2008年11月

2008年11月30日

ジャパンC回顧 ニューヒーロー誕生に大興奮!

ジャパンC予想結果 予想

 1着−スクリーンヒーロー
 2着△ディープスカイ
 3着○ウオッカ
 4着−マツリダゴッホ
 5着◎オウケンブルースリ
 6着▲メイショウサムソン

 9着×パープルムーン
13着×シックスティーズアイコン
14着×ペイパルブル

いやいやいやいやいやぁ。とうとうですよ。レース後に目に涙が溢れたのは馬券が外れたからではありません。

ついにグラスワンダー産駒が平地G気鮟蘊〕!

この日をどんなに待ったんだろうか。まさかこの最高の舞台で。それもダービー馬、グランプリホース、菊花賞馬を2〜6着に従えての勝利!!

そしてダイナアクトレスの一族もようやくG気房蠅届きました。おまけに最弱世代とも呼ばれた4歳牡馬世代もここに来てビッグタイトルをゲット。

なんてドラマチックなG犠〕なんだろうか。

ただ大激戦だった天皇賞を使ったディープスカイウオッカには当然反動があったことでしょうし、メイショウサムソンは海外帰りという不安要素もありました。また調教抜群だったとはいえマツリダゴッホは有馬への叩き台だったのかもしれません。
スクリーンヒーローにも前走から斤量+4キロやG欺蘢戦と不安材料がありましたが、恵まれた面も多少はあったのも確か。
豪華面子のジャパンCを勝ったとはいえ一気に古馬最強を名乗るのはまだ早い。なので有馬でもう1度素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しい!!

この馬の出現でグーンと有馬記念が楽しみになりました。父が2度勝った有馬記念で今度はどんなレースを見せてくれるのか。こんなワクワク感はホントに久しぶりな気がします。

最後に。このジャパンCで今年の年度代表馬が決まっちゃうかな?とも思ってみていました。当然候補はウオッカとディープスカイ。今回両方とも勝てないのならウオッカが弱冠有利かなというのが私の見解。
もし年度代表馬にウオッカが選ばれるとしたら、スクリーンヒーローはウオッカにとってもヒーローになるかもしれませんね。

今夜はゆっくりグラスワンダーのDVDでも見ながらお酒を飲もう。馬券はボロ負けでしたが祝杯です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月28日

ジャパンC、京阪杯 (最終)予想

明日府中に行くことになりました。帰りは何時になるのか?というか帰ってこられるのか?仮に帰ってきたとしてもブログを更新できるほどの体力は残っていないだろう。ということで早いですがジャパンCの予想も本日更新しちゃいます。
ただまだちょいと迷ってるのと、明日の結果次第で予想を変える可能性もありますので、そうなった場合は当日にでもまた更新しようかと思っております。

それでは早速ジャパンCデータ

過去菊花賞→ジャパンCの連覇はありません。ただ菊花賞馬はJCをスキップすることが多く仮に出ていれば。と思わせる馬は何頭もいました。過去10年で菊花賞馬は3頭出走し14、2、3着。2/3の確率で馬券になってるのなら悪くはありません。また2着馬や4着馬からも巻き返しが見込めるステップというのも魅力。
ダービー馬3頭それぞれに不安があると思うので今年は菊花賞馬から勝負!◎オウケンブルースリ。3000mよりも2400mの馬だと思いますし、何より府中も合いそう!

相手の中心はやはりダービー馬3頭。その中で最も上位に取りたいのは、好データが揃う天皇賞馬であるウオッカ。この馬の不安材料はズバリ2400m。3歳春の時点でこなしてはいますがジェニュインのようなマイラーでも完成度と能力でこなしちゃうのがダービー。その後の2200m以上の成績を並べてみると…
あまりにも強かった安田記念。皮肉にも逆にそれがここでは不安材料に。

ダービー馬の2番手評価にこちらも好データである宝塚記念連対馬のメイショウサムソン。この馬の不安材料はやはり衰え。3歳時から活躍しもう既に5歳。テイエムオペラオーやゼンノロブロイの最後の秋と被る。

押え評価に今年のダービー馬ディープスカイ。同年のダービー馬の成績は3、13、1、4、6、4着。天皇賞3〜5着馬の成績は14、14、15、5、4、2、13着。
来るなら来年かなという気もしますが。。一応押えに回す予定。天皇賞で◎打った馬に勝たれて馬券が外れる事だけは避けたいので。。

マツリダゴッホはここは有馬への叩き台と決め付け消し。そうなると他に買えそうな日本馬はいないので穴は外国馬たちに。体調があまり良くなさそうなマーシュサイドを切った3頭へ。

買い目
◎オウケンブルースリ○ウオッカ▲メイショウサムソン
△ディープスカイ
×ペイパルブル、パープルムーン、シックスティーズアイコン

馬連 ◎−○▲△××× 6点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△××× 30点


続いて明日のメイン京阪杯。2年ぶんですが一応データ らしきもの。

別定戦ということでG毅鈎綰呂任癸毅競ロで出走できる。これまでの2年も堅く収まってますし素直にビービーガルダンに◎

対抗はいよいよ1200mに出走するファリダット。力を出し切った本命馬を捻じ伏せる可能性があるのはこの馬だけかなと。スワンS8着からというのも臭いです。

単穴、押えも人気どころですが京洛Sの連対馬のスプリングソングと、ウエスタンダンサー
本命も相手も人気どころ。。他にも買いたい馬はいますがこの辺で。

買い目
◎ビービーガルダン○ファリダット▲スプリングソング
△ウエスタンダンサー

馬連 ◎−○▲△ 3点

3連単 ◎→○▲△→○▲△ 6点


それでは久々の生観戦楽しんできます!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月26日

京阪杯 過去の傾向から?

人気先行でまだ結果がついてきていないファリダットですが、負けたレースも含めて大物感はたっぷり。適距離とみられる1200mで一体どんな競馬をするのか?
そして夏場に急上昇、スプリンターズSでも3着に入った上り馬ビービーガルダン。当然春のG気任發澆討澆燭ぃ影ですし、ここは是非とも賞金加算をして欲しいところ。
JCの1日前ということでやや盛り上がりに欠けそうなレースですが、今年は注目馬2頭の登場で例年より楽しんでレースが観られそうです。

ただ1200mになって今年で3回目。傾向なんてものはあったとしてもまだわからない状態。なので傾向というよりも前2回のまとめみたいな感じですが一応。

上位人気の成績
1番人気 9、
2番人気 3、3
3番人気 2、4着
4番人気 1、2

1年目は1番人気が飛んだものの2〜4番人気でワンツースリー。昨年は上位4番人気の馬で4着まで独占。
別定戦ということもあり、これまでの2回は順当におさまってるご様子。

前走成績から
スプリンターズSで掲示板に載っていた馬

スプリンターズS6着以下
14着
スワンSで掲示板に載っていた馬
4着
スワンS6〜9着馬
3、2、5着
その他の芝の重賞で掲示板に載っていた馬

その他の芝の重賞で6着以下
7、12、11着
OP特別連対馬
2、9、16着
OP特別3着以下
5、9、10、11、13、15、16、8、10、12、13、15、17、18着
1600万条件1着馬
1、6着

毎年多くの馬が出走してくる前走OP特別組。しかし結果は散々で特に3着以下に負けていた馬は巻き返しが見込めない雰囲気。ただ福島と京都はまるで違う馬場、“民友Cで馬場が合わずに沈んだ馬が京都替りで爆走”ってのは、いつかありそうな感じもしますけど。
これまでの2回を見る限り普通にG気篏転泙嚢チしていた馬が良く走ってる様子。特にスワンSが好調のようで一桁着順だった馬は5頭走って全て掲示板を確保。今後主力ステップになりそうな感じです。

今日のまとめ
注目の2頭ビービガルダンファリダットは共に過去2年で好走していた馬と前走成績が被る。人気になるでしょうがこの2頭から行きたいなと。
あとは休養明けの3歳馬がここで掲示板に載ったら凄い!と思ったセントウルSでなんと3着に逃げ粘ったスプリングソング。ダートを使ってボロ負けしましたが芝に戻った前走はOP特別をアッサリ。この馬も来春大きいところで観てみたい1頭。ここらで賞金加算をしてもらいたいところ。
なんか事前予想というよりも希望になってしまいました。。3頭とも賞金加算して欲しいところですが実際できるのは2頭。どの馬ができてどの馬ができないのか?3頭まとめてできなかったりして…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月25日

ジャパンC 過去の傾向から

ダービー馬3頭がダービーの舞台で激突。こんなのもう2度と見られないかも。
そしてダービー馬対決に隠れていますが菊花賞馬2頭も激突!更には昨年のグランプリホースもいよいよ国内G気忘G初出走。

天皇賞も盛り上がりましたが今週のジャパンCの面子の豪華さはそれ以上。ダイワスカーレットの不在は残念ですが、それを感じさせないほどの贅沢なメンバーです。
これだけの面子が揃うともはやお祭り。普通に予想をしても楽しめるでしょうし、純粋に好きな馬、勝って欲しい馬から買っても楽しめる!
どちらのスタンスで行く方も、思いっきりジャパンCを楽しみましょう!

それでは過去10年の傾向です。参考データは中山開催を除く9回分で。

上位人気の成績
1番人気
3、4、1、2、3、1、3、1、3
2番人気
2、1、3、1、4、2、2、10、4
3番人気
1、10、14、5、7、10、1、3、10
4番人気
4、5、13、4、1、5、11、6、
5番人気
8、6、2、3、2、13、5、2、1

最低着順4着という1番人気の安定感が抜群のレース。ただし3着が4回と連対率にすると5割を切る。。3連複や単の軸には最適ですが馬連の軸にしてぶっこみすぎると痛い目にあう可能性も。
1番人気から行くなら3連複、単を本線で。他の人気馬から行くとしても2頭軸の相手には1番人気が良さそうです。

実績から
前走天皇賞(秋)
1着馬
1、1、3、1、7、
2着馬
10、6、2、2、15、3、
3、4、5着馬
14、14、15、5、4、2、13

最有力ステップの天皇賞組は当たり前のように優勝馬が狙い目。ただ唯一複勝圏外に飛んだのが牝馬のヘヴンリーロマンスでした。その辺りがやや不安。
3〜5着馬で連に絡めたのは昨年のポップロックのみで、相性のいい同年京都大賞典の連対馬。他に買い材料がない限り割引き。
6着以下は1−1−0−19。アドマイヤムーン、ハーツクライの2頭が6着から巻き返していますが2頭とも宝塚からのぶっつけ。しかも宝塚記念では連対していました。特に実績もなく普通に6着以下だった馬はちと厳しいかなと。。

同年のダービー1〜3着馬
3、13、14、1、4、2、10、13、2、6、4着
同年の菊花賞1〜4着馬
3、5、14、1、2、4、3、16、2、11、2、6着
同年の宝塚記念連対馬の成績
10、1、1、2、5、2、15、2、1、3
同年京都大賞典連対馬の成績
1、2、1、5、1、4、10、

同年のダービーで3着以内に好走した馬の成績は僅か3連対。このうち同年ダービー馬の成績は3、13、1、4、6、4着。天皇賞3着以下の成績もイマイチですしディープスカイは怪しい感じが。。
菊花賞→JCと連覇を決めた馬は過去いませんが、4着から巻き返して連対した馬も2頭おりこちらは天皇賞と違い巻き返しが狙えるステップ。距離短縮がプラスになりそうな馬なら是非狙いたいところです。

今日のまとめ
上記の通りデータからはディープスカイはやや分が悪い印象。3歳馬を狙うならオウケンブルースリの方でしょうか。菊花賞→JCの連覇がないとはいえ過去10年で出走した菊花賞馬はエアシャカール、ザッツザプレンティ、デルタブルースの僅か3頭。しかもその内2頭が馬券になっています。
古馬勢ではやはり天皇賞馬ウオッカ。今年天皇賞をステップにした古馬でデータ上狙えそうなのはこの馬だけ。ただ去年暮れからの成績をみると1600m〜2000mがベストの印象。距離に不安も残ります。
天皇賞組以外では同年の宝塚連対馬であるメイショウサムソン!しかしこちらはややピークを過ぎた印象だけに…。

3世代によるダービー馬対決!ですが3頭とも不安材料アリ。。3頭まとめて飛ぶことも考えられませんが、ワンツースリーも考えづらい。
うーん。あれこれ考えず素直に好きな馬から買うべきなのか。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月23日

マイルCS 回顧

イケイケモードでぶち込んだ資金は紙くずに。夢は見られましたが、束の間の有頂天でした。
明日はまた節約して馬券を買わなくては。

マイルCS予想結果。予想

 1着○ブルーメンブラット
 
2着▲スーパーホーネット
 3着−ファイングレイン
 4着△カンパニー
 5着◎ローレルゲレイロ

 6着×マルカシェンク
 8着△スズカフェニックス
14着△サイレントプライド
16着△エイシンドーバー

ローレルゲレイロ、抜け出した時には頭で来るか!と思ったんですけどねぇ。交わされてからはズルズルと。。僅か数秒の間に馬連が消え、そして3連単が消え…。しかし久々に大興奮させて貰いました。お陰で只今抜け殻です。

馬券はさておき、結果はというと。
共に前哨戦でスターホースを捻じ伏せた2頭のワンツーフィニッシュ。しかし勝敗の分かれ目は自慢の末脚の破壊力ではなく、3〜4コーナーでの進路の差。そしてその差を生んだのは枠順と吉田豊騎手の度胸のよさ。

とてもいい競馬でしたし素晴らしい騎乗でしたが、贅沢をいうと、ヨーイドン!での瞬発力勝負での結果もみたかったかなぁ。イチ競馬ファンとして純粋にどっちが切れるのか興味がある!
前走の勝利を金星というにはあまりにも失礼な今日の2頭の競馬。これから2頭でガンガンマイル路線を引っ張っていって欲しいものです。

それではすっかり金欠になってしましましたが明日の福島記念の予想を簡単に。
もうすぐ給料日どうにかなる!

普通に予想をするとフィールドベアーやレオマイスターなんですがこのレースはなんといっても福島記念。普通に予想をしてはいけない。
グラスボンバー。8歳でハンデ57キロ。いくら福島の鬼といってもと思ったら前日オッズ23倍?美味しいではないか。
七夕賞は直線不利があっての4馬身1/4差。4月の民報杯は2着。まだまだやれる!とオッズを見てから確信。

買い目
◎グラスボンバー○フィールドベアー▲レオマイスター
△マンハッタンスカイ、マイネカンナ、サクラオリオン

馬連 総流しで。

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△ 10点

ぶっちゃけると明日は福島記念よりもPO馬アドマイヤコブラが出走する京都もちの木賞の方が楽しみ。今日はダノンファントムが強い勝ち方をしてくれました。
POGの方は遅ればせながらも徐々に盛り上がってきた感じです。
ガンバレ!コブラ!!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月22日

マイルCS 最終予想

今日も当たり前のように重賞は外しましたが、1日トータルではようやくプラス。どうにかこうにか連敗ストップできました。
この調子で明日は重賞連敗ストップをG気之茲瓩燭い箸海蹐任后

といってもえらい難しいんですよね…。マイルCS
過去の傾向です→データ

3番人気以内の馬が毎年必ず1頭は連対。4番人気も5連対と好調で軸はこの中から選びたい。前日オッズで上位4番人気の馬はスーパーホーネット、カンパニー、スズカフェニックス、ローレルゲレイロ。
人気馬の前走成績のデータからは天皇賞出走馬のカンパニーと毎日王冠ステップのスーパーホーネットが信頼できる成績。素直に買えばこの2頭なんですが…

まずカンパニー。昨年は天皇賞3着からの出走で5着と鉄板とも思えるこのステップで人気を裏切った実績アリ。しかも今年の天皇賞ではレコード決着にタイム差なしの競馬。もう7歳ですしね、反動はあっても上積みは見込めません。
天皇賞より1枚落ちる面子といえど…。今年来れる馬なら既に昨年の時点で来てる気がする。押さえまで△

次にスーパーホーネット。後に天皇賞を勝つウオッカを差し切った前走の毎日王冠。まるでケチをつけられない素晴らしい内容でした。しかしこの馬、来るときは頭で来る事が多い勝ち切れる馬ですが、負ける時もまた潔い。
前走の時点であれ以上の状態があるんですか?というくらいのピーク。あれから1ヶ月経って状態を維持できているのかどうか。
もしデキ落ちしてるとするならば得意の惨敗もあるかも?単穴で▲。

ということで残った2頭から本命を。スワンS4着以下からの巻き返しはなし、緩やかにピークを過ぎてる感のあるスズカフェニックスより骨折明けで2着に突っ込んだ今が旬の馬ローレルゲレイロに◎

○はヴィクトリアMでウオッカとハナ差の競馬、前走でカワカミプリンセスを差し切っているブルーメンブラット。重賞ではなかなか勝ち切れなかった馬がついに前走で勝利。勢いに乗って連勝でG犠〕もあるかも。

押えに上記のカンパニースズカフェニックスと安田記念3着のエイシンドーバー。鬼門の富士Sステップも今年旬のフレンチデピュティ産駒サイレントプライド。そして最後に京都のマイルでこの人気なら買ってみたいマルカシェンクを穴で。

買い目
◎ローレルゲレイロ○ブルーメンブラット▲スーパーホーネット
△カンパニー、スズカフェニックス、エイシンドーバー、サイレントプライド
×マルカシェンク

馬連 ◎−○▲△△△△× 7点

3連複1頭軸 ◎−○▲△△△△× 21点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△△× 36点


本日PO馬が爆走してくれて手に入れた資金。全部ここにぶち込みます!まだシラフなのにイケイケモード(死語)。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月21日

東スポ杯2歳S 最終予想

今週は変則3日開催。どうか3タテだけは喰らいませんように。。

出だしから非常に弱気な発言。しかしここ最近重賞のみならず平場さえも全くいいとこなし。こんな調子なのに強気にガンガン賭けると…

こういう時は臆病でちょうどいいのよね、

まずは3日間無事に競馬ができるように。資金を減らして。安い配当を当てて流れを呼び込みたいところ。
そんな気持ちで迎える今年の東スポ杯2歳Sです。データ

幸いにもこの東スポ杯2歳Sがひじょーに上位人気馬が強いレース。おまけに今年人気になりそうな馬は過去10年で最多の複勝回数を誇る前走OP特別組。捻らず。
本命はダノンカモン。前走OP特別連対馬が好成績。その中でも最多の6頭が馬券に絡んでいるいちょうS組。レース内容自体は4着に敗れたブレイクランアウトの方がインパクトがありましたが、こちらの方が1800mに対応できそうな気がする。

対抗にそのブレイクランアウト。前走は好位を先行しながら直線で包まれ最後方に下がると言う絶望的な競馬。普通の馬ならボロ負けするところをこの馬は4着まで追い込んできました。
ポテンシャルの高さは恐らくこの馬が1番。しかしスピードがありすぎる気がするのでマイラーな気もするんですよね。速いペースを先行すると抜群の手応えのまま伸び切らなかった昨年のゴスホークケンみたいになる可能性も?

単穴にスズカワグナー。こちらも前走OP特別連対馬。ただ札幌の時計の掛かる馬場で連勝してきてる馬、府中に替わってどうなるか?血統もいかにもパワーのありそうな血統ですし。。
ということでいちょうS組より評価を下げての3番手評価で。

押えは他のOP特別組や重賞出走馬ではなく、過去の傾向から1発のあるキャリア1戦の馬サンカルロヒラボクエクセル


買い目
◎ダノンカモン○ブレイクランアウト▲スズカワグナー
△サンカルロ、ヒラボクエクセル

馬連 ◎−○▲△△ 4点

3連単 ◎○→◎○→▲△△
     ◎○→▲△△→◎○ 12点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月20日

東スポ杯2歳S 過去の傾向から

今年は重賞好走馬こそいないもののコスモス賞の勝ち馬スズカワグナー、いちょうSの優勝馬ダノンカモン。そしてそのいちょうSで直線囲まれ致命的な位置から4着まで追い上げた大物候補ブレイクランアウト
キャリア1戦で出走する馬の中にも楽しみな馬が多く例年通り高レベルのレースが期待できそうです。

1着馬だけでなく2着馬、3着馬も後々活躍する事が多く、昨年は4着馬から2歳王者を輩出という超出世レース。
結果だけでなく、どういうレースをしたのかもしっかりチェックして次走以降に活かしたいものです。

それでは東スポ杯2歳Sの過去10年の傾向です。参考データは中山開催を除く9回分で。

上位人気の成績
1番人気
1、3、3、13、1、4、1、1、
2番人気
5、4、4、1、3、2、3、3、
3番人気
2、9、1、4、9、8、5、9、
4番人気
4、1、9、2、13、3、4、2、
5番人気
3、2、7、8、7、1、2、4、

連対馬の最低人気は昨年の勝ち馬フサイチアソートの9番人気。それを除くと全て6番人気以内と比較的堅い傾向。ただ1、2番人気での馬連決着がないんですよね。。4〜6番人気が好調でそこそこ美味しい配当になることが多いレース。人気的にはその辺りを狙いたいところです。

前走から
札幌2歳S連対馬
1、1
デイリー杯2歳S連対馬
2、
前走OP特別連対馬

2、3、3、2、3、10、11、15、5、1、3、10、1、5、3、2、3、
前走OP特別3〜5着馬
6、7、9、6、15、2、10、6、8着
前走500万条件1着馬
8、2、6、7、8、13、5、11、4、2、15
前走未勝利戦(2回目以降の新馬戦)1着馬
1、9、10、4、5、6、9、11、7、8、10、11、9、13、14、16、18、7、9、11、9、3、6、4、10、8、10、14着
1〜3番人気のキャリア1戦の馬
2、5、4、1、1、4、8、1、9、4
4番人気以下のキャリア1戦の馬
2、10、16、6、12、13、9、11、1、11、12着

ここ5年でキャリア1戦の馬が3勝。最近は2歳戦からガンガン使ってくる馬も減りキャリアの浅い馬の出走が目立ちます。その所為かキャリア1戦であっても楽に通用。特に重賞実績は必要のないレースといえそうです。
ただし、当然レース経験はあるに越した事は無い訳で。。札幌2歳やデイリー杯で連に絡んでいた馬はここでも好成績。そして前走OPで連対してた馬の成績も素晴らしい。
同じような人気なら迷わずキャリア1戦馬よりも、実績馬を選ぶべし。

今日のまとめ
前走OP勝ちの2頭は当然買い。そしてデータから3〜5着馬は不振も直線スムーズなら突き抜けてたかも!のブレイクランアウトも当然買える。というかこの馬が1番人気な気も。
上位人気馬が強いレースでデータ的にも上位人気になりそうな馬が良さそう。。
穴でキャリア1戦の馬を押えたいんですが、相当絞らないとトリガミが心配。。何を買うか?よりもどういう組み合わせで買うか?を悩みそうなレースになりそうです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList