2007年04月

2007年04月14日

皐月賞 最終予想

さてと…。POGをやっていると一段と力の入るクラシックですが、今年は一言でいうと地獄。どうしたらいいのやら。
土曜競馬も散々な結果に終わり、私の回りだけ暗雲が立ち込めている気がします。実際の天気はこんなにいいのに。

悩んでも仕方ないのでまずは週中に書いた過去の傾向を
データ データ


まずはフサイチホウオー。思ったよりものオッズになりそうですが今回は初志貫徹で割引いて。
1枠も嫌な予感がするが、やはり直行ローテが1番の不安材料。
今回1番人気にはならなそうですが、過去1番人気で飛んだメジロブライト、アドマイヤムーンと使ってきたレースが被ってるのも気になるところ。押さえまで△。

お次はもう1頭の人気馬アドマイヤオーラ。こっちが1番人気になるのかな?
デビューから3戦連続で33秒台のアガリを記録した切れモノですが、好位から追走し初の中山コースを走った前走は“切れ”より“勝負根性”で捻じ伏せたレース。前走の相手ならまだしも、G汽譽戰襪任話羯灰魁璽垢聾かないんじゃないかと。評価を2枚ほど下げて▲

という訳で本命はナムラマース。きさらぎ賞連対、勝ち馬優秀毎日杯の優勝馬とデータからも一押しの実績馬。パワフルな走りをする馬で中山コースもこの馬向き。

対抗は2歳王者ドリームジャーニー。前走は直線の不利、休養明けと中途半端な位置取りで3着。今回は朝日杯のように思いっきり溜める競馬をしてくれるハズ。あの時の脚が使えれば人気の2頭は差し切れる!かも。

押さえに相手なりに大崩れなく走っているフライングアップル、何気に最近よく絡む若葉Sステップの2頭ヴィクトリーサンライズマックス
そして前走あれ?っていう末脚を見せてくれた我がPO馬ニュービギニングを押さえて終了。

買い目
◎ナムラマース○ドリームジャーニー▲アドマイヤオーラ
△フサイチホウオー、フライングアップル、ヴィクトリー、サンライズマックス
☆ニュービギニング

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△☆ 36点


単勝 ☆

馬連 ☆−◎○▲△△△△ 7点

ナムラマース1頭軸の3連複を中止しその資金をニュービギニングの応援馬券に突っ込みます。
何だか裏目に出そうな嫌な予感。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る 


2007年04月13日

マイラーズC 最終予想

金曜売りなんでアテに出来ませんが現時点ではエアシェイディが1番人気。まさかこの面子で1番人気になるとは思いませんでした。
だって単勝ですよ…。

とりあえず過去の傾向はこちらから→データ

面子も揃い難解なレースですが、過去の傾向からは前走中山記念で掲示板に載ってた馬が大活躍。まさかの人気ですが、素直にエアシェイディを本命に。
頭に来る可能性はあまり高くないように思いますが、複勝圏は外さないんじゃないかなと。

対抗ですが年明け初戦の馬も、前走重賞連対馬も、高松宮記念出走馬も過去の傾向を見ると信頼度イマイチ。
という事で、阪神1800mのOP特別を勝ってきたスーパーホーネットを指名。
まともに走れば重賞でも勝ち負けできる能力アリ。距離短縮もプラスに働きそう。

単穴には元PO馬のアドマイヤキッス。阪神マイルは改修前ですが1−2−0−0で重賞勝ち、G毅加紊瞭整佞離魁璽后2看倭蠎蠅任發海竜離なら。

押さえはこちらも阪神巧者サクラメガワンダーエイシンドーバー。そして本命馬同様中山記念ステップのローエングリン
最後に高松宮記念で◎を打ったマイネルスケルツィも来たら悔しいので。

年齢、休養明け、久々のマイル戦と不安材料の多いスイープトウショウは消し。来たら仕方ナス。すっきり諦められる。

買い目
◎エアシェイディ○スーパーホーネット▲アドマイヤキッス
△サクラメガワンダー、エイシンドーバー
×ローエングリン、マイネルスケルツィ

何だかエアシェイディ3着な気もするので馬連は5頭BOX
馬連 ◎○▲△△ BOX 10点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△×× 15点


中山GJは遊びで軽〜く。
そんなにカラジにばかり勝たせたらいかん!という希望を込めて。

メルシーエイタイムから手広く。

買い目
◎メルシーエイタイム○リワードプレザン▲アグネスハット
△ストームセイコー、スリーオペレーター、テレジェニック

馬連 ◎−○▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△ 10点


調子に乗ると痛い目に合うので謙虚に。
皐月賞の資金稼ぎなんて大それた事は言いません。あまり減りませんように!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月12日

皐月賞 TR,ステップレースの成績から

前回はフサイチホウオー中心のデータを出しましたので今回は皐月賞ステップレースの好走馬の成績です。
一応、ホウオーは押さえまでという評価をしていますので、この中から軸馬を探したいところですが…。

それでは過去の傾向から参考データは過去10年分です。

まずは上位人気の成績
1番人気
4、3、6、2、1、3、1、2、1、
2番人気
6、1、3、1、3、14、2、16、4、
3番人気
13、2、9、中、2、16、3、4、3、
4番人気
中、4、12、9、16、7、6、9、9、6着

1、2番人気が安定していますが、やたらと穴馬が突っ込んでくるレースでもあります。特に二桁人気が3勝、2着3回、3着2回と大活躍。紐荒れを狙うときはかなり手広く流したほうが良さそう。
また4番人気が何故か大不振。今年の4番人気はどの馬でしょうか?

重賞の成績から
弥生賞
1着馬
6、3、3、−、1、8、3、2、1、
2着馬
中、1、6、1、16、14、9、3、3、
3着馬
1、2、5、中、6、2、15、6、4、16着

スプリングS
1着馬
16、7、−、2、−、3、1、16、8、
2着馬
4、10、7、7、4、−、2、13、−、5着
3着馬
11、8、7、13、17、−、−1、10、

過去10年の勝ち馬の内7頭がこの中山G僑圍劭鈎絨米發ら。4着以下からの巻き返しはスプリングS7着からオースミブライトが2着に、弥生賞6着からチタニックオーが3着と2回ありますが基本的には厳しい模様。

若葉S()内は中山での成績です
1着馬
2、−、9)16、−、13、−、14、5、
2着馬
3、11、13)11、11、15、7、17、11、13着

毎日杯
1着馬
12、−、1、−、−、12、−、−、9、−着
2着馬
13、5、15、12、−、4、−、−、−、8着

若葉Sは阪神開催になってからは連対馬が不振。ただ4着以下からノーリーズン、シックスセンスと2頭が馬券絡み。何だかんだでここ5年で若葉Sステップの馬が3頭馬券に絡んでおり注意が必要です。
毎日杯からはテイエムオペラオーしか馬券に絡んでいませんが、出走していない勝ち馬からはタイキフォーチュン、クロフネ、キングカメハメハ、アドマイヤメインと春のG気馬対した馬が4頭もおり、こちらも要注意。

アーリントンC
1着馬
−、−、−、−、2、3、−、−、13、12着
2着馬
−、−、−、7、−、9、−、18、−、−着

きさらぎ賞
1着
−、3、3、−、−、18、1、8、16、
2着
12、6、−、6、2、−、6、16、−、

要注意はきさらぎ賞の連対馬。ただし直行馬の連対はなく、馬券に絡んだ6頭はTRやその他のスッテップレースでも好走しています。
アーリントンC連対馬で馬券になったのは2頭いますが、ダンツフレームはきさらぎ賞連対馬、タニノギムレットはスプリングSの優勝馬と共に好相性レースで連対。ローレルゲレイロがちと厳しい予感。

今日のまとめ
面白いのはきさらぎ賞で連対し次走の毎日杯でもきっちり優勝したナムラマース
きさらぎ賞連対→重賞1着→皐月賞のパターンで参戦した馬は過去10年で7頭おり、その成績は12、3、3、2、1、16、着となかなか信頼できる数字。

相手は当然中山TRの6頭を中心にフサイチホウオー、人気薄まで手広く。ナムラマースからならそこそこ手広く行っても大丈夫じゃないかなと。
PO馬ニュービギニングは二桁人気の馬が好調なのでそれに賭ける!というか他にすがるデータが見つからない。変に血統人気しないで欲しい。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月11日

マイラーズC エアシェイディここでも相手なりに走れる!

随分派手なメンバーになりそうな今年のマイラーズC。
そして今年のマイル路線を象徴するように思いっきり混戦模様。G鞠呂復活するのか?それともエアシェイディが待望の重賞勝利をあげるのか?はたまた強い4歳世代が上位を独占するのか?

もう書いてるだけで当たる気がしませんが、とりあえず過去の傾向から。参考データは4月開催になってからの7年分です。

上位人気の成績
1番人気
2、4、1、1、2、9、
2番人気
6、1、8、3、4、4、
3番人気
4、2、5、7、1、1、5着
4番人気
13、11、3、2、3、6、

毎年3番人気までが必ず1頭は連対。堅いように見えますが7番人気以下も1勝、2着2回、3着3回と6頭も馬券絡みしており紐荒れも狙えるレースです。

前走成績から
前走芝のレースのみのデータです
前走、高松宮記念出走
1、12、15、6、13、15、2、7、6、11、5着
前走、高松宮以外のG欺仭
10、16、9、3、4、6、10、

前走高松宮記念出走馬は不振傾向。おまけに連に絡んだ2頭は共に8番人気と人気薄。
またその他のG欺仭馬…つまりここが年明け初戦となる実績馬たちですが、実績、人気の割には…の成績。1枚評価を落として押さえ程度が妥当かも?

中山記念掲示板から
1、2、1、1、2、4、4、
中山記念6着以下から
3、12、7着

その他のG供■猫靴馬対していた馬
4、13、4、17、8、6、10、2、9、
その他のG供■猫靴韮魁腺誼綰
2、11、10、14、8着
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
3、5、8、9、17、18、3、5、8、5、9、12、5、9、5、12、15、4、7、9着

前走OP特別1着馬
14、1、3、8着
前走OP特別2着以下
7、7、9、11、16、7、8、9、7、8、3、16、10着

前走G義箸魍笋螳くとなると、じゃあ何がって事になりますが明らかに相性のいいステップが1つ。中山記念好走馬がめちゃんこ安定。
素直にエアシェイディローエングリンのどちらかから買えば当たりそうな予感。
その他の重賞で連対していた馬は何気に不振で過去1番人気が2回ぶっ飛んだのもこのパターンです。

今日のまとめ
大混戦模様ですが、過去の傾向からは意外と簡単に軸は決まりそう。問題は中山記念の連対馬2頭のどちらから行くか?
過去このレース2勝2着1回のマイラーズCの鬼ローエングリンですが、既に8歳。流石に重賞連勝はないんじゃないだろうか。
となると、エアシェイディがここでもまたまた相手なりに走って複勝圏確保。かな。
軸は決まっても相手はどれも怪しい。一応ローエングリンアドマイヤキッスを中心に買う予定ですが、全く絞れないので手広く手広く。
ただ手広く行って外れると皐月賞に響くんですよね…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月10日

3歳馬レビュー 桜花賞はアグネスタキオン産駒が制覇!

SS産駒不在の今年のクラシック。まずその初戦を制したのはアグネスタキオン産駒のダイワスカーレットでした。
これで初年度から2年連続のG犠〕。ポストSSとしての地位を確立しつつあると言えるかもしれません。

そのタキオンと繁殖馬を分け合ったもう1頭のポストSS候補ダンスインザダークは土日で大爆発。
忘れなく草賞でザレマ、アザレア賞でナタラージャ、500万条件ではミルクトーレル、未勝利戦でも2つ勝利し桜花賞でもカタマチボタンが3着。3歳馬だけでも5勝の固め打ち。
晩成血統らしくようやくエンジンが掛かってきた模様。
ただ今週の皐月賞では1頭も登録馬がいない寂しい状況、これがダービーで何頭に増えるのか注目デス。



【日曜】
2回阪神6日(4月8日)11R 桜花賞1着 芝1600
ダイワスカーレット・・・★★★★★★
前走は瞬発力勝負を挑み完敗。その敗戦を活かすように今回は相手を待たずに突き放しに行った。デビュー戦でラスト5F全て11秒台で走ったように元々は長くいい脚を使う持久力がこの馬の最大の武器。早めに動いても最後まで全く脚は衰えず楽々と1馬身半差を付け押し切った。ダイワメジャーの半弟でタキオン産駒なだけにオークスは距離延長にやや不安アリ。

2回阪神6日(4月8日)11R 桜花賞2着 芝1600
ウオッカ・・・★★★★+★★
相手に上手く乗られた格好ですが、前走見せていた馬なりでスーッと上がって行くような手応えは今回は感じられず直線でもヨレるような仕草。アガリ最速の脚も使えず本来のデキではなかったのかもしれない。ただ例え万全だったとしても、今回は交わせなかったかもと思わせるほど勝ち馬は強かったのも事実。次走でのリベンジ期待ですが、更に調子落ちしそうで心配。

2回阪神6日(4月8日)11R 桜花賞3着 芝1600
カタマチボタン・・・★★★+
内枠から好スタートを切り好位を追走。4コーナーでは勝ち馬の内にいましたが、直線に入ると瞬発力の差かあっさり突き放されてしまった。ただ突き放されてもそこから長くいい脚でジワリジワリときっちり伸び、最後はバテた前2頭を交わし3着を確保。勝ち切るには決め手に欠けますがG気任眤臺れなく好走。

2回阪神6日(4月8日)11R 桜花賞4着 芝1600
ローブデコルテ・・・★★★+★★
この馬はやはり脚を溜める競馬があっている模様。ペースが遅く展開は向きませんでしたが直線後方から素晴らしい末脚を使い3着馬を強襲。ハナ差届かなかったもののオークスの出走権を確保。ただレースが終わってから突っ込んできたように1、2着馬とはこの距離では力の差を感じる。血統的には微妙ですが、案外距離はもちそうな雰囲気。オークスでも末脚に賭ければ見せ場があるかも。

2回阪神6日(4月8日)9R 忘れな草賞 芝2000
ザレマ・・・★★★+
ダンスインザダーク産駒らしくスタミナ豊富な牝馬。今回も道中は好位で待機、4コーナーで早めに前に並び掛けると直線でも力強い脚を見せ押し切った。やや決め手に欠けるところがありますが、長くいい脚を使うタイプで大崩れなさそうな走り。距離延長は歓迎でオークスでもスタミナを活かせる展開になれば面白そう。

2回阪神6日(4月8日)5R 500万下 芝1400
ミルクトーレル・・・★★★
初戦勝ち以降なかなか勝ちきれない馬でしたが、前日から続くDD産駒大活躍の馬場も味方してか力強い伸び脚で直線一気に差し切った。いつもそれなりの脚を使う馬ですが、京都、小倉ではいいとこなかったように上のクラスで勝ち切るには前が止まってくれるような馬場や展開が必要かも。

3回中山6日(4月8日)9R 山吹賞 芝2200
ダノンヴィッター・・・★★★★
控えて中団からの競馬。4コーナーでは馬群の中から押し上げ、直線でも馬群を割るというレースセンス溢れる走り。抜け出すときの脚が力強く強烈な決め手であっさり前を交わすとそのまま捻じ伏せた。叔父にジャングルポケットがいるスペシャルウィーク産駒、ダービーに向けて面白そうな良血馬が1頭OP入り。

【土曜】
3回中山5日(4月7日)11R ニュージーランドT1着 芝1600
トーホウレーサー・・・★★+★★
使われつつ徐々に良化しダートで2勝してきた馬ですが、芝でも素晴らしい走り。昨年暮れとはまるで別馬に急成長。速いペースを3番手からの競馬。直線に入るとあっさりと抜け出し楽々と押し切った。差し馬が上位を独占する流れを強い競馬で押し切るのだから大したもの。人気はありませんでしたが強い内容。

3回中山5日(4月7日)11R ニュージーランドT2着 芝1600
マイネルフォーグ・・・★★★
マイル重賞では既に頭打ちかと思われていた馬ですが、3着にも短距離馬が突っ込んでくる流れが味方したのか、中団待機から直線よく脚を伸ばし混戦の2着争いを制した。また血統から中山コースもあっていた模様。ただ、こういう流れのNZTの時は特にマイルCに直結しないんですよね…。狙いは秋の中山開催かな??

3回中山5日(4月7日)11R ニュージーランドT3着 芝1600
ワールドハンター・・・★★★+
前走、初芝のスプリント戦でアガリ最速で突っ込み5着。今回も中団から脚を伸ばし400mの延長にも難なく対応して見せた。流れは向いたかもしれませんが、能力も相当。ただこの馬も1200〜1400mがベストのような気がするので府中のマイルは気持ち長い気も。

2回阪神5日(4月7日)9R アザレア賞 芝2000
ナタラージャ・・・★★★★★
初戦勝ちのレビューで菊花賞で楽しみと書いた大物候補。前走は手応えほど伸びませんでしたが、今回は好位からきっちりと捻じ伏せ押し切った。どうやら一瞬でスパッと切れる脚はなさそうですが、その代わり長〜くいい脚を使えるタイプ。次走は青葉賞のようですが、菊の前にもう1走京都でみたかった。

1回福島3日(4月7日)10R 雪うさぎ賞 芝1200
ワンダースター・・・★★★
叔母にワンダーパヒュームがいる良血馬でヘクタープロテクター産駒。やや速めのペースを外の4、5番手から追走。直線で前に並び掛けると力強く脚を伸ばして抜け出しそのまま1馬身1/4差を付けて押し切った。ローカル替り、そして芝替りでの連勝ですが、どちらが良かったのかは不明。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月09日

皐月賞 ホウオーは無敗でクラシックを勝てるのか?

さて皐月賞。注目は無敗の重賞3勝馬フサイチホウオー。このジャングルポケット産駒に他馬がどう挑むのか?
だと思っていたんですが、専門誌なんかをみるとアドマイヤオーラとの2強ムード?
それとも更にドリームジャーニーナムラマースフライングアップルアサクサキングスヴィクトリーココナッツパンチニュービギニングなど(ニュービギニングは入ってねえよ!という突っ込みはなしで)を加えた混戦ムードなのか?

競馬はオッズとの戦いでもありますから、私の場合どういう売れ方をするのか、しそうなのかでだいぶ買い方が変わっちゃう。
順調に来ながらも3月以降のステップレースをスキップした無敗馬”この過去に前例のないやっかいな馬が1本被りなら軽視しようとも思っていたんですが、そんなにオーラとあまり変わらない人気やましてや2番人気になるようだと話は別。
軸にしてもいいんじゃないかという気さえしてきました。

という事で皐月賞の最初のデータはフサイチホウオーに絞ったデータです。

まずは共同通信杯の時にも出した皐月賞を無敗で挑戦し4番人気以内に支持された馬の成績です。参考データは90年以降。

91年 トウカイテイオー  番人気
92年 ミホノブルボン   番人気
93年 シクレノンシェリフ 4番人気
96年 ミナモトマリノス   3番人気4着
99年 ニシノセイリュウ  4番人気12着
01年 アグネスタキオン  番人気
02年 モノポライザー   3番人気16着
05年 ディープインパクト 番人気
06年 フサイチジャンク  2番人気

キャリア3戦以上で重賞実績のある馬は全部1着
また1番人気に支持された馬も全部1着
果たしてフサイチホウオーは1番人気に支持される事になるのでしょうか?


続いては90年以降の皐月賞出走馬の中で3月以降のレースを使っていない馬の成績です。これも4番人気以内の馬に絞って。

90年 ハクタイセイ     3番人気着 前走きさらぎ賞1着
91年 サクラヤマトオー  4番人気12着 前走共同通信杯2着
96年 サクラスピードオー 2番人気7着 前走共同通信杯1着
99年 ニシノセイリュウ  4番人気12着 前走若駒S1着
00年 アタラクシア     4番人気9着 前走すみれS1着
01年 ダンツフレーム   3番人気着 前走アーリントンC1着
01年 ジャングルポケット 2番人気着 前走共同通信杯1着
02年 モノポライザー   3番人気16着 前走若駒S1着
03年 サイレントディール 4番人気6着 前走きさらぎ賞2着
 
あまり良くないように見えます。3、4番人気の馬が多いので…といっても人気より大幅に着順を落としている馬ばかり。
ただまぁ中にはTRを使っていたら上位人気に支持されていたか怪しい馬もいますので、一概に間隔が開いたから凡走したと決め付けるのも間違いだと思いますが…。

最後にフサイチホウオーが勝ってきた重賞勝ち馬の皐月賞での成績です。参考データは過去10年。

東スポ杯2歳S、府中3歳S1着馬
8、2、−、4、−、−、−、−、5着
ラジオたんぱ杯2歳S1着馬
4、−、6、中、1、5、8、2、12、6着
共同通信杯1着馬()内は中山開催
4、−、10、−、3、12、(4)、12、−、4着

実はフサイチホウオーが勝ってきた重賞は近年そんなに皐月賞とは相性がよくなかったりします。
出世レースといわれるラジオたんぱ杯2歳Sですが、過去10年の勝ち馬から皐月賞を勝ったのはアグネスタキオン1頭のみでこちらは好相性弥生賞の勝ち馬。
それ以前に遡っると92年にナリタタイシンが優勝していますが、こちらも弥生賞2着をステップ。どうなんでしょう。。

今日のまとめ
やはり直行ステップが最大の不安材料。おまけに勝ってきた重賞も皐月賞の好相性レースとはいえず…。せめて共同通信杯ではなくきさらぎ賞だったら…

軸にする事も考えましたが、やはり当初の予定通り今回は相手まで。好調松田国厩舎−安藤勝騎手のコンビですが桜花賞を取られた以上、他の陣営のマークもより厳しくなるハズ。
特にウオッカで悔しい目にあった四位騎手の怒りの1発に期待(あくまでも応援馬券で)。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月08日

桜花賞 回顧

競馬に絶対はナス。ハァァ。

それでは予想結果を。予想はこんなんでした

 1着△ダイワスカーレット
 2着◎ウオッカ
 3着−カタマチボタン
 4着○ローブデコルテ
 5着△イクスキューズ

 6着×レインダンス
11着×フローラルカーヴ
15着▲エミーズスマイル

リニューアル阪神1回目の桜花賞はとんでもなく緩いペースで流れました。
ですが、結果は切れ味勝負では分が悪いと思っていたダイワスカーレットが勝利。見事に前走のリベンジを果たし兄妹クラシック制覇で桜をゲットです。

馬券は一応馬連が的中も、当然の如く焼け石に水で超マイナス収支。おまけにライバルのPO馬の勝利で高額チョコが発生。

ズダボロであります。orz

ダイワスカーレットは前走も前々走もスローのアガリ勝負に付き合っての切れ負けでしたが、今回はウオッカを待たずに先に動き突き放しに行く競馬。前走の敗戦から瞬発力勝負では分が悪いと悟っていたようで、早めに仕掛けたとインタビューでも言っていましたが…。う〜ん。流石ですね、アンカツさん。
本来の持ち味である長くいい脚を使って後続を完封。前走の負けをきっちり活かした好騎乗でした。

逆に負けたウオッカは…?33秒6の脚を使っての2着と数字的には悪くないんですが、直線でも本来の迫力がなかったというか余裕がなかったというか、ちょっと物足りない伸び脚。
もしかしたら、ちょっとデキ落ちだったのかも?
それとも、こんなもんなのか?前3走を見る限りはそんな事はないハズ。次はキッチリ巻き返して貰いたい。じゃないとまたチョコ代が…

3強と言われていたアストンマーチャンはやはりスプリンターだった模様。この馬にとって道中の流れが緩すぎたのが全てじゃないかと。持ち味のスピードを発揮できる場面が回って来ませんでした。
流れ次第ではマイルもこなせるんでしょうけど。。こういう馬をみると3歳春にスプリントG気あってもいい気がするんですけどね。


しっかし、昨日に引き続き競馬に絶対はないという事をまたまた今日も確認。
来週は皐月賞ですが、このレースにはフサイチホウオー、アドマイヤオーラ、アサクサキングス、ヴィクトリー、マイネルシーガルとライバルのPO馬がわんさか出走予定でまさに四面楚歌状態…。

普通に考えれば来週もまたPOG的に厳しいレースになりそうですが、競馬に絶対はない!ニュービギニングが勝ってもいいじゃないか!!

なんだか、どんどんドツボに嵌って行く気もしますが、今日のところは皐月賞で私のPO馬が勝つ事を信じきる。

そして酒飲んで寝ます。orz


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年04月07日

桜花賞 最終予想

阪神牝馬Sはまるで駄目。ニュージーランドTは何といったらいいのやら…

土曜競馬はなかった事にして気分よくクラシック桜花賞の予想へ。
ちょっとしたデータはこちらから→データ データ

 

オッズをみると、やはりというかウオッカが抜けた人気に。チューリップ賞の勝ち馬は過去10年で1勝とさほど相性がよくはありませんが、それは昨年までの話。
リニューアル後の阪神マイルは上位人気馬が強いというデータもありますし、これまでの勝ちっぷりからも牝馬相手では敵なしの印象。

まぁ同斤で負けるハズがないと思っていた阪神牝馬のディアデラノビアがあっさり負けてくれたので、ちょっと自信喪失気味ではありますが。。
点数も絞らないといけないので、懲りずに3連単頭付けの◎

相手ですが、前走馬体を併せて捻じ伏せられたダイワスカーレットは今回早めに抜け出す競馬をしたいハズ。
ただアストンマーチャンも似たような脚質、おまけにフラワーC勝ち馬ショウナンタレントも逃げ馬。
前に有力馬が集まったのでウオッカが早めに前をスイープする可能性もあるんじゃないかと。
イメージはディープインパクトの皐月賞。穴タイプはウオッカの後ろで脚を溜めてる馬!かな?

という事で対抗は思いっっきり脚を溜めて欲しいローブデコルテ。紅梅S、阪神JFのような競馬をしてくれれば。
また1800mの経験アリ、阪神JFでも好走と何気に好走しそうな条件が揃っている。展開嵌れば面白いかも。

単穴には8枠に入りウオッカをマークして進められそうなエミーズスマイル。タイキオン産駒というより、母父ホワイトマズル産駒のような力強く長い脚を使える馬。タフな阪神マイルも合っていそう。

押さえに1800m以上の経験がある実績馬ダイワスカーレットイクスキューズと、土曜の阪神特別3レースを全てダンスインザダーク産駒が持って行ったのでレインダンス
後方で死んだふり展開嵌ればのフローラルカーヴを穴で押さえて終了。

アストンマーチャンは強いのは承知の上ですが、多分ベストは1200〜1400m。阪神JFでは2着に残りましたが、今回は前に厳しい流れになりそうなので消してみる。
というかオッズを見るとここまで押さえられないというのが本音。

買い目
◎ウオッカ○ローブデコルテ▲エミーズスマイル
△ダイワスカーレット、イクスキューズ
×レインダンス、フローラルカーヴ

馬連 ◎−○▲△△×× 6点

3連単 ◎→○▲△△××→○▲△△×× 30点


週中、堅い堅いと言いながら購入した3連単は30点中26点が万馬券。貧乏人なんでG気らい夢をみようかなと。
あっさり3強で決まったら仕方なし。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList