2010年04月

2010年04月30日

青葉賞 最終予想

当日販売にならないとなんともいえないところですけど、かなり偏ったオッズになりそうですねぇ。
ペルーサから買うとなると相手選びより買い方が難しい馬券になりそう…。

ペルーサが人気に応え、無傷の4連勝でダービーに挑むのか。そしてトゥザグローリーは絶望的なデビュー時期からダービーに駒を進めることができるのか?

青葉賞 データ

データからは1800mに短縮されても依然として毎日杯好走馬が大活躍。しかし今年は毎日杯で掲示板に載った馬はおりません。
ただその毎日杯と似たような条件である若葉Sの優勝馬が断然人気。それも3連勝、後の皐月賞2着馬を捻じ伏せての1着。1番人気が勝ち切りやすいというデータからもペルーサに逆らうことはできませぬ。
ということで◎ペルーサ。着狂っての高配当は狙わず頭付けで勝負!買い目を絞って行こうかと。

断然人気の馬から頭付けで買おうという訳なので、相手はちょっと紐荒れを狙って。幸いにも紐が狂う傾向ですしね。

〇は好ステップレースの毎日杯で出遅れながら6着に突っ込んだコスモヘレノス。弥生賞でも5着とそこそこ走れており、皐月賞のステップレースよりもやや面子の落ちる青葉賞なら馬券に絡む可能性アリかと。

▲にアロマカフェ。500万下勝ち馬は前走2000m以上が狙い目。ということなんですが今年の500万下組は殆ど前走2000m以上で絞り込めません。ただレース間隔と重賞出走経験、人気の盲点になりそうなことを考えてこの馬を500万下組の最上位に取ってみます。

押えはトウカイメロディエクセルサスハートビートソングといった500万勝ち馬に。噂のトゥザグローリーはデビューから間もなくキャリアも浅い。人気も考えるとペルーサからはちょいと買いづらそうなので消しちゃいます。

買い目
◎ペルーサ〇コスモヘレノス▲アロマカフェ
△トウカイメロディ、エクセルサス、ハートビートソング

馬単 ◎→〇▲△△△ 5点

3連単 ◎→〇▲△△△→〇▲△△△ 20点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月29日

青葉賞 ペルーサ無敗でダービー挑戦なるか?

ペルーサはここを勝てば4連勝、無敗でのダービー挑戦。しかも前走で負かしたヒルノダムールが皐月賞で2着ですから本番ではかなり高い評価になると思われます。
別路線組からもこういう馬が出てきてくれれば、ダービーは更に盛り上がるので嬉しいこと。ただ個人的な意見としては皐月賞に出れるのにあえてスキップしてダービーを目指すローテは気に入りません。それもアリなのは十分わかってはいるんですけどね。

年度代表馬や有馬記念好走馬などが天皇賞(春)を回避することが多くなり長距離路線が廃れてきたように、皐月賞を軽視することが続けば日本の三冠体制も英国のように過去のモノになってしまうかも…。
考え過ぎかもしれませんがそんな風に思っちゃう。なので皐月賞をあえてスキップした馬がダービーで勝つようなことが続くと正直怖い…。
そしてこのペルーサにはそれが現実になりそうな怖さを感じさせる馬。

本番を盛り上げるためにここは勝って欲しいような。本番前にここで躓いて欲しいような…。そんな気持ちで観戦。
それでは青葉賞過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
1、6、1、1、3、1、1、7、12、
2番人気
2、4、3、2、1、3、4、中、1、13
3番人気
5、1、5、3、5、13、5、1、13、4着

1番人気は6勝!勝つか豪快に飛ぶか?そんな感じの成績です。また2、3番人気も2勝ずつしており過去10年の勝ち馬は全て3番人気以内。ただし上位3番人気同士の馬連決着は2回しかなく、軽く紐が狂う傾向。5〜8番人気が7連対と好走しているので上位人気馬から中位人気に馬単で流すのがデータからは良いかもしれません。

前走から
皐月賞掲示板から

皐月賞6着以下
4、12、3、13、17着
毎日杯掲示板から()内は2000m時代の毎日杯
2、1、2、4、10、3、11、1、2)、1、1、1
毎日杯6着以下
(6、2、6、)、10
その他の重賞出走馬
1、15、4、5、1、5、2、3、7、12、7、10、7、9着
芝のOP特別掲示板から
5、7、13、4、6、7、8、13、8、1、16、13、16、

前走2000m以上の芝の500万条件1着
11、12、16、1、5、18、1、3、2、8、9、12、13、17、13、5、9、11、12、中、2、3、5、8、11、12、13、15、3、4、5、8、11、13
前走1800m以下の芝の500万条件1着
3、8、6、17、12、14、4、7、14、4、5、14、6着
前走芝の500万条件で2〜5着
16、5、11、14、15、6、8、9、4、6、11、8、10、6、9、3、6、7、8、6、14、14、16
前走、芝の新馬、未勝利戦出走馬
9、16、13、15、8、2、16、12

ご覧のとおり毎日杯組が圧倒的で前走毎日杯組が過去10年のうち9年で馬券に絡んでいます(その内8回で連対)。毎日杯組にその他の重賞出走馬や2000m以上の500万条件勝ち馬が絡むといった傾向。
500万出走馬は前走距離が1800m以下、もしくは負けていた馬の連対はなく、そんな馬は1枚割引きです。

今日のまとめ
毎日杯好走馬が強いという傾向。ペルーサの前走は阪神2000mの若葉Sで毎日杯が過去2000mで行われていたことや、前走負かした相手からも毎日杯好走馬と同等、もしくはそれ以上の評価を与えていいように思います。
人気馬が勝ち切るという人気面のデータからも今回は逆らわずペルーサの頭で仕方がないのかなと。
相手は500万勝ち馬を中心にですが紐が微妙に狂うという傾向からも話題のトゥザグローリーはちょいと嫌って人気の盲点になってるような馬に流してみようと思います。ただトゥザグローリーもここを勝つようなことがあれば本番盛り上がるでしょうねぇ!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月27日

天皇賞(春) 過去の傾向から

長距離レースが大好きな私としてはG鞠錬影という登録メンバーは寂しすぎる。過去には…なんて書くと昔を思い出しながら酒を飲んでるおっさんの愚痴みたくなるので書きませんけどね。。
せめてここを勝った馬がこの後の古馬長距離路線でも活躍してくれれば。そんなことを願いつつ、とてもここを勝ったあとG気任惑磴┐覆い茲Δ閉郷裕でを探してる日々でございます。

まぁ面子がウッスイ、ウッスイと文句をいっても、終わって馬券が当たってれば楽しいのが人間というものです。
生涯最高の馬券を当てて最高の天皇賞にしてやろうじゃあ〜りませんか!

やる気があれば全てよし。

それでは天皇賞(春)過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
1、1、3、3、13、6、1、4、3、
2番人気
3、3、1、4、10、7、2、1、2、14
3番人気
2、2、2、10、16、16、7、12、1、12着
4番人気
4、8、5、6、2、3、10、3、12、

堅い年と荒れる年の差が激しい。昨年のような大波乱もあり、その一方で1〜3番人気同士でのワンツーフィニッシュも過去10年で5回、ワンツースリーが4回もあります。
昨年も書きましたが堅い年と荒れる年の分かれ目はズバリ出走頭数。堅く収まった年は出走頭数が少なく、荒れた年はフルゲートなど頭数が多い。どの馬にもチャンスがある混戦なら尚更展開は厳しくなり、結果人気がなくても長距離適性が高い馬が馬券に絡む確率が高くなる。ということなのかな?

同年の成績から
阪神大賞典1着馬
1、3、3、3、13、8、1、4、1、9着
2着馬
2、9、2、16、3、9、11、7
3着馬
3、11、6、6、6、10、
4着以下
8、9、11、11、10、4、4、10、7、6、15、13、7、11、2、1、15、15、6、4、16、12、16、5、7、8、6、10、14、18

日経賞1着馬
6、2、9、9、14、9、2、13、
2着馬
4、2、4、3、5、
3、4、5着馬
8、6、12、7、4、17、7、9、11、6、12着

大阪杯1着馬
5、8、10、14、1、3
大阪杯2着馬
8、5、7着
大阪杯3、4、5着馬
5、1、4、9、11、11、8、3、

阪神大賞典の勝ち馬が圧倒的。だったんですが…、荒れるようになった最近の7年間では僅か2頭しか優勝しておらず、この間阪神大賞典をステップにした馬の連対も僅か3頭。代わりに日経賞組が連対数を伸ばしており昨年はついにワンツーフィニッシュを決めました。天皇賞(春)といえば阪神大賞典だったんですが、時代は変わったのか。そろそろ頭を切り替えて考えてもいいのかも。

同年のダイヤモンドS連対馬の成績
9、6、6、9、15、7、2、3、6、12
同年の京都記念1〜3着馬の成績
1、3、4、4、3、3、3、12、4、16、5、5、9着
同年のAJCC1〜3着馬の成績()内は東京開催
4、(4)14、9、11、11、13着
同年の日経新春杯1〜3着馬の成績
10、15、3、18、7、6、8、6、18着
大阪ハンブルクC1〜3着馬
9、8、12、6、2、1、5、8、10、11着

目立つのはダイヤモンドS連対馬の不振。そして京都記念好走馬がやたらと3着が多いことでしょうか。ドリームジャーニーがいれば3着付けで狙うのも面白かったんですけどね。。

前年の成績から
前年の有馬記念1〜3着馬の成績
1、1、2、1、13、2、18、1、2
前年の有馬記念4〜6着馬の成績
5、17、7、12、1、12、2、3、14

前年の菊花賞馬の成績
3、8、1、1、16、1、3

前年の有馬記念の好走馬が素晴らしい成績。そして菊花賞勝ち馬も3勝。やはり長距離のG騎萍馬は違いますね!
前走成績も大事ですが実績も大事。

今日のまとめ
寂しいことですが阪神大賞典組が中心勢力だったのはもはや昔の話になりつつあるようで、あまり阪神大賞典の幻影にとりつかれると痛い目に合うかも。
堅い天皇賞から荒れる天皇賞へ。そして阪神大賞典から日経賞へ!ということで本命候補は日経賞でも好走し、前年の有馬記念でも掲示板に載っているデータバッチリのマイネルキッツエアシェイディ。そして対抗候補はステップレースがダイヤモンドSというのが気にはなるものの、タイプの違う長距離重賞ステオヤーズS、ダイヤモンドを勝利している有馬記念4着のフォゲッタブル
そしてそしてやたらと3着が多い京都記念好走馬のジャガーメイルが3着候補という感じでしょうか。
阪神大賞典組は人気がなさそうで面白そうな馬をちょろっと買う程度で行こうかなと。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月25日

フローラS、アンタレスS 回顧

両レースとも惨敗。救いは資金を減らしたことくらい…。
まぁ昨日その分負けてるんですけどね!さぁ来週からのG杵∪鏨萃イ蠅泙靴腓Α。
しかしその前に回顧…orz

フローラS 予想

 1着◎サンテミリオン
 2着−アグネスワルツ
 3着−ブルーミングアレー
 4着▲アマファソン
 5着−アスカトップレディ

 6着△マシュケナーダ
 8着△ディミータ
10着〇フラムドール
15着△オルレアンノオトメ

昨年11月末から休養明けのアグネスワルツ、善戦するものの勝ち切れないブルーミングアレー。この人気どころの2頭が怪しいと思って紐荒れを狙ったんですがこの結果。なので馬券は仕方なし。多分私には買えない馬券。

ただ馬券的には残念な結果ですがオークスTRとしては非常に楽しみな、そして盛り上がる結果になりました。
勝ったサンテミリオンは勿論のこと、2着アグネスワルツも2歳戦以来5ヶ月ぶり。またデータからも前走マイル以下のレースは軽視という傾向があったにもかかわらずこの競馬。2頭とも全く底を見せておらず、サンテミリオンは更に距離伸びて、アグネスワルツは一叩きされての上積みまで期待できます。あまり本番には直結しないレースですけど、もしかしたらとは思わせる戦績。
2頭の父であるゼンノロブロイはこの時期急上昇してダービー2着まできましたしね。ホントにあるかも?

またある意味一番面白いんじゃないかと思えるのが3着のブルーミングアレー。今回も相変わらずの勝ち切れない競馬となりましたが、こういうタイプの馬は相手が強くなっても大崩れなく相手なりに走っちゃうことがあります。フローラS組を狙うにしても先着を許した2頭の方に目が行くでしょうから、人気的にも思いっきり狙いやすくなるハズ。
今回のような人気では買いづらい馬ですが人気薄になるなら是非狙いたい馬。本番では狙ってみようかなと。

それにしてもゼンノロブロイ産駒はTR強いですねぇ。来週も青葉賞にペルーサが待機。近い将来、クラシックのTR完全制覇なんてこともあるのかしら。


アンタレスS 
 1着▲ダイシンオレンジ
 2着△ナニハトモアレ
 3着−フサイチセブン
 4着−クリールパッション
 5着−シルクメビウス

 8着〇トランセンド
10着△マルブツリード
11着△フサイチピージェイ
13着◎ダイショウジェット

4歳世代が人気の中心でしたが勝ったのは他の世代。1〜3番人気の4歳馬は揃って連を外し馬連8110円。こういう馬券をビシッと獲ると気持ちいいんでしょうけどね、私の本命は13着に大敗しました…。

ダイシンオレンジはこれで京都4勝目。4−2−2−0と8戦して4着以下なしの京都巧者。4歳世代に人気が集中していましたんでこの馬を狙っていた方は思わぬ高配当に歓喜!だったかもしれませんね。羨ましい。

一方で期待を裏切った形になった4歳世代ですが気付けば掲示板にきっちり3頭も。1番人気トランセンドは展開が向かず着外に敗れましたが、58キロを背負ったフサイチセブンは3着。JCD以来久々の競馬となったシルクメビウスも5着。そしてこの上位人気3頭が連に絡めなくとも5番人気のナニハトモアレがきっちり2着と連絡み。
う〜ん、やはりこの世代相当にレベルが高いし層も厚いですねぇ。

カネヒキリ、ヴァーミリアンの世代のように今後のダート路線を独占するのかも?とすら思えるんですが、1つ上にあの馬がいるんですよね。
ダートの最強世代になれるのか?それとも史上最も運の悪い世代になるんでしょうか?

エスポワールシチーとの再戦、初対決が楽しみです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月24日

フローラS、アンタレスS 最終予想

ここでくるのか、レジネッタ…。いつもどおり5、6着くらいでいいじゃないのさ。

明日は控えめで馬券を買います。G気涼間ですからね!来週に備えて当然控えめですよorz

フローラS データ

データからは前走1800m以上のレースを使ってきた馬が圧倒的に有利。人気になりそうなブルーミングアレーアグネスワルツが前走マイル戦ということで、ここではちょいと軽視して紐荒れを狙ってみようと思います。
ブルーミングアレーは安定はしているものの勝ち切れない馬で前走も追ってからが案外。ここも4、5着な可能性は十分ありますし、アグネスワルツはなんといっても休養明けですしね。狙うしかない!資金も少ないし…。

ということで◎はサンテミリオン。牡馬相手の中距離をデビューから2戦連続で楽勝。牝馬相手のこの距離、この相手なら馬券圏内は外しようがない。この馬まで切って大穴を!なんて考えてたんですけど何とか思い止まりました。

〇にフラムドール。このレースは前走1800m以上の500万条件好走馬が好成績で掲示板にさえ載っていれば狙えちゃう。今回未勝利組やマイル戦出走馬がやたらと人気になってますのでオッズ的にも500万下好走馬をガンガン狙っていきたいところ。出遅れず好位から競馬ができれば。

▲はアマファソン。近走後方一辺倒なので開幕週ではどうも買いづらい気もするんですが展開が嵌った時の破壊力は前走で証明済み。人気馬に先行脚質が多い気がするので展開も向きそうな予感。

△も500万組からディミータオルレアンノオトメマシュケナーダ。人気どころで決まったら仕方なしと諦める。

買い目
◎サンテミリオン〇フラムドール▲アマファソン
△ディミータ、オルレアンノオトメ、マシュケナーダ

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点


アンタレスS データ

打倒エスポワールシチー!そんな感じの元気な4歳馬が多く揃い人気の中心も4歳勢が占めました。
ただシルクメビウスは昨年末からの休養明け。またフサイチセブンはデータから前走重賞好走馬はそんなに信頼できる成績ではありません。トランセンドは確かに走りそうな気配満々なんですけど、古馬混合重賞で連対歴のない馬が前日でこの人気となるとちょっと…。

この辺りが勝てば確かに今年のダート路線は更に盛り上がる!個人的にもそれを期待していますが、馬券はあえて人気の盲点になってるおっさんから。
ダイショウジェット。データから前走、前々走でフェブラリーSを走ってる馬が好成績。おまけに京都は4勝という京都巧者。
もはや7歳馬。今回のレースでG気任歪譴鮓せているこの馬が勝ったら空気読め!なんて言われそうですが…。そういうのがガンガン起きるのが競馬というもの。

〇はトランセンド。流石に4歳勢全滅はなさそうですし、全部まとめて切るのは勇気というより無謀。ということで買うならこの馬かなと。前走OP戦1着馬はここ3年連続優勝中で前走負かしたフサイチセブン58キロに対し56キロで出れるのも好材料。

▲にダイシンオレンジ。平安S以来の競馬とはいえ京都コース3−2−2−0のこの馬がまさかこんなに人気がないとは。4歳勢に人気が集中した為か美味しい人気に。

△はマーチSからマルブツリードナニハトモアレ。そして前走のお陰ですっかり人気を落としているフサイチピージェイまで。

買い目
◎ダイショウジェット〇トランセンド▲ダイシンオレンジ
△マルブツリード、ナニハトモアレ、フサイチピージェイ

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月23日

福島牝馬S いきなり最終予想

今週はG気涼間。来週からのことを考えるとちょっと息を抜きつつ、控えめに馬券を買っといた方がいいのかなという気はします。

だがしかし。G気陵汁曚呂匹Δ靴討盪箴陲挟まる!

ついつい好きな馬から買っちゃったりして大敗というのがいつものパターン。なのでまともに予想できる今週こそ、資金を多めに勝負するべきではないのか?

まぁまともに予想しても外れるんですけどね。。福島だし…。
とりあえず明日の福島牝馬で外れたら日曜はおとなしく、控えめに馬券を買います。
それでは福島牝馬Sの予想です。6年分の傾向もちょろっと。
上位人気の成績
1番人気
8、1、10、4、3、
2番人気
1、6、5、3、4、4
3番人気
6、4、8、7、1、14着
4番人気
12、3、6、2、2、11
5番人気
3、10、2、5、11、9着

前走から
中山牝馬S掲示板から
1、8、1、5、6、9、10、1、2、4、4、9
中山牝馬S6着以下
12、14、16、3、8、10、12、15、5、6、11、7、12、5、10、13、1、3、5、6、12
その他のG供■猫靴之納板
3、6、8、4、3、7、15、14
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
2、4、13、2、1、3、6、8、9、12、16、8、13、16
前走1600万条件出走馬
3、9、13、7、3、12、14、16、5、9、14、8、14、11
前走1000万条件出走馬
10、11、11、14、16、1、4、7、9、13、15、、10、16、11、15

別定戦とはいっても斤量差はハンデ戦並についていますし、何と言っても福島コース。荒れない訳がない!
前走中山牝馬Sを除くG供■猫靴之納板に乗る好走をした馬からは連対なし。馬の格や実績よりも、コース相性重視で予想したいレースです。

ということで本命は好ステップ中山牝馬Sから福島3戦3連対、連覇を狙うブラボーデイジー。昨年お世話になりましたしね!
ただ今年は流石に総流しをかける訳にはいかないような人気になりそうなので相手はちょいとだけ絞って。

対抗はウェディングフジコ。過去6年で4頭の連対馬を出している中山牝馬Sの5着以内馬。福島コースは0−0−1−2と連対はありませんが、その内訳は3、5、4、4着と掲示板を外さぬ堅実な成績。重賞でも好走できるようになった今の状態なら勝ち負けできるハズ。

3番手、4番手も中山牝馬Sで5着以内のチェレブリタコロンバスサークルと行きたかったんですが、今年は中山牝馬S組が主力なんで人気どころばかりになっちゃう気がする。
折角、大きい配当を狙えるレースなので相手はちょいと捻って…。▲ピエナビーナス。時計の速い京都や中京の馬場よりも洋芝などの力のいる時計の掛かる馬場が得意そうな馬。クイーンS以降不得意そうな馬場ばかり走ってましたが福島なら狙える予感。

押えはアルコセニョーラマイネレーツェルブライティアパレスウエスタンビーナスといった中山牝馬6着以下組へ紐荒れを期待して。

買い目
◎ブラボーデイジー〇ウェディングフジコ▲ピエナビーナス
△アルコセニョーラ、マイネレーツェル、ブライティアパレス、ウエスタンビーナス

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で▲△△△△ 30点


人気になりそうだからという理由だけで切ったチェレブリタとコロンバスサークルで決まりそうな予感が。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月22日

アンタレスS 過去の傾向から

芝路線ではちょいと残念な雰囲気が漂っている今年の4歳牡馬世代。しかしダート路線では昨年のJCダートでは2、3着。フェブラリーSでも2、4、5着と3頭も掲示板に載せ、交流重賞やOPでも大活躍。
ダート路線では非常に4歳世代のレベルは高く、層もめちゃんこ厚い模様。

そして今週のアンタレスSもシルクメビウスを中心にこの4歳世代が人気を集めそうな気配。

エスポワールシチーの独壇場に待った!を掛けられるとしたらこの世代の馬じゃないかと。どの馬が待ったを掛けるのか?まずは4歳世代同士の戦いに注目です。
それではアンタレスSの過去の傾向から。参考データは別定戦になってからの過去7回分です。
上位人気の成績
1番人気
1、2、4、2、3、4、
2番人気
5、1、8、1、2、7、
3番人気
10、4、11、3、1、14、13
4番人気
2、3、7、12、9、9、8

1番人気は5着以下なしという安定した成績。1番人気が馬券に絡んだ年は相手も人気サイドで収まり馬連は堅い決着になっています。しかし1番人気が4着に敗れた2年は2〜4番人気も一緒にぶっとび波乱の結果に。別定戦になっても荒れる年は荒れる模様。
人気サイドで手堅くいくべきか?思い切って大穴を狙うか?そんな両極端なレースです。

前走成績から
前走フェブラリーS出走馬
1、2、8、1、3、3、4、7
前走JCダート

マーチS掲示板から
3、8、10、12、3、9、6、7、2、6、14、6、8、14、4、12、3、5、13
マーチS6着以下
6、13、6、7、10、5、9、10、14、15、9、11、5、11、13、15、2、8、11、4、6、10、15、16
その他のダート重賞掲示板から
4、4、2、12、14、15、2、8、12
その他のダート重賞6着以下
14、16、7、9着
コーラルS掲示板から
4、7、1、2、11、8、8、10、
その他のOP特別掲示板から
5、11、12、1、1
ダートの1600万条件で勝利
11、2、1、4、6、9、13、7、9、11、14着

マーチSや交流重賞を含むG供■猫靴らのステップはまるで信用できず。人気で飛ぶ馬も多い。ここから狙うなら人気の盲点になってるような馬でしょうか。
好調なのは前走、前々走でG気暴仭している馬で、フェブラリーSからの直行馬は8頭中5頭が複勝圏内に。また前々走でフェブラリーSを使ってる馬も3頭が馬券に絡んでいます。
JCDからはサンプル数も少なく間隔も開くので正直さっぱりわかりませんが、G欺仭実績は注意しておいた方が良さそうです。

今日のまとめ
人気の中心になるであろう4歳世代ですがデータからは結構怪しい馬も多い。シルクメビウスワンダーアキュートは昨年末のJCDから久々ですし、人気でよく飛ぶ重賞好走馬のフサイチセブンナニハトモアレ。。
4歳世代の強さには期待しつつも、馬券では何頭か嫌って高配当を…。みたいな買い方もアリかもしれません。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月20日

フローラS 過去の傾向

毎年本番にはあまり繋がらないオークスTRのフローラS。結構本番でもいい感じの人気になったりしてるんですけどねぇ。何故なんだろう?
牡馬と違い牝馬の場合は殆どの馬が桜花賞を目標にしてくる訳で。そんな中、期間内に桜花賞に出走できる賞金を加算できなかったり、権利を獲れなかった馬というのはやはり桜花賞組よりも競争能力や完成度で劣るということなんでしょうか。
ただ、もしそうだとしても今年こそは!と思える馬がスタンバイ。デビューから2戦牡馬相手に2000m、1800mを連勝しているサンテミリオン。使ってきてる距離からも、レースっぷりからもオークスで観たい!と思わせる好素質馬。これまでは中山でしかレースをしていませんが府中でどんな競馬をするのか期待が高まります。

牝馬も高いレベルで混戦ですが、この馬の結果次第では更に混戦に拍車が掛かるかも!?G気涼間ですが今週も楽しみな日曜日になりそうです。

それでは過去10年の傾向を。
上位人気の成績
1番人気
14、2、3、6、17、2、7、1、1、14
2番人気
9、4、6、14、12、1、8、12、5、
3番人気
4、3、2、2、2、5、11、3、6、
4番人気
12、9、5、3、9、4、3、2、7、
5番人気
2、1、14、15、1、中、4、9、8、9着

5番人気までの馬で14連対、3着も6回と馬券に絡んだ馬の2/3が5番人気以内で5番人気以内の馬が連を外したのは1度だけ(その年は4番人気馬が3着)。その一方で9番人気以下の馬が4勝と大暴れ。
馬券は5番人気以内の馬を3連複の軸にして紐荒れ狙い。もしくは人気薄の頭が結構あるので大穴狙いの3連単1頭軸マルチなんかもいいかもしれません。
ただ買い目が増えるんですよね…。

前走成績から
桜花賞掲示板から

桜花賞6着以下
4、6、9、5、8、8、3、13、7、15着
忘れな草賞掲示板から
9、10、7、2、7、1、14
前走、忘れな草賞で6着以下
2、15、12、8、10、14、16着
前走、重賞で掲示板に載っていた馬
5、11、1、3、4、6、5、6、14、6、15、1、9、1、5、13、8、9、11、1、5、9、1、14着
前走、重賞6着以下
13、17、5、6、7、10、3、12、中、4、6、13、14、16、17、2、13、2、12

芝1800m以上の500万条件で1着
2、9、14、12、2、11、1、6、7、3、
芝1800m以上の500万条件で2〜5着
7、1、2、3、4、11、3、6、10、11、18、2、8、10、11
前走、芝の1800m以上の新馬、未勝利戦出走馬
10、18、13、18、2、3、5、6、9、13、12、3、12、16、17、5、6

連対馬の前走距離は20頭中18頭が1800m以上(ダート戦も含む)で例外2頭は桜花賞TRのアネモネS1番人気(4着)のタイムウィルテルとフィリーズレビュー2番人気(4着)ディアデラノビアの2頭。
前走マイル以下のレースを使った馬は基本1枚割引きで過去10年でもスギノトヨヒメ、イントゥザグルーヴ、テイエムプリキュア、ミクロコスモスと4頭が1番人気で惨敗しています。1800m以上であれば特にレースの格、着順に関係なく馬券には絡める模様で穴は500万条件あたりで勝ち切れなかった馬が面白いかも。

今日のまとめ
私の愛読している某G誌によればサンテミリオンブルーミングアレーで重い印を分け合っていますが前走がマイル以下のブルーミングアレーはひょっとしたら怪しいかも?エリカ賞2着という実績があるので関係ないかもしれませんが。
馬券の狙いは恐らく人気が被るであろうサンテミリオンからの紐荒れ&着順狂っての高配当。オルレアンオトメディアアレトゥーサメジロムーアといった500万で勝ち切れていない地味目な血統の馬を紐で狙って行こうと思ってます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList