2006年11月

2006年11月22日

新馬レビュー 良血ダイワスカーレット牡馬相手に楽勝デビュー

ダイワメジャーがマイルCSを勝ったその日、同じ競馬場の5Rで半妹、アグネスタキオン産駒のダイワスカーレットが新馬勝ち。しかも牡馬相手の2000mのレースをスケールの大きい勝ち方で。

血統からは2000m以上というよりも、2000mまでがベストのような馬ですがそれでいて評判馬相手に全くの楽勝。う〜ん強そう。

次走は未定らしいですが、初戦から強気のローテを組んでいる馬。いきなり阪神JFなんて事もあるかも?今後の動向に注目ですね。


5回東京6日(11月19日)5R 新馬 芝1600
ダノンデインヒル・・・★★★
デインヒル産駒、母の半兄にDarshaanがいる藤沢厩舎の良血マル外。スタートがあまり良くなく中団からになりましたが、道中外から上がって行き2番手の位置取りで直線へ。手応えは抜群で突き抜けそうな感じもしましたが、追い出されてからは手応えほどは伸びず。ただそれでもきっちり抜け出し2馬身半差。1回使って変われば。

5回東京6日(11月19日)6R 500万下 芝1400
アドマイヤホクト・・・★★★
前走の新馬戦でみせたレースと同じようなレース運びで快勝しデビューから2連勝。すんなり好位につけれるスピードと直線先頭に立ってからの粘りはかなりのレベル。500万下とはいえ評判馬は重賞、OPに集中するこの時期、この馬にとっては相手が楽だったのかもしれない。早くOP、重賞での走りをみてみたい。

6回京都6日(11月19日)4R 新馬 ダ1200
ローランバーク・・・★★
ニューイングランド産駒。スタートが合わなかったが大して遅れずすんなり中団の外目を追走。結構二の脚は速そう。そのまま外をまわり直線に向くとジワリジワリと差を詰めきっちり半馬身差し切った。走りは特にインパクトに残りませんでしたが、流星が大きく顔面真っ白。見た目のインパクトは強烈。

6回京都6日(11月19日)5R 新馬 芝2000
ダイワスカーレット・・・★★★★★
ダイワメジャーの半妹、アグネスタキオン産駒という超良血馬。緩い流れを2番手で待機、3コーナー手前で外からウインスペンサーがマクリに来た時に連れて先頭に立つと、そこからゴ−ルまで全て11秒台のラップを刻み楽々逃げ切った。兄同様切れより持久力で勝負できそうなタイプ。牡馬相手にこの距離でこの競馬は強いの一言。

6回京都6日(11月19日)6R 500万下 芝1600
ジャングルテクノ・・・★★★
7頭立てと少頭数ながらなかなかの面子が揃ったレース。道中は3、4番手で待機、直線手前で前2頭が外に出して開いた内を上手く突きコーナーワークで一気に先頭、おまけにリードも奪う。脚色は劣勢でしたが最後までよく粘り、2着馬の追撃を際どく凌ぎ切った。鞍上も好騎乗。

5回東京6日(11月19日)2R 未勝利(牝馬) 芝1600
カレンナサクラ・・・★★
メジロライアン産駒で母父ナリタブライアンという血統。前半は後方の内で脚を溜め折り合いに専念し、直線勝負に賭ける。内にいたので直線に入ったところでは窮屈な位置取りでしたが、徐々に馬場のいい外に出されると末脚が爆発。逃げ粘る1番人気をハナ差捕まえた。今後も展開に大きく左右されそうなタイプ。

5回東京6日(11月19日)3R 未勝利 芝1800
セレナミニヨン・・・★★★
ロイヤルタッチ産駒。道中は後方3番手で待機していましたが、外を回して4コーナーでまさかの大マクリ。2番手で直線に向くと早めに先頭に立ちリードを広げる。最後は流石に詰め寄られましたが、きっちりクビ差残して5戦目での初勝利。長くいい脚を使えるようで粘りもある。しかし府中であんなマクリをするとは。

6回京都6日(11月19日)2R 未勝利 芝1400
キングブレーヴ・・・★★
道中は5番手からの競馬。4コーナーでの手応えは抜群、同じようにいい手応えで追い出しを我慢する前3頭に並びかけて直線での追い比べ。力強い伸びでグイグイ差を詰め、前の3頭を余裕を持って交わし半馬身差で勝利。やや面子に恵まれた気もしますが、使われつつ成長している模様。上でも今後の成長次第では。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年11月21日

新馬レビュー フサイチホウオー2連勝で重賞V

新馬戦でのレビューで今年唯一の★6個を献上していた馬フサイチホウオー
キャリア1戦での重賞勝利という大物っぷりに高評価をつけていた安堵感とライバルのPO馬であるという恐怖感を同時に味わいました。何とも複雑な気分。

父ジャングルポケッをはじめ、府中の鬼が多いトニービン系種牡馬の産駒。この馬も当然府中向きのハズ。どう考えても来年のダービーの有力候補…。
ダービー馬はダービー馬から!というのをみてみたいのが競馬ファンとしてはあるんですけどね。

それを観れる代償として幾らチョコが飛ぶのか…。怖いゲームです。POG。


5回東京5日(11月18日)5R 新馬 ダ1400
ディオスクロイ・・・★★★
フォーティナイナー産駒で半姉兄にデュアルストーリー、アドマイヤベッカム。まさにダートで走るために生まれてきたような配合の馬。2番手を楽に追走するスピードがあり直線でも楽な手応えのまま後続を突き放すなど終いの脚も上々。血統面からも距離延長は微妙ですが、ダートの短距離ならかなり活躍できそう。

5回東京5日(11月18日)6R 新馬(牝馬) 芝1400
ウインアンジェラス・・・★★★★
父はDanzig産駒のBertolini、母父Rivermanという配合。好スタートから楽に先頭に立ったが内の馬を行かせ2番手からの競馬。ゆったりとした流れをしっかり折り合い直線の瞬発力勝負へ。逃げ馬との追い比べを余裕を持って制した。Sペースとはいえアガリ3Fは33秒9。センスの良さ、スピード、瞬発力共に文句ナシ。

5回東京5日(11月18日)11R 東スポ杯2歳S 芝1800
フサイチホウオー・・・★★★★★★
ゆったりとした流れで掛かり気味に前へ、2番手で直線に向くと瞬発力勝負に突入。外から2着馬に並ばれたときは脚色から差されるかとも思ったが、並ばれるとあっさり突き放し最後は手綱を抑えて半馬身差捻じ伏せた。素晴らしい根性と瞬発力。キャリア1戦というハンデも全く問題ナシ、着差以上の強さを見せつけた。

5回東京5日(11月18日)11R 東スポ杯2歳S2着 芝1800
フライングアップル・・・★★★★
道中は中団の外で待機。直線では早めに外から勝ち馬に並びかけに行ったが、逆に突き放されての2着。位置取りの差もありましたが、今回は相手も悪かった印象。ただ札幌、福島と使い府中の瞬発力勝負で2着、パワーも瞬発力もかなりのレベルだと思う。他のコース、距離なら逆転できるかも。

6回京都5日(11月18日)5R 新馬(牝馬) 芝1400
ネヴァテルミー・・・★★
道中は中団よりやや前の外目を追走。直線で追い出されると力強い伸び脚を見せジワリジワリと差を詰める。粘る先行馬を交わし、伸びてきた2着馬を押さえ込むというなかなかの勝負強い競馬で快勝。あまり派手さはありませんが、タフな競馬に強そうなタイプで展開次第では上で穴をあけそうな予感。

6回京都5日(11月18日)6R 新馬 芝1600
ダノンフローラ・・・★★★★
ハイアーゲームの半妹でアグネスタキオン産駒という良血馬。出遅れて後方からの競馬になりましたが、道中外から中団まで押し上げる積極的な競馬。直線に入ると道中使った脚もなんのその、外からグングン加速。牡馬相手に鋭い決め手を見せ半馬身差の快勝。順調に成長すればクラシックでも。

6回京都5日(11月18日)9R もの木賞 ダ1400
クィーンオブキネマ・・・★★★
最内枠から好スタート、ダッシュも速くすんなりハナへ。道中は他馬を引き付けてマイペースの逃げ。4コーナーでの手応えも抜群で直線に入ると楽々突き放して2馬身差。やや展開も向きましたが、スーッとハナを切り楽に逃げれるスピードは素晴らしい。距離は短い方が良さそうですがマイルくらいならこなしそうな感じ。

5回東京5日(11月18日)2R 未勝利 芝1400
キングオブロマネ・・・★★
使われつつ徐々に良化。道中は中団の外から追走し、大外をぶん回しながらも直線では楽な手応えで前に進出。追い出してからの伸びは手応えほどでしたが余裕を持って差し切った。スタートの悪さや行きたがる素振りなどまだまだ良化の余地もあり今後の成長が楽しみ。

5回東京5日(11月18日)3R 未勝利 芝1600
ユウターヴェール・・・★★
トウカイテイオー産駒、マイネルソロモンの全弟という血統。同中は後方の内で脚を温存し4コーナーでも内々をまわり直線へ。直線で上手く馬場の真ん中に持ち出すとジワリジワリと脚を伸ばし差し切った。あまりスパッと切れるタイプではないようですが、長くいい脚が使える模様。

6回京都5日(11月18日)2R 未勝利 芝1600
キャッスルトン・・・★★★
道中は中団の内で待機し直線手前で大外へ。直線では長くいい脚を使いゴールまでグンと加速、内から豪快に差して来た2着馬を際どくハナ差交わしての勝利。ただ2着馬が抜け出したあと気を抜いたようにも見え、それがなかったらとも思えない事も…。なんにしろ末脚は確実で勝ち切れないまでも相手なりには走れそう。

6回京都5日(11月18日)3R 未勝利 芝2000
サムライタイガース・・・★★★★
Indian Charlie産駒のマル外。内枠からハナを奪いドスローに落としての逃げを打つ。折り合い面も問題なく抜群の手応えのまま直線に向くと、終いもきっちり伸びて楽々後続馬を完封した。物凄い脚を使った2着馬以外は直線で更に突き放しており、今の京都ならアガリ34.5秒も優秀。上のクラスでも楽しみ。


競馬blogランキング
TOPへ戻る

2006年11月20日

ジャパンC わかりません

最終登録僅か12頭。ディアデラノビアが回避見込みで出走予定馬11頭、その内外国馬が2頭という寂しいレースになった今年のJC。
BCの開催時期が例年より1週遅かった事が外国馬が揃わなかった大きな要因だとは思いますが、もう少しJRAには何とかして貰いたかった。

過去に例のない少頭数のジャパンC。それに加え中心の2頭が海外遠征後初戦と正直データはまるっきり役に立ちそうにありません。

とりあえず使えそうなデータを少しです。参考データは過去10年、中山開催を除いた9回分です。

上位人気の成績
1番人気
3、3、3、4、1、2、3、1、3
2番人気
13、2、2、1、3、1、4、2、2
3番人気
8、1、1、10、14、5、7、10、
4番人気
1、5、4、5、13、4、1、5、11着

1、2番人気が安定していますが1番人気は3着が多く、2番人気は2着が多い。昨年は3→2→1番人気の順に入って3連単万馬券。
7番人気以下の人気薄も2着2回、3着3回と計5頭が馬券に絡んでおりますが、少頭数の今年は…。う〜ん。

前走から
前走天皇賞(秋)
1着馬
13、2、1、1、3、1、1、
2着馬
3、10、6、2、2、15、
3、4、5着馬
11、11、14、14、15、5着

6着以下の馬は1−0−0−18。3〜5着以下にも連対はないので3着以下はほぼ用無し状態。唯一巻き返した昨年のハーツクライは天皇賞ぶっつけでした。
コスモバルクは例年なら厳しいデータですが。

前走菊花賞
1着馬
14、2、3
2着馬
3、16、11着
3、4、5着馬
15、5、5、13、1、4、

あまり良くないように見える菊花賞組ですが、開催時期が移ってからは5回中3回で馬券絡みと近年では要注意なステップです。

実績から
同年のダービー1〜3着馬
5、3、13、14、1、4、2、10、13着

この内菊花賞で掲示板を外してたのはハイアーゲーム、ハーツクライの2頭で10、13着に大敗。
低レベル世代アグネスフライト、エアシャカール(13、14着)の年を除くとダービー好走→菊でも掲示板に載った馬は5、3、1、4、2着。かなり強引ですが5頭出走し5頭とも掲示板は確保。いいかも!?

同年の宝塚記念連対馬の成績
3、10、1、1、2、5、2、15、

今年の該当馬はディープインパクトなのでこんなデータは出さなくてもという気もしますが一応。


今日のまとめ
データから買えそうな馬はディープインパクトメイショウサムソンスウィフトカレントドリームパスポートの4頭。

ただ今年は例外的な年。どうもこの通りには決まらない気がします。

ディープインパクトは1番人気はやたらと3着が多いので3着な気もしますし。メイショウサムソンはネオユニヴァースと被って4着な気が…。スウィフトカレント、ドリームパスポートは相手なりに走る馬ですし…。
かといって休養明けの人気馬ハーツクライをいきなり軸にするのも何とも。

なんてこった、少頭数でも難しいじゃないか。週末まで悩む予定ですが、もしかしたら狂ってビックリな馬を本命にしちゃうかも。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年11月19日

マイルCS 回顧

世代交代ならず。天皇賞に続き5歳馬の厚い壁の前に跳ね返された3、4歳世代。

ダイワメジャーはこれでG毅馨〔棔E傾直沺塀)→マイルCSの連勝はニッポーテイオー以来19年振りの快挙との事です。

それでは予想結果です。予想

 1着◎ダイワメジャー
 2着△ダンスインザムード
 3着−シンボリグラン
 4着−マイネルスケルツィ
 5着−キンシャサノキセキ

 6着×プリサイスマシーン
 8着△ハットトリック
11着△テレグノシス
12着▲マルカシェンク
13着○デアリングハート
14着×ステキシンスケクン
16着×ニューベリー

◎−△で馬連がヒットし今秋のG気瓩任燭初的中。が、しかし余裕でトリガミ。マイナス決算であります。
おまけに手広く8頭も流しておいて3〜5着馬は無印。二桁着順に5頭という不甲斐なさ。まぁ、ようやく昨日、今日と重賞が的中したので緩やかながらも気配は上昇しているのかな。来週に繋がる結果だったと思いこむ事にしました。

1、2着馬はデータからも信頼度が高かった天皇賞経由の上位人気馬。今回の2連対で更に連対率がUP。来年以降も要注目のデータになりそうです。

3着シンボリグランは人気では飛びますが、人気薄ではよく突っ込んでくるスワンS組。1、4着馬は押さえていたのですが…。駄目ですね。
そのスワンSの2着馬はここ10年でタイキトレジャー、リキアイタイカンに続いて3度目の3着。過去の2頭もスプリンタータイプの馬だっただけにノーマークにしたのはマヌケでした。反省。

それにしても勝ったダイワメジャーは5歳になり益々充実してきました。仕掛けも少し早いかなと思ったのですが、ああなると強い。素晴らしい粘りと勝負根性。
このあとはどこを使うんでしょう?今の充実ぶりなら有馬記念でもと思ってしまいます。

2着ダンスインザムードはややピークが過ぎたかなと思っていたのですが、得意のマイルならまだまだトップクラスの力があったようです。恐るべし。

1、2着馬2頭とも昨年の好走馬という事で不安なデータもあったのですが、お構いなしのワンツーフィニッシュ。何とも強い世代です。
そしてSS産駒はこれでマイルCS4連勝。おまけに3年連続でワンツーフィニッシュ。
また今秋のG気眦傾直沺▲┘螢競戰構王杯、マイルCSとSS産駒が3連勝中。

どこまで続くのかこの勢い。

なんですが、SS産駒は現3歳世代がラストクロップ。もうあと1、2年したらSS産駒のこういう活躍も見れなくなるのかもしれませんね。偉大な種牡馬の最後かもしれない大爆発。きっちり目ん玉に焼付けておこうと思います。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年11月18日

マイルCS 最終予想

何ヶ月振りかに重賞が当たりました。まぁ殆ど儲かってないわけですけど。
儲けよりも当たったという事を素直に喜び、いい流れでG気悄G箸望茲辰萄秋初のG犠,舛塙圓たいところです。

それでは。マイルCSの過去の傾向はこちらからです→データ

1〜4番人気がここ10年では必ず1頭は連対していますが、上位人気馬に大敗も多く人気馬の見極めが重要なレース。

データから前走、天皇賞をステップにしてきた4番人気以内の馬の成績は3−3−0−2で連対率75%。上位人気馬の連対率がイマイチな事を考えればかなり信頼できる数字。
今年、前売り段階でこれに該当する馬は2頭。1番人気のダイワメジャーと3番人気ダンスインザムード

ただダンスインザムードは天皇賞も3年連続出走で2→3→6着とややピークが過ぎてきた予感。過去10年の3番人気の成績も1−1−1−7とイマイチ。

という事で、ダンスインザムードは押さえに回し△。勝負馬券は◎ダイワメジャーの3連複1頭軸で手広く紐荒れ狙いで行きます。

対抗はここ3年で3勝2着2回のSS産駒からデアリングハート。デュランダル、ダンスインザムード、ダイワメジャーと連対馬4頭中3頭がダ行の馬というのも心強い(嘘)。

単穴に3歳世代の怪物候補マルカシェンク。この馬もSS産駒、一発あるならこの馬かと。

二桁人気も平気で絡むレースなので押さえは手広く。人気落ちのG汽曄璽テレグノシスと京都なら復活あるかものハットトリック。穴ならよく来るスワンS組からプリサイスマシーンステキシンスケクン。そして京都のマイルならもしかしたらの最低人気ニューベリーまで押さえて終了。

外国馬コートマスターズピースは私の新聞には載ってませんでした。

買い目
◎ダイワメジャー○デアリングハート▲マルカシェンク
△ダンスインザムード、テレグノシス、ハットトリック
×プリサイスマシーン、ステキシンスケクン、ニューベリー

馬連 ◎−○▲△△△××× 8点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△××× 28点

3連単フォーメーション
◎○→◎○→▲△△△×××
◎→▲△△△×××→○ 21点


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年11月17日

東京スポーツ杯2歳S 最終予想

東スポ杯2歳Sの予想です。

過去の傾向はこちらから→データ

傾向からは上位人気馬が好走。連対率で見比べると5番人気までは殆ど差はないのですが、果たして何が1番人気になるのか?

キャリア1戦の馬でも3番人気までに支持されれば、堅実に好走しているという過去の傾向。
1番人気かどうかはわかりませんが、フサイチホウオーなら前走内容からも3番人気までに支持されるのはほぼ確実。ライバルのPO馬だからといって軽視するのは無謀とみました。

という事でフサイチホウオーを対抗。本命馬との3連単2頭軸で勝負。初戦でみせた瞬発力は重賞でも楽に通用するレベル。だと思う。
問題はキャリアだった訳ですが、重賞実績馬がいない今回なら。

順序が逆になりましたが本命はそのフサイチホウオーを瞬発力で負かせそうな馬ドリームジャーニー。ステイゴールド、母父マックイーンというやや地味目な配合も瞬発力は鬼。過去あまり活躍馬が出ていない芙蓉Sの勝ち馬ですが、今年は今までとは違うと思わせるほどのインパクトのある勝ち方。
他力本願ですが、ライバルのPO馬の重賞制覇阻止をこの馬に託す。

単穴にニシノコンドコソ。新潟2歳Sでは8着と破れましたが、メンバー中2位タイとなるアガリを繰り出した。展開に左右されそうな馬ですが嵌れば突き抜けてもおかしくない。半兄の府中実績からも、脚質的にもこのコースは合うハズ。

押さえはもう1頭のライバルのPO馬ヴェルトマイスター、そして2頭しかいない2勝馬の1頭フライングアップル。そしてデータからは不振の前走OP3着以下の馬ですが昨年ワンツーの萩Sという事でケイアイマイスキーもちょろっと。


買い目
◎ドリームジャーニー○フサイチホウオー▲ニシノコンドコソ
△ヴェルトマイスター、フライングアップル×ケイアイマイスキー

馬連 ◎−○▲△△× 5点

馬単 ◎→○ 1点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△× 24点


頼むぞ!ドリームジャーニー!


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年11月16日

東京スポーツ杯2歳S 過去の傾向から

今年もまたライバルのPO馬が出走予定の東京スポーツ杯2歳S。おまけに2頭とも上位人気必至の有力馬…。

そのライバルのPO馬ですが2頭とも東京芝1800mを強い競馬で勝ち上がった1戦1勝の馬。そして2頭とも新種牡馬の産駒。
ジャングルポケット産駒のフサイチホウオー、マンハッタンカフェ産駒のヴェルトマイスター果たしてどんなレースを見せてくれちゃうのでしょうか?

それでは過去の傾向からです。参考データは中山開催を除く重賞格上げ後の9回分(府中3歳S含む)です。

上位人気の成績
1番人気
5、1、1、3、3、13、1、4、
2番人気
7、2、5、4、4、1、3、2、3
3番人気
10、10、2、9、1、4、9、8、5着
4番人気
2、8、4、1、9、2、13、3、4着
5番人気
4、9、3、2、7、8、7、1、2

毎年1〜4番人気の馬が必ず連対。3番人気が不振気味ですがその代わり4、5番人気が好調で連対馬18頭中15頭が5番人気以内です。
連対した最低人気は8番人気。二桁人気の馬は3着1回のみ。しかもその二桁人気馬は前走芙蓉S2着とOP好走実績アリ。あまり大穴は狙わない方がいいかもしれません。

前走から
前走OP特別連対馬
2、3、3、2、3、10、11、15、5、1、3、10、1、5着
前走OP特別3〜5着馬
11、4、6、7、9、6、15、2、10着
前走重賞で6着以下
1、13、3、5、3、7着
前走500万条件1着馬
1、2、8、2、6、7、8、13、5、11、4着
前走未勝利戦(2回目以降の新馬戦)1着馬
2、3、8、12、9、1、9、10、4、5、6、9、11、7、8、10、
11、9、13、14、16、18、7、9、11、9、3、6着

今年は重賞好走馬不在なので実績面ではOP特別組が中心に。ただ前走OP特別3〜5着馬からの巻き返しは昨年のメイショウサムソン1頭のみ、6着以下からの巻き返しも1頭(マイネルメッサー10着→3着)いますが、2頭とも前々走でOP特別勝ちの実績アリ。ケイアイマイスキーボスアミーゴにはちっと厳しいデータ。
前走未勝利戦を使っていた馬で馬券に絡んだ4頭は全てキャリア2戦の馬。すなわち2戦目で未勝利を脱出するような馬じゃないとここでは割引きデス。

キャリア1戦の馬
東スポ杯2歳Sで1〜3番人気のキャリア1戦の馬
5、2、5、4、1、1、4、8着
4番人気以下
2、10、16、6、12、13、9着

キャリア1戦で馬券に絡んだ馬は4頭。上位人気に支持されていても連対率は5割以下。1番人気でもスピードワールドが5着、エアサバス4着など善戦止まりの傾向。
ただ3番人気に支持された馬では8頭中7頭が掲示板確保。重賞実績馬が不在、OP勝ち馬が1頭の今年なら繰り上がって馬券圏内に突っ込んでくる確率は高いかも?

今日のまとめ
今年のメンバーならキャリア1戦の人気馬から行くのが安全かも。ただ人気になりそうな2頭は共にライバルのPO馬。仮に馬券は取っても未来は暗い。

先週2勝で波に乗ってきたと思った矢先に今週デビュー予定のダイワディライトが除外。よくない流れになりつつあるのかしら。

明日の最終予想まで悩みに悩んで結論を出そうと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年11月15日

新馬レビュー 祝!POGようやく開幕

2歳戦開始から早5ヶ月。その間チョコレート工場と化していた私ですが、ようやく先週PO馬が初勝利してくれました。

今年は例年とる早めデビュー馬をリストから外し(毎年1つ勝って終了なので)、9〜11月にデビューしそうな馬を中心に指名したのである意味作戦どおりとも言えるのですが。いやいや心臓に悪いですね。来年からはやめます。

勝ってくれたのはレースドールハイソサエティー。今まで勝てなかったのが嘘のように1つ勝ったらポンとまた1つ。流れってのはあるのかも。
そして今週もまたダイワディライトがデビュー予定。3連勝と行きたいところです。

さてこれからドンドン追い込みますよ!

5回東京4日(11月12日)5R 新馬 ダ1300
デュークラヴィング・・・★★
スペシャルウィーク産駒、叔父にダートで活躍したデュークウェインがいる血統。
楽に2番手を追走し直線に入ると逃げ馬との叩き合いを難なく制した。、そこからジワリジワリと差を広げ3馬身半差での楽勝。最後まできっちり伸びていたしなかなか強い競馬。芝もこなせそうな血統。

5回東京4日(11月12日)6R 新馬 芝1600
ハイソサエティー・・・★★★
マイルなのに1000m通過が1分3秒という超スローペースの瞬発力勝負。そんな流れを好位4、5番手から進み4コーナーで先頭に並びかけて直線へ。差してきた2着馬に一旦は交わされたもののそこからしぶとく喰らいつきハナ差差し返したところがゴール。素晴らしい切れを見せれた訳ではないが勝負根性はかなりのモノ。使われた上積みにも期待。

5回東京4日(11月12日)9R 赤松賞(牝馬) 芝1600
ディーズメンフィス・・・★★+
時計が掛かる馬場なのが幸いしたのか?展開も味方したとは思いますがゴール前強襲で前走10着からの巻き返し勝利。道中は中団のやや前につけ、直線では外からジワジワ脚を伸ばす。ラスト1Fで態勢決まったかと思った瞬間外の馬と一緒にグイグイ伸びて来た。エンジンの掛かりが遅そうな馬ですが、力強い脚で根性あり。

6回京都4日(11月12日)4R 新馬(牝馬) ダ1200
ハチマンダイボサツ・・・★★
スタートはさほど速くはありませんでいたが、他に主張する馬もおらず追ってハナへ。そのままマイペースで直線に向うとあとは引き離す一方。2着には4馬身、3着馬を更に5馬身ちぎる大楽勝。マーベラスサンデー産駒、牝馬なのに500キロオーバーのパワー型、ダートなら後々かなりの活躍ができるかも。

6回京都4日(11月12日)5R 新馬 芝1400
キープユアアイズ・・・★★★
叔父にネオユニヴァースがいる血統ですが父はほぼ無名のMutakddim(父Seeking the Gold)という何ともいえない血統。スローな流れを道中3番手からの競馬で直線の瞬発力勝負へ。直線では伸びそうで伸びない、止まらなさそうで止まらない手応えでしたが最後にグイっと一伸びし2着馬の追撃をクビ差押さえ込んだ。決め手はなさそうですが勝負強そうなタイプ。

6回京都4日(11月12日)8R 黄菊賞 芝1800
マイネルソリスト・・・★★+★★
今回は他に行く馬がおらずハナを奪う競馬。単騎でマイペースな逃げを打ち直線でも瞬発力勝負に持ちこむ。前日の雨の影響もありやや時計の掛かる馬場、逃げて34秒2で上がられたら後方待機の馬には打つ手なし。ただ展開には恵まれたものの素晴らしい末脚をみせた。使われつつ力を付けているのも確かで次走も注目。

5回東京4日(11月12日)2R 未勝利 芝1400
ダイワエンパイア・・・★★★
Forest Camp産駒のマル外。ここまでの3戦も大崩れなく走っていましたが距離短縮がきいたのか逃げて直線半ばで勝負を決める強い競馬。好スタートからスーッとハナを奪えるスピードがあり、直線入ってすぐに突き放す。最後は詰め寄られて1馬身3/4差も直線半ばでは4、5馬身ほどのリード。もう少し短くてもよさそうな雰囲気。

5回東京4日(11月12日)3R 未勝利 芝2000
ホクトスルタン・・・★★★
母父SSのメジロマックイーン産駒。祖母の半弟にローゼンカバリーがいる血統。この時期の2歳未勝利戦では速いペースの逃げを打ち、稍重な事もありスタミナ勝負の展開。最後の直線でもしぶとく逃げ粘りこみ半馬身差で競り勝った。瞬発力勝負には向かなさそうですが、かなりタフな馬で相手なりにも走れそう。

6回京都4日(11月12日)2R 未勝利 芝1400
ホットチョッパー・・・★★★
タバスコキャット産駒で母父オジジアン。叔母にエリモエクセル、近親にエリモブライアンがいる血統。道中は中団で待機し直線へ。直線での末脚勝負を外から鋭く伸び差し切った。初戦でもいい末脚を使っており良馬場なら更に切れそうなイメージ。母系はスタミナ豊富で父、母父のイメージ以上に距離は持つかも。

6回京都4日(11月12日)3R 未勝利(牝馬) 芝1600
レースドール・・・★★★★
アイスドールの半妹でクロフネ産駒、叔母にトゥザヴィクトリーという良血馬。またもスタートが悪く今回は後方2番手からの競馬に。道中外目を通り徐々に前へ進出し中団まで押し上げ直線へ向くと豪快な末脚をみせキッチリ差し切った。スタートなどまだまだ幼さが残りますが、使いつつ成長してくれるハズ。楽しみ。

3回福島8日(11月12日)2R 未勝利(牝馬) 芝1200
エレメンタルソング・・・★★
道中は内の中団からの競馬。他馬が馬場のいい外外に行くところを4コーナーで上手く内からマクリ一気に先頭へ。馬場の真ん中に切れ込みながらしぶとく伸び、2着馬との叩き合いを制した。好騎乗にも助けられましたが直線での粘りはなかなか。荒れた馬場も苦にしないで走れる力強さもあり。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList