2009年03月

2009年03月31日

大阪杯 絶対に負けられない戦いがそこにはある?

最終4歳以上牡馬のスクリーンヒーローは阪神大賞典で4着と馬券に絡めず、また昨年の菊花賞馬オウケンブルースリも着外に。
そして先日も年度代表馬ウオッカがドバイで7着に沈んでしまいました。。

自分は何もしてないのに勝たなくちゃいけないような状況に追い込まれた昨年の最優秀3歳馬ディープスカイ。この馬まで負けるようなことがあると古馬中長距離路線は盛り上がらない。
そしてもう1頭負けられない馬、復活をかける一昨年のグランプリホース、マツリダゴッホ
春の主役をかけた1戦。どちらが勝って古馬路線を引っ張っていくのか?それともまた2頭とも…。
2頭揃って負けるなんてことだけは勘弁。

大阪杯、過去10年の傾向です。
上位人気
1番人気
1、1、4、1、2、1、1、5、1、1
2番人気
2、3、9、6、3、4、4、9、2、
3番人気
3、2、10、2、1、7、5、1、8、4
4番人気
5、6、2、11、4、6、2、4、9、3

1番人気が7勝と鬼。連に絡むだけでなく頭でくる事が多いようです。2〜4番人気があまり良くないようにもみえますが、上位4番人気以内の馬で16連対。二桁人気の馬券絡みもなく堅いレースといえそうです。

前走成績から
前走有馬記念出走馬
3、4、6、2、3、1、8、1、6、7着
前走その他の芝のG欺仭馬
10、2、13、2、3、1、2、4、7、4、9、11、
前走芝のG兇之納板
1、3、1、9、10、14、6、11、2、4、1、4、6、2、
前走芝のG兇韮驚絨焚
2、4、7、6、9、13、8、12、7、3、

前走芝のG靴韮鈎絨米
3、11、5、6、7、5、12、1、14、3、8、1、5、2、5、6、9、10着
前走芝のG靴韮潅絨焚
5、9、10、11、8、9、13、12、4、7、8、9、10、15、7、11、12、7、10、
前走芝のOP特別掲示板
1、8、11、1、3、6、10、5、9、10、8、10、4、5、11

前走は有馬記念を中心にJC、菊花賞など前年の秋のG気らの休養明けという馬がやはり良く来ている印象。しかし連対率でみると…。人気で飛んでる馬もいるのであまり過信しない方がいいのかも?
前走G狭チ馬も思った以上に良く飛ぶ!年明けのG兇鯱対してきた馬でも平気な顔して飛ぶので要注意。

斤量から
斤量59キロ(牝馬57キロ)
2、2、4、10、2、7、1、7、4、6、3、1、8、3、6、9着
斤量58キロ(牝馬56キロ)
3、4、10、3、7、9、11、12、6、11、2、3、4、8、9、4、2、9、4、1、7着

59キロは良くもなく悪くもなくといった感じでしょうか?ただG汽曄璽垢寮績と考えるとちと物足りなくも。。
58キロは正直割り引いてもいいかも。勝ったのは昨年のダイワスカーレットのみでこれも牝馬なので実際は56キロ。純粋に58キロの馬は優勝がなく2着も1回のみでした。

今日のまとめ
絶対に負けて貰っては困る戦いがそこにある。今年の中心になるかと見られていた馬がここまでボコスカ凡走してしまった今年は尚更。
昆先生も相当勝ちに拘っているようですし信頼してみようかと。恐らく1番人気。過去10年で7勝と勝ち切っていますしディープスカイの頭から狙う予定。
危ない気がするのは58キロが気になるマツリダゴッホ。2000mも気持ち短い気が…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月29日

高松宮記念回顧 ローレルゲレイロ父子制覇!

早速、予想結果から。予想
高松宮記念
 1着△ローレルゲレイロ
 2着◎スリープレスナイト
 3着−ソルジャーズソング
 4着▲トウショウカレッジ
 5着−コスモベル

 6着△ファリダット
 9着△スプリングソング
11着〇ドラゴンファング
12着△ウエスタンダンサー
16着△ビービーガルダン

これまでG気之納板に載ること4回。9度目のチャレンジにしてようやく悲願のG欺蘋覇。それも父と同じ5歳時の高松宮記念で。今年の高松宮記念はなかなかドラマチックな勝利となりました。
これまで重賞だけで2着が7回もあるローレルゲレイロ。相手なりに走るので押えましたが、なかなか勝ち切れない馬なだけにまさか頭で来るとは思いもしませんでした。勝つのなら昨年かな?と思っていたんですけどねぇ。わからないものです。

昨年も今年と同じく逃げている訳ですが一体今年と何が違ったのか?そう思って調べて納得。
昨年はどうやらアガリが速すぎたようですね。この馬のこれまでの戦績を見てもそういう末脚勝負には向かない馬。自ら作ったペースとはいえ好位から33秒台前半を使われるような展開は向かなかった模様。
一方の今年はというとテンの3Fが昨年よりコンマ3秒速いペースでの逃げ。馬場の違いもあるんでしょうが、アガリ33秒台を使った馬が皆無というタフな展開に持ち込めました。
この馬の持ち味を存分に発揮できた速いペースでの逃げ。高松宮記念3勝目という藤田騎手、さすがの好騎乗といえるのではないでしょうか。

一方2着に敗れた1番人気スリープレスナイトは一旦は勝ち馬を交わしたものの突き放されてしまいました。あのあたりは休み明けの影響があったのかなと。それでも他の有力馬が伸びない中、勝ちにいっての2着。負けて強しの競馬だったと思います。
このあとは是非、海外へ行って欲しいところ。

最後に馬券の方はというとようやく重賞がHit!3連単でも手広く買っていたのと対抗ドラゴンファングに馬鹿みたいに突っ込んでいたので、殆ど儲かりませんでしたがこの組み合わせでこれだけついたのはありがたい。
少しずつ調子が上がってきた感じはするので(マーチSの本命馬が出負けしてスタート直後に馬券がハズレたのはなかった事に)来週こそは大儲けと行きたいところです!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月28日

高松宮記念 最終予想

先週は見事な縦目を喰らいましたが、今週の土曜の2重賞は両レースとも2、3着で決まりました。。
日経賞は本命馬の3着付け3連単とズバリ狙い通り…。
毎日杯は12番人気ゴールデンチケットもきっちり押さえているのに…。

1着の馬が番号が見当たりません(涙)

まぁアタリにドンドン近づいてきたといい方に考えよう。

高松宮記念 データ

データからはあまり好成績とは言えないのが前年のスプリントG気力対馬。
高松宮記念連対馬は5、7、1、16、5、3、12着
スプリンターズS連対馬は4、3、8、5、14、()、2、4着

スプリント路線で長い間トップレベルを維持し続けるのは困難。やはり1年くらいでピークは過ぎちゃうんじゃないかなというのが私の見解。
ということで人気馬の1頭キンシャサノキセキはバッサリ切ってみる!

次にビービーガルダン。1400mになってからは連対馬より3〜5着馬の方が好走。阪神の1400mと中京の1200mはまるで違う条件。その阪急杯であまりにも強かったのは逆に不安材料にも思えてくる。実際時計が掛かる馬場の方が得意に見える戦績…。この馬もバッサリと書きたいところですが、一応怖いので弱気に△

また中山の1200mで連勝してきているアーバニティもそこそこの人気に支持されているようですが、オーシャンS組はOPの頃から重賞昇格後まで変わらず大不振。この馬はバッサリ。

それでは本命を。
◎は新スプリントの女王スリープレスナイト。前年のG宜チ馬は…と上で書いたばかりですが、この馬の場合はまだトップに立って半年ほど。まさに今が旬じゃないかと。中京や小倉のスピード決着でもきっちり結果を出している馬、コースも問題ない。
能力的には別格だと思うので敵は休養明けくらいなのかなと。

〇は只今4年連続で連対馬を出している阪急杯3〜5着馬からまだ底を見せていないドラゴンファングを指名。9戦7連対と安定感あり、G気虜能斗廛好謄奪廚鮟転渊蘢戦で3着できる能力の高さ。
5、6歳馬が強いレースということで対抗に落としましたが、本命まで考えていた馬。ドカンとぶち込む。

▲も阪急杯3〜5着に該当トウショウカレッジ。終わってみたらこっちかよ!と回顧を書いてる姿が想像できたので、重い印を打って万全の体制で挑みます。
着外とはいえスプリンターズS、スワンSは2馬身半差、暮れの香港も3馬身チョイと着差は僅か。そして前走は前が残ったレースを出遅れて5着。展開嵌れば頭まであるかも!?

△に切ろうと思ったが追い切りが抜群だったファリダット。そしてシルクロードSからは重いハンデを背負い人気を裏切った2頭ウスタンダンサースプリングソングを。最後に昨年の本命馬ローレルゲレイロを押えて終了。

買い目
◎スリープレスナイト〇ドラゴンファング▲トウショウカレッジ
△ファリダット、ウエスタンダンサー、スプリングソング、ローレルゲレイロ、ビービーガルダン

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連単マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△△ 36点


マーチSは簡単に。

フェブラリーS4着のエスポワールシチーが当然のように人気になっていますが、ここは初コースでしかも57.5キロ。おまけに使いすぎのような気がする。
フェブラリーSがメイチの仕上げ、厳しい競馬だっただけに反動も気になるところ。実際過去にはフェブラリーS4着オースミジェット、3着ビッググラスなんかも1番人気で二桁着順に沈んでますしね!ということで押さえまで。

中心はここ6年で8頭も馬券に絡んでいる前走仁川S組から。マコトスパルビエロを。
相手はハンデ戦、荒れるレースということで人気薄まで手広く。

買い目
◎マコトスパルビエロ〇サトノコクオー▲ランザローテ
△エスケーカントリー、カフェオリンポス、キクノサレーレ、ボランタス、ユウキタイテイ

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点


さてドバイ!野球は勝った!サッカーも勝てた!次は競馬の番です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月27日

日経賞、毎日杯 最終予想

日経賞の方は面子的にもう一声!って気もしますが、今週の土曜重賞は2つともG気離好謄奪廛譟璽垢箸いΔ海箸嚢覯據
そして我々ファンにとっても日曜に行われるG宜眈承楜念の前哨戦。

気合いの入る1日になりそうです。

まぁ、春休みということで家族で出掛ける予定なんでレースはリアルタイムで観れないんですけどね…

日経賞 データ

データのとおり。イメージとは裏腹に意外と堅いのがこの日経賞。過去10年でぶっ飛んだ1番人気(グラスワンダー、マンハッタンカフェ、コスモバルク)は3頭とも有馬記念からの直行馬。
今年の人気馬にそのような馬はいませんので平穏に終わるんじゃないかしら?

◎はモンテクリスエス前走ダイヤモンドS連対馬は3、1、3、10、着と連対数は少ないものの、なかなかの複勝率。しかも2走前、3走前に中山2500mを走り連続連対!コース実績も上々。
前走から一気に3キロ増える斤量が少々不安ではありますが近走の充実ぶりから複勝圏は外さないと予想。つーか3着な気がするので3連複で勝負。

〇も素直に。前走で鮮やかに復活した中山巧者のネヴァブション。この条件では重い印を打つしかありません。人気でも変に捻らず。

▲にグラスワンダー産駒のアーネストリー。データでも書いたとおり、このレースはG汽好謄奪廚砲靴討歪舛靴前走準OPからの出走でも十分勝負になる。中でも御堂筋S組は(今とは距離が違いますが)過去にワンツーを含む4頭が馬券圏内に!グラスワンダーファンじゃなくても要注意!

△にホクトスルタンマイネルキッツ。ホクトスルタンには吹っ飛んで欲しくないのですが心情と馬券は別と割り切って。休養明けが心配なので評価を落としました。データから前走G僑驚絨焚爾稜呂鷲埒況晃、アルナスラインは消し。

買い目
◎モンテクリスエス〇ネヴァブション▲アーネストリー
△ホクトスルタン、マイネルキッツ

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△ 6点

3連単まさかの本命馬3着付け 〇▲△△→〇▲△△→◎ 12点

ダイヤモンドS連対馬が3着ばかりなので…ちょっとしたお遊び馬券。


毎日杯 データ

1800mになって今年で3回目ということでデータがどこまで通用するのかわかりませんが、前走1800mの重賞連対馬というのがめちゃんこ強い!まぁ今年はそんな馬いねーんですけど。ただここ2回を見ても1800m以上のレースを中心に使ってきた馬がそのまま好走しているような、そんな感じがする。

今回は1800m以上の重賞連対馬が不在ということで、重賞実績よりも距離適性がありそうな馬、そして出世レースという事で大物感のありそうな馬を狙ってみる。

◎はここ2走1800m、2000mで大物感抜群の競馬をしているアプレザンレーヴ。前走の勝ち方が強烈。追い出されるとグングン、グングンと加速し一気に3馬身も突き放した。初戦、阪神で負けていますが凄くパワフルで追って追ってグイグイ伸びそうなタイプで、むしろ阪神は合う気がする。

〇はシルクダンディー。ダート替りで、というよりも使われつつ良化してきたという印象で今なら芝でもそこそこ走れるんじゃないかと妄想。1800〜2000m中心に走ってきたのが好印象で前走ダート出走馬も穴。

▲にミッキーパンプキン。データの記事でも書きましたがまだなんとも判断しづらいのがアーリントンC組。わからないとはいえ1、3、4着馬をまとめて切るほどの勇気はナス。なので1800mで既に実績を出しているこの馬を。

人気馬が強いレースとはいえ紐は結構狂っているので、押えは人気薄を手広く。


買い目
◎アプレザンレーヴ〇シルクダンディー▲ミッキーパンプキン
△アイアムピカイチ、スリーロールス、ストロングリターン、ゴールデンチケット

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単 ◎→〇▲△△△→〇▲△△△ 20点

 

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月26日

日経賞 過去の傾向から

今年はマツリダゴッホが大阪杯からの始動ということで、ちょいとG気料鮎ダ錣砲靴討話鰐L椶淵瓮鵐弌爾砲覆辰討靴泙い泙靴拭
地味とはいえ次走のG気覗世い燭で呂眤真出走する為、中山2500mのマツリダゴッホ相手にそれらの馬がどういう競馬ができるのかを見たかったんですけどねぇ。

まぁいないものは仕方なし。残った馬の中でG気杷磴┐修Δ頁呂鬚っちり見極めたいところ。特に注目したいのは天皇賞(春)で父子4代制覇の偉業がかかるメジロマックイーン産駒のホクトスルタン
目黒記念以来約10ヶ月振りの競馬になりますが、是非本番でも人気になるような競馬を期待!
人気薄で1発!という偉業達成よりは人気で達成して欲しいですからね!

それでは日経賞過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
1、6、1、6、2、2、6、1、3、1
2番人気
3、2、2、7、6、1、3、8、2、3
3番人気
4、4、3、2、5、4、2、10、1、2
4番人気
10、3、7、3、3、8、11、4、9、8着
5番人気
9、5、4、1、1、12、1、12、4、6着

グラスワンダー、マツリダゴッホ、コスモバルクと前年G気燃萍した馬が着外に沈み、障害帰りのテンジンショウグン(11年前ですが)やレオリュウホウが優勝と、大波乱のイメージがあるレースですが1、2番人気の複勝率は70%と全く悪くない。
毎年3番人気以内の馬が1頭は必ず連対しており、連対馬20頭中17頭までもが5番人気以内でした。
案外堅い!捻らず素直に買うのがいいのかも。

前走成績から
有馬記念から直行
1、6、1、2、4、6、2、4、10、6、1、8、1、
前走年明けの芝のG兇馬対していた馬
5、7、2、6、1、2、3、6着
前走年明けの芝のG兇韮魁腺誼綰
4、2、4、4、12、2、2、13
前走年明けの芝のG兇韮驚絨焚
3、10、9、4、7、9、3、5、11、5、8、3、4、5、6、13、7、11、13、7、11着
前走ダイヤモンドS連対馬
3、1、3、10、
前走芝のOP特別で3着以内だった馬
10、3、5、6、1、1
前走芝の1600万条件連対馬
2、1、2、7、7、8、13、3、12、2、

どこも好ステップとはいえない成績。G気離好謄奪廛譟璽垢箸靴討歪舛靴OPや準OPからも結構馬券絡みする馬が出ており、逆に有馬記念直行馬や前走G狭チ馬でも普通に沈む。前走クラスに拘らずどこからでも狙えるというのが特徴。
3着ばかりですが5頭走って4頭も馬券になっている前走ダイヤモンドS連対馬が狙い目といえば狙い目でしょうか?3連複ですけど

今日のまとめ
あまり捻らず人気馬中心で。ただ年明けの前走G僑驚絨焚爾らは連対なしということでアルナスラインは軽視。前走G狭チ馬のネヴァブションマイネルキッツキングストレイルホクトスルタン(休養明けですが)。1600万下優勝のアーネストリー。この5頭+3着候補のモンテクリスエス
これが現時点での馬券候補。あとはどこからどういう買い方をして何を切るか?
ここまではきっとあってるハズ?


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月25日

毎日杯 過去の傾向から

1800mになっても相変わらずG汽Εぅ福爾鯒攴弌昨年はこの毎日杯優勝を足掛りにNHKマイルC、ダービーをディープスカイが制覇しました。
2000m時代を含めると過去10年の勝ち馬の内4頭がG鞠呂法これはかなりの確率なんじゃないでしょうか。
それも4頭(テイエムオペラオー、クロフネ、キングカメハメハ、ディープスカイ)ともG気鬘欧聴幣緇,辰討襪鵑任垢茲諭これも凄い!

という事でTRが終わってもまだまだ目が離せないクラシック路線。大物候補アプレザンレーヴが重賞好走馬相手にどんなパフォーマンスを見せるのか?
レース内容によっては皐月賞でも相当な人気になれるかも!?大注目の1戦になりそうです。

それでは過去10年の傾向を。一応2000m時代のものも含めて。
上位人気の成績()内が1800mになってからの成績です
1番人気
9、1、1、1、4、2、3、1、1、2
2番人気
7、3、4、8、12、1、1、6、9、7)着
3番人気
1、4、2、6、3、3、7、3、4、4)着
4番人気
3、14、3、4、7、4、4、(8、3、5)着

1〜3番人気で8勝。勝ち馬から活躍馬が多く出ているように既に実績を残している馬や強い馬が勝つことが多い。4番人気以下で勝ったのは03年のタカラシャーディー(前走重賞2着なのに9番人気)と昨年のディープスカイ。人気は無くとも終わってみれば納得の成績といえそうです。

前走成績から()内が1800mになってからの成績です
アーリントンC1〜3着馬
9、8、9、()着
芝1800m以上の重賞で連対してた馬

7、1、1、1、3、3、1、3、(1)
芝1800m以上の重賞で3〜5着馬
3、11、3、1、4、7、14、4、6、(4、7)着
芝1800m以上の重賞で6着以下
8、12、11、6、8、12、7、13、(8、10、11)着
芝のOP特別で掲示板に載っていた馬
5、4、5、13、1、4、3、4、(12)着
芝の500万条件1着馬
1、2、4、7、8、10、2、6、8、11、5、7、9、12、2、7、2、1、5、6、(2、4、7、9、12)
芝の未勝利、新馬戦勝ち馬
4、12、3、6、5、13、8、11、14、8、(2、13
前走ダート戦出走馬
2、13、6、9、11、13、15、8、2、9、10、15、2、5、5、7、9、2、10、11、14、15、(5、10、13、14、3、9、14

元々は前走1800m以上の重賞連対馬がめちゃんこ強いレースだったのですが距離短縮により昨年、今年と出走馬なし。代わって今年はアーリントンC組が多く登録してきました。ただ2000m時代は出走馬が少ない事もありアーリントンC組の連対なしバイオマスター、ウインクリューガーなどが飛んでいます。
昨年はディープスカイが3着から優勝しましたが…。これをどうみるか?1Fの距離短縮がそうさせたのか、ただ単に強い馬だったからなのか。普通に考えれば後者ですが今後出走馬も増えそうですし傾向は変わってきそうな感じもします。

今日のまとめ
前走芝の500万下勝ち馬は出走沿馬が多く連対率でみると目立ちませんが過去10年で7連対!どうもまだ傾向が掴みきれないアーリントンC組よりもよほど信頼できる。ということで人気になるでしょうが素直にアプレザンレーヴが本命候補。
問題は相手、特にアーリントンC組。総切りするのは流石に勇気がいりますが飛んでもいいように手広く穴までという買い方がいいのかな?
悩んできます!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月24日

高松宮記念 過去の傾向から

まずは祝!WBC連覇達成!!
やってくれましたねぇ!9回裏に同点にされたときはどうなることかと思いましたが。もう嫌な事など木っ端ミジンコに吹っ飛ぶ見事な勝利でした。
この調子で週末は競馬の日本代表の方も頑張って欲しいと思います。

そして我々は馬券の方を頑張りましょう!今週はいよいよ春のG蟻莪戝董高松宮記念。幸先のいいスタートを切りたいところです。

それでは早速過去の傾向を。参考データは3月開催になってからの9回分で。

上位人気の成績
1番人気
4、1、5、7、2、3、6、1、3
2番人気
3、8、2、2、1、16、2、3、
3番人気
16、2、1、1、5、4、3、7、5
4番人気
1、14、3、13、4、1、1、6、

上位人気4頭にはさほど成績に差がないというのがこのレースの特徴。というかむしろ1番人気よりも4番人気の方がいいようです。
二桁人気の馬券絡みが3回もある波乱含みのレースですが、上位人気4頭の全滅はなく優勝馬は4番人気までの馬で独占。また過去9回中8回で4番人気以内の馬が2頭以上複勝圏内に。
連軸は4番人気以内の馬から。3連複、3連単も4番人気以内の馬2頭で2頭軸が良いかもしれません。

実績から
前年の高松宮記念連対馬
5、7、1、16、5、3、12着
前年の高松宮記念3〜5着馬
3、2、16、14、3、10、2、11、8、3、13着
前年のスプリンターズS連対馬()内はスプリンターズS新潟開催
4、3、8、5、14、()、2、4着
前年のスプリンターズS3〜5着馬
1、16、2、(7、5)、8、13、16、17着

前年のスプリントG気嚢チしたい馬の成績はというと、お世辞にも好成績とはいえません。高松宮記念好走馬は同年のスプリンターズSではそこそこ走ってるんですが…。何故でしょう?ダート路線と同じようにちょうどこの辺りに世代交代の波がきやすいのかもしれません。
何はともあれ、前年活躍していたからという理由で人気馬を買うのは危険かも?

同年シルクロードS連対馬
8、9、1、10、8、9、4、14、3、5、3、11、9、17、7、10、1
同年シルクロードS3〜5着馬
12、16、2、5、3、1、15、4、14
同年の阪急杯で連対してた馬()内は1200m戦でのものです
(4、2、8、2、2、7、2、1、5、2、4)11、3、3、4着
同年の阪急杯で3〜5着馬
(14、6、10、13、8、6、10、8、6、3、10、1、141、1、2
同年のオーシャンS連対馬()内はOP特別時代のものです
(7、18、1、8、12)5、15、14、10、15着
同年のオーシャンS3〜5着馬
(10、9、6、6、10、11、11、5)6、12、9、12、14着
同年の東京新聞杯連対馬
2、6、1、1、

見てのとおり阪急杯組が距離延長になってからも変わらず好相性。特に距離延長後は“1400mではちょいと長かったのかしら?勝ち切れなかった馬”というのが好走傾向。
他の短距離重賞2つは不調でシルクロードS組はちょこちょこ馬券に絡んではいるもののオーシャンS組は重賞昇格後もかなり悲惨な成績。

今日のまとめ
前年のG宜チ馬のデータがあまり良くないとは言っても、まだまだ台頭して半年ほどピークを過ぎるのはまだまだ速い。強いスプリンターは中山、中京問わず走れてますしスリープレスナイトは問題ないと思う。危ないのは既に1年通して活躍しちゃったキンシャサノキセキ、そして昨年の覇者ファイングレイン
スプリント路線で長い間トップクラスの力を維持するのは難しく、大体1年ちょいくらいで徐々に成績が落ちてくる。この2頭が昨年以上の成績を上げるのは難しい気がする。割り引く予定。
狙いは実績馬よりも阪急杯組。特に3〜5着馬が要注意。まだまだ底を見せていないドラゴンファングが面白そう。

 

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月22日

スプリングS、阪神大賞典 回顧

ショック…。

スプリングS 予想

1着▲アンライバルド
2着△レッドスパーダ
3着△フィフスペトル
4着〇サンカルロ
5着△セイクリッドバレー

7着◎リクエストソング

本命リクエストソングから5頭に流したら流した5頭が掲示板を独占した…。溜息が出るほど綺麗な縦目。相手なりに走れる馬だと思っていたんだけどなぁ。
まぁでも少しずつアタリに近くなっているのかなと。いい方に考えよう…。

勝ったのはダービー馬フサイチコンコルドの半弟アンライバルド。この馬が勝てばクラシックは更に盛り上がるなぁ!と思っていた馬ですが、何せ初の遠征、初の中山、初の重賞と初物尽くし。
意外とコロっと負けちゃうのかなと、思っていた訳です。
しっかし終わってみれば中山の坂もなんのその。外をぶん回し豪快に伸びてきました。素晴らしい瞬発力!!
1歩抜け出した感のあったロジユニヴァースですが、これで皐月賞はネオユニヴァース産駒の2強対決!といってもいいかもしれません。

ただ一応実績的に2強とはいえ。伏兵というのが失礼なほどの馬がわんさかいるのがこの世代。
なんかアグネスタキオンの年に似てる気がするのは私だけでしょうか?無敗の弥生賞馬もいますし。その弥生賞馬と似たような馬がスプリングSを制覇。
今、思い返しても超豪華な面子が揃っていた01年クラシック世代。しかしこの世代はアグネスゴールドが本番前に離脱、そしてアグネスタキオンもダービー前に離脱してしまいました。

どうかこの世代には怪我なく無事に菊花賞、そして古馬まで走って欲しい!!

阪神大賞典
1着▲アサクサキングス
2着−ヒカルカザブエ
3着−ナムラクレセント
4着◎スクリーンヒーロー
5着−トウカイトリック

7着〇オウケンブルースリ
8着△エアジパング

ガックシであります。19年連続で複勝圏内を確保していた1番人気は着外に。また2−2−1−0と好成績を残していた前走有馬記念で掲示板に載っていた馬も4着。日本一堅い重賞も重馬場と大逃げにより崩壊してしまいました。レースのアガリは40秒6!

う〜ん。

完全にスタミナ勝負になっちゃいましたね。こうなっちゃうと本質的に3000mは長いと思われるオウケンブルースリスクリーンヒーローにはツライ。2頭とも完全に脚が止まっちゃってました。
スクリーンヒーローに至っては仕掛けをワンテンポ遅らせているのに。です。
ある程度ゆったり流れて瞬発力を問われる展開になれば2頭とも長距離もこなせるんでしょうけど。本番は京都に替わりますし、こういう馬場にならなければ2頭とも巻き返せると思います。としか言いようがない。。

ただ心配なのは、観てのとおり思いっきりタフな競馬だったということ。休み明けでこんな競馬をしてしまった2頭は勿論。勝ったアサクサキングスも相当レース後は疲れがでそうな。。
本番までに疲れが取れないようだと、天皇賞はこんな配当じゃ収まらないほどの高額配当がでちゃうかも!?

私もスクリーンヒーローにゾッコン入れ込み過ぎてレース後ガックシ。暫く回復できそうもない大ダメージを負ってしまいました。ドラクエでいうとMP0で画面が赤い状態とでも言いましょうか。


教会から出直してきます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList