2010年01月

2010年01月31日

根岸S、京都牝馬S 回顧

根岸S 予想

 1着−グロリアスノア
 2着−サマーウインド
 3着△オーロマイスター
 4着▲スーニ
 5着−ワンダーポデリオ

 7着◎セイクリムズン
12着〇ダイワディライト
13着△ケイアイテンジン
14着△セレスハント

荒れそうな臭いはぷんぷんしてましたが…。こう荒れますか。穴になりそうな馬をだいぶ探したつもりではあったんですがグロリアスノアは全くノーマーク。
終わってみれば東京コース3−1−0−0。なるほどなという感じはしますけど。まぁ2着に入った1番人気サマーウインドを完全にお客さんとだと思って軽視していた訳でして、1着馬がノーマークとかは馬券的にはどうでもいい話なんですけどね…。軸は違けりゃ紐も違う。完敗であります。

とりあえずこれでフェブラリーSの前哨戦が終わった訳ですがどうなんでしょ?これ。

平安Sの勝ち馬ロールオブザダイスは佐賀記念へ。川崎記念の勝ち馬ヴァーミリアンも回避。そして今日の根岸Sは府中実績抜群の馬が勝ったとはいえど11番人気馬の勝利と波乱の結果に。
ステップレースからエスポワールシチーの強敵になるかも?みたいな馬が出てくると盛り上がったんでしょうけど、そういう意味ではちょいと期待ハズレになってしまいました。
1、2頭有力馬が欠けてもどんどん新しい馬が出てくるのがダート路線のいいところだったんですけど今回は完全に1強ムードになりそうですねぇ。

この状況だと本番でエスポワールシチーは一体全体何倍のオッズがつくのか!?もしかしたら1.1倍なんてオッズも見られるのかも。

京都牝馬S
 1着◎ヒカルアマランサス
 2着△ベストローケーション
 3着−ザレマ
 4着−ワンカラット
 5着〇チェレブリタ

 6着△レジネッタ
 7着△ブラボーデイジー
 9着▲マイネレーツェル
12着△クラウンプリンセス

馬券的にはよくぞ残してくれたベストロケーション。感謝!
そしてレース回顧的には、なんつー末脚なんでしょヒカルアマランサス!道中最後方にいた時は正直そりゃないだろと思っていましたが、4角で大外をぶん回しての殿一気。半端なかったですねぇ。
馬場も馬場だったのでかな〜り斤量も影響したんだと思いますが僅か8戦目で古馬G靴鮴覇。面白そうな馬が出てきたなという印象です。

また2着のベストロケーションも最後の競り合いではちょいと斤量にも助けられたかな?という印象ではありますが、ここまで9戦連続で1200mを使ってという常識ハズレのステップでマイルの重賞2着。しかも重賞初挑戦で。
ダイナアクトレスの最後の子供という血統背景からも、今後も注目して行きたい馬です。
この馬この後どういうローテを組むんでしょうね?気が早いですけどスプリンターズSに出てきたらかなり面白そうな感じがするんですけど。そういう意味では高松宮?
でも折角ここで距離を伸ばして来たのでヴィクトリアマイル目標?

今年は1、2着馬共に次走が楽しみになる京都牝馬Sでした。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年01月30日

根岸S、京都牝馬S 最終予想

東京新聞杯は堅かったですねぇ。そして映画アバターはびっくりする映像でした。

映画を観てるというよりもディズニーランドのアトラクションを楽しんでるような感覚でしょうか。
3D映像に興味のある方は是非劇場まで足を運ばれたらと思います。自宅で観るとこの映画の“売り”の部分が90%オフになってしましますので…。

それでは明日の予想を。

根岸S データ

このレースも人気馬不振の波乱傾向。東京新聞杯が堅くおさまったのでこっちは反動で例年以上に荒れるかも?
前走G欺仭馬は馬券絡みはあるものの人気ほどの安定感はなく、前走重賞好走馬も今はなきガーネットS組を除くと不振。
カペラSがそのガーネットSの代わりになる可能性もあるにあると思うんですが…。昨年の1〜3着馬は全滅してますしねぇ。

ということでこちらも東京新聞杯同様に順調に使われているOP特別組を中心にした予想を組んで行こうと思います。

東京1400mという条件ですがこの根岸SはガーネットSの好走馬が好調だったように前走中山1200mからのステップの馬が強い。カペラS組が昨年全滅ということでガーネットSと同時期に開催の中山OPジャニュアリーSの出走馬から本命・対抗を選んでみました。
本命はそのジャニュアリーSの最先着馬のセイクリムズン。昨秋は古馬相手に1000万、1600万と連勝しOP特別でも3着。まだまだ底を見せていませんし勢いもありそう。
対抗に元PO馬のダイワディライト。ジャニュアリーSでは大幅な馬体減が響いたのか失速しましたが、この馬もまだまだ底を見せていない馬。馬体さえ戻っていればこの相手でも。というか前走思いっきり突っ込んじゃってるのでここで返してもらわねば。

▲にスーニ。前走G欺仭馬は人気で軸にするには頼りない成績なんですが、ステップとしては十分買えるステップ。今回思ったほどの人気にもなってませんし案外狙い目なのかも。

△に前走OP特別の連対馬で府中にも実績のある3頭ケイアイテンジンオーロマイアスターセレスハント
人気になってるサマーウインドは準OP勝ちからのステップがあまり良くないことと、東京初コースなのを嫌って消し。

買い目
◎セイクリムズン〇ダイワディライト▲スーニ
△ケイアイテンジン、オーロマイスター、セレスハント

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複2頭軸 ◎〇軸で総流し 14点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点


続いて週中まったくデータをやっていない京都牝馬S。こちらは直感で…。

このレースも結構な波乱含みなんですが毎年なんだかんだで4番人気以内の馬が3着には入っており、1、2番人気が共に馬券に絡めなかったのは過去10年で僅か1回だけ。
案外人気馬はそれなりに走ってるんですよね。なので紐荒れを狙ってみようと思います。

◎はヒカルアマランサス。前走は出脚が悪く中団からの競馬になりましたが終わってみれば勝ったリトルアマポーラから僅か半馬身差の4着。力のあるところは見せました。また、まだ準OPすら勝ってない為に斤量も別定により最軽量の52キロ。過去2年連続で愛知杯の好走馬が優勝しているようにステップもいい。

〇は昨年の勝ち馬チェレブリタ。府中、阪神で惨敗し京都では強い相手と走りボロ負け、おまけに前走はダート重賞に出走。京都で実績を残しているように直戦平坦コースで瞬発力を活かせるコースが合いそうなタイプ。昨年のこのレース以来となるベストの条件で見直したい。

相手は紐荒れ狙いで手広く。斤量が重い馬は近年不振傾向ということで近走成績もあまりよくないザレマは嫌ってみようと思います。
また2走続けて走るように思えないレインダンスも無視。

買い目
◎ヒカルアマランサス〇チェレブリタ▲マイネレーツェル
△ブラボーデイジー、クラウンプリンセス、レジネッタ、ベストロケーション

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年01月29日

東京新聞杯 最終予想

東京新聞杯 データ

ここ2年連続で大波乱と荒れる東京新聞杯。

今年は昨年のマイルCS2、5、6着馬マイネルファルケ、アブソリュート、スマイルジャックが顔を揃え京都金杯勝ちのライブコンサートや中日新聞杯3着のチョウカイファイトと前走重賞好走馬も出走。更に4歳勢からは昨年の皐月賞2着馬トライアンフマーチとNHKマイルC2着馬レッドスパーダとG機⊇転渕太咾里△觜ヌ婿劼揃いました。

それでも果たして荒れるのか?

過去10年の東京開催で行われた東京新聞杯の連対馬18頭の内、前走重賞で掲示板に載っていた馬は僅か4頭。そして前走G気暴仭していた馬の連対はなし。
逆にOP特別で3着以内に入っていた馬が5頭、準OPからも3頭が連対。

データからは実績よりも勢い。この冬場に順調に使われて結果を出している馬が強い。堅く収まったら仕方ないと割り切って穴狙いで行ってみます。

エーシンフォワード。昨秋復帰して一時のスランプから完全に抜け出した。今が充実期で準OPに勝利後OPで2戦連続連対と勢いがある。OP特別の好走馬が好成績なレースで特にニューイヤーS組は4連対と好相性。
東京実績はありませんが阪神マイルで好走していますし特に問題はないと思います。極端に前が速くならなければこの相手でもチャンス。

〇にプロヴィナージュ。前走準OP勝ち馬は何気に好成績。実績馬がやたらと自滅するレース。自分の力さえ出し切れば馬券圏内に残っていても不思議じゃないハズ。

▲にレッドスパーダ。本命馬と同じニュイーイヤーSの好走馬。というか1着馬。そして鞍上はノリノリのノリさん。人気でも軽視できる訳がありませぬ。
好走すれば香港へというプランもあるようですし是非好走を期待したいところ。

前走G欺仭馬の成績があまり良くないのでアブソリュートスマイルジャックの2頭は気合いの消し。押えは京都金杯で1番強い競馬だったように見えたマイネルファルケ。OP特別組からトライアンフマーチアップドラフト。元PO馬のキャプテンベガ
そして穴に久々にベストの条件で走れそうなストロングガルーダで。


買い目
◎エーシンフォワード〇プロヴィナージュ▲レッドスパーダ
△マイネルファルケ、トライアンフマーチ、アップドラフト、キャプテンベガ
×ストロングガルーダ

馬連 ◎−〇▲△△△△× 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△× 21点


明日は話題のアバターという映画を観に行く事になりました。メインの時間と被らなければいいのですが…。
どうやら私に時間を設定する権限はないようですorz


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年01月28日

根岸S 過去の傾向から

先日の川崎記念ではヴァーミリアンが1番人気に応え優勝。見事G毅江〔椶鬚△欧泙靴拭ただ残念ながらこれでフェブラリーSが楽しみになりましたとはお世辞にも言えない結果なのも事実。
というのも既にフェブラリーSを回避する方向で検討中。のようなんですよね…。

う〜ん、確かに出ても厳しい感じはしますけど、かつてのダート最強馬がトップクラスとの対戦を避けG毅隠鮎〔椶鯡椹悗靴特亙回り。そんな風にも見えてなんか寂しい…。昔と比べれば格段に評価があがってきたダート路線ですけど、実際は種牡馬になっても需要があまりないんでしょうねぇ。
日本のダートが特殊な馬場であるが故にそういうことが起きるのならば、オールウェザーの導入を検討して欲しいと思います。

それではフェブラリーSを盛り上げてくれる馬はこっちから期待!根岸S過去の傾向を。参考データはこの時期に移動後1400mになってからの過去9年。中山開催を除いた8回分です。

上位人気の成績
1番人気
3、4、8、1、4、2、1、
2番人気
4、6、11、14、7、4、9、6着
3番人気
2、8、3、5、2、6、3、
4番人気
9、7、15、5、3、9、中、

東京新聞杯に負けず劣らず上位人気馬が不振。1〜4番人気を合わせても僅か6連対という成績で2番人気は全滅中。
人気馬が来ても紐が狂うことが多く、またその人気薄が頭で来やすいレースでもあります。紐荒れ狙いで行く場合は馬連ではなく馬単裏表で買うのも面白いかもしれません。

前走から
前走ダートG欺仭馬
2、2、14、14、2、5、7、4、14、1、5、5着
ガーネットS、カペラSで3着以内に好走していた馬

8、3、1、3、8、1、1、9、5、1、5、4、2、6、9
ガーネットS、カペラS4着以下の馬
5、13、6、9、12、2、6、15、10、12、10、3、12、7
前走ダートのOP特別連対馬
5、7、3、2、3、8、2、3、8、9、2、7、8、10
前走ダートの1600万条件1着馬
1、9、6、12、11、13、14、10、
ガーネットS、カペラSを除くダートのG供■猫靴之納板に載っていた馬
4、7、8、11、3、11、15、7、9、13、9、6、13、1、14
前走芝の重賞に出走していた馬
10、11、12、4、5、4、11、14、11、1、15、9、11、4、15着

人気馬不振の原因は前走G欺仭馬とガーネットSを除く重賞好走馬の凡走。唯一好成績を収めていたガーネットSも昨年から別定戦に変更し年末に移動。カペラSという名称で生まれ変わってしまいました。そのカペラS組は昨年1〜3着馬が揃って出走(2着馬は間に1走挟んでの出走)するも全滅。レース間隔が開いたのが影響したのか結果は出ていません。
カペラSになってまだ2年目なのでなんとも言えないところですが、オッズ的にみても重賞組は軽視しても良さそうな雰囲気です。

今日のまとめ
過去8回中ガーネットSがなくなった昨年を除いた7回でガーネットS出走馬が馬券に絡んでいます。そんなガーネットSがなくなった昨年はカペラS組が代わりになったのではなく、例年のガーネットSと同時期に開催されたOP特別ジュニュアリーSの方(ヒシカツリーダー1着→2着)。
今年もJCDからの出走馬スーニやカペラS組のミリオンディスクワイルドワンダーあたりが人気を集めそうですが、ローテからの狙いはズバリ1月に開催された中山ダート1200mの好走馬。セイクリムズンが面白いかも!


競馬blogランキング
TOPへ戻る

2010年01月27日

東京新聞杯 過去の傾向から

なんか米国の競馬で馬上で殴りあう事件があったらしいですねぇ。アメリカでも流行ってるんでしょうか?ジョジョの奇妙な冒険は。

何にせよ漫画と現実の区別はしっかりつけてもらいたいところです。

それでは東京新聞杯。どうやらここに出走予定のレッドスパーダは好走を条件に香港への遠征プランがあるとか。
今年はドバイにもいい面子を送り込めそうですし、久しぶりに海外での日本馬の活躍がみれるかも?
計画倒れで終わらないように是非好走を期待したいものです。

それでは過去10年の傾向です。参考データは中山開催を除く9回分で。

上位人気の成績
1番人気
9、2、8、4、1、3、1、4、6
2番人気
8、3、3、6、4、2、2、7、13
3番人気
6、8、7、12、8、4、12、8、15
4番人気
3、1、4、13、3、6、11、6、11

ここ2年連続で大波乱。9回中5番人気同士以下での馬連決着が5回。波乱のレースの割りに1、2番人気の複勝率はさほど悪くはないんですが、何故か揃って連を外すことが多いんですよね…。そして3番人気は全く馬券にならずの大不振。
中央開催でこんなに荒れるレースがあるのか?というくらい波乱が見込めるレースです。折角なので大きいところを狙いで行きたいところ。

軸馬選び
上位人気は不振気味なんですが、代わりに5〜7番人気が好調。毎年6番人気以内の馬が1頭は馬券になっているということで7番人気以内の馬に絞った前走別成績です。
前走G気ら
9、3、8、7、4、5、13着
前走重賞掲示板から
7、8、3、4、6、7、8、3、4、1、2、7、10、1、1、6、7、9、4、6、11
前走重賞6着以下
3、4、10、5、6、2、6、7、3、4、8、15
前走OP特別3着以内
1、2、1、2、7、13、4、10、2、
前走1600万条件
3、6、8、1、2、3、16、

OP特別、準OPからの人気馬はそこそこ好成績なように見えますが、G気筍猫供■猫靴鬟好謄奪廚砲靴討い訖裕で呂意外にも結果を出していない。
G気離好謄奪廚砲發覆蠅鼎蕕い箸いΔ覆鵑箸發い┐覆せ期の開催なのが原因なのか?重賞ステップの実績馬よりも順調に冬場を使われ力を付けてきている上り馬から流していきたいところ。

今日のまとめ
データからの狙いはOP特別で3着以内の馬と準OP1着馬。好走すれば香港もというレッドスパーダには心強いデータではあります。
ただレッドスパーダは恐らく人気。こういう波乱のレースですから好走は期待しても、馬券はわざわざ人気馬から買うこともないのかなと。馬券的にはむしろ前走レッドスパーダの2着馬エーシンフォワード。そして準OP勝ちのプロヴィナージュなんかが面白いんじゃないかと思います。
トーセンクラウンも出たら買いたい1頭なんですけど厳しいかな。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年01月26日

川崎記念 いきなり最終予想

先週は平安Sが行われ今週は府中で根岸S。そして明日は川崎記念。

フェブラリーSに向けてダート競争も充実です。

ただなんというか、例年なら川崎記念からはこの馬が出てきて根岸Sはこの馬が勝つと面白いなぁとか。そんなのがあるんですけど今のダート路線はエスポワールシチー1頭がちょっと抜けたようなムード。おまけにそのエスポワールシチーの最大の目標はフェブラリーSを通り越してその先のドバイに。
ファンの興味も既にドバイWCでのウオッカやゼニヤッタとの対戦の方に行っちゃってる気がしますし、実際私なんかも今年のフェブラリーSはエスポワールシチーの叩き台のような、そんな感覚になっちゃってるんですよね…。

強い馬がいるのは嬉しいことなんですし海外遠征の話題も勿論大歓迎なんですけど、そういう馬が不在の前哨戦ってのはちょいとしらけちゃうのかもしれません。明日と週末でそんなムードを吹っ飛ばすような勝ち方をする馬が出てくるといいんですが。

それでは川崎記念の予想です。

ヴァーミリアンで。上のような前置きがあった後に既にピークを過ぎつつある8歳馬に本命を打つのも違う気がしたんですが、馬券はまた別の話。大得意としている地方の砂ならまだまだやれるハズですし全盛期なら何馬身つけちゃうの?ってな相手関係。今の状態でも普通に勝ち負けはできるかと。

〇は4歳馬テスタマッタで。JDDでは後のジャパンCDの2、3着馬に完勝。ゴールデンチケットが相手なりに走るタイプなのに対しこちらは嵌れば勝ち切るタイプ。ヴァーミリアンを負かすならこの馬かと。

単穴、押さえですが上に書いたようにゴールデンチケットは相手なりに走るタイプの馬で相手のレベルが下がっても、それに合わせて着順を落としそうな雰囲気。今回はマイネルアワグラスを上にとって▲。ゴールデンチケットフリオーソに△を。

相手を全く絞ってないので買い方で絞ってみます。

買い目
◎ヴァーミリアン〇テスタマッタ▲マイネルアワグラス
△ゴールデンチケット、フリオーソ

3連単 ◎〇→◎〇→▲△△
     ◎→▲△△→〇     計9点


ところでブエナビスタのドバイはワールドCではなくシーマクラシックになるようですね。理由は距離が厳しいからだとか…。
2000mってブエナビスタにとって厳しい距離なんでしょうか?そういう印象は個人的には全くないんですけど。どうも消極的な選択が多い気がして残念です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年01月24日

AJCC、平安S 回顧!

まずは惨敗に終わったAJCCから…。

AJCC 予想

 1着△ネヴァブション
 2着−シャドウゲイト
 3着〇トウショウシロッコ
 4着△マイネルキッツ
 5着−ゴルデンダリア

 6着◎デルフォイ
11着△キャプエントゥーレ
13着▲ベルモントルパン

中山巧者によるワンツースリー。昨年の1、3着馬ネヴァブショントウショウシロッコがそのまま1、3着に入り、2着には忘れかけていたG鞠呂罵馬記念の出走馬シャドウゲイト
3頭とも前走は中山に出走。そして3頭とも中山で5連対以上。

終わってみれば妙に納得の結果であります。でも取れそうで取れない馬券っていうのはきっとこういう馬券なんでしょうね。

なんてったって実際取れてませんし…。

まぁ馬券のことは忘れてちょろっとレース回顧を。中山実績に尽きる結果にはなりましたが、やはり前。そして内が有利でした。
私の本命デルフォイは絶好枠から好スタートを切ったものの控えて終了。前に行って欲しかった…。
スタート直後からふじおっかぁぁぁああああんーっ!ぬぉおぉぉい!!とか叫んでたのは内緒です。レーヴドリアンでは頑張ってね!と。
また1番人気キャプテントゥーレは…。ここまで綺麗に止まるということはやはり距離でしょうか。マイルに適性があるのは間違いないですし、伸ばして行くんではなく逆にマイルより短い方に行っても面白いとは思うんですけどねぇ。高松宮記念で姉弟対決とか。

しっかしノリさんは手が付けられないくらい絶好調!暫く逆らわないほうが良さそうです。


平安S

1着−ロールオブザダイス
2着〇ダイシンオレンジ
3着◎ネイキッド
4着−ダイショウジェット
5着−トーセンアーチャー

波乱の匂いがぷんぷんしたので相手は絞らず総流し。3連複の2頭軸がヒットしました。が!綺麗にデータ通りで決まって逆に絞っていればなとも思える結果に。こんなもんです人生は。
しっかしまぁ前走5着以内だった馬は僅か4頭しかいなかったんですけど、その内の3頭で決まるとは凄いですね。来年も前走は成績は要注意!なのかも?

勝ったロールオブザダイスは前走G気韮鈎紊砲發かわらず5番人気。前走は相手に恵まれたからとはいっても、よくよく考えたら今回もまた恵まれてたんですよね。こちらも終わってみれば妙に納得。
しかし強いところは負かしていませんがこの2走の充実ぶりはなかなか。案外フェブラリーSでも穴なんかで面白いのかなと。思っていたら佐賀記念に登録。

そっちいきますか。両睨み?

やはり今年の平安SはG気砲老劼らないのかしら…。

3歳クラシック路線は春が楽しみになるようなレースが続いてますけど、古馬の方はもうちょっと先になるのかもしれませんね。
来週からの東京・京都開催に期待です。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年01月23日

AJCC、平安S 最終予想

注目の若駒Sはヒルノダムールの圧勝!評判の1戦1勝馬ルーラーシップ、ゴールスキーのどちらかが勝てばクラシック路線は更に盛り上がるなんて思っていたんですが、今日のヒルノダムールの勝ち方をを観るとこの馬があの2頭の間に割り込んで行っても不思議じゃない気がしました。素晴らしい切れ味。

一方のルーラーシップも負けて強しの競馬。若さも見せていましたし相手もOP特別にしては強すぎましたね。ちょいとキャリア1戦で挑むには相手も悪かった印象。ただ半信半疑だったこの馬の評価ですが今日の1戦で相当走るのはわかりました。是非クラシックに乗って欲しい馬。次走が今から楽しみです。

それでは明日の予想へ。

AJCC データ

今年はG汽曄璽垢2頭出走。共に前走G気嚢チもしており前日オッズは1、4番人気の評価。ただ前走G欺仭馬というのは過去9回で2勝、2着4回。
馬券にはなってるものの人気の割りに飛ぶ馬も多く、軸としてちょいと信頼に欠ける。ましてや1番人気キャプテントゥーレは異例ともいえるマイルCSからのステップ。そしてマイネルキッツは昨年4、6着馬が人気で飛んだ有馬記念の5着馬でおまけに斤量59キロ。

“G鞠呂琉嫦蓮匹箸いΔ里發澆擦突澆靴い箸海蹐任垢、馬券では軽視。押えの評価で。

本命・対抗は過去9回で4勝と勝ち切れる中山金杯で掲示板に載っていた馬から。本命には前が残りやすいレースということで前走前目で競馬ができたデルフォイを指名します。
そして対抗にはもう1頭のトウショウシロッコを。

単穴にはベルモントルパン。前走1600万条件勝ち馬は2−1−2−3と好成績で中山実績も上々。展開が見方すれば面白いかも。

△に上記のG鞠錬夏と中山巧者で昨年の勝ち馬ネヴァブションまで。

買い目
◎デルフォイ〇トウショウシロッコ▲ベルモントルパン
△キャプテントゥーレ、マイネルキッツ、ネヴァブション

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点

3連単 ◎〇→◎〇→▲△△△
     ◎〇→▲△△△→◎〇 16点


平安S データ

過去10年で馬券に絡んだ30頭中26頭が前走5着以内。そして29頭が前走距離1800m以上。
前走6着以下から巻き返した4頭の内2頭は前走がG気濃弔襭夏は前々走がG毅鈎紊離ーリンガー馬と後のG鞠魯織ぅ爛僖薀疋奪ス。

基本的には6着以下は買いづらいレースなんですが今年は6着以下の馬ばかり。。おまけに前走掲示板を確保している4頭もなんだかどれもこれも怪しくみえる…。
難しいレースですが一応データを信じて。◎はネイキッド。京都1800mは3勝と得意の舞台で昨年の平安Sも4着。大敗も多い馬ですが左回りを除けば安定して掲示板を確保できてる。どの馬が飛んでもおかしくないような面子なだけにいつもどおりそこそこ走れば上位に食い込めそう。

〇はダイシンオレンジ。前走準OPの連対馬は過去10年で4連対しているものの、その分出走馬も多く率に直すと人気で狙えるようなステップではないんですが…。データを信じて買ってみようということで。京都実績にも期待。

残りの該当馬2頭ですがウォータクティクスは前走5着とはいえ得意の京都でも7馬身差とまだまだ本調子にはほど遠い印象。馬券に絡んでくるにはもう少し時間が掛かりそうな予感。
ロールオブザダイスはG毅鈎紊箸呂い─∀対馬2頭を除くとかなり恵まれた面子。中央では重賞どころかOPでも連対経験のない馬。

ということで相手は絞らず馬連、3連複ともに総流しで。紐荒れを狙ってみます。

買い目
◎ネイキッド〇ダイシンオレンジ

馬連 ◎から総流し 11点

3連複2頭軸 ◎〇軸で総流し 10点


とんでもない馬が引っかからないかなぁ。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList