2009年01月

2009年01月31日

根岸S、京都牝馬S 最終予想

まさかこんなとこでキャプテンベガが突っ込んでくるとは…。これまでことごとく軸にしてきたのに買わないとこのありさま。
どうせなら差し切ってくれよ!と思ってみていましたが、もし差し切っていたら更にショックはでかかったとも思う。

う〜ん。とりあえず気持ちを切り替えて…。

根岸S データ

レースの見所としてはフェブラリーSで打倒カネヒキリ!といえる馬が出るかどうか。バンブーエールが5連勝を決めるようだと大いに盛り上がりそうです。
ただ馬券と希望は別。

斤量58(牝馬56)キロ以上を背負った馬の成績は4、10、2、6、8、3、4、11、14、5、7、11、16、4、5、7、13着。

こういうデータを出しといて今回59キロを背負うバンブーエールを◎にするのも違う気がしますし、なんてったって荒れるレース。ここも狙っていきたい。

ヒシカツリーダー。人気馬だろうと人気薄だろうと毎年必ず馬券になっていたガーネットS組。しかし今年はそのガーネットS自体がありません。
代わりに狙うのはカペラS組がいいのか?それとも時期的なことを考慮してジャニュアリーS組いいのか?
今回の結果を見ないとなんともいえませんが、前走OP特別連対馬の成績もいいことですし今年はこちらを狙ってみました。

〇にそのカペラSの優勝馬ビクトリーテツニー。鞍上もノリにノッてるノリさん。最内枠を上手く捌ければ。

▲は再びOP特別連対馬からオフィサー。前走OP特別連対馬の成績は5、7、3、2、3、8、2、3、8、9着と頭はこれまでないものの複勝率は5割。
このレースに限っては重賞好走馬よりも狙える数字です。

押えにカペラSの2、3着馬スリーアヴェニューフジノウェーブ。共に人気はなさそうですが終わってみればまた7歳かよと。そんなのも少し期待して。
最後にまたまた前走OP特別組からナンヨーヒルトップニシノナースコールを押えて終了。

バンブーエールフェラーリピサは蹴っ飛ばしましたが来るならフェブラリーSが楽しみになるような強い競馬で来て欲しい。

買い目
◎ヒシカツリーダー〇ビクトリーテツニー▲オフィサー
△スリーアヴェニュー、フジノウェーブ、ナンヨーヒルトップ、ニシノナースコール

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点


京都牝馬S

こちらは週中データをとってないので、直感で。簡単に。

◎はニシノマナムスメ。安田記念で惨敗したあとから本来の走りができてないように思いますが、秋の3戦は全て1800m以上。3歳時には愛知杯2着の実績はあるものの斤量53キロ。トップハンデで2000mを勝つようなスタミナはないんじゃないかと。
基本的にはやはり血統どおりのマイル以下の馬なんだと思う。マイルに戻ればマイラーズCでカンパニーとクビ差の競馬をした馬。牝馬同士なら能力上位。
ここは重賞初制覇の大チャンス。

対抗はようやく本格化した印象のスペルバインド。末脚勝負なら重賞でも楽に通用するハズ。また1600万である程度走れれば勝ち負けできるレベルのレースですしね!

単穴にカレイジャスミン。ボロ負けしている秋華賞もニューイヤーSも着順ほど着差は負けていない。決め手はありませんが自分の力どおりは走ってくれる馬。
フローラSで2着の実績もありますし牝馬同士のG靴覆蘚験ひとつで上位にこれそう。

押えは1600万で好走できれば勝ち負け可能なレースということで近走準OPで好走していた馬クラウンプリンセストウカイルナハチマンダイボサツを指名。

買い目
◎ニシノマナムスメ〇スペルバインド▲カレイジャスミン
△クラウンプリンセス、トウカイルナ、ハチマンダイボサツ

なんか荒れそうな気もするので
馬連 ◎〇▲△△△ 6頭BOX 15点

3連単マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点

明日は京都の新馬に私のPO馬タクティクスとミッキースポットが揃ってデビュー。何もこの時期デビューの馬が同じレースでデビューしなくても。。
2頭揃って沈んだら暫く旅にでることになりそうです…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月30日

東京新聞杯 最終予想

人気サイドで決まる事も多いのですが荒れるときはトコトン荒れる!両極端なレースが今週の東京新聞杯。
土曜のメインっぽいですねぇ。

そんなレースですから当然穴狙いで行ってみようかと。

とりあえず過去の傾向です。データ

ショウワモダン7番人気以内の馬で前走OP特別3着以内だった馬の成績は2、3、1、2、1、2、7、13、4、10、着!!
7番人気以内に入るかはわかりませんけどその辺は置いといて…。
とにかく前走OP特別で好走した馬がやたらと走るのがこのレース。中でも5連対と特に相性のいいニューイヤーSからの出走。
おまけに府中の芝も4戦2勝、4着1回。唯一掲示板を外したのはG靴韮驚紊箸覆なか走る。
出走が決まった時からこの馬しかめに入りませんでした。心中。

〇はゲイルスパーキー。東京コース3−1−3−2という府中巧者。前走は出遅れながらも最速タイのアガリで突っ込み3馬身差の8着。重賞でもやれる目処はついたと思われる。得意の東京に替わりここは最大のチャンス。

▲にアブソリュート。東京新聞杯は意外に出世レース。キングヘイローやハットトリック、スズカフェニックッスなどがここで勝利した後にG気鮠,辰討い泙后今年そんな可能性、勢いがある馬はこの馬かなと。母系も昨年JCを勝って旬な血統ですし。
またデータからも前走準OPで好走していた馬はなかなか狙い目です。

馬連、3連複では総流しをかける予定ですので3連単用の押さえを。まずは元PO馬のキャプテンベガ。切るわけにはいかない馬なので。
あとは人気どころから人気薄まで手広く。人気どころではローレルゲレイロサイレントプライドの2頭、あとは走っても走っても人気がなさそうなタマモサポートと昨年と同様京都金杯12着から参戦する去年の2着馬リキッドノーツ

買い目
◎ショウワモダン〇ゲイルスパーキー▲アブソリュート
△ローレルゲレイロ、サイレントプライド、キャプテンベガ、タマモサポート、リキッドノーツ

馬連 ◎から総流し 15点

3連複 ◎〇軸で総流し 14点

3連単マルチ ◎〇軸で▲△△△△△ 36点

狙うならトコトン!土曜日からやる気は十分。オッズ次第ではワイドでも総流しをかけたろうかと。
外れた時のことは外れた時に考えます。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月29日

根岸S カネヒキリを倒せる馬はいるのか?

川崎記念でG毅穫⊂ 奇跡の復活で感動させたJCダートから僅か2ヶ月。あっという間にカネヒキリの時代が再来しました。
しかもこれでG毅珪〔棔芝ではなくダート、しかも交流重賞も入っているので比較はできませんが一応数字の上ではG戯蚤疹,離織さ録。

次のフェブラリーSを勝てば単独トップの8勝目。

快挙達成なるか?それとも止められる馬がいるのか?
もし止める馬がいるならば、可能性を最も高く感じさせてくれるのがまだカネヒキリと未対戦の馬たち。
その筆頭格バンブーエールをはじめフェラーリピサナンヨーヒルトップビクトリーテツニーなど未知の魅力を持った馬たちが根岸Sに揃いそうです。

個人的にはバンブーエールに5連勝をしてもらいカネヒキリに挑んで欲しいものですが…。馬券と希望は別。どうかおうかしら…。

それでは過去の傾向です。参考データはこの時期に移動後、1400mになってからの過去8年。中山開催を除いた7回分です。

上位人気の成績
1番人気
3、4、8、1、4、2、1
2番人気
4、6、11、14、7、4、9着
3番人気
2、8、3、5、2、6、
4番人気
9、7、15、5、3、9、中

上位人気は信用できず…。特に2、4番人気が酷い(一応中山開催時に2番人気は勝っていますが…)。
3連複、3連単では紐が2頭狂うことが多く人気馬からの2頭軸は危険。また人気薄が頭で来る事も多いので頭固定も止めたほうが良さそうです。逆にいえばマルチで買っておけば紐、着が狂って思わぬ高配当にありつけるかも!?


前走から
前走ダートG欺仭馬
2、2、14、14、2、5、7、4、14、 1、5着
同年のガーネットSで3着以内に好走していた馬

8、3、1、3、8、1、1、9、5、1、5、4、
ガーネットS4着以下の馬
5、13、6、9、12、2、6、15、10、12、10、3、12、7
前走ダートのOP特別連対馬
5、7、3、2、3、8、2、3、8、9
前走ダートの1600万条件1着馬
1、9、6、12、11、13、14、10着
ガーネットS以外のダートのG供■猫靴之納板に載っていた馬
4、7、8、11、3、11、15、7、9、13、9、6、13着
前走芝の重賞に出走していた馬
10、11、12、4、5、4、11、14、11、1、15、9、11着

荒れるレースにしては前走傾向がはっきりしている。G機▲ーネットS以外のダート重賞からは連対がなく、OP特別組は2着まで。1600万からは1連対でしかもそれも後のG鞠魯離椒肇ゥ襦爾里漾A袷芝からも僅か1連対。
なのに何故こんなに荒れるのか?それは毎年馬券に絡んでいるガーネットS組が意外と人気にならないから。のようですが…。今年からガーネットSは…

今日のまとめ
最重要ローテであるガーネットSがカペラSという名称に変え年末に移ってしまった。約1ヶ月開催が早まった事によりこの傾向がどう変化するのか?
また目下4連勝中のバンブーエールには斤量という不安要素が。
斤量58(牝馬56)キロ以上を背負った馬
4、10、2、6、8、3、4、11、14、5、7、11、16、4、5、7、13着。

今年のバンブーエールは59キロ!心情的には5連勝を希望も馬券的には切って美味しい馬のような気がする。
そうなると狙い目は前走OP特別の連対馬。該当馬は4頭いますが好相性だったガーネットSと同じ1月中山1200mという条件のOP特別を勝ったヒシカツリーダーが面白いかもしれません。



競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月27日

川崎記念 かんたん最終予想

いよいよ明日は今年最初のG祇邵蟲念!厳密にいえばG気犬磴覆てJpn気任垢韻鼻。
まぁそういう細かいことは気にしない。

今年の川崎記念はJCダートで鮮やかに復活し、東京大賞典でその復活が奇跡ではなかったことを証明したカネヒキリが中心。
そろそろ世代交代!といい続けて馬券を買ってきましたがJCダートは現7歳世代のワンツースリーフォー。東京大賞典でもワンツーフィニッシュ。
おまけに先日の平安Sでも7歳馬が優勝しました。

もうね、わかりましたよ。意地になって逆らっちゃダメ。

復帰して4戦目、そろそろ疲れが出てくる頃かも?とか考えません。疲れが出てたらフェブラリーSに直行するでしょうし出てくるからには◎!相手もここ3戦で1番楽ですしね、カネヒキリの1着固定で。

対抗もやはりおっさん、9歳馬ブルーコンコルドを。距離がやや心配ですが抜群の安定感を信頼して。本気でカネヒキリを負かしにくるであろうサクセスブロッケンが玉砕したら展開的にも出番がありそう。

単穴にフリオーソ。心情的にはサクセスブロッケンなんですが期待をし続けて4戦目、そろそろまた豪快にぶっ飛びそうな気もするので…。この馬を繰り上げました。

押えに一応サクセスブロッケン、そして7歳馬ボンネビルレコード

買い目
◎カネヒキリ〇ブルーコンコルド▲フリオーソ
△サクセスブロッケン、ボンネビルレコード

3連単 ◎→〇→▲△△
     ◎→▲△△→〇 6点

人気どころばかりですがこれだけ買い目を絞ればトリガミはしないハズ!?
安くてもいいんです。今年初G気鯏てときたい!!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月26日

東京新聞杯 過去の傾向から

ダート路線は平安Sが終り水曜には川崎記念、週末に根岸SとフェブラリーSに向けてガンガン盛り上がって参りました。
しかし芝はというと今週は3歳重賞もなく古馬のマイルG靴2つだけ。ちょいとマッタリムードといったところでしょうか。

まぁたまにはマッタリもいいのかなとも思いますけど。

ただその今週の東京新聞杯。マッタリ予想するには激しすぎる重賞。キングヘイローやアドマイヤコジーン、ハットトリック、スズカフェニックスと後にG気鮠,椎呂結果を出している反面、馬券はびっくりするほど荒れる!
マッタリムードでしたが気合いを入れなおして。過去10年の傾向からです。参考データは中山開催を除く9回分で。

上位人気の成績
1番人気
1、9、2、8、4、1、3、1、
2番人気
2、8、3、3、6、4、2、2、
3番人気
3、6、8、7、12、8、4、12、8
4番人気
6、3、1、4、13、3、6、11、6

1、2番人気はそこそこ馬券になっているんですが…。5番人気以下同士の馬連決着が4回、6番人気以下が5勝もしている波乱のレース。昨年は6→13→12番人気で入り3連単は254万馬券に!
狙うしかありません!

軸馬選び???
5〜7番人気がやたらと好調、一応毎年6番人気以内の馬が3着以内には入ってるということで7番人気以下に絞った前走別成績です。
前走G気ら
1、5、7、9、3、8、7、4、5着
前走重賞掲示板から
6、7、8、3、4、6、7、8、3、4、1、2、7、10、1、1、6、7、9
前走重賞6着以下
3、4、10、5、6、2、6、7、3、4、8
前走OP特別3着以内
2、3、1、2、1、2、7、13、4、10、
前走1600万条件
4、3、6、8、1、2、3、16

波乱の理由。それは前走G気暴仭した人気馬の不振。そして前走重賞で掲示板に載っていたような馬も僅か31.6%という低い複勝率。
G気暴仭するような有名馬がなんとなーく出てきて凡走。そんな感じのレースの模様。この時期の狙いはコツコツとOPなどで力を付けてきている馬なのかもしれません。

今日のまとめ
何のステップでもないG靴砲發かわらず、この時期休まずに出てくる実績馬、前走重賞好走馬はどうやら危険。全滅してる訳ではないので来る可能性は十分ありますが、折角こんなに過去荒れてるレース。わざわざそんな馬を狙う必要もないかと。
狙いは実績馬の登場で人気の盲点になっているOP特別や準OPの好走馬たち。今年ダメでも狙い続ければいつかはドデカイ穴が当たるハズ。
登録多すぎて何を狙って良いのかわかりませんが、穴狙いで勝負!


競馬blogランキング
TOPへ戻る

2009年01月25日

AJCC、平安S 回顧

AJCC 予想

 1着▲ネヴァブション
 2着△エアシェイディ
 3着△トウショウシロッコ
 4着△マイネルキッツ
 5着△キングストレイル

 6着△アルナスライン
 8着△ドリームジャーニー
10着◎ドットコム
11着〇メイショウレガーロ

調子に乗って狙いすぎるとロクなことがない。。まさにそんな結果でした。私の◎ドットコムは4コーナーで既に手応えが怪しくなり。実績馬たちに力の差を見せ付けられた格好で終了。

どれもこれも怪しいと思っていた有馬記念組、ただ3頭全滅は考えづらく最低でも1頭は絡むのかなと。そんな漠然とした予想は的中。
またコース実績を重視して予想スタンスも間違ってはいなかったんだとは思います。1〜3着馬はともに中山巧者でしたしね!

しかし馬券が当たらなければどうということはない!

穴を狙うのも大事ですが、終わったあと後悔する買い方だけはやめよう。そう反省するはめになった今年のAJCCでした。

平安S
1着−ワンダースピード
2着〇エスポワールシチー
3着▲マコトスパルビエロ
4着◎ネイキッド
5着−タガノエクリプス

6着△ダークメッセージ
7着△マイネルアワグラス

あまりにも悲惨な成績が続いていた斤量58キロの馬。ワンダースピードをただ斤量だけで蹴っ飛ばしました。来たら仕方なし!そう割り切っての予想。
なので負けて悔いなし!!…そう思いこみます。

レース内容も斤量差で3キロもある4連勝中の4歳馬エスポワールシチーをゴール前で競り落とすといった完璧な内容。
まるでG?はまだまだ早いよ!小僧!と言ってるような貫禄の競馬。古馬ダート路線の層の厚さをまざまざと見せ付けられた格好になりました。

この勝利によりエスポワールシチーのフェブラリーS出走はかなり微妙な状況に。5連勝でG?の舞台へというエスポワールシチーの夢を打ち砕き。そして私の馬券もなんなく紙くずに。
ワンダースピードほんとに恐ろしい馬です。

どうやら世代交代は暫くはなさそうですね。

競馬blogランキング
TOPへ戻る

2009年01月24日

AJCC、平安S 最終予想

珍しく早めに帰って来れました。というのもこれもまた珍しい事に4人で行ったメンバー中3人が爆勝!!
レーズ中からご祝儀(酒)の連発で最終が終わる前には完全にできあがっちゃったんですよね。
レース後にサラっと美味しいものを食べてさっさと帰宅。毎回こういう感じで競馬場に行きたいものです。

ただ早く帰れたとはいえフラフラの状態。誤字、脱字があるかもですが簡単に明日の予想です。

AJCC データ

週中の記事で書いたとおり有馬記念組はどれも軸にするのは頼りない気がする。またここ10年の中山開催で1番人気がとんだのは5回。その内3頭が前走有馬記念出走馬でした。今年の1番人気も恐らく有馬組でしょうし…

まぁ全滅も考えづらいので最低でも何か1頭は絡むのでしょうが、折角人気馬に不安要素がるので別路線から。
本命はまさかのドットコム。4勝全てが中山(ダートで1勝)の中山専用馬。前走芝の1600万条件1着馬の成績は4、1、2、1、3、3、13着と素晴らしい複勝率。しかも馬券になった5頭中4頭は前走中山の1600万条件でした。
メイショウレガーロも該当していますが、より中山実績のあるこの馬に◎

対抗にメイショウレガーロ。理由は本命馬とほぼ一緒。また人気馬が差し追い込みタイプに集中してるので脚質的にも魅力的。
ただ本質的に2200mは気持ち長い気もするんですよね…

単穴にネヴァブション。復調気配の中山巧者。ただ気分屋なのか人気でも凡走が多いのが気になる。JCでは先手を取っていましたし鞍上的にももしかしたら逃げるかも?なのもちょいと不安。嵌れば突き抜けそうですが…

押えは有馬記念組3頭とデータから中山金杯掲示板確保のマイネルキッツ、中山6連対のキングストレイル、同5連対のトウショウシロッコまで手広く。

買い目
◎ドットコム〇メイショウレガーロ▲ネヴァブション
△アルナスライン、エアシェイディ、ドリームジャーニー、マイネルキッツ、キングストレイル、トウショウシロッコ

馬連 ◎−〇▲△△△△△△ 8点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△△ 20点

ドットコムからこんなに買っちまって…

平安S データ

過去の傾向からは全く平安な結果にはならない平安S。実績馬2頭は人気になるでしょうがここはあくまで叩き台。
おまけに斤量58(牝馬56)キロ以上の馬の成績は9、11、5、14、13、14、16、5、7、14、9、14、4、15、16、15、2、6着!

今回は走ってないことにしよう。

また6着以下からの巻き返しが非常に困難なレース。ということで6着以下の馬もすっきり蹴っ飛ばし9頭立てで予想します。

本命は京都3−1−1−0。全5勝を1800mであげているネイキッド。相手関係はわかりませんがこの馬にとっては間違いなくベストの条件。先行有利なレースですし脚質も魅力。

対抗にはゴールドアリュール産駒の大物候補エスポワールシチー。強いと思うんですが重賞初挑戦、マークは更にきつくなりそうですし人気で逃げ切れるかどうか。ちょいと評価を下げての〇

単穴はやはり先行力を買ってマコトスパルビエロ。そして押えに門松S連対馬ダークメッセージマイネルアワグラス

買い目
◎ネイキッド〇エスポワールシチー▲マコトスパルビエロ
△ダークメッセージ、マイネルアワグラス

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単1頭軸マルチ ◎軸で〇▲△△ 36点


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月23日

若駒S いきなり最終予想

既にロジユニヴァース、ミクロコスモス、アイアムネオ、ショウナンアルディと活躍馬を出している新種牡馬のネオユニヴァース。
出世レースでもある明日の若駒Sにもフサイチコンコルドの半弟アンライバルドが登場。
新馬戦でリーチザクラウン、ブエナビスタを負かした馬。前走は入れ込んで流れに乗れず…でしたが、ここで巻き返すようだと再びクラシックの主役候補になりそうです。

今年も少頭数で馬券的にはちっとも面白くないレースですが、クラシックを楽しむ為にもこの馬の巻き返しに期待しつつ観戦。

メイショウドンタク。言ってることと買い目が違うじゃん!と言われそうですが少頭数で断然人気と思われる馬からは買いたくないという捻くれた性分。
今の京都は前残り注意。ましてやSペース濃厚の少頭数。
アンライバルドが勝ったら勝ったで楽しめる!それはそれ。馬券とは切り離して考えたい今の懐事情。

アンライバルド。敵は入れ込みと展開、馬場といったところでしょうか。能力的には抜けた存在だと思います。またこの馬が勝った方がクラシック路線も盛り上がるんでしょうけど…。
断然かと思われた前走も取りこぼしました。1%でも可能性があるならそれに賭けるのが北斗の漢。

マイベストソング。前走は中団の内で待機しながら勝負どころで徐々に外、外へ。どうやら気性的な問題で内を突けなかったようなんですが、外に出したらとんでもない瞬発力。後方待機から直線で鋭く伸びてきていた2、3着馬をまとめて外から差しきった。展開云々じゃなく1発があるならこの馬かと。

コパノカミ。こっちが逃げるのかな?他の先行馬が全滅、差しが決まった展開を逃げて3着に粘り込んだ福寿草特別。今回の方が楽に行けそうな気もしますし。何より人気がなさそうなのが魅力的。

買い目
◎メイショウドンタク〇アンライバルド▲マイベストソング
△コパノカミ

馬単 ◎→〇 1点

馬連 ◎▲△BOX 3点

3連単 ◎→〇▲△→〇▲△ 6点


明日は久々に中山に出勤。なので明日の更新はちと遅くなるかもです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList