2008年11月

2008年11月18日

マイルCS 過去の傾向から

今年のマイルCSはえらい混戦になりそうですねー。
また近年は天皇賞からの参戦が多く、結果も圧倒していただけに今年のような天皇賞組が少ないマイルCSは凄く新鮮に感じます。
タイキシャトルが引退して早10年。中距離までこなせる馬もいいけれど、久々にマイルのスペシャリストもみてみたい。

天皇賞組が少ないのでここ最近の傾向が参考になるかはわかりませんが、とりあえず過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
1、1、2、9、7、8、1、8、1、1
2番人気
8、3、8、2、11、2、9、3、7、4
3番人気
5、5、11、12、2、5、14、1、2、
4番人気
6、2、5、1、5、4、2、2、12、

二桁人気が2勝していたりで荒れるイメージがあるレースですが、上位3番人気の総崩れはなし。また4番人気も好調で4番人気以内同士での馬連決着が6回も。混戦の今年この傾向が当て嵌まるかはわかりませんが…。

4番人気までの馬の前走別成績です。
前走天皇賞出走馬
1、2、2、11、2、1、1、2、1、4、
前走毎日王冠出走馬
2、2、4、
前走スプリンターズS出走馬
8、1、12、7、1、8着
前走スワンS出走馬
6、3、5、11、
天皇賞、スプリンターズS以外のG汽譟璽垢暴仭していた馬
1、8、5、3、7、12
それ以外のレースに出走していた馬
3、5、2、9、5、5、8、9着

強い上位人気馬。しかし人気で連対した馬の半数が前走天皇賞からのステップでその天皇賞のステップレースである毎日王冠からも3連対。
スプリンターズSやスワンSといった短距離レースをステップにしてきた人気馬はぶっちゃけ微妙な成績。強いマイラーを観たい!と言っても人気馬から買う場合は距離短縮ローテがオススメです。

前走成績から
今度は5番人気以下の馬も含めて。主要ステップをちょっと詳しく。
天皇賞(秋)3着以内
1、2、4、1、4、5
天皇賞(秋)4〜9着馬
11、2、10、7、14、2、6、11、6、13、8、1、2、8、
天皇賞(秋)10着以下
3、11、17、3、13、5、12
スプリンターズS掲示板から
8、12、7、15、1、1、6、8
スプリンターズS6着以下から
18、1、3
スワンS3着以内
10、3、3、18、4、11、6、4、3、13、3、3、4、7、11、6、3、15、2、12
富士S3着以内
10、2、8、9、5、9、12、5、8、6、10、16、9、18、10、13着

天皇賞組がカンパニー1頭ということで当然他のステップにも目を配らなくてはいけませんが…、スワンSは11年前にタイキシャトルが優勝して以来勝ち馬なし。というか連対馬も昨年のスーパーホーネットのみ。しかもスワンS組は4着以下からの巻き返しもありません。なんつー悲惨なステップレースなんでしょうか。
そして更に悲惨に見えるのが富士S組。ただしこちらは5着から巻き返して優勝したトウカイポイントがおり連対数ではスワンSを上回っています。とはいえとても狙える成績じゃありませんが…
最後に凡走も多いものの1発の魅力がある前走スプリンターズS組。こういう混戦の年にこそ狙いたいステップ!なんですけどね…。今年は1頭もおりませぬ。。

今日のまとめ
やはり傾向からは唯一の天皇賞ステップ馬カンパニー。そして毎日王冠ステップのスーパーホーネット
ただカンパニーは昨年もこのステップで参戦し3番人気で5着。そして前走ウオッカをやぶったスーパーホーネットですが逆にそれが心配。なんかあそこで完全に仕上がっちゃってた気もするんですよね。1ヶ月以上ピークを持続するのも大変でしょうし。叩いて更に上向いてたら凄い事になりますけど。
データから信頼できそうな馬は2頭。しかし2頭とも不安材料はアリ。もし2頭とも飛ぶようなことがあれば前代未聞の馬券が炸裂するかも!?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月16日

エリザベス女王杯 回顧

エリザベス女王杯 予想

 1着−リトルアマポーラ
 2着◎カワカミプリンセス
 3着○ベッラレイア
 4着−マイネレーツェル
 5着▲レインダンス

 6着△ムードインディゴ
13着△エフティマイア

今年の3歳はレベルが低いんだと。決め付けたらこの有様です。オークスで1番人気に支持されていたリトルアマポーラが秋華賞6着から巻き返して優勝!おまけにポルトフィーノが50キロほどの斤量差を活かして先頭でゴール板を駆け抜けました。

3歳時はあんなに強かったカワカミプリンセスも最早5歳。その間骨折もありました。3歳時の強さを求める方が無茶だったのかもしれません。
残念ながらここで勝てないようだと、1つ下の2頭には…
次走は予想を裏切る走りを期待したいところですが競馬には世代交代はつきもの。もし駄目でも仕方なしなのかなと…。

さて、折角G気鰺ゾ,靴燭里縫ぅ泪ぅ舛壁床舛砲覆蠅修Δリトルアマポーラ
春のクラシックでは人気を裏切り凡走。しかも今回はあの2頭が不在の最強牝馬決定戦。低評価になってしまっても仕方のないところ。
ただこの馬、これまでの敗因は明らかに位置取り。桜花賞、秋華賞でも最速のアガリを繰り出しています。今回ようやく好位からの競馬ができたと思ったらアッサリ。

春のクラシックで活躍した2頭が沈み、秋華賞2着馬も掲示板に載れず。これですから、これまでやった3歳牝馬路線はやはりレベルが高いとは思えません。
そんな世代の馬が勝ったにもかかわらずリトルアマポーラはひょっとするかも?と思わせるのは同じくルメール騎手によって新しい味を引き出されたハーツクライと被るから。

最強牝馬2頭が不在、また人気も注目も1頭で背負っていたカワカミプリンセスが負け、更にはカラ馬が先頭でゴール板を通過。
ヘタすればどっちらけムードしか残らなかった今年の女王杯でしたが、ルメール騎手のお陰で楽しみが少し残りました。

でもルメール騎手感謝!と素直に言えないのは何故だろう?せめて馬連だけでも当てときたかったんですorz

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月15日

エリザベス女王杯 最終予想

ポルトフィーノが前売り2番人気とは。単勝だけかと思いきや結構馬連の方でも人気になってるようです。
恐るべしエアグルーヴ。

確かに休養明けで1600万を勝つあたりは普通じゃありません。しかしいくらなんでもこれは過剰人気では?マイルまでしか使ってない馬ですしねぇ。そして走りを見てもどうもマイラーっぽい気がするんですよね。。
来たらスゲーを連呼して諦める!

とりあえず良血馬を1頭バッサリいったところでエリザベス女王杯の予想です。データ

過去好走馬が多いのは前走で牡馬のトップクラスと走っていた馬たち。しかし今年はそんな馬は不在。
そうなると中心は当然府中牝馬S、秋華賞からのステップ。両レースともに6着以下からの巻き返しはデータからは非常に厳しい。
なので日本馬は府中牝馬S、秋華賞で掲示板に載ってた馬に絞って予想しようと思います。人気どころですがそもそも堅いレースなので手堅く絞って勝負。

◎は素直にカワカミプリンセス。牡馬の一流どころとやってきたような馬が好走しているレース。この馬も前走こそ限定戦に出走しましたが、牝馬同士で走るレベルじゃない馬。格の違いを見せ付けて欲しい!
ただ故障があったとはいえ4歳以降は頭で来ていないのも事実。完全復活を期待しつつも、3歳時がピークだとしたら取りこぼしは考えられる。
なんとなくナリタブライアンと被るんですよね。。

○は前走でいよいよ復調したベッラレイア。昨年の秋華賞ではウオッカ、ダイワスカーレットと共に3強と呼ばれた素質馬。復調したのであればここでも当然勝ち負けできるハズ。

▲も強い4歳世代の秋華賞2着馬レインダンス。4歳になって5戦連続二桁着順とボロ負けを繰り返してた馬が、前走でようやく4着と復調気配。この馬も本来の力を出せれば。京都も合いそうですしね!

3歳世代はやはり世代レベルが気になるのでムードインディゴエフティマイアは押さえまで。
人気がないと怖いのが外国馬。ですが正直どっちを押えたらいいのかわかりませんし、かといって2頭も押さえる余裕はナス。来たら交通事故だと思って諦める。

買い目
◎カワカミプリンセス○ベッラレイア▲レインダンス
△ムードインディゴ×エフティマイア

馬連 ◎−○▲△× 4点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△× 18点


安くてもいい。今週こそ当たりますように!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月14日

京王杯2歳S 最終予想

遅くなりました。飲んで帰ってきた挙句、ネット環境を変えた為ちょっとPCをいじっていたらネットに繋がらなくなってしまいこんな時間に…。

ということで早速。データ

まずは前走重賞連対馬はデータ上不調ということでフィフスペトルを軽視。函館2歳からは間隔もあいてますしね。ただそこは2歳戦。僅か2戦で判断するのはさすがに危険。消すまでいかず押えの△で。

本命は好走馬の多い前走OP特別掲示板組からダブルレインボーを指名。いちょうS3着馬はキングストレイル2着、そして昨年のアポロドルチェが優勝と過去の好走馬からも狙い目です。

対抗は同じくOP特別好走馬のスパラート。4着と言っても躓いて出遅れたもの。それでいて勝ち馬から3/4馬身差なら、まともに走っていれば突き抜けてた可能性も?

単穴に巻き返しの多いデイリー杯2歳Sからトップカミング。そして押えに連対こそ少ないものの3着がやたらと多い前走500万1着馬スズノハミルトン、もう1頭のOP特別好走馬パドブレまで。

買い目
◎ダブルレインボー○スパラート▲トップカミング
△フィフスペトル、スズノハミルトン、パドブレ

馬連 ◎−○▲△△△ 5点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△ 24点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月13日

エリザベス女王杯 過去の傾向から

天皇賞で素晴らしい競馬をみせてくれた4歳牝馬ウオッカダイワスカーレット。この2頭がいる為、今年のエリザベス女王杯は牝馬最強馬決定戦とはいえなくなってしまいました。ボクシングでいうところの暫定王者決定戦みたいな感じでしょうか?女王だけど。

順調に行ってれば。本来なら暫定なんてつけるのが失礼な馬カワカミプリンセス。しかしながら1歳下にあんな凄いのが2頭もいたばっかりに。
現役最強牝馬の座を賭けて戦う為にもここは落とせない1戦。ここはキッチリと復活して貰ってこのあとの対決を楽しみにさせて欲しいものです。

という事で既に本命がミエミエではありますが過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
3、6、2、5、1、2、5、5、12、
2番人気
1、1、4、2、2、1、1、1、2、3
3番人気
5、13、1、4、8、5、9、8、5、
4番人気
6、7、5、1、3、4、2、3、3、
5番人気
2、3、12、3、6、6、、2、4、5着

1、2番人気が揃って連を外した事がなく3〜5番人気も好調。6番人気以下で連に絡んだのは99年のフサイチエアデール(7番人気)、06年のフサイチパンドラ(こちらも7番人気)のみ。
3着馬をみても10頭中8頭が5番人気以内。馬券は1、2番人気を軸に相手も相当絞って買わないといけないようです。

3歳馬
同年秋華賞1着馬の成績
14、5、1、2、、5、(12、1位入線降着)
2着馬の成績
9、10、2、1、
3〜5着馬の成績
8、7、2、10、4、7、11、6、1、5、13着

エリザベス女王杯で馬券連に絡んだ3歳馬は全て秋華賞で5着以内に入っていました。桜花賞馬レジネッタ、オークス馬トールポピーの巻き返しはデータ上ではちょいと厳しい感じも。

古馬
前走牡馬相手のG機■猫兇之納板に載っていた馬
3、6、1、1、1、2、3、
前走牡馬相手のG機■猫兇韮驚絨焚
1、1、11、6、
府中牝馬S1着馬の成績
1、13、4、9、2、4、2、8、7、12着
2着馬の成績
6、3、3、10、5、8、14、7着
3〜5着馬の成績
2、4、4、2、6、8、12、3、15、3、4、9、2、12、3、14、4、5、10
6着以下
11、11、18、3、9、12、14、6、11、14、8、9、11、6、13、7、13、17、8、11、15、9、13着

前走牡馬との混合G機↓兇鮖箸辰討た馬が凄い成績!6着以下からの巻き返しもあり要注意ステップなんですが今年は該当馬なし。
という事は当然の如く府中牝馬Sが中心に。このステップは6着以下からの巻き返しが3着に突っ込んだエイダイクイン1頭のみ。こちらも掲示板に載ってた馬を中心に買いたいところです。
ちなみに3着以内に入った全ての馬が重賞ステップ。今年は1600万を勝ったポルトフィーノが人気を集めそうですが…

今日のまとめ
府中牝馬S組は掲示板にさえ載っていれば着順はあまり気にする必要はなさそう。なので2着も問題なし!負けて強しの内容でしたし。また前走ではないものの前々走で牡馬相手のG兇嚢チしているのも好材料。今年の出走馬に他に牡馬の一流どころとやってきてる馬はいませんから尚更。
ということでデータからも問題なしのカワカミプリンセスで。相手も府中牝馬Sで掲示板に載っていた古馬2頭を本線に。3歳馬からは秋華賞で掲示板を外してるクラシックウイナー2頭よりも2着ムードインディゴ、5着エフティマイアの方を傾向からは狙いたいとこです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月11日

京王杯2歳S 過去の傾向から

今週はまず京王杯2歳Sから。
新種牡馬キングカメハ産駒はこれまで15頭が勝ち上がりました。そしてこのレースにはその内の3頭が登録。
府中で滅法強かったキングカメハメハの子供が府中の重賞に初出走!ここで上位独占するようなことがあると、他の有力馬も含めて来年のダービー非常に楽しみになってきます。

ちなみにキングカメハメハ産駒ですがこれまで挙げた16勝中15勝が芝のレースという芝巧者。ダートでは21戦して1勝のみという成績。まぁダートで人気になってるような馬はあまりいなく、また人気薄でも馬券に絡んでいるのでダートが苦手という訳ではないのでしょうけど…。随分と偏った結果が出ているようです。

それでは話を戻して京王杯2歳Sの過去の傾向です。参考データは中山開催を除く9回分で。

上位人気の成績
1番人気
5、4、2、2、1、5、2、4、
2番人気
3、6、1、1、3、16、9、5、13
3番人気
4、2、3、8、5、2、8、1、
4番人気
2、5、5、6、7、3、1、10、
5番人気
9、7、4、5、2、7、3、12、10

毎年4番人気以内の馬が1頭は連対。上位人気馬がそこそこ頑張ってる一方、9番人気が勝ったり二桁人気も2連対していたりで紐荒れも狙えるレース。
上位人気4頭の成績は1番人気が多少良いものの、複勝率で考えればさほど変わらず。どの人気馬を軸にするのかの判断が非常に難しい。

前走成績から
重賞連対馬
6、1、5、6、5、4、5、8、10、13着
重賞で3〜5着
5、4、8、
重賞で6着以下
1、2、3、10、1、7、6、9着

前走重賞出走馬は何故か連対馬の成績が悪く、逆に6着以下からの巻き返しが多い。特に連対数が多いのがやはり間隔も妥当なデイリー杯2歳S。
ということで夏場の重賞を使い一息入ってるような人気馬は凡走多く注意が必要です。

OP特別1着馬
4、9、11、2、2、1、13、3、9、4着
OP特別2〜5着馬
6、5、7、8、3、5、14、3、2、8、1、3、1
OP特別6着以下
7、8、13、4、14着
500万条件1着馬
3、1、3、4、5、8、3、9、
500万条件2着以下
2、8、7、2、6、10、5、12、14、7、9、12着
未勝利戦(2回目の新馬)戦1着馬
9、1、6、7、9、11、12、10、11、12、7、8、2、6、7、10、11、2、5、15
1戦1勝の馬
10、12、4、9、10、7、4、6、14、4、10、8、6、11着

前走がOP特別なら掲示板に載っていればあまり着順を気にする必要はなさそう。500万下1着から連勝で制覇したのはシベリアンメドウ1頭のみでしかも前走ダート戦でした。つまり2着以下に敗れていた馬も含めて芝の500万下を使った馬から優勝馬は出ていません。狙うなら2、3着付けも面白いかもしれません。

今日のまとめ
過去の傾向からは、キングカメハメハ産駒を狙うのなら2戦2勝で函館2歳を制したフィフスペトルではなく前走OP特別いちょうS3着ダブルレインボー
対抗候補はOP特別組のスパラート。そして巻き返しの多いデイリー杯からトップカミングあたりでしょうか。
500万下組は紐で2、3着付けで狙う程度で。こんな感じでいこうかなと。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月09日

アルゼンチン共和国杯、ファンタジーS 回顧

まずはアルゼンチン共和国杯 予想

 1着△スクリーンヒーロー
 2着△ジャガーメイル
 3着◎アルナスライン
 4着−テイエムプリキュア
 5着△ダンスアジョイ

 8着△キングアーサー
13着▲マンハッタンスカイ
16着○メイショウカチドキ

G誼間のG兇鬘敢仞ぢ紊妊錺鵐帖璽好蝓次先週の天皇賞がああいう結果だっただけにそういう結果だけ見るとなんだかなぁの牡馬4歳世代。
ただ連対したのは前走1600万を走っていた2頭スクリーンヒーロージャガーメイル。共に昨年のクラシックは未出走でした。
どの世代にも古馬になってからグーンと伸びる馬はいるもの。4歳牡馬世代にもようやくそういう馬が出てきたのかな?という印象です。

ただハンデ差もありますし過度な期待を賭けるのも…。4歳世代の牡馬にはこれまで裏切られまくってますからねぇ。
いい意味で裏切ってくれるといいんですけど。

そして3着に敗れた私の◎アルナスライン。こちらは過度に期待を賭けたらこのありさま。トップハンデだったとはいえ同期の2頭に完敗の内容でまたも賞金加算に失敗。
ちょっと重賞を勝つには時間がかかりそうな。。菊花賞後はこの馬がこの世代の中心になると思ってたんですけどね…。がっかり。

続いてファンタジーS

 1着−イナズマアマリリス
 2着−ワンカラット
 3着△アディアフォーン
 4着−ワイドサファイア
 5着△ルシュクル

 7着▲コウエイハート
 8着△メイクデュース
10着○ナムラミーティア
13着◎プレザントブリーズ

断然人気馬を蹴っ飛ばし馬連6頭BOXと万全の状態で波乱待ち。馬券が当たるかどうかはワイドサファイア次第。レースでは買った馬ではなくワイドサファイアを目で追いながらの観戦。
スタートで軽く立ち遅れると道中は掛かる仕草も。そしてG前強襲も届かず4着!

キタキタキタキタ

速いペースに対応できずというのが切った理由だったんですが、道中は近年稀にみるドスローに。予想したのとはまるで違った飛び方をしたものの結果オーライ。切った断然人気が飛んでくれました。んで、1、2着馬を確認してみると。。

イナズママリリスワンカラット

競馬ってのは馬券が当たったのを確認してから喜ばなくてはいけません。こんなの当たり前。ワイドサファイアが飛んだ時点で喜んでた私って、端から見ればただの性格悪いおっさんですよ。。大反省。
ただ収穫も。ワイドサファイアをずーっと目で追っていたので次走に向けてのチェックはできました。JFに出てこれたら今度は重い印を打とうかなと。


最後にジョッキーマスターズとオグリキャップについて。
ジョッキーマスターズは河内先生が2連覇を達成!ゴール前は4頭揃っての追い比べ。見応え十分でした。こういうイベントは毎年のようにやって欲しいものですねぇ。世界遺産 岡部幸雄と書かれた垂れ幕には爆笑してしまいましたが。
そしてオグリキャップ。興奮したのか馬っ気を。。
元気な姿を見れてよかったです(変な意味じゃなく)。こういうイベントはなかなか来年もというのは難しいかもしれませんが、種馬を引退した馬などで元気な馬がいればまた是非企画して欲しいものです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年11月08日

アルゼンチン共和国杯、ファンタジーS 最終予想

今週の3重賞の中で最も的中させやすいと思われた武蔵野Sは大金をぶっこみ余裕で外しました。ヤケクソで先ほど約3000円するガンダムの本をネットで注文。また夜の晩酌用にと上等な刺身も購入。
おまけに馬券で当てて買おうと思っていたこれまた上等なお酒も…。

明日は何が何でも当てなくてはなりません。月初めから何故こんなに自分を追い込んでしまったのか?自分でもサッパリ。
来週、再来週とG気続くのに…。

まぁ追い込まれると本来持ってる以上の力を発揮する場合もありますからね。稀に。
明日がそうであると信じたい。

アルゼンチン共和国杯 データ

懲りずに過去の傾向を信じて。毎年3着以内に1頭は入る3番人気以内の馬から本命を。
前日オッズで3番人気以内の馬はアルナスラインジャガーメイルスクリーンヒーロー。ステイヤーが活躍するレースですし来春に向けて準OPの2頭に頑張って欲しいところですが…。ここは最近5年で6頭も連対馬を出している京都大賞典組アルナスラインに◎!
いくら強いといっても、いくらハンデ戦といってもこれからG気鯡椹悗糠呂この相手で負けちゃあいけません!

相手本線も好相性京都大賞典組から。前走準OP出走馬が人気になっており配当的にも狙い目かと。
ということで対抗はメイショウカチドキ。その京都大賞典では後方から鋭い脚を使い3/4馬身差の4着。しかも前走同斤だったアルナスラインとは今回4キロ差のハンデ。そんな馬が前日で20倍以上もつくとは!何もかも美味しい。

単穴も同じく京都大賞典組ンハッタンスカイ。こちらは既に重賞で結果も出していますし。このオッズでこのステップなら厚めに買いたいところです。

押えに前走1600万組をスクリーンヒーロージャガーメイルキングアーサー。そしてダンスアジョイまで。

買い目
◎アルナスライン○メイショウカチドキ▲マンハッタンスカイ
△スクリーンヒーロー、ジャガーメイル、キングアーサー、ダンスアジョイ

馬連 ◎−○▲ 3点

3連単 ◎→○▲△△△△→○▲△△△△ 30点


ファンタジーS データ

前売り1.7倍!やはり被ってるワイドサファイア。しかしここはあえて嫌ってみる!
理由はデータ記事にあるとおり、前走1600m以上レースを使っていた馬が不振の為。ましてやこの馬はキャリア1戦。
ゆる〜い流れになる事が多い2歳マイルの新馬戦と1200、1400mを使ってきた馬が多く揃うこの重賞の流れは別物。
重賞級、G亀蕕亮体呂あったとしても今回は。。ということで気合いの切り!

前走4着以下からの巻き返しが厳しいレース。馬券は重賞、OP、500万特別で3着以内だった馬を中心に。

本命は好ステップりんどう賞の2着馬プレザントブリーズ。鞍上はアルナスラインを降ろされた怒りをここにぶつけてくれるハズ。

対抗、単穴に前走重賞連対馬の2頭ナムラミーティアコウエイハート

押えはルシュクルメイクデュース、そして一応アディアフォーンも。

買い目
◎プレザントブリーズ○ナムラミーティア▲コウエイハート
△アディアフォーン、ルシュクル、メイクデュース

馬連 ◎○▲△△△ 6頭BOX 15点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△ 24点


アジア競馬会議記念デーということで今日からレース名が凄いことになってますが、何もメインがアルゼンチンの日にしなくても…
わざとやってるんでしょうかねぇ?
オグリキャップのイベント。ジョッキーマスターズが楽しみです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList