2008年12月

2008年12月31日

来年の勝手なクラシック予想 牡馬編

今年もこれで最後の更新になりました。1年ホント早かった。
今年も無事にブログを続けられたのは見に来て頂いてる皆様のお陰です。大感謝!来年も相変わらずの更新になると思いますが、また一緒に競馬を楽しんで行きたいと思っております。

それでは昨日に続いて牡馬の方の勝手なクラシック予想を。

皐月賞
昨年のこの時期は活躍馬の殆どがマイラータイプの馬で既に混戦ムードが漂っていましたが、今年はクラシックの核になるであろう馬がラスト2週で3頭も重賞、OPを勝ちました。
その中でも最も皐月賞向きだと思われる馬がホープフルSを勝ったジャングルポケット産駒のトーセンジョーダン。速いペースを楽に好位で追走できるスピードと追えば追うほど伸びそうなスタミナとパワー。まさに中山向き。また使いつつ1戦ごとにパフォーマンスがあがる奥の深さが何より魅力的。
あまりクラシックとは縁のないホープフルSの勝ち馬ですが今年のこの馬は一味も二味も違う印象。
2番手評価はラジオNIKKEI杯2歳Sで無傷の3連勝を決めたロジユニヴァース。バテた逃げ馬を交わしての4馬身差なので着差は鵜呑みにしない方が良さそうですが、こちらもパワフルで力強い末脚。中山の馬場も合いそうです。
既に中山で2勝を上げているトーセンジョーダンの方を上に取りましたが、能力的にはこっちの方が上かも!?
お次は朝日杯FSを勝ったグラスワンダー産駒のセイウンワンダー。朝日杯組では休み明けで勝ったこの馬が当然1番手評価。問題は距離が持つかどうか未知数なところでしょうか。父が出られなかったクラシックを是非獲って欲しいんですけどねぇ。
その他の馬では初戦でリーチザクラウン、ブエナビスタを完封しているネオユニヴァース産駒のアンライバルド。京都2歳Sは流れに乗れないちぐはぐな競馬で正直大敗もあるかと思って見ていたんですが、3着まで盛り返してきた。やはり力はかなりありそうです。
最後にキャリア1戦で東スポ杯2歳Sを勝ったステイゴールド産駒のナカヤマフェスタ、朝日杯FSではいいとこなく惨敗したものの巻き返しがありそうなシェーンヴァルトまで。

◎トーセンジョーダン○ロジユニヴァース▲セイウンワンダー
△アンライバルド×ナカヤマフェスタ、シェーンヴァルト

NHKマイルC
牝馬路線に1頭強いのがいますので桜花賞後に有力牝馬が例年以上に流れてきそう。その中でもし来たら面白そうなのがダノンベルベール。東京は向きそうですしね。
牡馬勢ではスピード感抜群のリーチザクラウンですが、果たしてこの路線で来るのかどうか?ラジオNIKKEI杯を見る限りやはり距離に限界がありそうなタイプ。2000mまでは馬場次第で行けたとしても2400mとなると。。
動向が1番気になる馬です。
朝日杯2、3着馬キングカメハメハ産駒のフィフスペトルブレイクランアウトも出走してきたら面白い存在になりそうです。
特にフィフスペトルはローレルゲレイロな臭いを醸し出しているので、出てきたら是非2着付けで狙ってみたい馬。
また皐月賞TR、皐月賞の結果次第ではもしかしたらセイウンワンダーも出てくるんじゃないかと。出てきたら買いますけど、出てくるという事は…。
出てきて欲しくない馬です。

◎ダノンベルベール○フィフスペトル▲リーチザクラウン
△ブレイクランアウトセイウンワンダー

日本ダービー
今年のダービー馬はまだこの時期未勝利だったんですよね。来年のダービー馬もまだ埋もれてるかもしれませんが、とりあえずデビューした馬に絞って。
1番手評価はロジユニヴァース。皐月賞で上にとったトーセンジョーダンはいかにも中山で強そうなタイプに見えたので評価を逆に。といっても府中の鬼ジャングルポケット産駒なので東京コースもめちゃんこ強いかもしれませんが。
ダービー馬の産駒同士がダービーで人気を分け合ったら凄く盛り上がりそう!
同じくダービー馬で前評判どおり“当たり年”だったスペシャルウィーク産駒では初戦が強い勝ち方だったダノンファントム(PO馬)と使いつつ成長してきそうなトゥリオンファーレ。2頭ともまだ1勝馬ですがダービーまでには余裕で間に合うハズ。
こんなダービー馬の産駒たちを相手に皐月賞でも好走してこっちに出てくるハズのセイウンワンダーが父の無念を晴らす!!
こんなドラマみたいな展開があったら最高だなと妄想中。

◎ロジユニヴァース○トーセンジョーダン▲アンライバルド
△ダノンファントム、トゥリオンファーレセイウンワンダー


それでは今年もほんとにありがとうございました。
そして来年もまた宜しくお願い致します。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年12月30日

来年の勝手なクラシック予想 牝馬編

毎年年末にやってるこのコーナーも今年でどうやら4回目。随分続いてるんだなと我ながらビックリ。
昨年は結果的に牡馬、牝馬ともに大混戦でかなり難しい状況でしたが、今年は1頭抜けた馬が。

敵は故障だけなのか?それとも他馬の巻き返しがあるのか?はたまたこれからデビューする馬に未知の大物が存在するのか?
とりあえず既にデビューした馬の中から勝手に来年のクラシック候補を見つけてみました。

桜花賞
今まで観た阪神JFの中でもトップクラス、というか1番強い勝ち方といっても過言ではなさそうなブエナビスタ。普通に考えればこの馬が大本命なのは誰がみても明らか。やや早熟気味の血統ですが兄たちをみれば3歳戦は大丈夫。
ただ活躍した兄たちと違うのは牝馬という点。お母さんは3歳春の時点で早くも逆転されちゃってるんですよね。。
敵は故障だけじゃなく早熟の血統もなのかもしれません。
対抗はキャリア1戦で阪神JFを豪快に追い込み3着、そして先週自己条件で殿一気の末脚をみせたミクロコスモス。能力的にブエナビスタに対抗できそうなのはこの馬くらいでしょうか。
ただキャリア1戦でJFで好走した馬ってその後…な馬が多いんですよね。また後方一辺倒になりそうなのもマイナス材料。初戦は好位追走の競馬をしてるんですけどねぇ。
その他のJF組は逆転が厳しいようにも思えますが、差し馬が上位を占めた展開で唯一先行し4着に入ったショウナンカッサイ。血統的にオークスではちょっとという馬だけに桜花賞での爆走を期待。
あとは同じく中団前目からの競馬で直線伸び切れなかった2番人気のジェルミナル、早めにマクリ差されたものの勝ち馬さえいなければ正に完勝だったダノンベルベールのタキオン産駒2頭。
そして最後にJF未出走馬からも1頭。先々週阪神の新馬を楽に突き抜けたこちらもタキオン産駒のブロードストリート
なんだかんだで終わってみればまたタキオン産駒でした。ってことにもなりそうなので。

◎ブエナビスタ○ミクロコスモス▲ジェルミナル
△ダノンベルベール、ブロードストリート×ショウナンカッサイ

オークス
はぼ毎年桜花賞組が中心になるのがオークス。なので予想は桜花賞とほぼ同じ。ブエナビスタが順調に桜を獲ってるようならここもアッサリ楽勝しそう。血統的に距離延長も問題ないでしょうし。
対抗は牡馬相手の1800mで結果を出しているジェルミナルを繰上げミクロコスモスを単穴に。
血統的にオークスでは買えないショウナンカッサイを外しゆったり流れたマイルのデビュー戦での勝ち方が良かったワイドサファイアを入れてみる。前走負けてしまいましたが逃げてのもの。まだ見限るには早いかなと。

◎ブエナビスタ○ジェルミナル▲ミクロコスモス
△ワイドサファイア、ダノンベルベール、ブロードストリート


私がやってるPOGではブエナビスタ、ミクロコスモスがライバルに指名されてるんですよね…。
一体幾らチョコ代を用意しとけばいいのやら。トホホ

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年12月29日

東京大賞典 回顧

東京大賞典予想結果

1着▲カネヒキリ
2着◎ヴァーミリアン
3着○サクセスブロッケン
4着△ブルーコンコルド
5着−フリオーソ

6着△ボンネビルレコード

前走JCダートで2度に渡る屈腱炎を克服し復活優勝を果たしたカネヒキリ。正直な話もうあれで十分頑張ったと。
どちらも全盛期は過ぎてる印象だったので、もし再戦があったとしてもどっちかが沈むんじゃないかと。カネヒキリヴァーミリアンの叩き合いが観たいと思っていましたが、それは無茶な願望。現実はそんなに甘くない。

そんなネガティヴな気持ちで予想してました。

それがなんと。まさにドラマのような直線の攻防。直線手前から併せるように進出。まずは先に抜け出していた3歳最強馬サクセスブロッケンに並びかけ3頭による叩き合い。
なんなく3歳最強馬を競り落とすと今度は最強6歳馬2頭によるゴールまで続くデッドヒート!!
大興奮の有馬記念から1日でこんな素晴らしいレースが観れるとは!

全盛期を過ぎた2頭?とんでもなく失礼な発言でした。たとえそうだとしても他馬とはまだまだ実力の差があるようです。
しかしこの2頭も来年7歳。いくらダート馬は競走寿命が長いとはいえ7歳馬2頭がいつまでも頂点に君臨し続けるのはいただけません。
この2頭の対決がまだまだ観たい一方、この2頭の間に割って入るニューヒーローの誕生を希望(実際、JCダートで間に入った馬がいましたが彼も来年7歳なんですよね…)

頑張れ!来年の4歳馬。

ちなみに馬券は外れました…orz

競馬blogランキング
TOPへ戻る


東京大賞典 いきなり最終予想

時間的にもギリギリになってしまいましたので超簡単に。大掃除をサボっての更新。

しっかしなんで大掃除って年末なんでしょ?外に出てやる掃除がめちゃんこ寒い。同じ1年に1度の大掃除なら夏場にビールでも飲みながらやるのがいいんじゃないかと。
そう提案したら、じゃあ夏場やっとけよと言われました。。

という事で東京大賞典。

全盛期は過ぎたとはいえ、まだまだ強いダートの最強馬2頭が早くも再戦。今度は大井で。
本命はヴァーミリアン。ピークは過ぎた印象ですが得意の地方の重い砂ならまだまだ余裕で実力上位。
勝ちきるか?となると疑問符もつきますが複勝圏は外さないハズ。

対抗にサクセスブロッケン。期待されたJCDは厳しい展開に泣き凡走しましたが実力的にはいつダートの頂点にたってもおかしくない馬。
最強馬2頭がいる内に大きいところを獲っておきたいところ。展開的にも前走より楽になるハズですし。

単穴に鮮やかに復活したカネヒキリ。ただ前走はかな〜り上手く乗られた印象。そして元々この馬は地方の砂より中央のダート向きのタイプじゃないかと。

押えにブルーコンコルドボンネビルレコード。人気どころばかりなので買い方は絞って勝負。

買い目
◎ヴァーミリアン○サクセスブロッケン▲カネヒキリ
△ボンネビルレコード、ブルーコンコルド

3連単 ◎○→◎○→▲△△
     ◎○→▲△△→◎○ 12点

3連単のみで12点。安くてもいい。当てて年越しをしたい!!

それではお風呂の掃除にうつります…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年12月28日

有馬記念 回顧!!

馬券は外れ、応援していた馬も完敗。なのにレース中もレース後も大興奮してしまいました。
ダイワスカーレットつえぇぇぇーーー!!

歴代最強牝馬といってもいいのではないでしょうか。クリフジという馬は観てないので比較はできませんが、私が競馬を見はじめてから、ヒシアマゾン以降の牝馬の中では1番強いんじゃないかと。個人的にはそう思います。

有馬記念予想結果 予想

 1着▲ダイワスカーレット
 2着△アドマイヤモナーク
 3着−エアシェイディ
 4着△ドリームジャーニー
 5着◎スクリーンヒーロー

 6着△アルナスライン
 9着×フローテーション
10着△ベンチャーナイン
12着○マツリダゴッホ

自ら逃げて2分31秒5。ペース配分が絶妙で楽な逃げとはとんでもない。JRAの公式を見ると最初の1100mで66秒1。1000mだと1分を切るラップ。
いくら中間芝を刈ったとしても十分過ぎるほど速いペース。
そして今回はマークも厳しかった。メイショウサムソンアサクサキングスは負かしに行く積極的な競馬。そして4コーナーでは同じく負かしに行く為に早めにスクリーンヒーローマツリダゴッホが並びかけに行く。

ダイワスカーレットが惨敗するのであればこういう展開だ!という展開でした。しかし負けたのは負かしに行った馬たち。
返り討ちにあったスクリーンヒーローは後方待機の死んだふり1発狙い勢にも差され5着。昨年の覇者マツリダゴッホはやはり仕上げすぎた前走の反動もあったのか力尽きて12着。
一緒に沈んでもおかしくないダイワスカーレットでしたが、直線では逆に突き放して悠々とゴールイン。

過去の有馬記念と比較してもトップクラスに入るであろう強い勝ち方。この馬、ディープインパクトなら差せたんだろうか?とかシンボリクリスエスがいたらどうだったんだろう?とか。
レース後はそんなことばかりを妄想。

この後は昨年断念したドバイWCにいくのでしょうか?もしそこでいい競馬をするようなら歴代最強牝馬という肩書きじゃおさまらなくなるかもしれません。
そしてもし今後国内で走るのならば…。何度も軽視してきた馬ですが、もう2度と軽視はしません。強すぎる。

最後に散々な目にあった牡馬勢。スクリーンヒーローは負かしに行っての5着。結果は残念でしたがレース内容には満足。まだまだこれから強くなるでしょうし来年は更なる飛躍を期待!
マツリダゴッホは…。巻き返しに期待…。恐らく中長距離路線で活躍する最後のSS産駒ですしね。

そしてメイショウサムソンカワカミプリンセス。ホントにお疲れ様でした。

そして私は…。気持ちを切り替えて東京大賞典の予想モードに入ります。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年12月27日

有馬記念 最終予想

やってきましたグランプリ。真剣に予想を楽しむのも良し、思い入れのある馬と心中するのも良し。
今年最後の中央G気鯡椣貲娚擇靴鵑嚢圓ましょう!結果もついてきたら最高なんですけどねぇ。

それではまず過去の傾向です。データ

過去の傾向を出したものの、私の今年の有馬記念は思い入れのある馬と心中。本命はグラスワンダー産駒のスクリーンヒーロー
好きな血統だからの◎ではありますが、同年のJC優勝馬は2、1、8、1、1着と好成績。天皇賞馬、JC2、3着馬が不在の今年はデータからもこの馬が一押しの存在。また素質が開花する前の3歳時に中山コースはG兇鬘嘉拜り5、3着、3歳時の成績では2戦走って4、7着の府中よりも中山の方が向いてる感じも。2週連続の親子制覇!お願いします!!

対抗に昨年の覇者マツリダゴッホダイワスカーレットの方が人気になっているようですが中山の2500mなら当然こっちかなと。実際昨年は捕まえてますし。
ダイワスカーレットの成長分は2キロ差に縮まった斤量差でカバー(昨年は4キロ差)。怖いのは叩き台だと思われてたJCで想像以上に仕上がってた点のみ。

単穴にダイワスカーレット。能力の高さはもはやいうまでもない馬。問題は7ヶ月明けで走った天皇賞の反動のみ。タフな競馬でしたしね。ぶっつけだった事も考えれば1番ダメージが大きそう。
また昨年と違い今回は人気を背負って、マークされる立場での逃げ。連を外すところは見たくはありませんが、人気と不安材料を考えると3番手評価くらいが妥当なのかなと。

前日1、2番人気である対抗、単穴が意外と怪しいんじゃないかと睨んでいるので押えは手広く穴どころも含めて。
まずはこの相手なら差し切らないと。とレース後落胆したアルゼンチン共和国杯のアルナスラインでしたが、今になってみると後のJC勝ち馬相手に5キロのハンデ差がありながら2馬身弱の競馬。頭まであるかも。
次に人気の2頭が逃げ・先行。展開が速くなり差し馬天国になった場合にあるかも!?な後方で死んだふり3人組ベンチャーナインドリームジャーニーアドマイヤモナーク
最後に久々にステイヤー臭プンプンの馬フローテーション。グラスワンダー産駒を本命にしていますしね!2着がこの馬だと失禁しちゃうかも。

買い目
◎スクリーンヒーロー○マツリダゴッホ▲ダイワスカーレット
△アルナスライン、ベンチャーナイン、ドリームジャーニー、アドマイヤモナーク
×フローテーション

馬単 ◎→○▲△△△△× 7点

3連単 ◎→○▲△△△△×→○▲△△△△× 42点


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年12月26日

ラジオNIKKEI杯2歳S 最終予想

毎年クラシック候補と呼ばれる馬が出走するこのラジオNIKKEI杯2歳Sですが、今年のリーチザクラウンはちょっと例年のそれとは大物感が違うといった雰囲気。何年に1度の期待感を感じさせてくれる馬です。
そういう評判の高い馬をみるとあら探しをしたくなっちゃうのが穴党の悲しい性。そしてこのリーチザクラウン、その“あら”が結構見つかっちゃうような。。

とりあえず過去の傾向です。データ

朝日杯組が調子がいいように前走1600mというのは特に問題なさそう。前走500万特別1着馬も良く来てますしね。
ぶっちゃけデータからは切れるような不安材料が見当たりません。

ただ、過去の傾向の記事でも書いてるように如何せんスピードがありすぎる!そしてこの馬、そのスピードを最大限に活かした逃げで前走、前々走を圧勝。
この馬のマイペースが他馬のHペースになっちゃう。そんなサイレンススズカのような逃げが打てる馬。
こういう馬はどこかで距離の壁があるハズ。壁がなければ3000mをぶっ飛んだタイムで走る事になっちゃいますから。

現時点でその壁がどこにあるかはわかりません。しかしマイルでもあんな強い勝ち方をしちゃうとなると2000mで既に不安。
恐らく断トツの1番人気。消すなら今回しかないかなと。ただ多少距離が長くても能力の違いで馬券圏内に残る事は考えれられる…。う〜ん。弱気の△で。

ということで本命は断然の成績を残している“5番人気以内の前走重賞連対馬”ロジユニヴァース。今年の札幌2歳Sはレベルが低いと睨んでいたんですが負かしたイブゼキュティヴが前走京都2歳Sを勝利。
3ヶ月ぶりのレース、しかもキャリア1戦でそのイグゼキュティヴを負かした馬。重い印を打たずにはいられません。

対抗にそのイグゼキュティヴ。重い札幌の芝で好走していた馬が京都で馬券になるのか?切ったら来た京都2歳S。負かした相手には新馬でリーチザクラウンを負かしているアンライバルドの名も(かなりちぐはぐな競馬で自滅っぽかったですが…)!
今の時計の掛かる阪神の馬場も合いそうな雰囲気。

単穴にロックオブジブラルタル産駒のロードロックスター。こういう重厚な?ヨーロッパの血統の馬ってこういうタフな馬場が合いそう。

押えは上記の通りリーチザクラウンと京都2歳Sの2着馬ファミリズム。京都で好走してきたDD産駒をこういう馬場で狙うのは好きじゃないんですが、他に狙えるような馬もいないんで。。断然人気馬を軽視していますし一応押えは手広く。
最後に友人のPOG指名馬トゥリオンファーレまで押えて終了。

買い目
◎ロジユニヴァース○イグゼキュティヴ▲ロードロックスター
△リーチザクラウン、ファミリズム、トゥリオンファーレ

馬単 ◎→○▲△△△ 5点

3連単マルチ ◎○軸で相手▲△△△ 24点

中山大障害は勿論グラスワンダーを父に持つマルカラスカルから。キングジョイとの2頭軸で行く予定ですが恐らく相当な人気。
紐と買い方(マルチにするか着固定にするか)で相当迷うことになりそう

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2008年12月25日

有馬記念 好きな馬から買う!!

今年は大好きなグラスワンダー産駒が人気で出走予定ということでお祭りレースらしく好きな馬から買う予定。
相手もほぼ決まっちゃってるので予想をする楽しみというのは残念ながらあまり味わえそうもありません。

でも、こんなにワクワクするグランプリはホント久しぶり。ウオッカディープスカイオウケンブルースリがいればもっと良かったんですけどねぇ。

また年度代表馬争いですが、今年の有馬出走馬はスクリーンヒーローエイシンデピュティを除くと年内G橘ぞ〕。この2頭が勝てばウオッカ、ディープスカイに数字の上では並びますので一応三つ巴、他の馬が勝てばダービー馬同士の年度代表馬争いになりそうです。そうなった場合はウオッカの方が弱冠有利でしょうか?
出ていない2頭のビッグタイトルも掛かっている今年のグランプリ。そういう意味でも何が勝つのか?ホントに楽しみです。

それでは有馬記念過去10年の傾向を。

上位人気の成績
1番人気
4、1、1、5、5、1、1、2、1、

2番人気

5、2、2、4、1、8、11、8、4、5着
3番人気
2、5、9、1、7、3、2、11、3、11
4番人気
1、7、中、10、4、2、5、1、5、4
5番人気
13、3、14、9、11、11、4、12、10、

11年続いていた優勝馬は4番人気以内からというデータは昨年9番人気マツリダゴッホの勝利により消滅。また2着に5番人気ダイワスカーレットが入った事により連対確保も失敗。更に3着に6番人気…(省略)
昨年のような事もありますが連対馬20頭中15頭が4番人気以内。基本は4番人気以内の上位人気馬からで良さそうです。ただ二桁人気の突っ込みなど紐荒れする事が多いレース、相手は手広く行ってもいいかもしれません。

同年秋のG祇績から
同年天皇賞(秋)1着馬(中山開催除く)
10、2、1、1、1、6、3、
2〜5着馬
3、14、2、10、2、9、5、4、12、11、4、8、12、11、10、5、10着
同年ジャパンC1着馬(中山開催除く)
2、1、8、1、1
同年ジャパンC2着馬(中山開催除く)
5、2、5、11、11、1、4、5着
3着馬
10、1、5、8、8着
4〜9着馬
12、7、10、3、12、7、4、12、14、3、7、6、10、11、5、12、14、11、12、13着
10着以下
3、2、11、3、6、4、9、6、12、4、16、13、6、9、10着
天皇賞(秋)JCともに掲示板に載っていた馬(中山開催除く)
2、1、2、5、4、1、1、8、11、5、8着
同年エリザベス女王杯連対馬
9、9、3、5、15、10、

やはり天皇賞(秋)、ジャパンCの優勝馬が強い。ただ2着以下となると両レースとも微妙で天皇賞2〜5着馬は僅か2連対(メジロブライト、メイショウドトウ)。
JCは2、3着馬から3連対(メイショウドトウ、シンボリクリスエス、ハーツクライ)していますが連対率にすると…。また4着以下はかなり悲惨な成績で僅か1連対のみ(アメリカンボス)。
昨年の有馬記念連対馬の2頭はステップレースの成績からみると結構危険だったりするのかも!?

ちなみに前年の有馬記念連対馬の成績
1着馬
7、1、5、1、8着
2着馬
5、4、13、8、1、4着

計11頭出走し3勝。そして2、3着はなく勝つか負けるかの極端な成績。2頭ともかなりの人気になるでしょうがワンツーの可能性はデータ的には低そうです。

今日のまとめ
私の場合は本命馬が既に決まってますので相手をどうするか。当然昨年の連対馬2頭が中心になるとは思うのですが意外に2頭まとめて飛んでもおかしくはなさそうな感じが。
ダイワスカーレットは7ヶ月休養明けの天皇賞であの激しい競馬。JCのウオッカ、ディープスカイもそうでしたが反動は確実にあると思う。JCをスキップしましたが100%の力を出し切れる状態なのかは不明。
一方のマツリダゴッホは前走不得意の府中で4着と好走。しかし前走の調教を見る限り思いっきりあそこで仕上がっちゃってた予感。叩いて更に上積みあるようなら連覇も当然あるでしょうが、叩き台のような使い方で大爆走、むしろ反動が心配。
また2頭とも昨年はマークされる立場ではない状況での前残り。今年は立場が一転し人気を背負っての逃げ・先行。案外危ないんじゃなかろうか。
2頭がもし自爆するようだとアメリカンボスのような馬が来るかもしれません。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList