2005年12月

2005年12月23日

CBC賞 2回目の最終予想

枠順も変わりましたので…と思ったら面子も変わってたCBC賞。

予想も始めからやり直すのがいいのでしょうが、それで先週の予想通りに決まっちゃうとショックもでかいですが。さて、どうするべきか…。

一応先週調べた過去の傾向はこちらから→データ

12月に開催されるようになってから5年中4年で3着以内に7番人気の馬が2頭も絡んでいる、紐荒れ傾向。

傾向どおりに決まるのであれば1〜4番人気の馬から軸を選び人気薄をごっそり押さえるのが良さそうです。
たんぱ杯は固そうですし、こっちは傾向どおりに決まると信じて3連複・単の紐荒れ狙いで夢を見てみます。

本命は先週と変わらずシンボリグラン。データから好成績の前走OP特別連対馬。また5年で3勝と3歳馬が好調。短距離実績も問題なし。
短距離界のニューヒーロー誕生を期待して◎。

対抗は思いきって変更。ウインラディウス。前走G誼絣闇呂隆き返しが多いレース。ローエングリンビッグプラネットも前走G義箸任垢2頭とも1200mじゃちょっと…。
ウインラディウスは年とってからは短いところの方が向いているように思いますので距離短縮も味方をするはず○。

押さえは人気薄からディープサマーシルキーラグーンフェリシアカネツテンビーの4頭と前回対抗に指名したマルカキセキを▲に押さえて終了。

前走OP特別で大敗したが先週思ったより人気が落ちていなかったシーイズトウショウは妙味もないし、やっぱり消します。

買い目
◎シンボリグラン○ウインラディウス▲マルカキセキ
△ディープサマー、シルキーラグーン、フェリシア、カネツテンビー

馬連 
◎−○▲△△△△ 6点

3連複(1頭軸)
◎−○▲△△△△ 15点

3連単(資金的都合により2頭軸マルチ)
◎○−▲△△△△ 30点

     
競馬blogランキング
TOPへ戻る


有馬記念 ディープの相手は天皇賞馬??

有馬記念のデータもこれで4回目。今日は今までにやっていなかったデータをまとめて少し。

昨日までのデータはこちらから→データ データ データ

参考データは過去10年です。

デルタブルース
ステイヤーズS連対馬の成績
Л
前年の菊花賞馬の成績
きЛ
前年の有馬記念3、4、5着馬の成績
Νキキ悪

あまりいいデータは見当たらない。古馬勢にパッとした馬がいないので、押し出されて人気になるかもしれないが信頼性はイマイチ。
前年の有馬記念3、4、5着馬からはテイエムオペラオーとゼンノロブロイの1着があるが、この2頭は前走、前々走で天皇賞、JCと連勝していた。正直微妙な馬。

リンカーン、サンライズペガサス
ジャパンC4、5、6着馬
きЛ
天皇賞(秋)10着以下でジャパンCをステップにした馬
き┃きΝ
宝塚記念4、5、6着馬
ΝΝきキЛ´

天皇賞で大敗した馬の巻き返しはマイネルブリッジ、シルクフェイマスの人気薄での3着があるが2頭ともJCは使っていない。
JCを使った馬では天皇賞9着→JC5着から13番人気で3着に入ったダイワテキサスがいるが連対馬はなし。宝塚3、4、5着から優勝したのはシンボリクリスエスとゼンノロブロイで2頭ともG鞠蓮
以上の事からもし来ても3着くらいと見ていますが…。今年はリスクのわりに馬券的妙味が少なそうなので…。

スズカマンボ、ビッグゴールド
天皇賞(春)1着馬
´↓↓
天皇賞(春)2着馬
キき
ジャパンC7着以下
ЛΝ┃きΝきΝき

同年の春の天皇賞馬の成績は圧倒的!2着馬でも5頭中4頭が掲示板に載るなど有馬記念とは非常に相性の良いレースと言えます。
ただ、こんなに秋の成績が悪く有馬記念に出てきた馬はこれまでにはいない。ぶっつけで挑んだ天皇賞は無視してもいいと思うが、JC7着以下は21頭挑んで1連対。これをどう見るか??です。


今日までのまとめ
ディープインパクトの相手選びですがゼンノロブロイタップダンスシチーは軽視。場合によっては無印も検討中。リンカーンサンライズペガサスデルタブルースもあまり強調材料なく対抗にするには物足りない感じ。

対抗候補は2頭の天皇賞馬スズカマンボヘヴンリーロマンス。そして相性抜群の宝塚記念2着馬ハーツクライ。この辺りから指名する予定です。
あとは別路線から手広く穴馬を選ぶ予定。オペラシチーグラスボンバーコイントスの中から2頭ほど。
3連単も頭固定すれば相手が6頭でも30点買い。3連単中心に勝負します。
最終予想は明日の夜。もしかしたら昼に。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年12月22日

ラジオたんぱ杯2歳S 過去の傾向から

出ましたね、出走馬。
W登録していたマイネルスケルツィマチカネゲンジもこちらに回って来た為、好面子が揃いレベルの高いレースになりそうです。
お陰でホープフルSが7頭立てになっちゃいましたが…。

出走馬の新馬レビューも終わった事ですし、今日は過去の傾向をチョロっとやります。参考データは過去10年です。

有馬記念関係はこちらからどうぞ。有馬のデータ

上位人気
1番人気
↓↓´Л
2番人気
´´↓´´↓
3番人気

4番人気
ΝきΝ
見ての通り上位人気が圧倒的に強いレース。上位4番人気までで1〜3着独占が7回もあり、3連単で紐荒れ狙いも厳しい状況。
5番人気以下で3着以内に入った馬は3頭しかおらず、5、6、7番人気。買えてもこの辺まででしょうか?
3連単、3連複の2頭軸なら4番人気以内から2頭選ぶのが良さげです。
ただ、固いと言っても1番人気は1勝のみ。着順固定する場合は注意が必要かも。

実績
4番人気以内に支持された重賞連対馬の成績
´´↓
4番人気以内に支持された500万勝ち馬
´´
4番人気以内に支持された1戦1勝馬
´↓´
データを見る限りは実績は必要なし。重賞連対馬で優勝した2頭は2頭ともデイリー杯2着馬で、重賞勝ち馬の1着はなし…。PO馬アドマイヤムーンピンチ…。
キャリア1戦でも上位人気に支持されるような素質馬は強い。馬券対象から外れたのはブラックタイドのみ。私のPO馬やないけ…。

エリカ賞1着馬

´
エリカ賞2着馬
きЛき
エリカ賞が好ステップのような気がしていたが、実際ここをステップに勝ったのは過去10年ではアドマイヤベガ1頭のみで3着にクロフネ。結構危ないステップかも?サクラメガワンダーがここで連対するようなら未来は明るい。

葉牡丹賞組はホープフルSに回る馬が多く出走が少ないがロードアックスが優勝している。ただ…
葉牡丹賞連対馬の次走OP、重賞での成績
ΝЛΝきЛ
と、実は勝ったのはロードアックスのみ。2着馬ではホープフルS2着が最高で重賞では連対なし。マチカネゲンジは危ない予感…。

今日のまとめ
上位4番人気の中で何を軸にするかが問題ですが、データ上ではアドマイヤムーンニルヴァーナが安定しているようです。
ただ恐らく1、2番人気…。相手をかなり絞るか3連単なら着順固定しないとトリガミの恐れも…。
あまり紐荒れも期待できそうにないし、アドマイヤムーンの応援馬券だけにしようかな…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


ラジオたんぱ杯2歳S 出走馬の新馬レビュー3

出走馬の新馬レビューその3です。
回避濃厚な馬もいますが、取りあえず登録18頭はこれで終了です。

もう少しで待てば登録馬発表になるんですけどね…。
前の晩に書き終えてあったのでこのまま更新!

残りの12頭はこちらからです→出走馬 出走馬

フサイチパンドラ・・・★★★★★
(サンデーサイレンス×母父Nureyev)
自己条件に向かうため回避濃厚。キャリア1戦ながら阪神JFで最も強い競馬をしたと思われるのがこの馬。万が一ここに出るなら牡馬相手でも軽視はできない。もしホントに出るならこの文書き直します。
出走回避

ホーマンアラシ・・・★★★
(ダンスインザダーク×母父Theatrical)
前走はそれまでの3戦と違い逃げる競馬。スローに落としたとは言え逃げて34秒5のあがり。距離延長が良かったのか今までで一番速いあがりを阪神で記録した。成長もしている模様。当然差しても切れる脚は使えるハズ。単純に比較すると翌日ニルヴァーナが勝った新馬戦と遜色ない。大穴で。

マイネルスケルツィ・・・★★★★★
(グラスワンダー×母父Machiavellian)
2戦目は逃げてハナ差の2着だったが、レコード(当時の)決着の立役者に。そんな抜群のスピードが武器。前走は行きたがっていたが押さえて控える競馬が出来た。この相手だとドスローの瞬発力勝負になるとやや不安があるが、前で競馬ができるのは大きい。ホープフルSとW登録だがここに出てもチャンスは十分。

マチカネゲンジ・・・★★★★
(サンデーサイレンス×母父Woodman)
スローの瞬発力勝負ではデビューから2戦決め手を欠き2着。レコードで決まった3戦目、4戦目のように道中やや速めのペースで流れた方がこの馬には向いているのかもしれない。ただ先行するより脚を溜めたのが良かっただけかもしれないが…。厳しい競馬で結果を出しているのは大きな武器。勝負弱いのが気になるが流れが向けば頭もありそう。

ユメノオーラ・・・★★
(マイネルラヴ×母父サンデーサイレンス)
前走は展開が嵌り後方一気で突きぬけた。が。相手も弱く、何と言っても1400M。血統的にも距離延長が良いようには全く思えない。おまけに牝馬。不安材料より買い材料を探す方が困難。多分出ないとは思いますが…。

ロードエキスパート・・・★★★
(Singspiel×母父Rainbow Quest)
道中は1番人気馬にきっちり後ろに付かれる厳しい逃げ。ペースも速く厳しい競馬になったが直線で並ばれるともう一伸び。凄い粘りがある。切れるタイプじゃ無さそうなので、今回も速いペースで引っ張って後続に脚を使わせる競馬がいいと思う。上手く嵌ればもしかしたら。ただ12月に入って3走目。前走もキツイ競馬をしたし疲れがありそう。
出走回避

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2005年12月21日

有馬記念 ハーツクライはここでも2ゲットか?

前回、前々回でディープインパクトゼンノロブロイのデータをやりましたので今日はその他の有力馬を。

昨日までの予想ではディープを頭固定。ロブロイを軽視する予定なので、ディープの相手はこの中にいる!ハズなんですが…。

昨日までの記事はこちらからです。→データ データ

データは過去10年を参考にしています。

タップダンスシチー
前年の有馬記念2着馬の成績
キき
6頭出走で1連対のみ。前年の有馬記念連対馬と枠を広げても12頭出走で2勝、2着1回と連対率は25%。どの馬も年齢との戦い。タップダンスシチーはこれが4回目の有馬記念で8歳馬。常識で考えると厳しい。

天皇賞、JCともに掲示板に載れなかった馬
き┃きЛЛΝ
ジャパンC大敗からの巻き返しはありますが、天皇賞(秋)、ジャパンCともに掲示板に載れなかった馬の巻き返しは過去10年では8頭挑んで連対なし。
ただ、今年のタップダンスシチーにとって天皇賞は叩き台。ちょっと違うかも??

ハーツクライ
ジャパンC2着馬の成績

意外にも1着無し。2着、3着と馬券に絡んだメイショウドトウ、エアグルーヴは天皇賞(秋)でも連対していた。天皇賞6着のハーツクライはちょっと危険な感じか?

同年の宝塚記念2着馬
↓↓
上のデータではパッとしないハーツクライですが、このデータではかなりの確率で馬券に絡みそうな予感。同年の宝塚2着馬は7頭走って7頭全てが掲示板に載る大活躍。1着が無いのもハーツクライにはしっくりくる感じ。ここでも2着?

ヘヴンリーロマンス
天皇賞馬の成績
↓´´´着半端なく好成績。ただし3着以内に入った7頭中6頭がジャパンCでも3着以内の好成績。残りの1頭は天皇賞から直行。10着に負けたオフサイドトラップも直行組。JCで7着に負けたヘヴンリーロマンスはどうなるんだろうか…。

天皇賞で連対→JC6着以下の馬

天皇賞で連対と言っても、上の4頭は全て天皇賞2着馬なので参考程度にしかなりませんが、意外に巻き返しはきく様子。天皇賞を勝ってるヘヴンリーロマンスなら2着以上もあるかもしれません。

G犠,舛里△詭毒
キキΝ┃キΝキ
過去10年で連対がないのはやはり割引き材料。最後に連対したのは94年ヒシアマゾンの2着。この年の1着馬が三冠馬ナリタブライアン!
もしかしたら、久しぶりに牝馬が連対するかもしれませんね。

今日のまとめ
個人的な意見では中山コースが合うようには全く見えないハーツクライ。ただ宝塚2着馬の成績があまりにもいい。 やはり押さえるべきでしょうか。
タップダンスシチーは展開的に魅力たっぷりですが…。データ的にはかなりマイナス。タップの巻き返しよりも天皇賞馬ヘヴンリーロマンスの巻き返しの方が怪しい感じ。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


ラジオたんぱ杯2歳S 出走馬の新馬レビュー2

出走馬の新馬レビューその2です。
前回の6頭はこちらからです→その

このレース私の大好きなグラスワンダー産駒が人気を集めそうで非常に楽しみ!
でも、PO馬のアドマイヤムーンに勝って貰わないと困るんですよね…。どう応援するべきか…。
今日はそんなサクラメガワンダーから6頭分です。

サクラメガワンダー・・・★★★★
(グラスワンダー×母父サンデーサイレンス)
休養から帰ってきてからは競馬に融通がきくようになってきた。前走も中団から早めに前を捕らえる強い内容。ここまで4戦全てでメンバー最速のあがりを出しているように瞬発力も素晴らしい。阪神2000Mの経験があるのも強み。ただ、緩い流れしか経験していないので、ペースが速くなった時がどうか。

タマモサポート・・・★★★
(タマモクロス×母父ジョリーズヘイロー)
初戦は好位の内、3番手からドスローの瞬発力勝負に勝利。外に出されると一気に伸びたように素晴らしい脚を使える。前走でも3番手から内を突いて良く伸びるて2着。キャリア1戦を考えると上々の内容。力がある事を証明した。問題はこの相手にどこまで通用するか。2回使って上積みがあれば掲示板以上も十分狙える。

チェリーストーム・・・★★★★
(ピルサドスキー×母父アイシーグルーム)
前走は調教通りの強い内容。レースレベルに疑問はあったが、スローの瞬発力を大外からぶん回して楽勝するのだから強い。なかなかの瞬発力がある。ただキャリア1戦でこの相手に勝てるほどのインパクトはなく、父のJRAでの産駒成績を見ると手を出しづらい。前走で大分仕上がってたようですし大きな上積みも??

ナックルボール・・・★★
(スズカストリート×母父サンキョーショウリ)
一応、Mr. Prospector系×Lyphard系の配合ではありますが…。また近親にはG轡ブトヤマ記念勝ちのタフネススターと活躍馬も出ていますが…。やはり地味すぎる。初戦もかなり相手に恵まれての勝利。それでいて抜け出してからまた差を詰められるチョット危ない内容。この相手では分が悪すぎる。
出走回避

ニルヴァーナ・・・★★★★★
(サンデーサイレンス×母父Nureyev)
ゴールドアリュールの全弟。出世レースと言われる新馬戦を楽勝して予定通りの参戦。逃げる馬がいなくスピードの違いでハナを奪ったようにスピードはある。直線で並ばれるとあっさり突き離したように瞬発力も高い。ただ本気で走っていないので何とも言えないが、明らかに抜けた強さがあるようには見えない。ここが試金石。あっさり突き抜けても驚けないが、思ったほど切れずに4、5着の可能性も高いと思う。

ピサノバンキッシュ・・・★★★
(ブライアンズタイム×母父Seattle Slew)
ダートに替わって2連勝。スピードや切れる脚はないが長くいい脚を使うタイプのように思える。そのため芝の重賞ではちょっとスピード不足。大雨でも降って馬場が渋らない限りは厳しい感じ。大雪のためダート変更にでもなれば一気に本命候補に浮上。
出走回避

競馬blogランキング
TOPへ戻る 


2005年12月20日

有馬記念 ゼンノロブロイは軽視!

昨日はディープインパクト関係のデータを調べましたので、今日は2番人気に予想されるゼンノロブロイのデータやってみます。
昨日の記事はこちらから→データ

ゼンノロブロイの前に人気別のデータを少し。
参考データは過去10年です。

上位人気
昨日1番人気の成績を載せたので今日は2番人気以下のデータです。
2番人気

3番人気

4番人気
´Л罩
5番人気


2番人気は過去10年で1勝のみで連対率も3割しかなく、3、4番人気の馬とさほど変わらない成績。あまり良くない。
6番人気以下は1勝のみで勝ったのはマヤノトップガン。前走菊花賞1着。人気薄のG橘ぞ〕馬の一発の可能性は低そうです。
ただ、3着以内に二桁人気の馬が5回も入っているので紐荒れは注意。3連単で紐荒れを狙う場合は変に夢を見ずに2、3着付けで買うのがいいかも。

ゼンノロブロイ
前年の有馬記念1着馬の成績
きЛ

勝つか、連にも絡めないかの極端な成績。勝ったのは3〜4歳で連覇したグラスワンダーとシンボリクリスエス。4〜5歳で挑んだのはテイエムオペラオーのみで結果は5着。そして今年のキーワードは連覇失敗!頭が無いとすると…。

JC3着馬
´
JC4、5着馬
↓´きЛ

ジャパンC3着馬だけだとサンプルが少ないので4、5着馬のデータも一緒に。JC3着から優勝したのは2回ともシンボリクリスエス。5着から巻き返したのはシルクジャスティス。
馬券に絡む確率は50%。残りの半分は反動が出たのかボロ負けもあるので注意が必要。最後は流しただけだったが、厳しいレースだっただけに…。

天皇賞(秋)2着馬
キき

過去10年で同年の天皇賞(秋)2着馬が有馬記念で連に絡んだのはメイショウドトウ1頭だけで勝ち馬はなし。勝つとなるとちょっと厳しいデータかも。

今日のまとめ
どうもテイエムオペラオーの5歳時とダブる。秋の2戦は2戦ともゴール前で交わされているが、その辺りもオペラオーとそっくり。
オペラオーでさえ5着に敗れた3回目の有馬記念。もしかしたら掲示板も怪しいかも…。消すのは流石に勇気がいるが、ディープと2頭軸にするのも勇気がいる。△扱いが妥当かな…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


ラジオたんぱ杯2歳S 出走馬の新馬レビュー

出世レースとして有名なラジオたんぱ杯2歳S。
POGをやっている人なら誰しも取りたいレースの1つです。このレースにはなんと私の指名馬も登録!しかも人気の1頭アドマイヤムーンです。

最近2歳重賞では寂しい思いをしてきたので、ちょっとガンガンテンション上がっちゃってますよ〜。
冷静に予想できるかわかりませんが(多分無理)、今週も出走馬の新馬レビューからやっていきます。
ホープフルSとW登録している馬が何頭かおりますが、18頭の登録なんで6頭づつ3日に分けて全頭行きます。

アドマイヤムーン・・★★★★★★
(エンドスウィープ×母父サンデーサイレンス)
ここまで3連勝。4コーナーからスーッと上がって行く強烈なマクリと直線での豪快な末脚は大物感たっぷり。時計の掛かる札幌の馬場をこなしているようにパワーもあり今の阪神も全く問題ないと思う。レースぶりから2000Mも持つはず。キャリア3戦も大きな武器。仕上がっていればこの面子でも実力上位の存在。

アドマイヤメイン・・・★★★★★
(サンデーサイレンス×母父ヘクタープロテクター)
初勝利となった2戦目は逃げて鋭い瞬発力を見せたが、続く500万特別2戦ではスローの瞬発力勝負で差し負け。どうやらOPクラスでは勝ち切るまでの末脚が無さそうな感じがする。思いきって逃げるか、逆に後方でトコトン脚を溜めるかの一発狙いをしないとここでは勝ち切れないように思う。また鞍上の関係でホープフルSに出そうな予感。
出走回避

アペリティフ・・・★★★
(エルコンドルパサー×母父サンデーサイレンス)
叔父にエアジハードがいる良血馬。好位から鋭い差し脚を使うが、前走のOPでは瞬発力勝負で歯が立たず。この相手では瞬発力勝負になるとつらい。後ろで脚を溜めて展開嵌れば掲示板くらいは載るかもしれないが、馬券に絡むとなると
ちょっと厳しそう。

アマノトレンディー・・・★★★★
(クロコルージュ×母父ノーザンテースト)
スピードがありレースセンスもいい。また時計の掛かる今の阪神の馬場も合いそうな感じもするが、母系からは2000Mは長いように思える。またスパッと切れる脚もないので末脚勝負の展開になると厳しい。芝で2戦しているがダートのマイラーなイメージ。

ヴィクトリーラン・・・★★★★
(ヴィクトリースピーチ×母父タマモクロス)
前走は平均ペースの流れを後方待機から早め先頭で押し切る強い内容。この馬も切れる脚はないが、厳しい流れでもジワジワ伸びる大崩れしなそうな競馬は魅力的。母母父にアンバーシャダイ、母父タマモクロスとスタミナタイプの馬が並んでいるが実際近親の成績を見ると短距離馬ばかり…。距離微妙。

グロリアスウィーク・・・★★★+★★
(スペシャルウィーク×母父フレンチグローリー)
スローで逃げたとは言え、逃げてメンバー最速のあがり34秒フラットで後続を完封。初戦で見せたように差す競馬もできるし、レースセンスもいい。どちらにせよ末脚を生かせる流れになればこの相手でも上位争いは可能。人気も無さそうだし今回は絶好の狙い目。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList