2011年02月

2011年02月18日

ダイヤモンドS 最終予想

G汽侫Д屮薀蝓治咾妨けての資金稼ぎというにはあまりにも波乱含みなレースですが、少額で大きいところを狙えるという点では実にG義案のレースとしては相応しい気がする。

紐荒れ狙いで行ったとしても今年もこんな馬拾えませんがな〜って馬が突っ込んでくるんでしょうし気楽に。
また堅く収まったらそれはそれで事故。いい意味であまり気合を入れずに行きたいと思っています。

では。ダイヤモンドSデータ

府中の3400mというタフな設定。おまけにハンデ戦。実績馬でも重いハンデを背負って軽ハンデの馬と戦うのはさすがにキツイようで特に56キロ台のハンデの馬は苦戦。
人気馬を狙うのなら軽ハンデ馬か逆にその程度のハンデは跳ね返すくらいの力がある実力馬。

私が狙うのは当然前者ということで◎コスモメドウで。万葉Sでは51キロとはいえ2馬身差の快勝。今回は2キロ増えますがそれでもまだまだ53キロ。OP勝ち馬としては美味しい評価。
福島、札幌、中山の長距離を得意としてるので府中が合わない可能性もありますが、それでもこのハンデ差なら〜と思えるほどハンデが魅力的。コースが合えばアッサリもあるかも。

〇にはスノークラッシャーを予定していたんですが、何この前日オッズ?ということでイケドラゴンを。さすがにスノークラッシャーほどの府中実績はありませんがこちらも目黒記念で2着など東京コースは悪くなく、長距離もイメージより走れてる。そして何よりハンデとオッズに惹かれてます。

スリーオリオン。3歳以降で掲示板を外したのは僅か2度という超堅実派。その内の1走が小回りでフルゲートの前々走の中日新聞杯。広いコースで実績を多く残しているようにコースが合わなかったとみて度外視。
距離延長も府中替りも合うハズ。ここは狙い目。

紐は人気どころから人気薄まで超手広く。まずは予想以上に売れそうなので嫌いましたが府中実績抜群のスノークラッシャー。そして一昨年の勝ち馬モンテクリスエスを。最強4歳世代からは長距離に実績のあるコスモヘレノスビートブラックを。最後に穴でキタサンアミーゴビービーファルコンを押さえて終了。

買い目
◎コスモメドウ〇イケドラゴン▲スリーオリオン
△スノークラッシャー、モンテクリスエス、コスモヘレノス、ビートブラック、キタサンアミーゴ、ビービーファルコン

馬連 ◎−〇▲△△△△△△ 8点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△△ 28点


一応、明後日に備えて100円、200円の金額で流してみようと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年02月17日

ダイヤモンドS 過去の傾向から

ドバイのステップに3400mのハンデ戦を使うのかい!と思っていたらジャガーメイルは回避。
そしてこの回避によりグッとダイヤモンドSらしい面子になりました。レースの目玉になるようなビッグネームの名前はありませんが、長距離適性のありそうな馬が多く揃い長距離好きの私としては楽しみ。

それにしても4歳馬。こういう面子になっても強そうですねぇ。菊花賞3着のビートブラックにステイヤーズS勝ちのコスモヘレノス、万葉S勝ちのコスモメドウ。長距離で実績は残せていませんがダービー4着のゲシュタルトまで。
う〜む。層が厚い。

一方5歳馬はキタサンアミーゴ1頭のみ…。う〜ん、層が薄い。。

それではダイヤモンドS傾向です。04年から距離が伸びていますが気にせず過去10年。中山開催を除いた9回分のデータです。

上位人気馬の成績
1番人気
3、5、9、4、7、1、1、12、
2番人気
6、3、1、8、6、4、2、1、
3番人気
1、4、2、11、1、13、10、6、12
4番人気
2、2、6、3、10、11、7、4、5

ハンデ戦らしくバンバン荒れるレースですが、9回中8回で4番人気以内の馬が連絡み。またその05年も3着に4番人気が入っていますので、一応毎年4番人気以内の馬が馬券に絡んでいることになります。
その一方でここ6年連続で9番人気以下の馬が馬券になっているという紐荒れ傾向。人気馬から人気薄への3連複1頭軸が良さそうです。

上位4番人気までの馬のハンデ別成績
57キロ以上
6、2、3、4、10、1、13、1、1、
55〜56.5キロ
2、3、3、5、1、6、9、8、11、6、7、4、11、2、10、4、12、8、12
54キロ以下
1、4、2、1、7、1、

信頼できるハンデというのはありませんが、特に信頼できないのが55〜56.5キロという半端なハンデを背負う半端な実績馬。今年の4歳勢は何気にこのハンデが多いんですよね。案外まとめて飛んだりして?

実績・前走から
前年のステイヤーズSで掲示板の載っていた馬(G兄代のハンデ戦のデータも含む)
6、7、9、8、6、10、4、1、7、10、1、4、7、9、12、1、5、12

毎年書いてることなんですが、ステイヤーズSの成績とはあまりリンクしません。前年のステイヤーズSとダイヤモンドSでともに馬券になった馬はトウカイトリック、アドマイヤモナーク、フォゲッタブルの3頭しかおらず、その3頭ともG気杷老瑤砲覆辰討詛蓮そういう能力のある馬じゃないとツライかも?

前走万葉S1着馬
3、5、1、5、4、5
前走万葉S2着以下
1、3、9、11、3、9、1、4、1、5、7、14、2、9、10、14、7、11、12、14
前走G供■猫靴之納板
1、4、8、2、7、6、8、11、6、7、10、13、1、6、10、7
前走G供■猫靴韮驚絨焚
5、7、10、13、3、5、8、5、13、3、8、12、14、15、8、11、8、9、11、13、5、15、3、8、9、10、13
前走1600万条件連対馬
2、4、11、2、9、11、2、7、1、11、13、4
前走1600万条件3着以下
10、6、8、9、7、10、2、10、12、2、2、3、9、12、13、15、5、6
前走1000万条件連対馬
1、6、7、6、10、12、14、3、8、2、

ハンデもありますが1000万下からでも馬券になる馬が出ていますので、長距離適性さえあれば特に実績は必要なし。
ただ連対馬18頭中前走掲示板に乗っていた馬が16頭(例外2頭は6着)とハンデ戦にしては大敗からの巻き返しが少ないレース。実績は不問も調子は重要かも。

今日のまとめ
府中の3400mしかもハンデ戦ということでハンデを背負う実績馬にとっては非常〜にタフなレース。実績不問、また連対馬の半数以上を占める11頭がハンデ54キロ以下という結果も出ていますしここは軽ハンデの馬から狙いたい。
人気面のデータから4番人気以内、54キロ以下の軽ハンデ、前走好走馬。そんな馬がいるのかと思ったら、それっぽい馬がいた。
コスモメドウ。4番人気以内になるかは微妙なところですが前走から+2キロといってもまだまだ53キロ。これは美味しい。しかも最強4歳世代というオマケつき。軸は決まりました。問題は何がきてもおかしくない紐…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 21:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(3)

2011年02月15日

フェブラリーS 過去の傾向から

つい1年前くらいまではダート路線層が厚〜い!なんて騒いでた気がするんですけどねぇ。
どこでどうなったか?

今年のフェブラリーSにはエスポワールシチーの姿もなければスマートファルコンもいません。昨年のJCD2着で府中では抜群の成績を誇っているグロリアスノアも故障。
回避すると思っていた地方の雄フリオーソが参戦してくれたのは嬉しい限りですが中央のダートはどうも不安が残りますし、鞍上も戸崎圭騎手じゃなくなってる…
おまけにダノンカモンもリスポリ騎手なのね。。日本の調教師は外国人騎手に甘甘ですなぁ。

今年の中央1発目のG気箸いΔ海箸乃す腓鯑れて行きましょう!と言いたいところだったんですが、ちょいと今年はこんな感じで気合が乗らないムード。
ただこんな気持ちじゃ当たるものも当たらん!まぁ私の場合は入れ込みすぎて空回りすることも多いんですが。
週末までにJOJOにハートを高ぶらせて行きたいと思います!

それでは過去10年の傾向を。参考データは過去10年。中山開催を除く9回分で。
上位人気の成績
1番人気
4、1、1、1、1、9、1、3、1
2番人気
2、3、8、5、2、2、中、6、
3番人気
5、4、2、15、5、、3、2、12
4番人気

3、2、6、4、4、11、4、5、10着
5番人気
1、9、9、2、7、6、8、4、

1番人気が9年中6勝!また2〜5番人気で10連対もしており基本的に堅いレースが多い。毎年必ず3番人気以内の馬が1頭は連対、連軸は3番人気から。また3着以内に必ず5番人気以内の馬が2頭以上きていますので3連複、3連単も人気馬からの2頭軸が良さそうです。

実績から
前年のJCダート連対馬の成績()内は東京開催のJCD
2、4、9、1、4、5、1、2、9、1、中)3、1
前年のJCダート3〜5着馬の成績
(11、6、3、7、13、13、9、12、5、1、8、)6、15、
前年のJCダート6〜9着馬の成績
(9、14、11、2、15、9、6、3、2、9、2、1
前年のJCダート10着以下の成績
(7、8、9、7、10、)6、9着
前年の東京大賞典連対馬の成績
6、5、11、15、2、7、2、1、1、

まだJCDが阪神開催いなって間もないのでデータとしての信頼度はいかがなものか?ですけど、今のところは変わらず一桁着順で走れていた馬なら巻き返しはありそうな雰囲気。
東京コースではなくなりましたけどその分距離は近くなりましたしね。普通に信頼しても良さそうな感じもします。

前走成績から
東京大賞典掲示板から
5、10、2、15、3、2、9、1、2、6、
東京大賞典6着以下
9、2、12、13着
川崎記念連対馬
6、11、4、2、2、7、14、中、
川崎記念3〜5着馬
12、7、8、14、9、6、10、1、2
根岸S連対馬
1、4、3、6、13、5、1、9、10、11、3、6、3、5、10、5
根岸S3〜5着馬
5、16、9、16、7、10、12、16、8、7、8、9着
根岸S6着以下
8、9、10、12、15、3、5、12、8、13、14、15、13、5、11、13、14、12、13、16、4、11、13
平安S連対馬
15、6、3、5、8、1、11、6、8、4
平安S3〜5着馬
4、6
平安S6着以下
14、4、6、4、5、12、9、15着

前走からはやはり東京大賞典、川崎記念といった交流G気魴侏海靴診呂旅チが目立ちます。その一方で根岸Sや平安Sといった中央のダート重賞のステップレースは…。
根岸Sは連対馬なら馬券によく絡んでいますが3着が多く連対率に直すと結構悲惨。また3着以下の馬は巻き返しもさほど期待できず…。
平安S組から連対したのは前年のJCD5着のサンライズバッカス僅か1頭のみ。
今年は根岸S連対馬2頭にそこそこ人気が集まりそうですがどうなんでしょうか?

今日のまとめ
根岸S終了後は連対した2頭が面白そうだなと思っていたんですが、なんだか結構な人気になりそうな雰囲気。そしてこういうデータ。
こうなるとG気らの直行馬を狙いたくなる。またかよ!って気もしますがデータからオススメなのは引退間近池江パパ厩舎のバーディバーディ。東京大賞典ステップで府中も得意、距離短縮も歓迎。
勝ち切れなさそうな地味なイメージも手頃な人気になりそうでいい感じ。ただここで勝ったらちょっとドラマチックすぎますよねぇ。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年02月13日

京都記念、共同通信杯 回顧

悲惨な競馬ライフが続いていましたが、たまにはこういうこともないとね!の大的中。
これで給料日前のGⅠも乗り切ることができそうです。

京都記念 予想

1着〇トゥザグローリー
2着◎メイショウベルーガ
3着▲ヒルノダムール
4着△ダノンシャンティ
5着-ロードオブザリング

7着△オウケンブルースリ

もう4歳馬には逆らわない!と前に回顧で書いたんですが、オッズで悩んで結局6歳牝馬メイショウベルーガに◎。
これは来たからよかったものの、結果を見て唖然。5頭出走の4歳馬の着順は上位独占の1、3、4、5、6着…。恐るべし。

やっぱり逆らっちゃ駄目ですね。再確認しました。

今日勝ったトゥザグローリーは成長途上のクラシックでは結果を残すことはできませんでしたが、ひと夏越して暮れの有馬記念で3着。前走は人気薄での激走でしたがそれがフロックではないことを完全に証明。
同じような戦績を辿ってるルーラーシップと同様に今年は昨年よりもグンッと良くなりそうな成長曲線。
大活躍が続く4歳馬の中でもこの2頭の超良血馬は特に期待が高まります。古馬GⅠで既に結果を出しているヴィクトワールピサローズキングダムをはじめその他のクラシック好走馬とのビッグレースでの再戦が楽しみ。

一方で今日出走した4歳GⅠ馬2頭は4、6着に。ただダノンシャンティは前半あれだけ引っかかって4着ならば上等な結果でしょうか。距離も1、2F長いのかもしれません。菊花賞馬ビッグウィークは逆にこの距離の瞬発力勝負では分が悪いんでしょうね。真価は距離延長となる次走以降で。
また斤量58キロの馬不振のデータもありますし今日のところは斤量2キロ差も影響したのかなと。

そして3着のヒルノダムールは…。やっぱりそういう馬なんでしょうかね?


共同通信杯

 1着◎ナカヤマナイト
 2着△ユニバーサルバンク
 3着〇ディープサウンド
 4着△ベルシャザール
 5着-ダブルオーセブン

 6着△サトノオー
11着▲ダノンバラード

ダノンバラードが重賞2連勝を決めたり、サトノオーが3連勝したり、ベルシャザールが府中替りで更に強さを増した走りで勝つようだと、クラシック前の勢力図もある程度決まってくるのかなと。
そんな想いで予想、観戦していたんですが、この結果で更に更に混戦に拍車が掛かったんじゃないでしょうか?

今日は前有利、そして内有利の流れ。なので負けた馬の敗因もしっかりしていますし、最後外から差を詰めてきた4~6着馬まではさほど能力に差がないように思いました。つまりは今後も馬場や枠、展開で勝ち馬や上位陣がコロコロ変わるようなそんな予感。
何年か前の、非常に盛り上がらなかったクラシック戦線を思い出します…。3月のTR、前哨戦でこれだ!という勝ち方をする馬が出てくるといいんですけどね。。

まぁただ書いてることとは裏腹に、そんな混戦に強そ~うな馬が無事に賞金を加算してくれたなと。このレース前から皐月賞で狙いたいと思っていたナカヤマナイト。最後の直線で狭~い内ラチ沿いを割って伸びてくるところなんかはまさに混戦向き。中山も合うでしょうしねぇ!
1月の京成杯を勝ったフェイトフルウォーとこのナカヤマナイトの2頭のステイゴールド産駒。どちらかが皐月賞で穴をあけてくれるんじゃないかと思ってます。

ただこのナカヤマナイト。今日も結局3番人気でしたし案外本番でも人気になったりして?

で。敗れた人気のディープインパクト産駒2頭ですが、サトノオーは上にも書いたとおり位置取りの差。4角では最後方付近にいましたしむしろ良く差を詰めたなと。距離延長にも中山コースにも不安はありますけど、悲観するような内容じゃないのかなと。
もう1頭のダノンバラードは…。レース後のコメントをみると手応えもよくなかったようですが、懸念どおり速いアガリの決着に向かない馬な可能性も?

何れにせよ朝日杯の上位2頭は短距離タイプ。ラジオNIKKEI杯の1、3、4着馬は次走以降で結果が出ず。
まだ1勝馬やもしかしたら未勝利馬の中にも今年はチャンスがありそうな気配です。どうなるのか?牡馬路線。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年02月12日

京都記念、共同通信杯 最終予想

クイーンCのダンスファンタジアは不安面の予想だけが見事に的中…。おまけに危険視していた阪神JFからの直行馬がワンツーフィニッシュという泣きたくなるような結末に。

それにしてもホエールキャプチャは強かった。この後は本番へ直行でしょうか?まずは1頭強力なライバルが駒を進めたという感じです。
ダンスファンタジアの方は戦前1走挟むような情報もありましたが、仮に次走距離短縮により速いペースを折り合えたとしてもマイルの本番では?という不安が残ります。ここで大きく評価を下げてしまったかもしれません。。

それでは明日の予想です。まずは京都記念データ

人気でもトゥザグローリーから行くと決めていたんですが、前日売りをみると予想以上の被りかた…。今日の重賞で断然人気馬から行って外したからという訳でもないんですけど、これならば。。

メイショウベルーガ。牝馬らしく切れ味が身上のこの馬にとって有馬記念での凡走は度外視。ジャパンCでは1馬身半差の6着、得意の京都なら牡馬のトップクラスとも互角以上にやれる力はあるはず。
なんかこの前、4歳馬には逆らわない!とか回顧で書いてましたけど寝ると忘れるのが私の悪い癖。

〇はトゥザグローリー。58キロの斤量、前走GⅡステップがさほど良くないというデータがあり、それに該当していないこの馬を対抗に。別定とはいえ正直この実績で同期のダノンシャンティやビッグウィークとも2キロ差というのは美味しすぎる気がする。

ヒルノダムール。ダービー、菊花賞を除けば全て掲示板確保の堅実派。勝ち切れない馬ではありますが、今回はその勝ち切れないお陰で斤量加算なしの56キロでの出走に。きっと今回も勝ち切れないだろう。しかし2、3着にはひょっこりいるハズ。

押さえに人気落ちも京都で見直したいオウケンブルースリと使われた上積みがありそうなダノンシャンティ
菊花賞馬ビッグウィークはドスローで流れた神戸新聞杯の瞬発力勝負で休み明けのローズキングダム、エイシンフラッシュにあっさり3馬身置き去りにされた内容からこのレベル相手の瞬発力勝負では分が悪い気がする。もうちょい距離がのびてからかなぁということで消しちゃいます。

買い目
◎メイショウベルーガ〇トゥザグローリー▲ヒルノダムール
△オウケンブルースリ、ダノンシャンティ

馬連 ◎-〇▲△△ 4点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△ 18点


続いては共同通信杯 データ

こちらは思ったよりも割れてますね。というか相手の本線として狙っていたホープフルSの1、2着馬がここまで人気になるとは予想ガイです。これはこれで買いづらい…。

ナカヤマナイト。こちらも週中はダノンバラードを本命にしようと思っていたんですが…。スローの瞬発力勝負になりそうですしね。末脚安定、相手なりに走れそうなこの馬を軸に。前走OP特別組というのがあまりデータ的には良くないんですがこの馬は府中にもアガリが速い決着にも実績がありますしね!2、3着な気もしますけど軸には最適な存在かなと。

〇にはディープサウンド。位置取りの差もありましたが本命馬を府中で2馬身半差で完封。府中に戻れば、アガリの速い決着になれば十分巻き返しはきくハズ!というか正直オッズに惹かれてます。

ダノンバラード。前走ラジオNIKKEI杯1~3着馬は3-1-0-2と好成績。最近のディープインパクト産駒の勢いを考えれば本命でもいい馬なんですが…。ここまで3戦アガリ最速を記録したのは前走だけ。34秒台前半もナシ。位置取りもあるのでアガリだけで判断するのもアレですが、もしかしたらドスローの瞬発力勝負になった時に思ったほど弾けない可能性もあるのかなと…。

押さえにベルシャザールユニバーサルバンクサトノオー。混戦模様のオッズとはいえ一応は4番人気っぽいですしこれくらいなら流しても平気かなと。
ホントは人気どころでサトノオーを切ろうと思ったんですけどね。弱気、弱気の姿勢で押さえに回しました。

買い目
◎ナカヤマナイト〇ディープサウンド▲ダノンバラード
△ベルシャザール、ユニバーサルバンク、サトノオー

馬連 ◎-〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎-〇▲△△△ 10点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年02月11日

クイーンC 最終予想

天気予報をみるに馬場状態が、というか開催できるのかも不安な明日の東京開催。
日経新春杯の時もこんな状況でしたが、重馬場予想をしたら思いっきり良馬場だったなんてこともあり悩ましい…。

でもJRAのHPをみると京都、小倉分の金曜夜間売りは中止ですが、東京は通常通り行いますので~なんて書いてある。
JRAは芝でやる気満々のようです。頼もしい。

まぁ明日の馬場状態をみてあまりにも予想と違ってたら、予想を変えればいいかなと。今日の段階ではあまり考えすぎずに素直に予想しておきます。

クイーンC データ

今年は1週早まったことにより間に1走挟む可能性もありますが、一応は桜花賞のステップレースの1つ。早いもんですねぇ。
本番ではレーヴディソールの強敵になりそうな馬が2頭出走を予定していますし桜花賞に向けてどんな内容の競馬をするのか?注目度は自然と高まります。またこの2頭をあっさり負かすような馬が出てくるようならそれはそれで怖い。

POGで考えるとあまり強い競馬をして欲しくないというのが本音ですが、さてどうなることか…。

本命はダンスファンタジア。データ、府中実績から考えるとこの馬が1枚抜けた存在に。ただ前走は願ったり叶ったりのHペースで折り合いは全く気にする必要はありませんでした。前に壁を作りやすい枠とはいえ以前折り合い面に不安は残したまま。また直線囲まれて…なんてこともあるかも?
半信半疑ではありますが絶対能力の高さを信じての◎。

対抗にデルマドゥルガー。戦績だけでみると中山巧者で府中替りに不安があるようにも見えますが、むしろ好走の要因は距離なのかなと。牡馬相手のOPを鋭い伸び脚できっちり差し切ってるところを評価。また前走OP好走馬もデータからイチオシ。

ホエールキャプチャ。直線で前が壁にならなければ~の前走でしたが、位置取りやペースを考えればかなり上手く乗られた方だとは思う。それで差されるということは、勝ち馬とは能力の差がかなりあるように感じました。
レースキャリアのアドバンテージもそろそろ通用しなくなってくる頃。JFからの直行馬も不振というデータから今回はちょいと軽視の3番手評価で。

押さえにフレンチカクタスと、意外にこのレースは前走1200mの馬が穴をあけてるイメージがあるのでラテアートニシノステディー、そして前走ダートですがメーヴェを。最後に前が速くなることを見込んで大穴ケイアイアルテミスを指名。

買い目
◎ダンスファンタジア〇デルマドゥルガー▲ホエールキャプチャ
△フレンチカクタス、ラテアート、ニシノステディー
×メーヴェ、ケイアイアルテミス

馬連 ◎-〇▲△△△×× 7点

3連複1頭軸 ◎-〇▲△△△×× 21点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年02月10日

共同通信杯 過去の傾向から

京都記念、クイーンCも好面子が揃いましたが、この共同通信杯もまた負けず劣らずのすんげーメンバー。

まずディープインパクト産駒ではラジオNIKKEI杯勝ちのダノンバラードがここで重賞2連勝とするようなら混戦模様の牡馬クラシック路線でも頭1つ抜けた存在に。またデビューから2戦2勝のサトノオーも3連勝を賭けて登場。
前走ホープフルSでは大敗したものの百日草特別を圧勝し1番人気に支持されたいたディープサウンドも府中に変わっての巻き返しが期待できます。
ディープ産駒以外ではホープフルSの1、2着馬ベルシャザールナカヤマナイトが揃って登場。
出世レースと呼ばれているラジオNIKKEI杯、若駒S、きさらぎ賞を立て続けに勝っているディープインパクト産駒にストップをかけられるか?

どの馬が勝っても負けても勢力図が変わってきそうな楽しみな1戦となりそうです。
それでは過去10年の傾向から。参考データ東京開催の9回分です。
上位人気の成績
1番人気
1、1、2、1、2、1、5、1、3
2番人気
3、4、8、4、1、4、7、2、2
3番人気
2、6、5、5、4、3、9、9、
4番人気
8、10、1、3、3、7、6、5、4
5番人気
9、13、3、2、7、2、2、10、11着

こちらもクイーンC同様1番人気が強く5-2-1-1と半端ない安定感を誇っております。1番人気がこれだけ強いので2~5番人気があまり目立ちませんが合わせて9連対。つまり6番人気以下で連対した馬は僅か2頭(7、6番人気)しかいません。こりゃ堅く堅くですかね。。

前走から
ラジオNIKKEI杯1~3着馬
1、1、1、5、9、
朝日杯FSで掲示板に載っていた馬
10、2、1、2、4、3、1
朝日杯とNIKKEI杯以外の重賞で掲示板に載っていた馬
2、1、3、10、3、3、4、2、2、13、3、
芝のOP特別で掲示板に載っていた馬
3、9、2、13、6、7、5、7、4、6、7、2、10、12、1、3
前走芝の500万特別1着馬
5、6、5、1、2、3、1、10、12

人気馬が強い訳でして、当然のように前走重賞で好走していた馬がそのまんま良く走ります。OP特別組が案外ブットビが目立ちますのでちょいと注意は必要かもしれませんがあまり捻らない方がいいのかも。。

今日のまとめ
軸はこのところのディープインパクト産駒の勢い。またあまり捻っちゃいけませんよ!というデータからもダノンバラードでいいのかなと。懸念材料は池江パパ引退直前&武豊騎手&ディープインパクト産駒ということで、ただでさえ人気になる実績なのに更に輪をかけてとんでもない人気になりそうな…。
まぁでも捻らず…。
相手はOP特別組がやや不振傾向というデータがありますが、昨年暮れのホープフルSはかなりHレベルだったと個人的には思ってますので(京成杯の上位馬もホープフルS組からでましたしね)ベルシャザールナカヤマナイトの2頭を厚く熱く狙ってみようと思ってます。
という訳でサトノオーが少しでも人気を吸いますように。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年02月09日

クイーンC 過去の傾向から

例年はフェブラリーSの週に行われていたクイーンC。今年は1週早まった訳ですが、これによってクイーンCからの直行馬も減るんでしょうかね?
間に1走挟みやすくなったことは確かなんですが。とりあえず有力候補の1頭ダンスファンタジアはこの後1走挟む模様。
これまでは前哨戦という見方もしていたクイーンCですけど、ちょいと例年とは違った雰囲気のクイーンCになるかもしれませんね。

まぁそれは置いといて、有力馬が多数集まったクイーンC。中でも特に注目したいのは阪神JF2着ホエールキャプチャVS前走で見事に巻き返したダンスファンタジア

JFでまともに走れていたらどこまでやれていたのか?ちょいとしたモノサシに使えるレースかもしれません。
それでは過去10年の傾向を。参考データは中山開催をのぞく9回分で。
上位人気の成績
1番人気
13、7、1、1、1、2、1、4、
2番人気
5、1、9、12、5、3、4、2、3
3番人気
2、12、2、4、8、1、7、8、5
4番人気
4、3、15、3、6、6、3、1、

1番人気が5勝6連対と圧倒的。1番人気が連を外した3年も2、3番人気がカバーしており毎年3番人気以内の馬が連対。
紐が大きく狂うこともありますが基本上位人気が強いレース。馬券は人気馬から、相手は紐荒れまで手広く。

軸選び!上位4番人気までの馬の前走別成績から
前走阪神JF出走馬
13、7、12、5、3、3、2
その他の重賞で掲示板に載っていた馬
12、1、1、1、3
その他の重賞で6着以下
8着
OP戦で連対
1、2、4、1、8、4、7着
OP戦で3~5着
2、4、1、1
500万で勝利
5、3、2、1、4、7
500万で負けてた馬
15、6、5着
新馬、未勝利
3、9、6着

紐荒れ狙い用、5番人気以下の前走別成績です。
前走阪神JF出走馬
9、13、7、14、10、11、7、15着
その他の重賞で掲示板に載っていた馬
2、13、15、12、9、4着
その他の重賞6着以下
15、6、3、13

OP戦で連対
7、9、11、11、13、12、8、13着
OP戦3着以下
1、6、8、7、11、8、11、16、2、4、9、11、5、6、9、14、16、6、2、10、11、12
500万で勝利
8、14、5、4、12、7、15、16、10、8、5、10、9着

500万で負けてた馬
6、12、14、15、8、10、14、16、5、9、3、7、10、8、9、11、13、14、15、16
新馬、未勝利
3、10、16、、4、16、3、5、13、6、10、14、14、15、4、12、13、16、2、5、15、11、16、6、14

人気で好走した馬は阪神JF以外の重賞やOP特別で好走していた馬が多く、JFから直行していた馬は人気馬、人気薄ともに不振傾向。連対馬18頭中15頭が年明けのレースを使われていたようにレース間隔が開いたのも不利になってる模様です。
また前走500万条件を走っていた馬も僅か2連対しかしていません。オッズ的にも狙い目に見える500万組ですが、穴を狙うのであればOP特別で凡走してた馬や新馬、未勝利組を狙うほうがよさそう。

今日のまとめ
恐らく1番人気でしょうけどダンスファンタジアで良いのではないでしょうか。1番人気のデータも抜群ですし、前走年明けの重賞で好走しているのもデータ的に◎。おまけに府中コースも2戦2勝。どこに文句をつけたらいいのかわかりません。
一方のホエールキャプチャはデータから不安の残る阪神JFからの直行馬。意外とコロリと負けたりして?流石に切ったりはしませんが、軽く押さえつつ紐荒れ狙いで行ってみようかと思ってます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList