2010年08月

2010年08月31日

新潟2歳S 過去の傾向から

サッカー日本代表監督ようやく決まりましたねぇ!!
難航してなかなか決まらなかった期間はイライラしてましたが、まさかまさかのビッグネーム。ザッケローニさんをホントに引っ張ってくるとは。

やるな、ブライト。どころの賛美では収まり切れません。

日本もついにこのクラスの監督をコネなしで招けるようになったのかと感動。W杯アウェーでベスト16っていうのは大きいんでしょうねぇ。愛称のザックも日本で使われそうですし、何となくガンダムファンにとっても嬉しい感じもします。

見せてもらいましょうか!セリエAでスクデットを獲ったその実力とやらを!

そんな訳で話が競馬から思いっきり逸れてますが、今週はディープ産駒がついに重賞初挑戦。そんな新潟2歳Sの過去の傾向からです。参考データは新潟改修後の9年分。1400m時代のものも含めて。

上位人気の成績()内は1400m
1番人気
)、3、1、1、1、3、6、1、1
2番人気
5)、15、2、6、2、1、4、12、
3番人気
6)、4、11、2、3、8、11、9、13
4番人気
)、1、9、8、6、7、1、3、10
5番人気
)、8、13、5、9、14、5、8、11着

1番人気が5勝、複勝圏内を外したのも1度だけという圧倒的な成績。また勝ち馬は全て5番人気以内。キャリアが浅い時期の2歳重賞といえど人気は意外と信頼できる。
一方でここ4年連続で二桁人気が連対中と近年は紐が狂う傾向。人気馬を軸に相手は人気薄まで手広く紐荒れ狙いで。

キャリアと人気()内は1400m
5番人気以内のキャリア1戦の馬の成績
1、6)1、4、15、13、2、5、6、1、6、1、8、14、4、5、6、11、8、9、3、13
6番人気以下でキャリア1戦だった馬の成績
9、12、11、13、16、10、6、3、14、17、4、7、11、9、4、7、8、11、13、16、2、16、3、13、16、17、5、6、7、10、11、15、2、4、5、7、9、15、16、17、18

5番人気以内でキャリア2戦以上の馬の成績
2、3、5)3、8、1、2、9、11、1、8、2、3、9、3、7、1、1、3、12、1、10、11

見ての通りキャリアは1戦よりも2戦以上あった馬の方が断然有利。ただしキャリア1戦の馬が全く馬券に絡めない訳ではなく毎年のように馬券になっているので軽視もできぬ。。おまけに人気馬の方が馬券に絡みやすいという馬券を買う上では手広くも買いづらい厄介な傾向。
キャリア1戦馬の取り扱いが非常に難しいレースといえそうです。

OP実績
ダリア賞1着馬
3、1、1、3、3、
11
ダリア賞2、3着馬                                                                                                
12、4、9、8、1、10
マリーゴールド賞1着馬(1400mになってからのみ)
3、1
マリーゴールド賞2、3着馬
14、4、7、3、14着

昨年はダリア賞1着馬プリンセスメモリーが惨敗しましたが2着シンメイフジが1番人気に応えて優勝。レースレベルには疑問が残るこの時期のOP特別ですが本番ではそこそこ成績を残せています。
新馬から直行する馬よりも1戦キャリアを積めるのがプラスに働いているのかも。

今日のまとめ
意識すんな!と心に決めてもやはり目が行くのがディープ産駒2頭。恐らく人気にもなると思います。ただ大物感たっぷりレッドセインツはデータからは1枚割引きなキャリア1戦。来ても飛んでもおかしくない。ディープ効果で過剰に人気になるようだと獲っても旨味がなさすぎる。
もう1頭のサイレントソニックは好ステップであるダリア賞を経由してますが、G前であっさり交わされての2着。昨年こそシンメイフジが2着から巻き返しましたがダリア賞で負けていた馬の成績はあまりよろしくない。
その内ディープ産駒が重賞を賑わすことは普通になるでしょうしね、何もここで買わなくてもという気になってます。
重賞初出走で過剰気味に人気になってくれるようなら美味しい馬券を獲る大チャンスかも!?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月29日

新潟記念、キーンランドS 回顧

新潟記念 予想

 1着◎ナリタクリスタル
 2着−トウショウシロッコ
 3着〇サンライズベガ
 4着−メイショウベルーガ
 5着−スリーオリオン

 6着△スマートギア
 7着△バトルバニヤン
 9着▲ダイワジャンヌ
10着△イケドラゴン
13着△スマートステージ

不覚!トウショウシロッコ。。まるで頭にない訳ではなかったんですが…。
データからも好走目立つ前走重賞3〜5着馬。ハンデも56キロ。何より一昨年の3着馬。
終わったあと買えたよな〜と思う馬に突っ込まれると夜も眠れなくなる。まぁ実際は酒飲みすぎて、枕に頭をつけた瞬間爆睡なんですけどね。
それはさておき、買えた馬ではあっただけにちょいと悔いが残る結末。軸馬が全くダメダメならこういう気持ちにはならんのでしょうけど、こういう時に限ってしっかり馬券に絡むから困る。おまけに1、3着で馬連も当たらない。

それだけならまだしも、このやり切れない思いを最終にぶつけて傷口拡大。もうね、ボロボロであります。

あんまり触れたくないレースですが真面目に回顧しますと、テイエムプリキュアがまさかの溜め逃げ。ペースが落ち着いてしまいましたね。
こうなると新潟の馬場、前が止まりませんし後ろにいる馬はツライ。そして今年もハンデ57キロ以上の人気馬は馬券に絡めず…という結果に。

メイショウベルーガスマートギアなんかもいい脚使ってるんですけどねぇ。次に繋がる競馬ではありましたがこの辺りがローカルハンデ戦の面白さなんでしょうか。秋に繋がるレースを観たいという気持ちと、サマーシリーズ最終戦という観点から新潟記念だけでも定量戦にしちゃえば?という風にも少し思いました。


キーンランドC

 1着〇ワンカラット
 2着△ジェイケイセラヴィ
 3着−ベストロケーション
 4着◎ビービーガルダン
 5着▲モルトグランデ

 6着△ウエスタンビーナス
10着△トウカイミステリー
13着△マヤノツルギ

こちらは2着ではなく3着にベストロケーションに突っ込まれ紙くずに。まぁ突っ込まれたというよりもビービーガルダンが前も詰まったこともあり伸び切れなかったといった方が的確でしょうか。

ビービーガルダンだけは馬券圏内は外さないと堅く信じていただけにお口アングリでございました。これが競馬なのよね。

それにしても勝ったワンカラットは強かったですねぇ。“洋芝でこそ”というよりも“洋芝も合う”といった感じですから、この先のスプリント路線を背負って行く牝馬になるかもしれません。
スプリンターズSにこのまま直行するんでしょうけど、これで1、2番人気になるかもしれませんね。いい馬が出てきてくれました。

負けたビービーガルダンもまだメイチの仕上げではないでしょうしここは前哨戦。悲願のG祇覇に向けて上々のレースではなかったかと思います。来て欲しかったですけどね…。
8着に敗れたローレルゲレイロに関しては完全に叩き台でしょうから、この着順は問題なしかと。このまま直行しても、もう一叩きして仮にそこで凡走するようでも本番では怖い馬。盛り上げる為にも是非無事に行って欲しいものです。

さて来週はいよいよディープインパクト産駒重賞初制覇なるかの2歳重賞。

へそ曲がりですからね!切る心構えは万全。どんな結末になるのか?楽しみな夏競馬の最終週になりそうです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月28日

新潟記念、キーンランドC 最終予想


新潟記念 データ

ハンデ57キロ以上の人気馬は不振というデータ。時計が速く、アガリ3Fもとんでもない数字が出る極限のスピード勝負。
やはり斤量が重い馬はそれだけで不利ということなんでしょうか。ということでハンデ57キロ以上の馬は揃って軽視。スマートギアバトルバニヤンだけ押さえて残りの該当馬はばっさり消してみます。

◎はナリタクリスタル。データから好走が見込める前走G沓魁腺誼綰蓮O対馬のバトルバニヤンが0.5キロハンデを上乗せされたのに対し据え置きの55キロでの出走。新潟は小倉記念以上にハンデの影響が出やすいように思いますし逆転は十分可能なハズ。

〇に同じく小倉記念出走馬からサンライズベガ。前走は先行馬には厳しい流れ。手応えが良かった分早めに仕掛けすぎたか?最後は一杯に。ただそれでも大きく負けていませんし力のあるところは十分見せてくれました。
今回は前走がああいう負け方でしたので、速くなってもそこまで前を追いかけないかなと。

▲にダイワジャンヌ。夏は牝馬!まだまだ暑いですしねぇ。昨年こそ馬券絡みはありませんでしたが、ここ5年中4年で牝馬が馬券に絡んでいる新潟記念。
新潟実績2−1−2−1。ハンデも手頃なこの馬に穴の予感。

押えに上記のスマートギア、バトルバニヤン。それにイケドラゴンスマートステージを加えて終了。

買い目
◎ナリタクリスタル〇サンライズベガ▲ダイワジャンヌ
△スマートギア、バトルバニヤン、イケドラゴン、スマートステージ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


キーンランドC データ

ここ2年二桁人気の突っ込みはあるものの、上位人気馬の成績はまずまず安定。また優勝こそありませんが函館SS組の成績もそこそこ信頼できる為、軸は捻らず。相手にちょいと穴馬を加えて。そんなスタンスで予想してみました。

なんだか、“まずまず”だの“そこそこ”だのでいざ軸にすると怪しい気もするんですけどね…。

ビービーガルダン。一叩きされた今回、この舞台で58キロであれば馬券圏内は外すまい。悲願のG祇覇に向けて好レースを期待。

〇にワンカラット。洋芝の鬼ビービーガルダンをコンマ3秒もちぎった新女王候補。前走重賞を勝っても別定戦で斤量据え置き54キロで出れるのも大きい。ハンデ戦なら何キロ背負っていたことか。
スプリンターズSを面白くする為にも是非とも好走して欲しいところ。

▲は昨年のこのレースで12番人気ながら2着(8位降着)に突っ込んだモルトグランデを。押えは昨年のモルトグランデもそうでしたがUHB杯からの好走が非常に多いということでマヤノツルギウエスタンビーナス。それに前走5着以内に好走した馬が強いということでジェイケイセラヴィトウカイミステリーを。

買い目
◎ビービーガルダン〇ワンカラット▲モルトグランデ
△マヤノツルギ、ウエスタンビーナス、ジェイケイセラヴィ、トウカイミステリー

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月26日

キーンランドC 過去の傾向から

キーンランドCの面子半端ないですね。
まずはスプリントG杵続2着のビービーガルダン。前走より斤量も1キロ減っての58キロ、一叩きされての出走。スプリンターズSで悲願のG祇覇と行くにはここは落としたくないところ。得意の洋芝ですしねぇ。
そしてそのビービーガルダンを前走2馬身もの差で負かしたワンカラット。ビービーガルダンが得意としている洋芝でこの差ですからねぇ。新女王候補の期待が高まります。
この2頭の再戦だけでも十分面白いのにローレルゲレイロまで登場!更には夏の短距離路線で結果を出してきた馬やトウカイミステリーといった魅力的な上り馬まで。

実績馬が秋のG気妨けて結果を出すのか。それとも新勢力が登場するのか。
スプリンターズSを占う上でも大事な1戦になりそうです。徐々にですが秋の気配を感じてきましたねぇ〜。

上半身裸でビール飲みながら書くセリフじゃなかったですね…。
それではキーンランドC過去4年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
2、11、3、3
2番人気
3、2、2、1
3番人気
4、3、5、5
4番人気
1、1、7、10

1、2番人気のどちらかが4年連続連対中。3番人気は掲示板を外した事がなく4番人気は4年で2勝と上位人気馬が強いレースと言えそうです。ただし昨年、一昨年と二桁人気が連絡み。紐に穴馬が突っ込んでくる隙はありそうです。
馬券は上位人気馬2頭を軸にした3連単マルチ、相手は人気馬から穴馬まで手広くといった作戦がデータからは良さそうです。

前走成績から(前走芝のレースのみです)
函館SS連対馬の成績
2、3、2、14、3、7、
函館SS3〜5着馬
3、4、10、12
函館SS6着以下
7、8、9、15着
函館SS以外のG供■猫靴馬対していた馬
6、4、7着
函館SS以外のG供■猫靴韮魁腺誼綰
1、9、
函館SS以外のG供■猫靴韮驚絨焚
7、13、12、1、14
前走G欺仭馬
9、11、11、14、16、13着
OP特別で掲示板に載ってた馬
5、8、16、5、6、13、1、4、5、2、6、8、10
OP特別6着以下
4、6、15、5、9、11、12、16着
条件戦1着馬
10、14、8、10、2、13着

同じ洋芝のスプリントG掘△笋呂衄ヾ曖咤唸チ馬が良さそう。ただしこれまで何故か優勝がないんですよね(まだ4年だけど)。
函館SS以外の重賞やOPでも前走好走している馬が良いようで、前走6着以下から馬券に絡んだのは昨年のビービーガルダンのみ。二桁人気で穴をあけた2頭も前走OP特別で5着でした。

今日のまとめ
優勝こそありませんがやはり安定しているのが函館SS組。素直にここから狙うのがいいのかなと。本命候補は前走59キロ、3ヶ月明けで突っ込んできたビービーガルダン。斤量も減りますし得意の札幌、恐らく馬券圏内は外さないと思う。1、2番人気になりそうですが対抗もワンカラットでいいんじゃないでしょうか。
函館SS組は優勝なしというのが今後ジンクスのようになる可能性もありますので変に着を固定はせず、紐穴が1着で来て思わぬ高配当!!みたいな買い方で行きたいと思います。
まぁスプリンターズSの事を考えると人気馬が勝ってくれた方が盛り上がるんでしょうけど。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月24日

新潟記念 過去の傾向から

さてサマー2000シリーズの最終戦新潟記念。
このサマー2000シリーズのポイント争い、優勝争いがファンの間で盛り上がってるかは別として優勝馬の馬主さんには4000万円、厩舎関係者に1000万円送られるとのこと。当該レース優勝がシリーズの優勝条件にもなってますので最低でもG畦ゾ‐浙癲棕苅娃娃伊!!でかいですよねぇ。

ちなみに現時点でのトップは先日札幌記念を勝ったアーネストリーですが優勝条件の13ポイント以上というのを満たしておらず、新潟記念も当然出走しない為この馬の優勝はナシ。
ということで優勝の可能性があるのはドモナラズ、バトルバニヤン、アルコセニョーラ、サンライズベガ、ナリタクリスタルの6頭ということのようです。ドモナラズ以外は優勝してませんので新潟記念で勝たないと優勝の権利ナシ。
またドモナラズも5着以内に入らないと13Pに達しませんので優勝できず…。

う〜ん。何だか今年該当馬なしのような気も…。

わかりにくいルールに該当馬なしの可能性もあるんじゃ盛り上がりに欠けても仕方なす。なんか他にいい方法はないんですかねぇ?サマーシリーズ自体はいいアイデアだと思うんですけど。

まぁ、私がこんなこと考えても仕方ないので、とりあえず新潟記念の過去の傾向を。参考データは改修後の過去9年分です。
上位人気の成績とハンデ
1番人気
1、2、12、2、8、4、6、18、5着
2番人気
4、1、11、6、10、6、1、2、14
3番人気
2、5、1、1、1、10、15、6、4
4番人気
5、11、10、8、3、2、4、8、15
5番人気
7、10、4、11、2、8、10、15、

1、2番人気が僅か3連対ずつ。ハンデ戦らしく?6番人気くらいまでは連対率に殆ど差がありません。上位人気馬の信頼度は低いものの、毎年5番人気以内の馬が連に絡んでいますので軸は人気馬から選ぶと良いかも。
大波乱含みにも見えますが連対馬18頭中16頭が7番人気以内。5〜7番人気辺りの中位人気の馬が強く、これに上位人気馬を絡めた中波乱狙いというのがデータからの狙い目です。

4番人気以内の馬のハンデ別成績(牝馬は+2キロ)
57キロ以上
4、11、8、3、8、4、6、15、4着
56、56.5キロ
1、2、5、12、1、1、6、18、5
55キロ
1、11、2、10、6、2、15
54キロ以下
1、2、5、10、6、1、2、10、4、8、14

軽い馬場でアガリがめちゃんこ速いレース。あまりハンデが重いと直線での瞬発力勝負に不利なようで57キロ以上のハンデを背負った人気馬の連対はなし。

前走成績から
前走G系対馬
7、1、4、12、13、8、1、3、4、6、6、15、16、18、1、5、7
前走G沓魁腺誼綰
5、1、10、2、11、3、2、3、4、2、1、2、8、9、13、15、3、12、14、18
前走G沓驚絨焚
2、4、9、13、2、7、8、11、13、14、15、15、17、1、8、9、10、11、5、7、11、5、11、12、13、15、16、17、3、5、7、8、9、13、17、18、1、3、4、10、11、12、14、6、8、9、10、13、15、16、17
前走条件戦勝ち馬
1、9、10、2、6、1、8、9、10、2、4、6、7、17、

前走G系対馬はハンデを背負わされる為か思ったほどいい成績が出ていません。また福島や函館のような新潟とはまるで違う馬場で好結果を出してきた馬。そういう馬場に適性が強すぎる馬も危険かも。
逆に言えばそういう馬場に合わずに勝ち切れなかった馬や大敗してた馬の巻き返しがありますので時計の裏付けがある馬は前走着順にあまり拘らず狙いたいところです。

今日のまとめ
ハンデが56.5キロ以下で前走G靴任修海修街チ。そして新潟の時計決着に向きそうな馬というのを狙ってみたい。ということで現時点での本命候補はナリタクリスタル、サンライズベガあたり。
ハンデが57キロを超えるアドマイヤオーラバトルバニヤンスマートギア。そして牡馬換算58キロのメイショウベルーガはちょいと怪しい感じ。来ても伸び切れず2、3着どまりかなぁということで買っても押さえ程度にしとこうかなと。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月22日

札幌記念、レパードS 回顧

札幌記念 予想

 1着◎アーネストリー
 2着−ロジユニヴァース
 3着−アクシオン
 4着−ヒルノダムール
 5着▲ジャミール

 6着〇マイネルスターリー
 7着△マイネルキッツ
 9着△フィールドベアー
13着△シャドウゲイト
15着△サクラオリオン

アーネストリー秋のG騎佑蠅愡覲ξ氷ァ横綱相撲でしたねぇ!!どちらかといえば重い馬場よりも中京や京都といった時計の出る馬場で実績を多く残してきた馬。2、3着に取りこぼすかなぁなんて思ってたんですけど、それがこの強さ。
完全に本格化した模様です。
秋のG気任盥チが期待できる札幌記念の勝ち馬ですから益々楽しみになりました。

大好きなGWの産駒がこういう勝ち方をしてくれて気分よし!ではありますが馬券はというと2〜4着馬が無印という気持ちいいくらいな紐抜け。
まぁでもロジユニヴァースは私には買えません…。馬体重を見る前から切っていた訳ですが+22キロを見てガッツポーズ。こりゃお客さんだなと、友人と2人で盛り上がっておりました。

結果的にいえばその私たちがお客さんだった訳ですけどね…。

しかしそれにしてもびっくり。だいぶいい頃のロジユニヴァースに戻ってきましたかねぇ?
個人的にはまだまだ半信半疑なので次走も軽視しようと思ってますが、この馬が本当に復活となると古馬中長距離路線も盛り上がってきますからね!

是非次走もいい競馬をして欲しいものです。

昨年は凱旋門賞挑戦中止でガッカリムードだった札幌記念ですが今年は秋が楽しみになる札幌記念に。どうか怪我などがありませんように!

レパードS
 1着△ミラクルレジェンド
 2着◎グリッターウイング
 3着△ソリタリーキング
 4着−ロンギングスター
 5着−プレファシオ

 6着▲ブレイクチャンス
 7着〇ミッキーバラード
 9着△ビッグバン
11着△プレシャスジェムズ

馬券の方は一応3連複と馬連が的中。ただ3連複はほぼトントンで馬連も押さえ程度でしたので札幌記念の負け、そしてメインまでの負け分を取り戻すには至らず。まぁでも当たってよかった。。

本命馬グリッターウイングはこれで7戦2勝2着5回とパーフェクト連対。勝ち切れないけど相手なりに走りますねぇ。1番人気のソリタリーキングを捻じ伏せた時は頭で来るぞ!と思ったんですが、外から凄い脚で交されました。着差はハナ差…。
展開が味方しないというか、相手が悪いというか何というか…。勝てない馬というのはこういうものなのか。
ただ私こういうタイプの馬が大好き。このまま2着連発で賞金を稼いで暮れの大一番に出てきてもらいたいものです。
目指せシーキングザダイヤ!

勝ったミラクルレジェンドは上にも書きましたがホント凄い脚でした。久々にダートで強い牝馬が出てきたのかなと。
このまま無事に成長していってくれれば、ひょっとしたら牡馬のトップレベルとも互角にやれるのかも?そんな期待が。馬体がちっこいのが不安といえば不安ですがどんな馬になるのか楽しみです。

最後にソリタリーキング。やはりまだまだ成長途上といった印象で人気を裏切ってしまいましたがそれでも3着。さすがに力がありますねぇ。
今後はレースを使うたびにドンドン良くなってくると思いますし、カネヒキリが現役の内に兄のリベンジをしに上まで昇って来て欲しいところ。

今年の3歳馬は芝路線も物凄いですが、ダートもなかなか粒揃い。3歳馬のレベルが高いと競馬が盛り上がりますし頑張って貰いたいですね!
今日の2重賞はどちらも秋が楽しみになる好レースだと思いました。

まぁ依然クソ暑くてまるで秋が近いって感じがしませんけど。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月21日

札幌記念、レパードS 最終予想

アドマイヤグルーヴの娘、凄まじいですね…。
7馬身差の圧勝とは。かなりスピードがあるタイプに思えます。まだ初戦を観ただけなので何とも言えませんが1600m〜2000mくらいをスピードを武器に先行して押し切る競馬で活躍しそうな雰囲気。
揉まれる競馬をした時に気性が激しいらしいのでどうなるか?ですけど相当な能力を秘めていそう。楽しみでもあり、POGで持たれてるだけに怖くもあり…。

明日は札幌新馬でアドマイヤムーンの半弟プレイがデビュー。

PO馬だったムーンの下という事で活躍を期待していますが、こちらも指名されてるだけにちょいと複雑な心境であります。
それでは明日の予想です。

札幌記念 データ

前走G欺仭馬で札幌記念1、2番人気の馬は3、1、1、2、1、7、2、6、着。秋の更なる飛躍を願ってアーネストリーに◎を。
まぁ大好きなグラスワンダーの産駒ということで多少データ的に不利でもこの馬を本命にしようと思っていたんですけどね、このデータなら迷わず。
時計の速い馬場の方が合いそうですけど実際札幌でも勝ってますし格好はつけてくれるかなと。

〇にマイネルスターリー。札幌5勝の洋芝巧者ですが、ロジユニヴァースやヒルノダムールの参戦により割れた2番手争いというオッズ。これだけ洋芝適性のある馬がこういうオッズで済むのはある意味美味しいんじゃないかと。

▲にジャミール。一気に1200m短縮の前走。それまでも長距離中心に使われてきており久々の2000mでどうなるかと思われましたが2着。能力高いですねぇ。札幌でも勝利していますしこの馬も洋芝適性はかなり高いように思う。2000mを1回叩かれた上積みはでかいハズで函館でマイネルスターリーにつけられた3馬身半の差も普通に詰められるんじゃないかなと。

△には穴を狙って。巻き返しの見込める函館記念組から札幌・函館実績のあるサクラオリオンフィールドベアーシャドウゲイトを。
目標はまだ先と言いながらもこのオッズは流石に舐めすぎなんじゃなかと思えるマイネルキッツを最後に押えて終了。

買い目
◎アーネストリー〇マイネルスターリー▲ジャミール
△サクラオリオン、フィールドベアー、シャドウゲイト、マイネルキッツ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単 ◎〇→◎〇→▲△△△△
     ◎〇→▲△△△△→◎〇 20点

微妙に3連単絞ってみようと思うんですがこれが凶とでないことを祈ります…

レパードS

こちらはまだ新設されて2回目ということでデータもへったくれもないんですが、昨年が前走1000万条件1、3着馬が1、3着ですんで、この辺りで好走していれば馬券に絡んでもおかしくないのかなと。
そんな事を頭に入れつつちょいと穴を狙ってみたり。

グリッターウイング。デビューから6戦6連対の安定感、そして前走1000万下でも好走しながらも話題の馬が多い為前日8番人気という低評価。
1000万下はすぐに勝ちあがれそうな力はありそうなので、ここで馬券に絡める能力は十分あると思う。先物買いデス。

〇にミッキーバラード。2戦連続して1000万下で好走。出てないだけでJDDに出走しててもそこそこの競馬はできたように思う。ソリタリーキングとミラクルレジェンドが血統とG擬太咾ら人気になりすぎてる気がするので少しでもオッズ的に美味しい馬へ厚く。

ブレイクチャンス。狙いは対抗馬と同じ理由。オッズ的には更に美味しい馬を。なんか安定感もなく買いづらい気もしますが、逆に1発があっても驚けないかなと。

押えにミラクルレジェンドソリタリーキングプレシャスジェムズビッグバンまで。ソリタリーキングはレース振りからも、まだまだこれからの馬かなと。能力で押し切っちゃう可能性もありますが、ここでは軽視の押さえ評価にしてみました。

買い目
◎グリッターウイング〇ミッキーバラード▲ブレイクチャンス
△ミラクルレジェンド、ソリタリーキング、プレシャスジェムズ、ビッグバン

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月17日

札幌記念 過去の傾向から

G擬太喃呂盻に向けて始動開始。それを夏場順調に使われてきた馬が迎え撃つという図式。

今年はグラスワンダーファン期待の星アーネストリーが登場。秋のG騎容世妨けて素晴らしい結果を期待したいところ。
また復活を賭けるダービー馬ロジユニヴァースも登録。いいとこなしの4歳牡馬世代ですが、なんとか意地を見せて欲しい。また最強世代候補にもなっている現3歳世代からは皐月賞2着馬ヒルノダムールが登録。定量戦だけあってこの暑い中でもいい面子が揃いそうです。

迎え撃つのは函館記念組を中心とした洋芝適性ばっちり軍団。過去にはここで実績馬を負かし、そのまま勢いに乗って秋のG気任盂萍した馬がいますからねぇ。実績馬に目が行きがちですが、上り馬にも注目したいところ。

う〜ん、やっぱり札幌記念は他のサマー2000シリーズとは一味も二味も違いますね!盛り上がりそうです。
それでは過去の傾向です。参考データは別定戦時代も含めた過去10年分で。
上位人気の成績
1番人気
7、3、3、2、1、7、1、7、2、2
2番人気
2、1、1、1、2、6、3、11、6、9
3番人気
11、7、4、4、3、12、5、3、3、14
4番人気
10、4、12、3、5、9、8、9、10、

1、2番人気で連対馬の半数を占める5勝、10連対。毎年書いてますが、強い馬が安定して走れるレースです。ただし3、4番人気が連対なしの不振の為に紐荒れ。更には実績馬たちが洋芝&叩き台で勝ち切れない事も多々あり、人気薄が頭できやすい傾向です。

前走成績から
前走G気韮誼絨米
3、16、2、6、2、15
前走G気韮驚絨焚
4、5、1、4、13、1、3、9、13、1、7、8、7、2、10、10

このうち札幌記念で1、2番人気だった馬
3、1、1、2、1、7、2、6、


前走G欺仭馬はこれまで8頭が馬券に絡んでいます。この内7頭までもが札幌記念で1、2番人気に支持された馬で(例外1頭も3番人気)、その複勝率の高さは流石の一言。
しかし裏を返せば前走G欺仭馬はここで上位人気に支持されないと全くの用無し。4番人気以下だった馬は尽く全滅しております。

函館記念連対馬
11、2、4、1、6、4、5、8、2、3、12
函館記念3〜5着馬
3、2、6、10、6、7、5、4、10、3、9、8、6、7
函館記念6着以下
11、3、1、8、9、14、2、4、8、2、11、10、10、9、12、14、5、1、5、4
クイーンSで掲示板に載っていた馬
3、1、8、2、1、4、8

その他の芝のG供■猫靴之納板に載っていた馬
7、8、9、9、5、7、11、14、3、14、7、1、14
その他の芝のG供■猫靴韮驚絨焚
7、13、9、6、7、10、14、15、5、8、3、11、13、15、6、12、13、4、9、5、9、11、16着
芝のOP特別で3着以内
1、5、4、6、8、2、6着
芝の1600万条件1着馬
1、11

6着以下からの巻き返し連対があるのは前走G欺仭馬を除けば函館記念組だけで、3着に入ったのも1頭のみ(ダイヤモンドS11着→3着のコイントス)
その他のレースに出走していた馬なら掲示板確保が最低条件と言えそうです。
また前走洋芝のレースに出走していた馬が圧倒的に強く、それ以外の重賞から連対したのは昨年のヤマニンキングリー1頭のみ。

今日のまとめ
データ的には比較的わかりやすい傾向が出ています。前走がG欺仭馬なら札幌記念で1、2番人気に支持されるような実力馬を。ということで今年これに該当しそうなのは宝塚記念3着馬のアーネストリー。この馬が現時点での本命候補。ここから函館記念組へ〜。
勝って欲しいというのが本心ですが、人気薄でも頭で突っ込んでくるレース。着固定はしないで買うのがいいのかなと。
先週失敗した本命馬が2、3着にコケて丸儲け作戦。3連単1頭軸マルチを今週も狙ってみようかなと思ってます。ただ、結構紐穴になりそうな馬がちょいちょい見つかっちゃうんですよね。1頭軸にするほど相手が絞り切れるかどうか…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList