2007年01月

2007年01月24日

根岸S 過去の傾向から

G汽侫Д屮薀蝓治咾僚斗廚淵好謄奪廛譟璽垢任△觝岸Sの過去の傾向からです。1400mになってからの過去5年の勝ち馬からフェブラリーSを制した馬が2頭、そして負けてしまった馬からは3着馬が2頭で連対ナシ。
フェブラリーSを占う意味でもどの馬が勝つのか?大注目して観戦したいレースの1つ。

今年の注目はリミットレスビッドVSシーキングザベストでしょうか。果たして、どちらに軍配があがるのか。それともこの2頭を負かして本番に名乗りをあげる馬がいるのでしょうか?

参考データは東京1400mで行われた過去5回分です。

上位人気の成績
1番人気
3、4、8、1、
2番人気
4、6、11、14、7着
3番人気
2、8、3、5、
4番人気
9、7、15、5、

1〜4番人気の馬で1勝、2着2回、3着3回という波乱な傾向。3着まで総崩れも1回あり人気馬の信頼は低い。
代わりに5〜10番人気が強く、4勝、2着3回と連対馬10頭中7頭がこの人気から。馬券としてはこの辺の人気の馬は全て紐で押さえておいても面白いかも。

斤量から
58(牝馬56)キロ以上を背負った馬の成績です。
4、10、2、6、8、3、4、11、14、5、7、11、16

4番人気までに支持された馬も7頭いましたがこの成績。今年はリミットレスビッドが58キロで出走、斤量実績はある馬ですが1枚割り引いて考えてもいいかも?

前走から
このレース、ガーネットSと好相性。なのでまずはガーネットS好走馬の成績からチェックです。
同年のガーネットSで3着以内に好走していた馬
8、3、1、3、8、1、1、9、5、1、5着

このデータに該当する馬もリミットレスビッド1頭のみ。来るのか飛ぶのか?どっちを参考に買えばいいのやら。。

ちなみにガーネットS4着以下の馬は
5、13、6、9、12、2、6、15、10、12、10着

またその他の有力ステップのデータは
前走ダートのOP特別連対馬
5、7、3、2、3、8着
前走ダートの1600万条件1着馬
1、9、6、12着
ガーネットS以外のダートのG供■猫靴之納板に載っていた馬
4、7、8、11、3、11、15、7、9、13着


今日のまとめ
前走G欺仭馬と好相性ガーネットS組を除くと、3着以内に入った馬は全馬前走で連対している。また前走芝を使っていた馬の連対ナシ。
今年は31頭登録し、何が出てこれるのかまだ良くわからない状態ですが、好走条件に当てはまる馬は意外と少なそう。

紐は思ったより簡単に絞れそうなので問題は何を軸にして、どういう馬券の買い方をするか?
リミットレスビッドの取捨が鍵を握りそうですが、荒れるレースなのであえてBOXにして穴を狙うのも面白いかもしれません。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年01月23日

新馬レビュー ベッラレイア素晴らしい瞬発力で新馬戦圧勝!

土曜京都の新馬戦ではマヤノトップガン産駒に大物候補が現れましたが、日曜はナリタトップロード産駒の牝馬に大物候補が誕生。

評判馬が揃ったレースを直線1頭別次元の末脚で突き抜けたベッラレイア。最後は流してアガリ3F33秒8!この時期の馬場を考えるととんでもない速さ。

この父系は一代ごとにマイラーとステイヤーを繰り返している気がするんですが、そう考えるとトップロードは案外マイラーとの相性がいいのかもしれませんね。

SS系を中心に内国産種牡馬が好調の3歳世代ですが、サッカーボーイの血統からもこういう馬が出るのは嬉しい事です。
とはいえナリタトップロードは僅か3世代の産駒を残して死亡。どうにか牡馬でもこの血を繋げるような馬が出てくれるといいのですが…


1回中山7日(1月21日)5R 新馬(牝馬) ダ1200
チャームウィーク・・・★★
SW産駒で母父タマモクロス、近親にはエアエミネムなどがいる血統。道中は先行3頭の後ろ2番手集団の外から追走し、4、5番手で直線へ。直線では力強くジワリジワリとした伸びを見せ、そのまま交わし2馬身半離してゴール。近親にはダートで活躍している馬も多く、走りからもダートが合いそうな雰囲気。

1回中山7日(1月21日)6R 新馬 芝1600
ミラクルハニー・・・★★★
緩いペースを中団から追走。4コーナーではかなり外を回したが直線での伸び脚は素晴らしく一気に前に並びかけた。最後は先行し粘る2着馬との追い比べをクビ差制しなど勝負根性もみせる好内容。今の中山をこのペースで外を回して差してこれるのだから大したモノ。フジキセキ牝馬にもなかなか楽しみな馬が出現。

1回中山7日(1月21日)9R 若竹賞 芝1800
ショウワモダン・・・★★★
初勝利には6戦かかりましたが2連勝でOP入り。道中は緩いペースを2番手から追走し、直線で逃げ粘る人気薄トウカイファインをゴール前グイグイ伸びて差し切った。前が残る馬場でこのペース、逃げた2着馬も人気薄では高評価はできませんが、スピードとパワー溢れる走りはOPでも楽しみ。中山の馬場も合っていましたが使われつつ力を付けてきた。

1回京都7日(1月21日)3R 新馬 ダ1200
アーリドラーテ・・・★★★★
追っ付けて行ったがあまり行き脚は良くなく、中団の外目を追走。4コーナーで外から凄い勢いでまくって4番手まできたが、前3頭が4馬身ほど離して逃げる展開。こういう展開だとダートは行った行ったが多いのですが…。直線では芝並みの末脚を繰り出しあっさり突き抜けた。芝でもかなり切れる瞬発力が使えそう。

1回京都7日(1月21日)6R 新馬(牝馬) 芝1600
ベッラレイア・・・★★★★★
ナリタトップロード産駒で母父はBaldski。スタートはあまり良くなく中団からの競馬に。ゆったりとしたペースで直線での瞬発力勝負になりましたが、6番手の外から直線に入るとそこから1頭全く違う脚色。軽く仕掛けただけでエンジン全開、並ぶ間もなく抜き去り、最後は流して3馬身差の大楽勝。京都以外でどうなるかは?ですが、瞬発力だけなら間違いなく世代トップレベル。次走も超期待。

1回京都7日(1月21日)9R 若菜賞 ダ1400
アマノチェリーラン・・・★★
初勝利のレビューを見直したらダートでも良さそうと自分で書いていた。が、ノーマーク…。決め手、スピードから現状では芝では勝ち切るまではどうかでしたが、ダート替りで2勝目をゲット。持ち前の先行力で2番手に付け、直線では逃げ馬との追い比べを制し、差し馬の追撃も凌ぐ。相変わらずのしぶとい走り。

1回小倉2日(1月21日)4R 新馬 芝1200
エリモサリュート・・・★★
ラムタラ産駒、母父はサンシャインフォーエヴァーで叔母にエリモセントラルがいる血統。スタートが速く1馬身ほど抜け出したが内の馬がハナを主張したため、控えて2番手からの競馬。4コーナーでバテた逃げ馬を交わし先頭に立つと、直線では喰らい付く逃げ馬を振り切り1馬身3/4差で完勝。ただどうも上のクラスでやれるほどのインパクトはまだ感じられず。

1回小倉2日(1月21日)9R かささぎ賞 芝1200
オメガエクスプレス・・・★★+
初芝もなんら問題なし。というかむしろ芝の方がスピードが活きた模様。二の脚が抜群に速くスーッと3番手へ、3〜4コーナーでは抜群の手応えで先頭に並びかけると直線入って早々にあっさり突き放した。500万特別にしてはやや楽な相手関係でしたが、バクシンオー産駒らしい素晴らしいスピードを見せつけた。

1回京都7日(1月21日)5R 未勝利 芝1800
オーシャンクルーズ・・・★★★
道中は後方集団を追走。4コーナーで大外から一気にまくると直線手前で内の馬に弾かれたが、お構いなしでグングン伸びる。Hペースだったため直線半ばで先行勢が沈み早々に先頭に立ったが、最後まで良く伸び2馬身差をつけ押し切った。末脚は確実な馬、上のクラスでも大崩れなく走れそうです。

1回小倉2日(1月21日)2R 未勝利(牝馬) 芝1200
ワンダーフルーツ・・・★★
大外枠から好スタートを決めると好位3、4番手を追走。4コーナーで先頭2頭に並び掛けに行き、直線でもそのまま楽に抜けだした。今回は相手に恵まれた事もあり、ほぼ回ってきただけの勝利。さほど、決め手もスピードも感じられませんが、安定感はあり上でも相手なりの競馬はできそうな予感。

1回小倉2日(1月21日)3R 未勝利 芝2000
ロードキャニオン・・・★★
使われつつ徐々に良化、前走は展開にも泣かされましたが、いい脚は使っていた。今回も後方で待機していましたが、3〜4コーナーで一気にまくって3番手で直線へ。直線でも力強い伸び脚で抜け出しそのまま押し切った。この距離の500万以上だと有力馬が揃うので今後は厳しい戦いが予想されますが、成長力に期待。



競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年01月22日

新馬レビュー オーシャンエイプス、トップガン産駒に超大物候補登場!

モチがまさかの出世レース若駒Sを制覇。それも評判のDD産駒3頭を2〜4着に従えて。。

確かにSペースの逃げという事では展開に恵まれましたが、早めにこられ直線併せる形になっての粘りこみは評価していいのではないでしょうか。
と、いいつつも★3個ですけど。
理由は今回が目一杯に見えてしまって、これ以上の活躍が想像できなくて。。何ですが、そもそもここでこんなに走るとは夢にも思っていなかった馬。
もしかしたら次走も今回同様あっと驚かせてくれるかもしれません。

そしてこの日の京都では若駒S以上のインパクトをあたえてくれた馬が1頭。新馬戦を勝ったマヤノトップガン産駒オーシャンエイプスです。
実際レースを観れる方は是非、自分の目でも確認して欲しいと思うほどの圧倒的な内容。ほんと強い!まだこんな馬がいたんですね、ビックリですよ。

まぁただ私が今週1番驚いたのは日曜に会ったクルサードPOのヤツレタ顔でしたが…。


1回中山6日(1月20日)3R 新馬 ダ1800
ドリーミーペガサス・・・★★★
Fusaichi Pegasus産駒、かなりきっついクロスが掛かっているので体質、気性的に不安は残りますが、調教でも猛時計を出していた大物候補。道中は好位3、4番手を追走。直線追い出されてからややもたつきましたが、エンジンが掛かってからはあっと言う間に突き放し4馬身差の楽勝。まだまだ上積みもありそうですし芝での走りも楽しみ。

1回中山6日(1月20日)6R 500万下 ダ1200
ワンダフルドーラ・・・★★★
好スタートで1馬身ほど抜け出したが、控えて3番手からの競馬。終始楽な手応えで追走し、直線手前では馬なりで先頭に並びかける。追い出されてからも手応えどおりの伸びをみせ瞬く間に後続を突き放した。最後は7馬身差の大楽勝。血統からもダートの短距離馬。今後はどういう路線でくるのか?

1回中山6日(1月20日)9R 菜の花賞(牝馬) 芝1600
ピンクカメオ・・・★★★★
好位の内を追走し直線へ。相変わらずスピードに乗るのが遅いところはありますが、併せて追ってグイグイ加速。外から並んできたイクスキューズを差し返し、内で粘るショウナンタレントを捻じ伏せた。力強く勝負根性も素晴らしい。流れに乗れればどんな相手でもしぶとく喰らいつけそうなタイプ。

1回京都6日(1月20日)6R 新馬 芝1800
オーシャンエイプス・・・★★★★★★
マヤノトップガン産駒で母父ノーザンテースト、叔父にゴールデンキャストがいる血統。道中は随所に若さをみせながら中団の外を追走。4コーナーを抜群の手応えのまま上がって行くと、直線馬なりのまま後続を8馬身ぶっちぎる。ムチも入れずに他馬とは1秒以上も速いアガリ34妙3の末脚を披露。母系から、また圧倒的なスピードからも距離延長に不安は残りますが能力は相当。

1回京都6日(1月20日)4R 500万下 ダ1200
コンゴウダイオー・・・★★★
すっかりダートの短距離馬に。500万下でも4度の2着があるように、このクラスでは安定勢力。ようやく順番が回ってきた印象。成績どおり決め手を欠くところがあり、今回もジワジワ伸びてきた。距離延長に不安がありますが、ダートなら上のクラスでも大崩れなく走れそうな気もします。

1回京都6日(1月20日)9R 若駒S 芝2000
モチ・・・★★★
スローに落として逃げ、アガリ3Fの勝負に持ち込んだが、直線手前で既に並びかけられる。瞬発力勝負では分が悪いと思っていたんですが、並ばれてからが半端なくしぶとい。最後まで抜かさせず、差してきた2着馬の追撃もハナ差凌いで粘りきった。展開には恵まれたものの並んでからの粘りは驚異的。さすが餅。

1回中山6日(1月20日)5R 未勝利 芝2000
ジョイザラス・・・★★
道中は中団の後ろを追走していましたが、3〜4コーナーで外から一気のマクリ。逃げ馬が4コーナーで競争中止したため内の先行馬がやや遅れたのもあり、直線入り口で先頭に並びかける。一旦は並んだ2着馬に離されたもののしぶとく喰らい付きゴールまで差し切った。勝負根性とマクリの脚はなかなか。

1回京都6日(1月20日)5R 未勝利(牝馬) 芝1600
ウィンナワルツ・・・★★★
名牝ダンシングキイの最後の娘、父はアグネスタキオン。初戦はいいとこなく惨敗しましたが2戦目でキッチリ変わり身を見せた。レースは速いペースを後方、馬群の中で脚を溜めて直線勝負。外からグングン脚を伸ばしゴール前で更にグイっと加速し抜け出した。展開に恵まれたものの最後の脚には見応えアリ。次走も期待。

1回小倉1日(1月20日)2R 未勝利(牝馬) 芝2000
ラブカーナ・・・★★
オース産駒で母父Caerleon、7戦目での初勝利。道中は中団のやや前を追走、直線で追い出されると加速までにやや時間は掛かりましたが、そのまま先頭に。既に勝負は決まっていましたが先頭に立ってから鋭い末脚を3馬身半突き放した。いい末脚を使いましたが、出走馬のレベルはかなり低く上で通用するとなると。

1回小倉1日(1月20日)3R 未勝利 芝1200
カシマゼロワン・・・★★
マイネルラヴ産駒で近親にサクラエキスパートなどがいる血統。コース替りがプラスに働いたようで4戦目での初勝利。中団やや前の内を追走し4コーナーから徐々に外へ持ち出す。追って追ってゴール前で一気に脚を伸ばし、内で粘る2頭を強襲、差し切った。ただこのレースもやはり相手には恵まれた印象。

1回小倉1日(1月20日)4R 未勝利 芝1800
オートドラゴン・・・★★★
道中は中団のやや前目から内を通って徐々に前へ。直線手前の勝負どころでは前も塞がり外にも出せずと窮屈な位置取りになりましたが、直線で馬群がバラけると間を割って豪快な末脚を披露。粘る2着馬を余裕をもって半馬身交わし初勝利。力強い瞬発力は上のクラスでも十分通用するレベルだと思います。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年01月21日

AJCC、平安S 回顧

展開予想も前残りというのもまるっきり見当違いでしたが、何故か馬券はヒット!
こういう事もあるんですね。。結果オーライのAJCCの回顧です。

まずは予想結果から。予想

1着◎マツリダゴッホ
2着△インテレット
3着○シルクネクサス
4着▲インティライミ
5着−ジャリスコライト

7着△フサイチアウステル

インティライミが行くだろうとは思ってましたが、まさかあんなペースで離して逃げるとは…。前が残る馬場ですし大人しくスローに落として逃げていれば馬券には絡めたはず。何でまたあんな積極的な競馬をしちゃったんでしょうか?

まぁお陰で馬券は高めがヒットしましたが。

対抗に指名したシルクネクサスはスローの前残りを見越して重い印を打った馬。ペースも予想外なら道中あんな位置にいたのも予想外。そして直線しぶとく差してきたのも予想外。

まさに棚ボタの的中。

たまにはいい事もあるもんですね。柴田善騎手に感謝。

勝った本命マツリダゴッホは有力馬の休養明け、1番人気の自爆にも助けられレースレベルには疑問が残るものの、5馬身も離す強い内容。
次走が本当の意味で力が問われるレースになりそうですが、今回の競馬ならもう1度狙ってみたくなりました。
そして、クラシック好走馬以外にもこんな馬が出てくる強い4歳世代。他の4歳馬にも期待大です。


お次はやっぱりさっぱりだった平安S

 1着−メイショウトウコン
 2着△サンライズバッカス
 3着−シャーベットストーン
 4着−タイキエニグマ
 5着−サカラート

 6着◎フィールドルージュ
 7着△エイシンラージヒル
10着△エンシェントヒル
11着○クーリンガー
15着▲カフェオリンポス
16着△バンブーエール

何この結果?馬券の事は触れずに勝ち馬の感想に行きましょう。

このレースにしては珍しく、差し・追い込み脚質の馬でワンツー。ただ先行したタイキエニグマサカラートも直線かなり粘って4、5着に入ったように、たんに展開が向いただけとは言えなさそう。

条件戦でかなり鋭い決め手を繰り出していたメイショウトウコンですが、このメンバーでも瞬発力は楽に通用。JCダート5着のサンライズバッカスも末脚伸ばして2着に入りましたが、更に後ろから差し切りました。それも同斤で。。
単純に考えてもG気任盥チできる瞬発力の持ち主という事でしょう。

今回はダートトップレベルの馬の参戦はありませんでしたが、もしかしたらこのままノンストップでG祇覇なんて事もあるかもしれません。今回は全くノ−マークにしちゃった勝ち馬ですが、次走は是非G気覗世辰討澆茲Δ隼廚い泙后これは何だか典型的な負けパターンな気もしますけど…。まぁいいか。


予想はさっぱりでしたが、運良く馬券は当たったのでここぞとばかりスッシーでも食してきます!では。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年01月20日

AJCC、平安S 最終予想

今日の結果をみると明日もさっぱり当たる気がしないんですが、とりあえず張り切って。

まずはAJCCの予想からです。過去の傾向はこちらから→データ

10頭立て。おまけに休養明けの馬が多く、狙える馬が限られているレース。本命は順調度を重視しマツリダゴッホを指名。
気性がアレなんで距離延長が不安ですが、能力的には2200mは何も問題ないはず。ここ2走の走りからだんだん折り合い面も良くなってきた気はする。中山コースも問題ないですし強い競馬を希望。

過去の傾向では4歳馬を中心に行こうかと書きましたが、今日の中山を見ると直線全くといっていいほど差しが決まらない。
恐らくAJCCも少頭数なのでスロー。相手は前で競馬ができる馬を中心に。

という事で対抗はシルクネクサス。普通に考えるとインティライミを対抗に推すべきなんでしょうが、人気を考えるとこっちの方が面白い。

単穴は当初軽視予定だったインティライミ。よくよく考えると消せない事に気付きました。ただ本心ではブットビ希望。

押さえに休養明けも中山実績と先行力を買ってフサイチアウステル、そして強い4歳世代からインテレット。これで終了。

買い目
◎マツリダゴッホ○シルクネクサス▲インティライミ
△フサイチアウステル、インテレット

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△ 6点

3連単 ◎○軸で相手▲△△ 18点


お次は何が何だかサッパリな平安Sです。データ

当たったらラッキー、そんな気持ちで軽く勝負。

本命は前走未だダートでは掲示板を外していないフィールドルージュ。京都コースも好相性でG毅鈎紊亮太喃蓮△修譴任い藤毅競ロで走れるのも魅力的。
ややOPでは勝ち切れないところがある馬なので3連複1頭軸を中心に勝負。

相手は手広く、前走G欺仭馬か1800m以上のOPで5着以内の馬を中心にチョイス。
1600万条件の勝ち馬は全部切ってみました。理由絞りきれないかので。。

買い目
◎フィールドルージュ○クーリンガー▲カフェオリンポス
△バンブーエール、エイシンラージヒル、エンシェントヒル、サンライズバッカス

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△ 15点


小倉はびっくりするほど当たらないので暫く封印。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年01月19日

若駒S、菜の花賞 いきなり最終予想

明日は重賞こそありませんが、3歳OPが東西に1つずつ。クラシックへ向けての賞金加算という意味では両レースとも注目の1戦です。

と言っても、どちらにも私のPO馬は出走せず…。

なので気軽にちょろっとした予想です。

まずは若駒Sから。このレース只今1番人気が6連勝中、そして武豊騎手が5連覇中。そしてそして厩舎は池江親子(修正しました)が3連覇中というレース。
また基本的に少頭数になる事が多く今年も9頭立て。過去の連対馬をみても人気サイドの決着がめちゃんこ堅い。

こういう傾向だと逆らうのは無謀。馬券は絞りに絞って勝負です。

◎は武豊騎手騎乗のクルサード。ホープフルSは中団のやや後ろと絶好の位置にいたように思えたが、直線思ったほど伸びず4着。
ただ先着を許した3頭はいずれも道中この馬よりも後ろにいた馬ですし、中山もこの馬にはあまり向いてなかったと思う。
スローの瞬発力勝負になりそうな今回、また京都コースならこの馬の決め手が活きるハズ。

○はスズカーコーズウェイ。前走は相手が悪かった印象ですが着差は僅か、OP経験を考えれば勝ちに等しい内容。距離の2000mが微妙な気もしますが実力は重賞級の馬、例え多少長かったとしても能力でカバーできる。と思う。素晴らしい瞬発力があるので決め手勝負も持って来い。

押さえにキャリア1戦ながら素質を感じさせるフィニステールと好相性池江厩舎ということでブルーリッチ

買い目
◎クルサード○スズカコーズウェイ
△フィニステール、ブルーリッチ

馬単 ◎⇔○ ◎→△△ 4点

3連単 ◎○→◎○→△△ 4点

まさかとは思いますが、これでもトリガミになっちゃたりするんでしょうか。オッズ次第ではブルーリッチを切って3頭で勝負。


続いて菜の花賞です。こちらも簡単に。

本命はローズオットー。未勝利戦の内容が圧倒的。そして芙蓉Sでは2歳チャンピオンドリームジャーニーの1馬身差の2着。ちょいとアテにならないところがある馬ですが、中山マイルなら。前走のお陰で手頃なオッズになりそうですしここは狙い目。

対抗には実績馬イクスキューズ。何故ここを使うのかは?ですが、使うからには無様な競馬はできないハズ。負担重量も1キロなら問題ナスでしょう。

単穴にピンクカメオ。しぶとくグイグイ伸びるタイプで今の中山の馬場も合いそうな予感。上手く先行できれば。

そして押さえに末脚鋭い2頭センシュアルドレスメイクユーハッピー

買い目
◎ローズオットー○イクスキューズ▲ピンクカメオ
△センシュアルドレス、メイクユーハッピー

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△ 6点

おまけの3連単フォーメーション ◎→○▲→○▲△△ 6点


あとは中山3レースの新馬戦でデビューするPO馬アドマイヤワールドを頭からちょろっと。明日は3歳戦中心に勝負予定です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年01月18日

平安S 過去の傾向から

今週の京都メイン平安S。準OPから勝ち上がってきた馬と重賞実績馬の力の比較が難しく超難解。

こういうレースは臭いところでBOXするか、1頭決めて手広く行くか…。オッズも割れそうなので当たればでかそうですが、出走馬をみてもサッパリ。

チラッと過去の傾向を見ても正直何が好走するのか???ですが、とりあえず平安Sの過去の傾向からです。参考データは過去10年。

上位人気の成績
1番人気
3、1、1、3、8、14、4、3、3、
2番人気
1、3、9、1、3、3、12、11、11、
3番人気
1、4、2、5、7、2、3、6、14、6

人気馬に大敗多く信頼度はイマイチ。6番人気以下が10回も複勝圏に突っ込んで来ているように紐荒れ傾向。なんですが、良く見ると上位3番人気が揃って馬券にならなかった事はナシ。
傾向からは上位人気からの3連複1頭軸がよさそうな雰囲気。まぁ何が人気になるのかもよくわかりませんけど…。

前走から(ダートのみ)
前走G欺仭馬以外なら5着以内が条件。例外はありますがかなり低確率です。
前走G供■猫靴韮驚絨焚爾世辰診呂寮績は0−1−0−20。
前走OP特別で6着以下だった馬の成績は1−0−0−12。
穴狙いでも前走はある程度好走している馬を狙った方がいいようです。

また3着以内に入った30頭中28頭が前走1800m以上のレース。例外2頭はG轡轡螢Ε坑咾力対馬。前走走った距離にも要注意。

ということで前走ダ1800m以上で5着以内の馬と前走G欺仭馬に絞って前走成績からです。
前走G気韮誼絨米
2、3、4、11、3、3、5、10着
前走G気韮驚絨焚
1、11、12、13、14、1、5、7、5、14着
前走G供■猫靴馬対
1、15、10、8、9、5、14、6、2、3
前走G供■猫靴韮魁腺誼
7、1、2、11、1、16、5着
前走OP特別で連対
8、1、6、2、10、3、4、11、1、2、4、8、4、5、8着
前走OP特別3〜5着馬
3、5、8、3、7、14、2、8、7、12、7着
前走1600万条件連対馬
3、5、6、13、2、2、3、7、4、8、15、12、10、13、1、6着

見てのとおり、コレダ!っていうのはないんですよね…。逆に言えば人気になりやすい重賞やOP特別連対馬、条件戦を勝ってここに挑戦する上り馬を軽視して重賞、OPで3〜5着馬あたりを狙うのもいいかもしれません。


今日のまとめ

買えそうな馬は全部押さえたいところですが、今年に限って条件を満たす馬が11頭もいる…。まさにどこからでも買えちゃうレース。
こういうレースは仕方ないのでいつもの宝くじ気分で参戦。もしかしたら思わぬ高額配当が当たっちゃうかも?

あまり真面目に予想すると頭がパンクしそうなので、お酒でも飲みながら気楽に予想しようと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年01月17日

新馬レビュー ローブデコルテ、紅梅Sで賞金加算に成功!

過去、勝ち馬からスティルインラブ、スイープトウショウを輩出している紅梅S。今年は阪神JF4着のローブデコルテが後方から差し切り見事に賞金加算を成功させました。
ちょっと相手なりに走っちゃうというか、勝ち切れない馬にみえたので、ここでの賞金加算はかなり大きいと思います。

また、そのローブデコルテと人気を分けていたニシノマナムスメは道中最後方付近から4コーナーで大外をぶん回し直線だけで3着に追い込みました。キャリアが浅い分道中ついていけなかったのかもしれませんが、まさに負けて強しの内容。ニシノフラワーの娘という血統からも是非桜花賞に出てきて欲しい馬ですね!ちょっと反動も気になりますが次走も大注目。


1回中山5日(1月14日)5R 新馬 ダ1200
ナイツブリッジ・・・★★★
カイトヒルウインドの半妹でGrand Slam産駒。やや出遅れ気味でしたが、楽に追い上げ中団へ。3〜4コーナーにかけて外からまくると直線では1頭違う脚色で突き放し4馬身差の圧勝。乾いた力のいりそうな馬場でしたが素晴らしいスピード感溢れる走り。距離延長は微妙な感じですが芝でも走れそうな予感。

1回中山5日(1月14日)6R 新馬 芝1800
ウエスタンヒート・・・★★★
ブラックホーク産駒で母父ウォーニングという血統。超スローの流れを2番手から、4コーナーで先頭に並びかけ2馬身ほど後続を離して直線へ。展開を考えるとかなり可愛がって貰った印象でしたが、直線での末脚は鮮やか。一気に突き放して直線半ばで勝負を決めた。短距離血統ですが案外距離が持ちそうな走り。

1回中山5日(1月14日)7R 500万下 芝1200
サクラゼウス・・・★★★★
やはり短距離がいいようです。昇級戦でもスピードの違いを見せ付ける走り。あっさりハナを奪う二の脚の速さ、自ら速いペースをつくり出し直線手前での手応えも絶好。直線でも早めにリードを広げ難なく2馬身差で逃げ切った。スプリント路線ならかなりの活躍が期待できそうです。

1回中山5日(1月14日)11R 京成杯 芝2000
サンツェッペリン・・・★★+
使われつつ力をメキメキ付けてきた。前走は超Hペースを追い込み、今回は一転逃げる競馬で完勝。展開、相手にも恵まれた重賞制覇ですが、逃げても末脚はしぶとく伸び直線突き放しての2馬身差。スパッと切れる脚はありませんが大崩れなく走れそうなタイプ。今後も更なる成長があれば…。

1回京都5日(1月14日)3R 新馬 ダ1400
ジャイアントラック・・・★★★
Dynaformer産駒のマル外で母父Diesisという血統。好スタートを切ったが控えて逃げ馬2頭の直後、内で待機。4コーナーで馬群が詰まり直線では捌き辛い位置にいましたが、馬群を割って追い出されると瞬く間に抜け出し3馬身突き抜けた。レースセンスが良く瞬発力も上々。芝でもと思わせる好内容のレース。

1回京都5日(1月14日)9R 紅梅S(牝馬) 芝1400
ローブデコルテ・・・★★★+★★
ようやく再評価する事ができました。相手なりに走るようなところがあるので今回も勝ち切れない競馬かと思いましたが、Hペースを後方で待機すると直線では力強い末脚を繰り出しグングン加速。見事賞金加算に成功。アガリが掛かる展開になったのも味方したとは思いますが、キッチリ勝ち切るあたりに成長の跡を感じます。

1回京都5日(1月14日)5R 未勝利 芝2000
ザレマ・・・★★★
マルカシェンクの半妹でダンスインザダーク産駒。道中は好スタートから2番手をキープ、4コーナー途中で先頭に立つと直線では突き放す一方で5馬身差の圧勝。兄と違って切れ味ではなく、持続力で勝負するタイプに思えます。前走取りこぼしたように上のクラスでは決め手が課題になるかも?距離はえらい持ちそうなので順調に賞金加算できればオークスで面白そうです。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList