2006年02月

2006年02月21日

アーリントンC 混戦模様のようですが…

遅れましたが今週の予想に入ります。
まずは土曜の阪神メイン。アーリントンCの過去の傾向から。

今年はシンザン記念組を中心にかなり面白い面子が揃いそうな印象。混戦模様で馬券的にも楽しめそうです。が!先週大敗している私に楽しむ余裕などあるはずもなく…。本気で当てに行きますよ〜!(当然、毎週超本気なんですけどね…)

参考データは過去10年です。

上位人気
1番人気
´´´´
2番人気
Νきキ┃
3番人気
´Ν
3番人気が1→2着の降着で繰り上がり優勝が1回あるものの1番人気の勝率は凄い。ただ負ける時は一気に圏外へ。1番人気の見極めが重要。

3番人気までが揃って連を外したのは1回でこの時は4番人気が2着に入ってます。データからは連軸は最低4番人気以内からがいいかも?
3着以内に2頭5番人気以下が突っ込んだのが半分の5回。3連単、複の穴狙いなら1頭軸で。

前走成績から
全て前走芝のレースのデータです。
前走重賞連対馬
↓´´
前走重賞で3〜5着
´↓↓Л
前走重賞6着以下
きΝきΝЛЛΝキΝきЛきЛΝ
このレースは単純に前走重賞で掲示板に載ってる馬が大活躍。なかなか分かりやすい傾向。
6着以下から連対した2頭は1頭がG犠,舛亮太咾あるエイシンプレストン、もう1頭もデイリー杯2着とG僅対実績のあるホーマンウイナー。3着に入ったタイクラッシャーでさえシンザン記念5着の実績が一応あり、重賞実績がないと巻き返しは厳しい様子。

前走OP特別で勝利
´´
前走OP特別で負けてた馬
キЛ┃
前走500万勝ち馬
ЛキΝき┃きΝ
前走500万で負けてた馬

新馬、未勝利戦から
キキΝキ
こちらも芝のみのデータです。前走OPで負けてる馬、500万組からの優勝はなし。新馬戦からは昨年のビッグプラネットがキャリア1戦で勝利。重賞以外からの狙いは前走OP勝ち馬が良さそう。その他は連対率悪く紐で押さえる程度が無難でしょうか。

前走ダートを使ってた馬

Ν┃´悪Л

大穴を出すのが前走ダートを使ってた馬。未勝利、500万下からも1着があり前走条件は不問。ただ馬券に絡んだ6頭中5頭は前走1着。
例外1頭はリキアイタイカンのバイオレットS7着から3着に巻き返し…。


今日のまとめ
好成績なのは前走重賞好走馬、重賞連対実績がある馬、前走OP勝ち馬。今年でいうとイースターゴウゴウキリシマキンシャサノキセキが良さそう。
あとはロジックデンシャミチ
穴では前走ダート1着のレッドバースピンが面白そうですが…。出るのかな?
期待していたステキシンスケクン評価を下げる予定。

何だか混戦模様ですが固い馬券になりそうだな…。先週の負けを引きずってるのかしら。

弱気なぼくら/NERVOUS

競馬blogランキング
TOPへ戻る


勝手に3歳馬番付表

お世話になっている suppleさんから先週コメントを頂きました。

1週間遅れで申し訳ないのですが、リクエストに応えるかたちで本日は3歳馬の番付表をやってみようかと。
よく雑誌とかでやってるアレです。選考基準はクラシック(皐月、ダービー)で活躍しそうな馬にしました。特にダービー重視で。

私、今年の3歳馬のJRA主催レースは一応全て目を通しています。
しかし…。2歳、3歳重賞の予想結果をみてもらうとわかるとおりです。あてにもなりませんし、自信もありません。

じゃあやるなよ。と自分でも少し思いましたが折角なんでクラシックを楽しみましょうという事で。

なので、“俺だったらこうだな”とか思いながら軽い気持ちでみて下さい。
おかしいだろ!ボケ!!とかはなしでお願いします。

         東               西
横綱 サクラメガワンダー   ジャリスコライト
      
大関
    アドマイヤムーン    フサイチリシャール

張出大関  マルカシェンク       

関脇    フサイチジャンク     メイショウサムソン

小結    キャプテンベガ      ショウナンタキオン 

前頭一   ドリームパスポート    ナイトレセプション

前頭二   スーパーホーネット    ダイアモンドヘッド

前頭三   トーホウアラン       グロリアスウィーク

前頭四  エフセイコー         ナイアガラ


一応、東と西は所属じゃありませんので。

こんなんなりました。
一応、実績と距離適正を考慮したつもりですが、難しいですね。こういうの。
個人的な意見では今年は実績上位馬にダービー向きと思える馬が少ないような気がします。
どうも2000m前後が得意っぽい馬ばかりで選ぶのに相当迷いました。横綱に推した2頭も大関2頭よりは適正がありそうですが、実際2400mを持つかは半信半疑。

ただこの横綱、大関の5頭は東京コースは向きそうですし能力で押し切っちゃいそうな気もするんですよね。

キャプテンベガを小結に入れたのはかなり贔屓目が入ってるかも。ただ上で述べたように実績上位陣に2400ベストと思える馬が少ないので、全兄がダービー馬という血統からダービーでの逆転もあるかなと。あって欲しいなと。

ちなみにUAEダービーが大目標のフラムドパシオンは除きました。

取り合えず、独断と偏見、希望、妄想を織り交ぜながらいろいろ考えてつくってみました。

これで皐月賞もダービーもこの馬以外から出たら…。情けないな、俺。


図解「階級(ランク)」のカラクリ―警察官・僧侶・北朝鮮幹部から、ワイン・宝石・マグロまで格付けの秘密


競馬blogランキング
TOPへ戻る 


2006年02月20日

クイーンC 回顧&レビュー

土曜重賞の回顧。それも当たってないクイーンCだけ回顧です。
理由は3歳馬のレビューをやっているためなんですが、2日連続で大外れの予想回顧するのはなかなか堪えますね…。シラフじゃできん。

それではまず予想結果です。予想はこんなのでした。

 1着△コイウタ
 2着×アサヒライジング
 3着−マチカネタマカズラ
 4着△ワイキューブ
 5着○アイスドール

 7着▲ハネダテンシ
 8着◎ルビーレジェンド
 9着×マルカアイチャン
10着△マイネジャーダ

2着、3着に人気薄(6、11番人気)が絡み3連複、3連単は大きい配当に。3連複1頭軸で紐荒れを狙う予想方針は間違ってはいませんでしたが、軸も違けりゃ3着馬も抜けるという散々な結果に…。

まあ、そう簡単に万馬券が取れる訳ないですよね…。かなり手広く行ってしまった為に被害は甚大でした。

本命ルビーレジェンドはアグネスタキオン産駒。あえて本命にしたのですが、大失敗。ほんとタキオン産駒は500万以上では成績悪いですねぇ…。
来年度のPOGはちょいと考えた方がいいかな??

レースの方はスローに流れて前残りの展開でした。レースのあがりが34秒7。勝ったコイウタが34秒4。8着のルビーレジェンまでが34秒5前後のあがりを使っており8着の馬までは着順ほど力の差はないように感じます。

特に5、6、7、8着馬の次走人気落ちでの巻き返しに注意したいところです。まあ、こうして傷口が広がって行く訳ですが…。

それでは数頭分レビュー。今回は★を追加した馬なしです。

1回東京7日(2月18日) クイーンC1着 芝・1600M
コイウタ
・・・★★+★
スローの前残りを道中3、4番手の絶好の位置で競馬。瞬発力勝負になったが斤量+1キロもなんのその、メンバー最速タイのアガリ34秒4の末脚で半馬身捻じ伏せた。ただ重賞とはいえやや恵まれた面子、流れも向いた印象。ソツなく走るますがG気世肇僖鵐蘇埖な印象。

1回東京7日(2月18日) クイーンC2着 芝・1600M
アサヒライジング・・・★★★★
やはりハナを奪えれば力は出せる。最後までしぶとくゴール前も3着馬を差し返した。血統面からも道中ゆったり行ける距離の方が良さそうで今回は絡まれずマイペースで行けたのも良かった。2000mのフローラSあたりで狙ってみたいのですが賞金も加算できたし果たして出るんでしょうか。

1回東京7日(2月18日) クイーンC3着 芝・1600M
マチカネタマカズラ・・・★★★
出走馬のレビューでも書いた通り今回は芝、東京コースと一変できる条件は揃ってました。ただ手が出ませんでしたが…。内枠でロスなくまわり、前残りの展開も味方、また1着馬と併せる形になったのも良かった。いろいろ恵まれ力を出し切っての3着。現状ではこの辺が精一杯かも。今後の成長に期待。

1回東京7日(2月18日) クイーンC5着 芝・1600M
アイスドール・・・★★★★
前4頭とは道中の位置取りの差もありますが、直線で前が壁になったのも痛かった。スローに泣かされ、スムーズ差を欠き5着なら力を見せたと言ってもいいのかもしれませんが、不完全燃焼の競馬。次走で巻き返しは十分あるハズ。とは言え賞金微妙。桜花賞に向けローテが狂った。


レース終了後のWe Are The Championsはお預け。フェブラリーS終了後も失敗。気分はどんぞこに。

きよしのズンドコ節

競馬blogランキング
TOPへ戻る


新馬レビュー フラムドパシオン、ドバイ前哨戦を楽勝。

フラムドパシオンのヒヤシンスS。前走のような大差勝ちを期待した人が殆どだったかもしれない。

直前まで単勝1.0倍。う〜ん。

前走のような大差勝ちにはなりませんでしたが、抑えずに行かせてたら、直線でも目一杯追っていれば物凄いパフォーマンスが観れたかも?と思わせる3馬身半差の大楽勝。前走とは違う形で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

今日は疲れを残さないように軽く流す程度、それも馬群に入れて競馬を教えながら。UAEダービーかなり期待していいんじゃないでしょうか?

そして海外ポイントありのPOGで仲間に指名されちゃってる方々。合掌。

1回東京8日(2月19日)5R 新馬 芝・1800M
メンバーズボンド・・・★★★
エンドスウィープ産駒で既にセン馬。道中はハナに立ちマイペースでの逃げ。直線に入っても手応えに余裕あり2着馬を引き連れて後続を引き離しにかかる。最後は2頭の叩き合い。後ろから迫られる厳しい流れでしたが最後の最後まで抜かせずハナ差競り勝った。素晴らしい勝負根性と粘り腰。人気薄でしたが強い競馬。

1回東京8日(2月19日)6R 500万下 芝・1800M
トップオブツヨシ・・・★★★★★
今日も先行。外目3番手からの競馬。直線入り口で早くも先頭に並びかけ叩き合いに、先行勢との叩き合いは制したが、後方から脚を伸ばしてきた2着馬に際どく差を詰められる。結果仕掛けが早かった気もしましたが最後まで良く伸びクビ差凌いで2勝目をゲット。初戦で高い評価をした馬、ホッとしました。

1回東京8日(2月19日)9R ヒヤシンスS ダ・1600M
フラムドパシオン・・・★★★★★+★
スタート後は行きたがる素振りも抑えて馬群の中で折り合いに専念。直線では前4頭が見事に横一戦で壁を作るが、あっさり外に持ち出し3馬身半突き抜けた。しかもちょっと気合いを付けただけとこの相手をまるで子供扱い。ドバイに向け余裕残しのままで楽勝。ただ強いの一言。

2回京都8日(2月19日)3R 新馬 ダ・1400M
プリンセスデザイア・・・★★★★
デインヒル産駒で母父Caerleonのマル外。2番手追走から3〜4コーナーでハナに立ち直線手前でほぼ馬なりのままリードを広げる。直線半ばで追い出されるとグングンリードを広げ6馬身差の圧勝。小柄な馬ですが力強い走りでスピードも抜群。むしろ芝の方がいい気がする。

2回京都8日(2月19日)6R 500万下(牝馬) ダ・1400M
ツルミトゥインクル・・・★★★
相手なりに走れる馬なので昇級戦でもと思いましたが、これまでの決め手に欠ける競馬と違い今回はゴール前できっちり差しきった。3キロ軽い斤量、牝馬限定戦とやや楽な条件ではありましたが、使われつつ成長してきているのも確か。今の状態なら血統的にも芝に戻しても好走できそう。

2回京都8日(2月19日)9R つばき賞 芝・2000M
タマモサポート・・・★★★+
前走で差す競馬を試したが今回はハナを切る競馬。3コーナーで早くも外から並ばれ併せる形で直線へ。早めに来られた分どうかと思ったが逆に相手を競り落とし差し馬の追撃も振り切った。流石にスタミナはありそうです。いい脚も使えるし展開次第でOPでも好走可能。我慢が効くのでタフな競馬も向いてるようです。

1回東京8日(2月19日)1R 未勝利(牝馬) ダ・1400M
モンヴェール・・・★★★
前走は後方からの競馬でしたが、今回は2番手からの競馬。直線に入っても抜群の手応え。持ったまま逃げ馬に並びかけ軽〜く仕掛けて突き放す。差してきた2着馬に3/4馬身差まで迫られましたが、まだまだ余裕の手応えで退け快勝。1回使って変わった様子。上でも楽しみ。

1回東京8日(2月19日)2R 未勝利 ダ・1300M
ウイニングヒット・・・★★
エンドスウィープ産駒で母父シアトルダンサーII 。ダート替り2戦目で初勝利。道中は3、4番手の外目を追走。直線に入って追われるとジワリジワリと前との差を詰め前の馬がバテたところを交わし突き放した。切れる印象はありませんが、追えば追うほどと言った感じ。ダートで。

1回東京8日(2月19日)3R 未勝利 ダ・1600M
ケントルネード・・・★★
道中は中団待機し直線で外から追い込む競馬。直線では前の4、5頭が横一線で叩き合うところを外からジワリジワリと並びかけ、一緒に抜け出した2着馬との叩き合いもゴール前制し5戦目での初勝利。ただ末脚に目立ったところなく、相手のレベルもイマイチ。上でどこまで。

1回東京8日(2月19日)4R 未勝利 芝・1400M
レイザストレングス・・・★★
キングヘイロー産駒。これまでとは一転今回は逃げる競馬を見せた。気性が気性だけに当面はその方が合ってるのかもしれない。直線では一杯になりながらもしぶとく粘り、一旦は引き離した。最後は差し馬に際どく追い詰められたが何とかハナ差残して勝利。素質はありそうですが好走条件が少なそう。

2回京都8日(2月19日)1R 未勝利(牝馬) ダ・1800M
マイネシュリンクス・・・★★
道中は3番手集団の内で待機し4コーナーで馬群を先頭に並びかける。力強い伸び脚でジワジワと差を広げ2着に2馬身半差をつける快勝。スピード感はさほど感じませんが長くいい脚を使いそうで相手なりに走れそう。ダートの中距離向きで使いつつまだまだ良くなってきそうな感じ。

2回京都8日(2月19日)2R 未勝利 ダ・1200M
メイショウヒミコ・・・★★★
Elusive Quality産駒。好スタートから先頭へ。1番人気の馬と2頭併せる形で直線に入り叩き合いになったが楽に競り落とす。差してきた2着馬に1馬身半つける完勝。かなりのスピードがありそのまま押し切る事ができる。ダートの短距離なら昇級後も通用しそう。

2回京都8日(2月19日)5R 未勝利 芝・2000M
ウエスタンホーク・・・★★★
サクラローレル産駒で母父メジロライアンという血統。いいですねぇ。道中は中団5、6番手を追走し4コーナーで外を通り先頭集団に近づいたが、直線では逆に一旦離されてしまう。馬場の良い外を通ると直線半ばでエンジンがかかり差し切り勝ち。いい末脚はあるがちょっとエンジンの掛かりが遅いかも。母系は短距離馬が多く距離伸びて良いタイプかどうかは微妙。



ドバイがクール―世界ナンバーワンずくめの楽園都市


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年02月19日

フェブラリーS回顧 ドバイへ夢広がる走りで私の夢を粉砕。

こういう馬に逆らっちゃ駄目なんですね。こんなに見事に予想が外れると、悔しいという気持ちがないから不思議。
それも後味のいい走り、ドバイへ夢が広がる走りを見せてくれたカネヒキリ&9Rのフラムドパシオンのお陰でしょうか。

ただ、冷静になって残高を見ると…。馬券は外れたけど〜とか素直に言えないのも現実。馬券を外したみなさん来週頑張りましょう。

一応予想結果と予想です。予想

 1着△カネヒキリ
 2着−シーキングザダイヤ
 3着−ユートピア
 4着△ブルーコンコルド
 5着○ヴァーミリアン

 8着▲タガノゲルニカ
10着△タイキエニグマ
11着◎リミットレスビッド
12着△サンライズバッカス
15着△メイショウボーラー

結果1、2番人気で決まり3着に11番人気が突っ込んで3連単は2万馬券。この2頭から行ってもこんなにつくの?という配当になりました。
軽視してた2頭にこられ無印の穴馬が突っ込んでる時点で、もうどうにも言い訳できない状況。この予想結果で回顧はあまりにも残酷。まあ自業自得ですけど。

レースは最終的にビリ&ブービーの逃げ馬2頭が互いに譲らず速い流れ。この時点でマイル適正、実績のない馬には厳しい展開になったのかもしれません。結果、強い馬が強い競馬をして3馬身差の圧勝。

これがG気諒匹覆鵑任靴腓Δ。人気に押されていた上り馬たちは良いところなく惨敗。その辺の馬を中心に買っていた私も直線途中でレースが終了。今年の私のフェブラリーSは1分28秒くらいでした。


しっかし勝ったカネヒキリは強い。こういうレースでもきっちり力を出せるのが強い馬なんでしょうが、不安要素もなんのその。終わって見ればこの競馬です。予想の1番最初に数行に渡って軽視と書いたのが恥ずかしい。2〜5着くらい?3馬身差の1着ですよ。もう。次走は素直に応援します。
ドバイでもびっくりするような走りを見せて欲しい!

で。2着はまたまたまたまたまたまたまシーキングザダイヤ。これで7回目のG毅加紂どこまで記録が伸びるんでしょうか。
もうこの馬に回顧は必要ないです。2着はシーキングザダイヤなんです。逆らってごめんなさい。カネヒキリは恐らくいないかしわ記念あたりがG祇覇の大チャンスになりそうですが騙されませんよ。今度は2着付けで買わせて頂きます。


さて、終わった事をクヨクヨしてもしょうがない。気分一新!来週です。と、思ったらクイーンCの回顧&レビューやってなかった…。
このレースもコテンパンにのされてるんですよね…。どうやら気分一新するのは火曜日になりそうです…。ハァ

気持ちの整理―不思議なくらい前向きになる94のヒント

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年02月18日

フェブラリーS 最終予想

サッカー代表の試合を観に悪友が我が家にやってくるので早めの予想更新です。
しかし人の家でTV観戦するのにこいつはいつも中田のユニフォーム着てくるんですよね。なんでこんな気合い入ってるのか??

いきなり話がそれましたがフェブラリーSの予想です。今週中に更新したフェブラリーS関係の過去の傾向はこちらからどうぞ。
データ データ データ

まずは1番人気が予想されるカネヒキリから。芝だと滑るためにスタートに不安が残るご様子。調教で慣れさせてるとはいえ付け焼刃でどこまで治るのかは疑問。武蔵野S同様おもいっきり出遅れる事もアリエル。

また、負けてもドバイに行くと明言。ここは明らかに叩き台、メイチで走って反動が出ないように余裕残しの仕上げでしょう。
流石に無様な競馬は出来ませんが、取りこぼしは十分考えられる。逆らうなら今回。2〜5着と見て△評価で。

本命は前走終了後まで本番では軽視と言っていたリミットレスビッド。根岸Sがこの時期に移ってからは中山開催以外は必ず1頭は3着以内に入ってる根岸S組。そのレースで1番強い競馬をしたこの馬を◎。

対抗は平安Sで+20キロの馬体重。おまけに落鉄しながらアタマ差2着に食い込んだヴァーミリアン。ある意味この馬が1番ダートで底を見せていない。初のマイルですが府中ならどうにかなるハズ。

単穴に5連勝中のタガノゲルニカ。勢いのある馬は勢いが無くなるまで買っとく。まだまだ成長しそうですし前走よりパワーアップしてる可能性も…。

相手はメイショウボーラータイキエニグマブルーコンコルドサンライズバッカスまで。
前年2着馬が不振のデータ、暮れから休みなく使ってるシーキングザダイヤは疲れも心配。気合いで消してみる。ホントにいいのか?俺…。

買い目
◎リミットレスビッド○ヴァーミリアン▲タガノゲルニカ
△カネヒキリ、メイショボーラー、タイキエニグマ、ブルーコンコルド、サンライズバッカス

馬連 ◎−○▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△△ 21点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△△ 36点

今日は手を広げすぎて失敗しましたが。懲りずに多点張りで勝負!!

ウマ馬鹿日記―サラ金地獄の懲りない面々

競馬blogランキング
TOPへ戻る


新馬レビュー ステイゴールド産駒パーフェクトジョイがデビュー勝ち!

フェブラリーSの予想の前にとりあえず本日分の新馬レビューから。

京都の新馬戦を勝ったステイゴールド産駒のパーフェクトジョイ。いかにもスタミナがありそうな血統でレース振りも強い内容。

上手く賞金を加算できればオークスでも楽しみな馬になるかも!?成長力もありそうですし面白そうな馬が出てきました。ステイゴールドファンの方は大注目かもしれません。
それではまとめて11頭分です。

1回東京7日(2月18日)3R 新馬 ダ・1600M
サムタイムレーター・・・★★★
かなりの好スタートを切ったが控えて2番手からの競馬。直線に入ると逃げた2頭で後ろを引き離して一騎打ち。交わすまでに少々手こずったがゴール前で交わしてデビュー勝ち。エンドスウィープ産駒で母父マルゼンスキー。スピードもあるし血統からも馬体重からも芝の方が良さそう。

1回東京7日(2月18日)6R 500万下 ダ・1400M
ヤマタケゴールデン・・・★★+★
道中は中団の後ろで待機し脚を溜めて直戦勝負。直線で追い出されると外からジワリジワリと加速。あっさり前を捕らえ2馬身半抜け出した。スピードはあまりないのでダートの方が向いていそう。ただ今回は500万下にしてはやや恵まれた面子だった事も確か。

2回京都7日(2月18日)5R 新馬 芝・1800M
パーフェクトジョイ・・・★★★★
ステイゴールド産駒。半兄にダートで活躍アルアランがいる血統。道中は3番手の内で待機し4コーナーで最内をロスなくまわり直線で先頭へ。あっさり抜け出すと馬場の良い真ん中まで持ち出し更に突き放した。瞬発力もあり、血統からはスタミナもありそう。上手く行けばオークスの穴候補になるかも。

2回京都7日(2月18日)6R 500万下 ダ・1800M
ゼットコマンダー・・・★★★
コマンダーインチーフ産駒で母父SS。道中は中団で待機。4コーナーで外から進出し3番手まで押し上げ直線へ。長く良い脚を使いジワジワ前を追い詰めクビ差交わしたところがゴール。スピード感はないがバテずに最後まで良く伸びる。やはりダートの中距離で差す競馬が良さそうです。

1回東京7日(2月18日)1R 未勝利 ダ・1400M
ステラディクオーレ・・・★★★
以前紹介したハート型の流星がある馬です。ポンと好スタートを決めると直ぐに1馬身のリード。軽快なスピードで逃げを打ちついて来た先行馬を潰した。直線半ばまで追い出しを我慢し最後は突き放す余裕の競馬。かなりのスピードがあり今日のようなスピードを生かす競馬ができれば昇級しても通用しそう。

1回東京7日(2月18日)2R 未勝利 ダ・1300M
ロックリヴァー・・・★★
クリプティックラスカル産駒。ダートの短距離戦に路線を変え成績が安定。今日も後方4番手から末脚を生かす競馬。直線外から差を詰め差し切った。あまりズバっと切れる脚ではなく、直線の短いコースでは厳しいかも。今日は相手にも恵まれた。上のクラスでは差し切れない競馬が続きそう。

1回東京7日(2月18日)5R 未勝利 芝・1800M
フェラーリファイブ・・・★★★
ブライアンズタイム産駒。シャイニンルビーの半弟で叔父にフジキセキという良血馬。道中は中団やや前の内で待機し直線で馬群を割って力強く抜け出した。BT産駒らしい力強く長くいい脚を使うタイプに見える。初戦から能力のあるところを見せていましたが、使われながらドンドン成長しそうな感じ。

2回京都7日(2月18日)1R 未勝利(市) ダ・1200M
ペプチドジャスパー・・・★★
最内枠を生かしハナを奪う。2番手追走の4着馬と並んで直線へ。直線で相手を競り落とし差し馬の追撃を2馬身振り切っての快勝。前が残る展開で展開も嵌ったが、最後にもう一伸びしたようになかなか粘りはある。ただスピードはイマイチ。逃げる競馬があっていそうですが強い馬相手に先手が取れるか微妙。

2回京都7日(2月18日)2R 未勝利 ダ・1800M
メイショウシャフト・・・★★★
メイショウオウドウ産駒。最初は2番手に控えていたが、外から被され前3頭併走で後続を離しての逃げ。3コーナー手前で早くも先頭に立ってしまったが、直線でも最後まできっちり伸びクビ差押し切った。前にいた2頭は途中で脱落する厳しいペースを早め先頭で押し切るのだから能力はかなりのもの。

2回京都7日(2月18日)3R 未勝利 ダ・1400M
ビッグシャトル・・・★★
道中は最後方で待機。4コーナーではロスなく内を回し直線で大外へ。直線入り口でもまだ後方5番手の位置取りでしたが追い出されると豪快に伸び差し切った。ダート替りで初勝利。相手にも恵まれ差しが届く展開にも助けられたが末脚は素晴らしい。ただ上のクラスではもう少し流れに乗れないと厳しい。

2回京都7日(2月18日)4R 未勝利 芝・1400M
ベルジュール・・・★★★★
アグネスタキオン産駒で母父Bering。芝に替って初勝利。道中は中団やや後ろの外を追走し4コーナーで大外から先頭に並びかける。直線に入るとあっさり抜け出し2馬身半差の快勝。力強い走りで抜け出す脚も速い。欲を言えば抜け出してからの伸びがもう少し欲しかったが十分強い内容。マイル前後で活躍しそうな予感。

ステイゴールド~the first and the last gold medal~


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年02月17日

京都記念 最終予想

続いては京都記念の予想です。
G汽侫Д屮薀蝓治售愀犬竜事はこちらから→フェブラリーS

クイーンCの予想はこちらからです→クイーンC

そして京都記念の過去の傾向はこちらです→データ

斤量が加算されてる馬も過去の傾向からは問題なし。という事で実績馬を中心に予想をしたいと思います。

最強の1勝馬と言われているシックスセンス。確かに3歳春までは決め手不足の勝ち切れない競馬でした。
ただ秋は神戸新聞杯も香港ヴァーズも相手が強すぎただけ。そして恐らく菊花賞は距離。今のシックスセンスなら重賞を勝ち切る力はあるハズです。秋に戦った馬と比べると相手も楽。2勝目を期待します。◎!(頭固定はしませんが)

対抗に菊花賞馬デルタブルース。能力上位のこの馬が他馬より+1キロだけで出られるのは大きい。有馬記念の大敗も不利の影響と敗因はしっかり、データからも巻き返し十分。逆らいません。

単穴にトウショウナイト。前走OP戦出走馬は成績最悪なんですが、この馬の場合は骨折休養明けの叩き台。都合の悪いデータは無視。
京都コースはG供■猫気韮押■潅紊汎整奸E傾直泙暴个襪燭瓩砲肋浙眸妙との事でかなり本気で賞金稼ぎにきてるハズ。

押さえにマーブルチーフサクラセンチュリービッグゴールドヴィータローザまで。

低レベルだった今年のAJCC。展開にもたっぷり恵まれての復活Vシルクフェイマスは人気も回復しそうで妙味なし。思いきって気合いの消し。

買い目
◎シックスセンス○デルタブルース▲トウショウナイト
△マーブルチーフ、サクラセンチュリー、ビッグゴールド、ヴィータローザ

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連複 ◎軸で相手○▲△△△△ 15点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△ 30点


何だか両方とも随分買い目が増えちゃいました。当日のオッズ次第では3連複はやめるかもしれません。

シックス・センス 生存者

映画の続編です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList