じなんですよね…。気になります。
2頭ともスピードがありそうなタイプなだけに初戦から期待できそうです。

またこの日の2R芝1600Mの未勝利戦にデビューから3戦連続2着のステイゴールド産駒コスモプラチナが出走。4ヶ月の休養明けですが、やはりここも2着なんでしょうか?気になりますね。

日曜の注目レースは5Rの芝1800Mの新馬戦なかなかの好面子が揃いました。まずは半兄にスキャン、叔父にCaerleon。父はKingmamboで母父Nijinskyという超良血馬スティーブバローズが登場。ただ調教がイマイチな模様で、叩いてからかもしれません。
次にFantastic Light産駒のマル外ディーププレシャス。父の産駒からは早速ジャリスコライトが出ていますからねぇ〜。嵌れば大物が出そうな血統です。ただこの
馬も調教がイマイチ…。
またマジックキスの息子マジックポー(父ブライアンズタイム)もこのレースでデビュー。ただこの馬も調教が…。
もしこの辺の馬が人気になるようなら美味しい配当が待ってるかもしれません。
馬券はSS産駒のノンキからいこうかな。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年11月24日

ジャパンC ロブロイの相手はジャパンと外国馬!

ゼンノロブロイは2着か3着?実際そのまんまの記事タイトルで前回は記事を書いたんですが(コレ)、結構そう思ってる方も多いみたいですね。

ただそうなると1着の馬がわかんない。前回調べたデータでは天皇賞3着以下は不振。1着馬は牝馬ですし…。外国馬はわかんないし…。
そうなると注目されるのが別路線組。今日は別路線の馬を中心に見てみます。
データは過去10年で中山開催を除いた9回分です。

前走菊花賞
1着馬

2着馬

3、4、5着馬
キキ
6着以下


前走菊花賞からは3頭の連対馬が。3頭とも菊花賞の時期が天皇賞の前に移ってからの馬です。これはレース間隔が開いた為に力を出しやすくなったのもあるんでしょうが、出走する馬が単純に増えたのが1番の要員かと。

その開催時期が移ってからは中山開催を除く過去4回のレースで3頭が連対している訳なんでかなりの高確率で連対していると言えるのではないでしょうか?

今年出走予定なのはアドマイヤジャパン1頭。決して長距離向きとは言えない血統で強い競馬をして2着。
ちょっとムラっぽいところが気になりますが押さえておいた方が良さそうです。

前走アルゼンチン共和国杯
ЛΝΝ

デルタブルースが出てれば、いや出れてればまた違ったデータから調べるんですけど…。今年も消しでいいかも。

という事で。
過去のデータから買える日本馬はゼンノロブロイアドマイヤジャパンヘヴンリーロマンスの3頭。随分少ないな…。
恐らくこの3頭では決まらないので外国馬が突っ込んでくるパターンではないかと考えます。注目は過去10年で4回3着以内に突っ込んできている前走BCターフ組。その最先着馬バゴ。そして母父ニジンスキー系で父キングマンボといかにも日本向きな血統のアルカセットの2頭。
現時点ではロブロイ中心にこの4頭に流して馬券を買う予定です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


京都2歳S 出走馬の新馬レビューその2

なかなか楽しみな面子が登録していますが、やはり最注目馬はマルカシェンクでしょう。ウチの新馬レビューでもアドマイヤムーンショウナンタキオンジャリスコライトなどと並んで数少ない6つ星の高評価の馬。
ここを勝ってラジオたんぱ杯2歳Sでアドマイヤムーンとの無敗馬同士の対戦を是非見たいものです。

それでは昨日の続きです。前回の6頭はこちらから。

ドリームパスポート・・・★★★★
(フジキセキ×母父トニービン)
叔父叔母にステイゴールド、レクレドールがいる血統なのでいつかポカすると言い続けて早5走目。今のところ普通に走ってる…。前走は8頭立ての最後方から直線内に入り重馬場で33秒9の脚を使った。前でも競馬が出来るし瞬発力はかなりのレベル。前走でフサイチリシャールとの着差が広がってしまったが、展開と乗り方の差だと思う。力を出し切れればOPで勝てる力は十分ある。

ナイスソニック・・・★★
(フサイチソニック×母父ダンスインザダーク)
前走は1400Mで逃げ切り勝ちも相手にも恵まれていた。スピード感に欠けるのでもしかしたら短い距離より長い方がいいかもしれない。母父もダンスインザダークだし。溜めてもいい脚を使えないので逃げが合っていそうだが、単純に能力がOPでは不足気味。

フィールドカイザー・・・★★+
(クロコルージュ×母父ロドリゴデトリアーノ)
スローの瞬発力勝負では速い脚が使えないので厳しいようで、前走や初勝利時のようにあがりのかかる展開が合っていると思う。血統的には距離はこなせるかもしれないが、そういう意味では短距離、マイル向きではないかと。今回は速いペースで逃げそうな馬がいるのでひょっとしたら、ひょっとするかも?

マルカシェンク・・・★★★★★★
(サンデーサイレンス×母父Zafonic)
ここまで2戦は後方からとんでもない瞬発力を披露して楽勝。しかも、まだまだ余裕の手応え。普通に考えたらここは通過点で能力はこの相手でも1枚か2枚は上。不安材料はスタートが良くない事。今まではスローに流れたおかげで簡単に付いていけてるが、速いペースになった時はどうだろう?あとは他馬より斤量が2キロ重い。

メイショウゲンジ・・・★★
(マヤノトップガン×母父Lead On Time)
前走は大接戦をものにしたが、父内国産でやや低レベルなメンバー。レース振りからはマイルよりも長い距離が良さそうだし、厳しい流れが向いていそうなタイプ。ただ叔父にフロンタルアタックで父がトップガン。まだまだこれからの馬で2歳戦から活躍しそうには見えない。現時点ではOPだとスピード不足な印象。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年11月23日

ジャパンCダート シーキングザダイヤが怪しい感じ

とりあえず前回の記事からカネヒキリは消す方向(もしかしたら△つけるかも)ですが、何を買ったらいいのかわからないんじゃどうしようもないので今回は買えそうな馬を探してみる事にします。

データは中山開催を除いた4回分です。

JBCクラシック
1着馬

2着馬

3、4、5着馬


前走JBCクラシックはなかなか好相性。と言っても3回の連対中2回はアドマイヤドンなんですけど…。中山開催なのでここにはカウントされてませんがリージェントブラフもJBCクラシック4着から2着。
昨年のタイムパラドックスも3着からですし、着順はあまり気にする必要はなさそうです。

その他の交流G杵対馬
同年の帝王賞連対馬
キΝ
同年のマイルCS南部杯の連対馬
´↓
同年の川崎記念の連対馬

前年の東京大賞典連対馬
キЛ

交流G気両,素呂簣対馬と言っても不振傾向。交流G犠,舛脇辰傍い砲垢詆要はないかも。ただマイルCS南部杯を連対してきた馬がやたらと好成績。
連対馬以外にも南部杯5着から2着に入ったウイングアローもいて無視できないレース。
ちなみに南部杯→JBCクラシックのステップで来た馬は


勝ち星こそないが、なかなか安定しています。

フェブラリーS
同年のフェブラリーS連対馬の成績


距離が500Mも違うし間隔も半年以上あいてるのによく絡む。要注意の実績。今年はシーキングザダイヤが出走予定。
ちなみに同じ東京ダート1600Mの武蔵野S連対馬は


こちらも好相性。やはりカネヒキリサンライズバッカスを軽視するのは危険なんでしょうか?ただ唯一7着に沈んだのが3歳馬サイレントディール。うーん、悩みどころですね…。

今日のまとめ
フェブラリーS連対馬で南部杯→JBCクラシックのステップで来ているシーキングザダイヤに物凄い惹かれる。人気も無さそうだし面白そう。
そしてフェブラリーS4着で同じステップのタイムパラドックス。やはり人気でも押さえたほうが良さそうな感じ。ただ今年のキーワードが連覇失敗だとすると2、3着なんでしょうか…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


京都2歳S 出走馬の新馬レビュー

今週土曜はジャパンCダート。京阪杯があって目立ちませんが2歳戦も面白い。POGをやっている人間なら土曜のメインは京都2歳Sである!と言うのは言い過ぎですが、過去の4回の京都2歳S連対馬からはアドマイヤドンエイシンチャンプザッツザプレンティなどG鞠呂多数。
昨年は1、2着のローゼンクロイツヴァーミリアンがそのままラジオたんぱ杯2歳Sでも連対。3着のシックスセンスがクラシックで大活躍した出世レースです。

来年のクラシックを占う意味でも重要な1戦。要チェックです。それでは出走馬の新馬レビューの評価とちょっとした考察です。今日は6頭分。

アグネスヨジゲン・・・★★★
(アグネスタキオン×母父リンドシェーバー)
母がサイコーキララで血統からはいかにも早い時期に活躍できそうなタイプ。札幌での3戦は手応えのわりに伸びず人気を裏切り続けたが、京都に替わった前世で鋭い末脚を披露した。恐らく札幌の力のいる馬場が合わなかったのだろう。今回は引き続き京都。展開が嵌れば一発ありそうな予感。

アペリティフ・・・★★★
(エルコンドルパサー×母父サンデーサイレンス)
叔父にはエアジハード。Sペースの瞬発力勝負では分が悪いかもしれないが、好位からなかなかいい脚を使う。前走も今の2歳戦の2000Mでは速めのペースを4番手からの競馬で差し切った。スピードがありそうなので平均以上のペースの方が良さそう。

オースミタキオン・・・★★★
(アグネスタキオン×母父Caerleon)
初戦はスローの瞬発力勝負を制したが、前走萩Sでは後方から伸びず7馬身差の5着。重馬場が敗因の可能性もあるが2着馬が33秒9であがっているように、時計は出る馬場だったので単純にOPでは瞬発力不足の可能性が大きい。とはいえ4着のメイショウサムソンが東スポ杯であんな競馬してるので軽視は禁物かも。

セレーノカント・・・★★
(ハイライズ×母父アジュディケーティング)
逃げ馬だが溜めて逃げる訳ではなくHペースで飛ばす。前走も直線入って直ぐに突き放しているようになかなかしぶとい。今回も逃げるのだろうが、どの馬もHペースが苦手だった場合は残る可能性もあると思う。キャリア8戦と京都2000M3戦の経験も大きな武器。大穴で。

タキオンバッハ・・・★★★
(アグネスタキオン×母父ドクターデヴィアス)
スピードタイプのタキオン産駒。前走は単勝1.0倍という高い評価に応えて快勝したが、4ヶ月以上も前の事。東スポ杯2歳Sにも登録があったが、帰厩後まもなく仕上がりに不安があり回避と今回も仕上がりに不安を残す。例え仕上がっていたとしても2000Mも微妙に長い気が。そしてこの相手。今回は叩き台。

ダークメッセージ・・・★★★★
(ダンスインザダーク×母父ノーザンテースト)
鋭い瞬発力を使えるタイプで過去2走ともスローの流れを34秒台前半の脚で突っ込んできている。今回も確実にいい脚を使って追い込んでくるハズ。前残りになった前走でもただ1頭後方から追い込んできた。ただ、ゴール前ギリギリ差し切った初戦。追い込んで届かなかった前走と突っ込んでくるのが遅い印象。いい脚を使ったんだが…のパターンが目に浮かぶ。

残りの5頭はまた明日です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る 


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList