2006年04月

2006年04月30日

天皇賞(春) 4冠達成!国内に敵なし、いざ海外へ!

いやぁ、強いですねぇ。痺れました。

戦前から目立ったライバルもいなくディープインパクトのための天皇賞という感じでしたから、殆どの方はどんな勝ち方をするのかに興味が行っていたハズ。
その期待に応える文句のないレコードでの圧勝劇!馬券もちゃっかり当たりましたし今年の天皇賞は大満足です。

それでは予想結果です。予想

1着◎ディープインパクト
2着△リンカーン
3着○ストラタジェム
4着△アイポッパー
5着−トウカイカムカム

9着▲トウカイトリック

馬券の方はリンカーンさえいなければ。。結構大変な事になっていたのですが、まぁ今日はディープインパクトが無事に4冠を達成したのでタラレバはやめて素直に勝利の美酒に酔う事にします。

ビワハヤヒデやサイレンススズカの天皇賞(秋)、タイキシャトルの引退レース、スプリンターズS。春の天皇賞では復活したナリタブライアンや3連覇がかかったメジロマックイーンなど。
怪我や取りこぼし、隠れたスターホースの存在。絶対と言われた名馬でもなかなか実際に勝つのは難しい。

今日のディープインパクトはG気箸聾世─△泙箸發冒れば普通に勝てる相手。相手が弱いとケチをつける人も中にはいるかもしれませんが、実際にきっちり勝った事を評価したい。

また大まくりから4コーナー先頭で押し切る競馬で力の違いをこれでもか!って言うほど見せつけた。
3歳時の3冠レースの時は桁違いに切れる馬というイメージだったディープインパクトでしたが古馬になって物凄く“強い馬”になった気がします。

もうこの先暫くはこれほどの馬とはお目にかかれないでしょう。早熟かもという懸念もありましたが古馬になってからも更に成長してくれている。できるだけ多くこの馬のレースを見てみたい。

次はいよいよ海外。ハーツクライが海外遠征を表明している以上、もう国内で走る必要性を感じません。その間日本のG気寂しくなりますが、勝って当たり前と言われるレースに出てもあまり盛り上がらないんじゃないでしょうか。
海外のG気鮠,辰討癸鬼馬と言われるのかはわかりませんが、シンザンに並ぶ5冠目は是非海外で達成して欲しい。

ディープインパクトからDeep Impact へ。そして日本のスターホースから世界のスターホースへ。海外の競馬ファンが腰を抜かすほどのパフォーマンスを期待したいです。

今日はそんな事を想像しつつ、美味しいお酒を飲もうと思います。
天晴れ!ディープインパクト!


ディープインパクト―無敗の三冠馬の真実

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年04月29日

天皇賞(春) 最終予想

青葉賞も外し重賞4連敗を達成。流れ最悪のままG気鮓かえる事になりました。
一応、G気呂海械伽鈩⊂,靴討い襪里撚燭箸なるだろ。と良い方に強引に考える事にします。そうじゃないと凹んで予想できません。

まずは天皇賞関係のデータです。
データ データ


ディープインパクトには逆らわない。今年は、というか最近の天皇賞(春)は出走馬のレベルが大分下がってきたように感じます。
正直このクラスの馬が今回のメンバーに負けるとは考えられない。気持ち良く4冠を達成して貰って海外に勢いをつけて臨んで下さい。アタマ固定で◎。


問題は対抗以下と馬券の買い方。馬連や馬単で買ってもあまりつかないので3連単中心に馬券を買いたいと思います。


対抗はストラタジェムを指名。相手なりに走れる馬で1600万条件でも勝ち切れない馬ですが、G気狼堂崗泙韮誼紂G兇錬害鸛って3、5、2着と掲示板を外していない安定感。
データからもなかなか健闘している日経賞2着馬。今年のメンバーならひょっこり2、3着は十分ある。第2のステイゴールドと睨んで先物買い。

単穴は前走底抜けのスタミナを見せたトウカイトリック。今回も大逃げ宣言が出ていますし速いペースで引っ張ってスタミナ勝負になれば…。


過去2年連続で1番人気を裏切って着外に沈んでいるリンカーンが2番人気。押し出された人気といった感じで2度ある事は3度ある。消し!と思ったら、3連単の配当を見ると結構ついてる事が判明。押さえます。

その他の押さえは昨年の3着馬アイポッパーまで。

買い目
◎ディープインパクト○ストラタジェム▲トウカイトリック
△リンカーン、アイポッパー

馬単 ◎→○▲ 2点

3連単 ◎→○→▲△△
     ◎→▲△△→○ 厚めに

オッズを見たらえらいついてるので      
◎→○→総流し 
◎→総流し→○  

の3連単計30点で勝負。

頼むぞボス!

最強の名馬 メジロマックイーン

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年04月28日

青葉賞 最終予想

まず最初に。
普段からお世話になっている3連複の真髄のハットリさんがこの度残念ながらブログ活動停止という事でPOG大会(ダビスタ)を開催するとの事です。

詳細はこちら→さよならPOG大会
賞品も用意されてますので、この記事見ちゃった方は是非参加して下さいです。

それでは青葉賞の予想へ。青葉賞関係の記事はこちらから
データ 出走馬 出走馬

恐らく1番人気は実績からも鞍上からもアドマイヤメインでしょう。ただ距離に不安もありますし何といっても1番人気の逃げ馬(だと思う)。楽には行かせてくれないだろうし府中の2400Mを逃げ切るのは厳しいハズ。今回は飛んでもいいですよの押さえまで。×

本命はマツリダゴッホ。新馬戦の内容が強烈。新馬レビューで初戦から★6個を献上した数少ない馬。前走、休養明けで使った末脚も非凡。
距離が伸びるのもプラスに働きそうですし、今回も強い競馬を見せてくれるはず。◎

対抗はデータからも無視できない毎日杯掲示板組からマイネルアラバンサ。ちょっと勝負弱そうな気もしますが、距離延長での巻き返しに期待。○

単穴にタマモサポート。ハイレベルのスプリングS4着馬。面子が1枚落ちるここなら当然狙える。あまり人気にもなってなさそうですし美味しい。▲

押さえに毎日杯であがり最速を記録したエイシンテンリュー、相手なりに走れる気がするホーマンアラシ、買いたくないけど切るのは怖いマチカネゲンジまで。

買い目
◎マツリダゴッホ○マイネルアラバンサ▲タマモサポート
△エイシンテンリュー、ホーマンアラシ
×アドマイヤメイン、マチカネゲンジ

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△×× 15点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△×× 30点

天皇賞前に重賞3連敗中の嫌な流れを変えたい!んですが自信はない。


風雪ながれ旅/北の漁場/まつり

競馬blogランキング
TOPへ戻る


モンキーターン

競馬の最終予想に入る前に月イチの競艇の記事を。

4月って30日までしかないのをすっかり忘れてましたよ…。

今日はモンキーターンについて。アニメまでなった漫画のタイトルにもなっているので競艇を知らない人でも1度くらいは聞いた事があるのではないでしょうか?

モンキーターンとは水上を高速で旋回するテクニックの事。猿回しの事ではありません。

実はこの名前、旋回する時の前傾姿勢が競馬のモンキー乗りに似ている事が由来になったらしいです。意外なところで競馬との結びつきを発見。

ちなみに競馬のモンキー乗りを開発したのはレスター・ピゴット騎手。乗ったフォームが猿に似ているからついた名称。顔が似ている河○騎手がつけられたあだ名じゃありませんので。
ちなみにこのピゴット騎手はニジンスキーの主戦騎手でダービーを9回も優勝し日本ではゴルゴ13に出演?した事でも有名。

話がそれましたが、このモンキーターンを開発したのは飯田加一選手という人で当時この人が優勝した時はレースタイムが通常の1秒近く速かったと書かれています。凄いですね…。
競馬でもなんでもレースでの1秒って相当ですから。

実際どんなもんかは観ないとわからないので、機会があったら是非観て下さい。きっと競艇に嵌るハズです。

モンキーターン (1)

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:10|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)競艇 

青葉賞 出走馬の新馬レビュー2

昨日の続き残りの8頭分です。

前回の9頭分はこちらからです
出走馬

それでは早速。

ホーマンアラシ・・・★★★+
(ダンスインザダーク×母父Theatrical)
重賞、OPでも掲示板を外していないように能力自体は高い。血統的にも成長力がありそうで距離延長も歓迎。ただ決め手に欠けるので差しては勝ち切れず2勝とも逃げ切り勝ち。強力な同型がいる今回は自分の競馬が出来るかどうか。そこそこ速いペースは大丈夫なので先行して上手く粘り込めれば。

マイネルアラバンサ・・・★★★+
(スペシャルウィーク×母父ブレイヴェストローマン)
戦績だけで見るととても安定。ただ前走は逃げ馬は捕まえられず、差し馬には交わされるある意味完敗の内容。すみれSではキャリア1戦だったとはいえ競り合いに負けてるようにもしかしたら勝ち切れない馬なのかもしれない。ただ距離延長はプラス。スタミナが生きる展開になれば逆転も。

マイネルシュピール・・・★★+
(シングスピール×母父Marju)
スピード感なく芝のOP以上では力の差を感じる。同距離、同コースの500万特別を勝ってはいますが、面子が揃わず8頭立てのスローな流れを先行してハナ差抜け出しただけの残念ながら低レベルな内容。長距離は合ってると思うのですがこの相手では展開の助けがないと厳しい。

マグマノーベル・・・★★
(エイシンサンディ×母父ラグビーボール)
少しづつレース振りが良くなってきているとは思いますが、前走は相手に恵まれていたし展開も嵌った。狭いところに突っ込んで行ける根性はあるがそれだけじゃチョット…。やや重の水仙賞で先行して思いっきりバテてるようにスタミナ面でも不安。平坦コースが向いていそう。

マチカネゲンジ・・・★★★★
(サンデーサイレンス×母父Woodman)
速い流れも無理なく追走できる素晴らしいスピードがある。2歳時はやや決め手に欠け勝ち切れない競馬が続いていましたが、放牧を挟んでパワーアップした印象。ただ走りからも血統からも2400Mは長い気がする。藤沢和厩舎はそういう馬でも長距離こなしちゃう馬が多いので軽視はできませんが…。

マツリダゴッホ・・・★★★★★★
(サンデーサイレンス×母父Bel Bolide)
前走は直線途中で外に出し物凄い末脚で差し切った。力強さと瞬発力は素晴らしく、新馬戦の力のいる馬場で他馬がバテバテになっている中ただ1頭余裕たっぷりで走っていたようにスタミナも相当ありそう。不安材料はキャリアの浅さと気性面、そして速くなりそうな流れに対応できるか。力的にはぶっちぎってもおかしくない。

ミストラルクルーズ・・・★★★
(エルコンドルパサー×母父サンデーサイレンス)
重賞で勝ち切れるほどの末脚はないのでスローの瞬発力勝負になるとつらいですがパワフルでグイグイ伸びる。なかなかタフでバテない馬なので展開に恵まれれば上位争いも可能かも。ダートに実績のある配合ですし走りからも雨で馬場が渋ればチャンスがありそう。

ローレルエルドラド・・・未評価
(ステイゴールド×母父ティンバーカントリー)
芝では5戦して未勝利戦の4着が最高。やはり戦績どおりダート向き。スピードがなく前で追走できないので展開頼みの末脚勝負になりそうですが、例え展開が向いてもこの相手を差す末脚を出せるかとなると…。一気の相手強化、芝に実績なし、不安材料多く今回は流石に消し。


ゴッホ全油彩画

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年04月27日

天皇賞(春) 実績から2

枠きまりましたねぇ。ディープインパクトは4枠7番ですか。長距離なんで枠はどこでも一緒だと思いますが、菊花賞と同じですねぇ。いいかも。

心配なのは天気。土曜は天気が崩れるようですが日曜日はどうなんざんしょ?折角なんで良馬場でやって欲しいのですが。まあ雨なら雨でとんでもない脚使って故障する心配も少しはなくなりますし、いいのかな。予想はまた訳わかんなくなりそうですが…。

天気の事を心配してもどうにもなりませんので、今できる事をやりますね。前回の続きです。参考データは過去10年で。

実績から
日経賞1着馬

日経賞2着馬
−−Α櫚ぁ檗檗
日経賞3、4、5着馬
Лキ┃ΝЛ

日経賞をステップにして天皇賞に勝った馬は過去10年では6着から巻き返したマンハッタンカフェのみ。勝ち馬は毎年出走していますが1着はなし。連に絡んだのはメイショウドトウ1頭というちょっと寂しい成績。
好相性の阪神大賞典をステップにしたにもかかわらず過去2年惨敗しているリンカーン。今年はステップ面からもちょっと狙いづらいかも?

ただ2着馬や3〜5着馬からも連絡みする馬が出ており穴狙いなら、案外狙えるステップかもしれません。狙うなら勝ち馬より2、3着馬の方が人気的にも面白いかも。

大阪杯1着馬
−−−−キ┃
大阪杯2着馬
─檗櫚А櫚─檗檗櫚
大阪杯3、4、5着馬


過去10年で大阪杯をステップに勝った馬はテイエムオペラオーヒシミラクルの2頭のみ。大阪杯連対馬からは本番で連対した馬ゼロ。日経賞以上に厳しい成績。
今回データに入れていない10年以上前ではトウカイテイオーがこのステップから天皇賞5着に敗れて連勝ストップ。メジロマックーインが天皇賞(春)3連覇に失敗などあまり縁起がいいステップとは言えなそう。

テイエムオペラオーヒシミラクルそして10年以上前の馬だとスーパークリーク。勝った3頭は3頭とも3000M以上のG犠,素蓮
今年のこのステップのメンバーはちょっと割り引いて考えてもいいかもしれません。

大阪ハンブルクC連対馬

大阪ハンブルクC3〜5着馬
Л

昨年とんでもない事をやらかしたステップ。出走馬が少ないのでデータとしては何とも言えませんが、1回あった事は2回目もその内あるかもしれない。
ただ、こういうのは大体忘れた頃にやってくるモノ。次回くるのはは3年後じゃないかな。勿論ただの勘ですけど。

まとめ
大した強敵もいなくディープインパクトはデータからも固い。問題は相手探し。データからは阪神大賞典2着馬トウカイトリックと日経賞掲示板組。
人気になるリンカーンよりもストラタジェムブルートルネード辺りを狙ってみたい。
大阪杯組もある程度人気になりそうですがあまりデータ的には良くなく妙味なし。3連単の紐で1、2頭押さえる程度にしたいところ。

あとは最近やたらと荒れてるので3連単の紐で人気薄をチラホラと押さえる予定です。

三冠馬ディープインパクト強さの秘密―100分でわかる!


競馬blogランキング
TOPへ戻る


青葉賞 出走馬の新馬レビュー

どうやらマイネルアラバンサは抽選なしで出られそうですね。まだ確定はしていませんが人気になりそうな馬だけに出走できるのはホントに良かった。

この馬がいるのといないのでは他の人気馬のオッズにも影響するでしょうからね。

それでは2回に分けて出走馬の新馬レビューです。


アドマイヤメイン・・・★★★★★
(サンデーサイレンス×母父ヘクタープロテクター)
切れる脚がないので溜め逃げの瞬発力勝負だと分が悪い。“自分のペース”というのが結構速いペースなのであのスピードで逃げて2400Mが持つのか?これが問題。今回も恐らく1番人気になるでしょうしマークも更に厳しくなるハズ。能力が高いのは間違えありませんが不安材料も多い。

エイシンテンリュー・・・★★★★+
(サンデーサイレンス×母父キャロルハウス)
前走も6着ながらあがり3Fは最速。出遅れて位置取りが後方すぎたのと展開が向かなかったのが敗因。力強さもあり素晴らしい末脚を使いますが、スタートが悪く後ろからの競馬が多いのが不安材料。重賞を直線一気で差し切れるほどの脚はないようなので少しでも道中前に付けられれば。


エフセイコー・・・★★★★
(サンデーサイレンス×母父Seeking the Gold)
力強い走りをするタイプで末脚もちょっとエンジンの掛かりが遅い印象。スパっと切れるイメージがなく瞬発力勝負になるとつらそう。本質的にはパワータイプなので中山の方が向いていそうですが、先週のフローラSはそんな馬が上位を占めたので切るに切れない。速いあがりが使えなそうなのであがりが掛かる展開になりそうなのもいい。

コパノカチドキ・・・未評価
(ブライアンズタイム×母父Nijinsky)
スピードもあるし力強い走りができる。前走では競り合いを制して勝負根性をみせた。が、流石に500万すら経験がないのは痛い。フローラSと違いメンバーの大半が2勝以上クラス。過去10年で3着以内に入った馬の中で前走未勝利戦の馬は0頭。また前走ダート戦も0頭。今回は厳しい。

ゼットコマンダー・・・★★★
(コマンダーインチーフ×母父サンデーサイレンス)
ダートで2勝を上げているように力強く長く良い脚を使う。前走は芝のOPでも最後ジワジワと差を詰め3着。瞬発力勝負では分が悪いですが芝でもバテずに長くいい脚を使える事は証明。ただその前走はOPとはいえ6頭立て。面子的にもOPの中ではかなりの低レベル。この相手でも通用するかは微妙。

タニノベリーニ・・・★★★
(フレンチデピュティ×母父ルション)
能力はあるのですが末脚が決め手に欠け勝てそうで勝てない競馬の連続。流れ次第では相手なりにも走れそうな気はするのですが、あまりスピードがないのでアドマイヤメインに速い流れで引っ張られちゃうと追走だけで手一杯になっちゃうかもしれない。距離は向いていそうなので前目で上手く流れに乗れれば。

タマモサポート・・・★★★+★
(タマモクロス×母父ジョリーズヘイロー)
前走スプリングSはまさかの差す競馬。内をロスなく回り抜けてきたが力尽き離された4着。ただその前3頭は皐月賞の1、2、5着馬。ここでは力上位の存在。折り合い面で不安を残しますが差しても好走できたのは大きい。2走前ではスタミナがあるところを見せていましたしタフな競馬に強そう。中心の1頭。

トロフィーディール・・・未評価
(サンデーサイレンス×母父Affirmed)
メイショウドトウの半弟。前走はまくって速め先頭から押し切る強い競馬。まだまだ余裕もありそうで上積みも期待できる。とは言え福島の未勝利戦1戦のみのキャリア。キャリアも浅く一気の相手強化に対応できるかどうか。血統的にも完成するのはまだ先だと思う。今回は厳しそう。

バルバロ・・・★★
(ブラックホーク×母父Crafty Prospector)
先日めでたく2勝目をあげた私のPO馬。ぶっちゃけスピードがなくズブズブ。先行してガンガン追われながら粘りこむ競馬が得意。何回か頭の中で妄想してみたが全く勝ってるところが想像できない。ただダービーTRに出れるだけでも夢を見させてくれる。感謝しよう。ただ馬券は買わない。


サンデーサイレンスの産駒

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年04月26日

天皇賞(春) 実績からその1

続いては天皇賞(春)の過去の傾向からです。
◎はディープインパクトですし相手探しと言っても既に半分くらい決まっちゃってはいるのですが一応。

参考データは過去10年で。

上位人気の成績
1番人気
´´´
2番人気
´´
3番人気
´↓↓↓
4番人気
罩┃Лき┃キ

ここ3年は馬連万馬券決着とやや荒れ気味。それまでは3番人気までで勝ち馬を独占していた固いG気任靴燭ここ3年は連にも絡めず…。やや傾向が変わってきている模様。
3年の間に何があったのか??シンボリクリスエスタップダンスシチーゼンノロブロイなど前年の有馬記念好走馬が出走していないのが影響あるのかも。
だとしたら今年は大丈夫かな…。

実績から
前走阪神大賞典を1着馬
↓´´´´
2着馬
キΝ
3着馬
−─−ΝΝ
4着以下
きき┃ききЛΝЛ

やはり1着馬が断然の成績。2着、3着馬からの優勝はなく、逆転は厳しい模様。また4着以下から巻き返したのは03年のヒシミラクル(大阪杯経由)、サンライズジェガーのみ。かなり狙いづらい。

ディープインパクトには阪神大賞典1着馬がここ5年連続で連を外してるのが少々気になるデータです。
ディープ絡みのその他のデータは
前年の有馬記念連対馬

´↓´
前年の菊花賞勝ち馬
´

前年の有馬記念連対馬はなかなかの好成績ですが実際、天皇賞(春)を勝ったのはテイエムオペラオーマンハッタンカフェの2頭のみ。前年の菊花賞馬で天皇賞(春)を勝ったのはマンハッタンカフェヒシミラクル
3頭とも前哨戦で3着にも入れない惨敗をしながら見事な巻き返しで優勝。もしかして負けてた方がいいのかな?

有馬記念好走馬は天皇賞の前哨戦で結構惨敗する馬が多く、有馬から前哨戦、天皇賞(春)と3走とも連対した馬は過去10年ではメジロブライト(日経新春杯も出走)とメイショウドトウの2頭しかいません。
なかなか大変なのがわかります。そしてこの2頭本番は2着…。前走もあまり体重増えてませんでしたし疲れがちょっと心配になってきました。

明日はまた他のデータから

スペシャルウィーク 駆け抜けた王道


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList