2009年06月

2009年06月30日

ラジオNIKKEI賞 過去の傾向から

宝塚も終り秋まで競馬は休養!なんて方もきっと多いとは思いますが、クソ暑い中ビールを飲みながらマッタリ競馬を楽しむのもいいものです。
また2歳戦も熱いですからね!POGをやってない方は2歳なんぞ興味なす!なんて方もいるかもしれませんけど、今年のダービー馬ロジユニヴァースは昨年の7月6日デビュー。2歳王者で皐月賞3着のセイウンワンダーも7月12日に初勝利をあげています。また一昨年の7月8日にはキャプテントゥーレ、トールポピーが、4年前にはアドマイヤムーンやアドマイヤキッス、サクラメガワンダーが7月10日にデビュー。
年々有力馬の始動も早まってますしね、未来のG汽Εぅ福爾箜萍馬探しも夏競馬の楽しみの1つ。POGに興味がない方でも2歳戦のチェックをしてみたら後々楽しめるかも!?

ということで、7月なのに既にクソ暑いですが今年も張り切って夏競馬を楽しんでいきましょう!
それでは福島のハンデ戦ラジオNIKKEI賞の過去の傾向からです。参考データは別定戦時代も込みで過去10年。東京開催を除く9回分で。

上位人気の成績()内は別定戦時代
1番人気
(9、4、6、4、1、14、6、
2番人気
(4、6、9、1、9、5)2、1、
3番人気
2、9、11、3、2、4)11、7、15
4番人気
1、8、2、6、13、11)8、3、

元々よく荒れるレースでしたがハンデ戦になって更に激しく荒れてる模様。将来性とか人気とか、そんなものはとりあえず置いといて福島で走りそうな軽ハンデの人気薄を狙い撃ちしたほうがいいかもしれません。
二桁人気もボンボン絡んでいますので変に絞らず、手広く穴狙いで。

前走成績から前走芝のレース出走馬のみ、()内は別定戦時代のものです
前走ダービー、オークス
3、5、1、7、8、6、11、14、4)9、13、14、8、13、15着
前走NHKマイルC
(4、9、4、2、10)
G供■猫圭仭馬
(11、15、8、11)1、11、15
OP特別で掲示板に載ってた馬
1、2、5、3、9)4、2、16
OP特別6着以下
(7、15、3、6、13、7、12)5、7、12、15、4
1000万条件1着馬
(11、)6、7、7
1000万条件2着以下
1、6、7、12、3、6、10、11、12、3、4、8、9、10、3、7、10、13、11、5、6、14、15)6、8、10、11、2、5、10、13、1、9、14
1700m以上の500万条件1着馬
2、2、9、1、2、4、5、8、9、14、12、1、2、10)2、3、1、8、12、3、4、6着
1600m以下の500万条件1着馬
(8、10、15、7、8、9)16、10着

ヘタな実績があるとハンデを背負わされる。ダービー出走や重賞好走実績はむしろマイナス材料といってもいいかもしれません。
同じような理由で1000万条件1着馬も不振傾向。前走1000万下出走馬を狙うなら昨年のレオマイスターのように思いっきり負けてる馬の方が面白いかも。
また別定戦時代から好成績だった前走500万下勝ち馬はハンデ戦になっても変わらず好調。狙うならここでしょうか。
時計が掛かり力のいる福島の馬場だけに短距離〜マイラータイプの馬よりも長めの距離を勝ってきた馬がよいようです。

今日のまとめ
まだ何がわからない状況ですが今年は人気になりそうな馬に怪しい馬が多そう。1000万下組やG欺仭馬が人気になるようなら、願ったり叶ったり。オッズ的にも美味しそうな前走500万1着馬から狙いたい。
中でも名前的にも全く人気にならなさそうな2頭のエアエミネム産駒スーパーシズクンワシャモノリタンが激しく気になります。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年06月28日

宝塚記念 回顧

宝塚記念予想結果 予想

1着△ドリームジャーニー
2着▲サクラメガワンダー
3着〇ディープスカイ
4着−カンパニー
5着◎スクリーンヒーロー

6着△アルナスライン
7着△マイネルキッツ

レースは逃げ馬不在ということで、横山典騎手騎乗の◎スクリーンヒーローが積極的に前へ。コスモバルクを行かせて離れた2番手で実質溜め逃げに成功。前にいた方が有利だと思っていたので思わずガッツポーズ。大敗のダメージがまだ残っていたのか、こういう戦法が合わなかったのか。直線でたれてしまいましたが、存分に楽しませてはくれました。
直線でサクラメガワンダーが並びかけてきた時は、GW産駒のワンツーもあるかなと思っていたんですけどねぇ。
スクリーンヒーローがたれてからはサクラの応援に変更。並びかけてきたディープスカイとの追い比べをドキドキしてみていましたが、外で1頭脚色がまるで違う馬が…。
GWファンの父子制覇の夢とディープスカイの凱旋門賞遠征の夢を一気に粉砕する鬼脚。ドリームジャーニー。ここで来るのね。。

馬券も父子制覇も叶わず、残念な結果ではありましたが見応えたっぷりの直線の攻防には大満足。
グラスワンダー産駒父子制覇の夢は年末のグランプリでもう1度見ようと思います。

で、唯一今日のレースで残念だったのがディープスカイ。前にいたサクラメガワンダーを捕らえきれず、後ろにいたドリームジャーニーに差されるという完敗といえる内容。
この馬これで古馬混合戦5戦目なのですが天皇賞、安田記念ではウオッカにJCではスクリーンヒーローに、そして大阪杯と宝塚記念ではドリームジャーニーに。5戦中4戦で後ろから来た馬に差され、残りの1戦は前を捕らえきれず。。
中団からやや前目にも付けれるようになりましたが、その所為で末が甘くなってしまった印象。これまで同じような競馬で負けているんだから道中極端な作戦に出てもいいんじゃないかと。今回はウオッカ不在で断然人気に支持された為に、思い切った競馬もしづらくなってしまったんでしょうけど。。

恐らく今回の敗戦で凱旋門賞は白紙になったと思われます。秋はちょいとこれまでとは違った最後方追走くらいの思いきった競馬を見せて欲しいと思いました。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年06月27日

宝塚記念 最終予想

ウオッカ回避で主役の座が回ってきたディープスカイ。古馬混合G気任錬押■鈎綢海と結果を出し切れていないだけにここは落とす訳にはいかないレースとなりました。
また父アグネスタキオンの死も重なり、単勝オッズは断トツ。人気だけでみると1強ムードに。

私も心情的にここはディープスカイに負けて欲しくないという気持ちなんですが、今年はそれ以上に勝って欲しい馬がいる!
ドリームレースらしく馬券は贔屓の馬から勝負します。

宝塚記念 データ

2ヶ月くらい前から今年の宝塚記念はグラスワンダー産駒の父子制覇があるんじゃないかと楽しみにしていたんですが、思惑通り2頭の有力馬が出走できることになりました。
あとはどちらを本命にするか?悩みに悩んだ末だした結論が…。

スクリーンヒーロー。過過去10年の1着馬をみると前走天皇賞、安田記念の連対馬か金鯱賞の1着馬。例外は海外G欺仭のアドマイヤムーン1頭だけということで、ぶっちゃけデータ的には割引き。
ただここ3走は完全にスタミナ不足と敗因もしっかりしており、阪神2200mのここは巻き返しが期待できる。有馬は勝ち馬を負かしにいっての結果。前走大敗した天皇賞でも3〜4角までのあがり方は直線突き抜けてもおかしくない雰囲気はあった。3200mのレースじゃなければもしかしたら!?

この馬が得意としている中距離で末脚が生かせる展開の競馬というのをジャパンC以降走っていないという事実。
末脚勝負になればディープスカイ、ウオッカを差し切った実績からも巻き返しがあってもいいハズ。

〇はディープスカイ。対抗もGW産駒にしようと思ったんですがやはりG気任琉堕蟯兇鬚澆襪函■夏軸の相手はこっちかなと。
ただ前走はウオッカに並ぶ間もなく差され、大阪杯でもドリームジャーニーに競り負かされた。意外と末脚に破壊力はなく、ウオッカ不在でも案外勝ち切れないかもしれない。

サクラメガワンダー。6歳になりいよいよ本格化。しかも舞台は得意の阪神。当初本命予定だった馬、これ以上評価は下げられません。

△にデータから抜群の成績を誇っている同年天皇賞優勝馬マイネルキッツ。そして連対率はガクっと落ちるものの2、3着馬まで押さえが必要な天皇賞ステップということでアルナスラインドリームジャーニー

買い目
◎スクリーンヒーロー〇ディープスカイ▲サクラメガワンダー
△マイネルキッツ、アルナスライン、ドリームジャーニー

GW産駒父子制覇応援馬単 ◎→〇 ▲→〇 2点

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点

GW産駒の2頭でワンツーしたら失神しそう。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年06月24日

宝塚記念 過去の傾向から

みなさんこんばんは。あと1時間ほどで帝王賞発走。昨日はすっかりタキオンの事に頭を取られてて予想を更新するのをすっかり忘れていたamurouです。
今更予想を更新しても書いてる最中に終わっちまいそうなので気を取り直して宝塚記念のデータ記事を。

ウオッカの回避はある程度想像できていたので特にショックということもなく、個人的には結構前から思い描いていた勢力図になりそうです。

つまりグラスワンダー産駒VSディープスカイ

まぁこう見えるのはただ単に私がグラスワンダー好きだからなんですけどね!実績的にも、また安田記念での屈辱的な負け方を振り払う為にも、そして先日亡くなった父の為にも…。何が何でも負けられないのが今回のディープスカイ。
この馬が、全世界のグラスワンダーファンが待ち望んだ宝塚記念父子制覇に立ちはだかる高い壁になるのは間違いナス。

絶対に負けられない戦いをディープスカイは勝つことができるのか?それをぶち破ってGW産駒は父子制覇を達成するのか?
個人的にはこんな感じで宝塚記念を楽しんでおります。まぁ終わってみればドリームジャーニーあたりが1発かましてそうな気がするんですが…

それでは過去10年の傾向です
上位人気の成績
1番人気
2、1、2、1、5、1、7、1、8、
2番人気
1、6、1、4、4、4、3、9、2、12
3番人気
6、5、5、3、13、3、2、8、1、10
4番人気
4、11、6、2、3、6、4、4、3、
5番人気
8、4、4、5、6、5、12、7、12、

上位人気が安定しておりどんなに荒れても毎年4番人気以内の馬が1頭は複勝圏に入っています。また03年を除く9年で3番人気以内の馬が連対。その03年も勝ち馬は前走天皇賞1着のヒシミラクル(6番人気)。11番人気が優勝した05年も勝ったのはG汽Εぅ福爾離好ぁ璽廛肇Ε轡腑Α
基本的には強い馬がそのまま上位にこれるレースと考えて良さそうです。

実績から
同年の天皇賞(春)優勝馬
2、1、2、1、1、2
同年の天皇賞(春)2、3着馬
5、1、8、6、4、2、13、9、9、2、
前年の有馬記念連対馬
1、6、2、1、5、3、3、3、7、1、3
同年の安田記念連対馬
1、1、13、6、1、12
同年の金鯱賞1着馬
2、12、2、3、1、7、
同年の金鯱賞2着馬
3、7、4、2、11、13着
同年の目黒記念連対馬
4、4、11、3、8、6、9、13、13、3、10

何と言っても目立つのが同年の天皇賞(春)優勝馬の成績。勝ったとはいえまだまだ人気はなさそうなマイネルキッツ。データ的に1番狙い目なのはこの馬かもしれません。ただデータ外の11年前にメジロブライトが11着に飛んでおります。

今日のまとめ
過去10年の1着馬をみると前走天皇賞、安田記念の連対馬か金鯱賞の1着馬。唯一の例外は前走海外G汽▲疋泪ぅ筌燹璽鵑里漾
昨年は該当馬が2頭しかいなかったんですがその2頭でワンツーフィニッシュしております。今年も傾向どおりとなるとマイネルキッツアルナスラインディープスカイサクラメガワンダーから勝ち馬が出るハズ!
まぁドリームレースということで買う馬はほぼ決まってるんですけどね。とりあえずこの5頭じゃない馬から流す場合は頭付けで買わないほうがいいかも!?


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年06月23日

アグネスタキオン

22日急性心不全で急死。

今日は宝塚記念のデータを更新しようと思っていましたが、急遽内容を変更しアグネスタキオンについて書こうと思います。

私がこの馬の現役時代の事でまっさきに思い出されるのは実は弥生賞。既に3冠、3冠と騒がれ始めた頃でしたが、実は私、半信半疑だったんですよね。
お兄さんのアグネスフライトの菊花賞、JCを観るとどうも3冠なんてできるの?って感じがしてしまって。しかも新馬、ラジオたんぱ杯で素晴らしい瞬発力を使って勝った馬が不良馬場の中山で単勝1倍台前半の断トツ人気。
蹴っ飛ばすにはここしかないだろと、ありとあらゆる組み合わせの馬連とミスキャストやダイイチダンヒルの単勝をごっそり買った訳です。

結果は5馬身差の大楽勝。

疑り深い私も痛い目をみて、ようやくなるほどなと。。

3歳でジャパンCを制した馬がダービーを勝ち、有馬記念と翌年の天皇賞(春)を勝つことになる馬が菊花賞馬となった最強世代。いくらなんでも簡単に3冠を取れたとは思えません。でももし無事ならと考えさせられるパフォーマンスをみせてくれたのは事実。
ホントもし無事だったらどんな結果になっていたんでしょうね?結果は誰にもわからないので私の無責任な予想を書きますとダービー→アグネスタキオン。菊花賞→マンハッタンカフェ。ジャパンC→ジャングルポケット。こんな感じかなぁと思うのですが。
もしこうなるとジャングルポケットはダービー馬と呼べなくなるのか…。それはそれで複雑。かといってアグネスタキオンが負けると無敗という枕詞が消滅。。
う〜ん。。どっちが府中の2400mで強いのかは気になるとこですが、今となってはあの時期の引退でよかったのかも!?

種牡馬になってからはダイワスカーレットを2世代目に輩出しましたが、もし無事に現役生活を5歳まで送っていたらこのダイワスカーレットはいません。また2年目に大ブレークすることが多いSS系の種牡馬。もしタキオンが4歳まで走っていたら初年度からダイワスカーレットみたいな馬が出たかどうかは疑問。なのであの時期の引退は種牡馬としても良かったのかも…。

と、早すぎた引退はこんな感じでプラスに考える事もできますが、死んでしまったらもうマイナスだらけ。。
僅か4戦あっというまにG気鮠,繊△△辰箸いΔ泙飽退。種牡馬になってからもあっというまにリーディングを獲得しその翌年他界…。
名前のとおり、何でもかんでもちょっ早だったアグネスタキオン。


残りの産駒から父を超えるような後継種牡馬がちょっ早で出ることを望みます

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年06月21日

マーメイドS回顧 今年も55キロ以上の馬は連に絡めず

まぁ3着にトップハンデ56.5キロのリトルアマポーラが突っ込んでいるので全滅じゃないけど…。全滅じゃあないけど…。

マーメイドS 予想

 1着△コスモプラチナ
 2着−ニシノブルームーン
 3着−リトルアマポーラ
 4着−ベッラレイア
 5着〇レッドアゲート

 7着△ウェディングフジコ
11着△マイネカンナ
12着△ビエンナーレ
13着△クラウンプリンセス
15着◎ブーケフレグランス

開幕週のハンデ戦らしく軽ハンデ・ノーマークの逃げ馬コスモプラチナが楽々と逃げ切りました。2着にも先行していた52キロ・ニシノブルームーンが入り前残り。馬単は万馬券。
ダメ元で軽ハンデ馬から狙ってみたんですが、結果はまさに狙い通りの結果。しかし先行するかと思われた私の◎ブーケフレグランスは何故か道中最後方…。う〜ん、上手く行かないものです。

今年はハンデ差も少なく、ハンデ55キロ以上の面子も揃っていただけに普通にワンツースリーもあるのかなと思っていたんですが、結果はこのとおり。
この調子で実績馬が凡走を続けるようだと、来年以降面子が揃わなくなる可能性もあるかもしれません。そうなると近い将来別定戦に戻るなんてことも!?

そうなる前に軽ハンデ馬狙い撃ちの万馬券的中。したいものです。来年こそは。

で。新馬戦のことも少々。
マイPO馬のダノンパッションが道中おもいっきり引っかかりながらも直線では狭いところをきっちり抜け出し快勝。
昨年は(も)酷い目にあったPOGですが、今年はこれ以上ない素晴らしいスタートを切る事ができました。
まぁはじめだけかもしれませんが…。とにかく良かった。

ところでJRAのHPで今年は新馬戦もレースを観られるようになったんですね(リアルタイムでは観られませんが)。こういうサービスは嬉しいものです。
ただ小出しにしないで全レース観られるようにすればいいのにー。とも思いましたが…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年06月20日

マーメイドS 最終予想

今週から新馬戦もスタート!明日の阪神では早速私の3位指名ダノンパッションがスタンバイ!!
昨年ボロボロのPOGだったので今年はロケットスタートを決めていい気分で開幕したいところ。応援にも気合いが入ります。

そんな訳でマーメイドSより4Rのほうに頭が行っちゃってるんですが、今週唯一の重賞ですからこちらも気合いを入れて予想したいと思います。

マーメードS データ

ハンデ戦になってからまだ4年目ということで参考データは僅か3回分、しかもうち1回は京都開催。
なので信用するにはサンプル数が不足気味なんですが、とりあえず過去3回をみるとハンデ55キロ以上の馬は9頭走って全滅。実績馬には厳しいデータとなっております。ただ今年は52キロが最軽量ハンデと実績馬とのハンデ差が少ないので違った傾向になるかもですが…

来たら来たで仕方ないと割り切り、軽ハンデ馬中心で勝負!

ブーケフレグランス。軽ハンデ馬から狙うと前走準OP勝ちの2頭に目が行きがちですが2頭とも関東馬なんですよね。。関東の人間がこういうことをいうのも悲しいですが、こっちの条件戦を3連勝してきた馬が向こうのG靴任いなり前日6倍のオッズ。ちょっと疑ってしまいます。
ということで巻き返しの見込めるヴィクトリアMステップ、3走前に1600万条件も勝利しているこの馬からうすーく勝負。

〇同じくヴィクトリアMステップのレッドアゲート。昨年秋以降まったくいいとこありませんが、前走ヴィクトリアMではここでも人気になっているリトルアマポーラとは1馬身差、4着ザレマとも2馬身ほどの差。
斤量差があればひっくり返ってもいいんじゃないかと。凄く単純な考えで。

馬連はブーケフレグランスからの総流し。3連複はこの2頭からコスモプラチナ、マイネカンナ、ウェディングフジコ、クラウンプリンセス、ビエンナーレへ。
勝負レースは4R!来週にでかいのがありますし、ここは少額で遊ぶ予定です。

買い目
◎ブーケフレグランス〇レッドアゲート
△コスモプラチナ、マイネカンナ、ウェディングフジコ、クラウンプリンセス、ビエンナーレ

馬連 ◎から総流し 15点

3連複2頭軸 ◎〇から△へ 5点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年06月18日

マーメイドSは大波乱狙いで? 

ハンデ戦になってから今年で4回目。初回は京都開催ということで阪神で行われるマーメイドSとしては今年が3回目になります。昨年は重馬場ももろに影響して最低人気のトーホウシャインが勝利し2着に10番人気のピースオブラヴ。大波乱の結果になりました。
僅か2年分のデータしかないものの、間違いなく波乱見込みで大穴が狙えそう!
宝塚記念1週前ということで、資金は節約し少額で大きいところを狙いたいレースです。

それではサンプル数が少なく使えないデータになりそうですがマーメイドS過去の傾向を。

上位人気馬の成績《》内は別定戦時代、()内は京都開催です
1番人気
1、2、2、4、7、1、5》(8)8、5着
2番人気
2、4、5、2、2、2、1》(4)1、
3番人気
3、5、6、1、9、4、》(4、4着
4番人気
《5、10、1、5、1、5、7》(9)6、10着
5番人気
10、1、9、6、4、6、》(12)2、3

別定戦だったころとはガラリと変わり上位人気馬はまるで信用できません。人気は気にせず、というかむしろ人気馬はあえて蹴っ飛ばすくらいの豪快さが必要かも!?

前走成績から()内は京都開催
ハンデ戦になってからの過去3年分、前走芝のレース出走馬のみの成績です
ヴィクトリアマイル6〜9着馬
(7)5着
ヴィクトリアマイル10着以下
(4、12)2、3、5、8、10着
その他のG欺仭馬
4着
G供↓靴韮誼絨米
(8)10、12着
G供↓靴韮驚絨焚
(11、13、14)2、6着
OP特別連対馬
)着
OP特別3着以下
12着
1600万条件で5着以内
2、5)1、7、11、4着
1600万条件で6着以下
3、7)3、9着
1000万条件で5着以内
(10)8、11着
1000万条件で6着以下

500万条件1着馬
(6)6着

前走成績、レースの格はまるで関係なし。昨年の勝ち馬は前走1000万9着、前々走は500万でも5着でしたからねぇ…。前走条件戦で掲示板にすら載らない馬でも馬券に絡めるというとんでもない重賞。
こういう重賞をやる意味があるんでしょうか?とか愚痴の1つも言いたくなります。

ハンデから
大雑把な分け方ではありますが…()内は京都開催です
ハンデ57キロ
(8)着
ハンデ55〜56.5キロ
(4、9、12)5、8、5、10、12着
ハンデ52〜54キロ
(7、13)1、2、3、4、9、12、2、3、4、6着
ハンデ50〜51キロ
2、3、5、6、10、11、14)7、10、11、8、9、11着
ハンデ49キロ以下
)6、1、7着

ハンデが一番!ハンデがあれば重賞も勝てる。
昨年は重馬場というのが大きかったんでしょうが、とりあえずこれまでは55キロ以上の馬に出番なしと、思いっきりハンデが影響した結果になっております。
ただ今年はこれまでの結果を踏まえてか、そんなにハンデに開きはないんですよね…。49キロ以下狙おうと思ったのに…。

今日のまとめ
ザレマとベッラレイアは昨年も出て沈んでいますが臨戦過程が違いますし、G鞠魯螢肇襯▲泪檗璽蕕泙能仭。ハンデ戦になってから今年が1番面子が揃ったように思います。前走条件戦でボロ負けしていたような馬はいませんし。
また上記のとおり過去2年よりハンデ差も少なくなっているんですよね。なので今年はガチガチで終わる可能性も十分あるかも。
ただ、それでも大きいのを狙えるレースは狙って行きたい!今年堅く収まったら来年また考えるということで。
今年は本命候補は軽ハンデの馬から。55キロ以上は軽視するスタンスで挑もうと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList