2010年08月

2010年08月15日

北九州記念、クイーンS 回顧


北九州記念
 予想

 1着−メリッサ
 2着◎スカイノダン
 3着−サンダルフォン
 4着−ストリートスタイル
 5着△デグラーティア

10着△ユメイッポ
11着▲ダッシャーゴーゴー
12着△シャウトライン
13着△ケイティラブ
14着〇マルブツイースター
18着△アポロドルチェ

人気のなさそうな…なんて書いて本命にしたら3番人気だったスカイノダン。ただオッズも割れていましたし結果連に絡んでくれたので軸は間違ってはいなかった模様。
ただ相手がね…。

レース後審議になっていましたが、何がどう降着しても当たらないような入線の仕方。軸馬が連に絡んで審議になっているというのに全くドキドキもしないで馬券を捨てれるのも珍しい。
しっかし7頭も流しておいてその内6頭が二桁着順ってどういうことなんざましょ?

北九州記念は難しいなと感じながら、掲示板に4頭も牝馬がのってるのを見て夏は牝馬、短距離は尚更だよなぁと痛感した。
配当をみたら牝馬全部に流してても良かったんじゃないかとすら思い始めた。

まぁこのレースでは牝馬のワンツーは初めてなんですけどね。毎年連対しているようにやはり牝馬は強い!
来年は牝馬を軸に相手も牝馬中心で片っ端から流してやろう。そう心に固く誓ったんですが、問題なのは来年まで覚えてられるのか?


クイーンS

 1着△アプリコットフィズ
 2着−プロヴィナージュ
 3着−カウアイレーン
 4着−レジネッタ
 5着−ショウリュウムーン

 7着△ブラボーデイジー
 8着◎ヒカルアマランサス
10着〇ピエナビーナス
13着▲モーニングフェイス

ヒカルママランサス…。どうやら夏バテ対策でガンガンスタミナをつけていたようで。。太かったですね。。
洋芝の適性もあまりなかったのかなぁ。取りこぼす確率は高いかなと踏んでマルチで穴を狙ったんですけど、掲示板にも載れず。

まぁ仮に馬券に絡んでいたとしてもこちらも紐が全然違っていましたが…。

外した馬券のことはいいとして、アプリコットフィズが勝った事により3歳牝馬路線は更に面白くなりましたねぇ!
春先は素質を感じさせながらもG気任肋,狙擇譴此まだ成長途上、経験不足という印象を受けました。一夏越して、というかまだ越してないけど古馬相手にこの競馬。斤量面で恵まれたのもあるのでしょうけど、秋が非常に楽しみになる内容だったと思います。
思えば叔父のマンハッタンカフェも夏の札幌で結果を出し秋に一気に飛躍しましたしね!

そして鞍上には復帰した武豊騎手が!

これでホントの意味でのお帰りなさいといった感じでしょうか。またヴィクトワールピサにフランスで乗る前に重賞を勝ててよかったなと。

昨日、今日と2歳馬では評判馬や良血馬のデビューが続いてますし、秋に向けて徐々に競馬に勢いが出てきたなと感じております。

ただ私の馬券はまだ夏休みのど真ん中なんですけどね…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月14日

北九州記念、クイーンS 最終予想

みなさん、ジャパンワールドカップというのをご存知でしょうか?
結構前からネットで話題になっていたようですが、私もようやく先日チャレンジ。

8頭立てでも当たらぬ…。

まぁ当たる当たらないは抜きにして突き抜けた面白さがあるのでまだ未挑戦の方は是非1度プレイしてみて下さい。→JAPAN WORLDCUP
競馬好きなら楽しめると思います。

それでは、これから出掛けることになりましたのでちょいと早いですが日曜の予想を。
北九州記念 データ

当然ながらまだ前日売りもない状態の予想でして人気がどうなのかがわかりません。ただ人気薄が勝ち切るレース。
人気馬ではなく人気のなさそうな馬から行ってみようと思います。

スカイノダン。前走はデグラーティアを捕まえ切れず決定的とも言える1馬身半差をつけられましたが、時計通りの止まらない馬場。位置取りの差と言ってもいいかなと。Aコース使用も5週目ということなので、そろそろ内も荒れて外差しが決まる頃。デグラーティアが人気になりそうですが、ここはハンデ差1キロと馬場、展開の差で逆転も可能なはず。

〇にマルブツイースター。データから好走が期待できる前走重賞好走馬で小倉実績も上々。人気がなかった前走ですが内容は内枠不利のアイビスSDを3番枠から追い上げるという強い競馬。
得意の小倉、ハンデにも恵まれた今回は勝ち切るチャンス。

▲に前走豪快に追い込んできたダッシャーゴーゴー。対抗馬同様、前走重賞好走馬ということでデータ的にはピッタリ。変に先行せず腹を括って差しに徹してくれれば。

押えに前が残る事も考慮してデグラーティアケイティラブユメイッポ。ハンデがデータから割引きですがアポロドルチェシャウトラインを押えて終了。手広くイッテミマス!

買い目
◎スカイノダン〇マルブツイースター▲ダッシャーゴーゴー
△デグラーティア、ケイティラブ、ユメイッポ、アポロドルチェ、シャウトライン

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点


クイーンS データ

本命はデータ記事でも書いたとおりヒカルアマランサスで。データでは4歳馬が圧倒的に強く重賞実績も申し分ない。前走5着に負けましたが敗因の殆どはハンデ差でないかと思う。別定条件でG毅加綰呂55キロで出走なら逆らいません。
ただ洋芝適性の差で勝ち切れるかどうかは微妙。2、3着に取りこぼしたら配当的に大万歳の相手を絞っての3連単1頭軸マルチで。

〇にピエナビーナス。昨年の覇者で札幌2勝、函館3勝という洋芝巧者。凡走続きで人気も落としそうですし牝馬同士の55キロなら狙い目かと。

▲に3歳馬モーニングフェイス。押えにアプリコットフィズブラボーデイジーを押えて終了。

買い目
◎ヒカルアマランサス〇ピエナビーナス▲モーニングフェイス
△アプリコットフィズ、ブラボーデイジー

3連単1頭軸マルチ ◎−〇▲△△ 36点


では行って参ります!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月12日

クイーンS 過去の傾向から

本日は門別でブリーダーズゴールドC。復帰初戦の帝王賞でいきなり2着し、前走マーキュリーCでは2着に5馬身もの差をつけて圧勝したカネヒキリがスタンバイ。
シルクメビウスとの対決に注目が集まります。

しかしこの2頭のオッズ一体何倍なんだろうか?レース的には興味ありますけど馬券的にはちょいと買いづらくなりそうですねぇ。

おまけに門別は只今台風直撃中…。既に不良のようなので不良馬場は確定でしょうけど、一体どんな馬場になっちゃうのか?というか無事にレースは開催されるのか?
買うとしたらシルクメビウスの頭付けの馬券を買おうと思ってるのですけどね。ホントにやるのか心配…。

とりあえず、その前にクイーンSの過去の傾向でも。
上位人気の成績
1番人気
1、1、2、2、7、4、8、4、2、2
2番人気
3、5、14、3、6、8、2、1、1、8着
3番人気
8、、5、4、3、3、1、5、5、10
4番人気
4、、4、9、8、5、6、7、4、7

5番人気以下の馬が5勝、9連対。昨年も11番人気ピエナビーナスが勝利と北九州記念と同様に人気薄が勝ち切れるレース。
一方で毎年3番人気以内の馬が必ず1頭は複勝圏内に入っています。軸は3番人気以内の馬から。3連系の馬券で紐荒れを狙ってといった感じ。
上に書いたとおり人気薄が頭で来ることが多いので、資金に余裕があれば3連複より3連単の1頭軸マルチもいいかもしれません。

馬齢と人気から
1〜4番人気に支持された3歳馬
2、3、3、8、4、6、6、5、9
1〜4番人気に支持された4歳馬
1、3、1、2、5、2、6、8、1、1、4、5、8、10、4
1〜4番人気に支持された5歳以上の馬
4、8、5、4、14、3、4、7、3、5、2、8、7、

昨年こそ4歳の人気馬が揃って馬券圏外に飛びましたが、データから見ると3歳、5歳の人気馬が危険。来ても3着までが多く1着もありません。
3歳、5歳を狙うなら人気馬より、人気薄の方が良さそうです。

前走から
前走ヴィクトリアM出走馬
7、14、1、5、
前走オークス出走馬
3、9、11、9、1、9、3、8、6、2、5、8、10
G供■猫靴之納板に載ってた馬
1、1、5、6、3、4、5、14、3、5、6、7、11、1、3、5、1、8、10、2、3、8、9、9
G供■猫靴韮驚絨焚
2、4、6、11、13、8、10、2、6、10、11、4、5、6、10、10、12、2、11、14、2、3、7、7、2、4、5、7、9、10着
前走芝の条件戦で1着馬
3、2、4、1、7、8、11、2、7、10、9、12、6、7

昨年は前走準OP6着馬ピエナビーナスが優勝し、3着にも準OPからの格上挑戦だったアメジストリングが入りました。
しかしその昨年は前走重賞で馬券に絡んだ馬はおろか掲示板に載っていた馬も不在でヴィクトリアM、オークスといったG義箸發い泙擦鵑任靴拭7覯未箸靴討笋簗婿劼薄かった印象も…。
過去10年の連対馬20頭中15頭が前走重賞出走馬。基本的には重賞経験のある実績馬を狙いたいところです。

今日のまとめ
今年は条件戦からの出走馬や3歳馬に面白そうな馬がたくさんいますが、データからは4歳馬、重賞実績馬が断然の好成績。G毅加紂∩袷も掲示板を確保しているヒカルアマランサスが現時点での軸候補。
ただ人気薄が勝ち切る傾向にありますし、ヒカルアマランサス自身の洋芝適性も謎。相手が絞れれば3連単マルチで買いたいところ。
紐穴の筆頭はやはり洋芝適性抜群の昨年の覇者ピエナビーナスでしょうか。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月10日

北九州記念 過去の傾向から

そろそろお盆休み。ですが今年は休みが取れるか最近までわからなかったので予定はまっさら。飲み会の予定しか入っておりません。
まぁ結局のところ無事に人並みに休みが取れるようになりましたので、家族でどっかに行こうかなと思ってるんですが、さすがにもうこの時期だと宿を探すのも無理かなぁ。
なので日帰りで近場に繰り出そうかと思ってるところです。

なんかの本だかテレビでそういう予定は子供と一緒に計画するのがいいなんて事を耳に挟んだもので、まさに今子供たちに行きたいところを決めさせているのですが…。
なんだか知らんけど世界地図を開いております…。どうやら説明不足だったようで。

この後、どうやって軌道修正したらいいんだろうか?

とりあえず北九州記念の過去の傾向を。参考データは1200mになってからの過去4年分です。

上位人気の成績
1番人気
8、6、1、3
2番人気
3、10、5、
3番人気
13、5、2、
4番人気
2、11、3、
5番人気
5、7、15、9着

11番人気が2勝、8番人気が1勝。4番人気以内の馬も7頭が馬券に絡んでいますので人気馬が不振とは言い切れないところですが、とにかく穴馬が良く来る。そして勝ち切れるレースです。
上位人気馬の全滅もありますので、これだ!と思った穴がみつかった場合は穴馬からの流し馬券もいいかもしれません。

1〜5番人気の馬のハンデ別成績(牝馬は+2キロで計算)
58キロ以上
2、5、1、3
56〜57.5キロ
3、8、7、10、11、6、9着
54〜55キロ
13、6、2、
53キロ以下
5、3、15、

58(牝馬56)キロ以上の人気馬は掲示板を外さぬ、まずまず安定した成績。しかし出走馬が1番多い56〜57.5キロの人気馬は未だ連対ナシ。
半端なハンデはぶっ飛ぶ素。これだけ人気馬も走って連対なしですので割り引いて考えてもいいかもしれません。

前走成績から(前走芝のレースのみ)
G欺仭馬
4、9、6、9、12着
G供■猫靴馬対していた馬
13、7、
G供■猫靴韮魁腺誼
3、2、3
G供■猫靴韮驚絨焚
7、9、11、12、13、14、16、6、7、9、10、12、13、15、18、6、7、8、10、14、16着
OP特別で連対していた馬
2、5着
OP特別で3〜5着馬
8、8、
OP特別6着以下
10、11、12、1、16、17
1600万条件出走馬
6、4、8、10、15、2、4、5、11、13、2、5、11、15
1000万条件1着馬
1、14、3、3、4、13

OP特別6着からの11番人気キョウワロアリングの巻き返し。一昨年は準OP8着からマルカフェニックスが2着に巻き返していますが、その他の馬券に絡めた10頭は前走掲示板を確保しておりました。一応近走成績重視の傾向。
重賞好走馬が流石に好成績のようですが、前走1000万からも3頭が馬券になっているようにレースの格はあまり関係ないのかもしれません。

今日のまとめ
アポロドルチェエーシンエフダンスサンダルフォンシャウトラインショウナンカザンといった牡馬の実績馬が鬼門のハンデ56キロ。夏は牝馬、特に短距離なら尚更ということで危ない牡馬の実績馬はまとめて軽視し、牝馬から行こうと思っています。
現時点での本命候補はデグラーティアスカイノダンユメイッポの3頭。デグラーティアは人気になりそうですので、荒れるレースですし大きいところを狙うなら残りの2頭かなぁ。何しろ世界地図広げちゃってますからね…。
ただユメイッポというのはこの場合馬名的にどうなんだろうか?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月08日

関屋記念、函館2歳S 回顧

関屋記念 予想
 1着−レッツゴーキリシマ
 2着◎セイクリッドバレー
 3着▲リザーブカード
 4着−テイエムアタック
 5着△タマモナイスプレイ

 6着〇スピリタス
 7着△マイネルクラリティ
 9着△キャプテンベガ
14着△エフティマイア

レッツゴーキリシマとは!まるで頭になかった。。夏場の重賞、面子的に能力差も拮抗してると思われただけに状態のいい馬、新潟適性のありそうな馬をピックアップ。9ヶ月の休養明け、尚且つ新潟初参戦のこの馬は完全にノーマーク。

なので「あぁ、そういや出てたなキリシマも」なんて言いながらビールを飲みながらレースを観戦する始末。

そういう全く頭になかった馬が逃げ切っちゃうもんだから、自分の本命馬がどこで相手はどこなのか?そんなのを全然把握できずにレースは終わってしまいました。先週の競馬で叫ぶのは気持ちいい〜!と久々に実感したハズなのに、今週は唖然としたまま“ぐう”の音もでずに終了。恐るべし、レッツゴーキリシマ。

レース後、掲示板で確認すると私の本命セイクリッドバレーは2着。よくぞあの展開で追い込んできました。しかしなんというか勝ちきれませんねぇ。。
一方1番人気に支持されていた対抗馬スピリタスは6着に。やはりこのレースには“重賞の壁”がある模様。準OPからの1番人気はちと荷が重すぎたようです。これにて新潟改修後から9年続いていた1番人気複勝圏内パーフェクトが終了。

また3番人気キャプテンベガは珍しく好位につけるもやはりこういう速いアガリの決着は向かないようで…。

終わってみれば上位人気馬は全て差し・追い込みタイプ。注意すべきは逃げ馬だったのね。。

函館2歳S
 1着−マジカルポケット
 2着−マイネショコラーデ
 3着△ルリニガナ
 4着△エーシンジャッカル
 5着▲タイセイファントム

 8着△テイエムシャトウ
 9着◎トラストワン
10着〇ドリームバロン

キャリア1戦の馬だらけ。1回競馬を使われればガラリと変わる馬もいますし、アテにならない人気。またラベンダー賞2着馬も近年は惨敗続き。

どうせ狙うなら人気のないところからの穴馬券ではなかろうか!?

こんな事を書いたら2−1−3番人気で決まった。過去10年上位人気3頭で決まったことなんてないのに、よりによってこんな事を書いた年に堅く収まるなんて。
しかも本命馬は予想どおり差してくれたのはいいのですが、道中置かれすぎ。直線入る前にこりゃ届かないなと負けを悟りました。。
あっさり終了函館2歳。

ところで勝ったマジカルポケットは名前のとおりジャングルポケット産駒。POGのドラフト時に今年のジャングルポケット産駒はセカンドブレークがあるかも。と書いてたんですが早速重賞制覇とは。
トールポピーの全妹アヴェンチュラもかなり大物感溢れる勝ち方をしていますし、ホントに今年は良さそうですねぇ。

来年のダービーにはダービー馬の子供が何頭出るのか?今から楽しみになってきました。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月07日

関屋記念 函館2歳S 最終予想

本日は新潟のダリア賞でディープインパクト産駒がOP特別に初出走。そのディープ産駒のサイレントソニックが2.0倍という1番人気に支持されました。
福島で勝った馬が新潟のOPでこの人気。さすがにこれは過剰人気じゃないかと思い蹴っ飛ばしてみたんですが2着に。

良く走りますね…。

過剰人気にもなるし、その上結構馬券に絡んでくるし。切ると来る。買う飛ぶ。馬券では悩ましい種牡馬になりそうです。

さて、関屋記念 データ

データから1番人気が圧倒的な安定感。どちらが1番人気になるのか興味深くみていましたが、前日オッズからはスピリタスになりそうですねぇ。
ただ強かったとはいえ前走は準OP。このレースは前走条件戦からの連対はありませぬ。

重賞の壁を信じるべきか。それとも素直に1番人気から買うべきか。。

セイクリッドバレー。この馬がいなければデータをまるごと信じて1番人気から買ってたと思うんですけどね。重賞の壁を半分信じてこちらから。
昨年秋以降、重賞だけを6戦し掲示板を外したのは菊花賞の7着だけという堅実派。
中山でも好走していますがむしろ時計の速い新潟の方がより向いてる印象。ここで大崩れは考えづらい。勝ち切れないかもしれませんが馬券圏内付近にはいてくれるハズ。

スピリタス。重賞の壁と、1番人気圧倒的のデータを半分ずつ信用しての2番手評価。悪く言えばどっちつかずというヤツです。
実は切る事も考えていたんですが、前走を見直したらとてもその気になれませんでした。この馬も勝ち切れないイメージがありますので、本命・対抗が2、3着にコケて3連単高配当!なんてのを狙ってみようと思います。

心情的には▲にキャプテンベガ!と行きたいところですが、冷静になってリザーブカードを指名。一昨年の2着馬ですしね!
押さえでキャプテンベガマイネルクラリティタマモナイスプレイ。穴で新潟適性を買ってエフティマイアまで。

買い目
◎セイクリッドバレー〇スピリタス▲リザーブカード
△キャプテンベガ、マイネルクラリティ、タマモナイスプレイ、エフティマイア

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点

流れが変わったと都合よく判断し3連単で勝負。
これ悲しいけど負けパターンなのよね。。

函館2歳S データ

当然ですがキャリア1戦の馬ばかり。馬は1回使えばガラリと変わることもありますし初戦の内容だけで判断するのは難しい。。
かといって人気のラベンダー賞2着馬はあまり買いたくないし…。

どうせキャリア1戦の馬から買うならば。あまり人気のないところから狙ってみようかなと。

トラストワン。短距離の新馬戦はスピードと仕上がりの良さを生かした逃げ切り、押し切りが多くなりますが、この函館2歳は差し・追い込み馬の活躍が目立ちます。
ただどの馬もキャリア1戦、どれが差すのかを予想するのが難しい状況なんですが、前走直線で素晴らしい伸び脚を見せたこの馬に託してみようかと。

〇は差してきそうというか、前走テンがあまり速くなかったので差すハメになりそうなドリームバロン

▲に今度は展開が思いっきり向きそうなタイセイファントムを。どうせわからないんだ!紐でもトコトン穴を狙ったれ!ということで1、2番人気を切りコットンフィールドエーシンジャッカルテイエムシャトウルリニガナを押えて終了。

買い目
◎トラストワン〇ドリームバロン▲タイセイファントム
△コットンフィールド、エーシンジャッカル、テイエムシャトウ、ルリニガナ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月05日

関屋記念 過去の傾向から

夏場では貴重なマイル重賞関屋記念。
しかし今年は安田記念に出走した馬の登録ナシ。前走重賞を走っていた馬も少なく準OPやOPからの出走馬がやたらと多いんですよね。

前走重賞で馬券になっていた馬が1頭しかいないのはちょいと寂しい気も。

ちなみにその1頭とは私の元PO馬キャプテンベガなんですが、どう考えても新潟の速い馬場は合う気がしない…。
これまで様々な思い出(主にツライ思い出)が詰まった馬だけに重賞初制覇!といって欲しいところなんですが、ここでは心中する覚悟ができませぬ…。

心の中では重賞制覇を祈りつつ、馬券では…てなレースになりそうです。
それでは関屋記念の過去の傾向です。参考データは新潟開催の過去9年分で。
上位人気の成績
1番人気
3、1、3、1、2、3、1、1、2
2番人気
5、4、8、5、1、10、13、6、
3番人気
4、3、9、3、8、14、2、8、16
4番人気
1、6、2、6、11、5、11、4、4

1番人気の複勝率がパーフェクト。上位人気馬が強いレースかと思いきや2〜4番人気はそれほど良くなく紐がやたらと狂います。
これまで8番人気以下の馬が11頭も馬券に絡んでおり(6連対で3着5頭)、その内5頭が6頭が二桁人気という荒れっぷり。データからは1番人気を軸に3連複1頭軸、紐荒れ狙いというのが良さそうです。

前走成績から
安田記念出走馬
5、3、2、3、4、
G供■猫靴韮誼絨米
3、4、12、6、1、5、8、12、14、1、9、14、16、7、2、17、
G供■猫靴韮驚絨焚
2、9、7、13、14、4、7、11、2、4、11、7、15、17、18、1、2、8、15、5、9、12、14、16、1、4、7、10、11、12、12、13、16、17
OP特別で5着以内
1、8、1、4、9、10、11、1、2、5、8、9、12、3、13、3、3、6、11、5、6、10、13、11、13、6、8、3、6、14着
OP特別6着以下
2、6、8、14、15、16、6、7、9、9、15、8、10、12、13、9、11、12、3、6、8、10、18、2、3、9、5、7、10、11、15、18
1600万条件連対馬
7、15、5、8着
1000万条件1着馬
7、

先週は夏は調子と勢いで。みたいなデータでしたが、このレースは前走6着以下からの巻き返しがやたらと多く二桁着順から巻き返して馬券になった馬も6頭いる。重賞だけでなくOP特別の大敗馬でも巻き返しがあるのが特徴です。
紐穴を見つける時は前走の格、着順はあまり気にせず新潟の時計勝負に合いそうな馬はドンドン拾っていくのがいいのかもしれません。

今日のまとめ
1番人気はセイクリッドバレースピリタスといったところでしょうか?1番人気が圧倒的というデータからも軸はこの2頭のどちらかでいいのかなと。2頭とも時計勝負に対応してますし、安定感もありますからね。勝ち切れないけど。。
さて、どっちにするか?
前者は重賞実績がありますが4、5着が多いのが不安。後者は鞍上が絶好調なのが魅力的ですが、ここまでこのレースは準OPからの連対がありません。
なんだかどっちも取りこぼして3〜5着になりそうな…。案外馬連で大穴狙いなんてのも面白いのかも?

薄い面子に中心馬2頭が勝ち切れないタイプ。こりゃキャプテンベガもマジであるかも!?

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年08月03日

函館2歳S 過去の傾向から

さて、早くも2歳重賞がスタート!
過去の勝ち馬や連対馬をみても来年のクラシックに繋がるレースとは言いづらいので、そんなに注目度は高くはないんでしょうけどね…。

ただこのレース、牝馬が勝つとそれだけでクラシックに出走できる賞金が確保できちゃう(まぁ牡馬が勝っても同じことが言える訳ですが)。距離的なものから牡馬の勝ち馬はそんなにはクラシックには出てこないんですが、牝馬の勝ち馬はほぼ桜花賞に出走しております。

つまり牝馬が勝つと桜の枠が1つ減るという事。

毎年のように出れれば面白そうだなという馬が、オークスTRに回ったりしてますのでここでの賞金加算はホントにレースを面白くするという意味でいい事なのか?と思ってしまいます。
あと1ヶ月もしない内に札幌では500万条件も組まれる訳ですからここもラベンダー賞を500万、函館2歳SをOPにでもいい気がするんですけどね。もしくは重賞のままでも1800mにしちゃうとか。
1200mの重賞が悪いとは思いませんが、面子があまり揃ってない内に賞金をあまりにも簡単にポンポン加算させちゃうのはどうなのか。小倉の2歳Sもありますし短距離馬の目標はそこでいいんじゃないかと。

自分の指名馬が出てたらこんなこと一切言わないんでしょうけどね(笑)
いないんで書いてみました。すみません。
それでは函館2歳Sの過去10年の傾向です。昨年は札幌開催でしたがレースキャリアと人気に絞ったデータなので弾かずデータに入れてみました。

上位人気の成績()内は札幌開催
1番人気
2、2、8、5、2、314、6、2、
2番人気
5、4、4、1、9、11、6、3、1、
3番人気
1、1、7、2、4、1、9、7、14、(10)
4番人気
7、8、6、3、7、7、5、9、7、(6)着

1〜3番人気の馬で6勝、2着6回。キャリア1戦、2戦の馬が多いということを考えれば結構人気もアテになるんじゃないかと。そう考えてもいい数字。
ただしその1〜3番人気が全滅した年が3回もあり、飛ぶときはまとめて飛ぶ傾向でもあります。
決して堅いレースではないので、“人気”は馬を選ぶときのプラス材料程度にしとくのがいいのかもしれません。

ラベンダー賞
1着馬
4、5、4、6、1、2、
2着馬
1、3、2、7、10、11、11、(8)
3着以下
11、7、10、10、4、5、12、14、16、9、2、4、5、7、4、5、7、(12、15)

ラベンダー賞の連対馬がよく馬券に絡むイメージがありますが勝ち馬でも連対率は5割ほど。2着馬は現在ボロ負け中と、思ったほどは好成績を残せてません。
ラベンダー賞2着馬が人気になりそうな今年は思い切って穴狙いなんてのも面白いかも。

キャリアと人気から()内は札幌開催
1〜4番人気でキャリア1戦の馬
5、7、4、8、7、8、1、3、2、9、3、7、11、5、9、14、3、6、9、1、14、(1、6、10)着
1〜4番人気でキャリア2戦以上の馬
1、2、1、2、4、6、2、5、4、7、1、6、7、2、7、(
5〜9番人気でキャリア1戦の馬
5、9、7、8、9、1、10、13、2、6、1、3、8、3、5、6、13、(3、13、16
5〜9番人気でキャリア2戦以上の馬
3、4、6、8、9、3、7、10、13、1、2、3、5、4、6、3、8、5、9、10、2、4、8、1、5、10、11、(8、9)

1〜4番人気の馬でもキャリア1戦の馬であれば連対率は16.7%。ただ今このタイプの馬が2年連続優勝中なので軽視はできませんが、正直ローリスク・ハイリターン。
一方でキャリアが2戦以上あった1〜4番人気馬の連対率はちょうど50%。人気馬から行くときはキャリアにも注目しといた方が良さそうです。
キャリア1戦の馬は5番人気以下で結構穴をあけるので、どうせキャリア1戦の馬を買うなら人気薄を狙った方がいいかも。

今日のまとめ
専門誌の印をみるとラベンダー賞の2、4着馬マイネショコラーデタイセイファントムとキャリア1戦のマジカルポケットエーシンジャッカルに重い印。
これらの馬がそのまんま人気になるとしたら上のデータからはどれもこれも怪しい。。まぁ、まとめて飛ぶという事も考えづらいんですけど、実際人気馬の総崩れは3回もありますしねぇ。
どうせわかんないのなら、外したつもりで大穴馬券でも買ってみようかしら。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList