2007年12月

2007年12月22日

有馬記念 最終予想

さてさてさてさて。資金稼ぎは見事なまでに失敗しましたが気を取り直して今年最後の中央G詰馬記念の予想です!

何といってもお祭りレース。勝ち負けも大事ですが目一杯楽しんで納得の行く馬券を買いたいところ。

それでは過去の傾向からです→データ

今年の古馬中距離路線で3度激突したアドマイヤムーン、メイショウサムソン、ポップロックの3頭。
アドマイヤムーンが大好きな私ですがジャパンCでは馬券を取りに行きメイショウサムソンに◎を打ちました。結果は…
そのJCの結果がどうであれ有馬記念では絶対に◎を打とうと決めていたアドマイヤムーン。しかしJCのレース後とっとと引退を表明。。

なんだか上手く行かないものです。

有馬記念は好きな馬から買う。その好きな馬アドマイヤムーンの引退レースで◎を打ってしまったメイショウサムソン
この馬にアドマイヤムーンの代わりになって貰います。
天皇賞(秋)優勝→ジャパンCで掲示板に載った馬の成績は過去10年で3、2、1、1、1着。データからも何も問題なし。能力的にも変に下げて包まれさえしなければアッサリかと。

対抗はポップロック。ここ2年国内戦で馬券圏内を外したのは天皇賞(秋)の4着のみ。これだけの実績がありながら、話題の3歳牝馬2頭とロックドゥカンブのお陰で現在横一線の2番人気。
昨年2着の実績を考えても、3連単2頭軸の片棒はこの馬が最適。

単穴はマツリダゴッホ。オールカマーを勝った時点で天皇賞では軽視し有馬記念でぶっこむつもりだった馬。
前走15着と大敗も二桁着順から巻き返しの多いレース、さほど気にならない。得意の中山なら1発あってもいいんじゃないでしょうか。

相手ですが牝馬らしく切れで勝負するウオッカに暮れの中山2500mはマイナス。思い切って消し。来たら天晴れ!素直に感激したい。
ダイワスカーレットの方は切れる脚も使いますが、お兄さんのように長くいい脚を使えて持続力で勝負できるタイプ。こちらは少し押さえておこうかなと。

あとは中山替りがプラスになりそうなロックドゥカンブ。展開が向いたとはいえJCで2馬身3/4差の競馬をした中山3勝のチョウサンを穴で押さえて終了。

買い目
◎メイショウサムソン○ポップロック▲マツリダゴッホ
△ダイワスカーレット、ロックドゥカンブ×チョウサン

馬単 ◎−○▲△△× 
    ○→◎       6点

3連単 ◎○→◎○→▲△△×
     ◎○→▲△△×→◎○  16点


それではちょっくら飲みに行って参ります!


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年12月21日

ラジオNIKKEI杯2歳S 最終予想

来年のクラシックを占う意味でも、そして有馬記念の前日という意味でもとても重要な1戦。
是非ともぶち当てて有馬の資金にしたいところ。

過去の傾向はこちらです→データ

まだこの時間の金曜売り、さっぱりアテにはできませんがサダムイダテンが結構人気を被りそうな予感。
マイルで強い勝ち方をしたフォーティナイナー産駒。距離延長に不安があり、データからもキャリア1戦の馬は割引き必要。将来活躍して欲しい馬ではありますが、今回は抜群の手応えで追走しながらも追われて案外という負け方を希望します。気合いの消し。

1、2番人気馬が圧倒的な安定感を誇るこのレース。(当日どーなるかわかりませんが)1番人気?のサダムイダテンを切ったなら、当然本命は(またまた当日どーなるかわかりませんが)恐らく2番人気であろうダノンイサオから。
5番人気以内に支持された前走OP特別連対馬は2−2−0−1と好成績。しかも連対した4頭全て前走京都2歳S!
もしホントに2番人気のままなら、とっても美味しい!

対抗はどちらにしようか迷いましたが、重賞勝っても人気の無さそうなオリエンタルロックを指名。展開嵌って評価微妙と週中の記事で買いときながら、オッズに魂を惹かれてしまいました。
終わってみれば、流石は重賞ウイナーでしたね!という展開を希望。

単穴に対抗と迷った馬フローテーション。押さえは距離延長とコース代わりで見直し必要サブジェクトPO馬のランチボックス
穴で前走未勝利戦も相手なりに走りそうな2頭マイネルファルケピエナポパイ

買い目
◎ダノンイサオ○オリエンタルロック▲フローテーション
△サブジェクト、ランチボックス
×マイネルファルケ、ピエナポパイ

馬連 ◎−○▲△△×× 6点

3連単 ◎○→◎○→▲△△××
     ◎→▲△△××→○
     ▲△△→◎→○       18点

穴の2頭は頭でくることはないだろうと、また◎馬も連は外さないだろうという事で3連単はフォーメーションで点数を絞って勝負!

中山大障害は前走1年半ぶりの京都HJを63キロで楽勝。どう考えても力が1枚抜けちゃってる気がするテイエムドラゴンには逆らえず頭付けで。対抗も無難にメルシーエイタイムとの3連単2頭軸で勝負。
軽く紐が狂うことを祈りつつ少額で遊びます。

買い目
◎テイエムドラゴン○メルシーエイタイム
△キングジョイ、マルカラスカル、マイネルオーパー、ノボライトニング、メジロハスラー

3連単 ◎→○→△△△△△
     ◎→△△△△△→○ 10点


ちなみに私の明日の勝負レースはPO馬が2頭も出走阪神の3レース(未勝利戦)です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年12月20日

ラジオNIKKEI杯2歳Sで今度こそ資金稼ぎ

毎週、毎週失敗し続けている有馬の資金稼ぎ。
当てて資金稼ぎをするよりも、やらずに資金“温存”が正しい気もしますが、今週のラジオNIKKEI杯は例年ひじょーに堅い傾向で当てやすいレース。

グランプリの1日前にガツンと当てる大チャンスであります。

それではそんなラジオNIKKEI杯の過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
2、1、3、3、3、7、4、2、2、1
2番人気
1、2、1、1、5、1、2、1、1、3
3番人気
3、3、15、2、4、3、3、3、7、
4番人気
4、6、12、5、2、5、1、4、9、5着
5番人気
9、4、2、4、10、8、5、6、10、9着

上位3番人気までが圧倒的に強い。3頭揃って連を外したことも1回ありましたが
その時は4番人気が連対。その年を除くと毎年1、2番人気のどちらかが連対しており、複勝圏内には4番人気以内の馬が2頭は必ず入っています。
人気薄が2頭馬券に絡む可能性は低く、3連単、複は4番人気以内の馬2頭を選んで2頭軸が良さそうです。

上位5番人気までの馬の前走別成績
3着以内に入った30頭中27頭が5番人気以内。ということで5番人気以内の馬に絞った前走別の成績です。
前走朝日杯出走馬
4、2、3、1、
前走重賞連対馬
2、2、2、3、7、2、1、3
前走OP特別連対馬
1、2、1、2、
前走500万特別勝ち馬
1、3、1、3、10、1、1、
前走500万下で負けていた馬
15、4、4、5、
前走未勝利戦(2回目の新馬戦)勝ち馬
6、2、3、5、5、9着
1戦1勝の馬
9、4、1、3、4、5、3、6、7、10、

上位人気でも怪しいのは前走新馬、未勝利組と500万条件で負けていた馬。重賞やOPで連対していた馬や500万条件を勝っていた馬はほぼ人気どおりに走ると判断して良さそうです。
ただ今年の重賞連対馬オリエンタルロックは6番人気で直線一気と展開が嵌ったような勝ち方。評価が難しいところ。
専門誌を見ると、馬ナリで新馬戦をぶっちぎったサダムイダテンに重い印が集まっていますが、こちらも人気になるようなら危ない人気馬かもしれません。

今日のまとめ
今年は前走OP特別連対馬が良さそう。特に京都2歳Sの2着馬は過去5年でザッツザプレンティ、ヴァーミリアンと2頭が優勝。という事でそんな好相性のレースを1番人気でクビ差の2着ダノンイサオが◎候補。
2頭軸のもう1頭は、レース間隔が開いてるのが気になるもののOP特別組のフローテーションか重賞連対も評価微妙なオリエンタルロックか。

ホントはPO馬ランチボックスから買いたいんですけどね…。そんなことはもう言ってられんのです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年12月19日

有馬記念 好きな馬から買おうと思ったが、好きな馬がいなかった

JC優勝、宝塚記念、ドバイDFを制したアドマイヤムーンが現時点では年度代表馬争いは一歩リ−ドといったところでしょうか。
G橘ぞ〕のポップロックロックドゥカンブが勝てばそのままアドマイヤムーンがすんなり年度代表馬を持っていきそうな感じ。
メイショウサムソンダイワメジャーが勝てばG毅馨 数字の上では肩を並べることができます。こうなると有馬に出走していない分ムーンは不利かも?
ダイワスカーレットが勝てばG毅款 ウオッカが勝てばダービー&グランプリ制覇。この2頭がここを勝つようなら文句なしで年度代表馬に選ばれそう。

有馬記念ですからね、どの馬に勝って欲しいか。どの馬に年度代表馬になって欲しいか。そんなのも頭に入れながら好きな馬から買うのもいいかもしれません。
私は勿論元PO馬のアドマイヤムーンに年度代表馬を取って貰いたいんですが、そのムーンはさっさと引退して不在…。全くもう。
という訳で、何から買おうか凄く迷っております。そんな状態ですが、とりあえず過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
2、4、1、1、5、5、1、1、2、1

2番人気

3、5、2、2、4、1、8、11、8、4着
3番人気
8、2、5、9、1、7、3、2、11、
4番人気
1、1、7、中、10、4、2、5、1、
5番人気
14、13、3、14、9、11、11、4、12、10着

過去10年の勝ち馬は全て4番人気以内、そして連対馬20頭中17頭が4番人気以内の馬。今年は有力馬が多く混戦模様ですが、傾向からは4番人気以内の馬を狙うのが良さそう。
一方で8番人気以下の人気薄が2着2回、3着4回と6回(内4頭は二桁人気)も馬券絡み。人気馬中心で馬券を買いながらも1、2頭配当的に夢を見られる馬を紐に入れるのも面白いかもしれません。

実績から
同年天皇賞(秋)1着馬(中山開催除く)
3、10、2、1、1、1、6、
2〜5着馬
3、14、2、10、2、9、5、4、12、11、4、8、12、11、10着
同年ジャパンC2着馬(中山開催除く)
3、5、2、5、11、11、1、4着
3着馬
10、1、5、8着
4〜9着馬
1、4、12、7、10、3、12、7、4、12、14、3、7、6、10、11、5、12、14着
10着以下
3、2、11、3、6、4、9、6、12、4、16、13着
天皇賞(秋)JCともに掲示板に載っていた馬(中山開催除く)
3、2、1、2、5、4、1、1、8、11着
思ったより安定感のないJCの2、3着馬ですが、天皇賞でも掲示板に載っていた馬はそこそこ好成績。ただこのデータ天皇賞1着馬を除くと2、5、4、8、11着。
唯一連に絡んだのは両レースで2着に入ったメイショウドトウのみ。
ポップロックも相当安定感のある馬ですが、どうなんでしょ?

同年のダービー馬の成績
2、5着
同年ダービー2着馬の成績
1、7、1、3、9、9着
ダービー馬の参戦ですが実は過去10年では一昨年、昨年の出走しかなくサンプル不足。なのでダービー連対馬まで広げてのデータも取ってみました。
三冠馬ディープインパクト、二冠馬メイショウサムソンですら勝てなかったというと厳しいように感じますが、2着馬からは2頭が優勝。
ゼンノロブロイ、ハーツクライなど古馬になってから優勝する馬もおり、好相性のレース。優勝馬がもう少し参戦できていればもうちょい連対率も上がったハズで軽視は禁物かもしれません。

同年エリザベス女王杯優勝馬の成績
9、3、5着
こちらもサンプル不足。ただ3頭出て掲示板に2頭なら、そんなに悪くないんじゃないかという気も。

今日のまとめ
データからは天皇賞(秋)を優勝、JCでも馬券に絡んだメイショウサムソンで鉄板模様。好きな馬は引退しちゃったんでこの馬から行こうかしら。ムーンの引退レースで◎打った馬ですし。
ただサムソンが勝ったら年度代表馬の座が危ない。う〜む、ど−すんべ。
相手は普通に考えるとポップロックなんですが、天皇賞、JCともに好走し有馬記念で4、5着に沈んだ01年のメイショウドトウ、テイエムオペラオーにちょいと被る。今回は人気になるでしょうしね。
ポップロックとの2頭軸で行くか、4、5着に飛んで高配当狙いサムソンからの1頭軸で行くか?
まぁ折角の有馬記念。まだまだ時間はありますし週末までゆっくり楽しんで予想しようと思います。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年12月18日

新馬レビュー シルクビッグタイム、9馬身差で圧勝デビュー!

この日は重賞フェアリーSがあり、阪神では評判馬が揃った芝2000mの新馬戦もありましたが、フェアリーSはあまり来春に直結しないレース。
そして注目の阪神新馬は直前でブラックパンサー回避、その他の評判馬は逃げ馬を可愛がりすぎて結局揃って敗戦というなんだかなぁの結果に・・・

ということで、この日の注目馬はダートの1200mを圧勝したシルクビッグタイム
逃げて直線だけで後続を9馬身ぶっちぎる圧倒的な内容。お母さんはゼンノロブロイの母の全妹という血統からも大物の臭いがぷんぷんします。
将来どんなカテゴリーで活躍するのかはわかりませんが、初戦でみせたスピード感は芝の重賞でもと思わせるものでした。
ダートでの活躍が目立つDeputy Minister産駒ですが、トーヨーレインボーのように芝、ダート問わず活躍できる馬に将来なってくれるかもしれません。


5回中山6日(12月16日)11R フェアリーS 芝1200
ルルパンブルー・・・★★+★
力強く長くいい脚を使える馬で中山の1200mはベストの条件だと思われる。外枠に入ったため、思い切って後方待機し末脚に賭ける競馬。それも結果的に展開が向いた。更に直線ではど真ん中から馬群を上手く捌けた。今回は何から何まで嵌ったという印象。しかしそれにしても見事な末脚。今後も力のいるコースの1200mでは要注意。

5回中山6日(12月16日)7R 500万下 ダ1800
スマートファルコン・・・★★★
道中は中団馬群の中。速めの展開でしたが3〜4コーナーでレースが動き、連られるように一気に前に進出。前走はハナを切りましたが初戦で素晴らしい末脚を使った馬、やはり差す競馬があっている模様。初戦同様直線では鋭く伸びると粘る2着馬を余裕をもって交わした。

5回阪神6日(12月16日)7R 500万下 ダ1200
ラインプレアー・・・★★★
ダッシュをきかせ外からジワリジワリと前へ進出。先行馬を射程圏に入れて直線へ。直線では楽な手応えで前に並びかけ、先行してよく粘っていた2着馬をゴール前で捻じ伏せた。速めの展開でも外から楽に追い上げれるスピードがあり1200m、1400mが向いていそうです。これくらいの距離なら芝でも面白いかも。

5回中山6日(12月16日)5R 新馬 ダ1800
バロズハート・・・★★
母父SSのアフリート産駒。内枠から楽に先行2番手からの競馬。ゆったりとした流れを抜群の手応えで追走。3コーナー手前から逃げ馬に並びかけ直線でも追い出しを我慢する余裕の競馬。後ろから鋭く伸びてきた2着馬の追撃も余裕を持って退けた。

5回中山6日(12月16日)6R 新馬 芝1600
アイティトップ・・・★★
マヤノトップガン産駒。スタートはさほど速くなかったように見えましたが、外からダッシュをきかせスーッと先行。3コーナー手前では3番手まで押し上げる。直線手前で早くも前に並びかけるとパワフルな末脚で抜け出しそのまま押し切った。あまりスピード感はありませんが力強い走り。ダートで活躍できそう。

5回阪神6日(12月16日)5R 新馬 ダ1200
シルクビッグタイム・・・★★★★
Deputy Minister産駒、叔母にゼンノロブロイの母ローミンレイチェルがいる良血馬。押して先手を奪うとマイペースの逃げを打ち、そのまま楽な手応えで直線へ。そのまま軽く気合いを付けられると馬也のまま後続を9馬身ぶっちぎった。同日の500万条件より速い時計を殆ど追われることなく記録。素晴らしいスピードと瞬発力、芝でも楽しみ。

5回阪神6日(12月16日)6R 新馬 芝2000
フィックルベリー・・・★★★
1000m通過が63秒7とスローに落とした逃げでしたが、人気馬各馬が後ろで牽制しあい10馬身ほどのリードをつける大逃げ。直線に入ってもまだまだ3馬身差のリード。瞬発力勝負で頭差まで迫られたもののリードを生かして逃げ切った。評判馬相手にこの距離で牝馬が…なんですがかなり恵まれたのも確か。判断微妙。

3回中京6日(12月16日)5R 新馬(牝馬) 芝1200
ブライティアパルス・・・★★★
ダイタクリーヴァ産駒で母父Storm Birdという血統。スタートでやや遅れましたが、直ぐに内から追い上げ直線手前では3番手の位置取り。直線での手応えも良く、前2頭の間を割って鋭く差し切った。内枠だったのも幸いしましたが、終始余裕たっぷりの走り、瞬発力も上々。

5回中山6日(12月16日)3R 未勝利 芝1600
オメガファルコン・・・★★★
サクラバクシンオー産駒、オメガエクスプレスの全弟。前2頭が併走して引っ張っていましたが、無理に追いかけずに先行。そんな速い流れを4コーナーで早めに前に並びかけに行き、直線では力強い伸びで追い比べを制した。兄の活躍をみるとやはり1200mでの競馬をみてみたい。結構なスピードがあるので距離短縮で思いっきり強くなるかも!?

5回阪神6日(12月16日)4R 未勝利 芝1600
エルグランオンブレ・・・★★★
ボストンハーバー産駒で母父Rainbow Quest。スタートはよかったのですが直ぐに控えて末脚に賭ける競馬、道中は後方3番手を追走。3〜4コーナーでは馬群の中からロス無く追走し、直線では上手く外に持ち出されると末脚爆発。人気の先行馬総崩れで展開も向いたとは思いますが、一叩きされ一変!素晴らしい瞬発力。

3回中京6日(12月16日)4R 未勝利 芝1800
マイサイドキック・・・★★
道中は内の4番手で先行、コーナーでも内々を回しロスなく直線へ向きましたが、正直手応えはさほど良く見えず。しかしそこから追って追ってしぶとい伸び脚。外から差して来た馬と併せながらジワリジワリと加速しゴール前で抜け出した。6戦目で待望の初勝利も上でやるにはやや瞬発力不足な印象。



競馬blogランキング
TOPへ戻る


2007年12月17日

新馬レビュー ホッカイカンティ中京2歳Sを勝利!

過去2年の勝ち馬がメイショウサムソン、ダイワスカーレットということもあり、注目を集めた中京2歳Sでしたが、今年の勝ち馬は6番人気の伏兵ホッカイカンティでした。

パラダイスクリーク産駒ということもあり、どうも来年のクラシックで…というイメージが沸きませんが、鋭い瞬発力は重賞でもと思わせるほどの切れ味。
また人気薄で重賞を勝つイメージが強いパラダイスクリーク産駒。もしかしたら、来年のクラシックでもあっと言わせる走りが観れるかも!?

一方、キャリア1戦で1番人気に支持されたオーロマイスターは5着。
ちょいと位置取りが厳しかったとはいえ、期待が大きかっただけにショックな内容でした。初戦の内容からもうちょっと切れると思ったんですが、もっと脚を溜められる展開じゃないと厳しい馬なのかしら?
まぁ2戦目でこけても、3戦目で素晴らしいパフォーマンスをする馬は幾らでもいますからね。
ゴスホークケンのような素晴らしい巻き返しに期待したいものです。


5回阪神5日(12月15日)9R さざんかS 芝1400
マヤノベンケイ・・・★★★+
外からジワーっと上がってハナを奪うとそのまま差を広げて行き5馬身ほどのリード。速いペースでもこれがこの馬のペースのようで楽な手応えで直線へ。芝に変わってもダート同様、直線での粘りが素晴らしく2着馬の追撃をクビ差で退けた。ダートで連勝していましたが明らかに芝の方が強い。距離さえ持てば重賞でも逃げ切りそう。

3回中京5日(12月15日)10R 中京2歳S 芝1800
ホッカイカンティ・・・★★★★
掛かりながら逃げるノットアローンを無視し離れた2、3番手を追走。Hペースで前が潰れるかと思いきや、中盤でペースが落ち逆に前が残る展開に。距離がどうかと思いましたが直線では初戦同様鋭い末脚を披露。あっさりと抜け出した。先行して鋭い脚を使える馬、案外ゆったり行ける距離や展開の方があっているのかも。

5回中山5日(12月15日)10R ひいらぎ賞 芝1600
レオマイスター・・・★★+
安定していい末脚を使う馬ですが、勝つまでにはワンパンチ足りないようでいつも届かず善戦止まり。そんな馬でしたが今回はスタートで出負けした事もあり後方2番手で脚を温存。展開も向きましたが、直線では素晴らしい末脚を繰り出し差し切った。半端な位置で差すのではなく思いっきり溜めた方がいいタイプかも。

5回阪神5日(12月15日)6R 新馬 ダ1400
メイショウフウリン・・・★★
8頭立て少頭数の競馬を道中は5番手から追走、外から来られても動じずじっくり待機し直線勝負。直線ではやや窮屈な位置取りでしたが、外から1番人気馬に馬体を併せられると連れてジワジワと力強い伸び脚。そのまま2頭でジワリジワリと差を詰めゴール前で先行馬を差し切った。切れる脚はありませんが勝負根性は素晴らしい。

5回阪神5日(12月15日)7R 新馬 芝1600
シゲルアコガレ・・・★★★
ワイルドラッシュ産駒。道中は中団やや後ろの馬群でじっくり待機し直線へ。直線で狭いところから馬群を割って伸びてくると直線半ばでエンジン全開、豪快なフットワークでグンっと加速し粘る2着馬を一気に差し切った。人気はありませんでしたが、末脚はなかなかの破壊力。

5回中山5日(12月15日)5R 新馬 ダ1200
デヴェロッペ・・・★★
好ダッシュから内の馬を行かせ2番手を追走。4コーナーで早めに並びかけると、直線では力強い末脚でジワリジワリと差を広げ、最後は2馬身半差をつけて楽々押し切った。ボストンハーバー産駒、血統と走りからダートの短距離向きの印象。

5回中山5日(12月15日)6R 新馬(牝馬) 芝1200
リバティープリント・・・★★
スウェプトオーヴァーボード産駒で母はエアリバティー。ダッシュをきかせ先行争いに加わりましたが行き切る馬がおらず併走しながらの逃げで先団は団子状態。コーナーワークで先頭に立ち直線に向くとそこからしぶとい粘りをみせ、ゴール前の追い比べもハナ差で凌いだ。血統馬らしいインパクトはありませんでしたが、なかなかしぶとい走り。

5回阪神5日(12月15日)3R 未勝利 芝1200
マチカネハヤテ・・・★★★
アグネスアークの半妹。好スタートから楽にハナを奪いマイペースの逃げ。そのまま楽な手応えで直線に向くとあっさりと抜け出し楽に後続を完封した。サクラバクシンオー産駒らしいスピードのある馬、やはり芝の方が向いていた模様。まだOP、重賞でもと思わせるほどのインパクトはありませんが、血統から将来楽しみ。

5回阪神5日(12月15日)5R 未勝利 芝2000
ベルクハイル・・・★★★
グロリアスウィークの半弟でスリリングサンデー産駒。前3頭が飛ばす流れを離れた4番手で追走、4コーナーで差を詰めて直線へ。直線での伸びも上々で逃げて良く伸びた2着馬を直線半ばで並びかけ差し切った。ただ2着馬は速いペースで道中絡まれ気味の逃げ、捻じ伏せたというよりも力尽きたところを差したという印象も…。

5回中山5日(12月15日)3R 未勝利 芝1200
リトルディッパー・・・★★
道中は内の3番手で待機し直線へ。直線では先行してよく粘る前2頭を外から力強い末脚でジワリジワリと追い詰め、きっちりと差し切った。アグネスワールド産駒、ここまでの戦績をみる限り1200mベストで1400mも怪しい馬。距離におもいっきり限界がありそうですが、力強い走りをするのでダートでも走るかも。

5回中山5日(12月15日)4R 未勝利 芝2000
コスモポッケ・・・★★★
道中は中団やや前目の内を追走。4コーナーでもロスなく内を回しコーナーワークで逃げ馬の直後2番手の位置取りで直線へ。逃げても余力十分後続を大きく突き放しにかかる2着馬に、並びかけてゴール前で力強く捻じ伏せた。ロス無く回れたのは大きかったとは思いますが、人気薄とは思えないなかなか強い内容。

競馬blogランキング
TOPへ戻る 


2007年12月16日

フェアリーS、阪神C 強引にプラス思考で回顧

う〜ん。両レースとも二桁人気が絡むとは。やはり難しいレースでしたね。
どっちかでも引っかればご機嫌に来週の大一番に臨めたのでしょうが、今週もまたボコボコにされちゃいました。

まぁ情けない話ですがやる前から弱気。掛け金を抑えられたのは不幸中の幸いといったところ。
こういうどん底の時は何事もプラスに考えないといけません。という訳で、こんな結果なのにプラス思考で回顧。

それではフェアリーSからです。予想

 1着△ルルパンブルー
 2着−スワンキーポーチ
 3着◎マイネレーツェル
 4着−エーソングフォー
 5着△エフティマイア

 7着△フラミニアンウェイ
 8着△サマーエタニティ
10着△トラストパープル
12着△ハートオブクィーン
13着△ピエナプリンセス
16着△ミスティフォレスト

4番人気になってるとは思いませんでしたが、マイネレーツェルから3連複1頭軸で紐荒れ狙い。この作戦自体は良かったように思う。
そして結果をみても11番人気が突っ込み3連複1万9340円と万馬券。まさに狙い通りの結果ではないか。

だけど私の馬券には2番人気のスワンキーポーチがいなかった。。

今日は出掛けていた為、出先で結果を先に知ったんですが。私このレースの二桁馬番の馬殆ど押さえてるんです。
というか、買ってないのは14番スワンキーポーチのみ。なので番号だけ見て心の中でガッツポーズ!さてさて何がきたのかなと。

リアルタイムでレースを観てないお陰で、ぬか喜びをすることができました。同じ外れるにしても、一瞬興奮できた分随分お得な気分!
プラス思考!プラス思考!

続いては阪神C。

 1着△スズカフェニックス
 2着−ジョリーダンス
 3着△ブルーメンブラット
 4着△ローレルゲレイロ
 4着◎エイシンドーバー

 6着○マイネルシーガル
10着△プリサイスマシーン
12着▲フサイチリシャール

こちらは見た瞬間外れてるのがわかったんで、特に何も思うことも無く帰宅してからのんびりと録画してあったレースを観たんですが…。

実際レースを観てみると、ゴール前で外から3頭強襲。えらい惜しいではないか!!!!
私、ローレルゲレイロ、エイシンドーバー、マイネルシーガルの3連単を持っていたんですが、その配当は2907倍。
こんなのリアルタイムでレースを観てたら、ゴール直前で差された瞬間失神してるに違いない。

良かった。良かった。結果を先に知ることができて。


ハァ…。

来週こそはプラス思考にならなくていい回顧をしたいもんです。
なんてったって有馬記念ですからね!

それでは、グランプリウィーク、目一杯楽しんで行きましょう!

競馬blogランキング
TOPへ戻る 


2007年12月15日

フェアリーS、阪神C 最終予想

愛知杯は堅いんじゃないかと思い実績重視、前走エリザベス女王杯出走の人気馬中心の予想をしました。
結果は4−2−1番人気と順当。3頭いたエリザベス女王杯出走馬の内2頭が馬券に絡みましたが…。
私の本命ディアチャンスは3番人気で8着…。なんつー引きの弱さなんでしょ。

こんな状態のまま運頼みでフェアリーSの予想をしても、結果が見えてる気もしますが何とか有馬記念前に流れを変えときたい。
ヘタな鉄砲ですが、大分数は打ちました。そろそろ当たると信じて行きます。

過去の傾向です→データ

ひじょーに荒れるレースですが、上位3番人気が揃って馬券圏外に飛んだのは過去10年で1回のみ。
そのデータを信じて上位人気馬からの3連複1頭軸で大穴狙い。

現時点での上位3番人気はメイビリーヴ、ビーチアイドルそしてギリギリですがマイネレーツェル。
どれが飛んでもおかしくないのですが、この中で最も前走成績が信頼できるのが前走500万勝ちのマイネレーツェル。ということで、この馬に◎。

二桁人気もドンとこい!のレース。折角なので相手は人気薄中心に手広く宝くじ気分で。

買い目
◎マイネレーツェル
△ハートオブクィーン、フラミニアンウェイ、エフティマイア、トラストパープル、
サマーエタニティ、ピエナプリンセス、ルルパンブルー、ミスティフォレスト

3連複1頭軸 ◎から△へ 28点

1点100円で2800円。金額もちょうど宝くじみたい。
ちなみに現時点では全て万馬券で270倍〜3500倍のオッズ。なかなか夢のある馬券じゃないかと。

続いては、大混戦の上に今年で2回目さっぱりデータのない阪神Cです。
珍しい定量戦のG兇箸いΔ海箸如⊆太喃呂らでいいんじゃないかと。昨年もマイルCSで好走していた馬が2、3、5着と掲示板に3頭。
今年もマイルCS組を中心に。

本命はぶっつけのマイルCSで4馬身半差の7着、阪神コース3−1−0−1のエイシンドーバーで。1400mは重賞2勝と得意な距離。反動さえなければ大崩れはしないと思う。思いたい。思うしかない。

対抗は同じくマイルCS出走馬のマイネルシーガル。昨年は先行、好位にいた馬で1〜3着。前が残りやすいコースということでこの馬を。
阪神コース、1400mという距離も合うような気がする。

単穴も同じくマイルCSで先行したフサイチリシャール。昨年の勝ち馬ですし、1発ありそう。

押さえは買ったら届かなそう、切れば届きそうなスズカフェニックスとそろそろ臭いローレルゲレイロ。そしてプリサイスマシーンブルーメンブラットを押さえて終了。

買い目
◎エイシンドーバー○マイネルシーガル▲フサイチリシャール
△スズカフェニックス、ローレルゲレイロ、プリサイスマシーン、ブルーメンブラット

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△ 30点

競馬blogランキング
TOPへ戻る 


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList