2010年11月

2010年11月09日

エリザベス女王杯 過去の傾向から

秋華賞で牝馬3冠を達成しエリザベス女王杯で5つ目のタイトルを目指すアパパネ。ここを勝てば5つ目のG汽織ぅ肇襦
もう数字の上ではブエナビスタと同じになるんですねぇ。早っ!

牝馬が強い近年ですが、ここにはブエナビスタもレッドディザイアもいませんから牝馬限定G鬼袷汗覇に向けては今年確実に勝って置きたいところではないでしょうか。

その偉業達成の壁になりそうなのは日本馬では古馬のメイショウベルーガ。この2頭の一騎撃ちになるのかと思っていたら海外からとんでもない馬が来てくれました!
英愛オークスを制したスノーフェアリーと前走米国でレッドディザイアを負かしているアーヴェイ
特に前者!よく来てくれましたねぇ!レッドディザイアが先日出走したBCフィリー&メアターフに出走予定だったところをJRAが出す報奨金につられてこちらに変更→来日。これは凄い!
海外の一流馬がBCとの2択からこちらを選んでくれたことに感動。ここで結果を出してくれれば今後欧州の一流馬も来やすくなるかもしれません。日本のレースも選択肢の1つとして浮上するでしょうからね!

普段は海外の馬に負けるな!!というスタンスで応援していますが、今回はちょいとこのスノーフェアリーに好走して貰いたい。そんな気持ちであります。
そして日本のオークス馬と英愛オークス馬の対決。非常に楽しみです!
それではエリザベス女王杯過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
2、5、1、2、5、5、12、1、2、3
2番人気
4、2、2、1、1、1、2、3、3、
3番人気
1、4、8、5、9、8、5、2、中、4
4番人気
5、1、3、4、2、3、3、7、1、
5番人気
12、3、6、6、、2、4、5、6、9着

4番人気以下の馬が優勝したのは昨年のスローで大逃げ、逃げ残りクィーンスプマンテと06年カワカミプリンセスの降着で繰り上がったフサイチパンドラの2頭のみ。普通の競馬にさえなれば人気馬が強く勝ち切れるレース。その荒れた昨年を除くと連対馬18頭中17頭が5番人気以内で例外馬1頭も秋華賞3着のフサイチパンドラ。
基本は堅く。紐荒れを狙っても3連単3着付けで。そんな傾向です。

3歳馬
同年秋華賞1着馬の成績
5、1、2、、5、12(←1位入線降着)
2着馬の成績
2、1、4、6、6
3〜5着馬の成績
10、4、7、11、6、1、5、13、13、3、7、14
6着以下
5、7、15、5、7、12、9、12、7、12、14、15、6、9、10、11、、4、8、12、15、13着

設立当初は古馬が圧倒していましたが、ここ最近は3歳馬が強く過去10年の勝ち馬も半数が3歳馬になりました。
基本的には秋華賞で5着以内。もしくはエリザベス女王杯で4番人気以内の実力馬がいいようで、3歳馬を買うのなら人気馬を。穴は古馬から探すのが良さそうです。

古馬
前走牡馬相手のG機■猫兇之納板に載っていた馬
1、1、1、2、3、
前走牡馬相手のG機■猫兇韮驚絨焚
1、11、6、3、1、2
府中牝馬S1着馬の成績
4、9、2、4、2、8、7、12、12着
2着馬の成績
3、10、5、8、14、7、
3〜5着馬の成績
2、6、8、12、3、15、3、4、9、2、12、3、14、4、5、10、3、5、18
6着以下
3、9、12、14、6、11、14、8、9、11、6、13、7、13、17、8、11、15、9、13、7、8、9、10、11、15、16着

3歳馬が過去10年で5勝なら古馬も当然5勝している訳ですが、その5頭全てが前走牡馬相手の混合G機■猫兇僚仭馬でした。例外とも呼べる結果の昨年ですらこれに該当。牡馬のトップクラス相手に揉まれたきた経験は(なんか表現がエロくてすんません)伊達じゃない!といったところなのでしょうか。
古馬牝馬の最重要ステップの位置づけであるハズの府中牝馬Sですが、ここ10年で府中牝馬Sからの優勝なし。また5頭が府中牝馬Sから2着に入っていますがその5頭全て府中牝馬Sで3着以内の馬でした。
府中牝馬S組を狙う場合は3着以内の馬を2着付け、4着以下を3着付けで買うのも面白いかも。

今日のまとめ
海外馬は正直わかりません。しかもこのクラスの実績馬の参戦は稀ですからねぇ。今回は上記のとおりBCを蹴って日本に来日というところに好感を持ちましたのでちょいと買ってみようかなぁとは思いますが、勿論軸は日本馬。
好走は願っても勝つのは日本馬であって欲しいですからね!
ということでアパパネにするか、メイショウベルーガにするか?なんですが、秋華賞馬は案外取りこぼしも多い。テイエムオーシャン、スイープトウショウ、エアメサイアの3頭が1番人気で5着。牝馬3冠のスティルインラブも2着に取りこぼしています。
という訳で牡馬相手のG機■猫兇之覯未鮟个靴討い襯瓮ぅ轡腑Ε戰襦璽の方がデータからは安全かなぁと。牝馬3冠レースの全てで逆らい続けてきたアパパネ。どうせならここも逆らって他の馬から買ってみようかなと。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年11月07日

アルゼンチン共和国杯、みやこS 回顧

アルゼンチン共和国杯 予想

 1着◎トーセンジョーダン
 2着△ジャミール
 3着−コスモヘレノス
 4着△スリーオリオン
 5着−エアジパング

 7着△トウショウウェイヴ
 9着△シグナリオ
16着▲カネトシソレイユ
17着△スマートステージ
18着〇ゴールデンメイン

人気馬から3連複で紐荒れを狙っていくスタンスは間違ってなかったと思う。実際1、2、3番人気では決まらず間に9番人気が割り込み3連複は万馬券。ただ、紐荒れを狙った紐にコスモヘレノスがいなかった…。
買いづらい馬ではありましたが終わって見ればスクリーンヒーローにアーネストリー。過去2年グラスワンダー産駒が連に絡んでましたからねぇ。
軽ハンデの人気薄。紐荒れ狙いで手広くいくのならば拾えない馬ではなかったのかも。

と、まあ外れた馬券の反省はこの辺りにしといて勝ったトーセンジョーダン。これで3連勝!
ここ最近アルゼンチン共和国杯の好走馬が立て続けにG気燃萍しているというジンクスがありますが、そういうジンクスなしでもG気粘待したくなっちゃう戦績。2歳時は福島、中山で好成績を残してきたこともあり、パワフルな馬という印象が強かったんですが、前走府中のアイルランドTでは33秒6の末脚で勝利。瞬発力も相当なモノがありそうです。
古馬との混合G気之覯未出せずどうも低レベルなイメージがつく現4歳世代ですけど、もしかしたらこの馬が世代の中心になって活躍してくれるかもしれませんねぇ。
次はどこを使うのかわかりませんが、一気にトップクラスを相手にしても面白いかもしれません。楽しみです!

そしてまたまた勝ち切れなかった2着ジャミール。。
勝ち切れなくてもいい。とにかくG気暴仭できる賞金を稼いで欲しい…。


みやこS

 1着−トランセンド
 2着−キングスエンブレム
 3着−サクラロミオ
 4着△アドマイヤスワット
 5着△パワーストラングル

 6着△ワンダーアキュート
 8着△ドリームライナー
 9着▲クリールパッション
11着◎ダイシンオレンジ
12着△ナニワトモアレ
13着〇アドマイヤシャトル

1、2番人気に逆らって大穴を狙いましたが、消した人気馬2頭にこう強い競馬をされちゃ仕方なし。
こうも的ハズレな予想をしてますと、G気離好謄奪廛譟璽垢蕕靴強い馬が2頭本番でも楽しみになる結果を残してくれましたね〜。としか回顧はできませぬ。

勝ったトランセンドは3歳の時から強い馬でしたが、更にパワーアップした印象。ここ2戦逃げる競馬をしていましたし枠的にも今回も逃げるのかなとは思いましたが、楽々押し切るとは予想外。恐れ入りました。
人気も背負ってましたしきついマークを食らって直線で垂れるかなぁと思っていたんですけどねぇ。垂れたのはマークしていた先行勢。
こういう強い逃げ・先行脚質の馬がいれば例えエスポワールシチーでも楽な競馬はできないでしょうしG欺藹仭が楽しみであります。

そして2着キングスエンブレム。敗れはしたものの素晴らしい末脚。お兄さんをみてると年齢を重ねて良さそうな血統ですけど、この馬もようやく本格化してきたような感じでしょうか。
ただお兄さんと違うのは父がウォーエンブレムということ。ウォーエンブレム産駒の活躍馬はさぁこれからだ!!って時に一気に萎んでしまうイメージもあるのでちょいとその辺が心配でもありますが。。

何れにせよ、こちらもG気非常に楽しみになる結果でした。

さて!今週は3つも重賞があったのにとった馬券はアルゼンチン共和国杯の1、2番人気の馬連のみ。しかも押さえで余裕のトリガミ…
G気楽しみになる結果でしたー!とか言える状況じゃなくなってきました。G気任るのか!おいら?みたいな。
G気涼間だから資金をセーブするはずだったんですけどねぇ。なんで最終3つとも手を出しちゃったんだろ…。

猛省

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年11月06日

アルゼンチン共和国杯、みやこS 最終予想

ホーマンフリップつよっ!あの臨戦過程で2着に突っ込んでくるのかぁー。
ほんと今年の2歳は(も?)牝馬に強い馬多いですねぇ。

牝馬といえば本日早朝にBCフィリー&メアターフに出走したレッドディザイアは惜しくも4着。世界の壁は厚い。。
そして明日のBCクラシックではデビューから無傷の20連勝をかけてゼニヤッタが登場…。日本の牝馬も凄いですが世界にもぶったまげた牝馬がいるものです。
こういう世界的な歴史的名馬が出走する舞台に日本の馬が走る。凄いことですよね。結果は厳しいものになるかもしれませんが楽しみにして応援したいと思います。

それではアルゼンチン共和国杯 データ

週中軸をどちらにしようかと悩んでいたんですが、悩んでいた1頭スノークラッシャーは賞金不足で除外に。
悩まずにはすみましたがちょいと残念。

ということで◎はトーセンジョーダンで。ハンデ戦の割には上位人気馬がよく来るレースで府中で行われた過去10年の勝ち馬9頭中8頭までもが3番人気以内の馬。ここ最近は後のG騎萍馬が連に絡んでいる傾向にありますので、捻らずそれっぽい馬を選んでみました。
長距離適正が気になるところですが、半兄に長距離で活躍している馬もいますし父の産駒も長距離で結果を出していますから大丈夫じゃないかと。
JCや有馬、そして来年に期待が膨らむ競馬を希望デス。

軸は人気どころでも紐が激しく狂うのがこのレース。2番手以下はちょいと捻ってみたいと思います。

〇はゴールデンメイン。昨年こそ人気で2頭飛びましたが、京都大賞典はこのレースと非常に相性がいいレース。そのレースをHペースで先行し5着なら上々の結果。斤量も3キロ減りますし相手のレベルも落ちる。年齢的に人気にならないでしょうし狙い目の1頭。

▲にカネトシソレイユ。G掬傾直沺塀奸砲筏戮潴世韻料袷大敗は無視。長距離適正さえあれば準OPからでも平気で連対できるのがアルゼンチン共和国杯。2000m以上の準OPでは安定した成績を残せており、ハンデも手頃。叩かれた上積みもあるでしょうし1発ないものだろうか。

押さえに4、5着っぽいし人気になってるので買いづらいんですけど、どこでも相手なりに走るジャミールと流石に切れないスリーオリオンの人気馬2頭に目黒記念4着のスマートステージ、府中実績を買ってトウショウウェイヴ。この距離で人気薄なら買いたいシグナリオを押さえて終了。

買い目
◎トーセンジョーダン〇ゴールデンメイン▲カネトシソレイユ
△ジャミール、スリーオリオン、スマートステージ、トウショウウェイヴ、シグナリオ

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点


続いてはみやこS

こちらは新設重賞ということでデータもないので簡単に。つーか、このレース力関係がさっぱりわかりませんねぇ…。

戦ってきた相手からもトランセンドが人気になるには妥当だと思いますが、この馬安定して走るというよりもポカもあるタイプ。ここ2走はハナを切ってますし、この面子であんまり強気に乗りすぎるとHペースで潰れそうな予感も。。
で、そのトランセンドを押さえて前日1番人気なのがキングスエンブレム。血統的な期待も大きいんでしょうけど、流石にこれは人気しすぎでは?
同じG靴任眩袷より相手が強い気がしますし、今度は京都の1800mペースも違うでしょうからねぇ。。
強いとは思うんですけど、まだこの人気では軸で買いたくない。

ということで◎は久々ですが京都の鬼ダイシンオレンジを指名。休養明けとはいえG気料鮎ダ錙△修譴覆蠅了転紊欧砲呂覆辰討襯魯此

〇にアドマイヤシャトル。この馬も京都は2−1−2−1と6戦して5着以下なしのコース実績。
この2頭から紐荒れを狙って3連複で流してみたいと思います。

買い目
◎ダイシンオレンジ〇アドマイヤシャトル▲クリールパッション
△ナニハトモアレ、ドリームライナー、パワーストラグル、ワンダーアキュート、アドマイヤスワット

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複2頭軸 ◎〇から総流し 14点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年11月05日

ファンタジーS 最終予想

ファンタジーSって土曜だったけか?と思ったら武蔵野Sが1週ずれてそのかわりに京都でみやこSが新設されたため、この週は今年から京都が2重賞になるのね。なるほど。

中央もようやくダート重賞が充実してきたようで嬉しい限り。ただ2週で1800m、1600mと1Fしか変わらないダート重賞をするくらいなら、武蔵野Sは2100mでやって欲しかったかなぁという気も。
府中のJCDなくなっちゃいましたからねぇ…。クロフネがJCダートでみせた大まくり。その舞台である府中ダ2100mで重賞が観れないのはちょいと残念な気がします。
それでは明日の重賞予想を。
ファンタジーS データ

何が人気になるのかが前日売りでは読みづらい感じで売れてますが、意外に人気は割れそうな感じなんでしょうかねぇ?
データからは5番人気以内の馬が好成績なんて書いて、5番人気以内に絞ったデータを出したんですが…。どれが5番人気以内なの?

ツルマルワンピース。まぁ5番人気以内に入ろうと入らなかろうと本命はこの馬。1400mの重賞ということである程度スピード勝負に対応できないと好走はつらい。この時期のマイル〜1800mの新馬、未勝利戦はSペースの瞬発力勝負になることが多く、そういうタイプのレースを使ってきた人気馬は危険。
この馬はデビューから1200m、1400mと使われてきており、速い流れは歓迎なハズ。レース振りも使う毎に良化していますし更に上積みがあるようならアッサリもあるんじゃないかと思われます。

〇にマルモセーラ。上にも書きましたがデータから前走1400mの馬が強い。重賞、OP実績もさほど必要とせず、新馬、未勝利からも馬券に絡めます。
未勝利とはいえ1400m強い勝ち方をしてきたこの馬に期待!

▲にルリニガナ。牡馬相手の重賞、OPで勝ち切ってきた馬がいるので、見劣りしがちですが、前走すずらん賞は過去10年で3勝。一昨年にはイナズマアマリリスが穴をあけた好ステップ。
思いのほか1200mステップも悪くありませんし、スピード勝負は持って来いの実績。面白そうな1頭。

押さえに前走はマイル戦とはいえ1200mで2走2連対のホエールキャプチャ、同じ理由でサクラベル。好ステップりんどう賞からハピシン。穴でファーマクリームを押さえて終了。

買い目
◎ツルマルワンピース〇マルモセーラ▲ルリニガナ
△ホエールキャプチャ、サクラベル、ハピシン、ファーマクリーム

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点


それではレッドディザイアの勝利を願って乾杯!
ただあまり飲みすぎると見逃しそうな出走時間なんですよね…。起きれるのか?それとも寝ずに観るべきか…。
飲みながら考えることにします…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年11月04日

アルゼンチン共和国杯 過去の傾向から

今まではG気涼間のイメージぴったりのハンデ戦G兇箸い辰心兇犬如△海海暴个襪茲Δ頁呂錬猫気任呂舛腓い搬りぬ…。って感じだったんですが、ここ数年で一体何が起こったのか?

07年にはアドマイヤジュピタ、08年にはスクリーンヒーロー、ジャガーメイルと連対馬から後のG鞠呂3頭も。そして昨年の2着馬アーネストリーも今年G杵線で活躍中。
中長距離のG杵線を占う意味で見逃せないレースになってきました。

そして今年もトーセンジョーダンという何だかそれっぽい馬が登録。このトーセンジョーダン、爪が悪く出世を遅らせていますが共同通信杯終了後は皐月賞で重い印を打とうと思った馬。
前走も話題の3歳馬トゥザグローリーを負かしてますしねぇ。楽しみな馬が重賞に戻ってきたぞといった感じです。
アルゼンチン共和国杯連対馬から4年連続の活躍馬誕生となるのか?そうなる為にも是非ここで好走して欲しいところ。もっと言うなら4年連続G鞠話太犬砲覆襪里ー!?と書けるようにアーネストリーにも頑張って欲しいんですけどね!

それでは過去10年の傾向です。参考データは中山開催を除く9回分で。

上位人気の成績
1番人気
10、5、2、10、5、1、8、3、
2番人気
7、1、4、1、3、2、1、2、12
3番人気
1、2、6、3、1、4、14、3、10
4番人気
8、6、10、8、14、8、4、8、
5番人気
9、8、4、4、13、5、12、7、4着

波乱のイメージどおりバンバン人気薄も絡む訳ですが1〜3番人気はわりと好調のようでここ10年中9年で連対8勝をあげてます。
1〜3番人気が揃って凡走した昨年は4番人気が2着。ということで4番人気以内の馬が揃って連を外したことはありません。穴狙いでも軸は人気どころから選ぶのがいいかも。

上位4番人気以内のハンデ別成績
58キロ以上
5、2、14、
57、57.5キロ
3、8、3、1、3、1、8、8、5着
56キロ
7、5、6、1、8、2、12着
55キロ
10、1、4、10、10、1、10着
54キロ
14、4、1、4、8着
53キロ以下
2、2、6、

どの辺りのハンデの人気馬を狙うのがいいのか?というデータですが、正直どこも危険。57キロ以上は来ても勝ち切れず3着が多く馬連の軸としては不安が残ります。また54〜56キロのそこそこのハンデを背負わされる半端な実績馬も大敗多く軸には危険。
あまり該当馬がいませんが53キロ以下で人気になるような馬がいた場合は狙ってみたいレースです。

上位4番人気の前走別成績
前走G欺仭
5、14、着
前走京都大賞典出走
7、4、1、1、3、1、2、14、3、5、12
前走オールカマー出走
10、3、8、8着
前走毎日王冠出走
1、
その他のG供■猫靴暴仭
10、
前走OP特別
6、2、8、
1600万条件出走
1、5、10、4、4、1、2、8、2、10
1000万条件出走
6、

京都大賞典組み強かったんですが、そのG騎萍馬が出るようになったここ3年は連に絡めておりません。昨年もジャガーメイル、スマートギアが1、2番人気で5、12着。アドマイヤジュピタ、スクリーンヒーロー、アーネストリーと1000万、準OPから連対した馬が後に活躍していますので、流れ的には前走重賞出走馬じゃない馬を狙うのがいいのかも?

今日のまとめ
ここ最近の流れでもありますし、後のG騎萍馬誕生にも期待ということで前走重賞出走馬以外から軸を決め紐荒れ狙いしたいと思います。
問題なのはトーセンジョーダンにするべきかスノークラッシャーにするべきか?まぁ後者はもしかしたら4番人気以内は怪しい感じもしますが…。
前者の場合は恐らく1番人気だと思うんですが、1番人気の馬って2、3番人気と比べて安定感がイマイチだったりするんですよね…。
またハンデ57キロ台の馬は意外と3着が多かったり…。しかも乗り替り。
馬柱みたときはトーセンジョーダンで間違いないかなと思ったんですが、何だか揺らいできました。さすがはアルゼンチン共和国杯。難解デス。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年11月03日

ファンタジーS 過去の傾向から

ファンタジーS。ほぼ間違いなくここで好走した馬は次走は暮れの阪神JFに向かうことになるでしょう。
今年も新潟2歳Sの勝ち馬マイネイサベル、OP勝ちのホエールキャプチャサクラベル。好相性りんどう賞勝ちのツルマルワンピースに新馬でいい勝ち方をしたディープインパクト産駒ケイティージェムなど好面子が揃いそうです。

今年は既にレーヴディソールアヴェンチュラアドマイヤセプター(抽選濃厚)といった3頭の有力馬が次走に阪神JFを予定しており、今年も牝馬は大豊作!?なんて言われていますが、このファンタジーSの中からは一体どんな馬が勝ちあがってくるのか!?

ビビリながら見守りたいと思います…。

それではファンタジーS過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
4、1、1、7、4、1、3、2、4、4
2番人気
2、6、4、1、1、11、2、3、3、
3番人気
7、4、5、2、3、4、1、11、11、
4番人気
1、2、3、8、2、2、6、1、10、15
5番人気
13、5、2、5、7、6、11、4、2、2

荒れるスワンSと同じ京都の1400m、キャリア1戦の馬も多く出走し相手関係もわからない2歳重賞、おまけに牝馬限定戦…。
と、波乱の要素は十分あるものの実際は結構堅いレース。連対馬20頭中18頭が5番人気以内の馬で毎年3着以内に2頭以上5番人気以内の馬が入っています。2歳重賞なんてわからんし穴狙い!なんてイメージは取っ払った方がいいかも。馬連の軸は5番人気以内から、3連複・単も人気どころ2頭で2頭軸がデータからおすすめです。

ということで5番人気以内に絞った軸馬探し!

5番人気以内の馬に絞った前走別成績
前走、重賞出走馬
3、4、5、4、2、4、6、1、2、11、3、2、10、6、15
OP特別出走
1、2、1、4、5、7、8、7、1、3、
500万条件出走
4、13、6、1、2、2、2、3、6、1、2、3、
新馬、未勝利戦出走
7、2、5、1、1、11、11、3、4、11、

重賞実績、OP実績は不要。まぁここまでの重賞、OPは出走馬の大半が1勝馬ですから500万とさほどレベルが変わりませんしね。
500万条件で好走していれば十分ここでは大威張りできます。新馬・未勝利からも5頭が馬券になっていますが、キャリア1戦で勝った2頭は後のG鞠蓮キャリア1戦で勝ち切るには相当な能力がないと厳しいのかも。

5番人気以内の馬に絞った前走距離別成績
1600、1800m
4、7、4、4、2、11、3、2、4、2、15
1400m
2、4、7、13、6、1、2、1、2、1、2、3、1、11、3、6、1、2、11、3、11、3、4着
1200m
1、1、2、4、5、3、5、5、8、7、2、6、1、4、10、6

この時期のマイル〜1800mの競馬はスローに流れることが多く、速い流れになる1400mの重賞では不向き。1400mの速い流れを経験している馬を狙っていった方が良さそうです。
ここ2年デイリー杯組が馬券になっていますが、2頭とも6着馬でマイルよりも1200、1400mで力を出すタイプの馬でした。マイルで強い競馬をしてきた馬は結構馬券圏内に飛んでいますので人気でも過信は禁物です。

今日のまとめ
キャリア1戦で連対した3頭の前走は1200、1400、1400mと短距離レース。
前走マイル戦で強い勝ち方をしてきた一昨年の1番人気ワイドサファイアも馬券に絡めず4着。スローの瞬発力勝負を制してきたキャリア1戦ケイティーズジェムは軽視してみたい。ディープインパクト産駒ということで人気にもなりそうですしね。
ということで本命候補は1戦ごとにレース振りが良化しているツルマルワンピース。母もキャリア1戦で2着に来ていますので娘が雪辱というドラマチックな展開を希望です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年11月02日

JBCスプリント、JBCクラシック 簡単予想

明日は船橋でJBC。中央のみやこSの方にもかなりの面子が揃ってますしダート路線の方もジャパンCダートに向け熱くなって参りました。

しっかしJBCスプリント。ダ1000mで8000万の賞金て凄いですよね。。
勝ち馬は100m走って800万かぁ〜。10mで80万、1m8万円!!
すげーなぁ馬。って何計算してんだろう?

府中でケツの毛まで抜かれて頭がおかしくなってるようですが、とりあえず簡単に明日の予想を。
まずはJBCクラシックから。

ヴァーミアリアン、カネヒキリにボコられ続けてきたフリオーソですがようやく帝王賞でカネヒキリに雪辱。耐えて耐えた末にようやくこの馬の時代がやってきた。
エスポワールシチーが遠征でいない今、今回の相手はこれまで戦ってきた相手を考えると取りこぼしちゃいけない相手。
今度はオーロマイスターにやられる番とかだったらかわいそすぎる。
本命、頭付けで勝負!

対抗はシルクメビウス。まだオッズが何ともいえない状況ですが本来なら抜けた2番人気になっても不思議じゃない実績。それがオーロマイスターに多少でも流れるようなら美味しいといえるのかなという気も。

▲には牝馬のラヴェリータ。△にアドマイヤスバルスマートファルコンマグニフィカを押さえて終了。
オーロマイスターも当然切れない馬なんですが何かしらでも切らないとオッズ的にどうしようもなさそうなので強引に。前走はエスポワールシチーに勝ったというよりもエスポワールシチーが取りこぼした感が強く、その他の負かした相手もG1にしては微妙。今回は人気にもなるでしょうしあえてこの馬を切ってみます。

3連単 ◎→〇→▲△△△ 4点

続いて1m8万円のJBCスプリント

こっちも堅く行くほど資金に余裕がないので(まだ月初めなのに…)小額でちょいと捻って買ってみようかなと思います。
当然の如くサマーウインドが圧倒的に被ってますのでこの馬を対抗にして2着付け。
勝てる可能性のある馬を本命に。
ということで◎は大井の3歳馬ブリーズフレーバー。東京盃でヤサカファインにハナ差まで迫られたサマーウインド。斤量差があったとはいえそのヤサカファインを前走1馬身差で完封。単純比較で互角にやれてもいいのかなと。まだ3歳で上積みもあるでしょうしね!
また2頭とも逃げて勝っていますのでハナの奪い合いが予想されますが、向こうは断然人気。こっちが引かなければ無理せず控えるハズ。
ハナさえ取れれば押し切れそうな予感。

△にノースダンデーアイルラヴァゲインナイキマドリードスーニの4頭。
軸が逃げ脚質ということで、バテることも予想して2、3着付けでも買ってみようと思います。

3連単 ◎→〇→△△△△
     ◎→△△△△→〇 8点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2010年11月01日

天皇賞(秋) 回顧 

昨日は府中に行っていたため1日遅れで回顧です。
う〜ん。久々にG祇鹸兩錣靴燭鵑任垢、いいものを観れました。強かった。

天皇賞(秋) 予想
 1着▲ブエナビスタ
 2着△ペルーサ
 3着◎アーネストリー
 4着−オウケンサクラ
 5着△ネヴァブション

 6着〇シンゲン
13着△キャプテントゥーレ
14着△アリゼオ
16着△ショウワモダン

馬単ではなく馬連という形で保険はとっていたものの、3連単は頭付け。GW産駒アーネストリーと心中の構え。大好きなGW産駒だからだけではなくきちんと予想をした上でもアーネストリー有利の見解。

相手は休み明け逆転は可能だと!

この日は前日の雨の影響で完全に内の馬場有利の前残り馬場。お昼あたりに稍重になりましたが午後のレースでも傾向はさほど変わらず、これなら勝てるよなと。無駄に深まっていく自信…。う〜ん、予定よりもかなり多めにぶち込んじゃったじゃないの!こんちくしょ〜う。

で。ブエナビスタ。内枠をどうやって捌くかが最大の焦点だった訳ですが、直線に入ると難なく前がぽっかりと開きました。
まぁでも、休み明けでしたしペースもそれなりに速かった。案外直線では伸び切れないんじゃないの?と思ってたら、あっさりと私のアーネストリーを置いてきぼりにしてくれました。つえぇ…。この時点で私の爆勝は消滅。まぁでも押さえの馬連があるしトントンにはなるかと思ってた矢先のペルーサ…。お前、出遅れたんじゃないんかいっ!
大負けであります…。

しっかし強かったですねぇ〜。ブエナビスタの前が開いた時に真横にアーネストリーがいたのでマッチレースになるのかなと思っていたんですが、それそらもさせて貰えませんでした。あっさりと抜け出す完勝。
宝塚記念3着、そして札幌記念を楽勝した馬が相手なのにまるで力が違う!これで牝馬では至上4頭目の2000mの天皇賞(秋)制覇に〜なんて言ってる場合じゃありませんよ!3つまとめて持っていくんじゃないでしょうか?
秋・古馬中長距離G気鬘穫⊂,垢譴佚然牝馬では史上初。なんかそれすら普通にやっちゃいそうな今の雰囲気。

同じ男としてはそうそう簡単にやられてたまるか!ってな気持ちもあるんですけど、昨日の競馬を観ちゃうとその快挙もみたくなってきちゃいましたねぇ。

その快挙達成への強敵は…。まずは出遅れてはいけない馬場で出遅れたにもかかわらず2着にまで突っ込んできたペルーサ。この馬もまた色んな意味で普通じゃなさそうです。おまけに3歳の秋はグングンと力を付けますしねぇ。
オグリキャップのように天皇賞、JCで負けても有馬で逆転なんてこともありえそう!まぁまたやらかしそうですけどね…。
そしてその強い3歳世代のG鞠エイシンフラッシュヴィクトワールピサローズキングダム。ブエナビスタと未対戦の有力馬がこんなに残ってるのも面白い。
また同世代のライバルレッドディザイアも今週末の結果とレース後の経過次第ではどちらかに参戦もありそうですしね!
そしてそしてなんといっても宝塚記念で実際土を付けている凱旋門賞2着馬ナカヤマフェスタとも恐らく再戦があることでしょう。
この日は完全に引き立て役に回ってしまったアーネストリーのリベンジも期待したいところ。
ローテがどうなるか微妙ですが1つ下の3冠牝馬アパパネとの対決もみたい!

何だこれ!ってくらいすんごいメンバー。今年の秋は半端なく豪華になりそう。

この面子を相手にジャパンC、有馬記念でブエナビスタがどういう競馬をみせるのか?今から興奮しております。
なのでどうかどの馬も無事に年末まで。こんだけ盛り上がらせといて故障で実現しませんでしたーなんてのは耐えられませんからね!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList