2010年07月

2010年07月31日

小倉記念 最終予想

明日は函館でPOGの指名馬テーオーゼウスがデビュー!
まぁ相手も強そうですし、気性面がまだまだ幼いようなので初戦からという感じではありませんが、指名したからには全面的に初戦から期待!
乗り込みは豊富ですしなんとか能力で圧倒してくれないものかと。

ということで明日の私のメインレースはこの函館4R。テーオーゼウスからの頭付け馬券で昼過ぎ早々から豪快にぶち込む予定。
ここさえ獲れば、小倉のメインを外しても焼肉屋へ一直線できるようなそんな賭け方をしてやろうかと思ってます。

逆に言えばここで外すとメインを待たずして…。

やる前から嫌な事を考えるのは止めます。。

それではここも当てて特上カルビへ〜小倉記念 データ

前日1番人気はナリタクリスタル。僅差の2番人気についに復帰の武豊騎手騎乗スマートギア
ナリタクリスタルの方はこれで4度目の重賞挑戦ですが重賞実績は11、2、6着。2着に突っ込んだ小倉大賞典(中京開催)はハンデ54キロ。前走は準OP勝ち。果たしてそこまで人気になる馬なのか?
前走が小倉で57.5キロを背負っての勝利と強い勝ち方だったのでまるっきりないとは言えませんが、この人気では買いたくない。

スマートギアの方は武騎手復活お祝い人気ってのもありそう。復帰したとはいえまだ今週は2鞍。このことからも万全ではないハズ。

思い切って2頭とも切ってみよう…。

ということで◎はバトルバニヤン。小倉6戦5連対という小倉巧者。また夏は格よりも調子。休養明けてからの2戦を福島で1、3着と勢いがある。
過去10年の連対馬20頭の内14頭は前走3着以内の馬というデータもありますしね!

〇に同じく七夕賞3着のサンライズベガ。休み明けを出負けして3着ならば、負けて強し。この馬が1番人気だと思ってたんですが割れてる中での3番人気と意外に美味しいオッズ。小倉も相性良さそうですし、七夕賞組でのワンツーも十分あるかと。

▲にドモナラズ。前走重賞を勝ってもまだ55キロのハンデ。おまけに小倉2戦2勝。前走より3キロもハンデが増えますがこの人気なら狙っても。
目指せ!七夕賞組ワンツースリー!

押えは二桁着順からの巻き返しも目立つレースということでコース替りと叩いて一変を狙ってオースミスパーク
そして前2走好走しているにも関わらず人気の盲点になってるメイショウニホンピロレガーロ2頭。
福島→小倉替りは大幅にマイナス材料ですが、1、3着馬を買ってて2着馬に突っ込まれたら泣けるのでアルコセニョーラも一応。。何気に福島以外でも重賞勝ったことある馬ですしね。

買い目
◎バトルバニヤン〇サンライズベガ▲ドモナラズ
△オースミスパーク、メイショウレガーロ、ニホンピロレガーロ、アルコセニョーラ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年07月28日

小倉記念 過去の傾向から

今週ついに武豊騎手復帰ですねぇ!自分は関東在住なので普段は関東圏のレースを中心に馬券を楽しんでいるんですけど、それでも関西圏のレースに武騎手の名前がないと違和感がありましたからね。
関西方面在住の方は尚更そういう物足りない気分だったのではないでしょうか。
ホント待ち焦がれた復帰です!
まぁでも復帰初戦は過剰人気になりそうですから馬券では切っちゃおうかしら。

そしてもうひとつビッグニュースが!レッドディザイアBC挑戦ケッテーイ!!

ドバイで見せたパフォーマンスからするとダートのクラシックでも行けそうな感じもしますが、芝のフィリー&メアターフの方に挑戦するようです。
これまで日本馬が挑戦してきたアメリカンオークスの結果を見ても、芝のレースなら日本馬の方がレベルが高いような気がしますし、日本馬初のBC制覇かなり可能性が高そう。敵は鼻血と輸送だけ!?是非無事に本番まで辿り着いて欲しいものです。
ただブエナビスタとの再戦が遠のいちゃうのはちょいと残念…。

そしてそして週末にはPOG指名馬テーオーゼウスも出走予定!!
先週達成できなかったPOG今期初勝利を今週こそ。そして連敗続きの重賞予想も今週こそ!そしてそして夏バテ防止の焼肉を今週こそ!!
ホント、そろそろ食っとかないと夏終わっちゃいますからね!
それでは小倉記念の過去10年の予想です。参考データは過去10年分で。

上位人気の成績
1番人気
8、5、5、2、1、1、6、7、2、2
2番人気
2、1、11、10、2、2、5、4、1、
3番人気
1、2、3、11、4、3、4、8、9、16
4番人気
5、7、7、1、5、4、1、5、5、18
5番人気
4、3、1、4、9、9、8、11、14、13着

ハンデ戦ですが意外にも上位人気馬が好走しており、6番人気以下の連対は僅か5頭。10回中6回で4番人気以内同士の馬連決着になってます。
ただここ4年は波乱ムードで06年は4−7番人気で決まって9570円、07年は5番人気以内の馬が全滅。2−1番人気で決まった08年も3着には二桁人気が。そして昨年は16番人気ダンスアジョイの優勝。
流れ的には穴を狙っても良さそうな?ちなみに良く飛ぶ人気馬は以下の通り、前走3着以下の馬が危険な臭い。今年の人気馬がこれに当て嵌まるようなら…。

1〜5番人気の馬で前走連対していた馬の成績
1、2、1、2、3、7、1、3、5、7、2、11、1、4、1、2、3、9、1、4、5、6、4、、5、14、2、9、16、18
1〜5番人気の馬で前走3着以下の馬の成績
4、5、8、5、11、1、4、10、2、5、9、4、8、7、8、5、11、1、9、13

前走成績から(前走芝のレースのみ)
七夕賞で掲示板に載っていた馬
7、5、6、8、、5、4、5、
七夕賞6着以下
5、12、8、7、12、5、7着
1800m時代の北九州記念3着以内
3、1、5、5、7、11、10、1、2、1、3
その他のG供■猫靴之納板に載っていた馬
8、6、4、1、4、1、10、11着
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
7、14、1、3、7、8、11、10、12、2、9、9、11、12、8、9、10、13、1、6、8、13、17、18
小倉の1600万条件で掲示板に載っていた馬
3、3、9、12、11、3、7、2、14、9
小倉の1000万条件で優勝してた馬
1、7、2、1、2、7、9、4、15、10着

芝の質が全く違う福島と小倉。なので七夕賞出走馬が危険な人気馬になるハズだったんですが、昨年は七夕賞3着馬で1番人気のホッコーパドゥシャが2着。3年前にも七夕賞5着馬ニホンピロキースが2着と近年連に絡んでる…。
おまけに今年の七夕賞1、3着馬ドモナラズバトルバニヤンは小倉実績バッチリ。ちょっと軽視はできなさそうな雰囲気。
前走条件戦の出走馬は1000万クラスを勝ったばかりの馬でも十分通用するようで特に小倉で走っていた馬が好成績のようです。

今日のまとめ
毎年、毎年嫌っていた七夕賞組ですが、流石に今年は軸にしなくちゃいかん気がします。ドモナラズには前走その馬名でトドメを刺された苦い思い出がありますので小倉6戦5連対のバトルバニヤンを本命候補に。
相手は近年荒れる傾向と二桁着順からの巻き返しが多いことからも、ちょいと穴どころも。福島テレビOPの大敗馬なんかが面白いんじゃないかと思ってます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年07月25日

函館記念 回顧

函館記念 予想

 1着△マイネルスターリー
 2着−ジャミール
 3着−ドリームサンデー
 4着−エアジパング
 5着◎フィールドベアー

 6着▲マンハッタンスカイ
 7着〇メイショウクオリア
 8着△マヤノライジン
 9着△スズカサンバ
12着△サクラオリオン

波乱の決着も狙えるローカルのハンデ戦。2→1番人気で決まったのなら外れても仕方ない。それは納得できる。
ただ洋芝適性のある馬。そして前走函館を使ってる馬が有利!!そんな事を予想で書いたら1〜4着までを前走函館じゃない馬で占められた。。
これはキツイ。一体何をどう回顧すればいいのやら。
ちなみに過去10年、札幌開催だった昨年を除く9回の函館記念で前走が函館だった馬が1頭も馬券に絡めなかった年はございません(言い訳)。

まぁでも勝ち馬マイネルスターリーは札幌5勝の洋芝巧者、4着エアジパングも札幌コース2−2−2−1。2着ジャミールも500万下の1戦とはいえ札幌で勝ってますし、ドリームサンデーだって札幌で3回も馬券になってるんですよね…。

前走函館!というのに拘って予想しましたが、前走を洋芝で走ったアドバンテージはそんなにないということなのか…。う〜む。

負けたレースの回顧を長々とやると、言い訳だらけの見苦しい文章になるのでこれくらいにしといて、洋芝といえば先日本場のイギリスでキングジョージ6世&クイーンエリザベスSが行われたようです。グリーンCで録画を流していたのでたまたま観れたんですが、勝ったDansili産駒の4歳馬Harbinger(ハービンジャー)という馬が11馬身差の圧勝!
11馬身もの差をつけられて2着に敗れたのが今年の愛ダービー馬ということですからドハデなパフォーマンスですよねぇ。今日の函館の結果をみて、洋芝巧者は欧州遠征でもどうかしら?なんて思っていたんですが、いやいや世界は凄い。

このハービンジャーという馬、既にブックメーカーの凱旋門賞のオッズでも相当な人気とのことで…。ヴィクトワールピサとナカヤマフェスタはこんな馬を相手にしなきゃいけないのかー!
まぁ凱旋門賞は3歳馬有利。キングジョージとの関連性も薄いみたいですけどね。

折角、今年は日本の馬が2頭も出走しそうなのでライバルになりそうな馬の動向やレースのチェックをちょいちょいやっておくとより一層楽しめるんでないかと思いました。まだキングジョージを観られてない方は動画サイトかなんかで観られては如何でしょ?

それでは来週は途中から海外のレースの話をしないように頑張りたいと思います…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年07月24日

函館記念 最終予想

POG指名馬ヒッショースマイルは5着…。残念。
ロブロイ産駒は中山が強いイメージがありますし、平坦コースでのスローの瞬発力勝負には向かないのかなぁ。
まぁ道中の行きっぷりは良かったですし、鞍上は叩いて変わるとのコメントをしてますから次走も引き続き期待!仮に次が駄目でも秋の中山できっと活躍してくれるハズ。
ちなみにこのレース勝ったのはあのラインクラフトの半妹ヴァナディース。Rock of Gibraltarの産駒です。これまで日本に持ち込まれていたロックオブジブラルタルの産駒はヨーロッパ血統らしく日本の馬場ではちょいと重いという印象でしたが、今年の2歳世代はシャトル種牡馬として日本で種付けされた世代。
SSの血が入った事により、日本の馬場向きの馬になったのかもしれませんね。
母系からも父からもこの馬ホント楽しみです。

それでは前置きが長くなりましたが函館記念の予想に。データ

データ記事でも書きましたがこのレースは巴賞組が滅法強い!上のロックオブジブラルタルの話とは逆で洋芝の適性、また前走で洋芝を走っていることも武器になる。
天皇賞からの直行馬ジャミールが前日1番人気のようですが、あくまでも夏は調子と馬場適性。ということで巴賞、そして巴賞と同条件である函館グランドOP出走馬を中心にした予想で行ってみようと思います。

フィールドベアー。函館コース10戦8連対という函館巧者。ここ1年以上馬券になっていませんが、短距離を使われたりダートを使われたりと適性距離を使われてこなかった為。大阪杯で4着、天皇賞で8着ならまだまだ衰えはないハズ。

〇はメイショウクオリア。巴賞の連対馬は過去10年で8頭走って4連対。人気馬ならあまりアテにできない数字ですが、この人気なら5割の連対率は十分すぎるかと。

▲に対抗馬と同じくマンハッタンカフェ産駒、前走函館のOP1着のマンハッタンカスカイ。押えにも前走函館出走馬のスズカサンバマヤノライジン、そして札幌実績のあるマイネルスターリーサクラオリオンを押えて終了。

買い目
◎フィールドベアー〇メイショウクオリア▲マンハッタンスカイ
△スズカサンバ、マヤノライジン、マイネルスターリー、サクラオリオン

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点


当たったら焼き肉食べたいなぁ。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年07月22日

ディープインパクト産駒がすげえ!

土曜新潟の新馬戦でヒッショースマイルがデビュー。いよいよ私のPOGも今週スタートであります。
まずは無事にと言いたいところですが仕上がりは依然いいようですし、初戦から好走期待!ここで勝てばOP叩いての2歳S挑戦まで見えてきますからねぇ!

馬名どおり必勝!そして完勝と行って貰いたいところです。

ところで先週終了時点で2歳戦が始まってから1ヶ月が経ちました。今年のPOGの鍵を握るディープインパクト産駒はここまで9頭がデビューし3勝!2着1回、3着2回。勝ち上がり率は33%。デビュー戦で負けた馬もまだ1走ずつしかしておらず、これらの馬が未勝利に回ってくれば更に上がることは間違いなし。
まだかなり気が早いですが、アグネスタキオンの初年度産駒の勝ち上がり率48.1%越えというのも夢ではないのかも?
まぁ今後更に出走馬が増えて率が下がる可能性もありますが、とにかく素晴らしすぎるスタートダッシュであります。

ここまでデビューしたディープインパクト産駒の結果をみて感じることは、当然といえば当然なんでしょうが、まずやたらと人気になるということ。
1番人気が6頭、3番人気2頭。そして9番人気が1頭。9頭中3番人気以内の馬が8頭も!
しかも1番人気の馬6頭は3−1−2−0と複勝率100%という成績。過剰人気気味ですがきっちり結果も残しています。馬券を頭で買うのは美味しくないですけど、2、3着付けの3連単なんかはいいかもしれませんね。

そしてディープインパクト産駒らしくアガリが速い馬が多い。9頭中4頭がアガリ3F最速で2番目に速いアガリを出している馬も2頭。アガリ3番目の馬が2頭。なんと、9頭中8頭がアガリ3Fの速さが3番目以内の馬なんですよね。
距離、コースに関係なく確かな末脚。う〜む、凄い!

とりあえず最高のスタートを切ったディープインパクト産駒。これなら成功間違いなしかっ!!
と、思ったら。ここまで出走した9頭みんな馬体重が450キロ前後。というか440キロ以下の馬が殆どです。つまりディープに似た小柄な馬体の馬が只今活躍中。ディープインパクト産駒の評判馬には結構大柄な馬も多いと聞きますし、大成功間違いなし!と言い切るにはそれらのでかい馬が実際走ってからということになるでしょうか。

また初年度のタキオン産駒はデビュー戦で圧倒的な強さを見せていましたが1つは勝てるも500万、OPに壁がある馬がたくさんいました。

ディープ産駒はその辺りはどうなのか?

まだまだ不安もありますが、それらもあっさりクリアしてしまったら本当にSSの再来のような種牡馬になるかもしれませんね!

ということでディープインパクトの話を長々と書いてきたので勘違いしてらっしゃる方もいるかもしれませんが…

土曜出走のPO馬ヒッショースマイルはゼンノロブロイの産駒デス!!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年07月21日

函館記念 過去の傾向から

毎年書いてる気もしますが今年も暑いですねぇ。汗ダラダラ。

こうも暑いと食欲もなくなってくるもので、するっと食べれる蕎麦を今日も昼に食べたんですが、一緒に行った私の同僚は「食欲でねぇぇぇえぇ!」とか言いながら蕎麦屋でカツ丼食ってました。
食欲旺盛の時期は一体何を食ってるんだよと。

食べるものを選べる人間でコレですから、食欲なくて馬体重減ってる馬なんかもいるんでしょうね。今週はいつも以上に馬体重に気にして馬券を買ってみようかしら。

それでは函館記念の過去10年の傾向を、札幌開催を除いた9回分です。

上位人気の成績
1番人気
6、15、6、1、2、5、1、4、
2番人気
3、7、11、14、1、2、2、3、3
3番人気
7、4、2、6、7、11、3、9、6
4番人気
5、10、1、5、10、3、6、7、

人気馬の成績は悪くありませんが、ハンデ戦らしく人気薄の突っ込みも多いです。また6番人気以下同士での馬連決着が9回中3度あるように、荒れる時はまとめて突っ込んで来やすいのも特徴です。
人気馬から買っても、人気薄から買ってもとにかく相手は人気薄まで手広く。

前走成績から
巴賞連対馬の成績
5、14、1、2、1、7、2、
巴賞3、4、5着馬の成績
3、5、15、2、12、15、8、4、5、4、5、9、5、6、11、8、9、1、
巴賞6着以下の馬の成績
1、2、10、12、4、7、2、6、9、11、13、6、4、10、13、1、2、10、3、11、13

函館記念といえば巴賞組!と言えるほどやたらと馬券に絡んでいますがその最大の要因は出走頭数の多さ。巴賞の成績はさほどリンクする訳ではなく、連対馬はそこそこ好走傾向にあるものの、3〜5着馬の好走確率は低く逆に6着以下からの巻き返しも目立ちます。
ここから軸を選ぶときは巴賞だけの成績で判断すると危険。

前走G欺仭
8、14、3、2、7、12、163、4、5、6着
前走G供■猫靴韮誼絨米
4、4、6、13、16、8、9、11、13、1、5、6、15、1、10、12、8、12
前走G供■猫靴韮驚絨焚
1、5、11、15、9、10、16、4、9、10、11、8、14、15、4、7着
その他のOP特別5着以内
3、6、7、8、9、14、11、1、7、13、7、1、7、9、10着
前走条件戦勝ち馬
2、16、7、3、6、3、10、11、3、9、14着

前走が重賞出走馬は例え前走で好走していたとしてもアテにできるようなものではなく、むしろ人気での大敗が目立ちます。全くこない訳ではないので軽視しすぎるのは危険ですが、軸にするのもハイリスク。人気があるなら尚更です。
夏は実績より調子!前走がOP、条件戦でもちょいちょい馬券に絡んでいますので、レースの格に関係なく前走で好走してた馬を積極的に拾っていきたいところです。

今日のまとめ
札幌開催だった昨年も入れると前走巴賞出走馬が5連勝、そして9連対!!巴賞の着順がアテにしづらいと言っても、軸は巴賞から選ぶのがやはり無難なんでしょうか。ただ今年は巴賞と同じ函館芝1800mのOPがもう1つ行われているんですよね。その名も函館グランドOP。おまけにここを使ってきた馬は函館巧者揃い。巴賞組の連勝を止めるのはこの函館グランドOP組かも?
問題はレース間隔が巴賞より約1ヶ月長いのがどうでるか…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年07月18日

アイビスSD 回顧

ただいま帰って参りました。
映画自体は短かったんですけど、ちょっくら飲んでたらすっかり遅くなってしまいました。
飲んでご機嫌で外れたレースを回顧。う〜む、何が何だか。

アイビスSD 予想

 1着〇ケイティラブ
 2着−ジェイケイセラヴィ
 3着−マルブツイースター 
 4着▲アポロドルチェ
 5着△シャウトライン

 7着◎アスドゥクール
10着△カノヤザクラ
11着△アンバージャック
12着△キルシュブリューテ
15着△テイエムカゲムシャ

今年も牝馬が優勝。夏は牝馬!特に短距離での活躍は凄まじいですね。終わってみればこれで直線競馬4勝目というケイティラブ。直線競馬への適性、そして牝馬。またあまり“格”を必要としないレース。
前走レースの格に関わらず5着以内の馬が好走傾向にあるというデータからもピッタリ。人気はありませんでしたが、納得の好走だったのかなと。

2着ジェイケイセラヴィも直線実績はありませんでしたが前走はOPで5着以内に好走。また7、8枠の馬が人気薄ばかりだったこともあり、難なく外ラチ沿いに移動することができました。
私は福島、中山などで実績を残してきた馬だったので新潟のこのレースでは蹴っ飛ばしちゃったんですが、速い馬場への対応力も十分あったようです。。

3着マルブツイースターは…。んん?マルブツイースター???
レースを見ると1頭馬場の真ん中で粘ってる。確かに開幕週、馬場自体はそんな内外の有利、不利はないハズですが…。これはなんというか、事故かと。多分総流しじゃないと自分には引っ掛けられない馬…。

という訳で直線が得意だった馬と得意っぽい馬が1、3着に入り、2着には外ラチを頼れた人気馬が入りました。ムズイ…。

この後、直線のG気あったり、サマースプリントシリーズも直線競馬ばかりなら直線だけが得意な馬も更なる活躍が期待できると思うんですが、悲しいかな日本ではまた来年までお預けです。
これだとホントに直線短距離のG汽譽戰襪稜呂任△辰討發燭世離團┘蹇これではただの道化だよ、ということになってしまいます。

海外の短距離G汽譟璽垢歪樟がかなり多い。そういう舞台に活躍馬を送る為にも、また予想がしやすくなる為にも、立地条件的に厳しいのかもしれませんけどもうちょい日本でも重賞レベルの直線競馬を増やして欲しいなと思いました。

ホント今のままじゃ年に1度の特殊なレースですからね!

こんな感じで予想が当たらないのを直線の所為にしたところで、マーキュリーCの予想でもしながら飲み直すことにします。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年07月17日

アイビスSD 最終予想

3連覇のかかる夏女カノヤザクラは6枠11番。もうちょい内ならばっさり切ってもいいかなと思っていましたし、逆にもうちょい外なら迷わず本命にしようと思っていたんですが。。
なんとも予想しづらい枠に入ったものです。

ちなみに本日行われた直線1000m閃光特別は8→6→7枠の牝馬で決まりました。おまけに掲示板に牝馬が4頭も。
やはり外枠。そして牝馬が強いですねぇ。

アイビスSD データ

18頭フルゲートになれば尚更外枠有利の傾向は強くなると思われます。2年前の結果をみると内枠の馬も来てるので、内に入ったら消し!とまでは言えませんが、素直に軸は7、8枠の中から選びたいところ。

また牝馬が圧倒的というデータから◎はアスドゥクールで行ってみます。前走1000万条件出走馬ですが、過去のデータから1000万クラスの馬でも枠に恵まれたり、直線競馬への適応力があれば問題なく好走できるレース。クラスの壁はあまり気にしなくてもいいのかなと。
直線競馬への適応性というのは全くわかりませんが、この枠でこのオッズの牝馬ならその辺りは目を瞑って1発を狙ってみたい。

〇はケイティラブ。5枠の馬ですが好スタートから外に切れ込んでこれそうなので問題なし。直線競馬は5戦3勝と得意の舞台ですしね。

▲はアポロドルチェ。一昨年3着、そして昨年が2着。一昨年に至っては最内枠から馬券になっており直線1000mへの適性は相当かと。2年連続で8枠をゲット、今年はカノヤザクラに一矢報いる大チャンス。
ただ7ヶ月振りというのが引っ掛かりますが…。

押えにカノヤザクラ。そして7、8枠の馬を中心に。特に人気があまりない7枠の馬を厚めに買いたいと思ってます。

買い目
◎アスドゥクール〇ケイティラブ▲アポロドルチェ
△カノヤザクラ、キルシュブリューテ、シャウトライン、アンバージャック、テイエムカゲムシャ

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点


明日は借りぐらしのアリエッティというジブリ映画を子供を連れて観にいく予定。見終わったあとに美味いもんでも食べれる結果にならないものか。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList