2007年04月

2007年04月22日

フローラS、アンタレスS 回顧

まずはフローラSの予想結果からです。予想はこんなんでした。

 1着◎ベッラレイア
 2着▲ミンティエアー
 3着○イクスキューズ
 4着−ミルクトーレル
 5着−ヴィアラクテア

 8着△ザリーン
 9着△ホクレレ
13着△ディーズメンフィス
17着△トウカイファイン

昨日から東京競馬場はややアガリが掛かる馬場だったみたいなので、これまで軽い馬場で切れる脚を見せてきたベッラレイアも危ないかなと思ってみていたんですが…。力が違いましたね。

逃げて最後脚があがっていた3着馬を交わすのはまだいいとして、中団後ろから34秒4の末脚で差して来たミンティエアーをあの位置から交わすのは凄まじいの一言。ラスト3Fこそ34秒3と2着馬とコンマ1秒差ですが、外に出すのに手間取り結構な差がありましたからね。
最後の2Fは一体どんなラップで上がってきたのか?

例年以上にハイレベルな今年の牝馬路線ですが、更に別路線から新星誕生。こんなに楽しみなオークスは一体いつ以来だろうか。
そしてダイワスカーレット、ウオッカそしてベッラレイア。この3頭の3連複は一体いくらにになっちゃうんだろうか。

今年のオークスだけでいいから4連複を売ってくれ。

続いてはアンタレスS。

 1着△ワイルドワンダー
 2着▲キクノアロー
 3着○メイショウトウコン
 4着◎タガノサイクロン
 5着−オーガストナイオ

 6着×トーセンブライト
 8着×クワイエットデイ
10着△ワンダーハヤブサ
14着×カイトヒルウインド

こちらは4連複を売ってくれ!というような結果に。しっかし3→2→1番人気で決まって3連単は万馬券ですか…。
変に欲を出さずにメイショウトウコンから行っていればと配当をみて思いました。

別定戦になってから堅い傾向に。そしてマーチS組は相性悪いというのは来年以降も通用しそうなデータ。
何か再来年あたりはこのレース的中できそうな気がする。

それまで施行条件が変わらなければですが…

最後に東京13Rジョッキーマスターズの回顧

1着 河内洋
2着 本田優
3着 安田隆行
4着 加藤和宏
5着 岡部幸雄
6着 的場均
7着 松永幹夫
8着 中野栄治
9着 根本康広

ダービー、オークスジョッキーの方々が優勝当時の勝負服を身にまとい出走。そしてスターターには柴田政人調教師、実況には杉本さん。
何とも言えない懐かしい気分を味わえました。なんて素晴らしいイベントなんだ。

是非、来年以降も継続してやって頂きたいものです。できれば海外や地方の騎手も呼んで。
こういうイベントがあったお陰か、珍しく重賞が本線で的中したせいか今日はとってもいい気分。久々に美味しいビールが飲めそうです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月21日

フローラS、アンタレスS 最終予想

福島牝馬S、切った人気馬は連を外してくれたんですが、9番人気スプリングドリューはノーマーク。なかなか上手くいかないもんです。
まぁ軽く遊ぶ程度の額だったのでダメージは少ないですし、気持ちを切り替えて日曜の予想に。

まずはオークスTRフローラSからです。過去の傾向はこちらから→データ

今日はちょっと出掛けていたもんでレースはまだ観ていないんですが、結果だけみると東京は結構アガリが掛かっているようですね。開幕週なのに。

こういう馬場で切れる脚が持ち味のベッラレイアがこれるのか??
オークスTRじゃなければ人気も考えて消すんですが、私このナリタトップロード産駒の大物候補がクラシックで走るのを観てみたい。
そんな心情的な予想でこの馬を本命に。ただデータからはあまり勝ちきれない前走500万条件の勝ち馬。2、3着になる事も考えて頭固定はせずに2頭軸のマルチで。

対抗は桜花賞で掲示板確保のイクスキューズ。血統を考えると距離がどうかですが1800mで好走していますし、3歳牝馬同士なら能力でどうにかできるんではないかと。府中コースも重賞勝ちの実績アリ大崩れはしないハズ。

単穴に好相性ミモザ賞ステップ馬ミンティーエアー。何が来てもおかしくないレースなので押さえは紐荒れ狙いで人気薄までやや手広く。

買い目
◎ベッラレイア○イクスキューズ▲ミンティーエアー
△ホクレレ、ザリーン、ディーズメンフィス、トウカイファイン

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△ 15点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△

続いてアンタレスSです。過去の傾向はこちらから→データ

一昨年は大荒れになりましたが、別定戦になってからは比較的堅く収まりつつあるレース。データからも前走フェブラリーS出走馬が強い。
今年前走フェブラリーSを使っていた馬は2頭。共にスタート悪く後方で沈んでしまい11、12着。
現時点では11着メイショウトウコンが1番人気で12着タガノサイクロンは単勝16.8倍の6番人気。
ならば斤量も1キロ少なくオッズも美味しいタガノサイクロンに◎。キャリアも少ないし上積みにも期待。

対抗もひねらずメイショウトウコン。本命馬が突っ込んでくる流れなら一緒に来そうですし。。

相手は出走馬の割に連対馬が少ないマーチS組を軽視し(切りはしないけど)、交流重賞を使ってきたキクノアロー、一叩きされ得意の1800mに戻るワンダーハヤブサを厚めに。

買い目
◎タガノサイクロン○メイショウトウコン▲キクノアロー
△ワンダーハヤブサ、ワイルドワンダー
×クワイエットデイ、トーセンブライト、カイトヒルウインド

馬連 ◎−○▲△△××× 7点

3連複2頭軸 ◎○−▲△△××× 6点


何だかサッパリ当たる気がしません。来週のためにも少額で大人しく…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月20日

福島牝馬S 最終予想

まずはちょっとした過去の傾向を→データ

一応別定戦の重賞ではありますが、斤量が賞金ごとで加算されていくため実際はハンデ戦のような感じ。
そのため条件戦で勝ち切れないような馬でも平気で突っ込んで来ており、実績不要のもはや何でもアリなレース。

今年も荒れると見込んで穴狙いの宝くじ気分で。

まずはコスモマーベラス。前走G薫γ稜佞韮加綽裕い砲覆蠅修Δ頁呂任垢、昨年1番人気でぶっとび10着。しかも昨年の斤量は53キロ、今年は56キロ。
近走安定しているのであっさりもありそうですが、そうなったら仕方ない諦める。消し。

前走中山牝馬S6着以下だった馬は0−0−1−10。実績馬サンレイジャスパーニシノフジムスメも消し。
また前走中山牝馬Sで掲示板に載った馬も2−0−0−5と飛ぶ馬の方が多い。今回は穴狙い。何も考えずに飛ぶほうに賭ける!ヤマニンメルベイユも切り。

人気になりそうな馬をポンポーンポポーンと消したところで予想に入ります。本命は福島実績を重視してロフティーエイム。福島コースは2−1−0−1で唯一馬券を外したのは牡馬相手に走った福島記念の4着。中山牝馬S7着というのが少々気にはなりますが、前走じゃないしまぁいいか。
何故か良く来る54キロの斤量、そして昨年の勝ち馬。2連覇に期待!

対抗に福島コースを6回も走っているマイネルーシッド。前走500万を勝ったばかりですが、何でもアリなレース。気にしない。血統もいかにもローカルで走りそうな感じで素敵。

単穴にムラ馬ですが福島3連対のジョリーノエル。押さえにフラッグシップコアレスパティオ、福島なら芝でも走れそうな気がするサヨウナラまで押さえて終了。

買い目
◎ロフティーエイム○マイネルーシッド▲ジョリーノエル
△フラッグシップ、コアレスパティオ、サヨウナラ

馬連 ◎−○▲△△△
    ○▲△△△BOX 計15点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△ 10点


外れてもいい。とんでもない馬券が出て欲しい

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月19日

福島牝馬S 普通の予想は無理

今年で4回目になった福島牝馬Sですが、過去3回は思いっきり波乱傾向。
第1回、第2回は紐荒れして二桁人気が突っ込み万馬券。昨年は上位4番人気が総崩れし7、5、6番人気で決まり馬連73倍。3連複286倍の波乱。

待ちに待った真面目にやっても取れないレース。

こんなレースで本命サイドを買ってもツマラナイ。波乱狙いで宝くじ気分、軽〜く遊ぶのが大人のマナーじゃないかと。

ということでバンバン穴を狙うために過去の傾向から。まぁ3年分しかないんですけど。

上位人気の成績
1番人気
8、1、10
2番人気
1、6、5着
3番人気
6、4、8着
4番人気
12、3、

3年分しかありませんが予想どおりパッとしない成績。上位人気がこんな成績ならオッズから考えても人気薄からいったほうが賢い。
今年上位人気で3着まで決まったら運が悪いという事で。

斤量から
今年から53キロスタートで収得賞金1200万毎に1キロ増える別定戦。なので昨年までとは微妙に違いますが、とりあえず斤量54キロ以上の馬の成績です。
57キロ以上
1、4、8着
56キロ
なし
55キロ
8、12、10、5、8着
54キロ
2、1、2、3、9、13、2、11着

出走馬の大半を占めていた53キロ馬の連対は今のところなし(3着は2回)。何故だか54キロの馬が調子いいようなので人気薄で見かけたら押さえておくのがいいかも。

前走から
中山牝馬S掲示板から
1、8、1、5、6、9、10
中山牝馬S6着以下
12、14、16、3、8、10、12、15、5、6、11
その他のG供■猫靴之納板
3、6、8着
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
2、4、13、
前走1600万条件出走馬
3、9、13、7、3、12、14、16
前走1000万条件出走馬
10、11、11、14、16、1、4、7、9、13、15着

もはや何でもアリ。1つ言えるのは中山牝馬Sで掲示板に載っているような馬でも平気で惨敗するということ。人気を考えても軸にするのは美味しくない。

今日のまとめ
危ない馬はわかったが、突っ込んできそうな馬はさっぱりわからず。福島実績だけで買おうかしら。。
週末までに1頭軸が決まれば総流し。決まらなければ人気薄5、6頭でBOXしようかと。競馬の予想よりロト6の感覚で。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月18日

アンタレスS 過去の傾向から

別定戦になってから今年で5回目。一昨年は大万馬券になりましたが、過去4回中3回は堅い決着。
荒れるイメージが強いアンタレスSですが流石に別定戦になり大分落ち着いて来たかなという印象。

また来週から始まるG気里燭瓩砲蘯蠏く取って資金稼ぎと行きたいものです。

それでは過去の傾向から。参考データは別定戦後の過去4回分です。

上位人気の成績
1番人気
1、2、4、
2番人気
5、1、8、
3番人気
10、4、11、
4番人気
2、3、7、12

一昨年が3連単100万馬券の大波乱になりましたが、それでも5番人気が勝利で1番人気も4着。複勝圏に入った馬の前走を見ても二桁着順から巻き返すような馬もなく堅く収まりやすい傾向になってきた気がする。
紐は手広く行っても本線は人気サイドでいいんじゃないかなと。やや弱気な見解。

前走成績から
フェブラリーS出走馬
1、2、8、1、3
マーチS掲示板から
3、8、10、12、3、9、6、7、2、6、14着
マーチS6着以下
6、13、6、7、10、5、9、10、14、15、9、11着
その他のダート重賞掲示板から
4、4着
その他のダート重賞6着以下
14、16、7着
コーラルS掲示板から
4、7、1、2、11、8、8、10着
その他のOP特別掲示板から
5、11、12着
ダートの1600万条件で勝利
11、2、1、4着

穴でよく来たマーチS着外馬も別定戦になってからはボロ負け傾向。代わりにフェブラリーS出走の実績馬が好成績。まさに別定戦。
また馬券に絡んだ馬の前走最低着順は6着(フェブラリーS、コーラルS)。近走好走馬が狙い目です。

斤量から
負担重量+1キロ以上の馬の成績です
59キロ
1、2、8、9、14、10着
58キロ
15、
57キロ
10、1、4、5、1、4、2、7、16着

59キロで連対した2頭は前走フェブラリーSの1、3着馬。また58、57キロで馬券に絡んだ4頭中3頭もその年のフェブラリーSで6着とG気嚢チしていました。
近走好走していれば斤量は関係なし。逆にそうじゃない馬は危ない感じ。

今日のまとめ
好走傾向の前走フェブラリーS出走馬が今年は登録段階で2頭。共に二桁着順なのがどうかですが、京都実績を考えてもメイショウトウコンは軽視できないと思う。現時点での本命候補。
相手は連対率イマイチのマーチS組より、サンプル数は少ないものの大崩れのない前走その他の重賞好走馬。アルドラゴンキクノアローに注目。
登録数が多く何が出てくるかわかりませんが、穴はコーラルS組が面白そうです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月17日

フローラS 過去の傾向から

桜花賞に出走できなかった有力馬が多数参戦。今年は例年以上に面子も揃いそうなフローラS。
中でもここの勝ち方次第ではオークスでも相当人気を集めそうな素質馬ベッラレイアと前走とんでもない末脚を繰り出した穴馬候補トウカイオスカーに注目。

2頭とも府中でもあの脚が使えるのか?という疑問があったので本番前に東京コースを走ってくれるのはありがたい。
Hレベルな3歳牝馬路線を更に盛り上げるためにも、ここで強烈な勝ち方をしてくれる馬が出る事を期待します。

それでは過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
1、1、2、14、2、3、6、17、2、7着
2番人気
4、5、1、9、4、6、14、12、1、8着
3番人気
2、6、3、4、3、2、2、2、5、11着
4番人気
12、3、8、12、9、5、3、9、4、
5番人気
5、2、5、2、1、14、15、1、中、4着

過去10年で9番人気以下が4勝している波乱含みですが、その4回以外は5番人気同士での馬連決着と堅い時と荒れるときで両極端なレースです。
1〜5番人気の何れかが必ず3着以内に入っており軸は5番人気以内から選ぶのが良さそう。

前走成績から
桜花賞掲示板から
1、4、15、1、2
桜花賞6着以下
8、9、4、5、9、1、5、11、4、6、9、5、8、8、3、13、7着
忘れな草賞掲示板から
2、6、4、8、9、10、7、2、7、
前走、忘れな草賞で6着以下
3、14、12、14、2、15、12、8、10、14着
前走、重賞で掲示板に載っていた馬
5、11、1、3、4、6、5、6、14、6、15、1、9、1、5、13、8着
前走、重賞6着以下
7、13、8、13、17、5、6、7、10、3、12、中、4着

桜花賞出走馬で馬券になった馬は5頭。その5頭のフローラSでの人気は1、1、2、1、4番人気。人気馬以外は軽視のステップで穴では狙いづらい。
相性が良さそうに見える忘れな草賞も連対率が高い訳ではなく大敗馬も多い。ただ単に経由して来る馬が多いだけのようです。
前走、重賞好走馬も不振傾向。特にフラワーC好走馬は人気で沈む事が多く軸には不向きな印象。買っても押さえまででしょうか。


芝1800m以上の500万条件で1着
10、3、3、9、2、9、14、12、2、11着
芝1800m以上の500万条件で2〜5着
2、7、13、7、7、1、2、3、4、11、3、6、10、11、18着
前走、芝の1800m以上の新馬、未勝利戦出走馬
5、15、10、18、13、18、2、3、5、6、9、13着

芝の500万ステップの馬で馬券に絡んだ馬は9頭いますがその内7頭がミモザ賞。ただ勝ち馬は1頭しか出ておらず勝ち切れない傾向です。
ちなみにミモザ賞1着馬の成績は10、3、9、2、9、12、2、11着。案外アテにならないので注意。

今日のまとめ
前走傾向を出してみたものの、相性のいいステップは見つからず。おまけに狙っていたベッラレイアトウカイオスカーは前走500万勝ち馬の成績がイマイチ。
心情的にはこの2頭なんですが、データ的には5番人気以内から東京コースでも走りそうな馬イクスキューズがいいのかも?
とりあえずこの3頭が軸馬候補です。

前走ダートの未勝利勝ち馬マニックサンデーや500万条件大敗馬シンコウビーが来ちゃうレース。
相手はかなり手広く行く予定。あんまお金ないんですけどね。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月16日

3歳馬レビュー BT産駒5年振りのクラシック制覇!

POGをやってますと種牡馬成績というのがやたらと気になるんですが、私、てっきりブライアンズタイムはもう終わったものだと。
SS、TB、BTも孫の時代に来ているもんだと。そう思っておりました。

というのもここ数年のBT産駒はダート化、短距離化が進み重賞勝ちも04年以降はダートばかり。クラシック出走馬もめっきり減っていましたので。
こういう決め付けが良くないんでしょうね。。

何はともあれタニノギムレット以来5年振りのクラシック制覇。ブライアンズタイム産駒全盛の時代に競馬をやっていたものとしては嬉しい勝利。
そして鞍上のカッチーも15年振りのG祇覇とこれまた嬉しい勝利。

ヴィクトリー。ライバルのPO馬じゃなかったら最高だったのになぁ…


【日曜】
3回中山8日(4月15日)11R 皐月賞1着 芝2000
ヴィクトリー・・・★★★★+
ペースが遅いと見るや1コーナーで無理に押さえずハナヘ。1000m通過59秒4と速めのペースも気分よく楽に逃げられた。直線では直後を追走していた2着馬に並びかけられたもののしぶとく差し返し僅差で押し切る。ホウオーが猛追してきた事を考えれば直線併せる形になったのもプラスに働いた模様。Hペースを押し切る高い能力を証明しましたが、距離延長は気性面がやや不安。

3回中山8日(4月15日)11R 皐月賞2着 芝2000
サンツェッペリン・・・★★+
3番手以下を離して2頭で別のレースを走っているような競馬。逃げるヴィクトリーを見ながら楽に進める事ができた。直線で並び掛けに行き一旦交わしたようにも見えたが、最後は差し返され際どい2着。このレースの中で1番展開が向いたとは思いますが、それでも2着に突っ込むとはビックリ。

3回中山8日(4月15日)11R 皐月賞3着 芝2000
フサイチホウオー・・・★★★★★★
最内枠が災い。包まれるのを嫌ってかスタート直後に下げたが、3番手以下のペースが落ち着いてしまった。前残りの競馬、そして4コーナーで外に膨れながらも豪快な追い込みで前2頭を強襲し僅差まで詰め寄ったのは流石の一言。普通に考えればダービーの最有力候補ですが、久々をマイナス10キロで激走した反動は心配。

3回中山8日(4月15日)11R 皐月賞4着 芝2000
アドマイヤオーラ・・・★★★★+
道中はフサイチホウオーをマークするような位置取りで、それが裏目になってしまった。ただアガリ最速タイの末脚を披露しましたが外に行ったホウオーに対しこちらは内を突いてのモノでゴール前の脚色もホウオーより劣っていた。コース適性の差が出た可能性もありますが、対ホウオーで考えると嫌な負け方。

3回中山8日(4月15日)5R 500万下 芝1200
エフテーストライク・・・★★
ブラックタキシード産駒のマル地馬。中央移籍後ダート2戦で大敗していましたがなんとビックリの初芝で一変。7頭立てと少頭数のレースを最後方から追走し直線勝負。展開が嵌ったのもあるんでしょが外から一気に差し切った。小さい馬体で芝の方が向いているのは確かですが、今回はレースレベルに疑問。

2回阪神8日(4月15日)9R はなみずき賞 芝1800
キングスデライト・・・★★★
スタートは速くありませんでしたが二の脚が速く押してハナへ。人気もなかったせいかマークが緩く2馬身ほどのリードを保ち楽な逃げ。手応え十分でリードを保ったまま直線に入ると、直線半ばで更にリードを広げそのまま楽に押し切った。展開も味方しましたがなかなか強い内容。

【土曜】
3回中山7日(4月14日)9R 山藤賞 芝1800
ゴールデンダリア・・・★★★
道中は後方3番手を追走、4コーナーから外を回り進出し、直線も外から力強い伸び脚。ややエンジンの掛りが遅かったようにも感じますが、ゴール前でグイッと加速し断然人気にキッチリ応えた。末脚がしっかりしており、どんな展開でも大崩れしなさそうな安定感。ただ血統からは距離延長は微妙かも。

2回阪神7日(4月14日)9R れんげ賞 芝1200
アルシラート・・・★★★★
9月の新馬勝ち以降ずっとOPを使ってきた馬ですが結果が出ず。ただ使われてきたレースの距離も長かったように思う。距離短縮、自己条件の今回は力の違いを見せ付けるような凄い末脚。後方待機のまま直線に向くと他馬とは1秒以上違うアガリを繰り出し12頭をごぼう抜き。OPでもスプリント戦なら勝ち負け可能な瞬発力。


超電磁ロボ コン・バトラーV DVD-BOX




競馬blogランキング
TOPへ戻る 


2007年04月15日

皐月賞 回顧 

今年も二桁人気が突っ込み大波乱の皐月賞。馬券は勿論スカ、PO馬は惨敗、そして今週も高額チョコが発生。
こう書くとズタボロですが何故か気分はすこぶるいい。理由はカッチーがG気鮠,辰燭ら。カッチーおめでとうございます!

それでは予想結果を。予想

 1着△ヴィクトリー
 2着−サンツェッペリン
 3着△フサイチホウオー
 4着▲アドマイヤオーラ
 5着−メイショウレガーロ

 8着○ドリームジャーニー
11着◎ナムラマース
12着△フライングアップル
13着△サンライズマックス
15着☆ニュービギニング


最内枠に入ったフサイチホウオーはスタート後直ぐに控え後方から。そして1番人気アドマイヤオーラがこれをマークするような位置取りで道中追走。人気の2頭が後方で控えた事により、3番手以下が前を捕まえに行かず…。ペースは速かったものの前2頭は楽に離して逃げる事ができました。そして前残り。。

前残りの競馬の原因になりながらも自信は鬼脚を使って外から強襲しあわやの3着。おまけに4コーナーで外に膨れ審議対象。
何だか良くも悪くもフサイチホウオーがえらい目立っていた皐月賞だったように思います。
やはり、この世代の中心はこの馬なんでしょうか?
父と同じローテ、1枠1番での3着。と、いう事は…

1番人気アドマイヤオーラは33秒9の末脚を繰り出しましたが4着。これでアドマイヤ&武さんはここ10年で3度目の皐月賞1番人気でぶっとびとなってしまいました。
直接の敗因は流れでしょうけど、何だか見えない力が働いてる気も?

勝ったヴィクトリーは当初は2、3番手の競馬をしようと思っていたようですが、3番手以下のペースが遅くなったのを見越し積極的に逃げました。
まるで前2頭だけ別のレースを走っているような、そんな競馬。ツキも合ったと思いますがそれを活かし切るんだから強い。
最初のコーナーで無理に押さえなかったのも良かったように思います。鞍上の好判断でしょう。


皐月賞を強い逃げ馬が勝った事でダービーは更に混戦模様。展開的にも面白さが増したように思います。
ダービーではヴィクトリーがサニーブライアンとなるのか?それともフサイチホウオーがジャングルポケットになるのか?
それともそれともアドマイヤオーラがアドマイヤベガになるのか?

私はニュービギニングがハーツクライになって欲しい。。2着だけど。出れるかわかんないけど。

まずはどの馬も無事に。。アグネスタキオンにならないよう祈りたいと思います。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList