2006年12月

2006年12月15日

愛知杯 気楽に心中予想

今週はG気涼間。来週にはビッグイベントが控えているので今週は控えめに賭けて資金を温存しておきたいところ。

有馬記念の資金稼ぎだ!なんてやって毎年痛い目に合っていますしね。

土曜メインは中京で牝馬限定のG薫γ稜。もはやこの時点で当たる気がしないのにおまけにハンデ戦。さっぱりです。

本来は宝くじ気分で少額大穴狙いで買うレースなんでしょうけど、あの馬が出ている以上心中せずにはいられない。
今年追いかけ続けた元PO馬アドマイヤキッス。3歳馬で56キロは実質トップハンデ。エリザベス女王杯で着順が1つしか変わらないソリッドプラチナムとは3キロ差。なんだか見込まれちゃった気もしますし、多分人気…。
美味しくないのは承知ですが気合と感謝で本命に。

相手は大火傷しないように絞って勝負。

買い目
◎アドマイヤキッス○ピアチェヴォーレ▲コスモマーベラス
△ロフティーエイム×ソリッドプラチナム

馬単 ◎→○▲△× 4点

3連単 ◎→○▲△×→○▲△× 12点


もうひとつ心中予想。中山10Rのひいらぎ賞にPO馬レースドールが出走。相手は揃いましたが坂のあるコースは向くハズ。
迷わず中心。
相手本線は前走未勝利ながらも強い競馬のメダイヨン

買い目
◎レースドール○メダイヨン▲カタマチボタン
△デスコベルタ、リンガスファースト

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△ 6点


中京2歳Sはゴールドキリシマからアドマイヤオーラダイワスカーレットビンチェロへ馬単で。

あとは中山2Rでダイワディライトからの馬券を買って終了。

見事に全部POG絡みの馬券ですが、最近まともに予想するよりこういう馬券の方が当たってますし気楽に楽しみます。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年12月14日

フェアリーS 過去の傾向から

中山1200mのG轡侫Д▲蝓治咫
今年人気になりそうな3頭、ブラックホーク産駒のクーヴェルチュールとサクラバクシンオー産駒のカノヤザクラニシノマオの父はともにスプリンターズSの勝ち馬。

父がG気鮠,辰辛饌罎婆爾対決!面白いレースになりそうですね。

面白いレースでも馬券が当たらないとちっとも面白くない!ということで過去の傾向を。参考データは過去10年です。


上位人気
1番人気
1、6、1、4、5、4、4、1、2、
2番人気
4、4、2、1、1、2、11、3、3、
3番人気
2、1、7、2、6、1、2、4、1、
4番人気
6、7、5、6、16、3、5、2、9、9着

昨年は6→7→10番人気で波乱の結果になりましたが、3番人気までの馬が総崩れになったのはこの1回のみ。
過去の傾向からは上位3番人気までの馬から1頭選んで3連複1頭軸が良さそうな感じデス。

前走から
前走阪神JFを使っていた馬が4勝、2着3回、3着2回と好成績。二桁着順からの巻き返しも余裕である好走ステップです。ただ人気によって大分成績が違う模様…。
フェアリーSで1〜3番人気に支持された前走阪神JF出走馬
4、1、2、1、2、4、2、1、3、5、8
フェアリーSで4番人気以下だった前走阪神JF出走馬
10、11、3、8、11、16、1、5、6、9、11、9着

前走阪神JF以外のJRA重賞に出走していた馬
15、5、5、8、14、11、12、6着
前走OP特別1着馬
1、1、8着
前走500万下1着馬
2、2、4、2、2、3、10、5、
前走500万下2〜5着馬
1、4、6、7、6、3、4、6、7、8、6、9、10、6、8、14、
15、16、4、12、2、3、1、4、15着

前走成績重視。阪神JF組を除いた連対馬13頭の内前走1着だった馬は10頭。残りの3頭は500万下で3、4、2着馬。
前走掲示板を外した馬は前走G気鮟くと3着に1頭のみ。ただ今年は前走1着だった馬4頭しかいないんですよね…。しかも内3頭は前走新馬戦のキャリア1戦の馬…。

キャリア1戦の馬の成績
12、13、7、8、5、11、16、1、12、7、4、6、9、10、13、14、
2、13、7、11、13、14、15、16着

かなり厳しいかも…。


今日のまとめ
データから買えそうな馬はクーヴェルチュール1頭のみ。他に強気で買えそうな馬が見当たらないので、この馬から手広く。
カノヤザクラニシノマオ前走着順とG軌奮阿僚転泪好謄奪廚箸いΔ里不安材料。強い馬には違いないですし距離短縮もプラス材料だとは思うのですが…。
クーヴェルチュールがこけたら大波乱の結果もあるかも!?


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年12月13日

阪神カップについて。

登録41頭!23頭が除外対象という激しい登録数。

第1回じゃらかなり盛り上がりそうな阪神Cですが、新設重賞&リニューアルコースのため役に立ちそうな過去の傾向や、類似レースはまるでなし。

初っ端から厳しい予想になりそうです。

しかし随分凄いメンバーが集まりました。23頭の回避待ちの中にはキンシャサノキセキ、アグネスラズベリ、ブラックバースピン、エイシンラージヒル、イースターなど狙えそうな馬ばかり。勿体ない気がしますねぇ。何とかこの中から3頭くらい出て欲しいのですが厳しいかも…。

こんなに盛り上がりそうなメンバーが登録していて文句をいうのも変なんですが、果たしてこのレースは必要だったのか?
まぁ必要とされてるからこれだけの面子が集まったんでしょうけど。

オレハマッテルゼは前年同様CBC賞がこの時期にあればそちらでも良かったハズ。マイラーのトップクラスの馬には香港という選択肢もありますし、ある程度距離に融通が利くマイラーなら一週前に鳴尾記念もあります。

エリザベス女王杯が10年前から古馬に開放され牝馬の競争生活が長くなりました。また今年からヴィクトリアマイルも新設され今後は益々古馬牝馬の活躍の馬が増えるはずです。
数年前と比べ競争生活が長くなった最近の牝馬。この時期に阪神牝馬Sがあれば昨年のアドマイヤグルーヴのようにそこで有終の美を飾る名馬も今後増えたと思うんですけど…。如何なもんでしょ。春に持っていてもマイラーCの層が薄くなるだけなのに。

書くようなデータがないんでダラダラと文句を垂れ流してしまいましたが、ここでちょろっと馬券検討を。

リニューアル後の阪神芝1400mはこれまで3鞍。
千両賞・・・8、2、1番人気
未勝利・・・3、1、4番人気
GサドルT・・・2、6、7番人気

外回りより荒れるかも?

ちなみにリニューアル後の芝内回り(1200、1400、2000、2200m)の古馬混合戦での人気別成績は
1番人気
12、6、1、14、
2番人気
4、1、2、6、
3番人気
10、7、12、1、5着
4番人気
14、5、8、8、

1、2番人気で決まった阪神3日目の1000万下でも3着に12番人気が入って3連複、単ともに万馬券。
5レースとも1000万条件より上のクラスでの成績ですが、外回りよりも荒れ模様。外回りで行われた重賞2つが固い決着だったので人気馬から行きたくなりますが、案外波乱もあるかも?

まぁ、まだ出る馬もわからない状況なので、なんとも言えませんが大穴狙いで買うのもアリかもしれません。

風邪を引きボーっとする頭で書いたので変なこと書いてたらすみません。
みなさんも風邪には気をつけて下さい。今年の風邪も手強そうです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年12月12日

新馬レビュー ステイゴールド産駒がG欺蘊〕!

晩成よりの馬が多いのかなと思ったステイゴールド産駒ですが、ドリームジャーニーがG祇覇。ゴールドキリシマが京都2歳SでDD産駒の評判馬ローズプレステージを負かすなど早い時期から活躍中。
今年のPOGでは全くといっていいほどノーマークだったステイゴールド産駒ですが来年からは無視できない存在になりました。

今週もまた中京2歳Sにゴ−ルドキリシマが登録。このレースにはタキオン産駒のアドマイヤオーラとダイワスカーレットも出走予定。

G祇覇で勢いにのるステイゴールド産駒が勝つのか?それとも12月に入りますます好調のタキオン産駒が勝つのか?それとも?
いずれにせよ目が離せないレースになりそうです。


5回中山4日(12月10日)11R 朝日杯FS1着 芝1600
ドリームジャーニー・・・★★★★+
最後方待機で直線に全てを賭ける競馬。いくら中山コースが向いてるといっても他馬とはまるで次元が違う末脚でした。Hペースという訳ではなく、同じように後方待機し2、3番目に速いアガリを出した馬が7、8着。どうやら瞬発力勝負ではこの相手でも1枚力が上だった模様。現時点での皐月賞の最有力馬。


5回中山4日(12月10日)11R 朝日杯FS2着 芝1600
ローレルゲレイロ・・・★★★+
重賞で好走しようと高い評価をしてこなかったこの馬ですが、今回で評価を改めました。2、3着が多く勝ち切れない印象がつきましたが、マークすしていた逃げ馬をキッチリ差し切ったのは明るい材料。今回は相手が悪かったとしかいいようがない。まだまだ成長しそうな雰囲気のある馬、今後に期待。

5回中山4日(12月10日)11R 朝日杯FS3着 芝1600
オースミダイドウ・・・★★★★★
スピードがありすぎるのが災いしてしまった模様。行く馬がおらずスーッとハナへ。抑えると激しいところがあるので仕方ないともいえますが、1番人気のために直線早めに他馬に来られてしまった。最後は差し返す素振りも見せましたが及ばず3着。力は見せましたが。。
おまけに故障発生。なんともつらい結果に。

5回中山4日(12月10日)4R 新馬(牝馬) ダ1200
ヒカリマーガレット・・・★★
好スタートを切り控えて外目の3、4番手を追走。直線手前で先頭に並びかけると直線では8枠の2頭で追い比べ。直線半ばで競り落とし最後は3馬身半の差をつけて快勝。最後までキッチリ伸びる力強い末脚でした。父フレンチデピュティ、母父Woodman。血統からも短距離のダートが合いそうです。

5回中山4日(12月10日)5R 新馬 芝1800
ポパイザセーラマン・・・★★★
スタート後はやや首向きが悪かったがすぐに折り合い3番手を追走。1頭離して逃げる展開で直線で追われてもイマイチな脚色。そのまま逃げ馬が押し切るかと思えたが…。物凄い勢いで差してきた2着馬と馬体が併さると一気に加速しとんでもない末脚で差し切った。やや幼い面もありそうですが、あの勢いで差してきた2着馬に最後まで交わされないのは凄い。

5回中山4日(12月10日)6R 500万下 ダ1200
ディオスクロイ・・・★★★
これでデビューから2戦2勝。ダートの短距離馬としてはかなりの活躍ができそうな予感。速いペースを一団となって先行。更に外を回してという競馬でしたが、直線では豪快に追われ豪快に伸びた。期間中ダートの短距離に大きなレースがないのが残念。思いっきりダート血統なだけに芝は未知数。この先どんなローテになるのか…。

3回阪神4日(12月10日)3R 新馬 ダ1800
ケンメイオウ・・・★★
フサイチコンコルド産駒、ワイルドソルジャーの半弟。出ムチをくれてハナを奪いマイペースの逃げを打つ。直線早めに突き放しにかかると、3番手から差して来た2着馬の追撃を半馬身退け勝利。最後まできっちり伸びていたが、7頭立てでレースに参加したのは実質3頭という競馬。どう評価していいいのか…。

3回阪神4日(12月10日)6R 新馬 芝1200
リッターヴォルト・・・★★★
イブキパーシヴの息子でRahy産駒の○外。Sペースでの逃げを打ち直線での追い比べへ。目標にされる不利がありながらも、差して来た2頭と馬体が合うともう一伸び。最後まで抜かさせない勝負根性とキッチリ押し切った二の脚に非凡さを感じる。速いペースにも対応できれば上でも。

5回中山4日(12月10日)3R 未勝利 芝1600
センシュアルドレス・・・★★★★
出遅れ最後方からになりましたがすぐに外から中団まで押し上げる。スタート直後の追走で脚は使ったハズですが4コーナーでの手応えは抜群。直線に入るとその手応えどおりの鋭い末脚で一気に差し切り1馬身半突き抜けた。ジェミードレスの仔でアグネスタキオン産駒、血統どおりの瞬発力。

3回阪神4日(12月10日)5R 未勝利 芝2000
シルバーブレイズ・・・★★★★
母父サンデーのタニノギムレット産駒で近親にはインセンティブガイがいる血統。平均的な流れを中団馬群のやや前で待機。4コーナーで馬群が縮まり一塊となって直線へ。直線では3番手の位置取りからラスト1Fでグンと加速。ギムレット産駒らしい力強くスピードのある末脚で突き抜けた。阪神コースも向いていそうな印象。

4回中京4日(12月3日)4R 未勝利 芝1800
マスターカフェ・・・★★
7戦目で待望の初勝利。道中は5番手で待機していましたが3〜4コーナーにかけて一気のマクリ。直線に入り早めに先頭に立ってからも良く伸び、しぶとく抵抗する先行馬を捻じ伏せ1馬身半差で勝利。どうも決め手に欠けるようなのでこういうちょっと強引な競馬の方が合っていそう。上でも相手なりに走れるかも。

ステイゴールド~the first and the last gold medal~

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年12月11日

新馬レビュー ダノンジュンコウ出世レースを快勝!

昨年は500万以上で期待を裏切る馬が多かったタキオン産駒ですが、今年は順調そのもの。

もしかしたら昨年はちょいと力が足りないような馬でもスピード、仕上がりの早さを武器に勝たせてしまっていたのが、500万以上での不振に繋がっていたのかもしれません。
だとしたら、繁殖の質も上がった今年は初戦で見せたパフォーマンスのまま重賞、クラシックへと駒を進める馬が多く出るかもしれませんね。

そのアグネスタキオン産駒。今週はダノンジュンコウが評判馬が揃ったエリカ賞を快勝、またニシノフラワーの娘ニシノマナムスメが素質馬が揃った新馬戦でデビュー勝ち、日曜中山ではジェミードレスの仔センシュアルドレスが出遅れながらも突き抜け未勝利戦を快勝。

3頭とも重賞でもと思わせる大物感。早くその重賞での走りが観てみたいものデス!


5回中山3日(12月9日)4R 新馬 ダ1800
クロパラントゥー・・・★★
7頭立てのダートの新馬戦。スタート後はダッシュがきかず後ろからになりましたが、すぐに外を回り好位3番手をキープ。直線での追い比べでは一旦置いていかれそうになりながらも、しぶとく喰らい付きゴール前でクビ差捻じ伏せた。初戦からはややエンジンの掛かりが遅そうなタイプ。ただ大型馬なだけに一叩きされガラリと変わりそうな雰囲気も。

5回中山3日(12月9日)6R 新馬 芝1200
ビーアデビル・・・★★
道中は中団馬群の真ん中から。あまり行きっぷりがよろしくないようで、4コーナーではムチを入れられながらガンガン追われ直線へ。直線ではバテ気味の先行馬たちを難なく抜き去り1馬身1/4差をつけ快勝。今回は4コーナーからの勢いで突き抜けましたが追って追って伸びそうなタイプ。ただスピード感は感じられず。

5回中山3日(12月9日)10R 黒松賞 芝1200
サープラスシンガー・・・★★★
未勝利戦でみせたロケットスタートはこのクラスでも通用。いきなり2馬身ほどのリードを奪いマイペースでレースを進める。リードを保ったまま直線に向くと早めに突き放し逃げ切り態勢。最後は流石に詰め寄られましたが3/4馬身差をつけ押し切った。やはり好スタートからスピードで押し切るタイプ、前2走の内容からも1200までの馬。

3回阪神3日(12月9日)4R 新馬 ダ1200
フェザーウイング・・・★★★
最内枠から好スタート、好ダッシュ。あっさりハナを奪うとスピードを活かした逃げを打ち縦長の展開に。直線に入っても手応え十分でスピードは落ちず、2番手についてきた馬を直線半ばで降りきると後続馬の追撃も難なく退け2馬身半差の楽勝。かなりのスピードがあるようで芝でも短距離なら通用しそうな雰囲気。

3回阪神3日(12月9日)5R 新馬(牝馬) 芝1600
ニシノマナムスメ・・・★★★★
ニシノフラワーの愛娘でアグネスタキオン産駒。母譲りの素晴らしいスピードであっさり好位につけると抜群の手応えのまま直線へ。直線では追い出しを我慢するほど余裕の手応えで軽く気合いを入れられるとあっさり抜け出した。半馬身差の大楽勝。抜け出す時の脚も速く瞬発力もかなりのレベル。強い。

3回阪神3日(12月9日)9R エリカ賞 芝2000
ダノンジュンコウ・・・★★★★★
3ヵ月半振りの実戦、昇級初戦もお構いなし。道中は中団のやや前を追走。3〜4コーナーで一気に流れが速くなりアガリの勝負になりましたが、先行し伸びていた2番人気を並ぶ間もなく差し切り、3角からピッタリ後ろにいた1番人気を直線半ばで置き去りに。前2走同様半端ない瞬発力を出世レースで見せつけた。

4回中京3日(12月9日)4R 新馬 芝1800
フライングメリッサ・・・★★★★
超スローの流れを2番手に控え直線での瞬発力勝負へ。追い出してすぐに突き放す事はできませんでしたが、G前でエンジンがかかるとグインと加速。瞬く間に2馬身半も突き放した。ややエンジンのかかりが遅そうな気もしますが、力強い末脚は迫力十分。叔母にショウナンパントルがいる血統からも昇級後も期待大。

4回中京3日(12月9日)10R つわぶき賞 芝1200
エミネンツァベルタ・・・★★+
大外枠から好スタートを切りマイペースの逃げ。直線に入っても楽な手応えで直線半ばまで持ったままという人気薄とは思えない余裕の展開。いざ追い出されると後続を引き離し1馬身1/4差でゴール。平坦の1200mが合う印象で、好走条件は限られていそうですが、それさえ揃えば更に上でもと思わせる強さ。

5回中山3日(12月9日)7R 未勝利 芝2000
エフティイカロス・・・★★★
1200、1600、そして今回は2000mと距離を伸ばしつつ、また使われつつ力を付けてきた。道中は中団に控え4コーナーで大外からまくり先団に並びかけ直線へ。最後までしぶとく脚を伸ばし1馬身半突き抜けた。展開も味方したとは思いますがなかなか長くいい脚を使える模様。

3回阪神3日(12月9日)3R 未勝利 芝1200
ウルトラソウル・・・★★
アドマイヤコジーン産駒で母父はブレイヴェストローマン。道中は好位の内、逃げ馬の真後ろからの競馬。そのまま直線に入ると先行馬の間を割って力強く伸び、ジワリジワリと粘る逃げ馬を追い詰め差し切った。内枠で距離のロスなく回って来れたのは大きいと思いますが、狭いところでも怯まない気性はいい感じ。


アグネスタキオン 光を超えた伝説

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年12月10日

朝日杯FSと香港国際競争の回顧 

まずは朝日杯FSから。

予想結果です→予想

1着×ドリームジャーニー
2着−ローレルゲレイロ
3着◎オースミダイドウ
4着×フライングアップル
5着○マイネルレーニア

6着△マイネルシーガル
8着▲ゴールドアグリ

馬券妙味はオースミダイドウの2着付けとみて、馬単裏表、3連単2、3着付けで買ったんですが、1、2着に来た馬がまるっきり検討違い。しかも仮にローレルゲレイロがいなかったとしても、買い目を押さえていないという詰めの甘さ。
過去の傾向からは1、2着馬ともに勝ち切れない馬かなと思っていたんですが、勝ち馬にはトンデモない決め手を使われ、2着馬は直線いい根性をみせ1番人気を競り落としてしまいました。もう完敗。

で。勝ったのはステイゴールド産駒のドリームジャーニー。父は50戦目、G議戦20回目でようやくG気鮠,辰燭箸いΔ里法△修梁子ときたらG犠〕世代1番乗り。
親父はどんな思いなんでしょうか??馬だからレース観てないしわからないか。

父が父ですし母父もメジロマックイーン。血統からは想像もできなかった2歳でのG祇覇。この先どんな馬に成長するのか。久しぶりに2歳チャンピオンがクラシックで活躍するところを見れるかもしれません。距離伸びて楽しみな馬がこのレースを勝つなんて珍しい。無事にクラシックまで行ってもらいたいものです。


で。お次は残念な結果になった香港。
こちらは、もしかしたら全勝もあるかと思っていたら悲惨な結果に…。期待が大きかった分ショックも大きい。

その中でも個人的に最も期待していたアドマイヤムーンはハナ差届かずの2着。結果だけ見れば大健闘ですが、凱旋門賞2着のプライドとハナ差の競馬、それも脚色では完全に上回っていただけに何とも悔しい勿体ない結果。

ただ世界でも通用する事は証明してくれました。来年はこの悔しさをバネにボコボコG気鮠,辰突澆靴ぁ取り合えずドバイからQE兇離蹇璽討魎望します。


有終の美こそ飾れませんでしたが、今年は日本馬が海外に遠征し素晴らしい成績を残してくれました。
それもコスモバルクのように日本ではG気鮠,辰討覆で呂海外でG欺蘊〕をしたりとまさに国際化を実感できる年になったように思います。

日本では2歳G毅欧弔箸癸鈎紊泙如父が独占。今後は日本で走っていた馬の子供たちが海外で走り活躍し、もしかしたら海外で繁殖生活をする日が来るかもしれませんね。


今晩はそんな楽しい事を想像し泣きながら酒を飲みたいと思います。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年12月09日

朝日杯FS 最終予想

鳴尾記念が的中。1、2番人気で1400円は美味しい配当でした。重賞以外は全然ダメダメでしたが、流れはそんなに悪くない気がします。

この流れにのって明日のG気卜廚澆燭ぁ

まずは過去の傾向です→データ

データからは1、2番人気の重賞ウイナーは勝率41.7%、連対率91.7%、複勝率100%と連軸としては圧倒的に信頼できる数字。
現時点でこれに該当する馬はオースミダイドウ1頭のみ。迷わず本命。ただ2着が多いデイリー杯の勝ち馬。また上のデータからも1着より2着の確率が高い事から馬券妙味は2着付けにあるかも。馬連ではなく馬単の裏表で勝負。

対抗は1発ありそうなマイネルレーニアを指名。マイルの新潟2歳Sで逃げて3着に敗れているため距離不安を囁かれていますが、その新潟2歳Sは大外をぶん回し過ぎたのが敗因。逃げたハズなのに最後は差して届かずの3着。距離は十分持つと思う。

単穴も重賞ウイナーゴールドアグリ。叩き台仕様の前走は度外視。決め手勝負になればG気任眈絨未梁減澆淵魯此先週G気鮠,辰織織縫離ムレット産駒、血の勢いにも注目です。

押さえに向こう正面で致命的な不利を受けながらもOP特別を楽勝した素質馬マイネルシーガルとどんな競馬場でもきっちり適応、センスのいい馬フライングアップル。そして好ステップ東スポ杯3着馬ドリームジャーニーの3頭を押さえて終了。

買い目
◎オースミダイドウ○マイネルレーニア▲ゴールドアグリ
△マイネルシーガル×フライングアップル、ドリームジャーニー

馬単 ◎→○▲△××
    ○▲△→◎    8点

3連複1頭軸 ◎−○▲△×× 10点

3連単 ○▲△→◎→○▲△×× 
     ○▲△→○▲△××→◎ 24点


1番安定感があるのでダイドウに本命印を打ちましたが、勝負馬券は◎2着付けの馬単と3連単。
こういう変な買い方すると痛恨の外し方をする気がする…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年12月08日

鳴尾記念 いきなり最終予想

鳴尾記念。2500mだったり、6月開催だったり、暮れの2000mハンデ戦に落ち着いたかと思ったら今年から1800mの別定戦…。こんなにコロコロと条件が変わるレースも珍しい。

まぁリニューアル1年目でどっちにしろ過去の傾向もあったもんじゃないんですが、1800mの別定戦になった事でかなりの面子が揃いました。凄く面白そう。

このレース2000mのハンデ戦のころから実績馬が強い。過去6年の3着以内18頭中8頭が前走G汽好謄奪廖重いハンデを背負いながらもこの成績。別定戦になり斤量差も僅かになればこの傾向は更に強まるはず。
また力通り(ほぼ人気どおり)に決まった先週の阪神JFをみてもリニューアル阪神の外回りなら実績重視でいい気がする。

という事で、前走G義箸鮹羶瓦貿老瑤鯒磴い泙后

本命はサクラメガワンダー。3歳になってからは期待を裏切り続けていますが、秋の2戦は着順ほど悪い競馬はしていない。毎日王冠は2番目に速いアガリを使い勝ったダイワメジャーと2馬身半差。天皇賞は直線で不利を受けながらも9着に粘った。
常に強い相手と戦い揉まれてきた馬。この相手なら。

対抗にマルカシェンク。骨折明け4戦目で疲れが気になりますが能力的にはこの相手なら上位のハズ。菊花賞は距離、前走は出遅れて流れに乗れずと敗因もハッキリ。ここを使うという事は賞金加算が目的なはず。簡単には負けられないところ。

単穴はオースミグラスワン。前走OP特別ですが前々走がG掬傾直沺K脚勝負なら本命・対抗の2頭にもヒケはとらないと思う。

押さえは59キロが気になりますがカッチーに戻って末脚爆発期待のローエングリンサンレイジャスパーの前走G欺仭組。
穴は有力馬に後方待機組が多いので前に行きそうなグロリアスウィークラッセルバローズ。まだ前も残りそうな馬場ですし一発あるかも。


買い目
◎サクラメガワンダー○マルカシェンク▲オースミグラスワン
△ローエングリン、サンレイジャスパー
×ラッセルバローズ
グロリアスウィーク

馬連 ◎−○▲△△× 6点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△× 15点

(ワイド) −◎○▲△△× 6点 オッズ次第で

資金温存のため3連単は買わない予定でいます。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList