2010年04月

2010年04月18日

皐月賞回顧 Vピサ5連勝で一冠目を制覇!

乗り替りもなんのその。デビュー2戦目からの5連勝で皐月賞を制覇!父ネオユニヴァースは2年連続の父子制覇となりました。

それにしても強かったですねぇ。。

皐月賞 予想

 1着▲ヴィクトワールピサ
 2着−ヒルノダムール
 3着−エイシンフラッシュ
 4着△ローズキングダム
 5着◎アリゼオ

 6着〇リルダヴァル
 7着△ゲシュタルト
 8着△ダイワファルコン
 9着△レーヴドリアン
11着△エイシンアポロン

ヴィクトワールピサの強さは認めていましたがマギレのある中山コース。展開や枠などにより取りこぼしが多いのが皐月賞。ましてや今回は主戦を任されていた武豊騎手からの乗り替り。枠も枠でしたし無難に外を回してくるかと思っていたんですが。岩田騎手、内に入れてくるとは恐れ入りました。
荒れてきているとはいえなかなか止まらない内の芝。インタビューによれば外は水分を含んでいたので…ということでしたので昨日から朝にかけての雨も結果的に味方をしたのかも。
外を回しても1番強い可能性がある馬でしたからねぇ。それがこうもすんなり内で競馬をすれば1馬身半差の完勝も納得です。5連勝でクラシックを制した馬の強さと1番人気、大一番での岩田騎手の大胆な騎乗。お見事でした!

しっかしまぁ何というか、結構展開速くなりましたね…。速い展開を予想すれば遅くなり、遅いと思えば速くなる。ホント難しい…。
結果前に行った馬にはちょいとつらいペースになったようで、それでもそこそこ粘れた4〜7着馬ローズキングダムアリゼオリルダヴァルゲシュタルトはダービーでの巻き返し面白いかもしれません。
そしてそして2着ヒルノダムールはほぼ直線だけで2着を確保!勝ち馬とも通ったコースの差だけで能力差は殆どなさそうな気配。この馬はダービーの方が明らかに向きそうですしねぇ。逆転もあるかも!
そしてそしてそして3着エイシンフラッシュは!?皐月賞だけでみれば恐るべし京成杯連対馬!以上。なんですがTR挟まずぶっつけでこの着順ですからねぇ。この馬ももしかしたら…。

普通であれば5連勝で皐月賞制覇!ですから2冠確実ムードになってもおかしくはないんですが、この世代はやはり層が厚くて面白い!この皐月賞組の他にもペルーサダノンシャンティもスタンバイしてますしね。
ここ最近は皐月賞が終わってがっかりムードになることも多かったんですけど、今年のダービーは皐月賞以上に盛り上がれそうな雰囲気。なんて楽しみなんだ!

ただ、私のPO馬2頭はそんな楽しみなダービーへの切符獲りに失敗…。このあとTRに出るものと思われますが大舞台にちゃんと名を連ねることはできるのだろうか…。
久しぶりに楽しみになるような結果だったもので興奮気味に回顧記事書いてたんですが、よくよく考えると馬券も外れてるしPO馬も着外なのよね…。

これが現実か!酒飲んで寝よう。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月17日

皐月賞 最終予想

今日は馬場も馬場なんで読みづらいですが少しずつ外差しも決まってきたかなという印象。でも依然内枠・先行有利な馬場だと思われます。
皐月賞は展開・馬場・枠順に思いっきり結果が左右されるレース。混戦なら尚更。多少速くても前が止まらないのが皐月賞ですが、あまりにも速すぎると昨年のようなこともある訳でして…。

今年はどうんるんでしょうか?アリゼオが行くのは間違いないとは思うんですが、他に行きたがる馬もいないのである程度落ち着いたペースになるのか?
それとも各馬好位をキープする為に前へ前へ。自然とペースも速くなるのか?後者の場合私のPO馬レーヴドリアンの1発も期待できるんですが…。
POG指名馬と心中!というのはダービーまで取っておき、ここは普通に予想したいと思います。勿論消すなんてことはできないので買いますけど。

皐月賞 データ

4連勝中のヴィクトワールピサが当然の1番人気。しかし外目の枠に入りました。今回は乗り替りの代打騎乗のような感じとあって思いきった作戦はとれず、枠的にも前々走のラジオNIKKEI杯のような競馬になると思われます。
ある程度、各馬この馬を目標というか目安にしてレースは動くと思いますので、もしかしたら前に行く馬は結構マークが薄くなるんじゃないのかなぁと。

ということで◎はアリゼオ。流石に前走ほど楽には逃げられないとは思いますがある程度速くなっても先行有利の馬場状態が助けになり、そう簡単には止まらないハズ。中山コースも2戦2勝で血統からも走りからもダービーより皐月賞で狙いたい馬。

〇はリルダヴァル。データからTR出走馬が断然有利、そして狙いは内枠ということで内枠のTR出走馬を探していたんですが、あまりいないんですよね…。ローズキングダムは前走内容からあまり重い印を打ちたくありませんし。。
ということでTRではないものの今年はTRと同じくらい面子が揃っていた毎日杯からこの馬を。骨折明けを叩かれての変り身にも期待。

ヴィクトワールピサ。よほどの馬じゃない限り、展開や枠で取りこぼしがあるのがこのレース。1番人気も弥生賞の勝ち馬も2、3、4着が結構ありますのでこの辺りの評価が無難なのかなと。

△にPOG指名馬の2頭レーヴドリアンダイワファルコン。そして内枠のTR好走馬ということでゲシュタルト。何気に好走馬が多い朝日杯FSの出走馬ということでローズキングダムエイシンアポロンまで押えて終了。

買い目
◎アリゼオ〇リルダヴァル▲ヴィクトワールピサ
△レーヴドリアン、ダイワファルコン、ゲシュタルト、ローズキングダム、エイシンアポロン

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△△ 36点


あとこっそりPOG指名馬同士の馬連と単勝もちょろりと。
馬券的にはマズイんですけど超Hペースを希望。レーヴドリアン追い込んでこないかなぁ…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月16日

マイラーズC 最終予想

とっても難解。まるで皐月賞の資金稼ぎにはなる気がしない困った土曜メイン。
面白い馬は揃ってるんですけどねぇ。どの馬が勝っても、ハァァァン!?ここで来ますかー!みたいなメンバー構成。

なんかもう皐月賞への資金稼ぎとかじゃなく運試しみたいな。。
どう買ったらいいのやら。

マイラーズC データ

前走中山記念以外の重賞に出走した馬はどんな着順でもまるで信用できないという困ったデータ。そして今年はその中山記念好走馬が不在。
どの馬が飛んでも不思議じゃありませんが、かといって重賞実績馬たちが全滅するとも考えられず…。

上に書いたように運試しですかねぇ。とりあえずあまり得意でないんですが展開面で予想してみました。
リーチザクラウン。今回逃げそうな馬はまるで重賞実績のないシルポートくらい。キャプテントゥーレは番手からの競馬でしょうし、他の有力馬は差し、追い込みタイプが揃い流れが思いっきり向きそうな予感。
久々の芝のマイル戦で爆勝も大惨敗もありそうですが、そろそろ過剰人気もおさまってきそうですし買い時な気がする。

キャプテントゥーレ。やはり本質的には2000mよりも1600m、1800mくらいが良さそう馬。また前走は有馬記念除外の流れでついつい出走しちゃった感もあるので完全に度外視して考えたい。
番手で折り合える馬なのでリーチザクラウンを潰しに行くような無謀なマネは恐らくしないハズ。そのまま前残りの展開に期待。

トライアンフマーチ。前走はアガリ33秒8の末脚を使うも枠と展開に泣かされ追い込み届かず。先行する競馬もできますし今回の面子と枠ならすんなり前目に付けてくれるんじゃないかなと。
前走の大敗で人気を少しでも落とすようなら美味しい存在かも。

本命・対抗・単穴3頭揃って前走二桁着順というのが気になりますが、まぁいいか。

押さえは久々のマイルで久々の勝利!と行って欲しいセイウンワンダーと前残り予想ということで前走逃げて穴をあけたタマモナイスプレイ

買い目
◎リーチザクラウン〇キャプテントゥーレ▲トライアンフマーチ
△セイウンワンダー、タマモナイスプレイ

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△ 18点


前々日売りなんでなんともいえませんがレーヴドリアンとダイワファルコン人気なさそうですねぇ。人気なのも嫌ですけどあまりに人気がないのも不安になってくる…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月15日

マイラーズC 過去の傾向から

皐月賞の枠順でましたねぇ!私のPO馬2頭は2頭とも7枠。ヴィクトワールピサと同じ枠番に。これ神さまが枠で買えよ!って言ってるんでしょうか?

レーヴドリアンはまぁああいうスタートですし恐らく今回も末脚勝負。枠より展開頼みの馬なんでどこでもいい気はするんですけど、ダイワファルコンは内枠が欲しかったかなぁ。実は内に入ったら本命にするつもりだったんですよね。。
これでまた考え直し。楽しい夜は続きそうです。

それではその皐月賞の大事な資金稼ぎになる予定(妄想)のマイラーズC。過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
2、4、1、1、2、9、1、11、1、1
2番人気
6、1、8、3、4、4、2、2、14、6
3番人気
4、2、5、7、1、1、5、5、3、2
4番人気
13、11、3、2、3、6、3、4、7、7

1番人気が5勝と勝ち切れるレースで、2、3番人気も3勝、2着3回と上位人気馬が安定。3番人気までの馬が揃って連を外したことはなく連軸は3番人気以内から選びたいところ。
ただ上位人気馬が強い割りには紐が狂うことが多く7番人気以下の馬もこれまで5連対、3着4回と9頭も馬券に絡んでおります。相手は人気馬から人気薄まで手広く流した方がいいかもしれません。

前走成績から芝のレース出走馬のみ)
前走、高松宮記念出走馬
1、12、15、6、13、15、2、7、6、11、5、3、12、8
前走、その他のG欺仭馬
10、16、9、3、4、6、10、2、2、6、1、

中山記念掲示板から
1、2、1、1、2、4、4、1、11、12、1、3、2
中山記念6着以下から
3、12、7、7着

その他のG供■猫靴馬対していた馬
4、13、4、17、8、6、10、2、9、3、4、7、5
その他のG供■猫靴韮魁腺誼綰
2、11、10、14、8、5、2、4、
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
3、5、8、9、17、18、3、5、8、5、9、12、5、9、5、12、15、4、7、9、1、9、13、5、10、11、14、15、9着
前走OP特別1着馬
14、1、3、8、15、9、10着
前走OP特別2着以下
7、7、9、11、16、7、8、9、7、8、3、16、10、8、10、13、4着

中山記念の好走馬というのが圧倒的な成績でここから勝ち馬の半分5勝を輩出。マイラーズCがそこそこ上位人気馬が強いというデータはこの辺りも深く関わっていそう。
しかし今年はこの前走中山記念好走馬というのが不在。その他の重賞好走馬は
前走で連対していたとしても大敗が目立つ信頼度の薄いもの。
今年は大波乱なんてこともあるのかも?

今日のまとめ
馬名で見るとなかなかの面子が揃ったなと思うんですが、馬柱を見ると前走重賞で掲示板に載った馬というのがたった2頭しかおりません。このレース前走G供■猫沓驚絨焚爾ら巻き返して連に絡んだ馬はコンゴウリキシオー1頭のみ。また上記の通り掲示板に載っていても全く信頼はできないというデータ。
ならば狙いは前走G欺仭馬ということになるのでしょうか。しかしこれも…。
ということでデータからはどの人気馬が華麗に飛んでも全く不思議じゃなくいさっぱりわからないレース。
思い切った穴を狙うもよし!好きな馬から行くも良し!こんな感じでしょうか。
これ全然資金稼ぎになる気がしませんね・・・。びっくり。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月13日

皐月賞 過去の傾向から

Hレベルと言われている今年の牡馬クラシック路線。毎日杯の勝ち馬ダノンシャンティがいなくても、若葉Sの勝ち馬ペルーサがいなくても、大物候補といて話題を振りまいていたルーラーシップが賞金不足でいなくても、皐月賞はどこからでも馬券を買えそうな馬ばかり。いい意味での混戦となりました。

前評判は高くても終わってみれば…。なんてこともよくある訳ですけど、この時点では素直に。まぁよくもこんなに面白そうな面子が揃ってくれたなと感謝したいものです。

そして今週も私はPO馬が出走予定。

POG指名馬とドカンと心中!!という馬券は牡馬らしくお祭りレースのダービーでやろうと思っているんですが、ここで4着以内に入らないと賞金的にはかなり厳しいだけに…。もしかしてここでやっておいた方がいいのかしら??

それでは買う馬だころか買い方。レースに挑むスタンスすらまだ決まってない皐月賞。とりあえず過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
2、1、3、1、2、1、4、4、3、14
2番人気
1、3、14、2、16、4、3、3、6、13
3番人気
中、2、16、3、4、3、5、8、14、
4番人気
9、16、7、6、9、9、6、9、9、

1番人気は3勝2着2回3着2回と複勝率7割。掲示板を外したのも昨年の1回だけと堅実な走り。ただよくよく考えてみると3勝止まり、安定感はある割には勝ち切れてないという印象も。ちなみに1番人気で勝った3頭は無敗でここまできていたアグネスタキオン、ディープインパクトと春の2冠馬ネオユニヴァース。かなり抜けてる馬でないと勝ち切るまでは…といった感じでしょうか。
また2、3番人気は1勝ずつで4、5番人気は連対なしと1番人気を除いた上位人気馬は不振。連対馬の半数以上を占める11頭が6番人気以下でその内二桁人気が5頭も。人気馬から買うにしても相手は手広く人気薄まで流した方がいいかもしれません。

前走から
弥生賞
1着馬
−、1、8、3、2、1、4、4、3、14着
2着馬
1、16、14、9、3、3、−、9、6、10
3着馬
中、6、2、15、6、4、16、8、2、15

スプリングS
1着馬
2、−、3、1、16、8、1、12、9、
2着馬
7、4、−、2、13、−、5、10、11、−着
3着馬
13、17、−、−1、10、2、18、14、7

若葉S()内は中山での成績です
1着馬
16、−、13、−、14、5、3、1、7、5
2着馬
11、11、15、7、17、11、13、13、12、

毎日杯
1着馬
−、−、12、−、−、9、−、11、−、−着
2着馬
12、−、4、−、−、−、8、−、−、11着

過去10年の皐月賞で3着以内に入った30頭の内、前走が皐月賞TR(弥生賞、スプリングS、若葉S)だった馬は27頭。圧倒的にこの3レースを使ってきた馬が有利です。2月の重賞からの直行馬は大きく割引き!レーヴドリアン…orz
TR別では弥生賞が4勝、2着3回。スプリングSも4勝、2着4回とほぼ差はなく、弥生賞組の方が人気になりやすい傾向からオッズ的にはスプリングS出走馬が狙い目といえそうです。
またTRでの着順は1着馬がやや良いものの、2〜4着馬は勿論着外からも巻き返しがありますのであまり気にしすぎなくてもいいのかなという気も。

実績から
朝日杯FS
1着馬
−、−、7、3、4、4、5、8、−、
2着馬
−、−、10、2、3、−、10、6、5、7着
3着馬
−、−、−、10、10、6、7、−、1、

ラジオNIKKEI杯2歳S
1着馬
中、1、5、8、2、12、6、3、10、14
2着馬
−、3、−、16、5、9、4、1、−、13着
3着馬
−、−、−、−、−、3、−、11、−着

きさらぎ賞
1着
−、−、18、1、8、16、2、7、4、13
2着
6、2、−、6、16、−、1、11、9、7着

共同通信杯()内は中山開催
1着馬
−、3、12、(4)、12、−、4、3、14、−
2着馬
−、−、−、(−)、10、−、5、−、2、

京成杯()内は東京開催で1着同着
1着馬
−、16、(−、14)、−、9、3、7、2、3、16
2着馬
−、−、(ナシ)、10、7、2、9、5、13、8着

シンザン記念
1着馬
2、5、3、6、11、6、18、4、15、9着
2着馬
3、11、12、−、−、−、−、−、−、−着

クラシックで用無しのイメージの朝日杯FSは何気に3着以内に好走した馬から5頭も皐月賞で馬券になっています。逆にクラシックの登竜門的な位置づけでもあるラジオNIKKEI杯2歳Sは6頭が馬券絡みとイメージよりはやや少なめ。あえて朝日杯組を狙うのもアリかもしれません。
その他のレースで目立つといえば京成杯の好走馬。朝日杯好走馬も何気にいいですしやはり中山実績というのは大事なようですね。

今日のまとめ
安定感はあるもののあまり勝ち切ってはいない1番人気。枠や展開、中山適性がモノをいうレースなので混戦なら尚更取りこぼす確率は高くなるように思えます。今年の1番人気はヴィクトワールピサだと思われますが、買うなら3連単の2、3着付けなんかが馬券的には面白いかもしれません。
ただヴィクトワールピサも何となくあぶない気がするんですよね…。軸から外して大穴まで狙える馬券で行くべきか。素直に紐荒れを狙うべきか。それとも気合いでPOG指名馬と心中しちゃおうか。
週末まで悩ましくて楽しい日々が続きそうです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月11日

桜花賞 回顧…

人8倍楽しみにしていただけにショックはでかい…orz
もうあと50年ほど歳をとっていたらこの結果で入院していたかも。ハァ。

桜花賞 予想

 1着△アパパネ
 2着△オウケンサクラ
 3着△エーシンリターンズ
 4着−ショウリュウムーン
 5着△アプリコットフィズ

 8着〇アニメイトバイオ
12着▲タガノエリザベート
17着◎ラナンキュラス

押えに回した4頭が掲示板に載り対抗・単穴と重い印を打った2頭は圏外へ。そして本命ラナンキュラスは遥か後方17着。
POG指名馬出走ということもあり過剰に期待をしていた今回の桜花賞。しかし現実はあまりにも残酷。せめて4コーナーくらいまでは夢を見せて欲しかった。
いつもは手応えは悪いなりにも追っ付けながらコーナーでマクってくる馬なんですが今回は3コーナーで既にまるっきり期待ができない手応えの悪さ。4コーナーでそれが確信に変わり。直線ではフラフラ最後方付近。もう“ない”のはわかっていましたが最後までずっと目で追っておりました。途中から目でも追えなくなりましたが…。
ショックのあまり笑っちゃうくらい呆然になってしまった為、実況の声はまるで耳に届かず。G気妊譟璽垢鮑能蕕ら最後まで熱心に観戦していたのに、どれが勝ったのかさっぱりわからない。

こんな貴重な体験なかなかできるもんじゃありません。ちょっとした浦島太郎状態ですよ。

レース後、そういえば何が勝ったんだろう?と思いTVを観るとどうやらアパパネが勝利した模様。どうやって勝ったんだろうとレースリプレイを観てもまたまたラナンキュラスを目で追っちゃう始末。結果3回ほどレースを見直してしまいました。PO馬惨敗というツラ〜イ結果なのに。

さて、3回目でようやくアパパネの勇姿をみることができたんですが、う〜ん、やはり強いですね。直線では伸び切れないようにも見えましたがゴールに近づくずにつれてグイグイっと加速。最後は余裕を持ってオウケンサクラをとっ捕まえたようにも見えました。
血統的にオークスは距離がどうか?と思いますけど、牝馬同士なら能力的でなんとでもなっちゃうこともあるのがオークス。出走してくるならやはり中心馬として扱わないといけなさそうです。まぁラインクラフトのようにマイルCに進んで父子制覇を目指すのも面白そうですけどね!

ところで今年の1〜4着馬は4頭ともチューリップ賞の出走馬なんですねぇ。それもチューリップ賞でも1〜4着。またこの内3頭がキングカメハメハ産駒なんですよね。クラシック前までは半信半疑でしたが桜花賞が終わってもこの結果。素直に凄いなキンカメ産駒は!と感心しました。
そして今年の1〜3着馬は1頭もSSの血が入ってないんですよね。母系にすら。

父SS系の馬は1頭も掲示板に載れず、キングカメハメハ産駒が3頭掲示板に載る活躍。暫く安泰かと思われたSS系の時代をキングカメハメハがぶっ壊すのでしょうか?
距離が伸びるオークスでどういう結果になるのか楽しみになりました。


そういうことで?自棄酒モードに入ります…。

つらい事はお酒でも飲んで忘れないとね。大人って最高!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月10日

桜花賞 最終予想

まだレースは観てないんですが資金稼ぎは失敗に終わってしまった模様。でも大火傷はしなくてよかったかなと。
そしてサンライズプリンス。ラップと着差だけでの判断ですけど強そうな競馬をしたっぽいですねぇ。これは面白くなってきました。
牡馬の方は皐月賞組以外も今年は豊作な予感。早くもダービーが楽しみになりました。

牝馬路線の方はいよいよ明日が桜花賞!!
今年は珍しく私のPO馬も参戦ということで、予想というより応援馬券に近い買い方になりそうですが、是非好走して貰って馬券もゲットと行きたいところです!それでは。

桜花賞
 データ

もうちょっと割れたオッズになるのかなぁと思っていましたが、前日の単勝オッズは2頭に結構被ってるようです。関東馬の2頭が1、2番人気になる日が来るとは関東人としては嬉しい限り。
ですがまずアパパネ。阪神JF優勝馬は過去10年で2勝、2着1回という成績を残していますが連に絡んだ3頭ともチューリップ賞で1着。チューリップ賞で負けていた2歳女王は4頭出走し12、3、8、8着と案外桜花賞での成績は悪いんですよね。重馬場というのを考慮しても前走未勝利勝ちの馬に捻じ伏せられるというのはちょっと…。休養明け、叩き台ということを考えれば十分買える馬ですけど、ここまで人気だとちょっと逆らいたくもなります。△評価で。

次にアプリコットフィズ。前走は強い内容でしたが、他の人気馬は思ったほど走れておらず2着には10番人気のプリンセスメモリー。レースレベルが高いのか低いのか?は正直さっぱりわかりません。人気になるのは予想はしていたんですがちょいと過剰気味ではあるかなと。またクイーンCは桜花賞のステップとしてはイマイチで連対馬は3着どまりという傾向。クイーンCは桜花賞よりオークスで好成績を残しているレース。狙いは次かなと。こちらも押さえ△まで。

強引に人気の2頭を低評価にしたところで本命を。

ラナンキュラス。調子落ちに見えた2歳時の重賞2走でも4着確保と能力は高い。今回は休養明けを一叩きされ上昇ムードでの挑戦、逆転まで可能だと思う。というか思い込む。また桜花賞はTRでいきなり走り評価をあげてきた馬よりもTR前から重賞やOPレースである程度の結果を出していた馬の方が成績がいい。混戦なら尚更そういうきっついレースを走ってきた経験が活きるハズ。
まぁごちゃごちゃ言いましたが正直なところPO馬だから本命にしました。人気もお手頃ですしね!心中です。

〇はアニメイトバイオ。4歳秋まで勝ち切れない馬だったゼンノロブロイの産駒らしく見事に重賞、OPでは2着連発。相手が弱くても勝ち切れなさそうなタイプですが強くても相手なりに走ってくれそうなタイプ。狙いは前走負けたことでやや評価を落としているここかなと。アネモネSがステップということだけが不安要素。

▲にタガノエリザベート。恐らく今回もペースや位置取りは関係なく自分のペースで追走、末脚に賭ける競馬だと思いますが、嵌った時の爆発力はファンタジーSで証明済み。惨敗もありそうですが、嵌ればまとめて差し切ってもおかしくない。あと阪神JFの4〜6着馬って結構巻き返ししてるんでその辺りにも期待。

△は上記の2頭とフラワーC勝ちのオウケンサクラ。そして好相性レースのエルフィンS勝ち馬エーシンリターンズまで。


買い目
◎ラナンキュラス〇アニメイトバイオ▲タガノエリザベート
△アパパネ、アプリコットフィズ、オウケンサクラ、エーシンリターンズ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


ハァ〜、どきどき。やはりPO馬のクラシック出走は特別興奮しますね!今からこんなんで明日は大丈夫なのか!?というくらい興奮しております。まだまだ私も若いのかしら。
それともそろそろ心臓に欠陥が!?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年04月09日

ニュージランドT、阪神牝馬S 最終予想

馬にとっては明日の2レースはともにG気虜能斗廛好謄奪廛譟璽后そして私たちにとってもG戯花賞前の大事なレースです。

桜で華々しく撃沈するためにもここで資金稼ぎと行きたいところ。

ただ明日は急用でリアルタイムではレース観戦できなさそうなんですけどね…。まぁ観れない時のほうが好結果な気がしますしそういうジンクスに期待しながら夜のVTR観戦を楽しみに待ちたいと思います。それでは。

NZT データ

波乱のレースですが前走6着以下からの巻き返しは少なく 前走重賞好走馬が好成績。変に捻らず人気馬からの紐荒れ狙い。人気の盲点になってるような馬を紐で見つけたいレースです。

というこで本命はダイワバーバリアン。朝日杯では枠にも助けられた印象で重賞では好走するも勝ち切れずの馬ですが、距離が長いと思われた前走でも4着と好走しており地力は高そう。ここでも大崩れなく走ってくれそうで、有力馬が外枠に入った今回は重賞制覇のチャンス大。

〇もデータから好走が見込める前走1400m以上の重賞で掲示板に載っていた馬からサンライズプリンス。前走は平坦しか経験していなかった馬が中山の重賞に初挑戦し4着なら上々の結果。それもアリゼオが楽に逃げて前残りになった競馬を後方から差してのもの。展開さえ向けば、もしくはそれまでの2走のように先行する競馬ができていたら皐月の権利は取れていたかも。
ただ今回大外枠なんですよね…。

▲にちょいと穴どころでツルマルジュピター。先週のダービー卿を見ちゃうとついつい買いたくなる1頭。重賞好走歴もあり中山でも連対しています。ちょいと距離が長い印象ですけどそんな馬でも展開次第で残れるのがニュージランドT。

押えに重賞好走馬からコスモセンサーと内枠のマイネルマルシェインプレスウィナー

買い目
◎ダイワバーバリアン〇サンライズプリンス▲ツルマルジュピター
△コスモセンサー、マイネルマルシェ、インプレスウィナー


馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点


阪神牝馬S データ

こちらはまだ4年分のデータしかありませんが、その傾向を信じて。

ベストロケーション。前走が重賞とはいえど巻き返しは少なく前走好走している馬が強い傾向。また準OPからでも勝ち馬が2頭出ているように勢いも重視。
ということで今一番勢いがあり、前走重賞でも好走しているこの馬から買ってみようと思います。距離短縮も直線坂のあるコースに替わるのも歓迎のハズ。前走観たあと是非スプリンターズSで!と思った馬。ここでも好走に期待デス!

〇はワンカラット。前走は牡馬相手のG汽好謄奪廛譟璽杭綉淒佞韮加紂その時の1、3着馬が本番の高松宮記念でも3、4着と好走しておりレースレベルの高さは相当かと。阪神の1400mなら前々走の京都牝馬Sで先着を許してる2頭にも逆転可能に思えます。

▲にヒカルアマランサス。前走は1頭だけ別の競馬。殿一気の末脚爆発で重賞初勝利。ただハンデにも恵まれてましたし、今回は忘れな草賞、ローズSで惨敗している阪神というのもちょいと気になる。
前走重賞好走馬の成績がいいので消しはしませんがちょいと評価を落としての3番手評価で。

△にブロードストリート…。ホントは配当的にも切ろうと思っていたんですが。。ベストロケーションからなら3頭押えてもガミらないかなという軟弱な考えで。チキンですんません。

買い目
◎ベストロケーション〇ワンカラット▲ヒカルアマランサス
△ブロードストリート

馬連 ◎−〇▲△ 3点

3連単 ◎→〇▲△→〇▲△ 6点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
MyblogList