2007年05月

2007年05月19日

オークス 最終予想

今週も先週同様実家からノートPCを借りてきたんですが、いきなりぶっ壊してしまい変な汗がダラダラ。
結局OSを再インストールするハメに。。ようやく先ほどネットに繋げるところまで持って行きました。中のデータとか全部飛んじゃったんですけどね・・・。

自分のPCのみならず他人のPCまで駄目にするというこの嫌な流れ。どんなにプラス思考で考えても到底明日の競馬が当たるとは思いませんが、例え負けるとわかっていても戦いを挑むのが北斗の漢。

という訳でオークス撃沈予想です。過去の傾向はこちらから→データ


過去圧倒的な連対率を誇っている桜花賞ステップの馬が今年は僅か3頭のみ。おまけに連対馬が不在と明らかに波乱ムード。
こういう例外的な年は間違いなく荒れる!…気がする。例年なら見向きもしないような馬まで手広く行きたいところ。
またCコースになったとはいえ、依然前が残る今日の結果。押し出された大本命馬は後方から競馬をするタイプ。本命もちょっと捻ってみたい。

という事で本命はカタマチボタン。オークスとはなかなか好相性(ホントはこのデータも出したかったんですが時間がなくできませんでした。すみません)のクイーンCで連対。
DD産駒とはいえ母系から距離が心配な馬ですが、牝馬同士のオークスなら前半誤魔化せれば持つ!と思えなくもない。
やっぱり桜花賞ステップが強かった!という結果を希望。

対抗にザレマ。こちらもDD産駒ですが本命馬とは違いスタミナ満点。本命馬を警戒し前が止まらない流れになれば先行力が活きるハズ。

単穴にやはり能力では1枚上だと思われるベッラレイア。多少展開が向かなくても能力でどうにかしちゃいそう。不振続きのフローラS優勝馬ですが無視はできない存在。

押さえは桜花賞ステップのローブデコルテを厚めに、ハロースピードミンティエアートウカイオスカーラブカーナまで手広く。

買い目
◎カタマチボタン○ザレマ▲ベッラレイア
△ローブデコルテ、ハロースピード、ミンティエアー
×トウカイオスカー、ラブカーナ

馬連 ◎−○▲△△△×× 7点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△×× 21点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△×× 36点


全く事前予想もデータも取っていない東海Sはオークスで張りすぎちゃったので控えめに。
本命は前走でも◎を打ったタガノサイクロンをしつこく追いかける。中京コースですがこの距離ならまくれるハズ。
対抗に手堅くキクノアローを指名し3連複は2頭軸で勝負!

買い目
◎タガノサイクロン○キクノアロー▲メイショウトウコン
△エイシンラージヒル、クワイエットデイ

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連複 ◎○軸で総流し 14点


そろそろ当たらないかな。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年05月16日

オークス ホントに2強で決まるのか?

桜花賞馬ダイワスカーレットVS新星ベッラレイア。今年のオークスは2強対決の様相。
このところ大荒れのG機今週こそは堅く収まるのか?それとも今週も大荒れなのか?

とりあえず、過去10年の傾向からです。

まずは上位人気の成績から
1番人気
11、3、2、1、3、5、7、4、1、
2番人気
1、2、4、5、6、3、1、5、2、
3番人気
5、9、3、12、13、4、13、8、3、1
4番人気
3、10、12、6、2、1、11、2、9、中
5番人気
7、4、9、2、1、6、8、14、4、

連対馬20頭中14頭、複勝圏に入った30頭中20頭が5番人気以内とイメージとは逆に上位人気は安定傾向。ただ1、2番人気が滅法強い訳じゃなく5番人気までの馬の複勝率はそんなに差はない模様。
また二桁人気が3連対しているように、稀にとんでもない馬も連に絡む。
つまり、何がきてもおかしくない難解極まりないレース。馬券は5番人気までの馬から1頭軸で手広くが良さそうデス。

桜花賞の成績から
1着
11、3、3、2、3、−、1、4、−、6着
2着
1、10、5、12、6、7、12、8、1、
3着
−、2、2、1、13、5、7、5、−、中着
4、5着
5、9、12、6、7、7、11、18、4、2、2、3、
6〜9着馬
8、4、中、4、7、1、8、14、14、4、1、2、15、10、5、1、12、3、4、13、14、8、11
10着以下
12、14、12、16、4、11、14、3、16、9、17、10、11、8、14、12、16、11、2、9、10、12、7、15、

連対馬の3/4を占めるのが桜花賞ステップ。二桁着順からの巻き返しもあり、着順よりも距離、コース適正を重視してチョイスしたいところ。
といっても2400mは初めて走る馬がほとんど。血統や走りから走りそうな馬を見つけ出さないといけませんが…。
また桜花賞に出走した馬はどんな着順でも直行した馬以外は全滅。
桜花賞後その他のレースを挟んでオークスに挑んだ馬は0−0−0−28。

フローラS(4歳牝馬特別)
1着馬
5、9、4、8、5、9、3、13、3、13着
2着馬
3、−、5、13、1、4、15、14、9、16
3着馬
−、5、9、15、2、6、5、−、15、14着

スイートピーS
1着馬
10、15、16、11、16、14、8、7、12、
2着馬
6、8、17、17、17、13、6、12、10、17着

忘れな草賞
1着馬
7、1、18、5、12、3、−、9、6、5着
2着馬
3、中、−、−、−、−、8、17、5、9着
3着馬
2、−、10、−、9、−、−、14、10、17着

フローラS、スイートピーS、忘れな草賞を合わせても5連対のみ。前走桜花賞ステップでワンツーフィニッシュがここ10年で6回ですから基本は桜花賞組から軽く押さえる程度で。

今日のまとめ
桜花賞1着馬は過去10年で1勝、2着1回と2連対のみ。フローラS1着馬は3着2回のみで連対ナシ。データからは2強対決で決まる確率はかなり低いんではないかと思う。
おまけに過去桜花賞を素晴らしいスピードで逃げ、先行から押し切ったキョウエイマーチ、テイエムオーシャン、ダンスインザムードはオークスでは1番人気を裏切り連に絡めず。なんだかダイワスカーレットと被るんですよね…。血統からもマイラーな予感がしますし。
またベッラレイアはスタートが悪く後方からの競馬が多い馬。先週人気の差し、追い込み馬がいいとこなく沈んだ東京コース。今週からCコース、距離も先週とは違うとはいえ不安は残ります…。
今年は例年になく桜花賞直行馬が少ない気もしますし、またまたビックリな馬券が出ちゃう可能性もあるんじゃないかという気がしてきました。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年05月14日

POG SSの孫を考えてみる

散々な目にあったヴィクトリアマイルの事はビシッと忘れて気持ちを切り替えオークスに!と行きたいところですが、その前に当ブログでもそろそろ来年の事をやっておこうかなと。
ここ数日でPOG関連の本もだいぶ出るようですし。馬券も外れ続けているので気分転換にもいいかなと。

さて来年度でSS不在のPOG2年目。ですがやはりSSの影響力は強く、時代は子から孫の時代へと移りました。
先週までの中央2、3歳重賞、OPでのSSの孫たちの成績は以下のとおり。

SS系種牡馬の産駒→重賞6勝、2着10回 OP13勝 
母父SS→重賞5勝、2着2回 OP4勝

重賞32レース中11勝、OP特別39レース中17勝をSSの孫が制しています。中でも注目は母父SS。父父SSと比べると出走数が少ないにもかかわらず、重賞5勝。フサイチホウオーが3つ稼いだとはいえ重賞勝ち馬3頭輩出は素晴らしい成績です。
SS系種牡馬の中ではアグネスタキオン産駒が絶好調。こちらもダイワスカーレット、アドマイヤオーラ、ショウナンタレントと3頭重賞勝ち馬を輩出し重賞4勝。

一方、タキオンと良質な繁殖牝馬を分け合ったDD産駒は有力馬の故障もありましたが大不振。この世代はここまで重賞勝ちゼロ。皐月賞の出走もナシ。ダービーでようやく2頭登録してきましたが(1頭は現時点では除外対象)、やはり繁殖の質は上がっても晩成傾向までは変わらなかったようです。
ただ牝馬の方は桜花賞でカタマチボタンが3着に入りザレマは忘れな草賞を制しオークスへ。
基本的に牝馬の方が仕上がりが早いといいますしDD産駒は牡馬よりも牝馬の方がいいのかもしれません。

次に春のG欺仭したSSの孫の頭数です。
桜花賞 SS系頭 母父SS
皐月賞 SS系頭 母父SS
NHKM SS系頭 母父SS頭

こちらは最終登録した頭数です
オークス SS系17頭 母父SS
ダービー SS系頭 母父SS

昨年の出走頭数も
06年桜花賞 SS系頭 母父SS頭 SS産駒
06年皐月賞 SS系頭 母父SS頭 SS産駒
06年NHKM SS系頭 母父SS頭 SS産駒
06年オークス SS系頭 母父SS頭 SS産駒
06年ダービー SS系頭 母父SS頭 SS産駒

基本的に母父SSは牝馬より牡馬の方がいいみたい。昨年皐月賞に出走したアドマイヤムーン、フサイチリシャール、サクラメガワンダーも重賞勝ち馬。SS系よりも重賞で勝ち切れる馬が多いような気がします。
ただ昨年の皐月賞、ダービー、そして今年の皐月賞と全くSSの血が入っていない馬が優勝。牡馬はSSの孫以外にも大物を指名しといた方がいいかも?

牝馬の方はというと今年のオークスが登録26頭中17頭がSS系。牝馬でクラシックに出たいなら黙ってSS系を取るべしでしょうか。
ただこちらも昨年のオークスはSSの血を持たないカワカミプリンセスが優勝。今年もこの状態でベッラレイアが優勝するような事になると…

まぁ、兎に角SSの孫を取らなきゃ話にならない来年のPOG。オークス、ダービーの結果をみないと何ともいえませんが、牝馬はSS系のアグネスタキオン、ダンスインザダーク、フジキセキ産駒。
牡馬はDD産駒を蹴っ飛ばし、タキオン産駒と母父SSに狙いを定めてというのが良さそうな感じデス。

POGの達人完全攻略ガイド2007~2008

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年05月13日

ヴィクトリアマイル 回顧

流石に今週は堅いだろと。自信満々に予想に御託を並べたら大万馬券で決着。いったい何を回顧したらいいのやら。

若手の有望株である松岡正海騎手がG欺蘊〕、フジキセキ産駒も芝のG欺蘊〕とめでたい勝利ではあるんですが、こっちはお先真っ暗。
いつから競馬ってこんなに難しくなったんですか?

とりあえず予想とその結果です。予想

 1着−コイウタ
 2着×アサヒライジング
 3着−デアリングハート
 4着×キストゥヘヴン
 5着−ジョリーダンス

 6着△ディアデラノビア
 7着○アドマイヤキッス
 9着◎スイープトウショウ
10着▲カワカミプリンセス
12着×フサイチパンドラ

パトロールVを見るとわかるとおり、道中から馬場の悪い内をあけてアサヒライジングが逃げていた。追走する先行馬もそれに従うようにポッカリと内をあけての追走。
ただでさえ前が残る馬場なのに差し・追い込み馬は外々を回されての追走、そしてSペース。典型的な前残りの競馬になってしまいました。

人気馬2頭が後ろですからペースが落ち着くのも仕方ありませんが、G気砲靴討呂舛腓辰版力に欠けるレース。馬券が取れなかったから言う訳ではありませんが(でも取れてたら言ってないだろうな…)、もうちょっと各馬積極的な競馬をして欲しかった。

また、2週連続の大荒れになりましたが2週とも少なからず…といか、かなり馬場、枠の影響があったレース結果だったように思います。
大万馬券がでるのも競馬の醍醐味の1つならば、強い馬が強い競馬をするのも競馬の醍醐味の1つ。
勝った馬が弱いとはいいませんが、もうちょいこう何というか“強えぇぇぇ!!”と単純に回顧を書けるレースが見たいなぁと。

来週からはCコースに変わるので多少傾向も変わると思いますが、有力馬たちが馬場や枠のせいで力を出し切れずに負けるところは見たくない。
折角のクラシックですから強い馬同士のハイレベルな戦いが見たいもんです。


でもよく考えたらその有力馬たちは殆どライバルのPO馬…。
実力出し切って勝っちゃった日にゃ、幾らチョコ代が掛かるのか。やっぱり、もうちょっとの間荒れててくれた方がいいのかな。。複雑。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年05月12日

ヴィクトリアマイル 最終予想

基本的に別定戦で行われる牝馬限定の重賞は実績馬が強い傾向で実際エリザベス女王杯の勝ち馬を見てもG気馬対していた馬ばかり。

馬齢による負担重量すらない定量戦のヴィクトリアマイルなら尚更その傾向が強く出るハズ。昨年もG鞠呂離錺鵐帖璽侫ニッシュで決まりましたし。
あまり捻らず実績馬中心の馬券で手堅く勝負。できればこのレースでG欺蘚中といきたいところ。

まず1番人気のカワカミプリンセス。この馬が1番強いとは思いますが、半年振りのレースで初のマイル戦と不安材料アリ。
1400mで勝ってますが新馬と500万下。重賞レベルでは正直未知。
おまけに今の東京コースは差しも届くとはいえ、まだまだ前が残る印象。ややエンジンのかかりが遅いこの馬が休み明けですんなり反応できるのか?負けるならここしかない。評価を下げて▲

と言うことで◎はスイープトウショウ。ややピークが過ぎた気もしますが、牝馬相手のマイル戦ならまだまだやれるハズ。マイラーズC2着からのステップも昨年の優勝馬ダンスインザムードと一緒。これで2番人気ならある意味美味しい。

○はアドマイヤキッス。G犠,舛呂△蠅泙擦鵑、昨年の牝馬3冠レース全てで掲示板を確保、そしてマイルの桜花賞では連対と実績は十分。
有力馬の中でも最も前目で競馬ができそうなのもプラス材料。

押さえにG気世蹐Δ、G靴世蹐Δ3着にはくるディアデラノビア。そして人気落ちのG杵対馬3頭キストゥヘヴンフサイチパンドラアサヒライジング

正直あまり出走馬のレベルが高くなかった気がする阪神牝馬Sの連対馬2頭は軽視。

買い目
◎スイープトウショウ○アドマイヤキッス▲カワカミプリンセス
△ディアデラノビア
×キストゥヘヴン、フサイチパンドラ、アサヒライジング

馬連 ◎−○▲△××× 6点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△××× 30点


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年05月11日

京王杯SC いきなり最終予想

みなさん、こんばんは。全く更新やコメント、トラックバックの返信できずにすみませんでした。また更新できなかった期間に訪問して下さっていた方々、申し訳ありませんでした。
依然PCはぶっ壊れたままですが、週末用に実家にあったノートPCを借りてきました。いつも使ってた方は1度PCに強い友人に見てもらったんですが、どうやらマザーボードが原因じゃないかという事なので週明けにでも直して貰う予定です。自分はあまり詳しくないので情けないですがもうお手上げ状態。トホホ

これで直らなかったらお金を溜めて買いかえようかと。ただお金ないんですよね…
競馬さえなければ買えるんですけど。


それでは、週中事前予想を殆どしていないまま京王杯SCの予想です。
一応昨年使ったデータを参考にしつつ。

高松宮記念3、5着馬プリサイスマシーンオレハマッテルゼが人気しそうな面子。しかしながら同年の高松宮記念掲示板から直行した馬の成績は以下のとおり…
高松宮記念1着馬の成績
11、8、7、4、
高松宮記念2〜5着馬
8、2、14、3、8、6、7、9、13、10、14、4

人気ほど信頼できない成績。オレハマッテルゼが2年連続で連絡みしているのは気になりますがそろそろ衰えもある頃。思い切って消してみる。

安田記念の前哨戦ということで、ここの注目ステップも当然マイルの重賞。
マイラーズC掲示板から
2、5、8、3、11、5、10、2、16、1、
マイラーズC6着以下から
5、7、18、12、13、1、9、3、15、3、11、7、着
ダービー卿CT掲示板から
2、3、6、3、7、10、6、10、2、18、12、1、11、3、
ダービー卿CT6着以下から
4、5、6、12、9、13、1、13、5、18、2、11、12

過去10年で複勝圏に突っ込んだ30頭中半分の15頭がマイラーズC、ダービー卿CTからのステップ。
今年の該当馬はマイネルスケルツィ、エイシンドーバー、ピカレスクコート、インセンティブガイの4頭。この中から最も東京コースが合いそうなインセンティブガイに◎。昨年の2着馬ですしね。

相手は好ステップの残りの3頭と府中実績からブラックバースピンアポロノサトリフサイチリシャールの計6頭を押さえて終了。

買い目
◎インセンティブガイ○マイネルスクルツィ▲エイシンドーバー
△フサイチリシャール、アポロノサトリ
×ブラックバースピン、ピカレスクコート

馬連 ◎−○▲△△×× 6点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△×× 15点


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年05月05日

NHKマイルC 最終予想

面白いレースだからといって調子に乗ると痛い目にあう。本日のメインは3連敗。なんとかマイルCで挽回せねば。

そのマイルCも現時点で単勝1番人気が6倍台と大混戦。馬券的には面白そうですが当たる気はサッパリ。
こういうレースは当たればでかいんでしょうが、手広く行って外すと痛い。予想も難しいですが、賭け方も難しい。。

難しいを連発してても仕方ないんで、とりあえず過去の傾向です→データ

人気になっているダイレクトキャッチは共同通信杯以来久々の競馬。強い馬だとは思いますが、ここ目標というよりはダービーの叩き台の印象。
賞金微妙なので半端な仕上げではないとは思いますが、いくら中心馬不在とはいえG気呂修鵑覆亡鼎はないと思う。押さえまで△

同じく人気のローレルゲレイロアサクサキングスマイネルシーガル。普通に予想すると重い印を打ちたくなる戦績ですが、前走皐月賞6着以下はあまり好成績ではなく不安アリ。この3頭も押さえまで△

と、いう事で本命は別路線から。府中マイルで重賞勝ちがあり、1800m以上でも好成績を残している牝馬イクスキューズに◎
ハードなローテですが、ここ2戦馬体も増えており疲れは見えず。むしろ体調も良さそうな雰囲気。勝ち切れないところがある馬ですが大崩れもなく3連複の軸に良さそう。

対抗はPO馬ハイソサエティー。芝のマイルは2戦2勝。血統からも府中コースは合うハズ。前走は500万とはいえ休養明けを強い内容。
この面子なら勝負になる!…そう思いたい。○

単穴は前走6着に負けたとはいえ、後方からアガリ最速をマークし1馬身3/4差まで迫ったシャドウストライプ。初芝で重賞初挑戦だった事も考えると上々の内容。巻き返せる能力はある!かも?

押さえはあまり直結しないNZTの勝ち馬ですが内容が良かったトーホウレーサー、それに上記の4頭を押さえて終了。混戦なので手広く手広く。

買い目
◎イクスキューズ○ハイソサエティー▲シャドウストライプ
△ダイレクトキャッチ、ローレルゲレイロ、アサクサキングス、マイネルシーガル
×トーホウレーサー

馬連 ◎−○▲△△△△× 7点

3連複 ◎−○▲△△△△× 21点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△× 36点


本日のプリンシパルSでニュービギニングが終了。もう私のPOGはこの馬しかいない。頑張れ!いや、頑張って下さいハイソサエティー


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年05月04日

京都新聞杯 最終予想

帰って参りました。しっかし暑かった。。GWってこんなに暑かったでしたっけ。これも温暖化の影響なんでしょうか?
お陰でビールがドバドバと喉を通ってしまい予想前なのに既にフラフラ。

こんな状況で当たるのか。
まぁ、真面目に予想してもアレなんで、却って手元が狂っていい結果になるかもしれません。

それではとりあえず過去の傾向です→データ データ

まずマイルCを除外され泣く泣くこっちに回ってきたスズカコーズウェイは消し。やはり距離が長いと思う。この距離でも鞍上込みでそこそこ人気にはなるでしょうし。

データからは前走500万条件の連対馬が好成績。また2200mになってからは複勝圏に入った15頭中14頭が前走2000m以上のレースを走っていた馬。
という事でムーニーバレーRC賞の勝ち馬フェザーケープに◎。正直前走を見る限りそんな強い気はしないんですが、レースセンスは良さそうですしこの相手ならそんな大崩れはしないんじゃないかと。

データ上からは対抗でも良かったマイネルキーロフなんですが、どうも小倉で2回3着に負けて阪神で2連対というのが気になる。軽い馬場は合わないような気も?評価を2枚下げて△。

で。対抗、単穴は毎日杯組からタスカータソルテクレスコワールドを指名。今年から1800mになったのがちょいと気になりますが、2頭とも軽い馬場で500万条件を圧勝。馬場適性に期待デス。
使われてきた距離を考えてタスカータソルテに○。

押さえは京都替りで一変あるかも良血ローズプレステージと前走未勝利戦は減点材料ですが長めの距離を使われてきているマンハッタンスカイ。連闘、距離も微妙と不安アリですが500万勝ち馬フェルヴィードを押さえて終了。

買い目
◎フェザーケープ○タスカータソルテ▲クレスコワールド
△マイネルキーロフ、ローズプレステージ、マンハッタンスカイ、フェルヴィード

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△ 15点


続いて東京、新潟のメインも印だけ。
まずプリンシパルSは当然PO馬ニュービギニングと心中。馬券は頭から行きますが正直2着でもいい。権利を取って!

◎ニュービギニング○ゴールデンダリア▲スクリーンヒーロー
△プラテアード、キングオブチャド

馬単 ◎→○▲△△ 4点

3連単 ◎→○▲△△→○▲△△ 12点


真面目に予想しても当たる気がしない波乱のレース新潟大賞典は新潟記念で2度の3着があるヴィータローザから紐荒れ狙いで総流し。

◎ヴィータローザ○フォルテベリーニ

馬連 ◎−総流し 15点

3連複 ◎○軸で総流し 14点


なんかしら当たりますように。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList