2008年02月

2008年02月17日

きさらぎ賞、ダイヤモンドS 回顧

荒れて欲しい方が1、2番人気での決着。おまけに3着に入った12番人気はノーマーク。。
一方堅いレースだと思われたきさらぎ賞は波乱の結果に。まさか1〜3番人気総崩れとは。ホント競馬はわからんもんです。

それではきさらぎ賞から簡単に回顧。予想

 1着△レインボーペガサス
 2着△スマイルジャック
 3着△ヤマニンキングリー
 4着○レッツゴーキリシマ
 5着−ダイシンプラン

 6着◎アルカザン
 7着▲ブラックシェル
10着△メイショウクオリア

過去10年では1〜3番人気が16頭も連対しているガチガチのレースですが今年は3頭まとめてぶっ飛びました。
毎年のように上位入着馬から活躍馬を輩出しているきさらぎ賞も上位3番人気が全てふっとぶ異例の結果。どーなる?今年の牡馬クラシック??

1番人気のブラックシェルは最後方待機からメンバー最速のアガリを繰り出しましたが7着。乗り方次第、位置取り次第では…という内容ではありましたが、残念ながらこの馬もあの位置から差し切るほど抜けた力はなかった模様。

またメイショウクオリアがぶっ飛んだ事により、暮れの出世レースラジオNIKKEI杯で馬券に絡んだ3頭は次走全滅。
おぼろげにクラシックの展望が見えるどころか、抜けた馬不在、大混戦のままクラシックに突入という嫌な予感に1歩近づいた今年のきさらぎ賞でした。

う〜ん。。こんな事いうのも寂しいですが、とにかく3月からのTRも過度に人気馬には期待をかけず疑って馬券を買った方がいいのかも。
もしかしたらトンデモない馬券を取れるかもしれませんから。


続いてダイヤモンドS

 1着−アドマイヤモナーク
 2着○コンラッド
 3着−レーザーズエッジ
 4着▲エーシンダードマン
 5着△マンハッタンスカイ

 6着△テイエムプリキュア
 
7着◎エフティイカロス
 9着△チェストウイング
10着△ブラックアルタイル
12着△ラムタラプリンス

まぁ1番人気ですしね…。来たら仕方ナスと割り切るしかナス。せめて次にこの結果を活かせるように回顧。
それにしても他馬とは2.5キロ以上も重いハンデを背負いながら直線半ばで抜け出し2馬身半差の楽勝。重賞にしては…の相手ではありますが強かったですねぇ。

この馬を消す決め手となったデータ、それが前年のステイヤーズSで掲示板の載っていた馬の成績3、10、4、7、10、9、11、6、7、9、8、6、10、4、1、7、10着。
レースで求められてるモノが違うようで、このように中山と府中の長距離両方で結果を残すのは難しいハズなんです。

これまでの過去10年で両方とも馬券に絡んだのは昨年のトウカイトリックのみ。そしてトウカイトリックはこのあと阪神大賞典3着をステップに天皇賞(春)でも3着!
アドマイヤモナークもかなりのステイヤーなのは間違いなさそう。天皇賞に出るならば3度目の挑戦になりますが、今年は過去2走とは違った結果が残せるかも!?

トウカイトリックと違い日経新春杯を挟んでいるため疲れや今後のローテが気にはなりますが、ステップと状態次第では天皇賞で本命にしちゃおうかなと。
例年はあまり天皇賞に繋がらない重賞ですが、今年は珍しく天皇賞でも楽しみな馬が見つかったダイヤモンドSになりました。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年02月16日

きさらぎ賞、ダイヤモンドS 最終予想

まずは3歳クラシック路線を占う大注目のレースきさらぎ賞から。
過去の傾向はこちらです→データ

前走素晴らしい末脚で快勝したブラックシェルですが、負かした評判馬2頭の次走を見ると…。確かに強い馬だと思うのですが、何だか今回はえらく人気を被りそうな予感。あえて本命は違う馬から行ってみたい。ということで評価を下げて単穴評価。

◎はデータから10戦7連対を誇る前走芝のOP特別連対馬アルカザン。実績からも血統からも大得意なハズの京都なら重賞でも大崩れなく走ってくれそう。

○はG毅加紊發気曚豹裕い砲覆蕕覆気修Δレッツゴーキリシマを指名。地味な印象の馬ですが、重賞を3回使われて1度も掲示板を外していない堅実な走り。ここでもソツなく走ってくれそう。また朝日杯出走馬が良く馬券に絡むレースということで。

押えは対抗馬と同じく朝日杯出走馬ヤマニンキングリー。ラジオNIKKEI杯をキャリア1戦、初芝で3着したメイショウクオリア。勝ち切れない馬ですが相手なりに走れるスマイルジャック
そしてダートで強烈な末脚うレインボーペガサスもキャリアを積んだ今なら芝に戻っても面白そう!

買い目
◎アルカザン○レッツゴーキリシマ▲ブラックシェル
△ヤマニンキングリー、メイショウクオリア、スマイルジャック、レインボーペガサス

馬連 ◎−○▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△ 15点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△ 30点

ブラックシェルが絡んでも着順次第で思わぬ大きな配当がありそう!


続いては荒れるハンデ戦ダイヤモンドSです。過去の傾向はこちら→データ
長距離、そしてタフな東京競馬場が舞台ということでハンデ戦の中でも重ハンデ馬より軽ハンデ馬が好走しやすいレース。

57キロ以上のハンデの人気馬はイマイチ。そして前年のステイヤーズSで掲示板に載っていた馬は1−0−1−15。同じ長距離戦でも性質は別物。ということで嫌なデータが並ぶアドマイヤモナークは消し!
恐らくこの馬が1番人気だと思うのですが、1番人気も1連対のみと不振ですしね。来たら仕方ナス。

前走準OPで勝てなかった馬もよく馬券に絡むレース。本命は昇級初戦の1600万条件を2着、ハンデ53キロのエフティイカロスで。

対抗はその本命馬に前走勝っているコンラッド。単穴は菊花賞4着の実績がありながらここ2走の凡走でハンデ53キロと恵まれたエーシンダードマン。押えは何が来ても驚けないレース、軽ハンデ馬を中心に手広く。

買い目
◎エフティイカロス○コンラッド▲エーシンダードマン
△ブラックアルタイル、チェストウイング、ラムタラプリンス
△マンハッタンスカイ、テイエムプリキュア

馬連 ◎−○▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△△ 21点

今回はさすがにないだろ。と思いつつもツイツイ押さえに回しちゃったテイエムプリキュアの爆走にも期待!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年02月14日

ダイヤモンドS アドマイヤモナークは危険な人気馬かも!?

観る分にはきさらぎ賞の方が面白そうですが、馬券的にはこっちでしょうか。過去10年の結果をみてもガンガン荒れてる長距離のハンデ戦ダイヤモンドS。今年もなかなか面白そうな面子が集まりました。

G軌貊義阿旅咾譴襯譟璽垢箸いΔ海箸如▲侫Д屮薀蝓治咾妊ツンと勝負するためにも大きい配当を狙っていきましょう!

それでは過去1の傾向から。03年より200mほど延長されていますが気にせず過去10年、中山開催を除いた9回分が参考データです。

上位人気の成績
1番人気
5、10、4、3、5、9、4、7、
2番人気
1、5、5、6、3、1、8、6、4
3番人気
2、1、3、1、4、2、11、1、13
4番人気
13、3、9、2、2、6、3、10、11

二桁人気が良く絡み荒れるレースではありますが、3着以内でみると毎年必ず4番人気以内の馬が突っ込んできています。
相手、というか馬連も人気薄同士の決着があるレース。馬券は4番人気以内の馬を軸に3連複1頭軸。紐荒れ狙いが良さそうです。

上位人気馬のハンデから
4番人気までの馬のハンデ別成績です
57キロ以上
13、10、3、6、2、3、4、10、1、13着
55〜56.5キロ
1、5、4、9、2、3、3、5、1、6、9、8、11、6、7、4、11着
54キロ以下
2、1、3、5、5、1、4、2、1

見ての通り軽ハンデの馬が安定。54キロ以下で4番人気以内の馬は掲示板を外さぬ堅実な走り。今年該当馬がいるようなら是非狙いたいところ。
また人気薄も軽ハンデの馬が好走する傾向。とにかく軽い馬にはバシバシ印をつけるベシ。

前走から
万葉S1着馬
1、1、3、5、1、5、4
万葉S2着以下
10、13、15、2、10、1、3、9、11、3、9、1、4、1、5、7、14着
G供■猫靴之納板
4、5、4、5、3、7、9、11、1、4、8、2、7、6、8、11、6、7、10、13着
G供■猫靴韮驚絨焚
3、6、8、9、12、7、8、9、1、12、5、7、10、13、3、5、8、5、13、3、8、12、14、15、8、11着
1600万条件連対馬
2、16、12、4、2、4、11、2、9、11
1600万条件3着以下
7、14、6、11、2、5、6、8、10、10、6、8、9、7、10、2、10、12、2、2、3、9、12、13、15
1000万条件連対馬
11、3、1、6、7、6、10

前走万葉S好走馬が好成績なんですが今年は微妙に間隔が開いたため日経新春杯にまわられてしまいました。ここでも人気が予想されるアドマイヤモナークが今年唯一万葉Sで馬券に絡んだ馬なんですが、前々走だとどうなんだろう?

ステイヤーズS好走馬
前年のステイヤーズSで掲示板の載っていた馬(G兄代のハンデ戦のデータも含む)
3、10、4、7、10、9、11、6、7、9、8、6、10、4、1、7、10

東京の長距離と中山の長距離では全く別物のようで暮れのステイヤーズSで好走してた馬は軒並みここで凡走。連に絡んだのは昨年のトウカイトリックのみ。基本的には1枚割り引いた方がいいかも。

今日のまとめ
人気が予想されるアドマイヤモナークですが、ハンデ57キロ以上の人気馬はイマイチの成績。加えて相性の悪い昨年のステイヤーズS好走馬。おもけに万葉S後に日経新春杯を使いけっこうハードなローテーション。あえて蹴っ飛ばすのも面白いかも。
前走準OPで負けていても勝負になるハンデ戦。軽ハンデのマンハッタンスカイエフティイカロスあたりを軸に手広く流すのが良さそう。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年02月13日

きさらぎ賞 今年もガチガチ?

2月の3歳重賞第2弾きさらぎ賞。勝ち馬は勿論2着馬、3着馬からもクラシックで活躍する馬がわんさか出るスーパー出世レースですが、今年はどーなることやら。
堅いと思った共同通信杯があの結果ですからねぇ。今年の3歳牡馬はホント何が何だか。

そんな今年のきさらぎ賞ですが、とりあえず過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
1、2、9、1、8、3、2、3、2、
2番人気
9、1、1、5、2、2、10、1、1、2
3番人気
3、12、5、2、5、1、1、4、8、

毎年1、2番人気が1頭は連対、連対馬の最低人気は6番人気、3着以内に広げても7番人気までしか馬券に絡んでいません。
複勝圏内に入った30頭中26頭が5番人気以内というめちゃんこ堅いレース。傾向からは手堅く、点数を絞って。

実績から
朝日杯FSで掲示板に載っていた馬
4、2、9、
朝日杯FSで6着以下だった馬の成績
6、2、3、6、4、8、4、2、5、5、10、6、6着
ラジオNIKKEI杯で掲示板に載っていた馬の成績
2、8、1、2、5、8、11、2、4、7、1、2

前年の朝日杯に出走していた馬、ラジオNIKKEI杯で掲示板に載っていた馬がよく馬券に絡んでいます。率になおすとさほど…ですが前走、前々走でこのどちらのレースを走っていた馬はとにかく要注意。

前走から
前走朝日杯FS、ラジオNIKKEI以外の芝の重賞で掲示板に載っていた馬
4、9、3、7、9、3、6、3、4、2、3、10、11、4、4、6着
前走芝のOP特別連対馬
2、1、2、5、6、4、2、2、1、2
前走芝の500万特別連対馬
1、5、13、16、1、3、6、8、9、1、9、1、1、1、3、8、9、8着
前走芝の未勝利(2回目の新馬)1着馬
3、7、14、13、6、7、11、3、
キャリア1戦の馬
7、3、7、8、4着

OP、500万特別連対馬が好走しているように重賞実績は必要なく素質重視。しかしながら流石に前走未勝利、キャリア1戦の馬では厳しい模様。
朝日杯、ラジオNIKKEI杯以外の重賞を前走好走している馬は0−1−4−11と3着は多いものの不振傾向。やはりこちらも素質重視?というか、重賞でも王道を使ってきている馬がオススメ。

今日のまとめ
福寿草特別の1着馬ブラックシェル。今年はこの馬が1番人気でしょうか?データからも安定した成績を残している前走500万特別の連対馬。普通に考えればこの馬で堅い気がします。
ただ前走で負かした2頭の評判馬キングスエンブレム、ファリダットは共に次走1番人気で3着と期待に応えられず。。あれ??
評判馬2頭を破ったという付加価値で人気しすぎるようなら、馬券的にはちょいと買いづらい馬にも思えてくる。
それならば前走OP特別連対馬アルカザン、良く馬券に絡むラジオNIKKEI杯、朝日杯組メイショウクオリアレッツゴーキリシマあたりが面白いかも。
中心馬不在の3歳牡馬クラシック路線。その中心に!という期待でブラックシェルが過剰な人気になるようならあえて2着付け、3着付けの馬券を厚く買ってみたいなと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年02月11日

共同通信杯 回顧

サダムイダテン!?
う〜ん、なかなかそう思い通りにはいかんということでしょうか。例年以上に揃った今年の共同通信杯。その結果で春のクラシックの勢力図もおぼろげに見えてくるかと思ったんですけどねぇ。なんだか益々…

とりあえず予想結果です。予想

 1着△ショウナンアルバ
 2着△タケミカヅチ
 3着−マイネルスターリー
 4着−シングンリターンズ
 5着◎サダムイダテン

 6着△ホッカイカンティ
 7着△スマートファルコン
 9着○サブジェクト
10着▲ノットアローン

ショウナンアルバが3連勝で重賞初制覇!速い流れを好位から追走し直線に入っても持ったままという抜群の手応え。これはなかなか強いんじゃ。

ただ残念なことに期待されていた人気馬は軒並み凡走。辛口な言い方ですが2〜4着馬のこれまでの実績から判断すると普通のG靴OP特別レベル。
面子の揃った重賞を3連勝で制し一気にクラシックの主役へ!とは思えません。

逆に有力馬が1頭増えて混戦に拍車がかかったような、そんな印象。

このまま弥生賞、スプリングSが終わっても大混戦。さっぱりワケワカメのまま皐月賞に突入するのでしょうか。それはそれで馬券的には面白いんでしょうが、なんか寂しい。

一方牝馬の方はエアグルーヴの娘ポルトフィーノが8ヶ月ぶり、キャリア1戦でのOP挑戦を楽々クリア。
有力馬の故障が続きましたが、大物の戦列復帰で盛り上がりを見せて参りました。昨年のウオッカ、ダイワスカーレットのような名勝負をトールポピーとこの馬に期待したい!

ただ同厩なのが何ともなんですよね…。TRは仕方ないとしても本番では使い分けしないように願いたいものです。やはり同厩舎だろうとなんだろうと強い馬同士の対決は観たいですから。牡馬クラシックが本命不在の混戦模様、昨年のウオッカで実績があるだけに余計に心配です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年02月10日

シルクロードS 回顧

昨日の京都に引き続き、そして東京は2週連続での降雪のため代替競馬。朝、起きた時の状況から余裕で開催できてると思ってたんですけどね。。

まぁ明日も普通に競馬ができると思えばいいのかな。お陰さまで3連休競馬三昧です。
それでは本日の重賞シルクロードSの回顧を。予想

 1着▲ファイングレイン
 2着△コパノフウジン
 3着△ステキシンスケクン
 4着−リキアイタイカン
 5着○サイキョウワールド

 9着△ペールギュント
11着◎クールシャローン
12着△テイエムノブシオー
13着△アグネスラズベリ

荒れるレースですが一応毎年4番人気以内の馬が連に絡んでいるということと今年も1頭くらいは淀短距離S組が馬券に絡むんじゃないのかしら?という安易な予想で人気になりそうな前走淀短距離S出走馬から勝負。
最内枠を引いてしまったファイングレインより、ここ3走連続京都1200mに出走重賞でも1馬身差の競馬と安定したレースをしているクールシャローンに◎!

クールシャローン6番人気(笑)

よくよく結果を見てみると4番人気以内の前走淀短距離S出走馬ってファイングレインしかいないんですよね。
まぁ前日に書いてるんで人気はわからなかった訳ですが、迷ったもう1頭ファイングラインから行ってれば3連複を拾えてた!
変に枠だの着差だのハンデだので自分の予想を入れたのがまずかった。。自分で言ってて悲しいけど。

本命馬は11着と大敗しましたが、1、2番人気をバッサリ、コパノフウジンはキッチリ拾えて何気に紙一重だった今年のシルクロードS。
何となくコツを掴んだ気がしますし、来年こそは!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年02月09日

共同通信杯、シルクロードS 最終予想

雪が心配ではありますが、明日の天気はどうやら晴れ予報。多少馬場は渋っても競馬開催に問題はなさそうです。

良かった良かった。それでは今年のクラシック予想の鍵を握りそうな重要な1戦共同通信杯から。
過去の傾向はこちらから→データ

過去11年東京芝で行われた9回で5頭が出走し4勝をあげているラジオNIKKEI杯の連対馬が今年は2頭とも出走。よほどの事がない限り2頭とも飛ぶということは考えづらい。
本命は素直にここから。安定感イマイチな勝ち馬サブジェクトよりも、負けて強しの2着馬サダムイダテンに◎。恐らく人気もこちらの方が上でしょう。1番人気は中山開催を除けば6連続連対中!
人気面のデータからも堅い!と思う。

対抗はサブジェクト。しかし上記の通り安定感イマイチ。飛んでもいいように2頭軸ではなく◎からのフォーメーションで勝負!

単穴ですが、データからはあまり前走OP特別組の成績が良くない。という訳で小倉の500万を勝ち上がってきたノットアローンを指名。使われつつ折り合いもつくようになってきた。能力全開なら頭もある!かも。

押えは府中替りが魅力、前走データもいいタケミカヅチ。あとは前走500万勝ち馬とショウナンアルバと一応OP好走馬ホッカイカンティスマートファルコンを押えて終了。
もう1頭の勝ち馬レオマオスターは府中の1800mが長い気がするので消し。イイデケンシンは来たら諦める。

買い目
◎サダムイダテン○サブジェクト▲ノットアローン
△タケミカヅチ、ショウナンアルバ、ホッカイカンティ、スマートファルコン

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△ 15点

3連単 ◎→○▲→△△△△
     ◎→△△△△→○▲
     ○▲→◎→△△△△ 24点

続いては2日たってもさっぱりワケワカメのシルクロードS
過去の傾向はこちらです→データ

荒れるレースですが一応毎年4番人気以内の馬が連に絡んでいるということと、今年も1頭くらいは淀短距離S組が馬券に絡むんじゃないのかしら?という安易な予想で人気になりそうな前走淀短距離S出走馬から勝負。

最内枠を引いてしまったファイングレインより、ここ3走連続京都1200mに出走重賞でも1馬身差の競馬と安定したレースをしているクールシャローンに◎!前走半馬身差で負けているファイングレインとの斤量差も2キロ→3キロに広がってますし、単純計算でもこっちが狙い目かと。

相手は週中の見解どおりアストンマーチャンアイルラヴァゲインを蹴っ飛ばして紐荒れ狙いで超手広く。
特に人気薄の中では前走2馬身チョイの差の7着、ハンデ54キロのサイキョウワールドが面白そう!

買い目
◎クールシャローン○サイキョウワールド▲ファイングレイン
△ペールギュント、テイエムノブシオー、アグネスラズベリ
△ステキシンスケクン、コパノフウジン

馬連 ◎−○▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△△ 
    2頭軸 ◎○軸で総流し     計35点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年02月08日

小倉大賞典 気軽に最終予想

小倉で開催された過去8回で二桁人気が4勝。しかし一方で3番人気以内の馬が毎年連対。
まさに理想のハンデレースといった結果が続いている小倉大賞典。

なんですが、馬券を買う立場からするとまるでわからないやっかいなレース。こういうレースは真面目に予想すればするほど当たらないもの。
いい意味で適当に。そして少額で気軽に予想してみようと思います。

それでは早速。
前走はOP特別惨敗からの巻き返しが頻繁にあるレースなんで無視。“毎年3番人気以内の馬が連に絡んでいる”というデータを鵜呑みにして予想。
今年3番人気以内に入りそうな馬はマルカシェンクディアデラノビアフィールドベアーニルヴァーナあたりでしょうか?

ということでこの4頭の中からディアデラノビアを指名!牝馬限定戦が多いとはいえ実績最上位、牡馬相手でもG競ールカマーで3着がありますしね。
56.5キロと実質トップハンデを貰っちゃいましたが、トップハンデの馬は只今3年連続で馬券絡み中と重ハンデ馬が好走できるレース。
前々走57キロで走ってますし重量的にも問題ないんじゃないかと。

相手はもう超手広く。傾向どおりの紐荒れ狙い。人気が無さそうな馬では小倉3戦3連対のデンシャミチに期待。
マルカシェンクは1年前1番人気で沈んだレースというだけで消してみる。

買い目
◎ディアデラノビア
△フィールドベアー、ニルヴァーナ、デンシャミチ、アサカディフィート
△ワンダースティーヴ、オースミダイドウ

馬連 ◎−△△△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−△△△△△△ 15点


注目のポルトフィーノが復帰するエルフィンSは見るだけにしようかなと。ライバルのPO馬なんであっさり勝たれるとチョコ的にはお先マックラー。
でも競馬ファンとしては圧勝して競馬を盛り上げて欲しい!う〜ん、複雑。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList