2011年03月

2011年03月30日

日経賞 過去の傾向から

深夜に大絶叫したヴィクトワールピサのドバイWC制覇。
そして昨晩のチャリティーマッチでのカズダンス。

少しずつ明るい話題が入ってきたというのに今日はこれ…。

レーヴディソール骨折で春絶望。

うぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

言葉になりません。POGがどうの、チョコがどうのではなく単純にこの馬のレースが観たかった。そういうレベルの馬でしたから。orz
はぁぁぁ。これで牝馬路線も大混戦になりましたね…。
こういう血統ですし走る馬の宿命。そりゃ覚悟はしてましたけど、ここでかぁ。。

がっくり凹みながらの日経賞過去10年の傾向です…。
上位人気の成績
1番人気
1、6、2、2、6、1、3、1、7、6
2番人気
2、7、6、1、3、8、2、3、4、4
3番人気
3、2、5、4、2、10、1、2、3、
4番人気
7、3、3、8、11、4、9、8、1、2
5番人気
4、1、1、12、1、12、4、6、10、5着

過去にはグラスワンダーやマンハッタンカフェが沈んだりテンジンショウグンが勝ったりと波乱のイメージたっぷりの日経賞ですが、勝ち馬は10頭中9頭が5番人気以内。また2着馬も7頭が5番人気以内と上位人気馬が強いレースだったりします。阪神開催なので傾向が変わる可能性もなきにしもですが、G気離好謄奪廚納太喃呂結果を出しているということを考えればコース代わりはあまり関係ないかもしれません。

前走成績から
有馬記念から直行
1、2、4、6、2、4、10、6、1、8、1、4、11、
前走年明けの芝のG兇馬対していた馬
2、6、1、2、3、6、7、3、
前走年明けの芝のG兇韮魁腺誼綰
4、12、2、2、13、2、13、
前走年明けの芝のG兇韮驚絨焚
4、7、9、3、5、11、5、8、3、4、5、6、13、7、11、13、7、11、1、6、9、14
前走ダイヤモンドS連対馬
3、1、3、10、3、3
前走芝のOP特別で3着以内だった馬
10、3、5、6、1、1
前走芝の1600万条件連対馬
1、2、7、7、8、13、3、12、2、4、4、5

有馬記念から直行した馬は3勝2着3回と結果も出していますが意外とポカすることも多い。確率でいうと年明けのG兇鮖箸辰討詛呂安心。
実績馬が強い一方で前走OPや準OPからも好走馬がでてるレースですが、これは中山適性によるところが大きいかも。。
阪神2400mだと重賞実績がないとこの面子じゃ厳しそうな気がしますが、どうでしょう?

今日のまとめ
日経賞とはいっても中山2500mじゃない時点で全く日経賞ぽくない。データがどこまで通じるか?
過去グラスワンダーやマンハッタンカフェ、コスモバルク1番人気ですっ飛んでるように有馬記念直行馬は危ない時がある。というのは使えそうな気はしますが…。ゲートもアレですしペルーサがこっちに来るようだとちょっと危ないかも?
それではちょっと自棄酒してきます。ぬおぉぉーーー。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年03月29日

大阪杯 過去の傾向から

今日は計画停電もないということなのでちょろりとブログの更新を。
地震、原発に関しても書きたいことは山ほどあるのですが、ここは競馬のブログ。
そういう厳しい現実からの息抜きに見に来て下さってる方もいらっしゃるかもしれませんし、今後も極力競馬のことを中心に更新していこうと思います。

さて、今週は大阪杯!そして阪神2400mで行われる日経賞!
大阪杯にはエイシンフラッシュ、ダノンシャンティ、キャプテントゥーレ、そしてドリームジャーニーが。
日経賞にはローズキングダム、トゥザグローリー、ビッグウィーク、マイネルキッツが。
更にはペルーサ、ヒルノダムールが両レースにダブル登録。

なんですかこれ。凄すぎるんですけど?

とりあえず大阪杯から。過去10年の傾向です。
上位人気
1番人気
4、1、2、1、1、5、1、1、2、3
2番人気
9、6、3、4、4、9、2、6、7、7
3番人気
10、2、1、7、5、1、8、4、1、10
4番人気
2、11、4、6、2、4、9、3、3、

1番人気は掲示板を外した事がなく複勝率8割という素晴らしい成績。その一方で2番人気は1連対と不振。なんででしょうこの差は?
ということで1番人気が来ても紐荒れすることがあり、連を外すようなら馬連でも高配当が見込めます。4番人気以内の馬を軸に堅いところから紐穴まで手広く買うのが良さそうです。

前走成績から
前走有馬記念出走馬
3、4、6、2、3、1、8、1、6、7、7着
前走その他の芝のG欺仭馬
2、13、2、3、1、2、4、7、4、9、11、3、2、
前走芝のG兇之納板
1、9、10、14、6、11、2、4、1、4、6、2、4、1、3、4、1、2、3
前走芝のG兇韮驚絨焚
9、13、8、12、7、3、

前走芝のG靴韮鈎絨米
5、6、7、5、12、1、14、3、8、1、5、2、5、6、9、10、8、5、6着
前走芝のG靴韮潅絨焚
12、4、7、8、9、10、15、7、11、12、7、10、2、6、11、9、10、11
前走芝のOP特別掲示板
8、11、1、3、6、10、5、9、10、8、10、4、5、11、5、9、8

有馬記念をはじめとする前走G欺仭馬が中心。年明けに走ってる馬はG彊幣紊之納板にのってることが好走の条件で、G靴筍錬仆仭馬はやや割引き。

負担重量から
斤量59キロ(牝馬57キロ)
2、4、10、2、7、1、7、4、6、3、1、8、3、6、9、2、3
斤量58キロ(牝馬56キロ)
3、7、9、11、12、6、11、2、3、4、8、9、4、2、9、4、1、7、6、7、11、7着

前走G欺仭馬がなかなか好成績を残しているということで実績重視の予想をしたいところですが、何気に斤量を背負ってる馬の成績はあまりよくなかったりもします。特に58キロは…。
G擬太咾あって負担重量を加算されていない馬がいると狙い目なんですが…。

今日のまとめ
上にあるG擬太咾あって斤量を加算されていない馬。ヒルノダムールがこちらに出てくると非常に狙い目。前走も年明けのG兇嚢チと前走データからも申し分なし。
ただこれだけの面子が揃ったレース。データ云々よりも好きな馬から買った方がレースは楽しめるかもしれませんね!


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年03月27日

高松宮記念 回顧

川田騎手、やっちまったなぁ。。

高松宮記念 予想

 1着△キンシャサノキセキ
 2着△サンカルロ
 3着−アーバニティ
 4着−ビービーガルダン
 5着−レッドスパーダ

 7着◎スプリングソング
 9着△エーシンフォワード
10着▲ジョーカプチーノ
11着〇ダッシャーゴーゴー
15着△ワンカラット

パトロールビデオ観ましたが可哀想ですけどフォローの余地なし。スプリンターズSに続いてまたもやG気任旅瀉紂A芦鵑錬加紜4着と思いっきり馬券に絡む降着でしたし、今回も1番人気ジョーカプチーノをはじめ数頭に不利を与えるというレースの結果に思いっきり左右した斜行。
折角好面子が揃ったG気世辰燭世韻砲覆鵑箸盪椎阿垢る結末。猛省していただきたいものです。

唯一の救いはこの致命的な不利によって超人気薄の馬が勝ったりしなかったこと。そういう意味でキンシャサノキセキ、そしてサンカルロには感謝であります。パトロールビデオを観るとよくわかりますがキンシャサも不利受けてるんですよね。それなのによくぞ押し切ってくれたなと。流石はG鞠蓮伊達じゃありません。
そしてサンカルロもよくあの狭いところを抜け出してきたなと。
アーバニティ、ビービーガルダンには悪いですけど、もし不利があったことによりこの11−10番人気での馬連決着となると後味悪すぎますからねぇ。

8歳になっても力の衰えは微塵も感じないキンシャサノキセキ。連覇の少ないスプリント路線ですからスプリンターはトップクラスの力を維持し続けるのは大変なことと思います。しかしできれば秋のスプリンターズSまではこの状態を維持して貰いたい!
というのも、やはり今回の結果は不利がなければ全く別物になってたと思いますから。豪華な面子による再戦を祈ります。


ということで馬券も外れた高松宮記念の回顧は簡単におしまい。あとは毎日杯についてちょろりと。

何といってもレッドデイヴィスなんですが…。困った強さですねぇ。。無傷で3連勝なら混戦牡馬路線のなかで中心馬の1頭になるかも?と思われていたトーセンレーヴをあっさりと振り切り、最後33秒6の末脚で突っ込んできた2着コティリオンまでも完封。
また前走のシンザン記念では昨日スプリングSを勝っているオルフェーヴルも負かしていますし…。
何が困ったってこんなに強い馬がセン馬ということでクラシックは勿論のこと、NHKマイルCにまで出走権がないこと。金玉とは生えてこないものなのか?

過去には地方所属でクラシック登録をしていなかったオグリキャップも世代最強の評価を受けながらクラシック未出走。後に追加登録制度が生まれました。
またJCで同期のダービー馬を一蹴したエルコンドルパサーも当時はマル外ということでクラシック出走権なし。こちらも後にマル外にクラシックが開放されるキッカケとなりました。

じゃあ今回も?

ただクラシックっていうのは種牡馬や繁殖牝馬の選定競争という位置づけなんですよね…。強い馬が出れないのは残念ですけど、やっぱり自分としてもセン馬には開放して欲しくないかなぁ…。
覆水盆に返らず。取ってしまった玉はもう元には戻らない。皆さんも注意してくださいね。

高松宮記念の回顧と被りますが、秋もレッドデイヴィスには強いままでいて欲しい。天皇賞は08年からセン馬にも開放されてますし、JC、有馬記念にも当然出れます。ここらでクラシック好走馬たちとの激突があるハズ。
レッドデイヴィスのファンの方には申し訳ありませんが、そこでクラシックホースたちが強いレッドデイヴィスを負かしてくれることを期待しています。

じゃないとドッチラケなクラシックに…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


ヴィクトワールピサ ドバイWC優勝!

勝ち負けできると思っていたルーラーシップはセレモニーの所為かドスローの所為か引っ掛かり途中からハナを切って直線失速。世界は甘くないというのを再確認した直後の大快挙。日本馬が勝っただけでも感極まるというのにデムーロ騎手の半ベソインタビューでトドメ。涙がでそうになった。
日本に勇気を与える歴史的勝利。これだからスポーツは素晴らしい。競馬ファンで本当によかった。

書きたいことは山ほどありますが、とりあえず冷静にレース回顧です。

スタートは良いんで展開次第では前に行っても、差してもいいなんて戦前のコメントがあったヴィクトワールピサですが、まさかのスタート失敗。なんと最後方。そしてブエナビスタは後方2番手…。
正直終わったと思いました。

しかし逃げ宣言をしていたトランセンドが予定どおりの逃げ。しかもいつもと違ってスローに落とす溜め逃げを打つ。結果的にはコレが大きかったと思います。
2番手につけていたケープブランコは愛チャンピオンSを逃げて5馬身差の圧勝をしている馬ですがトランセンドが人気薄だった所為か絡まず、というか久々で絡めず?そのままスローのかなり落ち着いた流れになりました。
このスローの流れを見越して最後方にいたヴィクトワールピサが向こう正面で外を通り進出。なんと2番手に。

激しくハナを奪い合うわけでもなく、日本馬どうし仲良くSペースに落としたままの1、2番手。そしてそのまま余力十分で直線に入るときっちり最後まで伸びきり日本馬によるワンツーフィニッシュ!!!
日本馬が1頭だったら早めに潰されてたかもしれない。3頭出走してたからこそのこの快挙だったのかも。

正直いうとトランセンドには全く期待していなかったんですけどね…。本当ごめんなさい。これまでボコボコにされ続けていた日本のダート馬ですけど、それでも挑戦し続けたからこそこの結果に繋がったのかもしれません。
そしてそのトランセンドのナイスアシストも受け、更にはデムーロ騎手の超好判断にも導かれ見事に先頭でゴールを駆け抜けたヴィクトワールピサ!天晴れです!

震災後、元気のなかった日本に明るいニュースを届けたという意味でも、日本が世界の競馬と対等に渡り合えると証明した意味でも、大きな大きな1勝。
これで恐らく来年以降もドバイWCに挑戦する芝の一流馬が出てくることでしょう。凱旋門賞やBCクラシックの制覇も夢ではなくなりました。
そして日本のG汽譟璽垢硫礎佑發△ると思いますし、近年参加が少なくなっていた海外の超一流馬の参戦も増えるかも?

これまで欧州や米国、そしてドバイに馬を送り続けてきた全ての競馬関係者にありがとうございます!と言いたいです。
そういう挑戦の積み重ねが海外遠征のノウハウになってると思いますし、今回のドバイWCで3頭に招待状が届いたことにも繋がったと思いますから。

最後に改めてありがとう。ヴィクトワールピサ!

もう朝っぱらですけどもう一杯乾杯!!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年03月26日

高松宮記念 最終予想

さて。あと数時間でドバイです!
勿論好メンバーが揃った高松宮記念も楽しみですが、今週のメインイベントはこちらでしょう。結果次第では今週どころじゃなく今年のメインイベントになる可能性も。
そしてその可能性は今年はかなり高いんじゃないかと思っています。

以前から海外のダートは芝馬の方が合うんでは?と言われ続けてきましたが、それがAWになり更にその傾向が強くなってるように感じます。実際昨年既にレッドディザイアが前哨戦勝っていますしね。
そして今年。ついに芝のトップホースがドバイWCに参戦することになりました。
それも2頭も!!
府中巧者の年度代表馬ブエナビスタに中山の鬼最優秀3歳牡馬ヴィクトワールピサ
ドバイの馬場は府中向きの馬に合うのか?それとも中山向きの馬の方が好走しやすいのか?わかりませんが、この2頭がいればどっちに出ても大丈夫!!

あとは力を出し切ってくれれば。まぁ海外遠征なのでそれが1番難しいことかもしれませんけど。。
とにかく今年は“好走”ではなく“快挙”を期待デス!

えーと。それでは高松宮記念の予想を。。データ

過去10年全ての年で連対し6頭も優勝馬を輩出しているのが阪急杯。今年は阪神開催だけに阪急杯有利の傾向は更に強くなるかもしれない。
今年はこの阪急杯組以外に人気馬が多く揃っていますが、こういう年だからこそあえて阪急杯組を狙いたい。
こなかったらそれはそれでスッキリ負けられる。

スプリングソング。前走阪急杯でこのレース連対した馬は12頭。その内なんと11頭が阪急杯で1〜3番人気に支持された馬でした。阪神コースもセントウルS3着、阪神C、阪急杯で4着と得意としており得意の1200mなら勝ち負けまでもっていけるハズ!

人気薄に本命を打ちましたがこのレース1〜4番人気が非常に強いというデータがあり、対抗以下は素直に人気どころを。

ダッシャーゴーゴー。ちょいとムラっぽいところがある馬ですが、まともに走れば国内トップの実力があるのは前走とスプリンターズSで証明済み。おまけに阪神も好成績を残していますしね!人気どころの中ではこの馬を最上位に指名。

ジョーカプチーノ。逃げてよし、差すハメになったけどそれもよし!不安材料は阪神が初コースとあまり結果の出ていないシルクロードSステップくらいで、馬自身には死角らしい死角がありませぬ。
もしかしたらデュランダルクラスの名馬になる可能性も。

押さえには昨年の覇者キンシャサノキセキ。そして押さえでも厚く買いたい阪急杯組の2頭前走が圧巻だったサンカルロ。そして馬体重からかなりの上積みが見込めそうなワンカラット。かなり短距離に近い流れになった昨年のマイルCSを制しているエーシンフォワードまで。

買い目
◎スプリングソング〇ダッシャーゴーゴー▲ジョーカプチーノ
△キンシャサノキセキ、サンカルロ、ワンカラット、エーシンフォワード

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点


競馬blogランキング
TOPへ戻る


毎日杯 いきなり最終予想

リベルタス…orz

レース自体は一応1、4番人気の決着ですから順当ではあるのかな。。ただ前走重賞3、4着馬が1、2着したことにより本番もやはり大混戦ムードにはなりそうですが。
それにしてもオルフェーヴル。早めに動けると強いですねぇ。。

明日の毎日杯からはどんな馬が出てくるのか?クラシック出走権利がないあの馬がぶっちぎるようだと更に混戦に拍車をかけそうですが…。
それではこのレースも過去10年の参考データをみつつ。参考データは2000m時代のものも含めてです。
上位人気の成績()内が1800mになってからの成績です。
1番人気
1、1、4、2、3、1、1、2、1、
2番人気
4、8、12、1、1、6、9、7、3、3)着
3番人気
2、6、3、3、7、3、4、4、4、)着
4番人気
3、4、7、4、4、(8、3、5、10、中)着

前走成績から()内が1800mになってからの成績です
アーリントンC1〜3着馬
8、9、(1、4、10、中)
芝1800m以上の重賞で連対してた馬

1、1、3、3、1、3、1、1
芝1800m以上の重賞で3〜5着馬
1、4、7、14、4、6、(4、7、6)着
芝1800m以上の重賞で6着以下
12、11、6、8、12、7、13、(8、10、11、7)着
芝のOP特別で掲示板に載っていた馬
4、5、13、1、4、3、4、(12、7、14、)着
芝の500万条件1着馬
2、6、8、11、5、7、9、12、2、7、2、1、5、6、(2、4、7、9、12、3、5、2、
芝の未勝利、新馬戦勝ち馬
3、6、5、13、8、11、14、8、(2、13、9、4
前走ダート戦出走馬
8、2、9、10、15、2、5、5、7、9、2、10、11、14、15、(5、10、13、14、3、9、14、2、12、13)

このレースもスプリングSと同様に前走共同通信杯やラジオNIKKEI杯、きさらぎ賞といった前走芝の1800m以上の重賞で連対していた馬が滅法強い。
該当馬がいなかったスプリングSが3、4着馬がワンツーしましたが、こちらもまた該当馬が今年はいないんですよね…。さてどうしたものか。

コティリオン。スプリングSの結果を踏まえて。連には絡めませんでしたがスローの瞬発力勝負を後方から進めるハメになり6着。ただアガリ3Fはオルフェーヴルに次ぐ33秒3。着差はそのまんま道中の位置取りの差といった感じで展開と位置取りさえまともであれば重賞でも勝ち負けする力があると思える。

レッドデイヴィス。1Fの距離延長はどうなんだろ?というのとクラシック出走権利がないこの馬に圧勝されるとちょいとガッカリすることにもなるので、できればあまり勝って欲しくはない馬なんですが…。実績を考えるとさすがにこの面子ではこれ以上評価を下げる訳にはいきませぬ。

トーセンレーヴ。過去前走500万下から優勝したのはアドマイヤメイン1頭のみ。そのアドマイヤメインも前々走できさらぎ賞5着と重賞経験がありましたし、昨年のルーラーシップ(1番人気で5着)をみても、やはり重賞経験のない500万下勝ち馬は不利に思える。
この血統で2戦2勝という実績からも軽視はできませんが、この人気でこの不安要素なら重い印はつけたくない。ただこの馬が勝つと本番盛り上がるでしょうねぇ!

押さえは何気に前走ダート戦出走馬も絡んでいるのでボレアス。そして重賞経験のあるカルドブレッサスマートロビンを押さえて終了。

買い目
◎コティリオン〇レッドデイヴィス▲トーセンレーヴ
△ボレアス、カルドブレッサ、スマートロビン

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点



競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年03月25日

スプリングS いきなり最終予想

続いてはこちらもフラワーCに続きこちらも阪神1800mスプリングS。毎日杯も阪神1800mですから今週は3つも3歳阪神1800mで重賞があるんですねぇ。

今年の皐月賞は順調であれば東京コースでやる可能性が高いですから、例年以上に本番に直結しやすくなるかも?

そういう意味では明日、明後日のステップレース2つは中山で行われた弥生賞以上に注目かもしれません。

それではスプリングSも過去10年の傾向をみつつ最終予想です。
まぁ勿論これ中山のデータなので参考にならない気もしますが…
上位人気の成績
1番人気
1、1、2、5、6、2、1、3、1、3
2番人気
14、6、1、1、14、3、9、12、3、1
3番人気
3、13、8、11、13、10、2、6、7、4
4番人気
7、3、5、4、9、1、8、7、4、5

前走成績から(芝のレースのみ)
前走朝日杯FS
2、2、5、5、7、11、3、3
きさらぎ賞連対馬
1、3、1、1、9、1、3、1、7、7
きさらぎ賞3着以下
6、9、7、11、8、9、5、9、9着
共同通信杯連対馬
4、2、3
共同通信杯3着以下
5、10、11、1、12、
その他のG供■猫系対馬
1、4、4、11、6、14、15、8、6、6着
その他のG供■猫靴韮鈎絨焚
4、11、12、2、12、5、8、12、16、7、8、11、15、8、16、10、13着
OP特別連対馬
7、12、10、13、2、16、1、4、13、14着
OP特別3着以下
9、12、13、16、7、2、
500万条件1着馬
3、8、2、8、9、3、5、8、6、13、1、3、4、6、10、14、3、4、6、4、5、4、5着

前走2月の重賞、特にきさらぎ賞の連対馬がぶっちぎりに強いレースですが今年は不在。また朝日杯好走馬も頑張っていますが中山→阪神代わりでは手が出しづらい…。おまけにバクシンオー産駒ですからねぇ。

という訳で!◎リベルタス。まぁぶっちゃけた話、どういう訳とかデータとか、そんなのは全く関係なくPOG指名馬のこの馬と心中!!
残念なことにスパーンと切れるイメージがあまりないので阪神より中山の方がよかったんですが…。こればかりは仕方ないですからね。。信じて好結果を待つのみです。

ショウナンパルフェ。前走500万下勝ち馬はきても2、3着止まりが多く、ましてや年明け初戦と買いづらい要素もあるんですが、末脚勝負だけならこの相手でもトップレベルの予感。2月重賞の連対馬がいないこの面子であれば、重賞経験がなくても十分勝負になるはず。

オルフェーヴル。きさらぎ賞3着以下の成績というのが実はまるでよくないんですが、それを差し引いてもこの馬の末脚は驚異的。ただ勝負が終わった後に突っ込んでくるイメージがあるのでここも微妙に届かないような気が…。

押さえはよくあの位置からあそこまで追い込んだという印象のサトノオー。そして同じく共同通信杯からベルシャザール
なんだかんだで毎度そこそこは走れているリフトザウイングスまで。

買い目
◎リベルタス〇ショウナンパルフェ▲オルフェーヴル
△サトノオー、ベルシャザール、リフトザウイングス

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点

ちなみにこのレースはオルフェーヴル(3位)、サトノオー(1位)、ベルシャザール(2位)、リフトザウイングス(2位)がライバルたちの指名馬。
私のリベルタスも2位指名なのでなんと5頭全てが3位以内指名というPOG的にも気合の入りまくったレースであります。
どの馬が権利をとってどの馬が沈むのか?

いいたくないんですがなんだか嫌な予感がするのよね…


競馬blogランキング
TOPへ戻る


フラワーC  いきなり最終予想

中止、延期の影響を1番受けたレースは恐らくこのフラワーCじゃないでしょうか。
桜花賞まで中1週。賞金が足りてる馬の叩き台ならまだしも、殆どの馬が賞金加算を目的にした出走ですしね。おまけに関東馬には遠征も。

近年はフラワーC好走馬から活躍馬が多く出ているので注目レースではありますが、今年は一体どうなることか。
ただ桜花賞を見据えると不安が残るこのレースですが、このレースだけでみるとなかなか面白い面子が揃ってて予想としては楽しい。

それではそんなフラワーCの予想を。過去10年の傾向を参考にしつつです。
上位人気の成績
1番人気
1、8、3、1、1、2、1、1、2、3
2番人気
5、2、1、13、4、10、15、3、3、
3番人気
2、1、14、2、11、5、12、8、12、
4番人気
14、5、5、4、8、4、10、10、15、

前走成績から
クイーンCで掲示板に載ってた馬
8、3、4、4、13、4、10、5、12、4、2、8着
クイーンCで6着以下
11、14、2、6、13、6、4、10、6、9、11、6、12、11、12、13、9
その他のG供■猫靴之納板に載っていた馬
3、1、2、13着
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
9、9、5、3、5、4、5着
芝のOP特別で掲示板に載ってた馬
1、2、
芝の500万で勝ってた馬
1、1、3、1、7、1、11、2、1、1、3、3、
芝の500万で2〜5着馬
2、4、5、8、5、12、12、5、14、6、11、4、10、2、7、14、15、7、10、15、6、8

人気になりそうなところは半年明けでもサトノフローラ、新馬が強い内容だった良血アフロディーテ。そして重賞実績のあるマイネイサベルあたりでしょうか?
能力はかなり高そうなタキオン産駒の2頭ですがやはりこの時期の重賞ではキャリア1戦の馬は買いづらい。

ということで◎マイネイサベルでいってみます。フラワーCはクイーンCの好走馬がやたらと沈むレースなんですが、それは中山開催での話。
府中と阪神コースは結果がリンクしやすいコースですし、この馬にとっては阪神代わりはプラスに働きそう。今回の面子では頭1つ抜けた実績馬、キャリア1戦の2頭に人気が少しでも吸われるようならありがたい。

〇はヤマノラヴ。繰上りとはいえ今年唯一の前走500万下勝ち馬。重賞でも掲示板にのる実績もありながらそんなに人気もしなさそうなのもいい感じ。ただ中山で結果を出してきている馬なので阪神がどうか?という不安はありますが…

サトノフローラ。ほんとはバッサリいこうかなとも思ったんですけど、なんだかここで2着あたりに入り賞金加算→強引に桜花賞出走で穴人気→撃沈という予想というか予感みたいなものがしちゃった馬。
9割方勘なんですけど押さえておこうと思います。

押さえはOP好走歴のあるシナル、そして1800mに戻ってのハブルバブル。前走ダートの未勝利から3ヶ月明けですが芝も距離も問題なさそうなバレドクールまで。

買い目
◎マイネイサベル〇ヤマノラヴ▲サトノフローラ
△シナル、ハブルバブル、バレドクール

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList