2007年09月

2007年09月30日

スプリンターズS 回顧

流れが変わってきたかな?と思っていたんですけどね…。
不良馬場で大波乱も予想された今年のスプリンターズSですが、終わってみれば3→1→5→4番人気と人気馬が上位を占めました。上位人気で掲示板を外したのは2番人気のスズカフェニックスのみ。即ち私の本命です…orz

もはや当てて流れを変えるなんてカッコイイことは言えません。開催と月がかわって来週こそは!当たるといいなぁ。
それではコテンパンにされたスプリンターズSの予想結果デス。予想

 1着−アストンマーチャン
 2着○サンアディユ
 3着△アイルラヴァゲイン
 4着−キングストレイル
 5着−タマモホットプレイ

 7着△プリサイスマシーン
 8着△クーヴェルチュール
 9着◎スズカフェニックス
11着▲コイウタ

不良馬場での逃げ切り勝ち。まるで3年前のカルストンライトオを観ている様な鮮やかな競馬でした。
馬場悪化で十分再現もあるかな?とは少し思っていたんですが、何といっても3歳牝馬。さすがに直線で止まるだろうと。。
それが直線半ばで勝負を決めていましたからね、もう完敗です。

それにしても何というスタートダッシュの速さ。不良馬場なのを感じさせないテンの3F33秒1という凄まじいスピード。
馬場に関係なく意外と逃げ残りの多いスプリンターズS。もし良馬場だったら一体どんな競馬をしていたのだろうか?
良馬場でもスピードで圧倒する走りが見れたかも??

1番人気に支持されたサンアディユも良馬場で見たかった1頭。重馬場のアイビスSDを勝ち、ダートでも実績のある馬なんでこういう馬場も得意なのかもしれません。ですが前走セントウルSでのパフォーマンスを見ちゃうとやはり良馬場での結果も気になるろころ。

また前残りの馬場を追い込んで4、5着に入った2頭も、もし良馬場だったら!?

天気の話なんで文句を言っても仕方ないのかもしれませんが、9月は雨が多いのも事実。昨年も良馬場とはいえ雨が降っていましたしね。
折角のスピード自慢が揃うスプリント戦。できれば良馬場で観たいモノ。また昔みたいに12月にやって欲しいなぁと思った今年のスプリンターズSでした。

 

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年09月29日

スプリンターズS 最終予想

嫁さんに「雨降ってるよ」と起こされ、ついつい「じゃあ、稍重かな?」と言って怒られてしまいました。運動会は早朝の雨で明日に順延。
明日も予報は怪しい感じ。馬場は大丈夫そうですが、運動会の方はどうなることやら心配です。

明日はできる事を祈りつつ、とりあえずスプリンターズSの最終予想です。過去の傾向はこちらから→データ

前日売りではサンアディユが1番人気なんですね。当日ひっくり返るかもしれませんが、前走二桁人気の馬がまさかここまで人気になるとはビックリ。
あっさり快勝もあっさり大敗もありそうな馬だけに、人気次第ではと思っていたんですがここまで人気だと不安要素(夏場既に3戦消化、あまり好成績とはいえないセントウルSの連対馬)の方が気になります。

一方、内に入ったら割り引く予定だったスズカフェニックスは外枠をゲット。高松宮記念を制し安田記念から直行というローテはトロットスター、アドマイヤマックスが馬券絡みとまずまずの好ステップ(キングヘイローはぶっとびましたが…)。
断然人気かも?と思っていただけにこの人気も美味しい。

という事で◎スズカフェニックス。脚質が脚質なんで頭からは買いづらいですがいつもの脚が使えれば最低複勝圏には突っ込んでくれるハズ。

相手はデータから前走重賞連対馬サンアディユクーヴェルチュールの牝馬2頭と交流重賞ですが一応プリサイスマシーン
G軌奮阿任詫0譯鈎絨焚爾らの巻き返しがあるセントウルSからアイルラヴァゲイン。そして距離短縮、得意の中山替りも見方しそうなG鞠コイウタを単穴で押さえて終了。


買い目
◎スズカフェニックス○サンアディユ▲コイウタ
△アイルラヴァゲイン、プリサイスマシーン、クーヴェルチュール

馬連 ◎○▲BOX ◎−△△△ 6点

3連単1頭軸マルチ ◎−○▲△△△ 60点


ペールギュントキングスストレイルが気になるんですが、買い目の関係で見なかったことにしました。さて。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年09月28日

札幌2歳S、シリウスS 最終予想

G義阿了餠皺圓といいながら、大概資金を大幅に減らすハメになる土曜重賞。よりによって今週は2つも組まれております。
明日の結果次第でスプリンターズSの買い目や掛け金を変更するようなことがないように計画的に遊びたいところ。えらい弱気ですね、私。

それでは札幌2歳Sの予想からです。データ

予想はほぼ週中のまとめどおり。キャリア3戦、OP実績アリのウイントリガーを本命に。また父スターオブコジーンの産駒は函館3歳、京成杯、きさらぎ賞、中日スポーツ賞4歳Sと世代限定戦の芝の重賞で好成績。
大物感ではサブジェクトネオスピリッツに劣るかもしれませんが、完成度と経験のアドバンテージで好勝負できるハズ!

もう1頭のOP勝ち馬ヤマカツオーキッドですが、こちらは前走があまりにも楽な競馬。今回はフルゲートのG掘⇔石に楽な流れにはならないはず。割り引いて押さえまで。
という事で対抗、単穴は大物感抜群の上記の2頭。キャリア1戦を割り引いてネオスピリッツの方を上に。

その他の押さえは札幌1800m経験を重視してマイネルスターリーグラーフヤマニンキングリー

買い目
◎ウイントリガー○ネオスピリッツ▲サブジェクト
△ヤマカツオーキッド、マイネルスターリー
×グラーフ、ヤマニンキングリー

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連単 ◎○軸で相手▲△△×× 30点


続いては週中全く事前予想をしていませんがシリウスS。といっても今年から2000mになったんで過去の傾向なんかそもそもナシ。直感だけで勝負!

何といっても最大のポイントは10ヶ月振りで出走するアロンダイトの取捨。ここも勝って6連勝で秋のG祇鐇へ〜なんて事になれば夢が広がるんでしょうけど、実際馬券を買うとなると…。
ここは明らかに叩き台。大型馬ですし1回使ってからじゃないかと。おまけにハンデも59キロ、人気にもなるでしょうしね。ここは思い切って無印。

アロンダイトに被る事を期待して2番手以下の馬のBOX買いで。
形式的な本命は重賞実績を考慮してタガノゲルニカ。対抗に3歳馬ながら1600万まで連勝してきた素質馬ドラゴンファイヤー

買い目
◎タガノゲルニカ○ドラゴンファイヤー
△ツムジカゼ、ワンダースピード、ラッキーブレイク

馬連5頭BOX ◎○△△△ 10点

3連複5頭BOX ◎○△△△BOX 10点


明日は子供の運動会なのでレースをリアルタイムで観れるかちょっと微妙。スプリンターズSの予想も少し遅れるかもです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年09月27日

札幌2歳S 出世レースを制するのは誰?

ある意味このレース最大の注目だったエアグルーヴの娘ポルトフィーノが右でん部筋痛で回避。がっかり感は否めませんが、ただそれでも例年同様なかなかの好面子が集まりました。
前走コスモス賞勝ちのヤマカツスズランの娘ヤマカツオーキッド、クローバー賞を迫力ある末脚で制したウイントリガーといったOP実績のある馬に加えシンボリクリスエス産駒の大物候補ネオスピリッツ。そして1戦1勝ながらデビュー戦で素晴らしいパフォーマンスをみせたサブジェクト

ここで好走すれば暮れは勿論来年のG気任盂萍できるかも!?の出世レースだけに指名馬が出走するPOさんにとってはスプリンターズS以上に楽しみかもしれませんね。
ちなみに私のPO馬ランチボックスは除外されました…orz

それでは過去10年の傾向デス。

上位人気の成績
1番人気
1、6、5、3、1、3、6、2、1、1
2番人気
7、4、10、5、7、1、3、11、6、
3番人気
6、9、3、6、5、2、4、9、9、9着
4番人気
9、3、4、2、3、5、9、6、3、

1番人気が4勝、複勝率7割と好成績も、2〜4番人気は合わせて3連対と不振。1番人気が絡んでも紐荒れ、1番人気が飛んだ年は8番人気以下同士での馬連決着と波乱傾向。思い切って大穴を狙うのもいいかもしれません。

人気とキャリア
1〜4番人気の前走OP、重賞、500万下1着馬
1、7、3、6、3、3、5、1、3、3、6、9、11、1、3、1、3
1〜4番人気の前走OP、重賞、500万下で2着以下
9、5、10、7、5着
1〜4番人気の前走未勝利(2回目の新馬)戦1着馬
6、9、4、2、6、3、5、2、4、9、2、6、9着
1〜4番人気のキャリア1戦の馬

4、1、6、9、4着

人気馬不振の傾向ですが、ある程度実績のある馬ならまずまず信用できる。3着が多いんですけどね。。
また連対馬20頭中17頭が前走1着ということで底を見せていない馬、上り調子の馬が狙い目。OPで勝ってきた馬、余裕残しの新馬では負けたものの2戦目、3戦目で強い勝ち方をした馬を狙いたいところです。
キャリア1戦の馬は苦戦傾向にみえますが5番人気以下の馬を含めると5連対しています。
5番人気以下のキャリア1戦の馬
5、11、13、1、11、2、9、2、5、10、13、8、14、7、11、12、2、5、7、8着

キャリア重視といってもバッサリ行くのは危険かも。

札幌のOP実績
コスモス賞1着馬
1、6、3、9、2、1
コスモス賞2着馬
5、9、6、7、5、
クローバー賞1着馬
7、12、1、3、6、11、1、3
クローバー賞2着馬
1、1、3、10、12着

OP実績があるからといって圧倒的に好成績じゃないのが怖いところ。年によってOPのレースレベルに差があるためだと思われます。強い相手に強い勝ち方をしたかが取捨のポイントですが、そんな判断できれば苦労はしません。難しいところです。
ちなみにクローバー賞の2着馬が好成績ですが馬券に絡んだ3頭中2頭は次走コスモス賞1着馬、残りの1頭は函館3歳S優勝馬です。
今年は出走しないので関係ありませんけど・・・

今日のまとめ
話題のサブジェクトですが例えこの中で1番強いとしてもキャリア1戦はマイナス材料。ここは1枚割り引いて考えたい。2年前マツリダゴッホで痛い目にあってますしね…。
という事で素直にOP実績のある馬から狙う予定。6頭立てのコスモス賞をドスローに落として逃げ切ったヤマカツオーキッドより好位から鋭い脚の使えるウイントリガーが現時点での本命候補。地味目の血統なので実績ほど人気にならなさそうですし。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 20:38|この記事のURLComments(2)TrackBack(5)

2007年09月26日

スプリンターズS 過去の傾向から

昨年のスプリンターズSを観たという記憶が殆どない。なんでだろうと思ったら昨年はディープインパクトの凱旋門賞で影が薄かったんですね。。おまけに馬券も外してるしそりゃ印象も薄いハズです。

今年は昨年の分まで記憶に残るレースになって欲しいところ。できれば大きく儲けて美味いもんでも食べて、記憶をなくさない程度に飲んで。

混戦模様で難しいレースですが秋のG欺蘋錙5す腓い鯑れて過去の傾向から。参考データは現在の開催時期になってからの過去7年。新潟開催を除いた6回分です。

上位人気の成績()は外国馬です
1番人気
2、10、2、9、(
2番人気
3、3、3、2、2、
3番人気
11、2、4、7、3、4)
4番人気
5、1、5、11、9、(7)着

最低人気ダイタクヤマトの逃げ切り、昨年2、3着馬に二桁人気が突っ込んだため荒れるイメージもあるレースですが、何気に1〜3番人気の総崩れはなく何かしらが毎年連対。軸は上位3番人気からがいいかもしれません。

実績から
同年の高松宮記念連対馬の成績
7、1、2、9、2、3、5、
同年セントウルS連対馬の成績()内は昨年のセントウルSで中京開催
11、3、12、3、5、2、11、6、7、(8、)着
同年セントウルS3〜5着馬の成績
12、5、1、3、9、4、13、5着
同年函館SS連対馬の成績
10、1、2、2、6、7、12、11、8着
同年アイビスSD連対馬の成績
2、4、8、1、15着

春のスプリントG宜眈承楜念連対馬は複勝率50%で2頭に1頭は飛ぶ計算。春秋スプリントG杵覇をしたのはトロットスターのみ。
ただトロットスター、アドマイヤコジーン(こちらは新潟開催なのでデータ参考外ですが)、デュランダル、アドマイヤマックスは休養明けからの馬券絡みと春のG気ら直行した馬の好走が目立ちます。スズカフェニックスが一叩きしてないのはデータからは不安材料ではなく買い材料かも?

サマースプリントシーリーズの新設により夏場の重賞が増えましたが、他はサンプル数少ないので参考データはこの3重賞で。ただ特に相性の良いレースはないようです。注意したいのはセントウルS連対馬は阪神−中山開催では1連対しかしていないという事。それもG毅仮’魯咼蝓璽瑤裡加紂
阪神コースが新しくなる前の成績なので、あまり参考にはならないかもしれませんが、あまり結果がリンクしないレースのようです。

その他
前走成績はG気セントウルS以外の馬は全部連対。つまり前走3着以下で狙えるのはセントウルSとG欺仭馬のみです。今までは。
また連対馬12頭中11頭が前走か前々走で重賞連対経験アリ(残りの1頭デュランダルはセントウルS3着)。前2走とも馬券に絡めていない馬は軽視。

今日のまとめ
休養明けのG鞠スズカフェニックスより前走あまりにも強かったサンアディユを狙おうと思っていたんですが、データからはむしろスズカフェニックスの方が良さそう。。
サンアディユの方は夏場3戦しているのも気になる。う〜ん。
レースを観た直感か、それとも過去の傾向を信じるべきか?現時点ではこの2頭のどちらかから行くつもり。
相手は前2走のどちらかで重賞連対している馬を中心に混戦なので手広く行くつもりデス。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年09月25日

新馬レビュー デジタル産駒エイムアットビップがレコード勝ち!

土曜の阪神未勝利芝1200m戦でアグネスデジタル産駒のエイムアットビップが圧倒的なスピードを見せ付け大勝。それも、後続を突き放していたため最後は一杯に追っていないものの1分8秒6というレコードタイムでの勝利。
調べて貰えるとわかりますが、これ阪神の2歳、3歳戦ではとんでもなく速い。実際先週の古馬500万の勝ちタイムが1分8秒7、1000万下仲秋特別が1分8秒4。数字だけでみれば既に十分古馬ともやれるレベル。

ここまで絶賛しといてアレですが、まぁ時計って案外アテにならないもんなんですよね。ただ、次走も楽しみな馬が勝ち上がるのは嬉しいもんです。
今回見せた時計通りの強さをOP、重賞でも見せることができるのか?大注目デス。


4回中山5日(9月22日)5R 新馬(牝馬) 芝1600
デラックスヴィラ・・・★★★
アドマイヤボス産駒。道中は中団前目の内を追走、4コーナーでも内を回し直線に入りましたが前が壁のため一気に外へ進路変更。外に出した分追いつかないかと思われましたが末脚は強烈でゴール前でクビ差捕らえた。外から差してよく伸びていた2着馬を更に外から差し切るのだから末脚はかなりのもんじゃないかと。

4回阪神5日(9月22日)5R 新馬 芝1200
ラベ・・・★★★
ダンスインザダーク産駒で母父Miswaki。外枠から好スタートを切ると楽に2番手を追走。4コーナーで前に並びかけ直線で先頭に立つと余裕たっぷりと後続を突き放しスピードの違いを見せ付けた。スピード感からも母系が強く出ているようで早熟のスプリンターの印象。母、叔母と2歳の早い時期に終了しているのが気掛かり…

4回中山6日(9月23日)5R 新馬 ダ1200
レッドターキー・・・★★★
母父SSのトワイニング産駒。好スタート、好ダッシュから2番手を併走するような形で追走していましたがスピードの絶対値が違うようで3〜4コーナーで無理せず先頭に立つ。直線では楽に先行馬を突き放し差して来た2着馬も差を詰める事ができず。抜群のスピードで押し切った。短距離なら芝でも面白そう。

4回中山6日(9月23日)6R 新馬 芝1800
サトノハピネス・・・★★
アグネスタキオン産駒で母父Deputy Minister。1000m通過64秒6のSペースを5、6番手の外から先行。4コーナーで並びかけに行き6頭一団となって直線へ。パワフルな末脚でジワリジワリと伸び抜け出すとゴール前で追い込んできた2着馬の追撃をハナ差凌いでの勝利。緩いペースの割にはあまり切れなかったイメージ。

4回阪神6日(9月23日)4R 新馬 ダ1400
タイセイフレイヤ・・・★★
Tale of the Cat産駒。道中は4、5番手を追走。ゆったりとした流れで直線では先行3頭の瞬発力勝負に。直線半ばまで続いた2着馬との追い比べも余裕を持って制し最後は押さえて1馬身1/4差。断然人気にきっちりと応えた。血統通りダートの短距離で活躍できそうな雰囲気。

4回阪神6日(9月23日)5R 新馬 芝1800
フローテーション・・・★★★★
全兄にダイイチアトム、叔母にサイレントハピネス、スティンガーがいる血統。道中はドスローな流れを3、4番手の外で待機。直線では当然の如く瞬発力勝負に。追われてから伸びるまで時間が掛かり、一瞬差されるのかとも思いましたが直線半ばでグンっと加速。結局余裕を持って追撃を退けた。

4回中山5日(9月22日)2R 未勝利 芝1800
マイネルフェスタ・・・★★★★
スターオブコジーン産駒。道中は1番人気スパークキャンドルをマークするように中団やや後ろの内を追走。3コーナーで連れて上がっていくと、直線で内を突き狭い2頭の間を割って伸びてきた。マークしていた2着馬をキッチリ交わすなど末脚も上々で狭いところを突ける根性もなかなか。OPでも楽しみ。

4回阪神5日(9月22日)1R 未勝利(牝馬) 芝1200
エイムアットビップ・・・★★★★★
アグネスデジタル産駒で母父トニービン。スタート直後は控えるような素振りもみせましたが、スピードが違いすぎたのか楽〜に3コーナー手前で先頭に。終始余裕の手応えのまま後続を引っ張ると直線では殆ど追わずに6馬身も突き放し、おまけにレコードまで出す大楽勝。これは相当な器かと。

4回阪神5日(9月22日)2R 未勝利 芝1600
インステップキック・・・★★
好スタートから楽にハナへ。道中はゆったりとしたペースに落としてのマイペースの逃げ。直線に入っても暫く並びかけられない恵まれた展開で、最後は一杯になりながらもそのリードを守り切った。道中の手応えほどは伸びなかった印象ですが最後まで抜かさせないしぶとさい走りでした。

2回札幌5日(9月22日)1R 未勝利 芝1800
ショウサンマグナ・・・★★
今回はハナを切る競馬。緩い流れに持ち込み直線まで脚を温存する理想的な展開。時計の掛かる馬場も向いているようで、直線では力強く伸び逆に後続を2馬身突き放しての勝利。父フジキセキ、母父モガミとダートでも走りそうな血統でこういう馬場も向いていた模様。

4回中山6日(9月23日)1R 未勝利 芝1600
ニシノガーランド・・・★★★
道中は控えて後方の内で待機。4コーナーから直線手前にかけて徐々に外に持ち出すと、直線では馬群の中から一気の末脚。余裕をもって先行勢を交わし去った。前が残る今の中山、実際2〜4着を先行馬が占める流れを後方から差し切るのだから大したもの。

4回中山6日(9月23日)2R 未勝利(牝馬) 芝1200
チョコクランチ・・・★★
好ダッシュからスーッとハナへ。スピードを生かした逃げで引っ張り1馬身ほどのリードを取って直線へ。ややペースが速かったのか、最後は一杯気味になりましたがしぶとく粘りこみ何とかハナ差で押し切った。母父バクシンオーのスペシャルウィーク産駒と珍しい配合、短距離が向いていそうです。

4回阪神6日(9月23日)2R 未勝利 芝1200
コスモジャイロ・・・★★
外からスーッとハナへ。他に行きたがる馬もおらず1200mなのに道中1、2馬身のリードをもらえる楽な展開。実際ペースも緩くしっかりと脚を温存すると、直線ではあっさり後続を突き放した。かなり恵まれた展開でしたが、何だかんだでアガリは最速。好内容だったことは確か、ただ次走人気になるなら…

2回札幌6日(9月23日)1R 未勝利 芝1200
ナンヨーリバー・・・★★
母父SSのスキャン産駒で叔父にオフサイドトラップがいる血統。追っ付けて先行3番手の位置取り。3〜4コーナーで前2頭に外から並びかけ3頭横一線で直戦へ。追ってバテない感じの力強い伸び脚で先行馬との争いから抜け出し、最後は余裕を持って2着馬の追撃も退けた。速い時計に対応できれば上のクラスでも。

2回札幌6日(9月23日)2R 未勝利 芝1500
ウインギガシャトル・・・★★★★
人気を分けた2着馬と終始一騎打ちの競馬。スタート後、先手を切ったマルカベストに外から並びかけ2頭で併走しながらの逃げ、速いペースでレースを引っ張る。直線では3着以下を大きく引き離しての叩き合い。ヨレながらもゴールまできっちりと伸びてしぶとく粘る相手を捻じ伏せた。スピードも感あり、走りもパワフル。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年09月23日

神戸新聞杯、オールカマー 回顧

まずは神戸新聞杯の予想結果です。予想

 1着△ドリームジャーニー
 2着△アサクサキングス
 3着▲ヴィクトリー
 4着△ホクトスルタン
 5着×トーセンマーチ

 7着△ヒラボクロイヤル
 8着△マンハッタンスカイ
 9着×マルモコウテイ
11着◎アドマイヤミリオン
12着△フサイチホウオー
14着○マイネルキーロフ

馬券の方は見てのとおりなので触れずに…。特にタラレバもございません。こういう無茶な買い方をしたくなるような上位人気馬の前走だった訳ですが、結果はダービー掲示板組の2頭でワンツー。そして3着に皐月賞馬が入るという無難な決着でした。

ただ、このままこの結果が菊に繋がるか?といえば、そうも思えない結果。実際今回勝ったドリームジャーニーは皐月賞、ダービーでは8、5着とクラシックで2回とも馬券に絡めてませんし、やはり本質的にはマイルが合ってる気も!?
2着のアサクサキングスは今回控える競馬で結果を出しましたが、こちらは不安定なタイプで大敗も考えられる。
皐月賞馬ヴィクトリーは掛かりながらも控える競馬で3着とポテンシャルの高さを見せ付けましたが、更に距離伸びる本番ではやはり気性がネック。

そして1番人気のフサイチホウオーはいいとこなく凡走。こちらの敗因は距離でしょうか?出てきたとしても本番での巻き返しは…。オールカマーではサンツェッペリンも沈みましたしね…。

TRが終わっても全く中心馬が見えてこない菊花賞。今日の1、3着馬とセントライト記念優勝馬ロックドゥカンブが人気になるのでしょうが、他馬が付け入る隙は十分にありそう。
久しぶりにヘヴィーステイヤーの1発に期待したくなるのは歳の所為でしょうか?

出走できる事を祈ってますよホクトスルタン

続いてオールカマー

 1着○マツリダゴッホ
 2着△シルクネクサス
 3着−エリモハリアー
 4着−チェストウイング
 5着◎ダイイチアトム

 6着×ネヴァブション
 9着▲サンツェッペリン
11着×ダークメッセージ

一応、こちらはBOXで購入していたので馬連は的中。まぁ余裕でマイナスですけどこれで少し流れが変われば。
夏場の重賞を使っていた馬を中心にという予想方針も当たっていましたし、◎ダイイチアトムは勝ちに行く競馬をしての5着。満足です。
PATの残金さえ見なければ…

それにしてもマツリダゴッホは中山強いですねぇ。距離的にというか気性的に天皇賞が狙い目かなと思っていたんですが、これだけ中山で強いと逆に不安になります。
案外天皇賞を穴人気でコケて、有馬記念でビックリ!!なんて事もあるかも!?

ここ数年オールカマーを勝った馬が秋のG気鮠,弔海箸ありませんが、ちょっと期待したくなる内容でした。


とりあえず3歳G気離好謄奪廛譟璽垢盻わり来週にはいよいよ秋のG気開幕。3日には交流重賞も復帰ということで、益々楽しくなる秋競馬。
資金繰りが大変ですが楽しんで行きましょう!


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年09月22日

神戸新聞杯、オールカマー 最終予想

まずは菊花賞TR神戸新聞杯の予想です。
過去の傾向はこちらから→データ

どうもこうもさっぱりわからない。現時点での前売り1〜3番人気はフサイチホウオーヴィクトリードリームジャーニーですが、3頭ともダービーの結果を見る限りまとめて飛んでもおかしくない気はする。
データからも不安あり、おまけに今年から神戸新聞杯も2400mですし。。

ダービー馬不在、2着馬も前走大敗という今年の面子なら他のTR同様、古馬1000万連対組でも十分勝負になるハズ。
という事で、夏の上り馬から少額で手広く流してみます。

で。その本命はアドマイヤミリオン。1000万条件を昇級初戦、しかも初芝でクリア。いくら少頭数だったとはいえ3歳馬が古馬相手の1000mをこの厳しい条件で勝つのだから素晴らしい。1800mまでしか経験がありませんが、叔母はオークス馬のシルクプリマドンナですから母系から2400mはなんとかなるハズ。
まぁ何といっても1番の魅力は現時点での単勝オッズですが…。

対抗にも前走古馬相手の1000万クラスを勝っているマイネルキーロフ。こちらは3ヶ月休養明けをキッチリ勝利。1度使われての更なる上積みに期待。

押さえは一応人気馬も含めて手広く。いくら不安要素ありといっても3、4頭もまとめて飛ぶなんてことはないと思うので…

買い目
◎アドマイヤミリオン○マイネルキーロフ▲ヴィクトリー
△フサイチホウオー、アサクサキングス、マンハッタンスカイ、ホクトスルタン、ドリームジャーニー、ヒラボクロイヤル
×マルモコウテイ、トーセンマーチ

馬連 ◎−○▲△△△△△△×× 10点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△△△×× 45点

これだけ流せば縦目にはなるかな…


続いてこちらも超難解オールカマー
過去の傾向はこちらです→データ

休養明けに古馬G汽譽戰襪稜呂不在。ならば傾向通り夏場の重賞を使ってきた馬中心に勝負!といっても夏使ってきた馬に前走馬券に絡んでいる馬がいないんで半信半疑ではありますが…

◎はダイイチアトム。好ステップ新潟記念の4着馬。4着というのが微妙な着順ではありますが前走1000万下からの重賞初挑戦という事を考えれば上出来かも。

○に札幌記念で一叩きされたマツリダゴッホ。中山も3勝と得意の舞台。真面目に走ればアッサリ。

▲には休養明け組から唯一前走G気之納板確保のサンツェッペリン。人気だと何故だか買いづらい馬ですが実績は今年の3歳牡馬の中でもトップクラス。人気でも買います。

押さえにデータから札幌記念掲示板のシルクネクサス、休養明けは割引きも実績を考慮してネヴァブションダークメッセージの1枠2頭。

買い目
◎ダイイチアトム○マツリダゴッホ▲サンツェッペリン
△シルクネクサス×ネヴァブション、ダークメッセージ

馬連 ◎○▲△BOX ◎−×× 8点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△×× 24点



競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList