2010年05月

2010年05月18日

オークス 過去の傾向から

昨年のブエナビスタのような抜けた馬はいませんが、層の厚さで言えばここ数年で最も面子の揃ったオークスといえるのではないでしょうか。

そんなレースで中心になるハズの2歳&桜の女王アパパネは母系から距離延長に疑問符。それに加えて桜花賞の2〜5着馬は逆に距離が伸びて良さそうな血統なんですよね。
距離延長を味方に逆転あるのか?あるとしたらどの馬が?候補がいすぎて絞れない。。これだけでもめちゃんこ楽しめるのに今年はフローラS組にも有力候補がいるんですよね!素晴らしすぎる好面子。

あと個人的な注目は桜花賞で1頭も掲示板に載れなかったSS系種牡馬の産駒の逆襲があるのかどうか?
結果によっては来年度のPOG検討にも影響するかもしれませんしね。

それでは見所満載のオークス楽しんで行きましょう!過去10年の傾向です。
上位人気の成績から
1番人気
1、3、5、7、4、1、4、2、7、
2番人気
5、6、3、1、5、2、6、10、6、
3番人気
12、13、4、13、8、3、1、4、8、5
4番人気
6、2、1、11、2、9、中、13、1、3
5番人気
2、1、6、8、14、4、2、1、3、

上位人気馬が強い!連対馬20頭中16頭が5番人気以内の馬で勝ち馬も5番人気以内から9頭(残りの1頭は6番人気)出ております。ただし1番人気も5番人気もさほど差のないデータ。上位人気馬5頭はドングリの背比べみたいな状態でどの馬にも満遍なくチャンスがありそう。
データからは5番人気以内の馬を軸に。馬連万馬券が過去10年で4本、軽く紐荒れも狙いつつといった感じでしょうか。

ステップレースの成績から
桜花賞の成績から
1着
2、3、−、1、4、−、6、−、3、1
2着
12、6、7、12、8、1、4、−、2、2
3着
1、13、5、7、5、−、中、13、8、
4、5着
6、7、7、11、18、4、2、2、3、1、7、13、7、13
6〜9着馬
14、14、4、1、2、15、10、5、1、12、3、4、13、14、8、11、7、9、1、17、9
10着以下
3、16、9、17、10、11、8、14、12、16、11、2、9、10、12、7、15、2、12、5、4、5、18、10、15、17

フローラS(4歳牝馬特別)
1着馬
8、5、9、3、13、3、13、2、6、5
2着馬
13、1、4、15、14、9、16、4、15、除、
3着馬
15、2、6、5、−、15、14、−、−、8着

スイートピーS
1着馬
11、16、14、8、7、12、1、−、11、4
2着馬
17、17、13、6、12、10、17、3、16、12

忘れな草賞
1着馬
5、12、3、−、9、6、5、10、10、6着
2着馬
−、−、−、8、17、5、9、3、−、4

どうにもこうにも桜花賞出走馬が圧倒的な成績。ヘタに別路線組を狙うくらいなら桜花賞6着以下を狙った方が当たる確率は高いです。また別路線をステップにして連に絡んだ4頭の人気は5、4、3、1番人気と全馬5番人気以内の人気どころ。人気馬を押えるのならまだしも、穴馬を別路線組から狙うのは無謀かも。

桜花賞ステップレースの成績から
チューリップ賞
1着馬
14、3、18、10、2、4、4、−、17、
2着馬
4、11、14、1、8、8、7、−、1、
3着馬
−、−、2、9、5、−、−、7、5、13着

フィリーズレビュー
1着馬
6、2、16、4、−、−、−、−、9、−着
2着馬
1、7、15、−、−、−、15、12、−、−着
3着馬
−、−、−、−、−、2、−、−、3、

フラワーC
1着馬
−、−、1、11、4、1、6、−、4、10着
2着馬
3、5、9、16、3、−、2、17、6、5着

クイーンC()内は中山開催
1着馬
9、4、5、()、1、12、中、−、7、5着
2着馬
−、7、−、(−)、−、13、3、13、12、9着

クイーンCの連対馬がもうちょい良いかなと思っていたんですが…。そうでもないみたい!1400mのフィリーズレビュー出走馬も思ったほど悪くないですし…。つまり桜花賞前の実績(特に距離やコース適性など)はあまり深く考えすぎない方が逆にいいかも!?

今日のまとめ
どんなにサンテミリオンが強くてもやはり桜花賞出走組から狙いたくなるほど桜花賞組がデータの上では有利。強いところとやってきた経験というのもあるでしょうし。ということで素直に桜花賞組から馬券は入ろうと思います。
桜花賞をステップにしてオークスを勝った馬は過去10年で8頭。その8頭の共通点は桜花賞で5番人気以内だったということ。そして桜花賞の着順は8着以内でした。
今年この条件に当て嵌まるのはアパパネオウケンサクラショウリュウムーンアプリコットフィズシンメイフジの5頭。あらら全部残っちゃってるよ…。
という訳で有力どころ何一つ消せないというまるで役に立てないデータを長々と書いてしまいました。
ごめんちゃい。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月16日

ヴィクトリアM 回顧!


ヴィクトリアマイル 予想

 1着◎ブエナビスタ
 2着△ヒカルアマランサス
 3着−ニシノブルームーン
 4着△レッドディザイア
 5着−ブロードストリート

 8着▲ブラボーデイジー
 9着△プロヴィナージュ
15着〇ベストロケーション

昨日に引き続き前が残る府中の馬場。予想の方もそれを考慮しブエナビスタの相手には先行しそうな馬を中心にチョイス。何が行くのか読みづらいところもあったんですが、道中の位置取り予想はズバリ!ベストロケーションブラボーデイジープロヴィナージュヒカルアマランサスと流した4頭が1〜4番手を進んでいるではあ〜りませんかっっっ!
まだレースの半分も終わってないのにこの時点で私の心臓は破裂しそうなくらいドキドキ。興奮は最高潮!

前は残るハズ!あとはこの4頭の間に◎ブエナビスタが突っ込んできてくれれば。

直線に入っても後続を少し離した状態でまだまだ粘ってる先行勢。ムハー!しかし肝心のブエナビスタはまだ後方…。あれ?
おいおい?大丈夫なんだろうな?差して来い!差せーっ!そんな祈りが通じたのか私の先行馬たちはあっさり馬群に飲み込まれ…

直線入ったところでは、「よしよし!残せよ!」とか叫んでいた人間が一転して「差せー!」と叫び出し、実際差したらガックリと肩を落とす始末。
周りから見たらこの人、大丈夫なんだろうかと。おまけにガッカリ肩を落としながらも、押えのヒカルアマランサスとの馬連HITによりちゃっかり払い戻しの列に並んでるし。
あの人、ホントに当たってんのかよと。そう思われたかもしれません。

ちょっぴり恥ずかしかったけど、人一倍盛り上がって楽しめた。まぁこれだけで今年のヴィクトリアマイルは満足でございます…。

しっかしまぁブエナビスタ。よくあの位置から差しきれたなと。レース後のインタビューを聞けば状態も手応えもよくなかった模様。ブエナビスタが負けるなら〜の予想は決して間違ってはなかったと思います。負ける要素は1つじゃなく、2つもあった。
それでも勝ち切った。なので着差はクビ差も心底私には強いなと思わせる勝利でした。

レッドディザイアが万全ならまた違ったんでしょうけど、やはり他の牝馬相手では力が違いすぎるんでしょうねぇ。G毅気通椶離織ぅ肇襪論非牡馬混合のG気如
その時はレッドディザイア共々万全の状態で出てきて欲しいと思います。

それにしてもこの府中の馬場。今日もこのレースを除くと殆ど前残り。オークスはもうちょっと普通の状態でやってほしいものです。怪我も怖いですしね。
あとダービーに出れることになった私のPO馬も追い込み脚質(体質?)なものでして…。

それではお酒でも飲みながらシンガポール航空国際Cの応援に入ります!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月15日

ヴィクトリアマイル 最終予想

先週に引き続き前が止まらない馬場。本日のメイン京王杯SCも前残り、そしてレコード決着。
ある程度速いペースを先行しても33秒台で上がれる超高速馬場。今日の京王杯CCの面子でもこういう速いアガリ(6着馬テイエムアタックが32秒8!)が出ている訳ですから、明日のヴィクトリアMの面子ならもっと速いアガリが出てもおかしくない。
いくら2頭が強くても、先行馬にこんな馬鹿げたアガリで走られちゃ差し切るのはそう簡単な事ではないように思う。

ブエナビスタ、レッドディザイアの最大の敵はこの止まらない馬場かも?

ヴィクトリアマイル データ

横山典騎手に替わり先行できる競馬を身に付けたブエナビスタ。しかしいくら前から競馬ができるようになったとは言っても、それを実際やったのは2000mを超えるレースでの2戦。久々のマイル戦、中・長距離とはまるでペースが違うここでいきなりその前に付ける競馬ができるものなのか。流石に押してまで先行はさせないと思いますし…。

負けるとしたらここ。猛然と追い込むも前も止まらず2、3着。そんな馬券を買ってみたいと思います。ただなんだかんだで馬券圏内を外すことはないと思いますので印の上では◎で。

一方のレッドディザイア。ブエナビスタが差し切れず2、3着だとするならばこの馬も差し切れず3、4、5着の可能性は十分ある。ブエナビスタより前目で競馬がしたいハズだとは思いますが、やはりこの馬も本質は差し馬。押してまで先行するようにも思えません。
ブエナビスタと同じような位置取りになるとしたら、やはりまだ末脚勝負じゃ分が悪いのかなと。ということで今回はちょいと軽視△で。

ということで対抗・単穴は先行できる馬から。

ベストロケーション。データからは前走馬券に絡めなかった馬は割引きなんですが、あまりにも特殊な馬場なので。先行できそうな馬の中から最も時計勝負に向いてそうなこの馬をチョイス。おまけに最内枠を引きましたしね!

▲にブラボーデイジー。あんまり速いアガリを出せるタイプにもみえないんですが…。一応昨年の2着馬ですし(7馬身離されてるけど)、すんなり先行すれば大崩れはないかなと。

押えも先行できそうな馬を中心にプロヴィナージュ。そしてユートピアSでは3番手からの競馬もみせているヒカルアマランサス


買い目
◎ブエナビスタ〇ベストロケーション▲ブラボーデイジー
△レッドディザイア、プロヴィナージュ、ヒカルアマランサス

馬連 ◎ー〇▲△△△ 5点

本命馬2、3着狙いの
3連単1頭軸マルチ ◎から相手〇▲△△△ 60点

トリガミは覚悟。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月14日

京王杯SC 最終予想

私だけかもしれませんが今年はあまり安田記念のステップレースという感じがしないんですよね。
なのでG杵∪錣涼罎任舛腓辰醗貘という感じで肩に力を入れず気軽に予想しちゃおうかなと。つーか、ぶっちゃけわからないんで気楽に行こうかなと思ってます。
普通の人はこういう時は競馬しないで遊びに行ったり明後日に備えたりするんでしょうけど、私、どうやら競馬をしないと死んじゃう病のようなので死なない為に馬券を買います!

京王杯SC データ

1番人気は東京実績を考慮されてサンカルロか?それとも近走着順のとおりにエーシンフォワードか?普通に予想すればこの2頭で間違いない気がする。
しかし前走高松宮記念2〜5着馬は8、2、14、3、8、6、7、9、13、10、14、4、3、9、1、3、2、着と18頭走って僅か3連対。人気では買いたくない危険なローテ。また1番人気は只今破竹の10連敗中で連対すらなしという状況。

それに少額で買いますんで人気馬同士の組み合わせを買っても面白くないですからね!

ということで◎スズカコーズウェイ。昨年このレースで勝って以降不甲斐ない成績が続いていますが二桁着順に惨敗した3レースはいずれもマイル。1200m、1400mでは着順ほど負けてはいない印象で高松宮記念では後方から鋭く伸びて勝ち馬とも1馬身差。内容も良くなってきたように映る。
東京コースは5戦して2勝、4回馬券になってる得意のコース。巻き返しはきくハズ。

〇にゲイルスパーキー。重賞実績は殆どありませんが東京コースは4勝の東京巧者。好ステップレースの1つダービー卿に出走してることからも穴の匂いがプンプンしてます。先行馬も揃ってないようですし、依然前が残る馬場状態なら脚質的にも面白いんじゃないかと。

タケミカヅチ。府中実績0−1−0ー4ですが走ったレースは全て重賞で掲示板3回。着外に負けたのはダービーと不良馬場だった東京新聞杯だけ。数字ほど悪く見えませんしむしろ府中は合うようにも見える。10ヶ月振りの前走は前が残る展開ということを考えれば上々すぎる出来。叩き2戦目で上積みがあれば上位争いできるハズ。走りすぎた感もあるので反動があるかもしれませんが…。

押えにサンカルロエーシンフォワードを押えて終了。どう考えても消せませんでした。

買い目
◎スズカコーズウェイ〇ゲイルスパーキー▲タケミカヅチ
△サンカルロ、エーシンフォワード

馬連 ◎ー〇▲△△ 4点

3連複1頭軸 ◎ー〇▲△△ 6点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月13日

京王杯SC 過去の傾向から

あら。キャプテントゥーレは回避しちゃったんですねぇ。お姉さんが短距離であれだけ走っていたので1400mでの競馬も見てみたかったんですけど。

ともあれこのキャプテントゥーレの回避によりG鞠鷲垪澆法0妥諜念の前哨戦でもあるG兇砲靴討呂舛腓辰般婿劼薄くなっちゃったかなと。この面子なら高松宮記念の3、4着馬が人気の中心になりそうですが、高松宮組はなかなか人気では狙うのが難しいステップですし。。

なんか非常に荒れそうな雰囲気…。

とりあえず過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
9、3、5、4、4、9、9、9、3、
2番人気
2、1、9、10、1、3、3、18、1、3
3番人気
11、6、8、6、13、14、1、3、10、
4番人気
6、9、4、8、7、4、5、4、5、13着
5番人気
1、5、6、1、2、2、2、1、11、5

1番人気が10年連続連対なし。おまけに4番人気は全滅。2、5番人気はそこそこ良いようなんですけど、何なんでしょうかこの差は?
過去10年中9年で5番人気以内の馬が連に絡んでいますが、上位5番人気同士での馬連決着は過去10年で僅か3回。典型的な紐荒れ傾向です。
なんとなくですが2、5番人気のどちらかから6番人気以下にちょろっと流す感じで取れちゃいそうな気も。。

前走成績から
高松宮記念1着馬の成績
11、8、7、4、
高松宮記念2〜5着馬
8、2、14、3、8、6、7、9、13、10、14、4、3、9、1、3、2、
マイラーズC掲示板から
3、11、5、10、2、16、1、4、5、7
マイラーズC6着以下から
7、18、12、13、1、9、3、15、3、11、7、1着
ダービー卿CT掲示板から
10、6、10、2、18、12、1、11、3、5、18、10、15、5、12、13
ダービー卿CT6着以下から
13、1、13、5、18、2、11、12、11、17、14、15
その他の芝のG供■猫祁納板から
1、1、9、10、2、7着
芝のOP特別掲示板から
17、14、15、15、4、6、12、15、8、9、14、6、4、9、13、16、11、16、18着
芝の1600万条件1着馬
2、16、3、11、4、2、5、10、17、1、9着

高松宮記念、マイラーズC、ダービー卿CTが主力ステップですが、どのレースが相性がいいとかいうのは殆どなく前走着順も全くアテにならない。ですので着順は気にせず、とにかくこの3レースを使ってきた馬で東京コースに実績がある馬。もしくは東京1400mが合いそうな馬を狙いたいところ。
今年はやたらとOP特別組みが出走していますが、これまで前走OP特別から馬券になった馬は僅か1頭(シンボリエスケープ前走6着)のみ。重賞レベルの馬が揃ったオーストラリアTは別格視してもいいのかもしれませんが、基本OP馬は前走重賞出走馬を狙った方がいいのかもしれません。

今日のまとめ
こういう面子だとアテにならないとはいえ高松宮の2頭でいいのかなぁなんて思ってきちゃう。2頭とも1400mに実績ありますしねぇ。
ただ相手に関係なく大敗も多いのがこのステップ。もし2頭揃って自爆するようならとんでもない馬同士で決まる可能性も。どうせまともに考えても外れるようなレースですし、思い切って穴でも狙ってみようかしら。
ゲイルスパーキーとかで。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月11日

ヴィクトリアマイル 過去の傾向から

過去の傾向から。なんていっても4回分しかサンプルがない上に今年は2強対決!過去の傾向なんて何を参考にしていいのやらなんですけどね。とりあえずです。

同世代とはいえこれほどの馬同士が4度も対決があるのはホントに珍しい。それも全てG気如
これまでの対決ではブエナビスタが届くか?レッドディザイアは残せるか?といった感じでしたが、鞍上を横山典騎手に変え先行する競馬も身に付けたブエナビスタ。どういう位置取りになるのかも非常に興味深いところです。

今回はいつもと位置取りが逆になることもあるかもしれませんね!

完全に2強ムードで馬券予想としてはどうにもこうにもですけど、幸い今の競馬には着順を予想する馬券も3頭目を予想する馬券もある!馬連しかない時代にこの対決がなくて良かった!と思いながら過去4年分の傾向を。

上位人気の成績
1番人気
9、10、2、1
2番人気
1、9、5、8着
3番人気
2、7、8、6着
4番人気
3、6、3、

意外にも順当に行ってないのがこのヴィクトリアM。1年目、2年目は1番人気ラインクラフト、カワカミプリンセスが着外に沈み、ウオッカが勝った昨年は紐に11、7番人気が突っ込み3連単は8万馬券に。案外えぇぇぇ!?って馬が2頭の間に割り込んでくる可能性も?
また例え2強で決まっても、3着にとんでもない馬が…という可能性はありそうです。

実績から
G犠,素呂寮績
1、2、7、9、17、4、9、10、12、2、6、14、1、6、8、16着
G気韮押■鈎紊あった馬の成績
3、6、12、16、1、2、3、6、7、7、8、11、5、11着

ハンデ戦や別定戦を使ってきて結果が出ていないG擬太喃呂鯆衫明錣里海海覗世Α物凄く理に叶ってる気はするんですけど、結果はご覧のとおりであります。
データからは実績馬よりも近走好走馬を狙え!ってな感じでしょうか。

前走成績から
阪神牝馬S連対馬
2、9、5、11、1、3、4、5
阪神牝馬S3〜5着馬
15、6、8、7、15、16、13着
阪神牝馬S6着以下
6、17、2、6、10、14、7、12
国内G欺仭馬
10、18、8着
その他のG僑院腺鈎綰
1、3、9、5、8着
その他のG僑潅絨焚
7、12、6、17着
G沓院腺鈎綰
7、10、11、12、1、13、13、2、14、15
G沓潅絨焚
4、16、18、3、4、15、17、4、9、12、16、18、9、10、18着
OP特別出走馬
8、13、14、14、16、11、11着

過去4年の連対馬8頭中5頭が前走重賞連対馬。残りの3頭のうち2回がドバイ帰りのウオッカですので、国内のレースを使った馬に限れば6頭中5頭が前走重賞連対馬ということになります(例外1頭はG杵対歴のあるアサヒライジング)。
3着馬には前走G沓驚紊ら巻き返したデアリングハートや準OPからの出走となったショウナンラノビアが絡んでますのである程度手を広げてもいい気はしますが馬連で狙うなら前走着順には要注意かもしれません。

今日のまとめ
波乱含みのレースですが意外と連対馬の傾向はしっかりしているように見える。前走重賞連対馬、もしくはG擬太喃蓮上にも書いたとおりG擬太喃呂楼導哀▲討砲覆蕕覆い箸海蹐發△襪里廼畫成績重視のスタンスでいこうかなと。
まぁただ今年の場合は2頭強いのがいますんで、そんな傾向お構いなしに2頭であっさり決まっちゃうのかもしれませんけどね。
とりあえずブロードストリートはデータ的にはちょっと危ないかなと…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月09日

NHKマイルC 回顧!! 

1分31秒4!!

時計なんてものはひとつの目安に過ぎないとはわかっていても。凄すぎるパフォーマンス!
マイル王決定戦ではなくダービー最終便となった今年のNHKマイルCはダノンシャンティが圧倒的な強さを見せつけました。

さあ、これで役者は揃ったぞ!という感じでしょうかねぇ。

NHKマイルC 予想

 1着◎ダノンシャンティ
 2着△ダイワバーバリアン
 3着〇リルダヴァル
 4着−サンライズプリンス
 5着−キョウエイアシュラ

 7着▲レト
10着△シゲルモトナリ
11着△コスモセンサー
13着△サウンドバリアー

テンの3Fは33秒4というHペース。しかし前も止まらない馬場。こんなHペースを3番手から競馬をし1分31秒9という好タイムで粘りこんだ4着サンライズプリンス。好位からこんな時計で走られたら後続の馬は手も足(脚?)も出なくて不思議じゃない。
それを中団前目の位置取りでから差し切った馬が2頭。ダイワバーバリアンリルダヴァルの時計は1分31秒6と8!
どっちの馬が勝っていたとしても多分回顧では強えぇぇぇぇぇ!と褒めちぎっていたんじゃないかなと思う。
しかしそんな2頭がまるで伸びあぐねているように見えたダノンシャンティの末脚。確かに流れは向いたのかもしれません。しかしそれにしても凄すぎる!!!
2、3着馬よりも約1秒速いアガリ3F。最後方待機で2番目に速いアガリを繰り出したエーシンホワイティよりコンマ7秒も速い。ちょっと普通じゃないですねぇ。
幾ら展開が嵌って最速のアガリを出したとしても、2〜4着馬にああいう競馬をされたら6、7着どまりなのが普通の強い馬。
それを差し切っただけじゃなく1馬身半も突き抜けるとは!

ヴィクトワールピサは5連勝で皐月賞を制した為、例年ならダービーはこの馬の1強状態。しかし今年は青葉賞ではペルーサが圧勝し無傷の4連勝でダービーへ。そしてマイルCではこのダノンシャンティ
どうなってるんだ?と思うほどの大豊作。北斗の拳でいうところのラオウ、トキ、ケンシロウという感じでしょうか。
なんか1頭ずつ他の年に分けてあげたいくらいですよね。

また近年稀にみる好面子が揃った皐月賞は負けた馬からもヒルノダムールローズキングダムなどなど巻き返しが期待できる馬が揃ってますし、昨日のプリンシパルでは超良血馬ルーラーシップが圧勝。どこまで凄いんだ今年のダービー。ガンダムでいうところのアムロ、シャア、カミーユ、ハマーン、シロッコ、ジュドーといった感じでしょうか。
もしくはキン肉マンでいうところの、ラーメnまぁいいや。とにかく凄い!

昨日はPOG指名馬がダービーの切符を取り逃して凹んでましたけど、こんな凄いダービーは楽しまなきゃ損。
馬券も当たりましたしいい感じで気持ちを切り替えて2010年のダービーを楽しもうと思ってます。

どの馬もどうか無事に本番へ。そして私たちもダービーまで交通事故などに合わないように気をつけましょう!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年05月08日

NHKマイルC 最終予想

レーヴドリアン…orz

何故そこまで直線でも外にこだわるのか?わざわざ外に持ち出した時のロスさえなければ…。というか今日の京都は差し馬にはツライ馬場なんですからもっと道中差を詰めてくれれば…。
などなど、タラレバ(主に騎乗に)が残る嫌〜なハナ差の3着で終戦。直後のプリンシパルSでトドメ。しっかしルーラーシップは強かったですねぇ。

完全に見物ダービーになってしましましたが、今年のダービーは盛り上がりそうです。。
ここに私の…なんてことを言ってると折角の豪華なダービーも楽しめませんからね。気持ちを切り替えて。気持ちを切り替えて。気持ちを切り替えて。

楽しみます(涙)

それではNHKマイルC データ

今年のマイルCは3歳マイル王決定戦というよりも、ダービーの前哨戦という印象の方が強いですね。
創設時はマル外ダービーなんて言われてましたが大分このレースの役割も変わってきたように思います。この中からヴィクトワールピサを脅かすような馬が出るのか?それともダービーはあまり眼中にないマイラータイプの馬が意地をみせるのか?う〜ん。しっかし豪華だ。

ダノンシャンティ。毎日杯の勝ち馬は過去10年で4頭出走し3勝と相性抜群。また府中のマイルはやや距離適性がマイルよりも長めの馬が好成績を残すことが多く1800、2000mで好結果を出しているのにも好印象。
個人的にはあまり好きになれないこのマツクニローテですが実績を残していますしここでは逆らえません。

〇はリルダヴァル。皐月賞組はこれまで1着はないものの、過去10年では2着3回3着2回と立派な主力ステップ。馬券に絡んだ馬の皐月賞での着順は3〜6着ですからその辺りを走れる力があれば十分好走できる模様。
骨折明けの毎日杯でも3着、反動が心配された皐月賞でも6着と地力は高い。叩き3戦目で更に上昇があるようなら逆転も可能かも。

中山マイルと府中マイルは成績がリンクしないことが多くNZT組は人気でも信頼できず。かといって毎年のように馬券に絡んでいるので軽視もできず…。ということでNZT組からは紐穴を狙ってみようと思います。

▲にレト。中山よりも阪神コースとリンクしやすいのが東京マイルということで、中山だけでなくアーリントンCでも好走しているこの馬をNZT組の最上位に。

押えはアーリントンCの勝ち馬コスモセンサーと同4着馬のシゲルモトナリ。勝ちきれませんが相手なりに走れるダイワバーバリアン、阪神のフィリーズレビューを勝ってるサウンドバリアーも展開嵌れば穴になるかなと。

人気のサンライズプリンスはあえて消し。NZTの勝ち馬の成績もアテになりませんしスピード型にも見えるので東京コースはあまり向かないような気がする。これだけ流して人気馬3頭の馬券を押さえで買うのもアレですし…。

買い目
◎ダノンシャンティ〇リルダヴァル▲レト
△コスモセンサー、シゲルモトナリ、ダイワバーバリアン、サウンドバリアー

馬単 ◎⇔〇(裏表)
    ◎→▲△△△△ 7点

3連単 ◎〇→◎〇→▲△△△△
     ◎〇→▲△△△△→◎〇 20点


さて飲みにでもいってくるか〜!!!こんちくしょー

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList