2007年10月

2007年10月14日

秋華賞 回顧

う〜ん。とりあえず予想結果からです。予想

 1着○ダイワスカーレット
 2着−レインダンス
 3着−ウオッカ
 4着◎ベッラレイア
 5着×ラブカーナ

 6着×カレンナサクラ
10着△ローブデコルテ
11着△アルコセニョーラ
14着△ピンクカメオ
16着△タガノプルミエール

楽しみにしていた秋華賞が終わりました。結果はダイワスカーレットの圧勝!
馬券は外れました。だからという訳ではありませんが、個人的にはちょっと不満足な結果。

勝ったダイワスカーレットは今回2番手からの競馬。逃げたヒシアスペンが踏んだペースは1000m通過59秒2。これは過去10年の秋華賞では5番目に速いペース・・・つまり秋華賞では普通の流れ。
だが、しかし何故か3番手以下が付いていかずに縦長の展開に。この縦長の展開になったことでダイワスカーレットは勝負どころの2Fで13.6 − 12.4とペースを落とせました。
前半1000m通過がそこそこ速く、レースのアガリ33秒9と過去最速を叩き出したにもかかわらず1分59秒1とごく平凡な時計になったのはこのため。

恐らくもっと速いペースでも止まんない馬、これだと止まる訳がない。

まぁ、他の馬に鈴をつけに行け!というのも酷な話で、今回負かしに行かなくちゃいけなかった馬はウオッカベッラレイアの2頭。
しかしながらウオッカは後方で自分の競馬に専念する、まさに叩き台のような競馬。酷い言い方かもしれませんが、無理せず回ってきただけのようにも見えました。一方のベッラレイアは完全にHペースを見込んでの決め打ちで後方待機。

まぁウオッカにとっての本番は次かその次だと思うのでわかる気もします。ベッラレイアも強敵2頭を負かすための極端な競馬。それも仕方ないんだと思います。
ただ3強と盛り上がったのに、3頭とも1回も馬体を併せることなく終わったのは寂しい。。
力と力のぶつかり合いというよりも、鞍上の駆け引きや陣営の思惑で結果が決まってしまったような感じでしょうか。

もしウオッカが一叩きされて万全だったら?ベッラレイアがもう少し前の位置取りだったら?
次の再戦がいつになるのかはわかりませんが、次回はこうタラレバがいえないくらいの真っ向勝負がみてみたいなと思いました。

それにしてもダイワスカーレット。この馬オークス前に体調を崩さなければ牝馬3冠だったのかしら。。
マタマタタラレバですが、今更オークスを走ってたら何着だったのか?とてつもなく知りたい!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年10月13日

秋華賞 最終予想

さて待ちに待った秋華賞です。ゲートが開くまでわかりませんが、いよいよ3頭揃っての出走が実現しそう!
前日人気も予想どおり3頭が抜けた人気に。今回の結果でどの馬が1番強いのかを決めるのは尚早だと思いますが、重要なファクターになるのは確か。

予想も結果もレース内容も楽しみな今年の秋華賞。存分に楽しもうと思います。それでは過去の傾向です→データ

週中のまとめで好きな馬から買いましょかーと書いたとおり、◎はベッラレイア。ただ本命理由は好きな馬だけって訳ではなくデータ的な裏づけもバッチリ。
オークスで掲示板、秋華賞で3着以内と、両レースとも好走した馬の成績は3−1−2−2で6着以下ナシ。
前走よりはダイワスカーレットへのマークもきつくなるハズで展開的にもこの馬に味方しそうな気配。父同様、淀の舞台で念願のG祇覇を期待!

対抗は前走そのベッラレイアを完封しているダイワスカーレット。桜花賞3着以内でローズSも3着以内だった馬は1−3−0−1とこの馬もデータ面での裏づけあり。マークはきつくなりそうですが、厳しいペースを先行し長くいい脚を使うのがこの兄妹のいいところ。大崩れは考えづらい。

この2頭の3連単2頭軸を中心に勝負!

紐はダイワスカーレットが他の先行馬を全部潰してくれることを祈って、差し、追い込み馬中心にピンクカメオアルコセニョーラタガノプルミエールローブデコルテラブカーナカレンナサクラ

いくら休み明けでも消せない馬ウオッカですが、この2頭からこんなに買ったら買いたくても買えん。
この馬にとっての“本番”は恐らく次走以降。ここは叩き台と強引に自分を納得させての切り。来たら来たで天晴れ!素直に強さを讃えます。

買い目
◎ベッラレイア○ダイワスカーレット
△ピンクカメオ、アルコセニョーラ、タガノプルミエール、ローブデコルテ
×ラブカーナ、カレンナサクラ

馬単 ◎→○

馬連 ◎−○△△△△×× 7点

3連単 ◎→○→△△△△×× 6点

カッコ悪いけど一応押さえで3連複も ◎○軸で△△△△×× 6点


続いて東京メイン府中牝馬Sも簡単に。
過去の傾向はこちらから→データ

例年堅い傾向。G気離好謄奪廚蕕靴、実績馬が揃った今年も順当な決着になりそうな予感。

◎はアサヒライジング。開幕2週目でまだまだ前が止まらない馬場、普通に走れば普通に馬券に絡むハズ。本当は元PO馬のあの馬を本命にしたいところですが、心を鬼にしてこちらから。

○にその元PO馬アドマイヤキッス。ただ何か今回も4着あたりにいそうな予感が・・・

▲に夏場一叩きされた昨年の勝ち馬デアリングハート。△にディアデラノビアヤマニンアラバスタを押さえて終了。上り馬はあえて無視。重賞実績馬を中心に勝負!

買い目
◎アサヒライジング○アドマイヤキッス▲デアリングハート
△ディアデラノビア、ヤマニンアラバスタ

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連単 ◎→○▲△△→○▲△△ 12点


それでは秋華賞楽しみましょう!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年10月12日

デイリー杯2歳S 最終予想

土曜メイン、デイリー杯2歳Sの予想です。過去の傾向はこちらから→データ

データからの好相性馬は前走重賞好走のマルブツイースターシャランジュ。前走OP特別勝ちオースミマーシャル。そして4番人気以内に支持されるようならキャリア1戦でもツルマルストーム
非常に難解な今年の面子ですが、きっとこの4頭の中に連対馬がいるハズ!勘ですけどね。。
いると勝手に決め付けてこの中から本命を選びたいと思います。

まずマルブツイースター。サクラバクシンオー産駒らしく、かなりスピードがあるタイプの馬で距離延長が微妙。押さえまで。
次にツルマルストーム。軸にしたら5番人気でした。。なんてことがありそうで怖い。データからは5番人気以下のキャリア1戦の馬は不振。こちらも押さえまで。

という事で本命は実績、距離経験を重視してシャランジュ。今回も後方から行くと思われますが頭数が少ない分前走より競馬もしやすいハズ。直線は短くなりますが、京都の外回りなら十分差せる。時計の裏づけもあり、京都コースも合いそう。

対抗にオースミマーシャル。前走レコード勝ち、少頭数とはいえ厳しい流れで好内容の競馬。スローの瞬発力勝負になると厳しいかもしれませんが、流れが速くなればチャンス十分。

単穴は距離短縮、京都替りも魅力なキャプテントゥーレ

押さえは上記2頭の他に未勝利戦とはいえ末脚強烈だったマリエンベルクと巻き返し期待のタケミカヅチウイントリガーまで。手広く行っても混戦だしある程度つくんじゃないかと妄想。

買い目
◎シャランジュ○オースミマーシャル▲キャプテントゥーレ
△マルブツイースター、ツルマルストーム
×マリエンベルク、タケミカヅチ、ウイントリガー

馬連 ◎−○▲△△(×××) 7点(オッズ次第で4点)

3連複1頭軸 ◎−○▲△△××× 21点


少しでもいいので資金が増えますように!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年10月11日

府中牝馬S 過去の傾向から

続いて日曜東京メイン府中牝馬Sの過去の傾向です。G鞠呂僚仭こそないもののアサヒライジングアドマイヤキッスデアリングハートディアデラノビアとG気離好謄奪廛譟璽垢蕕靴なかなか楽しみな面子が揃いました。

ただこの4頭。どの馬も勝ち切れない印象があるんですよね…。もしかしたら先週に引き続きビックリな馬が頭でくることもあるかも!?

それでは、早速。参考データは過去10年、中山開催を除いた9回分です。

上位人気の成績
1番人気
1、1、2、1、7、1、3、1、3
2番人気
4、5、6、3、2、4、5、8、
3番人気
8、2、1、6、5、2、2、7、7着
4番人気
5、3、4、11、10、9、6、3、2
5番人気
2、8、3、10、1、3、1、17、9着

1番人気が複勝圏から飛んだのは1回のみで連対馬18頭中16頭、3着以内に入った27頭中23頭が5番人気以内。
馬券に絡んだ最低人気は7番人気と非常に堅いレース。馬連なら3番人気以内を軸に、3連複、単なら+5番人気以内のもう1頭で2頭軸。相手も絞って買いたいところ。

前走から
前走G欺仭馬
1、11、17、15着
G供■猫靴馬対していた馬
1、3、4、8、5、1、3、6、7、1、2、1、2、5、14、1、7、12、1、2、7、9
G供■猫靴韮魁腺誼綰
2、5、6、14、10、5、9、10、4、9、11、7、14、16、3、3、12
G供■猫靴韮驚絨焚
5、11、7、8、9、11、1、3、7、9、11、8、12、2、6、8、3、7、8、10、13、3、6、8、2、5、6、8、4、8、10、13、14着
OP特別で3着以内に好走
2、1、4、4着

G気離好謄奪廚蕕靴連対馬18頭中17頭が前走OP、重賞に出走。前走条件戦を使った上り馬には基本厳しい舞台。
…なんですが、何せ先週の毎日王冠があの結果。。流れに乗って今週は押さえておくべきか!?

今日のまとめ
先週のチョウサンのお陰ですっかり半信半疑でしたが多分今年も堅いハズ。毎日王冠と違い実績馬の殆どが夏場に一回叩いてますしね。
ここは人気でもクイーンSを叩いたG宜チ実績のあるアサヒライジングアドマイヤキッスデアリングハートの3頭を中心に。勝ち切れないイメージと言ってもよくよく考えれば昨年はそんなデアリングハートがキッチリ勝った舞台。
G靴覆蕕っと大丈夫!絞りに絞ってガッチガッチの馬券を買いマス!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


デイリー杯2歳S 過去の傾向から

世代初のG鏡錣覆鵑任垢、過去10年の連対馬にクラシックホースなし、2歳チャンピオンすら輩出していないという非出世レース。今年もやや小粒な印象ではあります。

ただ小倉2歳Sの覇者マルブツイースターやアルーリングアクトの息子で前走OP勝ちのオースミマーシャル、デビュー戦好内容のシンボリクルスエス産駒ツルマルストーム、距離短縮で変り身ありそうな評判馬キャプテントゥーレ。そして前走で期待を裏切ったウイントリガータケミカヅチの巻き返しなど見所は十分。そして馬券的にも混戦模様で面白そう!当たる気しないけど。。

まぁでも当たったら大きい!かも?日曜の大一番にドッカンと賭けるためにも是非当てたいところ。
とりあえず、そんなデイリー杯2歳Sの過去10年の傾向からです

上位人気の成績
1番人気
2、1、8、1、3、1、1、4、1、1
2番人気
3、11、2、2、13、2、2、5、4、
3番人気
9、3、3、5、2、6、3、2、2、
4番人気
6、2、4、11、14、9、9、8、3、5着

1番人気が6勝と強い!また1番人気が勝った年の2着馬は4、2、2、2、3、2番人気と堅い決着。
逆に1番人気が負けた年の勝ち馬は9、6、8、9番人気と人気薄。まぁそれでも相手は1、2、3、3番人気と人気どころなのでそんなには大きくは荒れないレースです。1番人気断然だと思ったら相手も人気どころで。ちょっと怪しいなと思ったら3番人気以内の馬から人気薄を狙うのがいいかもしれません。

前走成績から
重賞で3着以内
2、3、4、11、2、11、13、3、5、6、11、1、5、
重賞で4着以下
4、13、2、6、5、5、4、11、7、5、6、3、
OP特別1着馬の成績
6、1、2、3、4、3、1、4、
OP特別で負けていた馬
1、5、9、11、12、3、5、8、6、7、9、10、11、4、12、13、2、7、8、8、12、4、8、7、9、10、6、10、12、7、8、9、10、6、8、10着

特にOP実績のいらないレースですが、既に重賞、OPを使っている馬に関してはある程度の着順にいないと厳しい模様。
チョロチョロと巻き返しはあるので、ノーマークにもしづらいですが紐に加える程度がいいかも。

1〜4番人気までのキャリア1戦の馬
8、2、2、3、2、1、2、4、7着
5番人気以下のキャリア1戦馬
7、9、12、10、15、6、9、12着
未勝利戦(2、3回目の新馬戦)で1着
8、7、7、10、3、6、7、8、9、14、1、5、6、10、11、16、7、9、10、13、4、5、8、1、3、8、11、3、5、9、11、13

続いて前走で勝ち上がったばかりの馬。特にキャリア1戦の馬はここ5年で5連対(ワンツーもアリ)と好調。
ただ馬券に絡んでいるのはここでも人気になっている馬ばかり。馬券的な妙味は薄いのが残念。

今日のまとめ
前走データからは重賞で好走しているマルブツイースターシャランジュ。そして前走OP勝ちのオースミマーシャル。4番人気以内に入るようならツルマルストームの4頭が注目馬。
ただ、今年は何が1番人気になるかもわからない混戦。波乱も十分ありえそう。何が人気で何を軸にするかにもよりますが、手広く流してみようかと思ってます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年10月10日

秋華賞 好きな馬から買いましょうか。

過去最強ともいえるメンバーが集まった今年の秋華賞。このレースを春先から楽しみにしていた方は多いんじゃないでしょうか?私もそのひとり。

何強?っていったらいいのやらの豪華な面子ですが、何といっても注目はウオッカダイワスカーレットの再戦。そしてローズSで負かされたベッラレイアのリベンジ!
こういうレースは好きな馬から買って楽しむのが1番!

なのかもしれませんが、一応相手のこともあるので過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
1、3、13、10、1、1、2、4、2、
2番人気
2、1、3、4、2、18、1、1、1、1
3番人気
8、7、5、11、3、2、4、6、12、6着
4番人気
5、8、4、18、6、8、9、5、8、
5番人気
4、16、6、3、12、7、17、2、3、2

過去10年で二桁人気が2勝、その時連れて来た相手が10、7番人気と荒れるイメージが強いんですが、残りの8年は1、2番人気のどちらかが勝っています。2着馬も10頭中7頭が5番人気以内と意外と堅いレース。
ただ3、4番人気が不振傾向で4番人気に至っては過去10年連対なし。軸は人気の馬から、紐荒れも狙いつつという感じがいいのかな?

オークス
オークス連対馬の成績
1、18、7、3、4、13、10、4、3、2、8、1、13、1、1、1、3
オークス3〜5着馬の成績
12、4、1、8、5、5、1、4、6、10、18、3、5、4、2、7、2、4、11着
オークスから直行した馬の成績
7、7、4、15、18、7、1、9、8、14、13、13、15、1、17
オークスで掲示板に載り、ローズSで3着以内の馬
1、5、2、3、1、1、3、

桜花賞
桜花賞連対馬の成績
2、1、1、5、4、1、6、11、1、4、14、2、6、4着
桜花賞3着以内でローズSも3着以内だった馬
2、1、5、2、

今日のまとめ
春の実績馬がローズSで好走した場合は本番でも大崩れが少ない。オークスなら5着以内、桜花賞なら3着以内が目安。今年これに該当するのがダイワスカーレットベッラレイアの2頭。
宝塚以来になるダービー馬ウオッカやオークスから直行のローブデコルテよりもデータ的にはオススメ。
ただ昨年もそんな感じで予想したら規格外の馬にやられたんですよね…。やはりウオッカは押さえなくちゃいかん馬だとは思うんですが、3頭に人気は被るでしょうしどう馬券を買ったらいいのやら。。
やっぱり好きな馬の頭付け?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年10月09日

新馬レビュー ダイワカンパニー馬なり圧勝デビュー!

日曜未勝利のサトノウインクに続いて翌日は東京新馬で我がPO馬ダイワカンパニーがデビュー戦を圧勝してくれました!
これで今期3頭目の勝ちあがり。今週はラヴファンタジスタがデビュー予定と馬券と違いPOGの方はなかなかいい雰囲気です。

昨年はボロ負けしましたからねぇ。今年こそ!

またG毅隠云,量礁Serena's Songの息子スパークキャンドルも3戦目で初勝利。こちらはまだそれほどインパクトのある勝ちっぷりではありませんでしたが、走るフォームがタイキブリザードみたいでカッコイイ!
藤沢和調教師ですから、本領を発揮するのはまだまだこれからかも?
この馬はライバルに指名されているので、こんなこと言っちゃなんですがタイキブリザードみたいに古馬になってからの活躍を希望します。


4回京都2日(10月7日)3R 新馬 ダ1400
ラインプレアー・・・★★★
スタートはあまり良くありませんでしたが、内から追い上げ外に出し4番手を追走。4コーナーで2番手まで追い上げると直線では逃げた1番人気の馬とのゴールまで続く一騎打ち。楽なペースで直線でも良く伸びた相手をゴール前でキッチリと捻じ伏せる。それにしてもホントにダートのクロフネ産駒は良く走りますねぇ。

4回京都2日(10月7日)4R 新馬 芝1800
ピースキーパー・・・★★★★
ウォーエンブレム産駒。好スタートから2番手を追走、1800mの新馬戦らしくドスローで流れてラスト3Fの競馬。直線では4コーナーで外から並びかけてきた2着馬との壮絶な叩き合い。どちらも譲らず最後はクビの上げ下げになりましたがなんとかハナで押し切った。後ろからこられる形で最後まで抜かせなかったのは立派。

4回東京3日(10月8日)3R 新馬(牝馬) 芝1400
マロンティアラ・・・★★
ムタファーウエク産駒。スタートは普通もダッシュが速くあっさりと2番手につける、かなりスピードはありそうな感じ。直線に入っても手応えは楽で直線半ばで先頭に立つとそのまま楽に押し切った。ただ10頭立て少頭数で斤量−3キロ、ペースも厳しくなく恵まれた条件だったことは確か。

4回東京3日(10月8日)5R 新馬 芝1600
ダイワカンパニー・・・★★★★★
ミンティエアーの全弟、アグネスタキオン産駒の評判馬。かなりのSペースでしたが道中はのんびりと後方で待機。直線に入ると軽く気合いを入れただけでグングン加速、馬なりのまま先頭を捕らえそのまま3馬身突き放した。他馬のレベルに疑問は残りますが、かなり切れるし大物感もバッチリ。重賞でも楽しみ。

4回京都3日(10月8日)3R 新馬 ダ1200
ソウルスクリーム・・・★★
好スタートから楽にハナへ。少頭数も手伝ってかゆったりとした流れに落として脚を温存し直線へ。直線で追い出されると手応えどおりの伸びを見せ、直線半ばで突き放し勝負を決めた。楽過ぎる展開で評価微妙もセンスの良さそうな走りで末脚の伸びも上々。次走、厳しい流れでどんな競馬をみせるのか注目です。

4回京都3日(10月8日)3R 新馬 芝1400
エーシンフォワード・・・★★★
大逃げを打った2着馬を追いかけず離れた2番手を追走。かなり縦長の展開になりましたがラップ自体はめちゃんこ速い訳ではなく、終始自分のペースで走ったような感じ。直線で半ばで逃げ馬を捕らえられることがわかると最後は流しての楽勝。他馬が逃げ馬を追いかけなかった分、この馬自身は楽な流れだったかも。

4回京都2日(10月7日)1R 未勝利(牝馬) 芝1400
チェレブリタ・・・★★★
ブラックホーク産駒で母父アンバーシャダイ。道中は中団馬群の中で脚を温存、前走同様末脚を活かす競馬。4コーナーでも外に出せず、直線でも窮屈な位置取りでしたが前が開くとあっさり。スパっと切れて楽に差し切った。ブラックホーク産駒は長くいい脚を使うイメージなんですが、この馬はかなり切れそうな感じがします。

4回京都2日(10月7日)2R 未勝利 芝1200
ウィッシュアウェイ・・・★★
好スタートから押して先行2番手の位置取り。4コーナーで先頭に並びかけると直線では逃げ馬との叩き合いを制し、差して来た2着馬の追撃も難なく押し切った。あまり切れる脚はなさそうですがしぶとく粘れるタイプ。血統からも走りからもダートは芝以上に走れるハズ。ダートでの走りも是非みてみたい。

4回東京3日(10月8日)1R 未勝利 芝1600
シングンリターンズ・・・★★★
なんとシングンオペラ産駒。前2走は3着ながらもちょっと距離が短かった印象、マイル戦で初勝利。道中は先行4番手の外目から追走し3番手で直線へ。小柄ながらも力強い脚でジワリジワリと加速し逃げ粘る2着馬を捻じ伏せた。成長力のあるオペラハウスの血統、2歳戦からこれだけ走るなら今後が楽しみ。

4回東京3日(10月8日)2R 未勝利 芝2000
スパークキャンドル・・・★★★
藤沢厩舎の超良血マル外も3戦目で初勝利。スタートよく楽に2番手に付けると逃げ馬をビッチリマークするように併走。直線に入っても手応えは楽で直線半ばまで追い出しを我慢する余裕をみせた。ただ追い出してからが案外。結局クビ差まで迫られる結果に。現状では安定感はありそうですが決め手にかける印象。

4回京都3日(10月8日)2R 未勝利 芝2000
センノカゼ・・・★★★
速いペースで飛ばす逃げ馬を離れた2番手で追走。直線でバテた逃げ馬を交わすとしぶとく粘りこみ外から強襲した2着馬を際どくハナ差退けた。コマンダーインチーフ産駒で叔母にロジータがいる血統。将来的にはダートで活躍しているかもしれません。こういうアガリの掛かる展開も向いてたのかも。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年10月08日

新馬レビュー エイムアットビップ、りんどう賞でも圧倒的な強さ!

3日開催ということでレース数が多いので2つに分けて。
今週はOPレースはなかったものの京都では牝馬による500万特別りんどう賞が行われました。勿論注目は前走とんでもない時計で逃げ切ったアグネスデジタル産駒エイムアットビップ
あまりにもスピードがありすぎるために200mの延長でまた同じような競馬ができるのか?と思っていたんですが…結果は強いの一言。

クラスが上がっても圧倒的じゃないか!

マイルまでこなすようなら年末のG気鰐渭澄⇒菁の桜花賞でも中心の1頭になるハズ。近年新種牡馬のG犠,舛目立ちますが今年はこの馬かもしれません。次走も引き続き大注目です。


4回東京1日(10月6日)9R プラタナス賞 ダ1400
ディアヤマト・・・★★+
道中は先行勢の後ろ内を通って追走。3コーナーでは一旦置かれたが4コーナーでも盛り返し4番手で直線へ。盛り返したとはいえ前3頭とは結構な差があり前の手応えも上々、そのまま行った行ったかと思われましたが…。直線では素晴らしい脚を使い豪快に差し切った。またも人気薄でしたがダートは相当走る。

4回京都1日(10月6日)5R りんどう賞(牝馬) 芝1400
エイムアットビップ・・・★★★★★
好スタートから2番手に控える。ただやはりスピードが違いすぎてるようで3コー
ナーではハナへ。抜群の手応えで1馬身ほどのリードを保ちながら直線に入ると早めに突き放し直線半ばでは4馬身のリード。あっさりと勝負を決めてしまった。最後は流して2馬身差の大楽勝。マイルまで持てば更に★を追加したい超快速馬。

4回東京1日(10月6日)4R 新馬 芝1400
シベリアントム・・・★★★
With Approval産駒のマル外。好スタート好ダッシュを見せ先行2番手の位置で逃げ馬をマーク。4コーナーで外から並びかけてきた3着馬と3頭併走するような形で直線へ。直線でも3頭横一線になっての激しい叩きあい。長い長い叩き合いをゴール前でハナ差制した。勝負根性あり、長くいい脚が使えそう。

4回京都1日(10月6日)3R 新馬 芝1200
ミティーク・・・★★★★★
ムーンバラッド産駒。1200mとはいえ少頭数でゆったりとした流れでしたが、道中はのんびりと後方2番手を追走、直線勝負。直線では軽く追われただけですんごい末脚。他馬とは約1秒違うアガリを悠々と叩きだしあっさりと差し切った。距離は伸びてもいいハズで素晴らしい瞬発力は重賞でもと思わせるものでした。

4回東京2日(10月7日)3R 新馬 ダ1600
ヨシカツゾー・・・★★★
タヤスツヨシ産駒、母父ティッカネン。道中は好位の3番手を追走。4コーナーで外から押し上げると直線では粘る前2頭を1頭、また1頭と捻り伏せる馬名どおり気合い満点の勝ちっぷり。少頭数とはいえなかなか強い勝ちっぷり。本質的にはダート向きだとは思いますが芝でも見てみたい1頭。

4回東京2日(10月7日)4R 新馬 芝1800
フジヤマラムセス・・・★★★★
前半1000m通過65秒という超Sペースでしたが、道中は後方3番手の位置取りで脚を温存。レースは当然のように直線での瞬発力勝負。後方から長くいい脚を使い先行して伸びる2着馬をゴール前でとっ捕まえた。ドスローの瞬発力勝負では不利な位置取りでしたがきっちり勝ち切るあたりに能力を感じます。

4回東京1日(10月6日)2R 未勝利 芝1400
ダイナマイトシコク・・・★★
スタートは普通もハナに拘る馬が不在で楽にハナへ。道中はゆったりとしたペースに落としきっちり脚を溜めて直線へ。直線では一旦交わされたものの、二の脚を使い差し返し、しぶとく喰らい付く2着馬をクビ差で押し切った。やや決め手に欠けるタイプで今回は展開にも助けられた印象。ただ上でも相手なりに走れそう。

4回東京1日(10月6日)3R 未勝利(牝馬) 芝1600
トラストパープル・・・★★★
道中は中団やや前目の馬群の中。窮屈な位置取りでしたが直線入り口で外目に出されると、馬場の真ん中から力強く伸び脚で差して来た。抜け出してからも脚色はしっかりで2着馬の追撃も余裕をもって退ける。マイネルラヴ産駒らしいパワフルな走りで距離も案外持ちそうな感じ。

4回京都1日(10月6日)2R 未勝利 芝1600
ミッキーチアフル・・・★★★
今週もまたシンボリクリスエス産駒。ポンっと好スタートを切ると内の馬を行かせ2番手からの競馬。4コーナーで前に並びかけると早め先頭から楽に押し切る好内容の競馬。血統イメージとは逆に京都の軽い馬場が良かったのか?それとも馬が成長したのか?スパッと切れる脚はなさそうですが、先行して長くいい脚が使えそう。

4回東京2日(10月7日)2R 未勝利 芝1400
サトノウインク・・・★★
デビュー戦大敗も一息入れて一変。道中は好位のインで脚を温存し直線へ。追い出されても直ぐにエンジンは掛からず馬群に沈むのも覚悟しましたが、直線半ばからジワリジワりと徐々に脚を伸ばし力強く抜け出した。ややジリっぽい気もしますが気にしない。今シーズン2頭目のPO馬の勝利を素直に感激。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList