2007年02月

2007年02月28日

弥生賞 過去の傾向から

皐月賞の最重要TRにはSS系の筆頭格2歳チャンピオンのステイゴールド産駒ドリームジャーニー、そしてアグネスタキオン産駒の評判馬アドマイヤオーラが登録。

勝負根性の塊フサイチホウオーを負かすとしたら、外から並ぶ間もなく交わしちゃう瞬発力のある馬だと思うので、瞬発力型のこの2頭の走りには皐月賞を占う意味でも大注目。

もし2頭とも負けるような事があればホウオー断然ムードになっちゃう気がする春のクラシック。果たして絶好調ジャングルポケット産駒に待ったをかける事ができるのでしょうか?

それでは過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
7、3、2、1、1、5、6、5、1、1
2番人気
8、1、1、3、2、2、1、1、3、
3番人気
1、2、6、4、5、6、4、2、2、5着
4番人気
2、5、3、2、3、1、2、4、9、6

連対馬20頭中19頭が4番人気以内で8番人気以下は3着すらなしという堅いレース。穴党の方は黙って見がいいかも?
また上位4番人気以内の馬で過去重賞勝ちがあった馬は
1、3、1、2、3、4、1、2、1、2、5、6、1、6、1、2、2、3、1、

連対率57.1%、複勝率71.4%と抜群の安定感。2頭とも切るのは無謀かも。

前走成績から
前走、朝日杯FS1着馬
1、3
朝日杯FS2着馬
5、2、5着
前走、ラジオたんぱ杯2歳S1着馬
2、1、6、1、
前走朝日杯FS、ラジオたんぱ杯以外の重賞で1着だった馬
1、1、4、10、2、2、6、5、7、2、1
前走芝のOP特別1着馬
3、7、2、6、2、3、1
前走芝の500万条件を勝ってた馬
4、5、7、3、1、7、9、2、4、6、9、10、6、8、9

基本は前走1着馬。連対馬20頭中16頭が前走1着馬でした。例外4頭中3頭が朝日杯で5着以内の実績アリ。
また前走朝日杯、ラジオたんぱ杯以外の重賞で1着だった馬が6連対していますが、きさらぎ賞勝ち馬が2勝、京成杯の勝ち馬が2着3回とこの2つのステップが好相性のようです。

前走、朝日杯FS以外の芝の重賞で2着以下に負けていた馬
6、10、12、3、4、7、11、3、5、6、13、3、4、5、7、8、9、7、2、3
実績から
朝日杯FSで掲示板に載っていた馬の成績
7、1、5、1、1、4、7、2、5、3、5着

近年あまりクラシックとは縁のない朝日杯FS出走馬ですが、弥生賞まではある程度は通用する模様。1着馬の出走は2回しかない事を考えれば3勝2着1回は十分過ぎる成績。
朝日杯以外の重賞で前走負けていた馬は買っても3着付けがいいかも?


今日のまとめ
アドマイヤオーラは過去10年出走も殆どないシンザン記念からのステップというのが少し引っ掛かる。
という事で素直に朝日杯FS優勝馬ドリームジャーニーを本命にする予定。相手は前走500万の勝ち馬や重賞で負けていた馬よりデータ的にはOP勝ちのモチが面白い。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年02月27日

新馬レビュー 皐月賞の大穴?アルナスラインがすみれS勝利。

う〜ん、すみれS。。
涙が出ちゃうのであまり思い出したくないレースですが、あの馬の事は触れずに勝ち馬アルナスラインの事を少し。

父アドマイヤベガはJRAでは芝85勝に対し、ダートは15勝(しかも新馬、未勝利、500万条件のみ)しかしていない芝巧者の種牡馬。なので、時計の掛かる福島で初勝利をあげた時も、ダートの樅の木賞を勝った時も母父El Gran Senorの影響が強く出たパワフルな馬なんかなと。
そう思い込んでいたので、スローの瞬発力勝負になれば真っ先にいなくなると思っていたんですが…。なんと33秒9の末脚を繰り出しての快勝。
真っ先に消えたのは私のPO馬の方でした。orz

それにしてもアルナスライン。もしかしてこの馬メチャメチャ強くなっているんじゃ??今回も重賞3着の実績がありながら6番人気、次走は皐月へ直行ということなので恐らく次もめちゃんこ人気薄になることでしょう。今回の競馬でG気任發舛腓辰帆世辰討澆燭なりました。レビューの評価も思い切って★2つ追加です。


2回中山2日(2月25日)4R 新馬 ダ1200
リングジアラーム・・・★★★
素晴らしい二の脚の速さであっさりハナを奪う。道中でもスピード感溢れる走りを見せ、4コーナーでの手応えも抜群。直線でも軽く気合を付けただけで楽々逃げ切った。ハレルヤサンデーの半妹でスウェプトオーヴァーボード産駒。スピードはかなりのモノがあると思うので芝でも楽しみ。ただ距離延長は微妙な気も。。

2回中山2日(2月25日)5R 新馬 芝1600
アルビアン・・・★★★
桜花賞馬プリモディーネが海外で出産したCozzene産駒のマル外。好スタートを決めハナに立つとSペースに落としての逃げを打つ。直線に入ると早々に引き離しにかかり最後は2馬身差をつけてのゴール。時計平凡で相手のレベルにも疑問は残りますが、相当太め残りの馬体でこの結果。次走の上積みも大きそう。

2回中山2日(2月25日)6R 500万下 ダ1800
スクリーンヒーロー・・・★★★
母父SSのグラスワンダー産駒で叔父に叔母にステージチャンプ、プライムステージがいる良血馬。道中は終始2着馬にマークされながらの逃げで、直線でも目標にされ追われる厳しい展開でしたが、最後まで抜かさせずクビ差押し切る。勝負根性は結構ありそう。ここまで5戦ともダートですが血統からも芝での走りが見てみたい。

2回中山2日(2月25日)9R 水仙賞 芝2200
エルソルダード・・・★★★
二の脚が速く今回はスーッとハナを奪いスローに落としてマイペースの逃げ。あまり切れる脚を使えない馬ですが、その分スタミナは豊富で直線でも最後まで脚色は鈍らず2馬身半突き放しての快勝。OPレベルの馬が相手に瞬発力勝負では厳しそうですが、スタミナが活きる展開になれば1発ありそう。

1回阪神2日(2月25日)5R 新馬 ダ1800
サバスデイ・・・★★★
押し出されるようにハナに行くと道中はスローに落とし脚をためて直線へ。直線で追われるとグイグイ力強い伸びを見せあっさり6馬身ぶっちぎった。父フジキセキ、母父Alydarで半兄にクワイエットデイという血統。走りどおりダートの中距離あたりで活躍しそうな予感。

1回阪神2日(2月25日)6R 500万下 芝1200
ライトグランデュア・・・★★★
好スタートから押してハナを主張。道中もマイペースで進む事ができ、絶好の手応えで直線へ。平坦コースで結果を出してきた馬なので直線タレるかとも思いましたが、最後までキッチリと伸び楽々と逃げ切った。スタートはいい馬ですがダッシュはそんなに速くはないので今後は楽に先手を取れるかが鍵になりそう。

1回阪神2日(2月25日)9R すみれS 芝2200
アルナスライン・・・★★+★★★
向こう正面ではゴールドキリシマが離した逃げを打ち縦長の展開でしたが、さほどペースは上がらず直線では瞬発力勝負に。好位の内でロスなく回ると33秒9の末脚を繰り出し、2着馬との追い比べを制した。ダートもこなす力強さに加えてこの切れ味、道中楽に追走できるなら次走G気任盍待大。

1回阪神2日(2月25日)3R 未勝利 芝2400
ヒカリシャトル・・・★★
前2走とは打って変わって逃げる展開。向こう正面までに一旦リードを広げると、今度は引き付けてペースを落とし脚を温存、そのまま直線での瞬発力勝負に持ち込み勝利。何から何まで上手く行った感じで本田騎手の好騎乗にも助けられての勝利。これで変わるかもしれませんが、ちょっと上では買いづらい。



競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年02月26日

新馬レビュー トーセンキャプテン3連勝でアーリントンCを勝利!

トーセンキャプテンがデビューから無傷の3連勝で重賞制覇!
この馬フサイチホウオーと同じジャングルポケット×母父SSという配合。このまま直行、もしくはもう1走使ってそれも勝つようならジャングルポケット産駒同士の無敗馬対決がクラシックで実現です。

元気いいですねぇジャングルポケット産駒。今週の弥生賞にも前走500万特別で圧勝したタスカータソルテが出走予定。
もし、この馬がドリームジャーニーアドマイヤオーラに完勝なんて事があると、皐月賞の上位3番人気が全てジャングルポケット産駒になっちゃうかも?

SS系種牡馬の産駒が11頭も登録している弥生賞。果たしてJP産駒の春に待った!をかける事ができるのでしょうか!?


2回中山1日(2月24日)6R 新馬 ダ1800
フリートアドミラル・・・★★
内枠を上手く利用してハナへ。外から2頭に併走される厳しい展開でしたが十分な手応えで直線へ。直線では早めに抜け出しに行った分、最後はやや脚があがりましたが2着馬の追撃をクビ差退けて新馬勝ち。ハデさはありませんが、バテてもおかしくない展開で押し切るは力はある!と思う。

2回中山1日(2月24日)7R 500万下 ダ1200
シアトルタコマ・・・★★
Tale of the Cat産駒で母父A.P. Indy、叔父にエルコンドルパサーという血統。外枠から好スタートを切ると前の2頭をマークするように3番手を追走。直線ではやや一杯気味にも見えましたが2着馬が外からくるとグイっと一伸び、そのまま逃げ馬を交わすと2着馬の追撃も根性で退け快勝。母系の血統がアレなのでわかりませんが、走りからはダートの短距離馬のような気がします。

2回中山1日(2月24日)9R きんせんか賞(牝馬) 芝1600
ショウナンタレント・・・★★★
今回は内枠から好スタートを切り楽にハナへ。前走は控えていいとこナシでしたが、やはり前目の競馬が合っているようです。手応えは十分で4コーナーを回ると最後まできっちり伸び半馬身差の快勝。枠や展開、強烈な同型馬の有無で結果が大きく左右されそうな馬ですが、すんなり行ければ最後までしぶとい。中山コースも好相性。

1回阪神1日(2月24日)5R 新馬 芝1400
ジークムント・・・★★★★
道中は中団の外目を手応えよく追走。4コーナーで押し上げ直線に向くと加速するまで少し時間は掛かったものの、エンジンが掛かってからはあっという間。最後は流した状態で4馬身も突き放した。バクシンオー産駒ですが母は長距離で活躍したヴィクトリーバンク。走りからもマイルは楽に持ちそうな感じ。

1回阪神1日(2月24日)6R 500万下 ダ1400
チョウノヨウニマイ・・・★★
前走は先行しましたが今回は中団の外目を追走。勝負どころからジワリジワリと上がって行くと、直線でも力強い末脚でグイグイと伸びる。最後は内から抜け出した2着馬との追い比べを根性で捻り伏せ2連勝。前走同様しぶとく、パワフルで勝負根性溢れる走り。蝶というよりカブト虫。

1回阪神1日(2月24日)11R アーリントンC1着 芝1600
トーセンキャプテン・・・★★★+★
敵は前にいると見たのか、道中は前目に付け内でじっくり待機。直線で抜け出すまでは普通の強い馬でしたが、外からローレルゲレイロに並ばれると勝負根性が点火。そこから豪快な伸び脚を見せ2着馬の追撃を力で捻り伏せた。前走も強かったが今回は更に良くなった気がする。本番までにまだまだ良くなりそうな予感。

1回阪神1日(2月24日)11R アーリントンC2着 芝1600
ローレルゲレイロ・・・★★★+
道中は中団やや前目の外から。結局有力3頭の中では1番後ろの位置取りになってしまった。ただ直線での手応えもよく、追い出してからの脚色も勝ち馬を上回っていたように見えたが…。並びかけ後も良く伸びているんですけどね…。前走は瞬発力勝負で負かされましたが、今回は勝負根性で捻じ伏せられた。。

2回中山1日(2月24日)5R 未勝利 芝2000
キングオブチャド・・・★★
アフリカンビートの半弟でDD産駒。スタートは良くはありませんでしたが今回は押して押してハナへ。やや速めのペースで引っ張り、アガリの掛かる展開に持ち込んだ。最後までよく粘り込み差し馬の追撃を振り切って初勝利。決め手はあまりなさそうですが、スタミナはかなりありそう。スタミナが活きる展開になれば上でも。


ジャングル・フィーバー

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年02月25日

中山記念、阪急杯 回顧

先週はコテンパンにされましたが、今週はいよいよとどめを刺された感じ。もうボコボコのギタギタであります。
その中でも1番堪えたのは馬券じゃなくニュービギニングの惨敗ですが…。POGの方も本格的にやばくなってまいりました。精神的ショックから入院寸前ですが気合で重賞回顧。予想はこちら→予想

まずは中山記念

 1着−ローエングリン
 2着△エアシェイディ
 3着△ダンスインザモア
 4着△シャドウゲイト
 5着○グレイトジャーニー

 7着▲マルカシェンク
10着◎ブラックタイド
16着△インティライミ

軸を散々悩んだ挙句ブラックタイドから流した訳ですが、例え2着に来たとしてもこのレースは私には取れませんでした。
というのもローエングリンが全く眼中になかったもんで…。8歳馬なのに大したもんです。近年稀にみるロケットスタートが決まるとあっさりハナを奪いマイペース。4コーナーで引き付けて他馬に脚を使わせ、直線早めに突き放すという理想的な逃げ。2番手以下の馬はまさに術中に嵌ってしまったようで、2、3着馬は後方で末脚に賭けていた2頭で決まりました。後藤騎手お見事!

2着にエアシェイディが入り伊藤正厩舎のワンツーフィニッシュ。エアシェイディはまたまた、またまた重賞を勝ち切れなかった訳ですが、まさか自厩舎の馬に阻まれるとは…ですね。ただ仮にローエングリンがいなかったとしても2、3着だったような気もしますけど。
ただ何だかんだで賞金は着実に加算していますし、今年は大きいところでも走ってくれそう。相手なりに走れると思いますしG気任盂擇靴澆任后


続いて阪急杯

1着○プリサイスマシーン
1着▲エイシンドーバー
3着△スズカフェニックス
4着◎キンシャサノキセキ
5着−シンボリグラン

9着△イースター

これでもか!ってくらい綺麗な縦目。しっかしキンシャサノキセキはこの距離でも掛かるのか…orz

こちらも8歳馬プリサイスマシーンが勝利!調教技術や馬をケアする技術の向上で近年は高齢馬の活躍が目立ちますが、まさか同日に東西の重賞を制するとは思いませんでした。8歳馬恐るべし。

そして同着でなんとエイシンドーバーが優勝!!これまで3度のG沓加紊判転泙任呂覆なか勝ち切れないところがありましたが、湯浅調教師の引退の日に待望の重賞勝利とは!えらい馬ですね。

今年も多くの名ジョッキーや名調教師の方々がこの日で引退。特に調教師の方は定年を迎えての引退という事ですが、今日はその定年調教師の方々が大活躍。
馬だって8歳の高齢馬が活躍とどんどん競争寿命が伸びてきている訳ですし、人間の方が70歳で定年引退っていうのはなんだか勿体ない気がします。
瀬戸口先生なんて一昨年中央リーディング、昨年3位、現役所属馬で2冠馬メイショウサムソンを所有とまだまだ現役バリバリ。

定年制度なんてなくなっちゃてもいいと思うんですけどね…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年02月24日

中山記念、阪急杯 最終予想

まずは中山記念からです。過去の傾向はこちらから→データ

比較的固い傾向のレースではありますが、どうも今回は人気になりそうな馬が頼りなく映る。
インティライミは暴走したとはいえ、あの面子で馬券に絡めなかったのは不満ですし、気性面にも不安が…。
またエアシェイディは過去3回しかない4着以下が全て中山コース。ただでさえ詰めの甘い馬なだけに…。
そしてシャドウゲイト。前走は確かに強かったが、重馬場で53キロでの圧勝。今回は相手強化に加え前走から+4キロの斤量。人気ではちょっと…。

3頭揃っていなくなるというのも考えづらいんですが、ここから行くのもハイリスク・ローリターンな気がする。今回は押さえに回して他馬から勝負。

本命は勝ち切れなさそうですが相手なりに走ってくれるブラックタイド。前走重賞3着以内というのもデータ的にマル。この相手でも何だかんだで馬券に絡んでくれそう。

対抗には好相性東京新聞杯掲示板組からグレイトジャーニー。G供■猫靴任呂い弔眞綺垢篭呂で着順ほどは負けていない馬。前走も33秒4の末脚で1馬身3/4差の5着なら悪くはない。展開嵌ればそろそろ1発もあるハズ。

単穴に人気落ちしそうな実力馬マルカシェンク。押さえは上記の3頭と中山ということでダンスインザモアを加えた4頭で。

買い目
◎ブラックタイド○グレイトジャーニー▲マルカシェンク
△インティライミ、エアシェイディ、シャドウゲイト、ダンスインザモア

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△ 15点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△ 30点


お次は阪急杯。昨年から1400mに延長、そしてリニューアルしてからは初の開催という事でデータはまるでなし…。さっぱりわからないので控えめに。

同条件で行われた昨年の阪神Cは前走マイル以上のレースをステップしてきた馬で上位を独占。ということでマイラータイプを中心に狙ってみようと思います。

本命は昨年の阪神Cで2着のプリサイスマシーンにマイルCSで先着しているキンシャサノキセキ。G気任篭堽味殴ロ貰って先着しましたが、今回は更に有利になり3キロ差。前走は折り合いを欠く場面もあったので距離短縮も味方しそう。

対抗はそのプリサイスマシーン。斤量負けする馬ではないので58キロでも大崩れはしないと思う。

単穴と押さえは前走1600m以上の重賞で馬券に絡んだ3頭エイシンドーバースズカフェニックスイースター

買い目
◎キンシャサノキセキ○プリサイスマシーン▲エイシンドーバー
△スズカフェニックス、イースター

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△ 18点


最後にすみれS。当然PO馬ニュービギニングと心中。頭固定で勝負。相手はマルカハンニバル、ウィルビーキング、ゴールドキリシマの3頭。
馬券は外れてもいい。勝ってくれぇぇ


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年02月23日

アーリントンC 最終予想

アーリントンCの最終予想です。
ちょっとした過去の傾向はこちらから→データ

過去10年で5番人気以下が2勝、2着5回、3着6回。年によっては複勝圏に2頭一緒に突っ込んでくる事もあり完全な紐荒れ傾向。

私、紐荒れ狙いで馬券を買う事が多いので、こういう傾向のレースは大好き。まぁ好きだからといってよく当たる訳じゃないんですけどね。
今回は上位4番人気が総崩れは1回もナシという事なので素直に人気馬からの1頭軸で攻めてみます。

本命はローレルゲレイロ。過去のデータからは朝日杯からの直行馬、前走500万条件出走馬がやや不振傾向ということで、この馬から。
戦績から見ると勝ち切れない馬にみえますが、朝日杯ではマークしたオースミダイドウをきっちり差し切っており、決め手に問題はないと思う。また前走は差す競馬を試してのモノなので仕方なし。
今回は本田騎手の引退という事もあり勝ちに行く競馬をするハズ。3連単は1着固定で勝負。

対抗は紐荒れ、紐荒れと書いといてなんですが、人気が予想されるマイネルレーニア。気持ち距離が長い気もしますがこのメンバーなら。昨年暮れの阪神も前が残りましたし今週は開幕週。前で競馬ができるのもいい感じ。

単穴にショウナンアクト。ダートの新馬戦で見せた末脚が素晴らしく、芝を使うのを楽しみにしていた馬。ここ2戦ダートで人気を裏切り相当人気も落ちるハズ。末脚勝負に徹すれば1発あるかも?

押さえにスズカライアンコンティネントトーホウラムセスワンダースティーヴの4頭。
これだけ買って押さえるとトリガミしそうなのでトーセンキャプテンは泣く泣く消し。

買い目
◎ローレルゲレイロ○マイネルレーニア▲ショウナンアクト
△スズカライアン、コンティネント、トーホウラムセス、ワンダースティーヴ

馬連 ◎○▲BOX ◎−△△△△ 7点

3連複 ◎−○▲△△△△ 15点

3連単 ◎→○▲△△△△→○▲△△△△ 30点


土曜なのにえらい買い目が増えちゃったけど大丈夫だろうか。。先週消した人気馬にことごとく連に絡まれているのも不安。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年02月22日

アーリントンC 過去の傾向から

阪神土曜メインのアーリントンC。朝日杯からの直行馬、シンザン記念を経由してきた馬、そして連勝で500万特別を制して勢いに乗る馬と、こちらも面白そうな面子が揃いました。

どの馬が1番人気かもよくわからない状態で混戦模様ではありますが、案外ステップがバラバラなので傾向からは絞りやすいかも?
一体どんなローテが好走しているのか?過去10年の傾向からです。

上位人気
1番人気
1、5、1、1、1、1、7、1、1、
2番人気
2、2、6、4、5、8、5、3、4、8
3番人気
3、3、2、10、6、10、10、2、3、1
4番人気
6、4、4、9、4、4、2、6、6、5着

7勝を上げていますが飛ぶか勝つか?の1番人気。買うなら頭固定も面白いかも?
また2〜4番人気がやや不振傾向のため紐荒れが多いレースです。ただ上位4番人気の総崩れはないので、傾向からは人気馬から1頭軸流しが良さそうです。

前走から軸馬探し
上位4番人気に絞ったデータです。果たしてどういう馬が怪しい人気馬なのか?という事で。
前走、朝日杯FS出走馬
4、2、4、5、6着
前走G靴馬対していた馬
2、1、1、1、10、5着
G靴韮魁腺誼綰
1、2、4、3、4、8着
重賞で6着以下
6、1、5、6、10着

朝日杯直行馬は3連対していますが、上位人気に支持された馬からは1連対のみと意外にも人気を裏切る傾向。
やはり強いのは年明けの重賞をステップしてきた馬で掲示板に入っていればある程度の安定感があるようです。ちなみに3着以下から巻き返し連対した3頭は3頭とも過去に重賞連対実績アリでした。

前走OP特別3着以内
3、4、2、7、1、2、3、1、6着
前走500万条件1着
3、5、6、9、10、4、6着
新馬、未勝利戦出走馬
8、

重賞以外のステップで強いのはOP特別の好走馬。特にここ6年で6頭も複勝圏に入ってきており最近絶好調。
逆によく飛ぶのが500万条件1着馬。ダートの500万勝ち馬が人気薄で2度穴をあけていますが、なぜか芝で勝って来た馬はよく飛びます。
このステップからは人気薄の馬を紐で押さえる程度の方がいいかも。。


今日のまとめ
人気の1頭トーセンキャプテンは前走500万条件組は軽視という事で押さえに回してみます。
軸候補は前走重賞で3着、重賞連対経験もあるローレルゲレイロ。シンザン記念で負けた2頭は来週のTRでも人気を背負うであろうクラシック候補。そんな2頭に瞬発力勝負の競馬を試して3着なら評価できると思う。
相手は紐荒れ傾向のレースなのでトコトン手広く行く予定。

最終予想は明日の夜に更新予定です。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年02月21日

中山記念 とりあえず人気馬2頭は軽視。

さて開催も替った事ですし、気分一新で行きましょう!と言いたいところですが、中山記念の登録メンバーをみるとかなり面白そうな面子が集まっちゃってますね。
何かこう、どっからでも行けそうな…。それでいて当たらなさそうな…。

気分転換早々とんでもない外し方をしそうなレースですが、少しでも当たりに近い予想ができるように過去の傾向からです。参考データは過去10年です。

上位人気の成績
1番人気
1、1、1、6、3、5、1、1、4、
2番人気
3、5、5、8、1、4、中、3、2、
3番人気
5、2、4、4、2、3、8、2、7、11着
4番人気
2、9、2、2、7、6、2、5、1、

1〜4番人気同士での馬連決着が7回と比較的固い傾向。トウカイポイントが勝った02年だけ人気薄同士の決着になりましたが、この年1番人気のエイシンプレストンは60キロで出走でしたし、勝ち馬も後のG鞠蓮
実力馬が実力を出しやすいレースといえそうです。

前走から
東京新聞杯で掲示板に載っていた馬
2、9、1、12、2、1、2、10、
G兇韮鈎絨米發世辰診
1、3、2、5、2、4、1、7、7、4、12着
東京新聞杯以外のG靴韮鈎絨米發世辰診
7、3、8、2、3、4、5、8、2、7、11、4着

このレース東京新聞杯をステップにした馬が好成績。特に5着以内に入った馬は狙い目で連対率で見てもかなり高いです。前走重賞で4着以下だった馬は東京新聞杯、G気鮟くと2−0−2−32。1枚割り引いてもいいかも。。

前走OP特別掲示板から
1、5、2、6、7、11、9、1、9、12、6、9、6、8、12、7着
前走G欺仭馬
7、8、4、5、5、6、2、8、中、1、3、1、2、3、11着

前走、OP特別出走馬からは3頭が連対。こちらはその内2頭が4着からの巻き返し。ただサイレンススズカは前々走香港のG兇韮誼紂▲▲瓮螢ンボスは前々走G珪,繊トウカイポイントが例外的ですが、後のG鞠呂販匹みれば後にG気馬対した3頭。そのレベルの馬じゃないと厳しいかも…。

今日のまとめ
今年は前走G欺仭馬が不在なので素直に重賞好走馬から。ただインティライミは前走4着。エアシェイディは中山G兇任錬供■押■粥■誼紂この馬4着以下3回しかない馬なんですが、それが全部中山のG供帖
贔屓にしている元PO馬ブラックタイドは相手なりに走ってくれそうですが、除外対象で8頭回避待ち…。

あまり狙いたい馬がいない勢いを買ってシャドウゲイトにするべきか?好相性の東京新聞杯組からグレイトジャーニーで行くべきか?
まぁ、とりあえず人気が予想される2頭から入らなければ(押さえますが)馬券はそこそこはつくハズ。
固い傾向のレースですがちょっと狙ってみようかと思ってます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList