2009年03月

2009年03月12日

中山牝馬S 過去の傾向から

難しい牝馬限定、しかもハンデ戦。条件どおり気持ちいいほど荒れる中山牝馬S。連対馬の約半数9頭が6番人気以下、3着以内も30頭中14頭が6番人気以下です。
こういうレースは宝くじ気分で!なんて書いてその言葉どおりに外している私ですが、懲りずにここも宝くじ気分で!

宝くじってのは夢を買うものなんだ!自分に言い聞かせつつ中山牝馬S過去10年の傾向です。

上位人気馬の成績
1番人気
2、8、7、1、4、12、1、1、13、4
2番人気
7、11、4、3、6、9、8、2、5、15
3番人気
4、3、3、2、1、4、10、10、2、3
4番人気
8、2、1、7、3、5、6、15、6、6

荒れるレースですが上位人気馬の成績がめちゃくちゃ悪いわけではありません。まぁお世辞にもいいとは言えませんけど。。
4番人気以内の馬が連に絡めなかったのは過去10年で僅か2回。また3着以内なら10回中9回で3番人気以内の馬が絡んでいます。
全滅もあるけど、全滅もあるけど…。今年も1頭は人気馬は来ると信じて3連複1頭軸で手広くがいいかも。

前走成績から
京都牝馬S連対馬の成績
4、6、5、7、1、6、5、10、1、6、15、
京都牝馬S3〜5着馬
1、8、4、2、11、1、2、6、
京都牝馬S6着以下
3、2、2、11、3、11、13、14、8、12、5、11、1、4、10、14、6、14

その他のG供■猫靴之納板に載っていた馬
5、9、10、6、16、1、4、16、4、8、4着
その他のG供■猫靴韮驚絨焚爾世辰診
11、11、7、10、13、14、16、3、4、8、10、13、15、16、2、12、13、2、5、9、15、2、6、7、13、14、7、9、5、4、5、7、12、3、5、7、11、8、11、15
前走G欺仭馬
2、1、3、1、8、10、16、13着
前走1600万条件掲示板から
7、4、11、15、9、4、7、8、10、8、3、6、13、9、9、2、5、7着

ワンツーフィニッシュも3度、過去10年中9年で馬券に絡んでいる京都牝馬S組が要注意。ただ京都牝馬Sでの着順はあまり関係ないようで連対馬が良く沈む一方、着外からの巻き返しも。連対馬はハンデ背負わされちゃうのがいけないんでしょうかねぇ??
その他のステップでも前走重賞好走馬は不振。こちらもハンデの関係でしょうか。かといって準OPで走っていた軽ハンデの馬も…。
勢いよりコース適性と実績重視のレースのようです。

今日のまとめ
人気馬が1頭は突っ込んで来ると信じてザレマを狙う。京都牝馬Sでは1番人気を裏切った格好で3着。しかし勝っていたら55キロでは出られなかったでしょうから、ここを考えれば3着でよかったのかなと。
おまけに京都牝馬S3〜5着馬は9頭走って5連対。何が来るかさっぱりわからないこのレースではある程度信頼できる部類。データ的にもバッチリです。
あとは冒頭で書いたとおり宝くじ馬券で。他に人気になりそうな馬は滅多切りにし手広く人気薄を狙って勝負予定。
今度こそデス!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月10日

フィリーズレビュー 過去の傾向から

ダブル登録も結構いるとはいえアネモネS27頭、そしてフィリーズレビューには39頭が登録。先週のチューリップ賞なら抽選なしで出られるのに。。
まぁ避けたくなる気持ちは痛いほどわかりますが…

この2つのTRの中から果たしてブエナビスタを脅かすような馬は出てくるのか?と書きたかったんですが、先週の競馬を見る限り他の馬がここでどんな強い競馬をしたとしても恐らく本番はブエナビスタの1強ムード。
ただ例え1強だろうとも、競馬には馬連も3連複も、そして3連単もある!

桜花賞を見据えて2頭軸の相方になりそうな馬や穴になりそうな馬。きっちり探しておきたいところです。

それではフィリーズレビュー過去10年の傾向です
上位人気の成績
1番人気
1、1、2、3、1、2、1、12、1、10
2番人気
11、2、6、7、3、1、4、4、7、14
3番人気
8、3、、4、2、6、3、1、8、12
4番人気
中、7、4、9、13、13、5、13、4、

1番人気は連対率70%、複勝率80%!ただ2〜4番人気が合わせて4連対と信頼できない成績。なので紐荒れ傾向に。
そしてその人気薄ですが、6番人気以下で馬券になった8頭中7頭が連に絡んでいるんですよね。人気薄は3連複より馬連で積極的に狙ってもいいかもしれません。

前走成績から
阪神JF掲示板から直行
3、1、13、1、1、7、10
エルフィンS1着馬
1、2、3、12
エルフィンS2〜5着馬
8、4、2、4、14、6、5、14、3、8、1、3、
エルフィンS6着以下
9、5、10、9、2、3、
クイーンC掲示板から
2、6、9、7、5、13着
クイーンC6着以下

4、12、3、6、3、12、1、4、5、8、8、10、14、7、11、6、11、13

前走芝の500万条件1着馬
中、3、1、10、8、2、15
前走芝の500万条件で負けていた馬
5、16、1、10、6、10、11、5、6、9、8、16着
前走ダートの500万条件1着馬
2、10、7、11、13、12、5、12、8、15、2、11、2、6、9
前走ダートの500万条件でまけていた馬
3、15、4、11、5、9、9、15着
新馬、未勝利戦出走馬(芝、ダート)
16、7、14、8、15、8、11、15、16、7、14、15、16、9、11、15、4、10、12、16着

フィリーズレビューで3着以内に入った馬の前走を見るとエルフィンSで走っていた馬がやたらと多い。続いて芝、ダート問わず前走500万下条件の勝ち馬。特にダートの500万下を勝ち上がってきた馬が2年連続、人気薄で連対中。2度あることは3度あるかも?
クイーンC組は連対馬は桜花賞に直行することが多く、賞金加算に失敗した馬が出てくるパターン。出走頭数の割りに連対数も少なく、またここ6年馬券になっておりません、割り引いてもいいかも。

今日のまとめ
ブエナビスタのライバル候補として期待されていたミクロコスモス。前走は直線で窮屈になり力を出し切れずに4着。賞金加算を失敗したことによりここは恐らく予定外の1戦、歯車が狂ってきた感じが。
能力的にアッサリもあるでしょうが、ズルズルといっちゃうパターンも考えられる。ということで今回は好相性のエルフィンS組と阪神JF直行馬ショウナンカッサイを中心に買ってみようかと。特にショウナンカッサイはJFで先行馬総崩れの中、唯一掲示板に残った馬。相当能力がありそう。今回例え負けても次走穴で買えそうなタイプ。注目して観戦したいと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月08日

弥生賞、チューリップ賞回顧

弥生賞 予想

1着〇ロジユニヴァース
2着−ミッキーペトラ
3着−モエレエキスパート
4着−キタサンアミーゴ
5着△ケイアイライジン

6着△アーリーロブスト
7着▲ハイローラー
8着◎セイウンワンダー

まさかハナを切るとは。ゆったりとしたマイペースに持ち込むと直線では軽く突き放し最後は抑える余裕を見せて2馬身半差の大楽勝。
ロジユニヴァース無傷の4連勝で皐月賞に大手!です。

ただ何というか、今回もまたどんだけ強いのかはわからぬまま本番へ。

前走のラジオNIKKEI杯2歳SではリーチザクラウンがHペースで飛ばし最後はバテバテ。今回は最大のライバルと目されていたセイウンワンダーが激太りでレースにならず大凡走、またアーリーロブストは控える競馬を試して失敗、末脚不発。
残った馬は稍重とはいえ1000m通過62秒フラットの“ロジユニヴァースのマイペース”を追走するだけで精一杯。直線で脚を伸ばしロジユニヴァースに本気を出させる馬はいませんでした。まぁ2、3着馬の実績を考えると仕方ないのかもしれませんが…

本気を出すまでもなく楽勝しているのですから物凄い強いのは間違いない。ただここ2走ライバルが勝手に沈んでいるのも確か。
本番ではライバルになる馬たちもきっちり走ってくることでしょう。それでもまた楽勝するようなら無敗の3冠馬誕生も夢ではないかもしれません。
ちなみに過去の傾向でも書きましたが無敗の弥生賞馬はグレード制導入後シンボリルドルフ、ダイシンフブキ、フジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクトに続き6頭目。
これを見ると無事に行けば確率はかなり高そうな気もしますが果たして。皐月賞が楽しみです。

チューリップ賞 予想

1着〇ブエナビスタ
2着−サクラミモザ
3着−ルージュバンブー
4着◎ブロードストリート
5着▲ジェルミナル

前に行くかなと思われたジェルミナルは後方からの競馬、そしてブロードストリートも中団の内でじっくりと待機。2頭とももうちょいと前で競馬をして欲しかったな。とか言うのが馬鹿馬鹿しくなる程の圧倒的な強さ。
有力馬3頭が後方で脚を溜める展開になり、まさに待ってましたな展開に持ち込めたのが逃げたサクラミモザ
TRやステップレースで人気馬が大事に乗り過ぎたり、大きいレースでも人気馬同士が牽制しあって人気薄の逃げを捕まえ切れないのは良く見るパターン。今回もソレかと!

直線半ばでは完全に逃げ切ったと思いました。しかしそこから目の覚めるような末脚!際どい勝負になるかと思いきや終わってみれば1馬身1/4差…。

いや、なんつーかもう同世代の牝馬相手じゃ全然馬が違うようですね。阪神JFを勝った時は牝馬版ディープインパクトなんて言われてましたが、さすがにそこまでは騒ぎすぎだろうと。内心思っていたわけです。
しかし今回の競馬を見てビビリました。3コーナーから大外を馬也でスーッとあがって行くところなんかまんまじゃねーかと。
あんな事して直線伸びるのかと思ったらあの脚!もう逆らいません。

牝馬路線はブエナビスタの1強で本番へ。TR2つ、フラワーCも残した状況でもこう言い切れちゃう程のインパクト。POGのチョコ代とかケチ臭いことは言いません。どうか無事に本番まで行きますように!


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月07日

弥生賞 最終予想

詳しい回顧は明日、弥生賞の回顧と一緒にするとして…。
ブエナビスタ
どんだけ強いんだか。

まさに“圧倒的じゃないか…。”というヤツです。

もうこれで春の2つは確定といってもいいんじゃないでしょうか。POGのチョコ代溜めておかないといけないようですね…。

それでは弥生賞。伏兵陣も多彩でどこからどこへ行こうか?と目移りするほど豪華な面子でしたが、有力馬3頭の回避によりセイウンワンダーVSロジユニヴァース一色ムードに。

過去の傾向→データ

◎はセイウンワンダー。朝日杯組はここ数年クラシックとはあまり縁がありませんが、弥生賞までは普通に通用。
朝日杯勝ち馬の成績は1、3、3着。また朝日杯FS掲示板から直行した馬は過去10年9頭中8頭までもが掲示板に載る堅実な成績。2〜5着馬でもそこそこ走れる好相性レースの朝日杯FS。そんなレースを新潟2歳からぶっつけで勝った馬ですからね!たとえ距離が長かったとしても大崩れはありえません。

〇はロジユニヴァース。逃げバテした馬が相手なので“4馬身”という差は差し引いて考えた方が良さそう。またここ10年のラジオNIKKEI杯の勝ち馬を見ても結構、次走でぶっとんでるんですよね…。サブジェクトとかサクラメガワンダーとか、ヴァーミリアン、ザッツザプレンティ、メガスターダム、ラガーレグルス。。
おまけに4馬身差をつけた相手が相手なのでかなりの人気になりそうな予感。
と、ここまで買いづらい要素が揃っているんですが、何度ラジオNIKKEI杯を見直しても強いなと思うばかり。有力馬3頭回避で尚更切れません。。

3番手以下が難しい。狙ってた3頭が丸ごといなくなっちゃったもので…。アーリーロブストは今回思いっきりロジユニヴァースに目標にされそうですしね。
ということで、ロジユニヴァースがまた早めに前を潰すようなら、京成杯でつけられた1馬身半差は逆転できるかも?のハイローラーを3番手評価に。
押えにアーリーロブストケイアイライジンで。

買い目
◎セイウンワンダー〇ロジユニヴァース
▲ハイローラー
△アーリーロブスト、ケイアイライジン

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単 ◎〇→◎〇→▲△△
     ◎〇→▲△△◎〇   12点

3連単12点でもロジユニヴァースが頭だと普通にトリガミしそうな予感。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月06日

チューリップ賞、オーシャンS 最終予想

チューリップ賞 データ

ブロードストリート、ジェルミナルがいようとも恐らくお構いなしで断然人気になるであろうブエナビスタ。阪神JFで見せた強さを考えれば例えこの面子で1倍台になったとしても納得できます。また阪神JFから直行というローテもデータからさほど問題ないように思える。
まともに走ったらここも楽勝なんじゃないかと。

ただどんな強い馬でもポカをするのが競馬。ましてや3歳牝馬です。しかも賞金が十分足りているこの馬にとってここは叩き台なのは明らか。
おまけに母系をみると母ビワハイジ、兄共ににやや早熟気味。あれから更に強くなってる可能性もありますが、あれがピークな可能性も十分ある。

ここは逆らう最初で最後のチャンスかも!?

という事でブエナビスタは対抗で。

◎はまだ底をまるで見せていないブロードストリート。500万下からの参戦はデータからはあまり良くないんですが、未勝利戦からも結構馬券に絡めるレース。OP実績は必要ないと思う。
ブエナビスタよりも前で競馬をするハズ、前2走を見る限りそう簡単にこの馬が後ろから差されるとは思えない。

単穴にジェルミナル。阪神JFで負けた時は京都コースやちょいとゆったり行ける距離で強い馬なのかなとも思いましたが、前走中山マイルできっちり巻き返してきた。やっぱり強いなと。
マイペースで先行できれば、この馬もそう簡単には差されない!ハズ。

穴っぽい馬も1頭くらい入れようかと思ったのですが、狙いは2、3着馬の紐アレではなくブエナビスタの2、3着付け。そう考えると先着できそうな馬が見当たらなす…。カウアイレーンが万全なら狙いたかったんですけど。

買い目
◎ブロードストリート〇ブエナビスタ▲ジェルミナル

馬単 ◎→〇▲ 2点

3連単 ◎▲→◎〇▲→◎〇▲ 4点

ブエナビスタに勝負!


オーシャンS
 データ

こちらは昨日更新した記事のとおり荒れるのを前提で。
シルクロードS掲示板組がどれほど人気になるのかが読めませんが、中山実績がいいとかはまるで無視して3頭まとめて切ってやる!

と言うのもいくら休養明けとはいえこの面子、この距離、このコースでキンシャサノキセキがぶっ飛ぶのも違うかなと。そうなると大波乱狙いなのでシルクロードS好走馬が買えないんですよね…。

ということで◎キンシャサノキセキから紐荒れ狙い。しかも本命馬3連単3着固定で。

買い目
◎キンシャサノキセキ
△コレデイイノダ、タマモホットプレイ、アイルラヴァゲイン、マチカネハヤテ、アポロフェニックス、プレミアムボックス、アポロドルチェ

3連単 △→△→◎ 42点

宝くじ馬券なので1点100円で。当たれば元は取れるハズ。3年前は1番人気3着で200万馬券も出ていますしね。
こういう買い方をしたレースってオッズを見てるときが1番楽しいんですよね。明日オッズを見るのが今から楽しみ!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月05日

オーシャンSは宝くじ気分で

重賞に昇格して今年で4年目。昇格1年目は14→6→1番人気で決まり3連単216万190円。2年目は1→10→11番人気で決まり3連単19万5440円。そして昨年はとうとう1番人気までぶっ飛び7→12→6番人気で決まり3連単152万1320円。

3連単の平均配当が100万円超えちゃってるじゃないの。

さてさて今年はどういう荒れ方をするのか。見当もつきませんが当然穴狙いで。あっさり人気馬同士で決まったら、それは事故。潔く諦めます。

それではあまりデータなんてアテにならないでしょうが過去3年分の傾向です。今回は人気別で。

1〜5番人気馬の前走から
シルクロードSで掲示板に載っていた馬
4、6、7、8、15着
シルクロードSで6着以下
4、4着
シルクロードS以外の芝のG供■猫靴韮鈎絨米
3、9、16着
シルクロードS以外の芝のG供■猫靴韮潅絨焚
8、11着
芝のOP特別で掲示板に載っていた馬
7着
1600万条件1着馬
5着
前走ダート出走


京都のハンデ戦のシルクロードSで好走した馬が押し出された形で人気になり中山コースで凡走。どうやらこれが波乱の原因か。
今年もシルクロードS組は人気になりそうな馬が結構いますが…。

6〜9番人気の前走成績
シルクロードSで掲示板に載っていた
2、13着
シルクロードSで6着以下
5、16、13着
シルクロードS以外の芝のG供■猫靴韮潅絨焚
11、12、7着
OP特別で掲示板に載っていた馬

1600万条件1着馬
10、
前走ダート戦出走馬
6着

10番人気以下の前走成績
スプリンターズSから直行

シルクロードSで掲示板に載ってた馬
2、10、15着
シルクロードSで6着以下
8、10、14、5、11着
シルクロードS以外の芝のG供■猫靴韮鈎絨米
12着
シルクロードS以外の芝のG供■猫靴韮潅絨焚
1、15、13、9、12、14着
1600万条件で2着以下
16着
前走ダート戦出走馬
3、9、14、6

どういうステップ、着順の馬が穴だ!というのは特になし。ただ人気薄からはシルクロードSで掲示板に載った馬が2頭連対しているようです。
まぁ今見直してもとても買えない馬が過去3年とも突っ込んできているので、人気薄はどうこう考えず全部買っといた方がいいのかも。

今日のまとめ
今年のシルクロードS組、特にモルトグランデサープラスシンガーは共に中山で実績アリ。シルクロードSステップの人気馬が飛んでるとはいえ今年はちょっと違う気もする。ただ常識がまるで通用しないレース。常識にとらわれて予想したんじゃ100万馬券なんぞとれる訳がない!
このレースは宝くじ。この2頭を切るのに理由なんぞいらん!!3連単のみで万馬券だらけの馬券を買う予定。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月04日

チューリップ賞 やはり1強?それとも・・・

今年の牡馬クラシック路線のレベルは相当高いように感じていますが、牝馬路線も負けず劣らず質、量ともにかなり揃ってる気がします。
ただ1つ違うのはその面子が揃ってると思える世代の2歳G気蚤焦呂鮖劼匹皸靴い靴燭箸鵑任發覆で呂いたこと。

2戦とも楽勝でここに駒を進めてきた大物候補ブロードストリート。そして阪神JFでは人気を裏切ったものの続くフェアリーSできっちり巻き返してきたジェルミナル。この2頭のアグネスタキオン産駒を相手に2歳女王ブエナビスタがどういう競馬を見せてくれるのか?

あのまま無事に成長しているとしたら、いくらこの2頭でもちょっと歯が立たないかもしれません。しかし何と言ってもここは休み明け。
また同じく2歳女王の母のビワハイジは春初戦でエアグルーヴに逆転されてしまいました。そして息子もやや早熟気味の血統。あまりにも強かった2歳時のG機4にあの時点で完成しちまってるなんて事は!?

そうなると問題は成長力があるのかどうか?

やはり1強になのか、それとも付け入る隙があるのか。大注目のチューリップ賞過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
2、10、1、2、2、1、7、4、1、2
2番人気
1、2、中、12、3、3、4、1、2、1
3番人気
4、9、2、3、6、2、1、9、5、
4番人気
6、4、4、7、1、4、5、5、8、9着

1番人気が7連対と素晴らしい成績。1番人気が連を外した年はきっちり2、3番人気が連に絡んでおり、上位人気3頭が揃って連を外した事はありません。連軸は3番人気以内からが良さそう。
しかし3番人気以内同士での馬連決着は過去10年で僅か4回。意外と紐が荒れるようなので人気馬を軸に特に3連複・単では人気薄まで手広く行ったほうがいいかもです。

阪神JF
阪神JF1着馬の成績
1、12、3、4、1、
阪神JF2着馬の成績
なし
阪神JF3〜5着馬の成績
2、3、10、10、2、4、1、6、5、
阪神JFから直行した馬
1、6、2、12、1、2、3、6、4、2、3

阪神JF優勝馬は6頭走り複勝圏に4頭、実績を考えれば当然なのでしょうがまずまずの成績。ちなみに4着以下に敗れた2頭は7、8番人気と人気薄で2歳G気鮴したタムロチェリーとテイエムプリキュアでした。
直行馬の成績は6着以下も込みでこの成績なら上々といえるのではないでしょうか。ブエナビスタまるで問題なし。

前走から(前走芝のレースのみ)
G供■猫靴馬対してた馬
4、5、
G供■猫靴韮鈎絨焚
3、9、10、5、14、5、10、15、6
OP特別で連対してた馬
2、6、10、12、2、3、2、3、1、4、1、5、9、1、5、13
OP特別で3〜5着
4、7、10、4、6、10、2、11、2、8、5、15
OP特別6着以下
11、1、3、7、9、3、8、13、10、9、3、11、8
前走500万条件1着
6、4、7、11着
500万条件で負けてた馬
8、11、13、10、11、8、9、12、8、12、13、15、6、9、10、12、4、6、7、14着
新馬、未勝利戦から
7、12、4、9、16、3、1、7、8、10、13、3、4、7、9、12

前走G供■猫系対馬の出走が少ないのは、年明けからこれまで牝馬限定戦の重賞がクイーンCしかなかった為。今年から1月に移動したフェアリーS。この時期のOP特別好走馬の成績もいい事から今後は要注意のステップになりそうな予感。
前走芝の500万下1着馬は思ったより出走馬が少なくあまり参考にならないと思いますが、1番人気のディアデラノビアが沈んでいます。

今日のまとめ
阪神JFの好走馬が強い。3〜5着馬でさえ複勝率5割。直行もさほど問題ないように思える。たとえブエナビスタが早熟だとしても、あんなに強い勝ち方をした馬が一気に馬券圏外になるとは考えづらい。
馬券の軸は素直にブエナビスタから行ってPOG惨敗用のチョコ代を稼ぐ!ただ仕上がり具合や思ったより成長力がなかった場合2、3着は十分ありえる!気がする…。
なので頭固定はせずに。2、3着なら3連単は高配当も期待できそうですしね!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年03月03日

弥生賞 歴史的名馬の誕生?

前哨戦でロジユニヴァースセイウンワンダーが激突。更に3番手以下の馬も昨年の弥生賞だったら1番人気じゃないの?って馬が何頭も。朝日杯FS2着フィフスペトルにシンザン記念勝ちのアントニオバローズ。3連勝で京成杯を制したアーリーロブストにその京成杯で負けて強しの競馬を見せたナカヤマフェスタ。“重賞勝ち”という実績だけじゃなく、どの馬もレース内容が素晴らしかったこの6頭。昨年出ていれば何頭1番人気になったんだろうか?
弥生賞の時点で考えれば私が観てきた中では最も豪華な弥生賞といえるかもしれません。

またこうなんつーか、グググッッッ!と来るのは6頭全部種牡馬が違うんですよね!
こんな豪華で楽しみなG兇狼廚靴屬蝓G兇任垢お祭り気分で楽しんで行こうと思います。
それでは過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
2、1、1、5、6、5、1、1、1、2
2番人気
1、3、2、2、1、1、3、4、3、1
3番人気
6、4、5、6、4、2、2、5、7、7着
4番人気
3、2、3、1、2、4、9、6、4、12

1、2番人気が圧倒的。毎年どちらかが必ず連対しています。また勝ち馬の最低人気は4番人気。人気馬中心の馬券で手堅く。
ただ3番人気が僅か2連対、4番人気もここ5年凡走中ということで3連複は軽い紐荒れを狙えるかも?といっても今年の面子じゃ無理っぽそうですけど。。

前走成績から
前走、朝日杯FS1着馬
1、3、3
前走、朝日杯FS2着馬
5、2、5着
前走、朝日杯FS3〜5着馬
1、4、6
前走、ラジオNIKKEI杯2歳S1着馬
2、1、6、1、
前走朝日杯FS、ラジオNIKKEI杯以外の重賞で1着だった馬
1、4、10、2、2、6、5、7、2、1、1、1、12
前走、朝日杯FS以外の芝の重賞で2着以下に負けていた馬
4、7、11、3、5、6、13、3、4、5、7、8、9、7、2、3、4、5、6、13、2、3、8、9、10、11、14
前走芝のOP特別1着馬
6、2、3、1、10、7
前走芝の500万条件を勝ってた馬
3、1、7、9、2、4、6、9、10、6、8、9、7

流石に半端な前走成績の馬は勝たせてくれません。朝日杯掲示板、ラジオNIKKEI杯2歳Sから直行と王道ステップを踏んできた馬。もしくは前走重賞1着で勢いに乗って参戦してくる馬。ここまでで8勝。
残りの2頭はちょいと面子にも恵まれていた前走500万勝ちのフサイチゼノンと後の3冠馬ディープインパクト。つまり優勝馬は朝日杯直行馬以外は全て前走1着!
まぁ今年は殆どの有力馬が該当しちゃうんですけどね…。

今日のまとめ
折角有力馬6頭の種牡馬もバラバラ。データもさほど役に立たず!これはもうお祭り気分で好きな馬から買うのがいいんじゃないかと。
ちなみにグレード制が導入されてから無敗で弥生賞を制したのは僅か5頭。フジキセキは皐月賞前に戦線離脱をしてしまいましたが残り4頭中3頭が見事無敗の皐月賞馬になりました(シンボリルドルフ、アグネスタキオン、ディープインパクト)しかもしかもその内2頭は…
もしロジユニヴァースがここを勝つようだと、歴史的名馬の誕生もあるかもしれませんね!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList