2010年05月

2010年05月30日

日本ダービー回顧! 

日本ダービー 予想

 1着−エイシンフラッシュ
 2着△ローズキングダム
 3着△ヴィクトワールピサ
 4着−ゲシュタルト
 5着−ルーラーシップ

 6着▲ペルーサ
 9着〇ヒルノダムール
10着△コスモファントム
11着◎レーヴドリアン
12着△リルダヴァル

まさかまさかの超ドスロー。ちょいと好面子が揃ったダービーにしては物足りない流れになっちゃいましたねぇ…。

極限の瞬発力勝負になると分が悪いのでは?と思われたヴィクトワールピサはその不安が的中した格好で3着。道中囲まれてなければ早めに自分から動いて行けたんでしょうけど…。
またペルーサはスタートで痛恨の出遅れ。異様な雰囲気の中でのスタンド前発走。結果論ですが大舞台での経験のなさというのが出ちゃったのかもしれません。。皐月賞スキップが裏目に出ちゃったのかも?

2強が負けたから。PO馬のレーヴドリアンには不向きなペースだったから言う訳ではありませんが、ちょいと勿体ない流れになっちゃいましたねぇ。
普通前半の1000mが緩くても、G汽譽戰襪覆蕋崖僂筝こう正面からレースが激しく動いたりするもんなんですが、今回はそれがありませんでした。逃げ馬はギリギリまで追い出しを我慢する溜め逃げ。それを追い越していくような馬もおらず、正味3Fだけの競馬。まるで新馬戦のような競馬です。

厳しい流れならこういう速いアガリを出す馬も限られてくるんでしょうけど、こういう流れだとこのクラスの面子は殆どが33秒台であがっちゃいますからねぇ。総合的な能力よりも、位置取りが着順を大きく左右する流れになっちゃいました。

ただ展開が向いての前残り→大波乱でどっちらけムードにならなかったのは幸いです。極限の瞬発力勝負になっても、皐月賞の3、4着馬エイシンフラッシュローズキングダムがきっちり瞬発力の違いを見せてワンツーフィニッシュ。前残りではなく、ど真ん中から差してきてますからねぇ。
やはり今年のダービーは層が厚いっ!!

瞬発力勝負が得意な馬が勝ったのは確かですが、そういう流れになったのはその馬に運があったということか。
そういえば最も運がいい馬が勝つのがダービー。そう思って納得しますか!

最後に。レース内容にもうちょっとG気蕕靴のれだったらというのはありましたが、こんなに1週間楽しめたダービーは久しぶり。というか初めてかも。
出走は叶いませんでしたがダノンシャンティを含めた18頭に感謝。そして結果は残念でしたが最後まで夢を見させてくれたレーヴドリアンにも大感謝!



来年のダービーもまた指名馬が出走できますように!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月29日

日本ダービー 最終予想

ダノンシャンティ出走取り消し…。これに関しては書きたいことが山ほどありますが、長くなりそうなので省略。がっかりムードでダービーを迎えることにもなりますからね。

兎にも角にも3強ムードだったその1角がレース前に崩れた。

これは波乱の前兆なのか?それともただ単に2強ムードになるだけなのか?

あくまで個人的なイメージですけど3強ムードの時は比較的堅く収まることが多いものの、2強ムードの時はすんなり2頭で決まらないケースが多々ある気がする。
先週にも増して“差し”が決まってるようですし、もしかしたら…。

日本ダービー データ

ダービーは好きな馬から買う!でも1年で1番予想を当てたいレースでもある。特に今年のメンバーは史上最強とも呼ばれてるほどの好面子。純粋に予想をしてても楽しい訳でして、個人的はどう買うか?でえらい1週間悩みました。

そして悩んだ末の結論は…。まぁ二通り買っちゃえと。

ということで◎はPOG指名馬レーヴドリアン。いろいろありましたが、なんとか幸運にも助けられダービーに出走することができました。今年1年楽しませてくれてありがとう。そんな感謝の気持ちも込めての◎。データ的には全く買う要素なし!
だがしかーしっ!皐月賞では2着馬に次ぐアガリ3Fを記録。前走でも際立っていた末脚。瞬発力勝負だけなら上位争いしてもおかしくない馬で、思いっきり展開が嵌るようなら見せ場はあると贔屓目抜きに思える。錯覚か?
今までまくれだとか文句も言っちゃいましたが、今回ばかりはトコトン溜めて直線勝負の1発狙いの競馬を希望。長い長い府中の直線で大爆発して下さい!

対抗、というか実際予想した場合の本命はヒルノダムール。外の馬場を嫌い内を突いて抜け出してたのがヴィクトワールピサなら、その勝ち馬が嫌った外を回し、ほぼ直線だけで2着に突っ込んできたのがヒルノダムール。
内外の差、通った馬場の差、そして4角で前が詰まるロス。それを考慮すれば皐月賞で1番強い競馬をしたのはこの馬かも?府中替りも手伝って逆転は可能なハズ。

▲にペルーサヴィクトワールピサとどっちにしようか迷いましたが、どうもVピサの方は個人的には中山向きというイメージが強いものでこちらに。
相手は叩き台だったとはいえ前々走で皐月賞2着馬を捻じ伏せてますし、こちらも更に上積みあるハズ。

△にヴィクトワールピサ。重馬場の弥生賞、稍重の皐月賞を完勝。それも内を器用に突いたもので、ここ2戦はこの馬の持ち味が十分に発揮できる馬場、コースだったように思います。
相当強いのは確かなんですが、極限の瞬発力になった場合はまだ未知数と思い評価を下げる形の△で。

その他の押えには。皐月賞直行馬から巻き返しに期待のローズキングダム。優勝馬意外も普通に怖いNHKマイルC組からリルダヴァル
早め先頭からの抜け出しが決まれば面白そうなコスモファントムの3頭で。


買い目
◎レーヴドリアン〇ヒルノダムール▲ペルーサ
△ヴィクトワールピサ、ローズキングダム、リルダヴァル、コスモファントム

単勝 ◎

馬単 ◎→〇▲△△△△
    〇→◎▲△△△△ 12点  

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


んで。最終レースの目黒記念ですが、ダービー中心の予想記事にしたかったので印だけ簡単に。
というか殆ど事前予想してないので全くわからなす。とりあえず11ヶ月の休養明けのアルナスラインは嫌って…。

◎トップカミング〇コパノジングー▲スマートステージ
△ミッキーペトラ、モンテクリスエス

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単はダービーの結果次第で。。


それではあと残り僅かとなったダービーまでの時間をたっぷりと楽しみましょう!
とにかく不利のないように。各馬力を出し切れるレースを期待します。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月28日

金鯱賞 最終予想

いよいよダービーまであと2日。前々日発売もはじまりましたねぇ。
やはりヴィクトワールピサ、ペルーサ、ダノンシャンティの馬券が売れてるようです。前々日売りなのでまだ落ち着かないオッズですけど、大方の予想どおりどうやらこの3頭で1〜3番人気は間違いなさそうなところ。

レーヴドリアンは単勝131倍かぁ。この感じだと当日は40倍くらいついちゃうのかしら?記念の応援馬券もちょろっと買おうかと考えていたんですが、払い戻しちゃいますね、これじゃあ。

まぁかなり高い確率でちゃんと手元に置いておくハメになるんでしょうが…。

それではそんなダービーへ向けての運試し。金鯱賞の予想です。

データ

ダービー前日ということであまり資金も投入できず、こうなると少額で大きいのを狙いたくなるところではあるんですが、過去の傾向からは固めのレースなんですよね…。まぁ無茶して穴を狙って外してダービー。というよりも少額でも当たって気分良くダービーの方がいいか!

ということで◎アクシオン。宝塚記念のステップレースで人気馬が強い傾向。ということはそのまま捻らず強い馬から買っちまえばいいのかなと。
只今重賞2連勝中+1000万から5戦連続連対中の上り馬。しかも東京、札幌、京都、阪神、中山とコースもバラバラで中山金杯のようなハンデ戦でもきっちり勝ち切れてる。なかなか色んなコースや条件で安定して走るのは難しい訳でして、これはもうG轡譽戰襪任藁呂違うんじゃないかと。
G気離好謄奪廛譟璽垢箸呂い┷GはG汽曄璽垢僚仭は牝馬のリトルアマポーラ1頭だけですし、この相手ならG兇任癲

SS産駒最後のG汽Εぅ福爾法てな期待ができる競馬を希望。

〇はナムラクレセント。重賞ではちょいと詰めが甘いのか勝ち切れないというか連対すらない状況ですが、やはり能力は最上位の存在。軽視はできませぬ。
ここも相手なりに走って2、3着かな?ということで2頭軸の1頭に。ただなんか軸にすると4着っぽい気も…。

▲にタスカータソルテ。前走G兇之納板に載っていた馬が過去10年で5連対。また前々走もG靴韮加紂∩袷はG兇鬘映録硲魁殖敢垢裡誼紊塙ツ瓦糞で曄ただなーんとなく5着な予感も…。

押えにアーネストリースマートギアを押えて終了。
人気どころばかりだ!アドマイヤオーラとリトルアマポーラもうちょっと売れてくれないかなぁ。。

買い目
◎アクシオン〇ナムラクレセント▲タスカータソルテ
△アーネストリー、スマートギア

馬連 ◎ー〇▲△△ 4点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△ 18点


ちなみに明日は子供の運動会。2頭出しです。
嫁に話しかける話題がダービーのことばかりだったので、ぶっとばされそうになりました。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月27日

金鯱賞 過去の傾向から

ダービー枠順決まりましたねぇ。我がPO馬レーヴドリアンは1枠2番。まぁどの道最後方(離れた)からの競馬でしょうから枠はどこでも一緒かなと。
前走までは早めにまくれよ!とか色々思うところもありましたが、今回は相手も強い。。もう1発狙いでいい。とにかく溜めて溜めて直線に賭けてほしい。

と、まぁ。今週はG兇2つもありますが…。どう考えても気持ちはダービー一色。なんか勿体無い気がしますよねぇ。
特に金鯱賞の方は宝塚の重要ステップになりつつありますし、本来ならもっと余裕をもって楽しみたいんですけど。

今年は京都開催なので参考になるかはわかりませんが、とりあえず。
金鯱賞過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
3、5、2、2、1、1、2、1、6、
2番人気
7、2、1、4、3、3、3、10、1、
3番人気
1、1、13、9、4、4、1、2、4、5着
4番人気
2、6、7、1、5、6、4、7、7、12着

勝ち馬は全て4番人気以内から。2着馬も6頭、3着馬も4頭が4番人気以内から出ており、昨年と一昨年を除く8年で人気馬が2頭ずつ馬券に絡んでいます。
基本は人気馬から。馬連は勿論のこと、3連複、単は人気馬からの2頭軸が良いかもしれません。

前走から(前走芝のレース出走馬のみ)
同年の天皇賞(春)出走馬
3、5、6、11、2、3、7、3、4、2、4着
その他のG欺仭馬
11、12、13、1、8、1、6、10、3、6、16、6、16着
同年のG兇韮誼絨米
2、7、2、13、4、6、9、4、2、1、10、
同年のG兇韮驚絨焚
10、2、7、4、18、5、7、3、7、11、14、2、12、15
G靴韮鈎絨米
9、10、8、1、4、
G靴韮潅絨焚
4、6、4、14、5、10、2、6、12、2、5、1、3、7、10、5、6、8、12、15、4、8、13着
OP特別で3着以内
1、8、1、6、11、1、3、12、7、4、11着
1600万条件連対馬
3、5、5、3、

人気馬が強いという傾向が出ていますが、前走OPからも3勝しているように前走ステップはまちまちでこれといった傾向は出ていません。あえて言えばどんなステップからでも狙えるというのが特徴でしょうか。ただ天皇賞(春)をステップにした馬の優勝はなく2〜5、6、7着といった具合に勝ち切れない傾向にあります。一気の距離短縮に対応しきれていないのか??
天皇賞をステップにした馬は買っても2、3着狙いがいいのかもしれません。

今日のまとめ
どんな前走条件でもあまり関係ない。そして人気馬が強いというデータ。なので単純に実績と近走の調子を重視して買えばいいのかなという気がする。
ですが今年の出走馬やたらと休み明けが多いんですよね…。同じ人気馬でも実績重視で行くべきなのか?近走重視でいくべきなのか…。
まぁとにかく馬にとってもですけど、我々人間にとってもダービー前の大事な叩き台。あまり無茶な買い方はせずに少しでもダービーの資金が増えたらなぁくらいの買い方がいいのかもしれませんね。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月25日

日本ダービー 過去の傾向から

3強対決で超盛り上がってる今年のダービー。競馬において“3強”という言葉はよく耳にしますが、3頭が3頭とも初顔合わせというのはあまり記憶にない。思い出すのはサイレンススズカが勝ったあの毎日王冠くらいでしょうか。

また3強、3強なんて私も書いていますが、実際は3強じゃすまないほど今年は好面子。これだけ面子が揃うというのもホントに稀。
同じ世代に強い馬が数頭揃うと事はありましたが、スペシャルウィークが勝った年はマル外にダービー出走権はなくエルコンドルパサー、グラスワンダー(故障中でしたが)が不出走。ジャングルポケットが勝った年はアグネスタキオンが故障で引退、マンハタンカフェはまだ素質開花前でダービーには間に合わず…。

同じ世代にこれだけ強い馬が揃い、尚且つ無事。そして注目の3頭は初顔合わせ。よくもまぁこれだけ条件が揃ったなと。
何年に1度、何十年に1度見られるかの幸運なのかも?

ということで、いつも以上に楽しまなきゃ損。当日はもう朝から飲みっぱなしで(違うか?)ダービーを楽しんじゃおうと思ってます。
それでは日本ダービー過去10年の傾向を。

上位人気の成績
1番人気
2、1、1、1、1、1、1、7、1、12
2番人気
12、5、8、7、8、2、11、9、4、
3番人気
1、2、2、2、3、13、7、1、18、13
4番人気
7、14、11、4、6、8、2、3、7、5

1番人気が圧倒的な傾向ですがここ3年で2頭の1番人気馬が圏外に。ちょっと傾向が変わってきた感じも?ただ上位人気馬が強いのは相変わらずで勝ち馬はは3番人気以内から。ということは3強と言われてるどれかがやはり勝つのか?
だが、しかしここ10年では1〜3番人気でのワンツースリーはありません。ということは3強の内1頭がぶっ飛ぶのか?

皐月賞
1着馬
2、−、8、1、6、1、1、9、−、12
2着馬
12、2、10、7、8、3、3、4、11、14
3着馬
−、1、1、10、−、10、11、7、4、13着
4着馬
6、12、13、16、12、5、7、3、5、6
5着馬
−、7、4、−、−、4、8、−、13、−着
6着馬
−、−、17、4、−、15、10、13、3、

皐月賞を3番人気以内で3着以内に入った馬(ヴィクトワールピサ)
2、12、2、1、1、1、7、10、1、10、11、7、4、12
皐月賞を4番人気以下で3着以内に入った馬(ヒルノダムール、エイシンフラッシュ)
8、10、6、8、3、1、3、9、4、11、14、13
皐月賞3番人気以内で4着以下だった馬(ローズキングダム、アリゼオ)
14、12、5、7、8、3、5、3、12、1、2

前走皐月賞から馬券に連に絡んだ馬は9頭。連対馬の半分以下ですから思ったほど多くはないという印象。その皐月賞直行から連に絡んだ9頭中8頭が皐月賞で3着以内か3番人気以内(例外1頭は4番人気9着のスマイルジャック)。皐月賞で3番人気にも、3着以内にも入ってない直行馬はちょいと割引き。

青葉賞
1着馬
7、14、2、2、3、13、2、16、7、5
2着馬
13、8、12、11、9、6、−、14、6、8着
3着馬
14、−、9、9、−、9、12、15、16、9着

京都新聞杯(京都4歳特別)
()内は距離2000m時代のものです
1着馬

1、)15、12、2、2、9、11、17、−
2着馬
(17、−)−、6、5、−、6、−、−、−着

プリンシパルS
1着馬
4、−、4、18、7、7、中、6、9、10着
2着馬
9、9、3、5、15、16、16、18、10、

NHKマイルC
1着馬
−、5、11、−、1、−、5、−、1、18
2着馬
−、−、−、−、12、−、−、13、3、
3着馬
−、−、1、−、−、−、−、−、−、−着

青葉賞からは3頭の2着馬が出ていますが優勝馬は出ていません。ただし青葉賞を4戦4勝で制したような馬の出走もありません。
厩舎の先輩でまだ本格化前と思えたシンボリクリスエスと父ゼンノロブロイが2着という結果をだしているのであれば、4戦4勝現時点での完成度では勝る気がするペルーサの頭は十分あるのではないでしょうか。
NHKマイルCは過去10年で3頭も勝ち馬が出ています。そしてその3頭の共通点は…。3頭ともダービーで1番人気だったということ。それだけ評価されてた馬という見方もできますが、皐月賞直行組がちょっと頼りなかったという見方もできるのかなと。
面子が揃った今年は最後の最後で強行ローテの差がでちゃうかも?

今日のまとめ
皐月賞馬ヴィクトワールピサは勿論、青葉賞を無敗で制したペルーサ、NHKマイルCの覇者ダノンシャンティ。3頭ともデータからは勝ち切る要素は十分あるように思います。
恐らくこの3頭が上位3番人気。過去10年の勝ち馬が全て3番人気以内から出てることを考えると単純にこの3頭の中に今年のダービー馬がいるのかなと。
2着候補は皐月賞直行馬から3着以内のヒルノダムールエイシンフラッシュ。3番人気以内だったローズキングダムアリゼオ。他のステップからは京都新聞杯勝ちのゲシュタルトとマイルCを挟んでるリルダヴァルといったところでしょうか。はい、全然絞れてませんね。
まぁとにかく9頭も馬名を挙げてるのに全く引っ掛からない私のPO馬レーヴドリアンにはわかっちゃいたけど厳しいデータ。

でもね、私はレーヴドリアンと心中!!だってダービーですから好きな馬から買っちゃいますとも。ただ今年はちょっと面白すぎるんですよね、純粋に予想が。それとは別に予想した馬券も買いたくなっちゃいました。金がいくらあっても足りぬ…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月23日

オークス回顧!!! 

このところG気任寮楡錣非常に多い。しかし必ず白黒スッキリ。僅か数センチの差で分かれる明暗。

G気楼嫦呂任眛叡紊砲靴覆い里と思ってたんですけど、ついに出ましたねぇ!

オークス 予想

 1着△アパパネ
 1着△サンテミリオン
 3着−アグネスワルツ
 4着−アニメイトバイオ
 5着◎オウケンサクラ

 6着〇アプリコットフィズ
 7着△ブルーミングアレー
14着▲エーシンリターンズ
17着△ショウリュウムーン

6頭出しのゼンノロブロイ産駒に対し1、2番人気独占のキングカメハメハ産駒。戦前からこの2頭の種牡馬の産駒対決に注目が集まっていましたが、そうは上手くいくのかよと。
へそ曲がりの私はバゴ産駒のオウケンサクラに◎。雨も降って混戦。こういう血統の馬が強いのよね。なんてひとり悦に入っておりました。

しかし結果は…。

逃げると予想すれば逃げないし。まぁ逃げててもあのペースじゃ潰れてたかもしれませんが。桜花賞馬には厳しい流れになると予想すれば最後凄い脚で突っ込んでくるし…。桜花賞組が断然有利!なんて予想すれば1、3着がフローラS組ですからねぇ。

なんということか。何一つ当たってない…。

想像以上に強かった勝ち馬の2頭。脱帽であります。

まずはアパパネ。桜花賞馬がオークスでも強いのはわかっていましたが、今回は結構マイラータイプの馬にはきっつい馬場と展開だったんじゃないかと思うんですよね。ドスローのヨーイドンなら3歳牝馬同士、能力の違いでっていうのもわかる話なんですが。中間でちょいと緩んだとはいえ、アグネスワルツを除く先行馬はボロ負けの流れ。スタミナがない馬には厳しいんじゃないかと。
それが終わってみればあの脚…。実際マイラーじゃないのか?それとも飛びぬけて強いマイラーなのか?
よくわかりませんが私の想像の遥か上を行く強さだったのは間違いなすであります。

レース前はブエナビスタ級の馬は不在も好面子が揃ってHレベルでの混戦模様なんて思っていたのですけど、これでG毅穫⊂,縫ラシック2冠ですからねぇ。どうやら抜けて強い馬はいたようです。アパパネごめんなさい。

そしてサンテミリオン!そんな強いG鞠呂吠造个譴覆らも、差し返しに行った素晴らしい脚と根性。フローラS組があまり好結果を出していないというのはG気任慮靴靴ぅ譟璽昂亳海里覆気箸いΔ里盍愀犬△襪里なと思っていたんで、G欺蘢戦でこういう競馬は凄いの一言。
この馬もまた想像以上の強さでした。そしてこの馬、秋には更に強くなりそうな予感!

この強い2頭。果たしてどっちが強いのか?たった今同じレースを走ったばかりなのにこういう疑問が沸き起こる不思議。秋が更に盛り上がる結果に。

シロクロつくのが競馬の醍醐味ですけど、たまには同着ってのもいいのかもしれませんね。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月22日

オークス、東海S 最終予想

今日の競馬をみるとだいぶ差しも決まってきたようです。ただ明日は雨予報…。これでまたどうなるか??

ただでさえ混戦なのに馬場もさっぱりわからなす。

難解ですなぁ。

オークス データ

桜花賞組が圧倒的に強いという過去10年のデータ。そして桜花賞をステップにしてオークスで連対した16頭のうち15頭は桜花賞で5番人気以内か5着以内の馬でした(例外1頭はチューニー)。
今年の桜花賞はエーシンリターンズを除くとほぼ人気どおりの結果。なので上記の好走データに該当する馬は6着馬までの6頭のみということになります。

この6頭の中から軸を選び残りの馬を中心に流す。素直に捻らずこんな作戦で行こうかなと。まぁ問題は何を軸にするか?なんですが…。

オウケンサクラ。ショウリュウムーンではなくこっちが1番人気かと思っていたんですが。馬場予想込みなんでしょうか?
母父リアルシャダイにバゴという思いっきり距離が伸びて良さげな血統。そんな馬が桜花賞でも半馬身差の2着。1番人気で逃げとなるとマークがきつそうで嫌だなぁと思っていたんですがこれくらいの人気なら案外スムーズに行かしてくれるかも?
またこの相手に切れ味勝負となると分が悪そうな感じもあったんで、馬場が渋りそうなのもプラスに働きそうな予感。

〇にアプリコットフィズ。血統から府中替り、距離延長はプラスに働くハズで普通に前走以上のパフォーマンスが期待できる。母父ダンスということもあってショウリュウムーンが人気になってるんでしょうけど、ダンス産駒は牝馬は特にマイラーっぽい馬も出しますからねぇ。ホントに伸びていいのかとなると?
安心して買えるのはこっちかなと。

エーシンリターンズ。この馬も母系から距離伸びて歓迎。3歳牝馬同士ならということで毎年マイラータイプの馬もよく絡むのがオークスなんですが、今年は人気でスタミナばっちりのオウケンサクラが逃げ、馬場が渋りそうということでタフな流れになるんじゃないかなぁと。ということで距離適性がありそうな馬本線で行きました。

押えにホントに距離伸びてもいいのか?のショウリュウムーンとやはり距離延長に不安の残るアパパネ。なんだかんだで上位にいそうなシンメイフジのデータから買える残りの3頭。
あとオウケンが1番人気だと思っていたので切ろうと思ってたんですが、この人気なら押えてもいいかなのフローラS組からサンテミリオンブルーミングアレー

買い目
◎オウケンサクラ〇アプリコットフィズ▲エーシンリターンズ
△ショウリュウムーン、アパパネ、シンメイフジ、サンテミリオン、ブルーミングアレー

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△△ 36点


続いてはオークスの買い目が増えた為、控えめ予想の東海Sを超簡単に。
データ

事前予想のとおり◎ナニハトモアレで。予想どおり好走しても好走してもたいして人気にならないこの馬名。8倍の単勝ではありますが現時点で5番人気。
この馬が来て紐が荒れたら美味しいなと。

買い目
◎ナニハトモアレ〇マコトスパルビエロ▲ラヴェリータ
△コロナグラフ、アルトップラン、タマモクリエイト、ネイキッド、ダイショウジェット

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎ー〇▲△△△△△ 21点


W杯まであと僅か。そろそろでかいの当ててブルーレイを買わねば!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月19日

東海S 過去の傾向から

オークス、東海Sの予想をしつつ、ダービー出走馬の情報もチェック。そしてそして買ってきたPOG本で来年度の指名馬のお勉強。

時間が幾らあっても足りませんねぇ。精神と時の部屋にでも入りたい気分です。過酷な環境すぎて出てこれなくなりそうですけど…。

兎にも角にも寝る間が惜しいほど競馬が楽しい毎日。こんなんでいいのか?私の人生。
まぁ人生楽しんだモン勝ちっていいますしね。これから2週間は全力で競馬を楽しんで燃え尽きようと思います!そしてその後はワールドカップを全力で!

やっぱり少しは他の勉強もしなくちゃいかんかな…

とりあえず今年は京都開催なんでデータ役に立たないかも?な東海Sの過去の10年の傾向を。

上位人気の成績
1番人気
1、5、1、2、5、3、13、9、4、16
2番人気
3、10、7、4、1、5、5、1、3、1
3番人気
2、2、4、3、2、9、2、10、11、
4番人気
8、6、5、6、6、6、4、4、10、

連対馬の約半数の11頭が3番人気以内の馬。その中で3番人気が1、2番人気を凌ぐ5連対もしています。ただ1着がないんですけどね…。
逆に1、2番人気は計5勝と1着があるものの、連対率は3割とやや低めの成績で軸にするにはなんとも頼りないところ。そして4番人気は…。
なんか変な偏り方をしていますがとにかく、なんだかんだで毎年3番人気以内の馬が1頭は3着以内には来ています。なので馬券は上位3番人気以内の馬から3連複1頭軸がいいのかなと。

斤量から
59キロ(牝馬57キロ)
5、8、16、2、3、
58キロ(牝馬56キロ)
6、1、3、7、14、6、10、8、12、14、13、9、10、11、1、2、

流石にダートの長距離戦だけあって斤量も堪えるようで…。59キロの馬は1着なし。そして昨年こそワンツーをしましたが58キロの馬も不振傾向。
まぁ今年は京都1900mなんで関係ないデータかもしれませんけど…。

前走成績から
アンタレスS1〜3着馬の成績
2、6、10、1、2、3、2、3、6、5、1、9、4、11、1、3、16
アンタレスS4着以下
5、10、3、9、11、8、4、9、13、1、2、6、11、13、8、11、12、3、5、6、7、10、16、2、4、8、11、15
その他のダート重賞(交流重賞含む)で掲示板に載っていた馬
1、3、16、1、4、5、3、7、10、11、1、2、6、1、4、8、9、12、16、3、5、9、15、2、3、4、13、3、13、15、15着
前走ダートの1600万条件1着馬
8、2、5、5、15、2、6、9、12、10、12着

前走はアンタレスSの好走馬が圧倒的な成績で昨年は2、6、3着馬で上位を独占しました。その他のダート重賞からは6着以下の巻き返しがなく、アンタレスS以外の重賞を狙う場合は5着以内の馬を狙うのがいいように思います。
まぁただこのデータも使えるかどうかは?

今日のまとめ
今年はアンタレスSの2、3着馬が登場。ローテ的にも今年は同じ京都開催ということからもやはりアンタレスSの好走馬から狙いたくなる。
斤量面のデータが距離が違うのでちょいと微妙な気もしますが、一応フサイチセブンが58キロということで1枚割り引いて。ナニハトモアレが現時点での軸候補。
なんか馬名のせいか好走しても好走してもあまり人気にならないタイプに思える。オッズ的にも狙い目かも?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList