2009年10月

2009年10月20日

菊花賞 過去の傾向から

ダービー馬不在。ダービー2、3着馬、皐月賞の1〜3着馬の5頭が登録していますが5頭とも前3走以内に二桁着順の大敗あり。
おまけにその5頭が勢揃いした神戸新聞杯では春のクラシック未出走のイコピコに2馬身差をつけられる完敗。

皐月賞前は3強と呼ばれた世代がまさか菊の時点でこんなになるとは思いもしませんでした。大混戦!

恐らくリーチザクラウンが逃げると思うのですが、果たして最後まで持つペースで行けるのか。人気になるでしょうし追いかけられたらかなりのHペースになることも?そうなると、なんだか久しぶりに菊花賞らしい長距離血統の馬が火を噴きそうなそんな予感もしてきました。
超難解ですが予想するのは超面白い。そんな菊花賞の過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
6、5、4、中、3、7、1、4、3、1
2番人気
2、1、5、11、4、4、4、2、5、5
3番人気
1、2、3、3、9、11、3、3、16、16
4番人気
3、11、12、16、2、2、6、7、1、

1番人気は僅か2勝、2〜4番人気で1勝ずつ。強い馬が勝つと言われている菊花賞ですが、レース前に強いだろ!と思われている1、2番人気は合わせて5連対と不振。
6番人気以下が4勝で9連対(その内二桁人気は4頭)。過去10年では馬連万馬券が4回で3桁配当はたったの1回という波乱含みのレース。狙っていきましょう!

春の実績から
日本ダービー
1着馬
6、5、4、3、1、4着
2着馬
1、1、5、4、7、3、1、16
3着馬
2、1、11、4、
4着馬
8、2、3、6、7、14、5着
5着馬
14、6、5着
6着以下
7、11、15、8、17、9、13、15、2、4、5、7、9、13、17、中、2、6、9、11、13、2、4、8、2、3、15、8、12、15、17、8、9、10、16、2、6、12、17着

ダービーで3着以内に入っていた馬が5勝。勝ち馬の半分はダービーでも馬券に絡んでいた馬ということになります。ただ連対率になおすと36.8%、複勝率でも47.4%と人気を被ることを考えるとアテにできない数字なのかも。今年は該当馬が2頭いますが確率的には2頭ともとんでもおかしくはありません。
逆に連対率は低いものの5頭も2着馬を出しているダービー6着以下の馬。というのがオッズ的にも面白いかも。

皐月賞
1着馬
2、1、中、3、1、4、16着
2着馬

8、5、13、9、4、4、2、14
3着馬
1、4、2、15、8、5

皐月賞馬は7頭が出走し3連対。速攻で落馬競争中止になったノーリーズンを抜かせば6頭で5頭が掲示板に載る安定した成績です。ただこの掲示板に載った5頭(テイエムオペラオー、エアシャカール、ネオユニヴァース、ディープインパクト、メイショウサムソン)は全てダービーでも3着以内に入っているんですよね…。
逆に大敗したヴィクトリーと落馬したノーリーズンはダービーで6着以下に敗れていました。ダービーで大敗しおまけに前走まで馬券に絡めなかったアンライバルドは危ない予感も。

前走成績から
前走セントライト記念

1着馬
14、5、7、4、16、3、
2着馬
10、2、11、14、5、14、5
3着馬
15、8、14、6、17、11、11、18着
4着以下
15、1、6、7、11、10、9、7、11、8、10、6、8、7、6、15、17着

前走神戸新聞杯(京都新聞杯が春移行後の過去9年)
1着馬
3、4、1、2、
2着馬
5、12、中、9、16、4、4、
3着馬
1、10、3、7、3、1、16、
4着以下
3、6、10、16、17、5、8、9、14、15、1、3、6、12、13、15、16、17、1、2、5、10、13、8、2、3、12、6、7、10、9、10、15、2、3、6、9、11、12、15、16

前走条件戦出走馬
前走芝の1600万条件で5着以内
7、13、8、14着
前走芝の1000万条件で3着以内
4、11、2、6、10、11、16、17、18、1、15、18、13、5、9、10、4、12、13、17、18、4、10、13、17着

前走は断然神戸新聞杯。4着以下からの巻き返しも多く、出走しているだけで要注意なステップ。京都新聞杯が春に移ってからの9年では7勝、2着4回、3着7回という圧倒的な成績。
なんですが、勝ち馬が神戸新聞杯出走馬ではなかった2年は2年とも2着馬も他のステップでした。他ステップの馬を本命にする時は紐も他ステップの馬に流すととんでもない馬券がヒットするかも!


今日のまとめ

もはや何がきても何がとんでもおかしくない…。こういうレースは堅くおさまる方が事故。折角のチャンスなのでとにかく穴狙いで買おうと思います。
といってもこれだ!という穴馬も見つからず…。週末まで穴馬探ししてきます。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年10月18日

秋華賞 回顧!

レッドディザイアが3度目の挑戦で見事悲願のG欺蘋覇!ハナ差で負けたオークスの借りを返すハナ差での勝利。かと思いましたが。
2着ブエナビスタが3着に降着…。後味の悪いレースになってしまいました。

秋華賞  予想
 1着〇レッドディザイア
 2着◎ブロードストリート
 3着▲ブエナビスタ
 4着△クーデグレイス
 5着×ミクロコスモス

11着×ハシッテホシーノ
12着△モルガナイト
13着×パールシャドウ
16着△ホクトグレイン

スタート直後早速本命馬のブロードストリートが立ち遅れる。3頭の中で1番前で競馬をするハズというのが本命を打った1番大きな理由だっただけにこの時点で馬券のハズレを覚悟。
注目された2頭の位置取りはレッドディザイアが前走差し損ねたこともあり、いつもより前目の中団の内。負かす気満々の積極的な競馬。そしてその直後にブエナビスタ。また下げて最後方から外を回すかと思いきや、3冠レースで初めて馬群の中に入れた。こちらも安全策ではなく勝ちに行く騎乗。
そして更にその後ろにブロードストリート。ごちゃつく京都の内回りのインに有力馬3頭が並んで走ってる。こうなると最早外を回してくる馬に出番はなし。問題は3頭とも勝負どころでスムーズに競馬ができるかどうか…。

結果を見たあとだと尚更そうおもいます、ホント3頭ともスムーズに回ってきて欲しかったんですけどね…。こういうコース形態だけに仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが。立ち上がる程の不利を受けたのは私の本命ブロードストリート…。今度こそもうホントに馬券は外れたなと思い1、2番人気の
2頭だけを目で追うことに。しっかしまぁオークスに引き続きすんごい競り合いでしたね!
先に抜け出したレッドディザイアを1冠歩づつ追い詰めるのもオークスと一緒。ただ今度は直線坂がなく前が止まりにくい京都。レッドディザイアがハナ差残したところがゴール。
そしてよく観ると3着にブロードストリートが突っ込んできている!本命馬の猛追さえも気付かないほど痺れるような2頭の追い比べ。
リベンジ成功のレッドディザイアも天晴れ!そして相変わらずの素晴らしい末脚を見せてくれたブエナビスタも天晴れ!ブロードストリートは悔いの残る競馬でしたがあれだけの事がありながらも3着までくるのだから凄い!こちらもまた天晴れです!

だがしかしこのあとまさかの出来事が…。

ブエナビスタ降着。しかし個人的にはこの降着により馬連までもがHit。3連単の配当もパワーアップ。ブロードストリート良くぞ3着まで突っ込んできてくれました。
しかしこの馬、スムーズなら勝ちきっていたんじゃ…?

どちらかが別の年に生まれていればどちらも3冠馬になって不思議じゃなかったブエナビスタとレッドディザイア。その2頭に不利さえなければもしかしたら勝ってたかも?と思わせる競馬をしたブロードストリート。
この世代の牝馬はホントに強いっ!エリザベス女王杯も3頭揃うのでしょうか。次走ジャパンC使ってくれよ、ブエナビスタ!と思っていましたが3頭揃うならエリザベス女王杯でいいかも。

そしてウオッカとの対決も楽しみです!!


それにしても2日連続で本命馬が出遅れって一体…


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年10月17日

秋華賞、府中牝馬S 最終予想

気合い入れWINSまで行けば出遅れる。
ただリディルのあの末脚をみると、例え出遅れてなくてもちょっと厳しかったかなとも…。4コーナーで内を突いたときはあるかな?とも思ったんですけどねぇ。残念。
PO馬ダノンパッションの敗戦により心と財布が大ダメージ。

気持ちを切り替えて…とはなかなか行きませんけど、ヤケ酒モードの前に明日の予想です。

秋華賞 データ

史上3頭目の牝馬3冠のかかるブエナビスタは2枠3番。中途半端な位置で競馬したら包むぞ!オラ!という周りの騎手の心の声が聞こえてきそうな枠順。腹を括ってまた最後方。あると思います。
結構、追い込みも届いている秋華賞ですがそれは前有利という騎手心理が働きめちゃんこペースが速くなった時。断然の人気馬が追い込んでくるというのにわざわざHペースになるだろうか。そういう1発狙いで逃げる馬もいるかもですが、好位で競馬ができる有力どころは追いかけていかないハズ。

という訳で今回は差し損ねると予想。飛んだらでかいので2頭軸にはしません。▲で。

◎はブロードストリート。オークスでブエナビスタとハナ差の競馬を演じたレッドディザイアを前走で完封。一夏越して本格化した印象で春ほど上位2頭とは差はないと思える。というかデビュー直後の評価の高さからも本格化したとしたならば逆転してても不思議じゃない馬。
オークスで掲示板に載り、ローズSで3着以内の馬は5、2、3、1、1、3、4、4、8着と昨年のレジネッタ以外は全て掲示板を確保という安定感バッチリのデータ。展開もオークス連対馬2頭よりも向くはず。ガツンと勝負!

〇にレッドディザイア。本命馬同様、オークスで掲示板を確保しローズSでも3着以内という安定感ばっちりのデータ。前走差し損ねてますので、今回はある程度前も意識し早めの競馬もしそうな雰囲気。それさえ裏目に出なければ…。
ただ桜花賞、オークスともに3着以内だった馬は13、10、4、1、1、5、8着。惨敗も目立ち、勝った2頭は桜花賞馬とちょいと危ないデータもあるんですよね…。

このレース、古馬混合の1000万条件で好走できる力があれば突っ込んできても不思議じゃないレース。ということで△は前2走の中で1000万条件を好走していた馬に手広く。

買い目
◎ブロードストリート〇レッドディザイア▲ブエナビスタ
△クーデグレイス、モルガナイト、ホクトグレイン、
×パールシャドウ、ミクロコスモス、ハシッテホシーノ

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△××× 28点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点


府中牝馬S データ

データから前走G欺仭馬は休養明けが良くないのかやたらと大敗多く危険なステップ。絞りきれないので強引にカワカミプリンセスブラボーデイジーは消し。
また前走重賞で6着以下だった馬は37頭走って僅か4連対。3着も3回あるのでないとは言い切れないステップですが軽視の方向で。

ということで本命候補は前走重賞で掲示板に載っていた馬。
データから前走G供■猫靴馬対していた馬は1、3、6、7、1、2、1、2、5、14、1、7、12、1、2、7、9、2、5、8、14着。
前走G供■猫靴韮魁腺誼綰呂2、5、6、14、10、5、9、10、4、9、11、7、14、16、3、3、12、3、4、7、10、2、3、着。と、着順が上の馬がそのまま好走している模様。

ニシノブルームーン。重賞初挑戦の前走で2着。4着以下に敗れたのはキャリア1戦で挑んじまった昨年の紫苑S1回こっきり。前走連対馬が好走しているデータから実績よりも勢い重視のレース。勢いで買うならこの馬しかないかと。

リトルアマポーラ。こちらはあまり勢いがあるようにもみえないんですが、クイーンS勝ち馬ピエナビーナスは完全に洋芝巧者。。そうなるともうこの馬しか。
普通にぶっとんでもおかしくないムラ馬なので2頭軸にはしません。

ムードインディゴ。徐々に復調してきたかなと。昨年もこの時期走っていますし時期も合うのかもしれません。

これだけいれば1頭くらいは巻き返してもいいのかなということで、押えは人気落ちのG杵対馬からエフティマイアトールポピーレジネッタ。そしてなんだかまた4着臭いがベッラレイアまで。

買い目
◎ニシノブルームーン〇リトルアマポーラ▲ムードインディゴ
△エフティマイア、トールポピー、レジネッタ、ベッラレイア

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単 ◎→〇▲△△△△→〇▲△△△△ 30点



競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年10月16日

デイリー杯2歳S 最終予想

秋華賞前に大一番。ちょっとオーバーですが私の今年のPOGを決定付けるかもなデイリー杯2歳S。
勝てばこの先の展開が相当楽になるに違いない。しかしベストと思われる条件でボロ負けするようだとお先まっくら。ネコまっしぐら。

期待より不安の方がでかかったりしますが、暫くこういう興奮が味わえないほど実にあっさりと指名したPO馬たちが凡走してきたので、久々にこういう緊張感を味わうのも楽しいなと。

それでは気合いを入れてデイリー杯2歳Sの予想というか希望を。データ

◎はPO馬のダノンパッション。札幌2歳Sでは馬場も合わないでしょうし、レース間隔もあいてましたしでボロ負けまで覚悟していたんですが、2馬身差の4着に好走。一叩きされ血統からもベストと思われる京都のマイルなら単純に考えて前走以上の結果が期待できる。
データから前走重賞で4着以下の馬は5、5、4、11、7、5、6、3、4、2、3、着と酷いことになっていますが、例年はあの時期に札幌2歳Sありませんしね!都合の悪いデータは気にせず頭付けで勝負!

〇は人気でしょうがリディル。データから前走OP特別で負けていた馬は6、7、9、10、11、4、12、13、2、7、8、8、12、4、8、7、9、10、6、10、12、7、8、9、10、6、8、10、1、6、4、8、11、12着と打率が低く重い印は打てず。
また重賞で3着以内に好走した馬も2、11、13、3、5、6、11、1、5、2、5、11着とあまりアテにならない成績。という訳でOP実績はさほど関係ないレース。素直に前走1番強い競馬をしたこの馬を対抗に。

▲は対抗馬と同じ理由でダイワバーバリアンを。△に唯一の重賞連対馬フローライゼを一応おさえて終了。

買い目
◎ダノンパッション〇リディル▲ダイワバーバリアン
△フローライゼ

馬単 ◎−〇▲△ 3点

3連単 ◎→〇▲△→〇▲△ 6点

ドカンとイッテミマス!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年10月15日

府中牝馬S 過去の傾向から

秋華賞とデイリー杯2歳Sで頭がいっぱいになっていたため、まるで出走馬をチェックしていなかったんですが凄い面子になってますね!
G鞠呂カワカミプリンセストールポピーレジネッタリトルアマポーラの4頭。G毅加紊亮太咾ある馬もベッラレイアエフティマイアムードインディゴブラボーデイジーの4頭。それに加えて12戦して4着以下が僅か1回とまだまるで底を見せていないニシノブルームーン

なんて豪華なG靴覆鵑兇泙靴隋4歳世代に至ってはG杵対馬が殆ど集結してますしね。ただ世代レベルの低いといわれている世代。こんなに出て1頭も馬券に絡めないようだと…。

いろんな意味で興味深い今年の府中牝馬S。様々なタイプの馬が出て混戦というか混沌としていてさっぱり当たる気はしませんが、とりあえず過去の傾向です。参考データは過去10年、中山開催を除いた9回分で。

上位人気の成績
1番人気
2、1、7、1、3、1、3、2、2
2番人気
6、3、2、4、5、8、1、3、5着
3番人気
1、6、5、2、2、7、7、4、
4番人気
4、11、10、9、6、3、2、1、1
5番人気
3、10、1、3、1、17、9、5、14着

1番人気が強く複勝圏を外したのは1度だけ。まぁただ今年はどの馬が1番人気になるのやらというほど混戦模様なんですが…。
2〜5番人気は殆ど差がなく4頭ずつ馬券に絡んでいます。連対馬は18頭中16頭、3着以内に入った馬は27頭中24頭までもが5番人気以内。実績馬、人気馬中心に手堅くがよさそうです。

前走から
前走G欺仭馬
11、17、15、12、1、13、16、18
G供■猫靴馬対していた馬
1、3、6、7、1、2、1、2、5、14、1、7、12、1、2、7、9、2、5、8、14
G供■猫靴韮魁腺誼綰
2、5、6、14、10、5、9、10、4、9、11、7、14、16、3、3、12、3、4、7、10、2、3、
G供■猫靴韮驚絨焚
1、3、7、9、11、8、12、2、6、8、3、7、8、10、13、3、6、8、2、5、6、8、4、8、10、13、14、1、6、8、14、15、16、4、11、15、17
OP特別で3着以内に好走
1、4、4着

際立つのが前走G気暴仭していた馬の大敗っぷり。昨年のブルーメンブラットを除くと残りは全て二桁着順。カワカミプリンセス、ブラボーデイジーはちょいと割り引いてもいいのかもしれません。
また前走レースはOP特別の他に1000万下からも馬券に絡んでいる馬がいますが、いずれも8年以上前の話。近年は牝馬限定重賞も整備され、引退時期も延びた為にここ6年は前走重賞出走馬が上位を独占。人気薄を狙うとしても重賞出走馬から狙うのがいいかもです。

今日のまとめ
なんかしら切らなくてはならいのでちょいと強引に絞っていこうかなと。ということでG気らの休養明けとなるカワカミプリンセスブラボーデイジーは消しちゃう予定。また連対馬18頭中11頭が前走重賞で馬券に絡んでいた馬。普通に勢い重視でいいんではないかと思う。6着以下からの巻き返しは僅か4頭と出走頭数の割には少なく買っても紐まで。
残るのはマーメイドSの2、3着馬ブラボーデイジーリトルアマポーラとクイーンSの1、4着馬ピエナビーナスムードインディゴ。この中から本命、対抗を選ぶ予定です。あとは紐で人気薄のG擬太喃呂鬚舛腓蹐辰伐,┐茲Δなと。こんだけいると1頭くらいは突っ込んできそうなので。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年10月14日

デイリー杯2歳S 過去の傾向から

個人的にはある意味秋華賞以上に注目のレース。というのもPO馬ダノンパッションが登場予定。前走は札幌の芝は合わないだろうなと思っていたのですが新馬以来2ヶ月振りのレースを2馬身差の4着に好走。重賞でもやれそうな手応えが掴めました。
叩き2走目、今度は合うだろうなと思われる京都で。期待が高まります。勝てば来春まで賞金面での不安もなくなりますしね!是非よい内容で、よい結果を期待です!

それでは最早本命は決まっておりますが、とりあえずデイリー杯2歳Sの過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
8、1、3、1、1、4、1、1、8、
2番人気
2、2、13、2、2、5、4、2、7、5
3番人気
3、5、2、6、3、2、2、7、1、1
4番人気
4、11、14、9、9、8、3、5、11、10着

連対馬20頭中16頭が3番人気以内。こんだけ連に絡んでいますので当然上位人気3頭の総崩れはありません。連軸は3番人気以内から。
また10年中8年で3着以内に3番人気以内の馬が2頭入っています。3連複、単でも上位人気からの2頭軸がよいかもです。ただ6、8、9番人気と人気薄が過去10年で3頭も頭できています。
3連単の場合は着固定はせずマルチで買う方がいいかもしれません。

前走成績から
重賞で3着以内
2、11、13、3、5、6、11、1、5、2、5、11
重賞で4着以下
5、5、4、11、7、5、6、3、4、2、3、
OP特別1着馬の成績
2、3、4、3、1、4、1、7、2、10
OP特別で負けていた馬
6、7、9、10、11、4、12、13、2、7、8、8、12、4、8、7、9、10、6、10、12、7、8、9、10、6、8、10、1、6、4、8、11、12着
1〜4番人気までのキャリア1戦の馬
8、2、2、3、2、1、2、4、7、5着
5番人気以下のキャリア1戦馬
10、15、6、9、12、9着
未勝利戦(2、3回目の新馬戦)で1着
3、6、7、8、9、14、1、5、6、10、11、16、7、9、10、13、4、5、8、1、3、8、11、3、5、9、11、13、4、8、10、12、13、1、3、

連対馬の前走は20頭中15頭が1着でした。残りの5頭の内訳は重賞2着馬2頭、OP特別2、3着馬が1頭ずつ、そして重賞6着馬が1頭。
レースレベルに拘らず前走で馬券に絡めていない馬は大幅に割り引いた方がいいかもしれません。ってダノンパッションがぁぁああ
救いは唯一の例外だったタケミカヅチは6着に敗れた新潟2歳Sで1番人気だったということ。重賞で1番人気に支持されるような馬なら多分大丈夫!かも??

また重賞好走馬よりもOP特別1着馬、1〜4番人気以内に支持されたキャリア1戦の馬の方が安定して好走傾向。
ただ今年は前走OP特別1着馬もいませんしキャリア1戦で人気を背負いそうな馬も見当たらず。こういう年はもしかしたらとんでもない馬が突っ込んでくるかもしれません。

今日のまとめ
なんか自分のPO馬が出走するというのに、こういうことをいうのも何ですけど例年よりも出走馬のレベルが落ちてるような印象が。。
重賞2着馬が1頭いますが重賞好走馬はさほど好成績を残しておらず、例年好走しているOP勝ち馬や大物感漂うキャリア1戦の馬が不在。
こうなると、なんだかどの馬にもチャンスがありそうな雰囲気。幸か不幸か軸は決まっていますのであとは相手だけ。とんでもない馬を連れてくることを願って総流しでもかけようかしら。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年10月13日

秋華賞 ブエナビスタ牝馬3冠なるか?

凱旋門賞をキャンセル。史上3頭目の牝馬3冠を目指して秋華賞に登場することになったブエナビスタ。負けても賞賛されるレースから負けられないレースに。ある意味では凱旋門賞以上にプレッシャーが掛かる状況なのかもしれません。
また圧倒的な末脚で捻じ伏せてきたこの馬にとって、最後の1冠はこれまでで最も追い込みが効きづらい京都の内回り2000m。
今回はどの位置でどんな競馬をするのか?前走差し損ねたレッドディザイア共々鞍上の作戦、判断も非常に楽しみ。

3冠なるか?負かすとしたらどの馬がどんな競馬で負かすのか?週末までいろんな展開を予想して秋華賞を楽しんで行きましょう!

それでは秋華賞過去10年の傾向です

上位人気の成績
1番人気
13、10、1、1、2、4、2、4、3、10
2番人気
3、4、2、18、1、1、1、1、1、
3番人気
5、11、3、2、4、6、12、6、4、5着
4番人気
4、18、6、8、9、5、8、3、10、9
5番人気
6、3、12、7、17、2、3、2、14、15

1〜5番同士以内の馬連決着が6回(その内3回が1、2番人気での決着)ある一方で二桁人気の優勝が3回。しかも人気薄が勝った年は相手も7番人気以下の人気薄で大波乱。一昨年は2−7番人気で決まり紐荒れになりましたが3着は1番人気のウオッカ。しかも7番人気とはいえレインダンスもローズSの3着馬でした。
基本的には人気馬から行く時は人気馬を相手に2頭軸、穴を狙う時はトコトン大穴まで腹を括って。堅いか荒れるかの両極端なレースです。

春の実績から
オークス連対馬の成績
4、13、10、4、3、2、8、1、13、1、1、1、3、4、5、10
オークス3〜5着馬の成績
5、5、1、4、6、10、18、3、5、4、2、7、2、4、11、7、14、8、
オークスから直行した馬の成績
4、15、18、7、1、9、8、14、13、13、15、1、17、9、6、7
オークスで掲示板に載り、ローズSで3着以内の馬
5、2、3、1、1、3、4、4、8
オークスで掲示板に載った馬でローズS4着以下だった馬
13、10、4、5、4、6、10、1、7、11、14、10、1、

オークス連対馬は過去10年で4勝、2着1回。連対率は31.3%、複勝率にしても43.8%と50%に満たない。また3〜5着馬の成績は当然ながら更に悪くオークスだけの実績で人気になっているような馬は危険。
ただしオークスで掲示板に載り、ローズSでも3着以内に入ったような馬は別で9頭走り掲示板を外したのは昨年のレジネッタだけと安定した成績を残しています。

桜花賞連対馬の成績
5、4、1、6、11、1、4、14、2、6、4、1、3、8、5
桜花賞3着以内でローズSも3着以内だった馬
5、2、2、1、
桜花賞、オークスともに3着以内だった馬
13、10、4、1、1、5、8着

桜花賞連対馬で秋華賞も連対できた馬は4頭。テイエムオーシャン、スティルインラブ、ラインクラフト、ダイワスカーレットで4頭全て桜花賞馬です。シーザリオが無事なら、ウオッカが一叩きしていれば…というのはありますが、過去10年では2着馬の最高着順はウオッカの3着まで、更に遡ってもメジロドーベル1頭しかおりません。桜花賞3着馬まで広げればヤマニンシュクルやアドマイヤグルーヴが2着にきていますのであまり気にする必要はないのかもしれませんが…。
また桜花賞、オークスともに3着以内に好走してた馬は過去10年で7頭出走しこちらも桜花賞馬テイエムオーシャン、スティルインラブの2勝だけ。。
レッドディザイアは案外危ないのかも?

今日のまとめ
春の2冠馬だけあってブエナビスタに不安要素らしいものはデータからはありません。ローズSを使ってませんがそれ以上格の高い札幌記念で2着ですし問題ないかと。不安材料は展開と枠のみでしょうか。
最大のライバルとなるレッドディザイアですがデータからは買える要素もある反面、ちょっと怪しい要素も…。人気が人気じゃなければ迷わず買いなんですが、扱いが難しい馬になりそうです。
あとは枠をみながら、週末まで楽しみながら悩もうと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2009年10月11日

毎日王冠、京都大賞典 回顧 

毎日王冠 予想

1着▲カンパニー
2着◎ウオッカ
3着−ハイアーゲーム
4着−ナムラクレセント
5着−サンライズマックス

6着△アドマイヤフジ
7着△スマイルジャック
9着〇ヤマニンキングリー

昨年同様ウオッカは逃げて2着。つかまえたのはG恐9縫ンパニーでした。これでカンパニーは重賞7勝目、G兇錬犠〔棔6欧蹐靴ぃ減佛呂任后帖
そして3着にはえーと、なんつーかハイアーゲーム!?が入り3連単は5万馬券!これはちょっと買えませんね…。
馬単は取れたものの儲けが出るまでには至らず。まぁこの結果ならちょっと返ってきたのでいいのかなと。

で、馬券の方は置いといてまずウオッカ。ステップレースですし逃げも合わないならこんなもんなのか?昨年よりは勝ちやすい面子でしたし楽な逃げ。それがあっさり交わされ1馬身差、やはりちょいと能力落ちがあるのでしょうか?
道中、これは楽に勝っちゃうかなって感じで逃がして貰ってただけに、ちょっと判断が難しい内容。本番では案外大敗なんてこともあるのかも。
逆に勝ったカンパニーは8歳にしても全く衰えを知らないようです。G毅義連続4着に向けて視界は良好!4連単があればなぁ…。

そしてもう1頭ウオッカに一泡吹かせるならこの馬かと思っていたヤマニンキングリーは見せ場もなく9着。小回り専用馬だったのかしら…。
札幌記念から直行していたらガツンと突っ込んでしまったと思われる馬。本番前に不安材料がわかってよかったと、そう思うしかナスですorz

京都大賞典
1着△オウケンブルースリ
2着−スマートギア
3着△トーセンキャプテン
4着〇ジャガーメイル
5着−モンテクリスエス

6着◎マイネルキッツ
8着▲トーホウアラン

こちらは菊花賞馬オウケンブルースリが見事に復活!59キロを背負ってこの面子相手に完勝ですから流石はG鞠呂箸い辰燭箸海蹐任后ジャングルポケット産駒ですし府中のG気呂發辰討海ぁ菊を勝っていますが本質的には2400m前後が良さそうな馬。距離的にも天皇賞、ジャパンCはぴったりな印象。ウオッカにとっても強烈なライバルになりそうな感じです。
4歳世代はダービー馬が離脱してしまったものの、春のG気砲六臆辰靴討い覆せ月賞馬と菊花賞馬が戦線復帰。面白くなってまいりました。

逆に1番人気のジャングルポケット産駒ジャガーメイルは賞金加算に失敗し4着に…。なんとなく2〜4着くらいかなと予想はしていたんですが、こういう嫌な予想ばかりが当たる。
しかし伸びませんでしたねぇ。なんなんでしょう?右回りがあまりよくないのでしょうか?だとしたら尚更府中のG気粘僂燭っただけに残念。
今年もまたアルゼンチン共和国杯にでも出るのと思われますが、昨年と違い今年は実績十分なのでハンデも背負いそう。なんかこうよくない流れになりそうな気が…。香港にはいかず、もうちょっと賞金加算のしやすいレースを昨年暮れから春先にかけて使っていればよかったんでしょうけど、結果論ですし後の祭り。

なんか嫌な予感はしますがアルゼンチン共和国杯あたりできっちり賞金加算、JCには間に合うことを祈ります。。

府中開催も始まり、益々競馬が盛り上がってきましたが馬券の調子は下降線。秋華賞前になんとか勢いを取り戻したい。
ということで最後に明日の南部杯の買い目だけちょろっと。
◎エスポワールシチー〇サクセスブロッケン▲ボンネビルレコード
△ブルーコンコルド、メイショウバトラー

3連単 ◎→〇→▲△△
     ◎→▲△△→▲△△ 7点

ブルーコンコルドの4連覇もみたい気がしますがさすがに厳しいかな?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList