2006年01月

2006年01月31日

共同通信杯 前走傾向からも多分ガチガチ。

昨日に引き続き今日も共同通信杯の過去の傾向からです。

昨日のデータはこちらからです→データ

今回は予定通り前走成績から調べてみようと思います。参考データは前回同様、過去10年間で東京芝1800Mで行われた8回分です。

前走成績
朝日杯FS掲示板から

ラジオたんぱ杯連対馬


朝日杯掲示板から惨敗したのはマチカネホクシンメイショウドウサン。ラジオたんぱ連対から惨敗したのはラガーレグルス
マチカネホクシン、ラガーレグルスの年は重賞3着程度のマチカネホクシンが3番人気に押されるほど低レベルな朝日杯。その朝日杯で7着のラガーレグルスがラジオたんぱ杯を2番人気で1着。この後もクラシックに全く繋がってない低レベルな年でした。
メイショウドウサンは朝日杯を12番人気で4着に爆走しましたが、勝った馬が未勝利勝ちから優勝したメジロベイリーの年。

今年の朝日杯、ラジオたんぱ杯の面子なら大丈夫だと思うのですが…。
ちなみに重賞勝ち馬の成績は
´´´

上で述べたラガーレグルスとムラがけするゴッドスピードが斤量+2キロで11着に負けた以外は安定した成績。
今年の3強は全馬重賞勝ちあり。3頭とも大崩れは無いとみていいかも。

重賞で6着以下
┃き┃
OP特別6着以下


前走6着以下からの巻き返しは京成杯6着から2着に巻き返したキンショーテガラのみ。この年は昨日も書きましたが重賞勝ち馬が不在で2番人気に1戦1勝馬が支持されちゃった低レベルな年。
普通に考えて今年は厳しい気が…。アンバージャックブラックバースピンマイネルグロリアスは軽視して良さそう。

前走大雪の為、長時間輸送で力を出せなかったマイネルスケルツィは一応保留。

500万勝ち馬
Ν┃┃Л┃キΝキ
500万で負けてた馬
ΝキきЛ

前走、500万勝ちからは4連対。連対した4頭は全て重賞経験あり。重賞未経験の馬では3着が最高。マッチレスバローにはちょっと嫌なデータ。
前走、500万で負けていた馬や新馬、未勝利で走ってた馬は出番なしです。

今日のまとめ
重賞勝ちがありそれぞれ申し分のないステップを踏んできている3頭に死角はなし。あとは枠順、展開、好み、騎手の問題でしょうか?
あとは、買えるとしても3着付けでマッチレスバローマイネルスケルツィがやっと。
何だか人気どおりのつまらない予想になりそうです。

corega CG-WMP01 スイッチオプション鉄板くん


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競艇をやろう!

ちょいと競馬の記事をお休みして、月イチの競艇の記事です。

競艇初心者の私が競馬と競艇の違いを分かり辛く説明しているコーナーですが、今日はモーターについて。

これも競艇が競馬と決定的に違うところの1つでないでしょうか?

何故なら馬にはモーターがついてないから!

・・・。そうじゃありませんでした。競馬の場合は乗る馬はある程度騎手が決められます。調教師さんや馬主さんがオファーを出して騎手に乗ってもらう訳ですが、競艇の場合はなんとボートとモーターは抽選で決まるんです。
実に公平ですよね!もし競馬もそうならオッズが割れて結構面白いかもしれません。確実に騎手に対して愚痴が増えるでしょうが。

競馬に例えると毎週、全レースでワールドジョッキーシリーズをやってる感じでしょうか?ひょっとして違う??


同じ仕様のモーターといっても、当然モーターにも当たりハズレがあるようです。
またモーターによっても様々な特徴があるようで、この辺を頭に入れつつ予想をする訳です。

どういう特徴があるかと言うと…。

出足・・・加速の速さ。馬でいうと反応の速さかな。

回り足・・・ターンのしやすさ。馬でいうとコーナリングの上手さ。

伸び足・・・直線のスピード。馬でいうと直線のスピード。

他にもいろいろあるようですが、分かりづらいものは馬に例えると分かりやすいという事を発見しました。私だけかもしれませんが…。

こういった癖のあるモーターを選手が整備しレースで乗ると。なので整備力も重要な訳です。競艇の予想もやはり奥が深いですねぇ。

F1などのモータースポーツが好きな人やバイクや車をいじるのが好きな人にはたまらないギャンブルじゃないでしょうか。
私も結構メカ好き(主にモビルスーツ)興味をそそられます。

ところで競艇のオフィシャルHP(お楽しみガイド)によればモーターの良し悪しが勝敗の半分を決めるとまで言われてます。随分影響するのね。

って事はクジ運悪い人は…。いるんだろうなぁ…。そういう人。



SIMPLE1500シリーズ Vol.87 THE 競艇

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 11:24|この記事のURLComments(11)TrackBack(0)競艇 

2006年01月30日

共同通信杯 今年は3強で固い!と思う。

凄いメンバーになりそうですね!かなり盛り上がるんじゃないでしょうか?

私もPO馬アドマイヤムーンが出走。また、たけ坊さんのPOGで指名したマッチレスバローも出走。

ドキドキパニックの1週間になりそうです。
そして今週は久し振りに東京競馬場に出撃しちゃいますよ〜!何故か土曜日…。orz

行くんなら日曜日にしようと言ったのですが、都合つかないボケが2人もいて土曜日に変更になりました。白富士S見てきます…。

と言う訳で??共同通信杯過去の傾向からです。
データは過去10年の東京芝1800Mで行われた8回分が参考です。

上位人気
1番人気
´Л´´↓
2番人気
きキき┃
3番人気
Νキ
4番人気
´

2番人気が酷く連対なし。何気に紐荒れ傾向のようです。5〜7番人気が3着以内に7回突っ込んできており、好成績の4番人気と合わせて注意が必要かも。
何だかアドマイヤムーンが2番人気な気がするんだが…。大丈夫なの?これ…。

1〜4番人気がキレイにすっとび、10、13、5番人気で決まった99年のような事もありますが、この年は前走OP勝ちで2戦2勝のグラスグラードが重賞経験もないのに単勝1.5倍の支持を集めちゃう低レベルな年(2番人気はキャリア1戦の馬)。度外視していいと思います。

この年を除けば勝ち馬は4番人気以内から。連対馬も7番人気以内から出てますので2頭軸なら7番人気以内から2頭を選ぶのが良さそうです。

斤量
昨年は収得賞金の関係でストーミーカフェが58キロで出ましたが、今年は条件が変わったようでどんなに稼いでも+1キロ止まり。実績馬に有利なレースになりそうですね。
3年前から56キロスタートになっているので単純比較は難しいですが…。
上位4番人気以内で斤量+1キロの馬
´

と、掲示板を外さない堅実な成績。また+2キロでも過去ナリタブライアンやストーミーカフェが優勝しているように実績馬が強いレース。
昨年までなら+2キロのフサイトリシャールが今年+1キロで出られるのはかなり大きいような気がします。

今日のまとめ
人気馬が頼りない傾向ですが、実績上位の人気馬なら安定傾向。という事で、やはりフサイチリシャールアドマイヤムーンショウナンタキオンが中心になりそうです。
昨日の時点で呪いの対抗○はリシャールに打つと決めてますので、残りの2頭が本命候補。次回は前走成績からをやる予定です。

最強馬 ナリタブライアン

競馬blogランキング
TOPへ戻る


新馬レビュー 負けたけどエアマグダラ!

この日は新馬、500万下の勝ち馬にこれだぁっ!!って馬はいませんでしたが、東京5Rの新馬戦で後方からアガリ33秒6の末脚で3着に突っ込んできたエアマグダラに将来性を感じました。

血統も母がエアデジャヴー、全姉にエアメサイア、叔父にエアシャカールという超良血馬。今回負けた事で桜花賞はローテ、賞金的にちょいと厳しくなったかもしれませんがオークスには十分間に合いでしょう。次走も大注目です。

1回東京2日(1月29日)5R 新馬(牝馬) 芝・1600M
ゲッタウェイ・・・★★★
大外枠からスーパースタートを切り難なくハナへ。突っつかれる事なく終始2馬身程のリードを保ちながらのマイペースな逃げで直線へ。直線では早めに差を広げ直線半ばでは5馬身くらいの差をつけ逃げ切る構え。最後は流石に一杯になり差し馬に猛追されたがクビ差残して新馬勝ち。大分かわいがってもらったがスピードはあり今後も楽しみ。

1回東京2日(1月29日)6R 500万下 ダ・1400M
チャームダンス・・・★★+
道中は好スタートから外目の4番手を追走。4コーナーで外から前3頭に並びかけ直線では横一線で叩き合い。相変わらず末脚にスピード感は感じられませんが追われるとジワジワ力強く伸び少しずつ差を広げる。最後までバテずに良く伸び2馬身半差をつけての勝利。ただ出走メンバーのレベルはさほど高くなく面子にも恵まれた感じはします。

1回東京2日(1月29日)8R ゆりかもめ賞 芝・2400M
マイネルシュピール・・・★★+
500万特別とは言えかなり相手には恵まれた。道中は緩い流れを内の3番手で待機していたが、向こう正面で2頭ほど掛かり5番手に。逃げ馬がコロコロ変わる落ち着かない流れをきっちり我慢して直線へ。直線では馬場の真ん中に出して抜け出し、ゴール前差し馬の強襲を何とかハナ差凌いで勝利。芝でも長くいい脚は使えたが芝ではスピード感が今ひとつ。長距離向き。

2回京都2日(1月29日)6R 新馬 ダ・1800M
シロキタベガ・・・★★
父はアドマイヤベガ。あまりダートが得意でない父の産駒ですが母父ノーザンディクテイターの影響からかダートで新馬勝ち。近親にはゴーイングスズカもいる血統。レースは2番手から進むと4コーナーで逃げ馬と一緒に後続を離す早めの競馬で押し切った。迫力はイマイチですがなかなかタフな競馬ができる印象。

2回京都2日(1月29日)7R 500万下 ダ・1200M
ウォーターポロ・・・★★★
ダート替りで初勝利を上げた前走がなかなか強い競馬。これでダートに替って2連勝。道中は2番手から進むと4コーナーから直線にかけて馬なりのまま先頭に並びかける抜群の手応え。追い出だされると力強く抜け出し2馬身差の完勝。アグネスタキオン産駒3頭目のOP入り。

2回京都2日(1月29日)9R バイオレットS ダ・1400M
エイシンセイテン・・・★★+
使われつつ良くなってきた。前走500万特別勝ちは相手にも恵まれキャリアも生きただけかと思ったが…。今日は好スタートからスピードを生かしハナに立つとそのまま直線へ。直線では内と外から一旦馬体を併せられたがゴール前で一伸びし逆に突き放した。スピードもあるし前走同様ゴール前での粘りはしぶとい。

1回小倉4日(1月29日)4R 新馬 芝・1800M
フィールドベアー・・・★★★
フジキセキ産駒で母父トニービン。叔父にムッシュシェクル、シュクレノンシェリフがいる血統。道中は中団のやや後ろで待機。4コーナーで内から上がって行き直線手前で大外にぶん回し直線勝負。先に鋭く抜け出した1番人気の馬をゴール前で強襲。半馬身差をつけてデビュー勝ち。2着馬の勝ちパターンに見えたがかなりの決め手。中央場所でも期待できそう。


マグダラのマリアと聖杯

競馬blogランキング
TOPへ戻る


新馬レビュー ショウナンサザンが芝替りで初勝利!

まずは未勝利戦のレビューからです。この日は東京4Rに白毛のシロクンが登場。前走同様すっかりシロクンを目で追いかけてしまい最初レースを見た時は何が勝ったのかもよく分からない状態。危険な馬です。

ところでこのシロクン。当日(29日)に東京競馬場限定でオリジナルオッズカードが販売されたらしいが、ただ白いだけでオッズカードになるのはいかがなものか。何だかハルウララ的な人気の取り方は危険な気がする…。

しかも当日のシロクンの写真を使ったレアなカードだとか…。

JRAに一言いいたい!私も欲しいのでネットでも販売して下さい。お願いします。


1回東京2日(1月29日)1R 未勝利(牝馬) ダ・1400M
ブルーポラリス・・・★★
最内枠から後ろに下げ後方4番手からの競馬。4コーナーのカーブで外に出し直線では大外から一気に伸びてきた。最後は内から伸びてきた2着馬との追い比べににったが最後まで交わさせずクビ差の勝利。レースレベルはさほど高くないですが末脚は見所あり。

1回東京2日(1月29日)2R 未勝利 ダ・1300M
テンジンテンリュウ・・・★★
2戦目での初勝利。前走は出遅れながらも直線ではなかなかの脚を見せた。今回は内枠を生かしスムーズにハナに立ち逃げる競馬。直線では追って追って粘りまくるしぶとい競馬で差し馬を半馬身退けた。4コーナーでかなり外に膨らんだのが気になるが追われてからのしぶとさは相当。

1回東京2日(1月29日)3R 未勝利 ダ・1400M
ダノンエトランゼル・・・★★★
道中は4、5番手の外からの競馬。4コーナーで3番手まで押し上げ追い込み態勢。競り合いながら粘る前の2頭を外からジワリジワリと追い詰めゴール前で何とか差し切った。かなり長くいい脚を使えるタイプで力強い走り。すんなり前に付けられれば上のクラスでも楽しみ。

1回東京2日(1月29日)4R 未勝利 芝・1800M
ショウナンサザン・・・★★★★
フレンチデピュティ産駒で母父Caerleon。2戦目、ダートから芝替りでの勝利。スタートはさほど速くなかったが抜群の二の脚を使い2番手に付ける。直線では早めに先頭に立ち粘りこむ形。外から差し馬に迫られると、もう一伸びして3/4馬身差で勝利。スピードもあるし長くいい脚も使える。みんなシロクンを見ていたかもしれないので印象は薄いが強い競馬。

2回京都2日(1月29日)1R 未勝利(牝馬) ダ・1200M
ツルミトゥインクル・・・★★★
12戦目で待望の初勝利。ここまで12戦中11戦で掲示板に載るという堅実だが勝ちきれない競馬が続いていましたが、今日は好位2番手から抜け出すと直線では突き放す一方で7馬身差の勝利。展開にやや恵まれましたが相手なりに走れる馬上のクラスでも好走期待。

2回京都2日(1月29日)2R 未勝利 ダ・1800M
ベルフリー・・・★★
フサイチコンコルド産駒で母父はBold Ruler系の種牡馬Far Out East。スタート直後は中団のやや後ろにいたが3コーナーから外々を通り先団にとりつく。直線に入るとジワリジワリと脚を伸ばしクビ差競り勝った。速い脚がないのでいつもより早めに動いたのが良かった模様。長く良い脚を使えダート向き。

2回京都2日(1月29日)3R 未勝利 ダ・1400M
マーベラスチーフ・・・★★
コマンダーインチーフ産駒。道中は3番手からの競馬で直線手前で前2頭の間から先頭に並びかける。直線ではその3頭の激しい追い比べをクビ差制して初勝利。出走馬にはかなり恵まれレースレベルに疑問は残るが勝負根性はありそうな感じ。

2回京都2日(1月29日)5R 未勝利 芝・1600M
ステラマドレード・・・★★★
好スタート。二の脚も速く無理せず好位の内3番手びつける。直線入り口でインを通り先頭に並びかけると、スピード感たっぷりの末脚で抜け出しにかかる。外から差してきた2着馬と併せ馬の形で後続を突き放し一騎打ち。結局最後まで抜かせずクビ差押し切っての勝利。勝負根性、スピードは昇級しても通用しそう。

1回小倉4日(1月29日)1R 未勝利(牝馬) ダ・1000M
メイショウオオヒメ・・・★★
道中は3番手を追走し4コーナーで外から先頭に並びかける。直線で追い出されるとグングン加速し先頭へ抜け出してからも最後まで良く伸び5馬身の差をつける圧勝。強い競馬でしたが出走馬の面子は高くなく昇級後、即通用するかは疑問。血統や走りからダートの短距離向き。

1回小倉4日(1月29日)2R 未勝利 芝・2000M
チョウカイサンデー・・・★★★
父はサンデーサイレンスで母はオークス馬チョウカイキャロル。小回りコースを道中後方3番手からの競馬。4コーナーから直線にかけて一気に上がって行き直線では5番手まで追い上げる。直線に入っても勢いは落ちずそのまま差しきって2戦目で初勝利。ズブイ気がするので追える騎手なら…。距離も長めが良さそうです。

1回小倉4日(1月29日)3R 未勝利 芝・1200M
ショウナンハイギア・・・★★★
エンドスウィープ産駒で母父SSという流行の配合。5戦目での初勝利。道中は先行集団の後ろ5、6番手の位置で脚を温存。直線では外から追い出されるとラスト100M付近で加速し差し切り1馬身1/4差をつける快勝。前に行きすぎると決め手に欠けるようなので今回のようにある程度脚を溜める方が良さそう。


ニンテンドーDS ピュアホワイト

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年01月29日

根岸S、京都牝馬S回顧 またまた対抗がクビ差の4着…

今日は2レース分まとめて回顧したいと思います。
まずは根岸Sから。予想

 1着◎リミットレスビッド
 2着△タイキエニグマ
 3着△トウショウギア
 4着○サンライズバッカス
 5着△シルヴァーゼット

 8着▲マイティスプリング
10着△テイエムアクション

昨日に続きまたしても○がクビ差で4着…。3連単が当たりません。しかもサンライズバッカス手応え的には十分2着はある内容。窮屈なところに入っちゃって最後上手く追えませんでした…。
ゴール前は テツゾウ!テツゾウ!コラ!ヨシ!差せ! ギャー!!ヨシトミー!?フゲェェ!?こんな感じ。

ただここ最近絶好調の柴田善富騎手騎乗タイキエニグマは△で押さえてあったので馬連がヒットです。

リミットレスビッドは好相性のガーネットS3着以内からという事で◎を打ちましたがホントに好相性でした。来年以降も覚えていた方が良さそうですね。次走はフェブラリーSに行くのかな?流石に1600Mは長いと思うのですがどうなんでしょう??

根岸S組からはやはり不完全燃焼ながら4着に突っ込んできたサンライズバッカスを狙いたいところです。今回で少しでも人気が落ちればシメシメ??

お次は京都牝馬S。予想です。

 1着−マイネサマンサ
 2着◎チアフルスマイル
 2着−メイショウオスカル
 4着○ヤマニンシュクル
 5着▲ディアデラノビア

 6着△レクレドール
 9着△トーセンハピネス
13着△アズマサンダース
14着△オーゴンサンデー

またまた対抗馬がクビ差の4着!呪われてんのかしら…。とは言え1着マイネサマンサメイショウオスカルともに無印。
例え3着でも…。と思ったら3連複総流し馬券も持ってたので一応3着だったら払い戻しはあったんですね…。ならもっと叫べば良かった。そうしたらもしかしたら…。4着ですよね。

最近ずっと買い続けていたチアフルスマイルに意地の◎を打った訳ですが、折角(5番人気で)きてくれたのに馬券はスカ。
何だか大変ビッグなチャンスを逃してしまったような気が。悔しいので馬券取れるまでこの馬追いかけます。

1番人気ディアデラノビアは骨折休養明けの前走が−4キロ。そして今回が更に−6キロ。前走仕上げすぎた反動があったのかもしれません。
オースミハルカは行きっぷり悪く惨敗。やはり59キロは厳しかった模様。6番人気とあまり人気もなかったんですね。

という事で○のクビ差の4着の呪いはいつまで続くのか分かりませんが、来週の共同通信杯でライバルのPO馬フサイチリシャールに○を打とうと強く心に誓った今週の重賞回顧でした。

ひとでなし

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年01月28日

根岸S 最終予想

帰ってまいりました。ちょっとばかり酔っ払ってますが根岸Sの予想です。

京都牝馬Sの予想はこちらです→京都牝馬S

過去の傾向はこちらから→データ

過去の傾向が4年分しかなくちょっとデータも信用しづらいのですが、それでも同条件で行われた4年間で3着以内を6頭も出しているガーネットS組は断然好相性。このデータを最重視して予想したいと思います。

また参考データが4年分しかないのにかかわらず人気馬が良く飛ぶ波乱含みの傾向。ちょっと穴狙いで。
まず斤量59キロのメイショウボーラーと初ダートで穴人気しそうな58キロバランスオブゲームは消し。
どうか2頭で決まりませんように!

本命はガーネットS1着馬リミットレスビッド。1200Mばかりを使ってきてるので距離延長がどうかですが、後ろから行けば1400Mならどうにかなるでしょう。前走久々のダート、それも重賞でいきなり勝ち切るあたりに強さを感じます。勢いに乗って連勝に期待。

対抗は大人しくサンライズバッカス。流石に逆らえません。

単穴には連勝中の勢いを買ってマイティスプリング。東京コースも2勝、1400Mもベスト。1000万下を勝ったばかりでOP特別を勝つ能力の高さはここでも通用するハズ。

押さえは同じく連勝中のタイキエニグマとガーネットS組からシルヴァーゼットテイエムアクション。そして府中5勝の鬼トウショウギアまで。

買い目
◎リミットレスビッド○サンライズバッカス▲マイティスプリング
△タイキエニグマ、シルヴァーゼット、テイエムアクション、トウショウギア

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△


何だかあまり自信はないのですが…

黙ってオレについてこい★文句がある奴ァ爆撃だ

冗談です。くれぐれも参考にしないようにお願いします。

馬blogランキング
TOPへ戻る


京都牝馬S 最終予想

明日も重賞2つ!いい流れのまま明日に向かえましたが、土曜当たると日曜当たらないんですよね…。オマケに最近あまり当たった記憶がない牝馬限定戦。

こちらは軽く遊ぶ程度で根岸Sでもうひと勝負といきます。

まずはちょっとしたデータです→データ

1番人気がえらい不振。と言っても何が1番人気なのかが分かりませんが、59キロのオースミハルカよりはディアデラノビアになるのでしょうか?武ですし。

取り合えずいくらなんでも59キロは厳しいオースミハルカは消し。人気もするでしょうし妙味もナス。きたら諦めます。

55キロ以下の斤量が良く突っ込む過去の傾向からデータ的にバッチリなディアデラノビアですが恐らく不振の1番人気に支持される予感。骨折激走後の反動も気になり評価を少し下げて▲で。

という事で◎は同じく54キロチアフルスマイル。京都コースは不利もあり不完全燃焼な競馬が続いていますが、それでもスワンSは1馬身3/4差。京都金杯でも3馬身差の内容。牝馬同士なら突き抜けても不思議じゃない!ハズ…。

対抗はヤマニンシュクル。1年以上休養明けでG気鯒走。前走はその反動が出たんでないかと都合良く解釈。叩き3戦目で能力全開の予定。

押さえは軽斤量の馬からオーゴンサンデートーセンハピネスと実績馬からアズマサンダースレクレドールで終了。

マイネサマンサは法則通りなら今回は走らない番。怖いが切ってみます。

買い目
◎チアフルスマイル○ヤマニンシュクル▲ディアデラノビア
△オーゴンサンデー、トーセンハピネス、アズマサンダース、レクレドール

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△ 30点

3連複 ◎○軸で総流し 14点

ちょっくら祝杯をあげてきます。

寿司ネタ図鑑―オールカラー版

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList