2005年12月

2005年12月27日

東京大賞典 シーチャリオットは何番人気??

有馬記念の時に散々今年最後の大勝負と書いた気がしますが…。あれは気のせいでした。

今年最後の大勝負は29日の東京大賞典と年末ジャンボ宝くじ。
まあ、後者は当たる気がしないので東京大賞典で勝負を賭けます。ファイナルSの払い戻し全額投入予定。

そこで今日は軽〜く過去の傾向からです。参考データは距離が2000Mになってからの過去7年分です。

上位人気の成績
1番人気
Л
2番人気

3番人気
´↓
ボロ負けもありますが、上位3番人気までが揃って連を外した事は1度もなし。連軸は上位人気から指名するのが良さそうです。また勝ち馬は全て4番人気以内から出ていますので、紐で人気薄を狙う場合は馬単で狙うのもいいかも。

ちなみに過去7年では5番人気までの馬が必ず3着以内に2頭は来ているので、3連単、複の2頭軸は5番人気以内から2頭選ぶのが良さそうです。

ジャパンカップダート
JCダートができてから5年間の成績です。
3番人気以内で前走がJCダートだった馬
´´Л
3番人気以内で前走がJCダート以外の馬
´↓↓
5年間で連対馬6頭と好ステップのJCダート組ですが、上位人気に押された8頭中半分の4頭が4着以下と意外にも信頼感に欠けるステップ。

むしろ前走JCダート以外の馬の方が安定感あり。唯一9着に敗れた1頭は昨年のパーソナルラッシュのみで米国BCクラシックからのステップなので例外的。
今年はJCダートをステップにしている馬が人気を集めそうですが、もしシーチャリオットあたりが3番人気以内に押されるようなら来る可能性大かな?

ちなみにJCダートで掲示板に載った馬の成績
´
人気でこける馬が多いのがこのパターン。過信は禁物のようです。

実績
前年の東京大賞典連対馬

同年のフェブラリーS連対馬

同年の帝王賞連対馬
´
同年のマイルCS南部杯連対馬

同年のJBCクラシック連対馬
´

これと言ったわかりやすい傾向は出ませんでしたが、JCダートではあんなに相性の良かったフェブラリーS連対馬はここでは連対なし。
JBCクラシック2着馬が2頭優勝していますが、この2回は大井で行なわれたレース。今年は名古屋なのでちょっと微妙な気も…。
ただ過去の実績馬より秋の交流G気馬対した馬の方が気持ち好成績。

今日のまとめ
正直難解でわけワカメ。アジュディミツオーから行こうと思ったんですが、前年の優勝馬は成績イマイチ。近走もちょっと元気なく…。
やはり南部杯、JBCクラシックと連続連対しているユートピア、帝王賞、JBCクラシック勝ち馬タイムパラドックスあたりが人気でも中心かも。

ただ、もしシーチャリオットが3番人気以内の支持を集めるようなら、データ的には買いなんですがどうなんでしょうね…。オッズを楽しみに待ちます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


新馬レビュー ヤマニンプレアデスがダートで初勝利!

やっとこ、土曜分が終了。
この日は芝よりもダートのレースで面白そうな馬が何頭か勝ち上がりました。
まずは中京の未勝利戦を勝った良血馬ヤマニンプレアデス。全兄姉のヤマニンセラフィム、ヤマニンアルシオンも早い時期に活躍していますし、この馬にも期待が掛かりますね。2戦目で初勝利!

次はクロフネ産駒のモンプティクール。ダート1200Mの新馬戦で9馬身も離しての大楽勝。レースレベルに疑問は残りますが、やはりクロフネ産駒はダートで走りますね…。早く次走が見てみたい、楽しみな馬です。

しかし2日分も溜めるもんじゃありませんね…。結構ハードでした。
日曜分はまた明日にでも…。

5回中山7日(12月24日)4R 新馬 ダ・1200M
モンプティクール・・・★★★
半姉にリトルオードリーがいるクロフネ産駒。道中は2番手からの競馬、手応え十分のまま直線に向かうとあとは突き離す一方で9馬身差の大楽勝。正直相手のレベルに疑問は残るが、力強い伸び脚で最後までバテていなかった。芝でも走れそうな血統ですが走りからはダートの方が良さそうな雰囲気。

5回中山7日(12月24日)5R 新馬 芝・1600M
タイキクラリティ・・・★★★
母はクリスタルC勝ちのタイキダイヤ、叔父にタイキフォーチュン、タイキリオンがいる血統のスペシャルウィーク産駒。いかにも早い時期に活躍しそうな血統ですが、レースは終始追い通しの若さが残る競馬。3コーナーから一気に2番手まで外を通り押し上げ、直線でもどうにか力で押し切った。スパっと切れそうな感じではなかったが1回使われて変わりそうな予感。

5回中山7日(12月24日)6R 500万下 ダ・1200M
スリーセブンスピン・・・★★+
未勝利勝ちの時のレビューでダートの方が合いそうと書きましたが、やはりダートの方が合っていそうな感じ。レースは抜群のスピードで先頭へ立つと3頭で4番て以下を離しての逃げ。直線で先行した2頭を難なく突き放し1馬身半の差をつけて楽勝。500万下のわりに相手が楽だったが、今後もダートの短距離なら活躍できそう。

5回中山7日(12月24日) クリスマスローズS 芝・1200M
ダイワティグリス・・・★★★
前走同様好スタートを切ると内の馬を行かせて2番手へ。4コーナーではバランスを崩した逃げ馬が勝手に下がって行き先頭へ立ったが、スピードと力強い走りで差を広げ押し切った。前走はダートだったが芝でもスピードは難なく通用。血統からは短距離向きなので、距離延長に対応できれば重賞でも面白いかも。

5回阪神7日(12月24日)6R 新馬 ダ・1200M
ホウショウルビー・・・★★
スタート後、押して行ったが激しい先行争いに入り込めず4番手に控える。前3頭が併走する直後の4番手で手応え良く追走すると、直線手前で外から並びかけ2着馬と叩き合いながら抜け出した。激しい叩き合いを最後はクビ差、差し返して勝利。なかなかの末脚と勝負根性。人気薄でしたが上積みもありそうで次走も注目。

3回中京7日(12月24日)1R 未勝利 ダ・1700M
ヤマニンプレアデス・・・★★★
ヤマニンパラダイスの息子で父はサンデーサイレンス。全兄弟に活躍馬多数の良血馬。前走は幼すぎたのか後方で大きく離されて全く競馬になっていなかったが、今回はスタート良く2番手からの競馬ができた。抜群の手応えのまま直線に入るとあっさり抜け出し3馬身差をつけてのレコード勝ち(直ぐ更新されちゃったけど)。今回はダートで強い勝ち方をしたが血統的には芝でも期待。

3回中京7日(12月24日)6R 未勝利 芝・1200M
アスタートリッピー・・・★★★
エンドスウィープ産駒の種牡馬Trippi産駒のマル外。外枠から押して2番手の内につける。直線に入ってすぐに先頭に並びかけ追い出されると外にヨレながらも鋭い伸びを見せた。最後は追い込んできた2着馬に3/4馬身差まで迫られたが、まだ余裕はありそうな感じ。まだ若そうな感じですが成長次第では上でも楽しみ。

3回中京7日(12月24日) 樅の木賞 ダ・1700M
タガノエスペランサ・・・★★+★★
未勝利戦を勝った時も脚を溜めての物凄い末脚。当時は相手関係から半信半疑でしたが、今回は強い内容。溜めればトコトン切れる。小回り中京のダートで道中後方4、5番手で脚を溜めると直線ではごぼう抜き。先に抜け出した勝ちパターンの2着馬をあっさり抜き去り1馬身1/4の差をつけた。安定感が悪いので毎回力を出し切れるかが不安ですが、嵌ったときは相当強い。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2歳戦レビュー 土曜日版

すっかり遅くなりましたが、一応毎週やっているので何とか更新です。
まずは土曜の中山、阪神の未勝利分を。

何かこれと言った馬がおらず、ちょいと地味な感じなんですけど…。
直ぐに、新馬の方も更新する予定です。


5回中山7日(12月24日)1R 未勝利(牝馬) ダ・1200M
シゲルサンダーアイ・・・★★
3頭が4番手以下を離して逃げる流れを外2番手からの競馬。直線手前で手応えが怪しくなった2頭を尻目に手応えよく直線に入るとあっさり突き放し5馬身差の楽勝。楽に追走できる先行力はなかなか。ただ面子に恵まれた印象で、上のクラスではどうか…。

5回中山7日(12月24日)2R 未勝利 ダ・1800M
マイイージス・・・★★★
スタート良く楽にハナに立つとマイペースで引き付けての逃げ。4コーナーで徐々に差を広げ始めると、直線では更に突き放し6馬身差の楽勝。ティンバーカントリー産駒で叔父にはマグナーテンがいる良血馬。血統的には芝でも走れそうな感じ。

5回中山7日(12月24日)3R 未勝利 芝・1200M
マイネルガッチャ・・・★★
Machiavellian産駒のマル外。スタートはあまり速くなかったが押して押して外から先頭に並びかける。直線に入ると1番人気ファインセンテンスと2頭で抜け出しての叩き合い。しぶとく粘り叩き合いを制した。最後は差してきた馬にクビ差まで迫られたが何とか残して勝利。切れる脚はないが非常にしぶとい。上でも相手なりに走りそう。

5回阪神7日(12月24日)1R 未勝利 ダ・1200M
シルクゾディアック・・・★★
押しながら徐々にスピードをあげ4番手に取り付く、直線ではジワリジワリと伸び、先に抜け出した2着馬を捕らえて1馬身3/4差をつけての勝利。ブライアンズタイム産駒で叔父は有馬記念を勝ったシルクジャスティスがいる血統。前走は芝でも2着に入ったが、力強く長くいい脚を使うのでダートの方が良さそう。距離はもう少し長くてもいいかも。

5回阪神7日(12月24日)2R 未勝利 ダ・1800M
エイシンハンニバル・・・★★
好スタートからハナを奪うとスローに落としての逃げ。楽な手応えのまま直線に入るとジワジワ伸びる。スピード感なく交されるかと思ったが、馬体を併せられるともう一伸び。結局最後まで抜かせず、3/4差で勝利。着差以上の楽勝なのかもしれませんが、今回はかなり相手にも恵まれた印象。

5回阪神7日(12月24日)3R 未勝利(牝馬) ダ・1400M
ワンダーグラス・・・★★
好スタートを切ると控えて2番手からの競馬。スピード感あり楽な手応えのまま直線へ。直ぐに後続馬に並ばれたがあっと言う間に突き放して見せた。最後は差してきた2着馬も余裕で2馬身半退けて快勝。グラスワンダー産駒で母父Pleasant Tapという血統だが、今までの走りからはダートの短距離が合いそう。

5回阪神7日(12月24日)5R 未勝利 芝・1400M
マイネルウェルス・・・★★
Unbridled's Song産駒のマル外。4戦目で初勝利。速い流れを中団やや後ろで待機すると抜群の手応えで直線へ。外に出すとまわりの馬がバテてた事もあり、あっさり差し切り1馬身3/4差で勝利。ただ展開も向いたし、相手のレベルも疑問。あがりの掛かる流れとは言え上で通用しそうな瞬発力には見えなかった。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年12月26日

ラジオたんぱ杯2歳S サクラメガワンダー3連勝でクラシック候補に!

大変遅くなりました。ラジオたんぱ杯2歳Sの回顧&レビューです。
実は先週の新馬レビューもまだ手付かずなんですよね…。土日で合計で約30レースくらい?今日の夜これから仕上げます…。明日に更新できるかどうか。
バトンもやらないと…。

まずは予想結果から。こちらが予想です。

 1着▲サクラメガワンダー
 2着◎アドマイヤムーン
 3着−ヴィクトリーラン
 4着−アペリティフ
 5着△ホーマンアラシ

 7着○ニルヴァーナ
 9着△マイネルスケルツィ
12着△グロリアスウィーク

待ってました!グラスワンダー産駒に待望の大物候補が誕生!3連勝で出世レースラジオたんぱ2歳Sに勝利ですからグラスワンダー好きの私としては嬉しい勝利!になるハズでした…。
力で捻じ伏せられた2着馬が私のPO馬じゃなければ…。

まあ、しょうがナス。負けたのがこの馬で良かったと思いたい。イヤ、思うしかない。

ところで勝ったサクラメガワンダー。先週やったデータにも書いたのですが、エリカ賞1着馬がこのレースで勝ったのは過去10年では2頭目。
ダービー馬アドマイヤベガ以来の事です。そしてエリカ賞1着から3着に入ったクロフネもG犠,素蓮
つまり、エリカ賞勝ち馬でラジオたんぱ杯2歳Sで馬券になった馬は今のところ2頭ともG汽曄璽垢砲覆辰討い襪鵑任垢佑АN石2レースとも出世レースと言われるだけはあります。未来は明るい!

ちなみにこのレースの2着馬も過去10年でイシノサンデー、キングヘイロー、ジャングルポケットがG鞠呂法アドマイヤムーンもまだまだこれからの活躍に期待です。お願いですから頑張って下さい。

それでは気になった数頭レビュー。今回追加した★は緑色のです。

5回阪神7日(12月24日) ラジオたんぱ2歳1着 芝・2000M
サクラメガワンダー・・・★★★★+
道中は中団後ろの内で控える形。4コーナーでは外に出せず直線では2着アドマイヤムーンの直ぐ後ろ。外に出されると先に抜け出した2着馬に外から馬体を併せ叩き合い。父譲りの豪快なフットワークと勝負強さできっちりハナ差だけ、差し切った。世代トップクラスの末脚がある事を証明。

5回阪神7日(12月24日) ラジオたんぱ2歳2着 芝・2000M
アドマイヤムーン・・・★★★★★★
前走同様スタートも良くなった。もう出遅れの心配は無さそう。道中もスムーズだったし抜け出す時の脚も流石だったが…。後ろから来た馬に交わされてしまった。休養明けなのもあると思うが、結果的には相手を間違えてしまったような印象。ちょっと抜け出すのが早すぎたか。

5回阪神7日(12月24日) ラジオたんぱ2歳3着 芝・2000M
ヴィクトリーラン・・・★★★★
今回は後方からの競馬。外から良く追い込んできたが、やはり瞬発力勝負でこの相手では勝ち切るのは辛い。たいして速い流れではなかったが、4コーナーで早めに来られたために先行馬が総崩れ。展開の利で3着に突っ込んできた感じ。決め手はないが相手なりに走れそうなタイプ。

5回阪神7日(12月24日) ラジオたんぱ2歳7着 芝・2000M
ニルヴァーナ・・・★★★★★
楽に先行し3番手からの競馬。4コーナーで外から上がって行った時は手応えも抜群で流石だと思ったが…。直線入ってすぐに早めにアドマイヤムーンに外から並ばれ潰されてしまった。キャリアの差なのか?瞬発力がないのか?それともやはりダート馬なのか?この1戦で評価は難しい。次走の巻き返しに注目。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


オンファイア、お前もか…。

オンファイア、お前もか…。先日有馬記念で連勝をストップさせてしまった兄に続きまたしても残念なニュース。

どうやら右前脚の屈腱炎を発症してしまったご様子…。という事はPOG期間内はほぼ絶望的になってしまいました。

やはり東スポ杯がきいたのか?過去3戦見ても全体的に幼さが目立っていただけに、そんな馬体であの厳しい時計で走った影響は少なからずあったハズ。
またディープインパクトと違い馬体も大きいですし、脚に負担が掛かっていたんでしょうね…。

今年の2歳世代がラストクロップとなるサンデーサイレンス産駒ですが、無傷の3連勝中だったマルカシェンクが骨折、期待された(していた)キャプテンベガが2戦して連にも絡めず。大物候補ニルヴァーナもラジオたんぱ杯2歳Sで期待を裏切り7着。牝馬でも阪神JF3着のフサイチパンドラが自己条件で3着に敗退と最近は散々な結果。

最後のクラシックひょっとしたらSS産駒はちょっと手薄になるかもしれませんね…。

確かにデビューしてない評判馬もまだ何頭かいますが実際走ってみないと何とも言えませんし…。

となると、最近新馬勝ちをした2頭に注目が集まる訳でしてフサイチジャンクは次走福寿草特別。アグネスサージャンは若駒Sの予定という事です。
この2頭が2頭とも次走でこけるようだと、いよいよSS神話も危ない予感?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年12月25日

有馬記念回顧 ディープインパクト負けちゃった…

ハーツクライが10回目のG議戦で悲願のG欺蘋覇!
だが、しかし…。どうしても負けた馬達に目が行ってしまう今年のグランプリでした…。

負けないと思っていたのに…。そう思い込みたかっただけだったのかな…。
ディープインパクトの敗戦に馬券を外した以上のショックを受けている方も多いはず。私もそのひとりです。

一応、予想結果を。予想はこんなんでした。

 1着▲ハーツクライ
 2着◎ディープインパクト
 3着−リンカーン
 4着−コスモバルク
 5着−コイントス

 6着△ヘヴンリーロマンス
 8着×ゼンノロブロイ
 9着△グラスボンバー
10着○スズカマンボ
13着△ビッグゴールド

勝ったのはハーツクライ。データでも↓↓着と、これまで有馬記念で絶好の相性を誇っていた同年の宝塚2着馬。
ただこれまでは1着は無し。善戦止まりの勝ち切れない馬が多かった。そしてハーツクライもそういう馬だと思っていましたが…。

先行する競馬ができるようになって一皮剥けたのが勝因なのか?それとも、ディープインパクトの末脚が不発に終わったタナボタなのか?

どちらなのかは何とも言えませんが、私は今までのディープインパクトなら差し切っていたように思えます。
今日は差し切れなかったのではなく、伸びきれなかった印象。

中山の坂のせいなのか、夏場に放牧に出さなかった見えない“疲れ”のようなものがあったのかはわかりません。
ただ、いつもの迫力満点の末脚ではなかったように思います。

いつかは負ける日がくるとは考えていましたが、ちょっと想像していたよりも早かった。そして力を出し切れていないような不完全燃焼での敗戦にショック。
1回立て直してまた強いディープインパクトを見せて欲しい。

読み返して見ると、勝ったハーツクライに失礼な書き方になってしまいましたね。すみません。4歳世代を今年ひとりで引っ張ってきたのがやっと報われたんでしょうね。来年も古馬勢を引っ張って国内を盛り上げて欲しいものです。
間違っても、いきなり感動のラストランとか言って引退しないでね。


最後にゼンノロブロイタップダンスシチー長い間お疲れ様でした。

さてレース前には今年最後の大勝負とか抜かしてましたが、負けたからには東京大賞典でホントの今年最後の大勝負!!
取り返しますよ。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年12月24日

有馬記念 最終予想

みなさん、Merry Kris S.
と、誰でも考えつきそうな親父ギャグをかっ飛ばしたところで、有馬記念の最終予想に入ります。

ちょっと今日は夜に軽く家族パーチーなんぞがあるため、いろいろ時間がなくて新馬レビューや今日の重賞回顧ができなそう…。週明けにやる事になると思います。すみません。

それでは、週中に書いた有馬記念のデータを貼っときます。良かったら参考にしてみて下さい。
データ データ データ データ


本命はディープインパクト。競馬を始めてから10数年こんなに強い馬は今までみた事ないです。来年は海外で走ると言う事なので世界的な名馬になって欲しい。そんな期待を抱かせてくれる馬。ここでは負けて欲しくないし、負けないと思う。
初の古馬との対戦になりますが、その古馬の中心になる馬が揃って今年G橘ぞ〕。正直恵まれた印象。いろいろ不安はありますが能力で圧倒できるはず。
データにも不安なし。1着固定で勝負!

古馬の中心になるゼンノロブロイはベストと思われる2000Mで牝馬に交されるなど昨年よりも明らかに力は落ちている。安定して走るので掲示板は外さなそうですが、もう勝ち切るまでの力はないと見て、3連単用の押さえ×評価。
そしてもう1頭の実績馬タップダンスシチーはデータが悪すぎ。今まで競馬を盛り上げてくれた実績馬に対して失礼ですが、心を鬼にして無印。

と言う事で対抗はデータから好相性の天皇賞馬スズカマンボ。秋の天皇賞は叩き台なので無視。ジャパンCはこの馬には厳しい展開。叩き3戦目でここが勝負。
単穴にハーツクライ。こちらは相性のいい宝塚記念2着馬。本来は対抗にしようかとも思ったのですが、中山コースが気になったので1枚評価を下げました。

押さえにもう1頭の天皇賞馬ヘヴンリーロマンスと何気に健闘が目立つ春の天皇賞2着馬ビッグゴールド。そして距離適正はまるっきり無視してグラスボンバーを指名。

リンカーンデルタブルースは強調材料少なく気合の消し。と言うか手が回りません。

買い目
◎ディープインパクト○スズカマンボ▲ハーツクライ
△ヘヴンリーロマンス、ビッグゴールド、グラスボンバー
×ゼンノロブロイ

馬単 ◎→○▲△△△ 5点

3連単 ◎→○▲△△△×→○▲△△△× 30点

今日浮いた分も資金に足してごっそり突っ込みます。勝負!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年12月23日

ラジオたんぱ杯2歳S 最終予想

それではラジオたんぱ杯2歳Sの最終予想です。

CBC賞の予想はこちらから→CBC賞

有馬記念のデータ関係はこちらからです→有馬記念

それではたんぱ杯。今週書いた過去の傾向と出走馬の記事を貼っときます。良かったら参考にして下さい。
→ データ 出走馬 出走馬 出走馬


データからも新馬レビューの評価からも人気のアドマイヤムーンニルヴァーナの2頭で固いと思う。
重賞勝ち馬の1着が無いのが少々気になりますが、ライバルのPO馬に本命を打って自分のPO馬を対抗に落とすなんてマネは心情的に到底無理。

と言う事で、久々の出走になりますが前3走と同様の高いパフォーマンスでの勝利を期待して◎アドマイヤムーン!スタートにまだ不安があるので13頭立てになったのも好都合。前走と同じだけ力を出せればこの相手には負けないでしょう。(希望)

対抗はニルヴァーナ。ちょっと前走内容が半信半疑なところもあるのですが、人気に押されたキャリア1戦馬のデータが異様にいいので○。上積みもあるでしょうし。何気にデータからは最も信頼できる馬。

単穴にグラスワンダー産駒のサクラメガワンダー。瞬発力勝負ならこの相手でも通用するはず。もしかしたらここまで1、2、3番人気でしょうか?
まあ過去の傾向からはガチガチのレースなので仕方ないかな…。

押さえはマイネルスケルツィグロリアスウィークホーマンアラシまで。オッズ次第では1頭切らないといけないかも…。

葉牡丹賞2着馬の次走成績が酷い事になってるマチカネゲンジは消し。せめてもの抵抗。

何か恥ずかしいほど固い予想になりましたが、無理して穴を狙うとロクな事がないので。有馬の資金を増やすためのレースと割り切って勝負します。

買い目
◎アドマイヤムーン○ニルヴァーナ▲サクラメダワンダー
△マイネルスケルツィ、グロリアスウィーク、ホーマンアラシ

馬連 ◎−○▲ 2点 ドカンと。

3連単 ◎○→◎○→▲△△△
     ◎▲→◎▲→○△△△ 
     ◎→△△△→○▲     22点

アドマイヤムーンを2着付けでも買ってるところが我ながらカッコ悪い…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る     


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList