2009年09月

2009年09月18日

セントライト記念 過去の傾向から

皐月賞、ダービーの1〜3着馬が不在。例年どおり、というか例年以上に地味な面子になりそうな今年のセントライト記念。
人気の中心はダービー4着のナカヤマフェスタになるんでしょうか?

ただこのナカヤマフェスタ。地味ーな印象ではありますが、皐月賞とダービーの合計着順はアントニオバローズとならんで1番良かったりするんですよね。春の2冠は共に展開に思いっきり左右された結果になりましたので、両レースとも大崩れなく走っているというのは思ってる以上に評価していいのかも。
また皐月賞は休養明け。前残りだったダービーでは後方からアガリ最速で突っ込み4着と差し・追い込み勢の中では最先着。
そう考えるとこの馬、ひょっとしてこの世代の中で1番強いなんて可能性も!?あるような、ないような…

そんな注目のナカヤマフェスタが出走するセントライト記念。とりあえず過去の傾向からです。参考データは10年、新潟開催を除いた9回分で。

上位人気の成績
1番人気
1、2、2、4、1、2、6、1、2
2番人気
4、1、3、12、2、9、10、2、14
3番人気
7、3、4、1、5、4、中、7、7着
4番人気
10、7、11、3、6、10、2、8、4

ここ4年で8番人気以下の馬が3勝。波乱ムードがぷんぷんするレースなんですが、意外にも1番人気は結構安定して走っているんですよね。また毎年必ず4番人気以内の馬が1頭は連対。
ということで軸は素直に上位4番人気以内の馬から。イメージ通り人気薄もバンバン突っ込んできていますので紐荒れ狙いで。

前走から
前走ダービーで掲示板に載った馬
1、2、4、9着
前走ダービーで6着以下
8、10、3、1、8、3、5、7、13、2、6、11、中、2、9、14
前走ラジオNIKKEI賞連対馬
7、5、1、10、1、3
前走2000m以上の1000万条件連対馬
2、14、5、2、3、4、4、13、2、5、10、6、7、10、12着
前走芝の500万条件1着馬
6、9、11、7、9、6、4、7、9、3、12、14、3、14、15、11、12、17、6、11、中、中

ダービー直行馬が人気になりやすいレースですが連対馬は僅か5頭。連対率は25%で複勝率でも35%ほど。この中で1〜5番人気の馬に限定しても1、8、10、2、3、1、3、13、2、4、9、6、2、14着と複勝率は5割。人気馬にしてはちょいと頼りない数字に思います。案外軽視しても面白いのかも。

その他のローテでは1000万条件好走馬が良く絡んでおり、前走で連対していなかった馬の中でも昨年のダイワワイルドボアなど4頭が馬券に絡んでいます。また500万条件1着馬の連対はありませんが2着馬からは2頭勝ち馬が…。条件戦出走馬はもしかしたらあまり着順は気にしなくていいのかも。ただ前走条件戦から馬券に絡んだ13頭中12頭は前走で2000m以上のレースを走っていました。距離は要注意かもしれません。

今日のまとめ
ナカヤマフェスタを信じるか。それとも思い切って消してみるか。5番人気以内には確実に入ると思いますのでデータから複勝率はちょうど5割。
上で書いたように菊花賞に向けて注目の1頭だとは思うんですが、あまり人気になるようだと正直馬券では買いづらいデータなんですよね。賞金も足りてますし…
ということで明日の前日オッズを見てから取捨を決めようと思います。1番人気でもあまり被らなければいいんですが。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年09月15日

ローズS 過去の傾向から

僅か2戦のキャリアで桜花賞2着、オークスではブエナビスタ相手にあわやの競馬をみせたレッドディザイア
あのブエナビスタさえいなければ、もしくは昨年産まれていれば。もしかしたら僅か4戦での無敗の2冠馬となっていたかもしれない素質馬がいよいよ秋初登場。

僅か2戦3戦のキャリアで春のクラシックあれだけの競馬をする馬ですから、一夏越して成長してたらどんなになっちゃってるんだろうか。
桜花賞、オークスの3、4着馬に加え、復活を果たしたミクロコスモスにダート路線からも面白そうな馬が出てきますが、ここは負けられない一戦。

きっちり勝って秋華賞での再戦を盛り上げてもらいたいものです。

それではローズSの過去の傾向からです。一昨年から1800mになっていますがお構いなしで参考データは過去10年。中京開催を除く9回分です。

上位人気の成績()内は2000m時代のものです
1番人気
(4、4、2、1、5、7、1、3
2番人気
1、11、4、10、1、3、12、
3番人気
2、5、1、2、4、5、7)3、
4番人気
(7、2、6、15、3、9、9)4、15着

意外と人気馬がこける。一応4番人気以内の馬が必ず複勝圏に1頭は入っていますが、春のクラシック連対馬でも余裕で連を外しまくっており、波乱含みのイメージ。
5〜9番人気の馬が10頭も馬券に絡んでいますので、4番人気以内の馬を軸に中位人気を積極的に絡めて買いたいレースです。

春のクラシック実績馬の成績
桜花賞連対馬の成績
2、5、4、16、6、5、51、3
桜花賞3〜5着馬の成績
(4、5、4、7、1、2、3、1)8
オークス連対馬の成績
(4、4、5、2、5、7、3、12、
オークス3〜5着馬の成績
2、11、6、10、12、12、7)4、3、15、4着

どちらも実績ほどは…といった感じでしょうか。特に上位人気にも穴人気なりやすいオークスの3〜5着馬はやたらと飛んでるようなので注意が必要。ちなみにこのオークス3〜5着馬で馬券に絡めたのは桜花賞でも2着と好走していたフサイチエアデールと桜花賞馬レジネッタ。オークスだけの実績だと怪しいかもしれません。

夏、古馬相手に実績を残した馬
前走古馬相手に芝の1000万条件で連対している馬
1、3、3、7、7、1、3、6)3、14着
前走古馬相手に芝の500万条件で勝っている馬
(6、11、6、7、13、3、5、4、13、9、1、10、8、9、10、13)5、8、9、着
古馬解放後のクイーンS出走馬
1、4、2、6、2、3、5、8

夏を使ってきた馬では前走古馬混合の1000万条件で連対していた馬が要注意。3着が多いので馬連向きではないかもしれませんが、複勝率は素晴らしく3連複、単では是非押えておきたいローテです。

今日のまとめ
桜花賞、オークスともに馬券に絡んだ馬でも結構沈む。ここ10年ではトゥザヴィクトリー、シルクプリマドンナ、スティルインラブが1番人気で4、4、5着と馬券圏外に飛び、昨年のレジネッタも3着と連を外しています。ここでは絶対に負けられないレースだとは思うんですが案外あっさり3、4、5着なんてこともあるのかも。
軸はレッドディザイアにするつもりですが、当初予定していた頭固定はもうちょっと考えてから決断しようと思います。
相手の中心は春のクラシック実績馬より夏場古馬相手に1000万下を連対してきた馬にする予定。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年09月13日

セントウルS、京成杯AH 回顧!!


セントウルS 予想
 1着▲アルティマトゥーレ
 2着◎スリープレスナイト
 3着△コスモベル
 4着−カノヤザクラ
 5着−マルカフェニックス

 8着△アポロドルチェ
14着〇ローレルゲレイロ
15着△メリッサ

強かったですねぇ。アルティマトゥーレが昨日の弟に続き重賞を勝利。連日の兄弟制覇というとビワハヤヒデとナリタブライアンを思い出します。
これで10戦6勝。1月にはまだ500万下を走っていた馬が僅か半年ちょっとでG妓補に早替り。セントウルSの勝ち馬はあまり本番での成績はよくないんですが、ここまで一気に駆け上がってきた勢いを考えるとビリーヴ以来の連勝も十分にありえそう。弟は既にG気鮠〕。姉もスプリンターズSの最重要ステップを勝利!ということでこちらも姉弟揃ってのG汽Εぅ福爾砲覆襪もです。

そんなアルティマトゥーレのG祇覇の最大の壁になりそうなのは、やはりスリープレスナイト。これまでも斤量59(牝馬57)キロの馬は勝ち星がなかっただけに、斤量も多少響いたものと思います。
また高松宮記念から5ヶ月ぶりのレース、そして叩き台ということを考えれば上々の結果といえるのではないでしょうか。
春のG気盖挈槎世韻任靴燭らねぇ。次走で久しぶりというかちょうど1年ぶりとなる“完璧な状態での走り”今から楽しみです。
馬券の方はそんなスリープレスナイトの取りこぼしを狙っての3連単が珍しくヒットし久々の爆勝となりました。
たまにはこういうこともないと競馬続けられませんからね、ホントに良かった。というか助かった。好調期間が短い私の予想ですがどうか本番まで続きますように!

京成杯AH
 1着−ザレマ
 2着−アップドラフト
 3着▲マイネルスケルツィ
 4着−ケイアイライジン
 5着△サイレントプライド

 9着◎ヒカルオオゾラ
10着〇ショウワモダン
14着△バトルバニヤン

こちらも同じようにヒカルオオゾラの2、3着狙いで馬券を買ったんですが全然ダメ。馬体重でしょうか?最後の直線でもいつもの伸びがまったくみられずでした。。ホントこの馬も重賞では勝てませんねぇ。
2、3着狙いが本線とはいえ今回は前目で競馬をすれば止まらない馬場。思いっきりチャンスだと思っていたんですが…。

そしてそんな馬場も味方についに重賞に手が届いたのが勝ったザレマ。これまで重賞で掲示板に載ること7回。15回目の重賞挑戦にしての初重賞制覇。
恐らくこの勝利をキッカケに馬がガラっと…なんてしないタイプの馬だと思うんですがそこがまたこういう馬の魅力の1つ。
ザレマのファンには怒られちゃうかもですが、今後もステイゴールドのようにG気任癸猫靴任眛韻犬茲Δ望,狙擇譴覆ぅ競譽泙みたいものです。


それでは久々の大勝と昨日のラナンキュラスの勝利を祝してちょっくら家族と美味しいものでも。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


セントウルS、京成杯AH 最終予想

昨日は思わぬ大勝により朝まで祝勝会。仮眠をとって先ほど起床しました。
ギリギリになってしまいましたが本日の予想です…。


セントウルS データ

人気馬がよく来るレース。そして斤量+2キロの実績馬も安定感ばっちり。
このデータから本命候補はあっさりG汽Εぅ福爾裡夏に絞られる。ただよく馬券に絡むといっても2、3着がやたらと多いのも特徴の1つ。
今週もまた本命馬の取りこぼし、3連単裏に入って高配当!狙いで。

◎候補のG鞠呂錬夏いますが特に迷いもせずスリープレスナイトで。ちょっと現在のスプリント界では抜けた存在のような気がします。2、3着付けが本線ですが勝ってしまいそうな雰囲気も。

〇にローレルゲレイロ。斤量59キロ(牝馬57キロ)の馬は2、3、2、2、3、着と安定した成績。加えて阪神実績も十分。休み明けでもデータからは嫌う理由はありません。
まぁなんとなくですが飛びそうな気もチラホラするんですけどね…

この2頭の2、3着付け高配当!というのが今回の狙い。なので紐は頭できそうな1発の魅力がある馬をチョイス。
過去8回の優勝馬は全馬7月以降のレースを使っていたということでサマースプリントシリーズ参戦馬中心に手広く行きます。穴はズバリ前走5、6、7着馬。
また斤量58キロ(牝馬56キロ)の馬はこれまで4、6、7、11、12、8着と不振。今回は気合いの軽視で。

買い目
◎スリープレスナイト〇ローレルゲレイロ▲アルティマトゥーレ
△アポロドルチェ、コスモベル、メリッサ

3連単1頭軸マルチ ◎−〇▲△△△ 60点

馬単裏表 ◎⇔〇▲△△△ 10点


京成杯AH データ 

関屋記念は過去10年で9頭が馬券に絡む好ステップですが9頭とも2、3着と何故か頭はなし。
こちらも本命馬の2、3着付けを本線にした馬券で勝負。

ヒカルオオゾラ。データ抜きでも2、3着付けで狙いたくなる馬。関屋記念組は前走着順がいいほど成績もよく6着以下が巻き返したのは僅か2頭だけ。しかもその2頭が絡んだ年は1番人気を3歳馬に譲るほど層の薄い年でした。ということで素直に着順が上の馬に本命を。

ショウワモダン。関屋記念を除くと前走成績、ステップは様々でハンデ戦らしく前走が重賞じゃなくても何も問題なく頭でもこれる。ということで中山実績が魅力なこの馬を対抗にチョイス。

▲は本命馬同様関屋記念組からマイネルスケルツィ。こちらも中山実績は抜群ですしね!ただ好きな馬なんですがチャンスな時こそこない馬。その辺りが気掛かり。

押さえですがセントウルSで相手を絞りきれず勝負をかけたので、こちらは無理にでも絞って。サイレントプライドバトルバニヤンのみで終わらせときます。

買い目
◎ヒカルオオゾラ〇ショウワモダン▲マイネルスケルツィ
△サイレントプライド、バトルバニヤン

3連単1頭軸マルチ ◎から〇▲△△ 36点

馬単裏表 ◎⇔〇▲△△ 8点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年09月11日

朝日CC いきなり最終予想

明日は久々に競馬場に出陣。どうやらお天気には恵まれなさそうですが、これは日頃の行いというやつでしょうか。だとしたら仕方ありません。
まぁ雨が降っていても屋根があるところでビールを飲みながら競馬を楽しむ分には影響ありませんしね!
あまりハメを外してボロ負けしないようにだけ気をつけたいと思います。

それではこのレースが始まる頃には恐らくグデングデンになっているだろう朝日CCの予想です。週中に過去の傾向をやっていないのでそれも軽くやりつつということで。
参考データは中京開催を除いた9回分です。

上位人気の成績
1番人気
2、1、2、3、4、1、1、1、1
2番人気
4、4、4、2、1、7、4、6、4着
3番人気
9、5、2、4、8、3、9、2、3
4番人気
5、2、3、9、9、11、3、10、

前走成績から
参考データ9回分をみると馬券に絡んだ27頭中26頭が前走芝1800m以上。なので芝1800m以上を使っていた馬に絞ってのデータです。
G欺仭馬
12、1、9、4、1、4、5、6
小倉のG靴馬対していた馬
1、4、2、4、2、1
小倉のG靴韮魁腺誼
1、4、8、3、4、7、11、2、5、8、3、5、8着
小倉のG靴韮驚絨焚
6、5、8、9、6、9、4、6、8、9、2、10、12、10着
その他のG供■猫靴之納板に乗っていた馬
5、9、6、3、4、2、3、11、6、7、10、2、3、13
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
3、11、12、2、10、13、7、8、1、9、12、2、5、8、2、9、13、5、7、2、
前走1600万条件連対馬
10、1、2、5、3、3、6着

過去9年中7年で前走小倉の重賞で走っていた馬が連対。その他の競馬場の重賞を入っていた馬は5着以内に好走した馬より、6着以下からの巻き返しが目立つ。パッと見こんな感じでしょうか。
つまり前走マイル戦を使ってきているキャプテントゥーレと新潟の重賞を好走して人気を集めそうなサンライズベガは案外怪しいんじゃないかと。
ただ連対馬18頭中13頭までもが4番人気以内という堅いレース。人気馬2頭をまとめて切る勇気はありませんが、本命は別の馬から。

クラウンプリンセス。小倉のG靴馬対していた馬は1、4、2、4、着と高いレベルで安定。この馬は連対こそしていませんが勝ち馬からクビ差の3着。同等の評価をしちゃってもいいんじゃないかしらと都合よく判断。
同じG轡ビ差でも新潟記念2着馬より小倉記念の3着馬で勝負!斤量も向こうは前走比+2キロに対しこちらは+1キロですしね!

〇はキャプテントゥーレ。過去10年で連対馬がなしの前走1600m以下出走馬。ですが皐月賞馬が56キロで出てきて無印にするほど私も無謀ではありません。本質的にはマイラーだとは思いますがG轡譽戰襪料蠎蠅覆蕁

マストビートゥルー。北九州記念が1200mになり小倉記念も前倒しに、その影響で1800mに延長され時期が後ろにズレたのがこの馬が前走勝った小倉日経OP。小倉のG傾チ馬が好成績というデータから、OPとはいえかなり要注意なステップな気がします。

△にサンライズベガテイエムアンコール。穴で巻き返しに期待のデストラメンテコスモプラチナを押えて終了。

買い目
◎クラウンプリンセス〇キャプテントゥーレ▲マストビートゥルー
△サンライズベガ、テイエムアンコール
×デストラメンテ、コスモプラチナ

馬連 ◎−〇▲△△×× 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△×× 15点


明日はそんなに遅くならない予定ではあるんですが、予定は未定。また未明まで飲む恐れがありますので予想の更新は遅くなるかもしれませんです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年09月09日

セントウルS 過去の傾向から

PCのモニタが薄暗くなった。どうやら故障したらしい。
まぁまだなんとか書ける状態ではあるんですが早く直さないと取り返しのつかないことになりそうな予感。だいぶ使ってるし新しいので購入しようかしら。

そんな事を考えつつ競馬を予想すると大体は大きいところを狙って撃沈する。今週末は競馬場に繰り出す予定ですし、通常の3倍痛い目にあいそうな気も…。

現地観戦を我慢して新しいモニタを購入するべきなのか。それとも漢らしく出陣して散るべきか。
兎にも角にも事前予想はしっかりと。今日はG汽好廛螢鵐拭璽今咾梁膸な前哨戦セントウルSの過去の傾向からです。参考データは9月開催1200m戦になってからの中京開催を除いた8回分で。

上位人気の成績
1番人気
2、3、1、2、1、3、3、8着
2番人気
1、2、3、1、3、2、9、9着
3番人気
4、6、4、4、2、4、5、
4番人気
8、5、7、3、9、5、10、7着

1、2番人気馬が圧倒的に強かったのに、ここ2年でちょいと怪しい雰囲気に。そろそろ大波乱も出そうな流れ。
一応過去の傾向からは3番人気以内の馬が必ず3着以内に入っているので3番人気以内の馬から3連複1頭軸で。

負担重量から(G兄代と現在とは負担重量の決定方法が違いますが)
59キロの馬(牝馬57キロ)
2、3、2、2、3、
58キロの馬(牝馬56キロ)
4、6、7、11、12、8着

斤量+2キロの馬は1着は無いもののまずまず安定した成績。今年は2頭いますしどちらかが馬券になる可能性は大。一方58キロの馬は…。マルカフェニックス、スズカコーズウェイはちょいと危険な感じがしますね。。

前走成績から(芝のレースのみ)
前走G欺仭馬
2、4、6、2、5、11、11、3、4、8、9、15
前走G供■猫系対馬
7、3、2、6、4、7、9、1、6、7
前走G供■猫靴韮魁腺誼
1、3、4、2、5、14、11、16着
前走G供■猫靴韮驚絨焚
3、10、10、11、3、10、12、3、7、10、1、6、10、12、15、16、2、5、10、12、13
前走OP特別1着馬
1、8、11、12、6、4、1、10、2、3、3
前走OP特別2〜5着馬
5、5、9、12、7、9、10、5、7、13、2、6、7、11、12、1、4着
条件戦1着馬
1、2、6、8、4、5、8、13、14着

基本的には前走G欺仭馬を除くと、前走好走馬がそのまま活躍している模様。重賞なら5着以内、OPなら1着馬が特に良さげ。
ただここ2年はサマースプリントシリーズのレースで6着以下だった馬が連絡みして穴をあけています。穴を狙うならサマースプリントシリーズの6、7着馬あたりが面白いかもしれません。

今日のまとめ
スプリントG汽Εぅ福爾裡夏が共に参戦しますが、斤量+2キロ馬は安定感はあるもののこれまで勝ち星はなし。またまたこのレースもか!と言われそうですが狙いはこの2頭の2、3着付け。もしくは1頭飛んでの高配当。
また過去8年の勝ち馬の前走は全て7月以降のレース。G汽Εぅ福治夏が2、3着というのはデータからもバッチリな狙い方。
ということでスリープレスナイトローレルゲレイロのどちらかを本命にし夏場に使われた馬の頭付けを厚めに買う予定。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


京成杯AH 過去の傾向から

いよいよ中央開催に戻り秋競馬がスタート。開催が替わったからといって当たる自信は全くないんですけどいい気分転換にはなりそうです。
今週末は折角なので競馬場にでも出陣しようかと計画中。まだまだ暑いうちに競馬場でビールも飲みたいですしね!

まぁ行くとしたら土曜だと思うのでこのレースは生観戦はできませんが今週の中山メイン京成杯AHのちょっとした過去の傾向です。参考データは過去10年、新潟開催を除く9回分です。

上位人気の成績
1番人気
3、1、1、5、3、6、14、3、
2番人気
5、8、2、7、1、10、3、1、3
3番人気
4、2、3、14、8、1、4、8、
4番人気
12、7、5、16、6、2、10、2、15
5番人気
11、6、4、6、2、8、9、11、12着

ハンデ戦だけに荒れるイメージがありますが1、2番人気の複勝率は5割となかなか高く、3着以内に入った馬の約半分にあたる14頭が3番人気以内の馬でした。馬連では6番人気以下同士の決着が3度もあるものの、3番人気以内の馬が揃って馬券圏内を外したのは過去10年で1度だけ。
データからは3番人気以内の馬を軸に3連複で紐荒れ狙いをするのがよいかもです。

前走成績から
関屋記念連対馬
3、8、2、3、2、6着
関屋記念3〜5着馬
5、2、3、10、4、12、2、4、8着
関屋記念6着以下
6、15、5、6、11、16、4、5、2、3、11、9、9、11、13、8、10着
前走安田記念出走馬
14、1、14、
前走NHKマイルC出走馬
12、4、6、8、3、3、12着
それ以外のG供■猫靴馬対していた馬
5、5、16着
それ以外のG供■猫靴韮魁腺誼綰
1、7、1、7、13、14着
それ以外のG供■猫靴韮驚絨焚

8、3、4、6、3、7、10、4、8、13、15、2、9、1、6、7、15、5、6、7、12、15、16、3、7、11、13、15着
前走OP特別連対馬

1、4、4、6、13、10、1、4、9着
前走1600万条件1着馬
2、8、14、5着

上記以外で馬券に絡んだ馬は4頭。1000万下1着から連勝を決めたゼンノエルシド、1600万下9着から巻き返したシベリアンホーク、ダートのOP関越S4着をステップに連覇したマイネルモルゲン。そして昨年ダービー13着から2着に突っ込んだレッツゴーキリシマ。
また前走6着以下からの巻き返しも多く使ったレースも様々なので正直なにが来ても…なレースです。
そんな中で注目したいステップが関屋記念。連対馬は6頭中4頭、3〜5着馬も3頭が馬券に絡む安定した成績。優勝馬はでていませんが(前々走走った馬ではサンライズアトラスが優勝)3連複の軸としてはもってこいのステップかもしれません。

今日のまとめ
本命は好走馬が目立つ関屋記念組から選びたい。6着以下から巻き返した馬も2頭いますがその年は少頭数で例外的。関屋記念に関しては好走馬がそのまま好走する傾向にあるので素直に連対馬のヒカルオオゾラから馬券を買いたい。
ただ2、3着馬がやたらと多いステップ。ヒカルオオゾラ自身も勝ち切れない馬ですし今回も人気を背負いそうなことから、またまた3連単は2、3着付けでの高配当狙いで。
 

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年09月06日

新潟2歳S、小倉2歳S 回顧

本日は縦目と1、3着。。昨日の札幌は◎△で決まったものの3連複勝負で馬連では押えていなかった為スカ。
夏競馬の最終週はなかなか後遺症の残りそうな外し方をしております。もう笑っちゃおう。

新潟2歳S 予想

 1着△シンメイフジ
 2着×フローライゼ
 3着−クロフォード
 4着△ギュンター
 5着−スプリングサンダー

 7着▲ブランビーブラック
 8着×サウンドバラッド
11着◎プリンセスメモリー
13着△コスモセンサー
18着〇シルクフィーリング

縦目といえば縦目なんですが、実際のところはどう間違っても取れなかったであろうレース。というのも本命馬が人気薄だったが為に手広く流したのであって、仮にシンメイフジから買っていたらフローライゼまでは手が回ってないと思われます。そう思おう。
なので馬券のことは抜きにしてとっととレース回顧を。

勝ったシンメイフジは道中最後方で待機。幾ら直線の長い新潟だとはいえ直線に入ってもまだ最後方。それで差しきるどころか最後は3着以下に2馬身以上の差をつけるのだから凄い脚。
2着のフローライゼも道中後方2番手追走で勝ち馬と半馬身差の競馬をしていますので直線で通った場所や展開なども嵌ったのかもしれませんが、レースのアガリが33秒8というレースで殿一気ですからねぇ。強いなと。

ここで終わっちゃう馬もいますが、順調に成長すれば2歳チャンピオンも誕生するのが新潟2歳S。シンメイフジは母がレディミューズ、祖母シンコウラブリイという良血馬。幾らなんでもここで終わるような馬ではないかなと。
ということで仮に前哨戦で負けても、直行だとしても。暮れのJFでは重い印を打たねばなと思いました。

小倉2歳S
 1着◎ジュエルオブナイル
 2着−ダッシャーゴーゴー
 3着〇オレンジティアラ
 4着−パリスドール
 5着−サリエル

 8着△ダンツミラション
 9着△フェブスカイ
13着△メイショウヘミング
14着△シャイン
取消△タガノジョーカー

珍しく2頭軸もきっちり決まった。3連単は本命馬の頭付けと買い方もバッチリ。おまけに強気で蹴った1番人気も上手く飛んでくれた。

だがしかし紐が…。

悔やまれるのは着固定で3連単を買っていた為にやたらと点数が絞れていたこと。5頭に流しても僅か10点(実際は取り消しにより8点)。
全馬に流していても24点で済む買い方だっただけに。悔いが残る。全部とはいかないまでも後3、4頭で引っかかっていたかもとか考えちゃう。
そんな感じで泣きながらお酒を飲んでいたんですが、よくよく考えたらデュランダル産駒の重賞初勝利なんですよね!しかも2、3着はサクラバクシンオー産駒。

共に名短距離馬として名を馳せた2頭の産駒が1200mの重賞で激突!1〜3着を占めました。
こうなるとフェニックス賞の勝ち馬でタイキシャトル産駒のカレンナホホエミにも出て欲しかったな、なんて思っちゃいました。
中長距離に比べると日本で活躍した種牡馬って短距離馬が少なかったですからねぇ。デュランダル産駒の登場によりこういった対決がどんどん増えると面白いかもしれませんね!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList