2009年01月

2009年01月22日

平安S 過去の傾向から

1ヵ月後に控えるフェブラリーS。ダート馬は競争寿命が芝よりも長いために賞金をわんさか稼いでる高齢馬がうじゃうじゃといます。
中には出てもちょっとなぁって馬もいるでしょうし、本来はTRレースをつくってもいいとは思うんですが、ないものは仕方なし。
面白そうな馬でも出走することが出来なければ何もなりません。スタートラインに立つ為にもここは是が非でも賞金加算したい馬は多いハズ。

そんな昇り馬とフェブラリーSのステップレースとして使ってくる実績馬の対決。今年も面白いレースになりそうです。

それでは過去10年の傾向です

上位人気の成績
1番人気
1、3、8、14、4、3、3、5、6、
2番人気
9、1、3、3、12、11、11、2、9、9
3番人気
2、5、7、2、3、6、14、6、2、
4番人気
5、14、6、10、5、5、1、4、8、4着
5番人気
13、10、2、7、11、1、5、1、5、

意外に荒れる。6番人気以下が連に絡んだ事が9回もあり、しかもその内5回は頭で来ています。3連単で人気薄を絡めて買うときは着固定はせずマルチにするのがいいかもしれません。
人気薄同士の決着もあり馬連でも結構な配当になることが多いレースですが3着以内には1頭は必ず3番人気以内の馬が突っ込んできています。

斤量58キロ以上の馬
58(牝馬56)キロ以上の馬の成績
9、11、5、14、13、14、16、5、7、14、9、14、4、15、16、15、2、6着

昨年ようやく1番人気のメイショウトウコンが斤量58キロ以上の馬全滅の記録に終止符を打ちましたが…。基本軽視の方向で。

前走から(ダートのみ)
複勝圏内に入った30頭中28頭が前走距離1800m(1700m)以上!(残りの2頭は前走1400mのG系対馬オースミジェット、ゴールドティアラ)。なので昨年昨年同様前走距離を1800(1700)m以上に絞って。

前走G気韮誼絨米
2、3、4、11、3、3、5、10、2、11、15、16、
前走G気韮驚絨焚
1、11、12、13、14、1、5、7、5、14、9着
前走G供■猫靴馬対
8、9、5、14、6、2、3、3、
前走G供■猫靴韮魁腺誼
11、1、16、5、6着
前走OP特別で連対
1、6、2、10、3、4、11、1、2、4、8、4、5、8、10着
前走OP特別3〜5着馬
5、8、3、7、14、2、8、7、12、7、6、7、1、14
前走1600万条件連対馬
13、2、2、3、7、4、8、15、12、10、13、1、6、1、3、8、9、5、10、11、15着

どのレースが好ステップとはいうのはありませんが、前走6着以下から巻き返したのは前走がG気世辰織ースミジェット、スマートボーイと前々走でG汽澄璽咫治韮丕鈎紊貌っていたクーリンガー。そして後のG鞠魯織ぅ爛僖薀疋奪スの4頭のみ。
どの条件であっても基本は前走5着以内の馬が良さそうです。

今日のまとめ
今年は殆どの馬が前走1800m以上なので距離ではあまり絞りこめませんでしたが、前走6着以下そして斤量58キロ以上の馬を消すと9頭立てになる!
難解なレースですが9頭立てと考えればなんとかなるんじゃないだろうか!?ただ問題は斤量58キロというだけで実績上位の2頭をあっさりと切ってるところ。
来たら仕方なし!!とこの後割り切れるようなら9頭立てのつもりで買います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月20日

AJCC 過去の傾向から

先週の日経新春杯では有馬記念の2着馬アドマイヤモナークが出走し5着。今週はAJCCに有馬の3、4、6着馬エアシェイディ、ドリームジャニー、アルナスラインが登場。
今週の3頭もモナーク同様ダイワスカーレットを負かしにいってではなく自分の競馬、差し追い込みに徹しての好結果だっただけにあまり有馬での好走を過信すると痛い目に会うかも?

さすがに3頭まとめて飛ぶようなことはないとは思いますが、1頭でも2頭でも狂えば…。結構な高配当になるかもしれません。

ということで狙う気満々で過去10年の傾向です。参考データは東京開催を除いた9回分で。

上位人気の成績
1番人気
1、2、8、1、7、1、4、4、5
2番人気
4、5、1、3、1、5、2、1、1
3番人気
2、1、2、2、2、2、5、5、7
4番人気
6、3、4、8、4、6、3、10、12着
5番人気
7、4、7、10、6、3、1、2、

1番人気よりも2、3番人気の方が連対率が高い珍しいレース。昨年2着のトウショウナイトが9番人気で突っ込みましたがこれを除くと全て5番人気同士以内での馬連決着。比較的堅いレースといえそうです。
穴狙いは無謀なのかしら?

前走から
G気之納板に載っていた馬
1、8、1、2
G毅驚絨焚
2、3、9、1、5、5、8、10、8、3、4、5、2、5、5
中山金杯掲示板から

2、6、4、8、2、1、7、1、7、1、8、15
中山金杯6着以下
7、12、6、9、10、11、3、6、7、4、6、8、9、11、6、7、
それ以外のG供■猫靴之納板に載っていた馬
5、10、14、2、4、11、2、5、4、8、9、10着
それ以外のG供■猫靴韮驚絨焚
3、10、13、4、10、1、7、6、9、10、16
芝の1600万条件1着馬
4、1、2、1、3、3、13

今年の鍵になるデータ“前走G気之納板に載っていた馬”は4頭出走し3連対。しかし連対した3頭はJC2頭と菊花賞1頭。有馬記念で3着だったダイワテキサスだけ8着に敗れています。有馬記念出走馬は3頭が6着以下から巻き返しているので当然ステップとしては悪くないんでしょうけど…。
ちなみにデータ参考外ですが11年前にローゼンカバリーが有馬記念4着→3着。連には絡めてませんし、そんなに絶対視しなくてもいいのかもしれません。
次に好成績なのが中山金杯で掲示板に載っていた馬。ただ5連対していますが連対率に直すとさほど…
それなら前走1600万勝ち馬を狙った方がいいのかなと。
ただ先週の日経新春杯でも同じようなデータを鵜呑みにしてあの結果。う〜ん。

今日のまとめ
有馬記念上位馬をどうするべきか?エアシェイディはG兇世らといって勝ち切れるタイプの馬ではないだけに軸にするのは不安。それに昨年の勝ち馬+斤量58キロというのは先週ぶっとんだアドマイヤモナークと被る。
アルナスラインはここ4走全て人気以下の着順。有馬記念の位置取りを見るとエアシェイディを捕らえられずドリームジャニーには差された格好。ここも人気になるでしょうし…。ドリームジャーニーは後方一辺倒な脚質、逃げ馬不在で果たして展開が向くかどうか。
上にも書きましたがまとめて飛ぶとは思えませんが、どれも軸にするには頼りない!
週末までにとんでもない本命馬を探してみます…


最後にちょろっと買い目だけ。明日のTCK女王杯
ヤマトマリオン→ユキチャン→ラピッドオレンジ、ギンザフローラル、シスターエレキング、ミスジョーカー、オリビアフォンテン

3連単5点で勝負!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月18日

京成杯回顧 バブルガムフェロー産駒が重賞勝利!

とりあえず予想結果を。予想

 1着〇アーリーロブスト
 2着−ナカヤマフェスタ
 3着−モエレビクトリー
 4着−モンテトウルヌソル
 5着−ハイローラー

 7着◎トゥリオンファーレ
 8着△フサイチナガラガワ
11着△ファインビスティー
12着△ケニアブラック
中止▲サンライズキール

バブルガムフェロー産駒ってもしかして芝の重賞初勝利では?と思い調べてみたら中央では障害の重賞しか勝ってなかったみたいです。
あれほどの活躍をした馬、しかもSS系なのにこれはビックリ!
現役時代大好きな馬だっただけに産駒の活躍は嬉しいものです。ただこのレース再三書いてますが、勝ち馬G犠,討覆い鵑任垢茲諭帖
そんなジンクス関係ねぇ!って活躍を期待します。

2着にはキャリア1戦で東スポ杯を勝ったナカヤマフェスタが入りました。2戦2勝とはいえ府中のアガリ勝負でしかまだ結果を出してない馬、ここで人気になるのは危険かなと思い軽視したんですが…。
道中掛かりながらも鋭い決め手!勝ち馬をクビ差まで追い詰めました。
府中で良し!中山の時計の掛かる馬場でも良し!これはクラシックでも相当やれそうな予感!

一方でラジオNIKKEI杯2歳S3着のトゥリオンファーレ、ホープフルS3着のセイクリッドバレーは…。両レースとも勝ち馬はえらい強い内容でしたが相手のレベルという点ではやや疑問が残る結果となってしまいました。
上手く行けばロジユニヴァースとトーセンジョーダンの比較ができるかな?とも思っていたのですが、前走3着馬同士の対決ではさすがに何もわかりませんでしたね。
次走あたりで今回の連対馬とぶつかるのかな?そこで大体今年のクラシックの中心馬が絞れてきそうな感じがします。
京成杯も終り、次の重賞は2月の共同通信杯ときさらぎ賞。早いですねぇ。

日経新春杯
 1着−テイエムプリキュア
 2着△ナムラマース
 3着〇タガノエルシコ
 4着−ホワイトピルグリム
 5着△アドマイヤモナーク

 7着◎ヒカルカザブエ
 8着▲ドリームフライト
15着△マイネレーツェル

とてもこのレースで引退する馬には見えない大逃走。というかこの結果で引退が伸びたりして?
2歳時、阪神JFで超ビックリさせられた馬でしたが、私が更にビックリしたのはむしろその後。
3歳春の大凡走から始まりその後は殆ど二桁着順。いつ引退してもおかしくない状況。あぁ完全に超早熟だったのね…。

ところがどっこい。昨年の日経新春杯で3着に入ると、翌年6歳で1着…。早熟じゃなかったんかい!
一体この馬何歳の時点が競走馬としてのピークだったのか?

何はともあれお疲れさまでした。馬名でビックリ。そして最後までビックリさせてくれたエンターテイナーに感謝。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月17日

京成杯、日経新春杯 最終予想

まずは3歳G京成杯から。過去の傾向で書いたとおり勝ち馬がG気鮠,討覆ぅ献鵐スがあるレースなんですが、皐月賞と同じコース、距離で行われるということもあり過去の連対馬は結構皐月賞2着馬が多いんですよね。
それも人気薄で来る事が多い!地味な印象の重賞ですが要チェックなレースかもしれません。データ

◎はこの世代絶好調のSW産駒トゥリオンファーレ。ここ3年連続で関東馬がワンツーフィニッシュしていますが、それはラジオNIKKEI杯2歳Sの上位馬をはじめとする強い関西馬の出走がなかった為。
ラジオNIKKEI杯2歳Sで掲示板に載っていた馬は過去5頭が出走し1、2、1、2、7着。出走数は少ないものの出てくれば勝ち負けできる。使われつつ力をつけてる感じもしますし相手のレベルも前走より楽。連は外せないところ。

対抗は同じく関西の出世レースであるエリカ賞を3馬身差で制したバブルガムフェロー産駒アーリーロブスト。時計が掛かるレースで結果を出してるのもいい感じ。

3番手評価、紐は好走馬の多い前走未勝利戦組からサンライズキールファインビスティーケニアブラックフサイチナガラガワ
キャリア1戦で東スポ杯を制したナカヤマフェスタは府中のアガリ勝負を制しての2連勝。この時期の中山で人気で買うのは違う気がする。思い切って切ってみます。

買い目
◎トゥリオンファーレ〇アーリーロブスト▲サンライズキール
△ファインビスティー、ケニアブラック、フサイチナガラガワ

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点


日経新春杯 データ

前走1600万条件で連対していた馬でここで5番人気以内に支持された馬の成績は4、3、5、1、2、3、5、1、1、2着。
10頭走って全馬掲示板を確保という安定感、そして複勝率7割!
有馬記念2着であっ!と言わせたアドマイヤモナークが出走しますがハンデも58キロ。ここは人気になりそうな前走準OP連対馬から狙ってみようかと。

ということで◎はヒカルカザブエ。配当的に美味しそうなドリームフライトとどっちにしようか迷いましたが、4連勝中の勢いと京都3戦2勝のコース実績を重視して。

対抗はタガノエルシコ。ここもドリームフライトと迷ったんですが、こっちの方が面白そうなので急遽変更。ヒジョーに相手なりに走りそうな馬。ハンデ戦ならG兇任眩蠎蠅覆蠅貌佑湛んでくれそう!

単穴にようやくドリームフライト。ハンデを利用して上手く溜めて行ければ…。

押えにアドマイヤモナークマイネレーツェルナムラマースの実績馬3頭。

買い目
◎ヒカルカザブエ〇タガノエルシコ▲ドリームフライト
△アドマイヤモナーク、マイネレーツェル、ナムラマース

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単マルチ ◎〇軸で相手▲△△△


競馬blogランキング
TOPへ戻る

2009年01月15日

日経新春杯 過去の傾向から

日曜京都は好面子が揃いましたね〜。といっても新馬戦ですが。エアグルーヴの息子フォゲッタブルにPOGでも人気が高かったアドマイヤメジャー。そしてシックスセンスの半弟デルフォイ。
クラシックに間に合うか間に合わないか。余裕を持って臨むにはそろそろギリギリのところだけに3頭とも初戦か結果を出しておきたいところ。
楽しみなレースになりそうです。

一方メインの日経新春杯といいますと有馬記念2着馬アドマイヤモナークの参戦があるもののやはり例年どおりG兇砲靴討話鰐〜なメンバー。
なかなか新春杯らしいメンバーが揃ったようにも思えます。馬券の鍵はアドマイヤモナークの取捨だと思いますが、さてどーしたものか。

とりあえず過去10年の傾向からです。
上位人気の成績
1番人気
8、1、6、9、6、2、1、9、3、4着
2番人気
1、2、5、2、4、7、14、1、1、2
3番人気
6、6、1、3、3、6、3、3、10、
4番人気
5、5、4、11、1、1、6、5、6、11
5番人気
3、4、3、1、5、4、5、7、5、7

過去10年の勝ち馬は全て5番人気以内から。ただしハンデ戦らしく1〜5番人気まで成績に殆ど差がない模様。ならばオッズ的にも美味しい3〜5番人気を狙うのがいいのかも!?

5番人気以内の馬のハンデ別成績(牝馬は+2キロで計算)
58キロ以上
1、6、1、2、6、14、7、9着
57〜57.5キロ
4、6、9、4、6、2、6、10、6、4着
56〜56.5キロ
5、11、7、3、1、3、8、1、7、11着
55キロ
2、1、2、1、1、5、5、1、4、
54キロ
5、3、3、1、5、6、1、2
53キロ以下
4、5、4、

どのハンデ戦でも似たような傾向が出ていますがどうもハンデ57キロ台の馬は成績がよろしくない。このレースに至ってはそれが顕著に出ているような気がします。狙いは54〜55キロのハンデ。特にハンデ55キロの馬には要注意かもしれません。

5番人気以内の馬の前走別成績
前走有馬記念出走馬
1、2、6、4、1、2、4、2、3、6着
その他のG欺仭馬
9、
ステイヤーズS出走馬
1、6、2、10着
その他のG供■猫靴馬対していた馬
5、3、9、1、6、1、4着
その他のG供■猫靴韮鈎絨焚
6、7、5、14、7、6、4、8、11着
前走OP特別出走馬
11、5、6、1、2、7着
1600万条件で連対していた馬
4、3、5、1、2、3、5、1、1、2
1600万条件で3着以下
4着

前走1600万組が素晴らしい。特に2200、2400mと長めの距離を使ってきた馬が好調のようです。
続いて好成績なのはやはり有馬記念組。メジロブライト、ステイゴールドといったビッグネームだけでなくホットシークレットやダービーレグノも人気に応えてるのは頼もしいところです。
逆に要注意なのが前走G靴覆匹韮鈎絨焚爾世辰診蓮ここから巻き返した馬は人気薄を含めてもマーブルチーフのみ(しかも2年連続)。よほどの京都巧者じゃない限り軽視していいかもしれません。

今日のまとめ
昨年の優勝馬ですし今度はかなりの人気が見込めるアドマイヤモナーク。気になるのはハンデ58キロ、また人気馬の有馬記念ステップも複勝率6割。絶対とはいえない数字です。過去の傾向と照らし合わせると来る確率は50%といったところでしょうか?
ならば狙いは前走準OP連対馬の2頭ドリームフライトヒカルカザブエ。過去の準OP連対馬と比べてもハンデが1キロほど軽いような気もしますし。非常に魅力的な存在です。問題はどちらを本命にするか。
傾向どおり長めの距離を使ってきた方にするべきなのか4連勝の勢いに乗るべきなのか。悩んでます…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月13日

京成杯 過去の傾向から

京成杯が2000mになってから昨年でちょうど10年が経ちました。しかしながら過去10頭の優勝馬からG鞠呂鰐い製个討りません(連対馬に広げてもイーグルカフェ1頭のみ)。
昨年はマイネルチャールズが皐月賞でも1番人気に支持されましたが3着…。

ここを勝つとG気鮠,討覆ぅ献鵐スは今年も健在なのでしょうか?

レース的にはラジオNIKKEI杯、エリカ賞とホープフルS、葉牡丹賞と12月に阪神・中山と分かれて2000mを走っていた馬が戦うことが多い面白いレースなんですけどねぇ。

それでは過去10年の傾向です。参考データは東京開催を除く9回分で。

上位人気の成績
1番人気
1、7、4、11、3、1、1、2、1
2番人気
9、1、2、2、1、7、8、12、4着
3番人気
3、3、1、5、2、8、5、1、
4番人気
2、9、6、1、4、2、3、5、

毎年1、2番人気のどちらかが連対と人気馬が強いレースですが意外にも1、2番人気同士の馬連決着はなし(東京開催の時はワンツー)
3、4番人気も合わせて10回複勝圏に入っており、これまでは必ず3着以内に2頭以上4番人気以内の馬が入っています。
3連複、単は2頭軸で2頭とも4番人気以内の馬から狙うのが傾向的にはいいかもです。

前走成績から
朝日杯FS掲示板から
2、1、1
朝日杯6着以下
4、6、4、6着
ラジオたんぱ杯2歳S掲示板から
1、2、1、2、
ラジオたんぱ杯2歳S6着以下
9、3、11、10、11、5、12、13
その他の芝の重賞で掲示板に載っていた馬
出走なし
その他の芝の重賞6着以下
6、7、9、
前走OP特別掲示板から
4、8、11、12、6、10、5、10、5、7、2、3、9、6、8、1、9、1、9、10、11
前走エリカ賞連対馬
1、3
前走その他の芝500万条件連対馬
7、4、8、2、3、4着
前走芝の未勝利戦(2回目の新馬)で1着
2、3、7、10、2、3、1、3、8、9、1、6、12、6、4、5、2、5、4、8、6着
前走ダート戦出走
5、6、14、15、5、13、13、14、8、10、9、7、10、11、3、12、15着

昨年、一昨年と優勝馬を出しているホープフルS組ですが全体でみるとあまり連対率はよくなく人気で飛ぶ馬が多い。一方でラジオNIKKEI杯好走馬やエリカ賞連対馬が強く出てくればかなりの確率で馬券になっています。
コース実績よりも“西高東低”レベルの高い関西馬を中心に。ということでしょうか。関東の人間なんで言ってて泣きたくなってきましたが…

今日のまとめ
関西のレースを使ってきた馬が好成績と上では書きましたが、何気に関東馬が3年連続でワンツーフィニッシュ中なんですよね。
ここ最近の勢いを取るか?過去10年の傾向を取るか?なんですが良く見るとここ最近の人気馬は殆ど関東馬。
ここ3年の関東馬の好成績はラジオNIKKEI杯やエリカ賞好走の関西馬が出てきてないのが原因。
両レースの好走馬が登録している今年はあっさりと関東馬の連勝が止まっちゃうかも?
ということで現時点での本命候補はトゥリオンファーレアーリーロブスト。心情的にはバブルガムフェロー産駒のアーリーロブストに頑張って欲しいんですが、ここを勝つとジンクスが…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月11日

フェアリーS、シンザン記念 回顧

フェアリーSでどうにか今年の重賞初勝利!
配当的には大したことはありませんがまずは一安心といったところです。

フェアリーS 予想

 1着▲ジェルミナル
 2着◎アイアムネオ
 3着−グッデーコパ
 4着−カツヨトワイニング
 5着△マイティースルー

 6着△エリザベスムーン
 7着△マイネアリス
 9着○パールシャドウ
12着△ピエナリリー

Sペースで先行、内枠有利。そんなアドバンテージはあったもののジェルミナルがあっさりと人気に応えて巻き返しに成功。中山がどうかと思い評価を少し下げたんですが全く危なげありませんでした。
3歳牝馬路線はブエナビスタという1頭飛び抜けた馬がいますが、ライバル不在じゃクラシックは面白くありません。阪神JFで2番人気に支持されてた馬が、重賞を楽勝。面白くなってきそうです。

またキャリア1戦馬アイアムネオが2着に突っ込みました。内を通れたというのも大きいでしょうが前残りの展開、馬場を後方から差してきたのは凄い!
ネオユニヴァース産駒は走りますねぇ。

やる前は何でシンザン記念と同じ週にマイルの重賞をやるんだ!とかなり否定的にみていたんですけど、終わってみたらこんなに楽しみな馬が2頭も。
フェアリーSの時期移動と距離延長の提案をした人に感謝!です。

シンザン記念

 1着◎アントニオバローズ
 2着−ダブルウェッジ
 3着−トップカミング
 4着△ミッキーパンプキン
 5着−タキオンクール

 6着△キングストリート
 8着△ハマノエルマー
 9着○キングスレガリア
13着▲スズカワグナー

こちらも前走G毅驚綰呂人気を集めていましたが巻き返しに失敗。やはりこの時期のダンスインザダーク産駒はちょいと重賞では狙うのは早いのか。
まぁ馬券的には軽視したんで狙いはズバリだった訳ですが、相手が…はぁぁあx

今年唯一の前走500万特別連対馬だったダブルウェッジ。純粋にデータだけなら買えたんです。。前走が中京1200m、というか1200mしか走ってない事に目を瞑れませんでした。今考えてもやっぱり無理。

まぁ馬券は残念でしたがこちらも素晴らしく楽しみな馬が誕生。まだ幼さ全開の走りにもかかわらず重賞を勝利!血統もマンハッタンカフェ産駒ということでこれからドンドン成長しそうですし。
このレースを前走未勝利戦から勝った馬はあのタニノギムレット以来ということも楽しみを倍増させます(タニノギムレットの前年ダービーレグノも勝っていますが…)。

まだ1月だというのにクラシックがグーンと楽しみになった今週の3歳2重賞。ただ昨年は楽しみなった馬が次走ポコスカ負けて本番は大混戦になりました。
今年はそんな事がないように本番まで楽しみたいものです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年01月10日

シンザン記念、フェアリーS 最終予想

1月に移っただけではなく距離まで伸びたフェアリーS
シンザン記念は結構牝馬の活躍が多いレースだっただけに同じ週にマイルの重賞を2つやる必要はあるのか?

と、文句をたれようとしてたのに結構な好面子が揃ったようで…。需要はあるのね。過去の傾向もないので直感を頼りに…

阪神JFで6着に負けてしまったジェルミナル。しかし差しが決まった展開を前からの競馬。敗因は一応しっかりしています。
能力的には相当なモンがあると思っていますので当然巻き返しに期待!なんですが中山ってのがどーもひっかかる。人気も背負いそうなので▲で。

本命は暮れの中山マイルでスローの展開を中団から楽に抜け出したアイアムネオ。そろそろ重賞ではキャリア1戦の馬は厳しくなってくる頃ではありますが、牝馬限定、時期的にも谷間の重賞、中山適性があればなんとかなるんじゃないかと。

対抗は2戦2勝のクロフネ産駒パールシャドウ。今日の結果を見ると相変わらず前が有利なようなのでこの馬の先行力は魅力的。

押えに前走未勝利組をちょろっと買って終了。終わってみれば阪神JF組が上位独占!なんてことになりそうですが、同時期のシンザン記念はG欺仭馬が圧倒している訳ではないのでまとめて軽視してみました。

買い目
◎アイアムネオ〇パールシャドウ▲ジェルミナル
△マイネアリス、マイティースルー、ピエナリリー、エリザベスムーン

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点


続いてシンザン記念データ

朝日杯でも過剰気味な人気になっていたミッキーパンプキンが2戦2勝と得意の京都替りで参戦。さすがに切れない馬ですが朝日杯6着以下の馬はさほど好成績とはいえない。
2勝とも逃げ切って勝ってきた馬ですが果たしてマイルの重賞でも逃げ切れるスピードがあるものなのか?こちらも押さえまでにしておきます。

逆に朝日杯で掲示板に載っていた馬は過去10年で6頭走って4連対と好成績。しかし今年のピースピースは恐らく重賞でも500万でも相手なりに4〜6着あたりを走れる馬な雰囲気。ボロ負けはしないかわりに勝ちきれるほどの瞬発力もなさそうな馬。ここも指定席じゃないかと。消し。

今年は前走OPで連対していた馬もおらず、500万特別連対馬もダブルウェッジ1頭という寂しい状態。
それならば前走未勝利戦勝ちの馬にも十分チャンスはあるハズ。ということでアントニオバローズを本命に。

対抗は京都のマイル重賞で3着と好走しているキングスレガリア。押えはちょっと薄いところを狙ってみようと思います。

買い目
◎アントニオバローズ〇キングスレガリア▲スズカワグナー
△ミッキーパンプキン、ハマノエルマー、キングストリート

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点

見せてもらおうか!2歳G毅驚綰呂寮能とやらを!

両レースとも軽視しちゃって大丈夫なんだろうか…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList