2006年10月

2006年10月15日

秋華賞 回顧

まずは予想結果からです。予想

 1着×カワカミプリンセス
 2着△アサヒライジング
 3着▲フサイチパンドラ
 4着◎アドマイヤキッス
 5着△シェルズレイ

 6着○キストゥヘヴン
 8着△ブルーメンブラット
12着×キープユアスマイル

アドマイヤキッスは4着…。ちょっと位置取りが後ろすぎたでしょうか。せめて3連複でも的中すればと思いましたが見事に縦目で入りました。

結局牝馬3冠レース全てで1番人気に支持されながらもタイトルは取れず。非常に残念な結果になりましたが、まだまだG気呂△蠅泙后いつかG気鮗茲譴詁まで応援し続けようと思います。
この馬、POGで稼いだ額より馬券ですった額の方がはるかに大きい気がする…。
馬券でもいつか纏めて取り返したい。それまで頑張って貰いたい。そして一先ずお疲れ様でした。


で。勝ったカワカミプリンセス。5連勝で無敗のまま秋華賞を制覇!!

やっぱり強かったと。いう感想ではなく、何だこの馬!?というのが素直な感想。
データ的にも決してプラス材料にはならないオークスからの直行。お構いなしですか。
他馬は同世代にこんなバケモノがいたのを呪うしかありません。もしデビューがあと1ヶ月早ければ、もしかしたら…。タラレバをついつい口にしたくなるほどの名馬。

キャリア4戦、そして秋にステップレースを挟まずぶっつけで秋華賞を制した馬はこの馬の他にファビラスラフインがいるのですがファビラスラフインは次走ジャパンCで2着。
カワカミプリンセスもエリザベス女王杯などとつまらん事はいわず、ジャパンCに出てきて欲しい。もしカワカミプリンセスがこれまでの戦績同様、今後も見た事ないような活躍をするのであれば、そんな名馬がディープインパクトをやらずに引退するのは勿体ない。

できれば府中の2400mでその対決を…。


スーパーニューヒロインの誕生でテンション高めですが、やっぱりどうプラス思考で考えても悔しい。
ちょっくら飲んできます。ハァ…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年10月14日

秋華賞 最終予想

さて秋華賞の予想です。

PO馬として活躍をしてくれた春。しかしクラシックの2戦は1番人気に応えられず悲しい思いもしました。
POG期間は終わりましたが今回は馬券で稼がせて貰います。というかオークスで突っ込んだ分を取り返さないと…。

過去の傾向はこちらからです→データ

過去の傾向を見てもオークスとはあまり直結しない秋華賞。オークス好走馬はオークス以外の重要なレースでも好走している事が条件です。


本命はアドマイヤキッス。この世代で桜花賞、オークス、ローズS全てで掲示板に載った唯一の馬。心情的にもデータ的にもこの馬以外に本命は考えられません。悲願の戴冠を希望。

対抗には過去7頭出走し3勝、2着2回、4着2回と5着以下なしの桜花賞馬キストゥヘヴン。最内枠に入りましたが能力上位、この距離なら軽視はできません。

単穴にムラ馬っぽいところがありますがまともに走ればフサイチパンドラ。オークス、ローズSともに好走はデータ的にもバッチリ。ローズSで着順を落としたのが少し気になりますが叩かれた上積みに期待。

押さえにこちらもデータから桜花賞、オークス好走馬アサヒライジング、そして直行は割引きもやっぱり怖いカワカミプリンセスの実績馬と穴でシェルズレイキープユアスマイルブルーメンブラットの3頭。

他にも気になる馬はいますが買い目の関係で気合いの消し。

買い目
◎アドマイヤキッス○キストゥヘヴン▲フサイチパンドラ
△アサヒライジング、ブルーメンブラット、シェルズレイ
×カワカミプリンセス、キープユアスマイル

馬連 ◎−○▲△△△×× 7点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△×× 21点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△×× 36点


キス★キス★バン★バン

競馬blogランキング
TOPへ戻る


府中牝馬S 最終予想

それでは府中牝馬Sの予想からです。

過去の傾向はこちらから→データ

いつになく好面子が揃った気がする今年の府中牝馬S。週中の見解どおり、そして過去の傾向どおり固いレースと見て手堅く勝負。


馬券の中心は傾向からも前走重賞連対馬の4頭+オールカマー3着のディアデラノビア
この5頭の中から2頭選んで3連単2頭軸で勝負する作戦。

1頭目…本命馬はこの中で唯一のG汽曄璽垢任△ヤマニンシュクル。全盛期に比べるとやや衰えた気もしないでもないんですが得意の1800mならまだこのメンバーでも力上位のハズ。

もう1頭の軸は夏場ずっと買い続けてきたサンレイジャスパーにするべきか、ディアデラノビアにするべきかで悩んだあげくサンレイジャスパーで。
理由は調教。連戦の疲れがあるかと思ったんですが、調べてビックリ。恐らくここ数戦で1番のデキ。あとは心情的なものも少々。

単穴にそのディアデラノビア。コース実績も問題なし。ただ1年半勝ち星から遠ざかっているのと、乗り替りがどうでるかですが…。

押さえは残りの2頭デアリングハートレクレドール。その他の馬からはG汽凜クトリアマイル4着馬コスモマーベラスと穴でマドモアゼルドパリを押さえて終了。


買い目
◎ヤマニンシュクル○サンレイジャスパー▲ディアデラノビア
△デアリングハート、レクレドール、コスモマーベラス
マドモアゼルドパリ

馬連 ◎○▲ BOX 3点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△ 30点

遊び程度の額で
おまけのワイド −◎○▲△△△ 6点


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年10月13日

デイリー杯2歳S 最終予想

仲間内のPOGでライバルに指名されちゃってるオースミダイドウ。色々とここ1週間自分なりに不安材料を探してみましたが、やっぱりさっぱり見当たらず…。

前2走のレースっぷりからも過去の傾向からもここでは1枚抜けた存在ではないかと。覚悟を決めて頭から馬券を取りに行きます。

過去の傾向はこちらから→データ

と、言う事で本命はデビューから2戦2勝のオースミダイドウ。最大のライバルになるハズだった重賞勝ち馬も他のOP特別勝ち馬も不在。敵は超Hペースくらいでしょうか。それでも押し切りそうですが…。3連単1着固定で。

対抗は過去の傾向からキャリア1戦の馬を。マイルがどうか?ですがデビュー戦で素晴らしい末脚を披露したアルシラートに○。

単穴にはローレルゲレイロ。久々と初距離に疑問も今年の出走馬の中で唯一の重賞連対馬。データを重視して▲。

押さえにデータからは不振も今年の面子なら繰り上がって好走できそうな前走重賞で掲示板確保した2頭クラウンプリンセスマルカハンニバル。最後に前走未勝利組から穴でスナークトモクンを押さえて終了。


買い目
◎オースミダイドウ○アルシラート▲ローレルゲレイロ
△クラウンプリンセス、マルカハンニバル×スナークトモクン

馬連 ◎−○▲△△× 5点

3連単 ◎→○▲△△×→○▲△△× 20点


相当被ると思いますが馬連は5点も買って元が取れるのだろうか?馬単でもあまりオッズは変わらなさそうですし…。
とりあえず3連単を本線で勝負!

ちなみにサフラン賞はシャルロットノアルから勝負予定です。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年10月12日

府中牝馬Sは5頭の勝負!?

続いては日曜府中のメイン府中牝馬Sの過去の傾向からです。
G鞠呂ヤマニンシュクル1頭のみですが今年もなかなかの面子が揃いました。エリザベス女王杯の最重要ステップとしても大注目な1戦。

固い傾向のようですし手堅く取りたいところです。

それでは早速。参考データは過去10年の内中山開催を除いた9年分です。

上位人気の成績
1番人気
1、1、1、2、1、7、1、3、1
2番人気
4、4、5、6、3、2、4、5、8着
3番人気
11、8、2、1、6、5、2、2、7着
4番人気
2、5、3、4、11、10、9、6、
5番人気
9、2、8、3、10、1、3、1、17着

1番人気が6勝と強い。2番人気がやや不振ですがその代わり5番人気が好成績。3着までを5番人気以内で占めた事が9回中4回、残りの5回も2頭は複勝圏に入っており、3連単の2頭軸は2頭とも5番人気以内の馬から選びたいところです。

G鞠
G鞠呂寮績
1、1、1、11、2、7、1、3、3、8、17着

11着に敗れたウメノファイバーは前走安田記念12着、昨年8、17着に敗れたダンスインザムードは前走札幌記念12着、スティルインラブは宝塚9着。
順調に来ている馬…という分け方も変ですがスランプや燃え尽きてない馬ならば軸として問題なし。なのかな…??

前走から
前走G欺仭馬
1、11、17着
G供■猫靴馬対していた馬
1、6、10、1、3、4、8、5、1、3、6、7、
1、2、1、2、5、14、1、7、12着
G供■猫靴韮魁腺誼綰
8、9、13、2、5、6、14、10、5、9、10、4、
9、11、7、14、16、
G供■猫靴韮驚絨焚
4、5、11、7、8、9、11、1、3、7、9、11、8、12、2、6、8、
3、7、8、10、13、3、6、8、2、5、6、8着
OP特別で3着以内に好走
2、3、11、2、1、4、4着

この他には準OP勝ちから1頭(グレースアドマイヤ)、OP特別9着から1頭(ハイフレンドコード)が連対。
基本的には前走重賞連対馬が馬券の中心ですがそれでも半分以上はぶっ飛んでます。3〜5着馬になると1連対のみ。
G供■猫沓驚絨焚爾ら馬券に絡んだ5頭の内4頭がG鞠蓮G鞠楼奮阿粘き返したのは昨年2着のマイネサマンサしかおらずかなり厳しいと言えるのではないでしょうか。

今日のまとめ
今年の出走馬で前走重賞連対馬はサンレイジャスパーデアリングハートヤマニンシュクルレクレドールの4頭。
この4頭と前走面子の揃ったオールカマーでクビ差の3着という内容的には上記の4頭を凌ぐ競馬を見せたディアデラノビアの5頭が馬券の中心…。というか、ヘタしたらこの5頭が1〜5番人気。まるっきり人気通りの面白くもない馬券になりそうですが、そもそも固いレースですし仕方ナス。

2頭軸の内1頭はG鞠ヤマニンシュクル。もう1頭は…どうしようかな。先週に引き続き嫌な流れ。外れクジを掴むのが大得意なだけに選ばなかった3頭にワンツースリーされそうな予感がします。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


デイリー杯2歳S オースミダイドウで間違いナス

マイル戦になってから今年でちょうど10年目。過去9年の勝ち馬からはエイシンキャメロン、レジェンドハンター、メイショウボーラーと3頭の朝日杯2着馬を輩出というレース。

3着以内の馬を見渡してもクラシックウイナーの名前が1頭もないという非出世レースでもありますが、G兇里燭瓧叡緇浙癸械牽娃伊円!
指名馬を出走させるPOさんにしたら嬉しいやら悲しいやら…。複雑な気分かもしれませんね。

ただ逆にライバルに有力馬を出走させられるPOにしても複雑な気分。
オースミダイドウ…。ここに出るとクラシックで勝てなくなりますよ!と言ってあげたいんですが…

それでは過去の傾向からです。参考データは1600mになってからの過去9年分です。

上位人気の成績
1番人気
2、1、8、1、3、1、1、4、
2番人気
3、11、2、2、13、2、2、5、4
3番人気
9、3、3、5、2、6、3、2、2
4番人気
6、2、4、11、14、9、9、8、

1番人気が5勝、そして6番人気以下が4勝。1番人気が勝つか?6番人気以下が勝つか?
2〜4番人気は8連対もしていますが全て2着。2、3着固定で買うのも面白いかもしれません。

前走から
重賞で3着以内
2、3、4、11、2、11、13、3、5、6、11、1、5着
重賞で4着以下
4、13、2、6、5、5、4、11、7、5、6着

当然人気になる馬が多いこのステップですが勝ったのは3連勝中だったメイショウボーラーただ1頭。大敗多く軸にするのは危険。4着以下からの巻き返しはキャリア1戦で札幌3歳S4着に入ったノボエイコウオーのみ。
意外ですが前走重賞を使っている馬は1枚割引いて考えた方がいいかもしれません。

OP特別1着馬の成績
6、1、2、3、4、3、1、4着
OP特別で負けていた馬
1、5、9、11、12、3、5、8、6、7、9、10、11、4、12、13、
2、7、8、8、12、4、8、7、9、10、6、10、12、7、8、9、10着

前走OP特別組は1着以外は軽視して良さそうです。前走OP特別で負けていた馬で馬券に絡んだのはボールドエンペラー、トウカイナンバー、ホーマンウイナーの3頭でボールドエンペラー以外の2頭はここまで4着以下なしの成績でデイリー杯でも3番人気。
人気薄で穴を狙うには率が悪過ぎる気も…。

未勝利戦(2、3回目の新馬戦)で1着
8、7、7、10、3、6、7、8、9、14、1、5、6、10、11、16、7、9、
10、13、4、5、8、1、3、8、11、
1〜4番人気までのキャリア1戦の馬
8、2、2、3、2、1、2、4着
5番人気以下のキャリア1戦馬
7、9、12、10、15、6、9着

キャリア1戦でも上位人気に支持されれば十分勝負になる模様。というかかなりの好成績。
前走未勝利戦から馬券に絡んだ5頭の人気は7、8、9、7、4番人気。二桁人気は厳しいようですが中穴狙いなら前走未勝利が良いかもです。

今日のまとめ
今年は前走重賞好走馬が函館2歳S2着のローレルゲレイロ1頭のみ…。それも2ヶ月振りで初のマイル戦。
キャリア1戦馬も昨年のマルカシェンクのようなバケモノっぽい馬は見当たらず…。
そして前走OP勝ち馬はオースミダイドウ1頭のみ。恐らくぶっちぎりの1番人気。データからも何の不安もないようです。

すなわちG蕎浙癸械牽娃伊分のチョコの用意決定。

せめて馬券で稼げたら…。

大好き!チョコレートのお菓子―作りたい。贈りたい。はじめてでもできる、かわいくて、おいしい手づくりレシピ。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年10月11日

新馬レビュー フサイチホウオー圧倒的な強さでデビュー勝ち!

頭が痛いのは風邪のせいなのか…。それともライバルのPO馬2頭フサイチホウオーマイネルシーガルが圧勝デビューをしたせいなのか?

現3歳世代で初年度の産駒がデビューしいきなりG犠,素呂鮟个靴織▲哀優好織オンとクロフネ。流石はその強い世代のダービー馬といったところでしょうか、ジャングルポケットも初年度から相当な大物候補を誕生させました。
父子2代のダービー制覇、競馬ファンにとっては夢のある話ですが、ライバルに指名されているとなると話は別。
どうせならエプソムダービーに行ってくれないかな…。うちのPOGは海外の賞金入らないので。

兎にも角にも、今年度初の★6個を献上です。

4回東京2日(10月8日)5R 新馬 芝1400
マイネルシーガル・・・★★★★★
ゼンノエルシド産駒のマイネルの評判馬でPOGでも人気になっていた馬。道中は中団を楽な手応えで追走し、直線で追い出されると一気に前を捕らえ突き放す強い競馬。最後は3馬身差の圧勝。エイシンアモーレの半弟で完成度が高そうなタイプ、そのアドバンテージを武器に早い内からマイル前後で荒稼ぎしそうな予感。

4回東京2日(10月8日)6R 新馬 芝1800
フサイチホウオー・・・★★★★★★
ジャングルポケット産駒で母父SS、母はアドマイヤメガミという良血馬でセレクトセールで1億円で落札された評判馬。道中は4、5番手の位置を追走し、直線半ばで余裕の手応えで前へ進出。そこからいざ追い出されると一瞬でグンと加速、瞬く間に突き抜けた。素晴らしい瞬発力があり、大物感たっぷり。

5回京都2日(10月8日)5R 新馬 芝1400
サイキックダイブ・・・★★★
速い流れを後方で待機、3、4コーナーにかけて外から徐々に上がっていき直線勝負。展開も嵌った気がしますが鋭い末脚を見せ差し切った。近親にシャルードがいる血統で母は6戦して4勝したアランセラ。あまり人気にならなそうな馬ですが末脚は十分上でも通用するように思う。次走も要注意。

4回東京2日(10月8日)1R 未勝利 芝1400
ニシノクイック・・・★★★
出遅れて最後方からの競馬でしたが、道中外から抜群の手応えで徐々に前へ。直線半ばで先頭にならびかけ楽に2馬身突き放し完勝。2走前に若さを見せ降着していたり、今回も出遅れたりとまだまだ若さ見せまくりながらも強い競馬。ニシノシタンの半弟という血統からも成長すればかなり楽しみ。

4回東京2日(10月8日)2R 未勝利 芝1600
デスコベルタ・・・★★★
ダッシュがつかず後方2番手からの競馬。道中は無理せず追走して直線勝負。展開がやや嵌った気もしますが逃げ粘る3着馬、同じように差してきた2着馬を難なく突き放し力の違いを見せつけた。直線入り口で他馬に寄られバランスを崩しながらもこの脚。瞬発力勝負なら上のクラスでも楽に通用しそうなレベル。

5回京都2日(10月8日)2R 未勝利 芝1200
マイネルクラッチ・・・★★★
スクワートルスクワート産駒。すんなり先行し逃げ馬をマークする形で直線へ。直線ではその逃げ馬との追い比べになりましたが、難なく捻り伏せて3/4馬身差をつけてゴール。着差以上に余裕もあったし、まだまだ上積みがありそうな走り、レース経験を積めば上のクラスでも勝ち負けできそう。

5回京都2日(10月8日)3R 未勝利 芝1800
ウィルビーキング・・・★★★★
前2走は1200mを使っていましたが距離延長で初勝利。やや速めのペースを中団で待機し3、4コーナーで徐々に前に。直線で追い出されてからはジワリジワリとした伸び脚でしたが先頭に立ってからはグイっと一伸び、一気に4馬身突き放した。少しエンジンの掛かりが遅いタイプかも。

火の鳥 (1)


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年10月10日

新馬レビュー ようやくクロフネ産駒も新馬戦で勝利

昨年、初年度産駒が爆発したクロフネ。今年の2歳は中央では土曜の新馬をセンザンダンサーが勝利し5頭目の勝ち上りになりました。新馬勝ちはこの世代初勝利。

昨年も新馬より1、2回使ってからのの方が成績がよいタイプの種牡馬だけに、使われてからの上積みも期待できそうです。
半兄はセントライト記念で3着のミストラルクルーズ、母父サンデーとの配合はフサイチリシャールが出ており血統からも大物に化ける可能性十分。

もし芝で駄目でもダートで思いっきり走りそうな豪快な末脚。怪我なく順調に成長して欲しいと思います。

それでは土曜日分のレビューです。


4回東京1日(10月7日)5R 新馬(牝馬) 芝1600
コスモチーキー・・・ ★★★
好スタートから3番手へ。直線早めに先頭に立ったが抜け出してからの脚色はもうひとつ。差してきた2着馬に差されるかと思いきや馬体が併さるともう一伸びし押し切った。スピード感はありませんが勝負根性がありそうでしぶとい。パラダイスクリーク×母父アレミロードという血統からもダートにより向いていそう。

4回東京1日(10月7日)9R プラタナス賞 ダ1400
アプローズヒーロー・・・★★★
アメリカンボス産駒で叔父にオグリキャップという血統。ダート戦なのに道中は離れた最後方というとんでもない位置取りでしたが、Hペースが嵌り直線一気の差し切り勝ち。これでダートに移り2連勝。後方からの競馬なので展開やコースに左右されそうですが末脚はかなりの迫力。

5回京都1日(10月7日)5R 新馬 芝2000
セイザンダンサー・・・★★★★
ミストラルクルーズの半弟でクロフネ産駒。やや出遅れ気味も内枠、少頭数にも助けられスーっと内の3番手へ。ドスローな流れを内の3番手で待機し直線では包まれたような感じでしたが豪快な末脚でこじ開け突き抜けた。まだまだ上積みもありそうで芝、ダート問わず活躍できそう。

5回京都1日(10月7日)6R 新馬 ダ1400
ナムラカゲトラ・・・★★★
道中は後方からの競馬。4コーナーで内から上手くまくる好騎乗もありましたが、前3頭で決まったかと思う位置から一気に前を捕らえ逆に2馬身半突き放す強い競馬。ペースが速く前の馬はバテバテでしたがそれにしても素晴らしい末脚。今回人気薄で単勝万馬券、次走も人気がないようなら面白いかも?

5回京都1日(10月7日)9R りんどう賞(牝) 芝1400
ハギノルチェーレ・・・★★★
距離はもう少しあった方がいいかもと書いた未勝利勝ち時のレビュー。前走距離を伸ばして惨敗し(相手も強かったですが)、今回距離短縮で2勝目…。ハァ。道中最後方で無理せず脚を温存。直線最後方から末脚爆発。前々走見せた脚より迫力あり、確実に成長している模様。ただちょっとムラがありそうなタイプ。嵌れば上でも。

4回東京1日(10月7日)1R 未勝利(市) 芝1400
アポロティアラ・・・★★
ポンとゲートを出て1馬身ほど抜け出したが控えて好位内3番手から。直線で追い出されてからエンジンが掛かるまで時間が掛かりましたが、スピードに乗ってからはすんなり交わし1馬身3/4差をつけての勝利。追えば追うほど伸びるような感じで力強い走り。渋った馬場も味方したかも。

4回東京1日(10月7日)3R 未勝利 芝1800
サンアイブライト・・・★★
パルブライトの娘でスペヤルウィーク産駒。道中は最後方からの競馬。馬群は一塊になっていたので先頭との差はさほどありませんでしたが重馬場を直線だけで最後方から差し切った。ただ見た目は鬼脚炸裂ってなインパクトはなくジワリジワリと差を詰めいつのまにの印象。長くいい脚を使いますがスローの瞬発力勝負は向かなさそう。

5回京都1日(10月7日)2R 未勝利 芝1600
メジャーオブラヴ・・・★★
道中は後方2、3番手の外を追走。3、4コーナーで大外をぶん回しだいぶ距離のロスをしたにもかかわらず直線外からゴボウ抜き。ちょっと面子に恵まれた気もしますが瞬発力はなかなか。上のクラスでも展開嵌れば穴あけそうな雰囲気。ただ馬体重が390キロしかないので馬群の中で揉まれると厳しい。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
MyblogList