2009年05月

2009年05月08日

京都新聞杯、新潟大賞典 最終予想

明日の土曜競馬はダービーのステップレースが2つに新潟でも重賞と豪華。張り切りすぎてボロ負けしないように注意したいところです。
これからG気眤海ますしね。

京都新聞杯 データ

皐月賞5、6着馬VS皐月賞に間に合わなかった馬たち。力関係を読むのが非常に難しい。。
ただ皐月賞をメイチで仕上げて、更にこの後はダービー。皐月賞出走馬にとって間にレースを挟むのはかなり状態維持が難しいんじゃないかと。
青葉賞では皐月賞出走馬は8頭走って1連対(3着2回)と優勝なし。NHKマイルCも皐月賞ステップの馬から優勝馬はまだ出ていません。
そしてこの京都新聞杯では2頭が優勝し1頭が2着と3頭が連に絡んでいますが3頭とも皐月賞二桁着順とボロ負け。つまりあまりダメージが残らない負け方をした馬でした。
皐月賞5着馬はこれまで4頭が走り0−0−2−2 。人気、実績のの割にはといえる成績で来ても3着どまりまでかと。

ということで皐月賞好走の2頭は押さえに回し中心は前走500万下出走馬から。
デルフォイ。500万下の中でも特に相性のいいムーニーバレーRC賞の連対馬。他の有力馬が全く伸びない不良馬場を早め先頭から4馬身も突き抜けた。単に道悪巧者の可能性もありますが2走前の内容も良かったですし、能力が抜けてる可能性もまたあるかなと。血統的にそっちを期待。

ニシノホウギョク。このレースも青葉賞と同じく前走が500万下なら2000m
以上の方がいいのかなと。ちゃんとしたデータをとった訳ではないのでわかりませんが。

ガウディ。この馬も上と同じ理由で。前走から間隔が開いたので3番手評価にしましたが能力的にはこっちかも。

押えは皐月賞出走馬3頭。中山ではさっぱりも京都で変り身が期待できるメイショウドンタクを厚めに行く予定。
ロードロックスターは前走がスローに落としての逃げ、突き放し。血統も京都には向かなさそうですし…。人気になりそうなので思い切って切ってみる。

買い目
◎デルフォイ〇ニシノホウギョク▲ガウディ
△メイショウドンタク
×ベストメンバー、リクエストソング

馬連 ◎−〇▲△ 3点

3連単 ◎→〇▲△××→〇▲△×× 20点


新潟大賞典
事前予想も全くやってないので簡単に。

オースミグラスワン。この馬の末脚を最も発揮できる舞台がやってきました。展開頼みの馬ですが、このコースなら多少展開に恵まれなくても馬券に絡める気がする。

オペラブラーボ。オペラハウス産駒ですがこの馬もアガリが速い競馬は滅法得意。中山よりも俄然新潟向きじゃないかなと。中日新聞杯、金杯で1番人気を裏切り休み明け。美味しいオッズになっていそうな予感。

紐荒れが見込めるハンデ戦。3連複はこの2頭を軸に総流し。馬連での押えはそこそこで行こうと思います。

買い目
◎オースミグラスワン〇オペラブラーボ▲ダイバーシティ
△シンゲン、ダイシングロウ、ドリームサンデー、トウショウウェイヴ

3連複2頭軸 ◎〇軸で総流し14点

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

プリンシパルSはまだ予想していないんですが軸は多分ヤマニンウイスカーから。ある意味京都新聞杯より面白いメンバーが揃ったかなと。注目です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年05月07日

京都新聞杯 過去の傾向から

府中のプリンシパルSと京都新聞杯。面白いメンバーが揃いましたね〜。
皐月賞で4着まで与えられるダービーの権利をあと一歩のところで逃した5、6着馬、皐月賞に出たものの結果が出ず巻き返しに賭ける馬、その皐月賞の権利をあと一歩のところで逃した馬、そして500万下、未勝利からギリギリで切符を取りに来る馬。

京都の方はTRじゃないので1、2着の着順もかなり重要になってくるかも!?東西に分かれての残り僅かな出走枠を賭けた争い。
本番でも見たい馬が何頭もいるだけに非常に楽しみな土曜のメインになりそうです。
それでは重賞の京都新聞杯だけですが、過去の傾向から。参考データは5月開催になったからの9年分です。

上位人気の成績()内は2000m時代のものです
1番人気
(8、11)11、5、3、1、5、5、5着
2番人気
1、5)6、13、1、3、4、1、1
3番人気
(4、7)14、8、2、12、1、4、15着
4番人気
(6、12)4、3、7、5、6、8、6着
5番人気
3、6)10、14、4、2、3、9、10

G気ら未勝利戦までさまざまなステップでここに参戦する馬がおり、力関係が読みづらい。それをもろに反映しているような人気馬の成績になりました。
連に絡んだ馬の半分以上が6番人気以下。5番人気以下同士での馬連決着は僅か2回だけ。人気薄が来ない方が珍しいという傾向で大波乱も見込めるレースなのでコレダ!という馬が見つかった場合は総流しもいいかもしれません。

上位5番人気までの馬の前走別成績()内は2000mの時のものです。
前走皐月賞5着以内
(8)5、3、3
前走皐月賞で6着以下
(6、5、12)4、11、14、13、1、2、5、12着
前走毎日杯掲示板から
(11)7、
前走毎日杯6着以下
1、4着
前走その他の重賞出走馬
1、
前走芝のOP特別5着以内
1、3、7)10、8、5着
前走芝の500万条件で1着
(4、6)6、3、1、2、4、5、1、5、10、15着
前走芝の500万条件で2着以下
14、6、9着
前走新馬、未勝利戦で1着
4、6着

人気馬に絞ってもどういうローテでどんな成績をあげてきた馬が危険で、こういうローテなら信頼できます、というのは全くなく、どんなタイプの人気馬でも飛ぶ危険性がある。
前走からの好走傾向はわかりませんが、皐月賞でそこそこ走れている馬でも断然ではないということがわかったのは良かったのかも。

6番人気以下の馬の前走別成績()内は2000m戦のものです
前走皐月賞出走馬
(5、9)1、7着
前走毎日杯6着以下
5、
前走その他の重賞出走馬
)9、6、7着
前走芝のOP特別5着以内
(7、11、8、15)3、10、4、9、15着
前走芝のOP特別6着以下
(9、12、4)着
前走芝の500万条件1着
2、10、14)2、4、6、11、11、2、7、10、4着
前走芝の500万条件2着以下
1、13、16)8、9、2、11、12、5、10、7、8、13、2、13、2、9、11、14、16
前走芝の新馬、未勝利戦出走
(10、14)12、7、8、9、3、6、7、12、3、8、13
前走ダート戦出走馬
(13、3、17)13、15、9、10、14、8、10、14、15、12着

穴馬に関しても特にビックリするような戦績の馬が突っ込んでくることは少なく、重賞、OP出走馬や500万下組で人気の盲点になっている馬が狙い目。
500万下で負けてた馬が4連対もしているので人気薄なら積極的に押えておきたいところです。

今日のまとめ
皐月賞の5、6着馬が人気になるのかもしれませんが、これまで皐月賞5着馬はヤマニンリスペクトが8着、ホシコマンダー、5着、ミスティックエイジ、アドマイヤフジが3着と思ったより良くないんですよね。
この面子なので軽視はできませんが、むしろボロ負けして人気落ちのメイショウドンタクを狙った方が面白いかも?
本命候補は人気馬から人気薄まで良く突っ込む前走500万下から。これまで3連対と特に相性のいいムーニーバレーRC賞を勝ったデルフォイ。シックスセンスの弟という血統から是非ダービーでも見てみたい。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年05月05日

NHKマイルC 過去の傾向から

タニノギムレット、キングカメハメハ。そしてディープスカイ。当初はクラシックに出走できないマル外の為の救済処置という位置づけでしたが、ここ7年でダービー馬が3頭も出走しており最近はG気任△蠅覆らもダービーの有力なステップレースというイメージになってきています。
その為ここに挑むローテも随分とバラエティーに富んでくちゃって…。

皐月賞に見向きもしなかったアイアンルックブレイクランアウトがここでどういう競馬をしてダービーに挑むのか。そしてここが最大目標のマイラーたちがダービーを見据える馬に一泡吹かせることができるのか。
馬券は難しそうですが非常に面白そうなレースになりそうです。有力牝馬がもうちょいいればもっと盛り上がったんでようけどねぇ。今年の牝馬路線はあの馬がいるのでちょっと期待していたんですが…

それではNHKマイルCの過去10年の傾向です。
上位人気
1番人気
10、3、1、3、11、1、4、6、2、1
2番人気
2、1、4、14、9、7、1、10、12、5
3番人気
3、5、17、4、6、3、12、1、11、
4番人気
4、7、15、1、4、2、3、17、10、12
5番人気
5、2、10、2、2、11、7、9、9、8

人気馬の大敗が目立つレース。1番人気が気持ち成績がいいようですがそれでも連対率4割、複勝率6割程度。2〜5番人気までは大差なく正直5番人気以内ならどこから狙ってもさほど変わらない気がする。ちなみに1番人気で馬券圏外に飛んだ4頭は4頭とも前走馬券に絡めなかった馬でした。こういうタイプの馬が人気の年は危険かも!?

前走から
ニュージランドT
中山1600Mになってからの成績です。
1着馬
−、17、14、2、7、12、10、5、7
2着馬
3、4、−、17、14、10、2、16、10
3着馬
7、15、4、6、−、16、1、13
4着以下
2、12、1、13、16、5、12、7、13、14、2、9、8、16、11、10、11、13、8、14、13、9、8、4、5、13、18、5、4、8、5、3、4、9、15、3、12、14、17着

前走皐月賞
皐月賞で5着以内だった馬
5、3、2、3、6、9
皐月賞6着以下の馬
7、11、9、12、5、12、15、10、4、7、8、14、11、12、15、17、2、8、11、2、
前走桜花賞
桜花賞で5着以内だった馬
1、2
桜花賞6着以下の馬
1、13

前走毎日杯()内は2000m時のものです
毎日杯1着馬
1、1
毎日杯2〜5着馬
(4)着
毎日杯6着以下
(15、)着
前走その他のOPレース
スプリングSで3着以内
1、2
その他の芝の重賞で5着以内
3、5、9、17、7、18、11、10、12、17着
芝のOP特別1着馬
1、6、10、6、13、3、7、9、6、3、17、7、9、14、5、6着

芝の500万条件勝ち馬
14、3、11、12、15、17、9、15、16、7、18

TRであるニュージーランドTは最多の9頭が馬券に絡んでいますが上位馬の成績は悪くまるで信用できません。中山マイルと府中のマイルは別物。着順はさほど気にせず府中マイルに適性のありそうな馬を狙うのがいいかもしれません。
驚異的なのは桜花賞、毎日杯と阪神の1600m〜2000mの好走馬。ともに出走頭数が少なくまだ何ともいえない状況ではありますが、皐月賞、NZTといった中山ステップの馬よりも素直に着順を信頼できそうです。

今日のまとめ
初戦の1200m、しかも小倉があまりにも強かったので逆に阪神のアーリントンC、毎日杯では軽視しましたが、毎日杯では度肝を抜かされる末脚を見せられる結果に。1800mであれだけの競馬ができるのなら距離は問題なさそうです。
ただこれまで毎日杯の勝ち馬が3頭優勝しているとはいえその3頭はクロフネ、キングカメハメハ、ディープスカイと思いっきりビッグネームなんですよね。。
なので例年レベルの毎日杯勝ち馬がどこまでやれてたのかはまるで不明。まぁアイアンルックも例年レベルの毎日杯勝ち馬じゃなない可能性は十分すぎるほどあるんですが。。
他は桜花賞4着のワンカラット。中山では一歩足りないものの阪神のアーリントンC2着のマイネルエルフなんかが面白そう。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年05月03日

天皇賞(春) 回顧!!

天皇賞(春) 予想

 1着◎マイネルキッツ
 2着△アルナスライン
 3着〇ドリームジャーニー
 4着−サンタイズマックス
 5着−ジャガーメイル

 7着▲ヒカルカザブエ
 9着△アサクサキングス
11着△ゼンノグッドウッド
12着△モンテクリスエス
14着△スクリーンヒーロー

勝ったマイネルキッツはスパッとは切れないものの、こういう流れが滅法得意そうな血統とズブイ脚。しかし枠にも展開にも恵まれたとはいえ、まさか頭で来るとは正直ビックリ。
◎を打った私でさえも思わず「え!?勝っちゃうの???」と言葉が漏れました。
これまで重賞を8回使って1回も勝てなかった馬がここで勝っちゃうんですから、上手く行く時ってホント上手く行くもんですね。

逆にスクリーンヒーローアサクサキングスなど人気馬を揃えた5歳勢は…。1、2、4、5、6番人気をこの世代で占めているのに勝てないとは。ダービーを牝馬ウオッカに取られ、またダイワスカーレットという強烈な牝馬も同世代にいる近年稀にみる不幸な世代。
上手く行かない世代というのはトコトン上手く行かないものなのか。
一応掲示板には4頭乗っかりましたし次走に期待!なんでしょうけど…。う〜ん。

いつもならスクリーンヒーローにショックを受けて自棄酒モードなんですが、今日の私は珍しく馬券がHIT。上手く行くときは上手く行くようで、明日車に轢かれてもおかしくないようなバッチリな予想ができました。
数年に1度の周期でしかこないのが問題ですが、たまに当った時くらいは家族に美味しいものをご馳走しよう!
ありがとう松岡騎手とマイネルキッツ!

馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年05月02日

天皇賞(春) 最終予想

青葉賞はライバルのPO馬に勝たれた上、馬券も惨敗。マッハヴェロシティめ〜。明日の天皇賞を当てて取り戻したい!といいたいところですが、大波乱と見込んでいますので、外して元々の少額大穴狙いで行こうと思っています。

天皇賞(春) データ

大好きなグラスワンダーの産駒であるスクリーンヒーロー。12、13頭立てなら迷わず本命にしようと思っていたのですが、今年はフルゲートでしかもテイエムプリキュアも登録。この馬が大逃げをかましフルゲートでタフな競馬になるとしたら、残念ながらスクリーンヒーローはスタミナが持たないんじゃないかと思われる。買わずに勝たれると一気に髪の毛が抜けそうなので単勝だけおさえて馬券では△評価。
予想を裏切って突き抜けて欲しいんですが…。

過去の傾向でも書きましたが堅いか荒れるかの鍵を握るのはズバリ出走頭数。頭数が増えれば増えるほど道中タフな展開になりやすく、ステイヤー血統の馬が上位に喰い込めると予想します。テイエムプリキュアが大逃げを打てば尚更、そういう流れになるんじゃないかなと。
また過去人気に応えてきた前年の菊花賞馬や有馬記念で3着以内に好走してた馬が不在。4年ぶりの大波乱を期待して。。

マイネルキッツ。重賞ではG靴垢蘊,狙擇譴覆で呂任垢8走走って全て掲示板を確保。ステイヤーらしいズブさはタフな流れにもってこい。血統からも超距離は向きそうで日経賞2着馬も過去10年で4、2、4、3、着と堅実、データからも問題なし。ぶっちゃけ勝つイメージは全くありませんが2、3着に来る可能性は十分にあると思う。思い込みって怖いですね…

ドリームジャーニー。正直いまだに距離適性がわかりません。しかし血統的にはむしろ向いててもおかしくない馬。道中、気分良く走れればといったところでしょうか。恐らく最後方付近で死んだ振りをしているハズで、プリキュアが逃げればその作戦も激しく嵌りそうな予感。

ヒカルカザブエ。重馬場でプリキュアの大逃げ、JC馬と菊花賞馬が伸びない厳しい流れの阪神大賞典を2番手からの競馬でハナ差の2着。しかも最後差し返す素振りもみせました。母父SSのジャングルポケット産駒なので血統的にはそういうスタミナ勝負に強いイメージは湧かないんですが、実際前走好走しているので…

△は最初にあげたスクリーンヒーローとスタミナ勝負には滅法強いハズのアサクサキングス。そして武さん騎乗で過剰人気気味なのが気に入りませんがダイヤモンドSの勝ち馬モンテクリスエス。◎馬に前走先着、菊花賞2着のアルナスライン。そして最後にあの年の1、2着馬を輩出した大阪ハンブルグCから3連勝中のゼンノグッドウッドまで。

買い目
◎マイネルキッツ〇ドリームジャーニー▲ヒカルカザブエ
△スクリーンヒーロー、アサクサキングス、モンテクリスエス、アルナスライン、ゼンノグッドウッド

単勝 スクリーンヒーロー

馬連 ◎から総流し17点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点

馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年05月01日

青葉賞 最終予想

金曜売りなんで全くアテにはなりませんがアプレザンレーヴが1.1倍と断トツの単勝オッズ。さすがにこの倍率のままになるとは思いませんけど、抜けた1番人気にはなりそうです。

過去の傾向→データ

過去10年で1番人気は6勝!大敗もある1番人気ですが好相性の毎日杯ステップ、それも出遅れさえなければと思わせる好内容。距離も血統から問題なさそうですし今年は人気に応えて勝ち切るんじゃないかと。
逆らわず素直に◎アプレザンレーヴで。本音でいうとライバルのPO馬なんで勝たれると困るんですけどね…。仕方ナス。

人気馬が勝ち切るレースではあるものの2着以下が荒れて紐荒れ傾向なのが青葉賞。傾向からの狙い目は重賞出走馬と前走芝2000m以上の500万下勝ち馬で人気のなさそうな馬。
今年は500万下勝ち馬がいっぱいいますし人気の盲点になりそうな馬に厚めにいきたい。

セイクリッドバレー。前走はアンライバルドと1馬身半差の5着。重賞でも着順ほど負けておらず、府中も東スポ杯2歳Sでアガリ33秒台の脚を使えている。既に底が割れたような戦績のため、今回もあまり人気にはならなさそうな予感。過去にも弥生賞の4、7、5着馬、スプリングSの6着馬がここで権利を取っており皐月賞TRでこれくらいの成績なら十分勝負になると思われます。ガツンと

トップカミング。恐らく母父バクシンオーから距離を嫌われ実績の割には人気にならないはず。本番は厳しいでしょうがゆったり流れて瞬発力勝負になればこの距離でもギリギリ持ちそう。持ちさえすれば相当末は切れる馬なので馬券になる可能性は高いと思うんですが…

押えに2000以上の500万下勝ち馬からキタサンアミーゴイネオレオピサノカルティエ3頭。人気になりそうなバアゼルリバーは怖いんですけど点数の関係であえて切る!

買い目
◎アプレザンレーヴ〇セイクリッドバレー▲トップカミング
△キタサンアミーゴ、イネオレオ、ピサノカルティエ

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単 ◎→〇▲△△△→〇▲△△△ 20点


当ててリッチなGWを過ごしたい!!

 

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList