2006年08月

2006年08月24日

キーンランドC 勝手に銀行レースに認定

昨年までの4年間1000万下条件だったキーンランドCがいきなりG靴望些福5年前まではOP特別、7年前までは1000mと条件がころころ変わるレース。

お陰で過去の傾向なんて全然無理。まぁ、それでもいつも強引に何らかのデータを引っ張ってきて気合いで予想するのですが、それだとさっぱり当たらない事をようやく学習しました。
新設G靴箸い事ですし余計な事は深く考えずに、初心に戻って適当に予想するのがいいのかもしれませんね。

ただ、それだとこれで記事が終わっちゃうので穴が狙えるのか?それとも固いのか?くらいは調べておこうかと。
参考データは過去5年間の札幌芝1200mでおこなわれていた別定戦の古馬OP特別札幌日刊スポーツ杯です。

上位人気の成績
1番人気
1.、4、2、8、9着
2番人気
2、2、4、1、6着
3番人気
5、8、1、4、
4番人気
6、1、3、2、2

連対馬10頭とも4番人気以内。3着には9番人気の馬が昨年入りましたが、残りは5番人気が2回、4、6番人気が1回ずつとめちゃめちゃ固い傾向…。

G靴砲覆辰討匹Δ覆襪?ですが1番人気が予想されるシーイズトウショウはG珪些覆里陰で55キロでの出走。
牡馬相手のハンデ戦を57キロで勝ってる馬だけに正直軽すぎるとも思えます。
そのシーイズトウショウに前走函館で土をつけたビーナスラインも重賞を勝ちながら前走と同じ斤量54キロ。

なんかデータを持ち出すまでもなく、ガチンガチンの気がしてきました。

珍しく資金も豊富ですしこの2頭を軸に思いっきり突っ込んでやろうかと考え中。きっと、このレースがハンデ戦じゃないのは神さまがくれた大チャンス。

罠っぽい気もしますが、多分大丈夫!競馬の神さまがいると信じて、夏に散財した分ここで取り返しましょう!

頼んだぞ!デンデ。

Dragonball Forever―ドラゴンボール完全版公式ガイド

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年08月23日

新馬レビュー グッドネイバー半弟オーソリティバイオが新馬勝ち

ようやく開幕した私のPOG。
PO馬スズカサンバは兄スズカマンボと全く同じ札幌1800mを武豊騎手鞍上でデビュー。
ペースが上がった時についていけず置かれてしまいましたが、直線では予想以上の末脚をみせて3着まで追い上げました。
負けはしたものの次以降に期待が持てる内容には満足。兄もデビュー戦は4着ですしね。

それに1戦1勝で札幌2歳に行くよりも、2戦1勝で行く方がキャリア面で有利になるハズ。プラス思考、プラス思考。

ただそのレースで勝った馬が元PO馬の半弟オーソリティバイオ。お兄さんは勝ち切れない馬でPOG期間中は歯痒い思いをしまくっただけに、弟のあっさり新馬勝ちは何とも複雑な気分。

信じて弟も指名しておけば良かったかなぁ…。グッドネイバーのPOでオーソリティバイオも指名したPOさんがおりましたらおめでとうございますです。


1回札幌4日(8月20日)4R 新馬 芝1800
オーソリティバイオ・・・★★★★
ゆったりとした縦長の流れを好位2番手から人気の逃げ馬をみる形で楽に追走。直線に入るとFD産駒らしいパワフルで切れのある末脚をみせ、あっさりと逃げ馬を捕まえて突き放した。半兄グッドネイバーは勝ち切れない馬ですが能力は確か。父が替りパワフルになった弟の活躍が楽しみ。

3回新潟4日(8月20日)6R 新馬 芝1600
マイネルーチェ・・・★★★★
道中は中団の外からジワリジワリと前へ。直線半ばまでは反応イマイチも外から凄い勢いで差してきた1番人気馬に並ばれるとグーンと加速。最後は内の馬を差し、外の馬には抜かせず3頭の叩き合いを素晴らしい勝負根性で制した。まだ幼そうな気性ですがその分上積みも見込めそう。人気薄でしたが次走も注意。

3回小倉4日(8月20日)4R 新馬 芝1800
タキオンプリンセス・・・★★★★
道中は外の3番手を外から追走し人気のヴィヴァルディをマーク。4コーナーで外から馬体を併せに行き、直線は2頭の追い比べ。一旦交わしたあと差し返しにきた相手を再度あっさり退けるという着差以上に余裕のある勝ち方。本気で追った時に手応えどおりに伸びるようなら相当活躍できそうな予感。

1回札幌4日(8月20日)1R 未勝利 芝1200
アンソロジー・・・★★★
バクシンオー産駒で母父SS、ポップロックの半妹。ポンと好スタートを切るも控えて3番手からの競馬。4コーナーで早くも先頭に立ちそのまま直線も押し切った。スピードがあり力強い走り。やや晩成的な血統なので完成するのはまだまだ先になりそうですが、順調に成長したら重賞でも活躍できそうな血統。

3回新潟4日(8月20日)1R 未勝利 芝1000
クールスーペリア・・・★★
直線競馬。道中は3番手からでしたがずーっと追っ付け通し。追って、追って徐々に加速しスピードに乗ると一気に前2頭を抜き去り1馬身半差で勝利。追ってしぶとそうなタイプ。血統からは短距離馬ですが、スピードから上のクラスの芝短距離では厳しいかも。初戦同様ダートが良さそうな雰囲気。

3回小倉4日(8月20日)1R 未勝利 芝1200
ナムラコネリー・・・★★
好スタートを切りスーッとハナを奪う。そのままマイペースで逃げて直線も押し切った。最後まできっちり伸びましたが、あまりスピード感もなく直線での迫力もイマイチ。今回は相手に恵まれた印象。上のクラスでは今後の成長頼みだと思いますが、母系はあまり成長力があるように思えず…。


おとうとが やってきた!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年08月22日

新馬レビュー ようやくタキオン産駒も“新馬”勝ち!

今年の2歳はやや大人しめなアグネスタキオン産駒でしたが、今週は土日でガルヴァニックタキオンプリンセスと2頭が勝ち上り。
それも2頭ともなかなか大物感のある勝ち方で新馬勝ちを飾りました。

最近のSS系新種牡馬ではスペシャルウィーク、アドマイヤベガが2世代目からクラシックウイナーを輩出。
1年目から大活躍したタキオン産駒ですが、もしかしたら更にそれを上回る活躍ができるかもしれません!

そう思ってタキオン産駒中心に指名した今年のPOG。
実は先週まで未勝利のみで3頭しか勝ち上がってなかったんで焦ってたんですよね。良かった、良かった。一安心です。


1回札幌3日(8月19日)4R 新馬 芝1200
ガルヴァニック・・・★★★★
スタートは五分もダッシュがあまり速くなく内の中団から。4コーナーから直線にかけて外から被され窮屈な位置に入りましたが、外に出されるとそこから凄い脚。あっという間に差し切った。更に外から差してきた2着馬の追撃も難なく交わし快勝。近親にテンザンセイザ、半姉ポンテローザがいる血統。距離はマイルくらいが良さそう。

1回札幌3日(8月19日)5R 500万下 芝1200
ベリーベリナイス・・・★★★
最内枠から好スタート。ペースは遅くはありませんでしたが殆ど絡まれず楽な逃げで手応え抜群。4コーナーで外から並ばれても焦らず直線に入ってから追い出し2馬身突き放しての快勝。11頭中9頭が地方馬というレースでしたがなかなかの好内容。暫くは完成度の高さとキャリアを武器に中央でも好走できるかも。

3回新潟3日(8月19日)5R 新馬 ダ1200
セレスマン・・・★★
Capote産駒のマル外で母父もBold Ruler系のBeau Genius。血統通りダートの短距離で良さそうな走り。レースはポンと好スタートを切ったが内の馬を行かせて2番手を追走。直線に入ると力強い走りで難なく抜け出し3馬身半差の楽勝。短距離向きのスピードはありますが芝ではちょっと微妙な感じ。

3回小倉3日(8月19日)4R 新馬 芝1200
ベルモントプロテア・・・★★
道中は外目の3番手で先行。早めに先頭に並びかけると直線でも力強い豪快な走りで押しきった。 母系はベルモントアクターをはじめ兄、姉は地方ダートで活躍するダート血統で馬場が渋っていたのも味方した模様。走りからも血統からもダートにより向いていそうな馬。

1回札幌3日(8月19日)1R 未勝利 芝1800
ナムラマース・・・★★★★
距離延長がきいたようで5戦目で待望の初勝利。道中は2番手を追走、3、4コーナーで回りの馬の手応えが怪しくなり押し出されるようにして先頭に立つと、直線では離す一方で5馬身差の圧勝。短距離でも大崩れしないスピードに加え他馬がグダグダになる馬場でもきっちり伸びるようにスタミナもある。次走も注目。

3回新潟3日(8月19日)1R 未勝利 芝1600
コスモジエラ・・・★★
メヒロライアン産駒。スタートはイマイチも外から3、4番手まで押し上げ先行。直線で先頭に並びかけたあとは一杯気味にも見えましたが、そこからジワリジワリと力強く伸び最後は叩き合いも捻じ伏せた。切れる脚はなさそうですが追ってしぶといタイプで根性もありそう。

3回小倉3日(8月19日)1R 未勝利 芝1000
エミネンツァベルタ・・・★★
最内枠から好スタートを切りハナへ。外から2頭にびっちりマークされてましたが直線であっさり捻じ伏せ3馬身突き抜けた。ただ2着馬以外はちょっとレベルの低いメンバーで馬場にも助けられたような印象。逃げる競馬が合っていそうですが上のクラス、距離延長、良馬場で同じような競馬ができるかは不明。

3回小倉3日(8月19日)2R 未勝利 芝1800
ケイアイマイスキー・・・★★★
道中は中団のやや後ろで待機。直線では荒れた内目の馬場を通り馬群を割って鋭く伸びた。力強い末脚で瞬発力も上々。ただ大した速いペースではなかったのですが3コーナーあたりで急に速くなり先行馬が直線で失速。差してきた2、3着馬とは内と外の差といった感じでやや展開や馬場にも恵まれた気も…。



競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年08月21日

新潟記念 サンレイジャスパーを追いかける

今週も新馬レビューより過去の傾向を先に更新します。

理由は先週それで的中したので験かつぎ。…ではなくちょっとしたミスで今週もまたビデオ録画に失敗したため…(389ch録っちゃいました)。

まぁ、いつまでいい流れが続くかわからないので早いとこ事前予想をしておくのもいいかもしれませんしね。
勝って兜の緒を締めよ。なんてよく言いますがそんなモン被ってないし、折角の流れですからイケイケ(死語)で今週も行っちゃいます。

では、サマー2000シリーズの最終戦新潟記念の過去の傾向からです。
参考データは改修後左回りになってからの過去5回分。

上位人気の成績
1番人気
1、2、12、2、8着
2番人気
4、1、11、6、10着
3番人気
2、5、1、1、1
4番人気
5、11、10、8、

過去5回の勝ち馬は3番人気以内からで特に3番人気が絶好調。ただ人気馬の浮き沈みが激しく3連複、3連単では紐荒れが狙えそうです。
上位人気馬のなかで来る馬と飛ぶ馬の傾向がわかればいいんですけど。

上位人気馬のハンデ
軸探しという事でまずはハンデから。上位4番人気までの馬のハンデ別成績です。牝馬は+2キロで計算。
56.5キロ以上
4、5、11、8、、8着
56キロ
1、2、12、
55キロ
1、11、2、10着
54キロ以下
1、2、5、10、6、

56キロ以下の馬が良さそうな感じです。実際、過去5年間では人気に関係なくハンデ56.5キロ以上の馬の連対ゼロ。
ちなみに5番人気以下のハンデ56.5キロ以上の馬は
7、7、13、6着

ただ今年登録段階でハンデ57(牝馬55)キロ以上の馬が8頭もいるんですけど…。なので全滅は流石に考えづらい。かな?

前走成績から
前走G系対馬
7、1、4、12、13、8着
前走G沓魁腺誼綰
5、1、10、2、11、3、2、3、4着
前走G沓驚絨焚
2、4、9、13、2、7、8、11、13、14、15、3、15、17
1、8、9、10、11、5、7、11着
前走条件戦勝ち馬
1、9、10、2、6、

前走G系対馬の成績が異様に悪いんですが、飛んだ5頭中3頭が七夕賞勝ち馬。毎年次走成績最悪の七夕賞連対馬ですので(今年もぶっ飛び済み)他のローテならあまり気にする必要はないかもです。
やはり前走重賞で掲示板確保している馬が狙い目。あとは1000万勝ちからも2連対している前走条件戦勝ち馬が要注意デス。


今日のまとめ
前走重賞で掲示板を確保、そしてハンデ56キロ以下が好走傾向ということで唯一の該当馬サンレイジャスパーをまたしても狙い撃ちしたい。
前走4着もまたまた51キロは美味しい。今回は人気もなさそうですし前走小倉出走馬は過去5年で3勝3着2回と好相性。

夏は牝馬ですしね!小倉記念に引き続きこの馬を追いかける予定です。

深追い


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年08月20日

札幌記念 回顧 

賭けては外れ、賭けては外れの繰り返しだった夏競馬。
そんな私の連敗街道をストップしてくれたのは元PO馬のアドマイヤムーンでした。

感動した。

毎週悲しい回顧が続いていたのでたまに当たった今週くらいはハイテンションで回顧です。
まずは予想結果から。予想

 1着◎アドマイヤムーン
 2着△レクレドール
 3着▲マチカネキララ
 4着△マヤノライジン
 5着○エリモハリアー

 9着×セフティーエンペラ
14着×タガノデンジャラス

いやぁ強かったです。予想に反してレースのアガリが34秒3というアガリの速い競馬でしたがそんなレースを33秒5の末脚で制しました。悔しい思いをした春のG毅伽錣塁喫阿鮴欧蕕慌勝!

贔屓目かもしれませんが天皇賞でも十分勝負になるかも!?と思わせてくれる勝ちっぷりだったと思います。
まぁ、こういう思い込みの所為でまた痛い目に合うのかもしれませんけど…。
例えそうだとしても、こうなりゃトコトン心中です。好きな馬を追いかけるのもまた競馬の醍醐味ですから。

ところでこれで3歳馬は古馬混合重賞3勝目。結論を出すのはまだまだ早いですが今年の3歳は結構レベルが高いかも?
ちなみにエアエミネムが札幌記念を制した年はジャングルポケット、クロフネ、マンハッタンカフェでその年のジャパンC、JCダート、有馬記念を優勝。

サクラプレジデントが勝った年は3歳時はG気鮠,討泙擦鵑任靴燭ザッツザプレンティとリンカーンがJC、有馬を2着で翌年はゼンノロブロイが秋のG毅穫⊂ 
4歳世代がディープ以外パッとしないだけに3歳世代には競馬を盛り上げるためにも頑張って欲しいものです。


夏競馬で大分負けもこんでいたので、秋まで暫くお休みしようかなと思った矢先にこの的中。
これだから競馬はやめられない。ホントに上手くできてるなぁと思う。

競馬の神様だかJRAの神様の思惑どおり来週からまたいいお客さんに戻るかもしれませんが、たま〜に勝った時くらいは美味しいものを食べておこう。

そう思って馴染みの寿司屋に予約しに行ったらお休みでした。世の中甘くないですね…。出前にします。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年08月19日

札幌記念 最終予想

まずは週中に書いた過去の傾向からです
データ1 データ2


前売り段階でアドマイヤムーンは2番人気。過去このレースで3番人気以内に支持された3歳馬は2−0−1−1.で最低4着。
弥生賞を勝ち、皐月賞1番人気に支持された実績からも、サクラプレジデントと比べてもそんなにヒケはとらないハズ。

加えて札幌コース2戦2勝とコース実績もあり。

また先日亡くなった2冠牝馬ベガが松田博厩舎&武豊騎手のコンビ。本日亡くなってしまった変則2冠馬ラインクラフトがエンドスウィープ×母父SSの血統。

何か運命のようなものも感じます。

亡くなった名馬2頭の分まで今後活躍して欲しい。そんな願いも込めつつ本命はアドマイヤムーン

相手は一長一短があり絞りきれないので人気馬から人気薄まで手広く。

函館記念勝ち馬で札幌のコース実績もあるエリモハリアー、過剰人気気味な気もしますが安定度抜群のマチカネキララ、好相性の牝馬ということでレクレドール。そして思ったより人気のなさそうなマヤノライジンの4頭を馬連の中心にドカンと。

穴に函館記念ステップで札幌2戦2勝のセフティーエンペラと叩いた効果に期待のタガノデンジャラスの2頭を押さえて終了。

買い目
◎アドマイヤムーン○エリモハリアー▲マチカネキララ
△レクレドール、マヤノライジン
×タガノデンジャラス、セフティーエンペラ

馬連 ◎−○▲△△×× 6点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△×× 15点

(3連単) ◎→○▲△△××→○▲△△×× 30点


3連単を買うかどうかは4Rのスズカサンバの結果次第。

お前馬鹿か?って言われそうな額を単複にぶち込む予定。ボロ負けしたら笑いに来て下さい。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年08月18日

札幌記念 相手探し

3番人気に支持される事が前提ですが週はじめの予想どおりアドマイヤムーン本命でいくつもり。

前が残る馬場が脚質的に気になりますが、過去のレースをみても案外差し馬が突っ込んできているし大丈夫でしょう。多分。

という事で、この馬が馬券に絡む事を心底信じて相手探し。折角この大好きなアドマイヤムーンが突っ込んできたとしても相手を間違えて馬券をスカじゃ素直に喜べない。
好きな馬が勝って馬券でも勝つ!

そして重賞連敗も止める!

PO馬のデビューですっかりハイテンションのままですが財布の紐は絞めておこう。今週なんか歴史的大負けをしそうな気がする…。

それでは札幌記念過去の傾向からです
参考データは過去9年分。

同年の函館記念出走馬
まずは同年の函館記念出走馬の札幌記念での成績です。
函館記念連対馬の札幌記念での成績
3、4、11、2、4、1、6、4着

函館記念連対馬は過去9年で8頭出走し2連対。連に絡んだのはエアエミネム、ファインモーションの2頭で2頭とも札幌記念、函館記念ともに1番人気でした。
エリモハリアーは昨年も函館記念1着から出走し2番人気で6着。なんとな〜くですが4、5着っぽい気も…。

函館記念3〜5着馬の成績
3、2、6、10、6、7、5着
函館記念6着以下の馬の成績
10、11、8、11、3、1、8、9、14、2、4、8、2、11、10、10着

5着以内も6着以下も連対率、複勝率でみるとさほど変わらない。なら人気のない6着以下を狙うのが馬券的には面白いかも。
6着以下は函館記念でも人気のなかった馬が突如爆走しており、人気薄の馬でも要注意。特に札幌2戦2勝のセフティーエンペラは狙い目かもしれません。

前走から
前走G気韮誼絨米
4、1、1、3、3、16、
前走G気韮驚絨焚
8、12、10、4、5、1、4、13、1、3、9、13着

前走G気韮誼絨米發帽チした馬が当たり前のように好成績なんですが、残念ながら今年は出走馬なし。
G毅驚絨焚爾らは3頭馬券に絡んでますが勝った2頭はG鞠魯謄ぅ┘爛ーシャンとダービーで2番人気に支持されていたサクラプレジデント。
3着に盛り返したローエングリンも前々走G気韮誼紂ある程度の実績がないと盛り返すのは厳しい模様です。


前走函館記念以外の重賞で5着以内だった馬
1、2、4、6、7、8、9、3、9、5、1、7、8、11、14着
前走函館記念以外の重賞で6着以下だった馬
9、2、12、10、7、13、9、6、7、10、14、15、5、8、3、12着
前走芝のOP特別3着以内
2、3、5、1、5、4、6、8、

函館記念以外の重賞ステップは好走してても信頼度はイマイチ。特にエプソムCは03、04年と勝ち馬が凡走していますし人気になりそうなマチカネキララは多少割り引いて考えた方がいいかも?


取り合えずオッズと財布と相談してからまた明日最終予想を出します。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年08月17日

2ヶ月遅れでようやく私のPOGが開幕(予定)。

いよいよ今週の日曜の札幌芝1800mの新馬戦にPOG指名馬スズカサンバがデビュー。
遅らばせながらようやく私の今シーズンのPOGが始まろうとしています。

しかも鞍上は武豊騎手!!

私、結構POGでは武豊騎手と相性が良いようで指名馬によく乗ってくれるのですが、まさか関東の伊藤圭先生の馬のデビュー戦でも乗ってくれるとは。これはかなり期待してもいいのかなと。

おまけに最大の強敵と睨んでいた超評判馬グレインアート(ファイングレインの半弟)が除外。アドマイヤマジンも除外。
この2頭のPOさんには申し訳ありませんが、正直新馬勝ちのチャンスはグーっと広がったように感じマス。

出てくる中での強敵は評判馬の1頭ニシノプライドでしょうか。この馬はセイウンスカイ好きのライバルに10位で指名された敵のPO馬。
私もセイウンスカイは好きなんですがここで負ける訳にはいかん。セイウンスカイ産駒の初勝利は次走以降でお願いしたいところです。

PO馬の初陣にすっかりテンションが高くなってましたが、そんな中悲しいニュースがひとつ。

2冠牝馬ベガ
死亡…。


競走馬としても繁殖馬としても素晴らしい成績を残したベガ。
キャプテンベガを指名してたこともあり、思い入れの深い1頭でした。アドマイヤベガは死んじゃいましたが、ドン、ボス、そしてアドマイヤベガの残った産駒から少しでも多く次代に血が繋がっていって欲しいと思います。

ちなみにベガの最後の産駒は来年デビュー予定のファルブラヴ産駒の牝馬です(昨年種付けしたスペシャルウィークは不受胎)。

ベガの産駒の中で唯一の牝馬。この馬から牝系も広がっていく事を祈りたいですね。合掌

ターフの女王―最強牝馬コレクション

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList