2011年08月

2011年08月30日

新潟2歳S 過去の傾向から

3歳や古馬の重賞ですと重賞実績がある馬が多くいないと「面子揃ったなぁ〜!」って気にはなかなかなりませんけど、この時期の2歳重賞は1、2戦強い勝ち方をした馬や評判馬、良血馬が多くいれば「面子揃ったなぁ〜!」って気になるんですよね。
後々見直すと大して出世した馬がいなくても、出走前のワクワク感は変わらない。2歳戦ってとてもお得な気がします。

さて今年の新潟2歳S。阪神の開幕週でワンツーしたダイワメジャー産駒ダローネガ&エピセアローム。新潟の新馬で強烈な勝ち方をしているジャスタウェイやハッシュドトーン、ヴュルデバンダム、クリッピングエリア。阪神で突き抜けたニンジャなどが登録。

面子揃いそうですねぇ!
面白そう。

何が勝つのかも勿論注目ですが、ダイワメジャー産駒が新潟芝の重賞でどのような結果を出すのかも注目。
それでは新潟2歳S、過去10年の傾向です。参考データは1400m時代のものも含めて。

上位人気の成績()内は1400m
1番人気
)、3、1、1、1、3、6、1、1、10
2番人気
5)、15、2、6、2、1、4、12、3、
3番人気
6)、4、11、2、3、8、11、9、13、12
4番人気
)、1、9、8、6、7、1、3、10、4
5番人気
)、8、13、5、9、14、5、8、11、

この時期の2歳重賞の人気なんてアテになるのかよ!と突っ込みたくもなりますが、1番人気は5勝、複勝率8割と十分“アテになる”成績を残せています。
一方でここ5年連続で二桁人気の馬が連対と大波乱含み。07年、昨年は9番人気以下の人気薄が2頭も複勝圏内に入っています。
人気馬からの3連複1頭軸で超人気薄まで手広く狙う。というのが傾向からのオススメです。

キャリアと人気()内は1400m
5番人気以内のキャリア1戦の馬の成績
1、6)1、4、15、13、2、5、6、1、6、1、8、14、4、5、6、11、8、9、3、13、3、10、12
6番人気以下でキャリア1戦だった馬の成績
9、12、11、13、16、10、6、3、14、17、4、7、11、9、4、7、8、11、13、16、2、16、3、13、16、17、5、6、7、10、11、15、2、4、5、7、9、15、16、17、18、1、5、7、14、15、17

5番人気以内でキャリア2戦以上の馬の成績
2、3、5)3、8、1、2、9、11、1、8、2、3、9、3、7、1、1、3、12、1、10、11、4、8

キャリア1戦でもその1戦で強烈なインパクトを残すとあっさり人気になるのが2歳重賞の怖いところ。キャリア1戦の馬がここ10年で5勝していますので軽視はできませんが、やはりぶっ飛ぶ馬もかなり多いようで…。
キャリア2戦以上でもぶっ飛ぶ馬は余裕で飛びますが、確率的にはキャリア2戦以上から買うのが気持ち安全かも。。

OP実績
ダリア賞1着馬
3、1、1、3、3、
11、4
ダリア賞2、3着馬                                                                                                
12、4、9、8、1、10、2、
マリーゴールド賞1着馬(1400mになってからのみ)
3、1
マリーゴールド賞2、3着馬
14、4、7、3、14着

ダリア賞の勝ち馬はここ10年で7頭走り5頭が馬券絡み。2、3着馬からも連対馬は出ていますし狙いたいステップではあるんですが…。
今年はいません…

今日のまとめ
ダイワメジャー産駒の2頭。かなり強いと思いますし人気にもなると思うんですが、正直新潟の馬場があまり合うようには見えない。キャリア2戦で人気になりそうなエピセアロームはデータ的には買いなんですけどね…。速いアガリの瞬発力勝負に対応できるのだろうか?
他にキャリア2戦で人気になりそうな馬もいませんし、そうなるとキャリア1戦の馬を狙っていくしかないのかなぁ。
現時点での軸候補は初戦を観る限りジャスタウェイニンジャ。新潟で走った経験を上に取るか?それとも大好きなグラスワンダー産駒から買っちゃうか。
悩むところです。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月29日

エネアド 衝撃的な瞬発力!

2世代目ということで初年度とはちょいと使い出しが違ってきているディープインパクト産駒でしたが、ここに来てエンジンが掛かってきたようです。
7月末に世代初勝利をあげると、8/14に2勝。そして先週も札幌、新潟の新馬を勝利。僅か1ヶ月の間にポンポンポポポンと5勝。

昨年は数の上では圧倒的な数字を叩き出していましたが、上のクラスでは正直期待ハズレなところもありました。
しかし今年の2歳世代は、この前札幌で勝ったベストディールといい先日のエネアドといい重賞でも!と思わせる馬が多い(まぁここら辺は実際走ってみないとわかりませんけどね…)。

もしかしたら今年は量だけでなく質でも2歳戦からクラシックを圧倒するかもしれません。

1回札幌6日(8月28日)クローバー賞 芝1500m
マイネルロブスト・・・★★★★
スタートから道中、一貫して断然人気のオメガホームランを外からマーク。直線で窮屈な位置取りになっている本命馬を更に外から被せに行き完全に行き場を無くした騎乗は好プレイ。前走1200mのその他の馬とは力が違ったか。2ヶ月振りも何のそのの鋭い伸びで2着馬を差し切ってのOP勝ち。頭脳プレイも大きかったですが普通にこの馬強いです。

1回札幌6日(8月28日)新馬 芝1800m
ヴィルシーナ・・・★★★
好スタート、外の馬を行かせ楽に内の好位3、4番手につける。4コーナーから激しく手が動くもなかなかエンジンが掛からずちょいと置いていかれましたが、内から盛り返し直線に向くとエンジン全開。力強い伸びを見せインから豪快に差し切った。長くいい脚を使うタイプの馬でしょうか。タフな競馬が向いていそう。

4回新潟6日(8月28日)未勝利・牝馬 芝1400m
トップスカーレット・・・★★★
スタートもダッシュも速く先手も切れそうでしたが控えて先行集団の馬群の中を追走。速いペースでしたが直線に入っても手応えは十分。先に抜け出していた2着馬を内から力強く捻じ伏せた。ダイワメジャー産駒はこういうアガリが掛かるタフな展開に強いイメージがありますが、まさにその通りの競馬。

1回札幌5日(8月27日)新馬 芝1500m
ロゼシャンパーニュ・・・★★★
内の3、4番手を追走。3、4コーナーでは無理に動かず、直線手前でコーナーワークを利用し一気に内から前へ。直線での伸びも素晴らしく内から逃げ馬を交わして1馬身3/4差突き抜けた。スタート、瞬発力も良く、狭いところに突っ込める勝負根性あり。レースセンスの良い馬です。

4回新潟5日(8月27日)新馬 芝1600m
エネアド・・・★★★★★★
ドスローの瞬発力勝負を後方から。アガリ32秒5という数字は2、3着馬も32秒台を使っていますのでそういうアガリが出る馬場、出る展開だったのかなぁという気もしますけど、4着以下を8馬身ちぎってる2頭を余裕たっぷりに差し切ってますからねぇ。瞬発力ではかなり抜けた存在、G気任睇雋錣砲覆襯譽戰襪と。あとは坂のあるコースではどんな脚を使えるのか?そして距離はどこまで持つのだろうか?でしょうか。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月28日

新潟記念、キーンランドC 回顧

新潟記念 予想

 1着−ナリタクリスタル
 2着〇サンライズベガ
 3着−セイクリッドバレー
 4着−タッチミーノット
 5着▲プティプランセス

 6着◎オペラブラーボ
 7着△シャイニーブラウン
 8着△エオリアンハープ
10着△ヤマニンキングリー
11着△ホワイトピルグリム

少頭数なのでどうかな?とも思いましたが前で決まりましたねぇ。◎オペラブラーボも離れた3番手追走とまさに思惑通り!絶好の位置取りに見えたんですが、直線では弾けませんでした…。残念。
前の2頭とはかなり距離がありましたので、逃げ馬のような役割になっちゃったのかしら。

ま、馬券は外してしまいましたが前残り狙いというのは予想としては良かったのかなと。どちらを本命にしようかで迷ったサンライズベガもちゃっかり2着に来てますし。
ただ仮にオペラブラーボが3着に入ってたとしてもナリタクリスタル切ってるんでスカなんですけどね…。
57キロ以上のハンデが不振のレースとはいえ、昨年このレースを3番手から押し切ってるナリタクリスタルを前残り予想で無印にしたのはあまりにもお粗末。しかも5番人気ですからねぇ。

勝負事にタラレバはないとはよく言いますが、もしオペラブラーボが来ていたらと思うと、またもしサンライズベガから買っていたらと思うとゾッとしました。

来たら割り切れない馬は押さえておくべきですよね。反省です。


キーンランドC

 1着◎カレンチャン
 2着−ビ−ビーガルダン
 3着△パドトロワ
 4着▲ケイアイアストン
 5着−ショウナンカザン

 8着〇グランプリエンゼル
 9着×ジョーカプチーノ
13着△マヤノツルギ
14着×アンシェルブルー

新潟記念の方はあまり自信がなかったので外れるかなとも思っていたんですけど、こちらは当たる気満々。
カレンチャンの着が狂うか、ジョーカプチーノが飛べばの高配当狙い!配当いくらかな?ってな感じで観ていたんですが…。

ビービーガルダァァァァァァァーン

まだだ!まだ終わらんよだったのね?しかしここで来るとは!とは決していえない。札幌5連対、函館4連対の洋芝巧者。むしろここでしか買えないと思わなくちゃいけない馬。
正直馬柱みた瞬間スルーしてました。58キロで突っ込んでくるとは恐れ入ります。
よくよく見直したら高松宮も4着。こりゃ本番も頭に入れとかなきゃいきませんね。

で。カレンチャンですが、見事重賞3勝を含む4連勝で本番へ!着差はクビ差ですけど、激しい先手争いにも加わり早めに先頭にも立つという差し込まれてもおかしくない厳しい展開でしたが、きっちり残しました。これは強い。

同じクロフネ産駒のスリープレスナイトは5連勝でスプリンターズSを制覇。カレンチャン、偉大な先輩に続けるのか?
そしてダッシャーゴーゴーはまた降着するのか!?

スプリンターズS。楽しみでなりません。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月27日

新潟記念、キーンランドC 最終予想

本日の新潟新馬ではブレイクランアウトの半弟エネアド(父ディープインパクト)が快勝。ドスローで流れたとはいえそのアガリ3Fはなんと32秒5!
2、3着馬も32秒台のアガリで4着以下を8馬身ちぎっております。2歳新馬で3頭も32秒台を出しちゃう馬場。
そして逃げ馬不在でSペースになりそうなメンバー構成。

難しいレースになりそうですねぇ。。

新潟記念 データ

外が伸びるのは間違いないですが、決して内が悪いわけではなく今日の新潟も前残りのレースがいくつかあります。
ましてや出走馬のレベルに大きな差がある新馬戦と違いOPのメンバー。ドスローで流れればそう簡単には外は差して来れないはず。

そういう流れを予想して…◎オペラブラーボ。馬名の通りオペラハウス産駒ですが軽い馬場も得意で33秒台の脚はコンスタントに使える馬。新潟でも実際2戦し1000万下で1着、新潟大賞典では3着に好走しています。
好位にも行ける馬なので今回は前に付けてくれれば!そういう意味で鞍上が中舘騎手に替わるのも魅力的。

〇はサンライズベガ。この馬とオペラブラーボどっちから行くか迷ったんですけどねぇ。ここ3走の負けっぷりがあまりにもなので。。
とはいえ新潟適性はこちらの方が上。先行できるという点もこちらが上。問題は仕上がりだけかと。

プティプランセス。前日オッズをみるとあまりにも過剰人気なのでやめようかとも思ったんですが、ここ2走をみても普通に新潟で速いアガリ使えてますからねぇ。おもけにハンデ50キロ。スローに流れれば前々走くらいのアガリを使って突っ込まれても不思議じゃない訳で。。
もっと人気がなければ喜んで買う馬なんですけど。

ハンデ57キロ以上の馬はあまりよろしくないというデータがありますので思い切って57キロ以上の人気馬を切ってみようと思います。
シャイニーブラウンホワイトピルグリムエオリアンハープ。そして復調気配に見えるヤマニンキングリーヘ。

まぁ頭数が頭数なので普通にハンデ57キロ以上の実績馬の追い込みが決まってしまうかもしれませんけども。。

買い目
◎オペラブラーボ〇サンライズベガ▲プティプランセス
▲シャイニーブラウン、ホワイトピルグリム、エオリアンハープ、ヤマニンキングリー

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単 ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


キーンランドC データ

カレンチャン4連勝でスプリンターズSへなるか!?のキーンランドC。函館SS組が強いレースということでデータからも一押しの存在ではあるんですが、どうも1番人気も、函館SSの連対馬も2、3着が多いんですよね…。

ということで◎はカレンチャン。ですが狙いはこの馬が2、3着に入って高配当の3連単(勿論頭付けも買いますけど)。
普通に4連勝してくれても、先が楽しみになるという点で言うことなし。

〇はグランプリエンゼル。夏は牝馬といいますし、実際この馬自身が夏に強いタイプ。ここ2走連続好走で調子も上向きな感じ。舞台が得意の札幌に替われば当然馬券圏内に入ってこれるはず。

▲はケイアイアストン。函館SS組は6着以下からの巻き返しがまだないステップですが、同じ函館1200mのUHB杯は5着馬が2度馬券になっていますので、あまり気にしない。まだ5年分のデータしかありませんし、ステップとしては良い訳ですからそろそろ穴をあける頃じゃないのかなと。札幌適性に期待。

押さえはUHB杯組からパドトロワマヤノツルギ。1200mはやや短いのかなという気もするんですが函館SSでも好走しているアンシェルブルー。前走G気らの出走馬は未だ馬券絡みなく軽視したんですが、流石に切るまでにはいかないジョーカプチーノまで押さえて終了。

買い目
◎カレンチャン〇グランプリエンゼル▲ケイアイアストン
△パドトロワ、マヤノツルギ
×アンシェルブルー、ジョーカプチーノ

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△×× 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△×× 30点

ジョーカプチーノがぶっ飛んで、カレンチャンが2、3着に取りこぼせば凄い配当になりそう。何買おうかしら。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月25日

新潟記念 過去の傾向から

サマー2000シリーズの最終戦となる新潟記念ですが、今年は既にイタリアンレッドが七夕賞、小倉記念に連勝。
ポイント的に逆転の可能性がある馬が新潟記念に登録すらしていませんので、新潟記念やる前からイタリアンレッドの優勝が確定という状況。

大して注目していた訳じゃないのでまぁいいんですが、ちょいと盛り下がるといえば盛り下がる気も。

ま、ということで普通のローカルG轡魯鵐農錣砲覆辰討靴泙い泙靴燭(サマージョッキーシリーズには勿論大きく関係するかもしれませんけど)、新潟記念張り切って参りましょう。
参考データは過去10年分です。
上位人気の成績とハンデ
1番人気
1、2、12、2、8、4、6、18、5、6着
2番人気
4、1、11、6、10、6、1、2、14、4
3番人気
2、5、1、1、1、10、15、6、4、5
4番人気
5、11、10、8、3、2、4、8、15、
5番人気
7、10、4、11、2、8、10、15、1、1

人気馬は上位5番人気くらいまでは連対率にほぼ差はなく(4番人気がちと悪いですが)、大体どの人気馬も3割4割程度の連対率。
当然こうなると長い目で見れば1番人気よりは3番、5番人気あたりが狙い目になって来るわけですが…。こういうのって狙うと普通に1番人気が来たりしますからねぇ。難しいところ。
ハンデ戦らしく二桁人気も普通に絡んでくる難解なレースですが一応5番人気までの馬が総崩れというのは1回もなし。
連軸は5番人気以内の馬から手広く。

4番人気以内の馬のハンデ別成績(牝馬は+2キロ)
57キロ以上
4、11、8、3、8、4、6、15、4、6、4着
56、56.5キロ
1、2、5、12、1、1、6、18、5
55キロ
1、11、2、10、6、2、15、5、
54キロ以下
1、2、5、10、6、1、2、10、4、8、14

展開によってはアガリ33秒台を出す馬が続出するコース。最後の瞬発力勝負にハンデは文字通り大きなハンデになってる模様。
6番人気以下の馬ではトップガンジョーがハンデ57キロで優勝していますが、ハンデ57キロ以上で連に絡んだのはこの1頭だけ。基本的には軽ハンデ、重くても56キロ台までが良さそうな感じです。

前走成績から
前走G系対馬
7、1、4、12、13、8、1、3、4、6、6、15、16、18、1、5、7、7
前走G沓魁腺誼綰
5、1、10、2、11、3、2、3、4、2、1、2、8、9、13、15、3、12、14、18、1、2、
前走G沓驚絨焚
2、4、9、13、2、7、8、11、13、14、15、15、17、1、8、9、10、11、5、7、11、5、11、12、13、15、16、17、3、5、7、8、9、13、17、18、1、3、4、10、11、12、14、6、8、9、10、13、15、16、17、3、8、9、10、11、12、13、14、15、16着
前走条件戦勝ち馬
1、9、10、2、6、1、8、9、10、2、4、6、7、17、2、

上にも書きましたがペース次第では好位で先行してるような馬が平気で33秒台のアガリで押し切るレース。そうなるとどんなに力があっても後続勢は届かない訳でして…。前走成績はさほどアテにならないというのがこのレースの特徴。
準OPで勝ちきれる力があれば十分位置取り、展開次第で勝ち切れますし、逆に前走重賞で連対していたような馬でも展開が向かないと…。
前走から、よりはコース適性と展開予想で馬を選びたいレースです。

今日のまとめ
ということでどんな展開になりますかね?ということなんですけが、出走面子をみてみるとどうやら後ろから行きたそうな馬が揃ってる。ゆったり流れてヨーイドン!ということになりそうな予感。
この面子でどの馬が前目から行くのかわかりませんが、できるだけ前目から競馬ができそうな馬を選んで買ってみようかなと。という事で枠次第ですが現時点での本命候補はオペラブラーボ。何気に新潟でもいい結果残してますしね!


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月23日

キーンランドC 過去の傾向から

現在重賞2勝を含む3連勝中。ここまで10戦して8連対、馬券圏外を外したのは1度だけと全く底をみせていないカレンチャン
4連勝でG気鵬手となるのか?それとも高松宮記念で1番人気に支持されたいたG鞠ジョーカプチーノが意地をみせるのか。はたまた三度対戦となるアンシェルブルーがリベンジするのか。

ここの結果でG汽好廛螢鵐拭璽今咾寮力図がガラリと変わりそうですねぇ。カレンチャンが4連勝で出走するようだとダッシャーゴーゴーを抑えて1番人気なんてこともあるのかも?
ただ何気に16番人気の馬が勝ったり、13番人気の馬が2着に突っ込んだりしている波乱のレース。
終わったあとえぇぇぇぇっぇぇ〜!?なんていうびっくり仰天な結果になってる可能性もありますが…。

それではキーンランドC過去5年の傾向を。
上位人気の成績
1番人気
2、11、3、3、
2番人気
3、2、2、1、1
3番人気
4、3、5、5、8
4番人気
1、1、7、10、5

過去5年で馬券になった15頭のうち4番人気以内の馬が11頭。基本的には上位人気馬が強いレースといえそうです。
しかし08、09年は二桁人気馬の連絡み、昨年も2→6→8番人気で決まり3連複でも2万超の馬券と波乱含み。人気馬は来ても紐が荒れる可能性あり。ちなみに3連単は4番人気以内同士で決まっている06、07年を含め、5年連続で200倍を超える万馬券が出ています。人気馬同士での決着でも着が狂っての高配当に要注意です。

前走成績から(前走芝のレースのみです)
函館SS連対馬の成績
2、3、2、14、3、7、3、1、
函館SS3〜5着馬
3、4、10、12
函館SS6着以下
7、8、9、15、7、11着
函館SS以外のG供■猫靴馬対していた馬
6、4、7、
函館SS以外のG供■猫靴韮魁腺誼綰
1、9、
函館SS以外のG供■猫靴韮驚絨焚
7、13、12、1、14、3、14、15着
前走G欺仭馬
9、11、11、14、16、13、12着
OP特別で掲示板に載ってた馬
5、8、16、5、6、13、1、4、5、2、6、8、10、5、6、13
OP特別6着以下
4、6、15、5、9、11、12、16、9着
条件戦1着馬
10、14、8、10、2、13、10着

6着以下からの巻き返しは09年優勝のビービーガルダン(マイラーズC8着)と昨年のベストロケーション(CBC賞14着)の2頭のみ。
馬券になっている15頭中13頭は前走で掲示板に載っていた馬で二桁人気で波乱を演出した2頭もOP特別UHB杯で5着に入っています。調子も特に重要な夏場のレースですので前走成績は重視しておきたいところ。

今日のまとめ
函館SSの連対馬が過去5年で6頭も馬券になっておりデータからもカレンチャンはかなり有利な存在。ただこの函館SSの連対馬、見てわかるとおり2、3着が多いんですよね。
もしかしたら人気馬同士で決まっても06、07年のような着が狂っての3連単万馬券なんてこともあるのかも?
紐穴になりそうなのは函館SSで負けていた馬やUHB杯経由の馬。出てこれるのかわからないんですけどベーリングボーイマヤノツルギケイアイアストンなんかは面白そうです。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月22日

今年もタキオン牝馬が速い!サウンドオブハート

毎年のようにタキオンはいい馬を出しますねぇ。土曜新潟でデビューしたサウンドオブハート。瞬発力を武器としていた昨年のレーヴディソールとはちょいとタイプが違いそうですが、スピード感満点の走り。
無事なら、という枕詞がついちゃうのがタキオン産駒の悲しいところですが、この馬もまたクラシック路線を沸かせてくれそうな雰囲気がありそうです。
そういえばレーヴディソールの方は順調ならエリザベス女王杯で復帰できるかも?ということ。秋華賞に間に合わないのは残念ですけど、小回りの秋華賞向きの馬でもありませんしね。無事に具体的な復帰予定が聞けてよかった。

一方で注目された札幌日曜のメイクデビューは、注目馬の1頭アドマイヤトライが結局回避。出走したG鞠呂鯤譟∋个忙つ良血3頭が揃って負ける結果に…。
指名されてた馬なのでホッとしてる半面。良血馬が活躍すると競馬も盛り上がりますからねぇ。ちょいと残念な気も。
まぁ2戦目で変わり身をみせる馬も多くいますから次走以降にまた注目したいと思います。

4回小倉7日(8月20日)フェニックス賞 芝1200m
メイショウハガクレ・・・★★
9頭立て、その内3頭が地方馬という恵まれた組み合わせ(ちなみに残り6頭中3頭がシゲル)。3〜4角で1番人気のシゲルスダチに致命的な不利があり、直線猛追するも半馬身届かず。バラけた2番手につけていたこの馬は一杯になった逃げ馬を交わしただけという棚ボタ的なレース運びでOPをゲット。未勝利で勝ったから凄い!というよりも未勝利馬でも勝てるレースレベルになっちゃった感じが…

4回新潟3日(8月20日)新馬・牝馬 芝1400m
サウンドオブハート・・・★★★★★
好スタートもあえて控えて中団馬群の中。やや速いペースも楽な感じでの追走。4角で外に持ち出すと軽くまくって直線入り口ではもう先頭に並びかける状態。追われると一気に抜け出し、抜け出したあとは馬なりのまま後続を突き放しつつゴールイン。スピード能力非凡。むしろありすぎてマイルでどうなるかが心配なくらい。

1回札幌3日(8月20日)未勝利 芝1500m
クッカーニャ・・・★★★★
母父エルコンドルパサーのフジキセキ産駒。距離伸びて良かったのか素晴らしい変わり身。3戦目での初勝利。道中は好位のインで手応え抜群のまま追走。直線では前2頭の間から豪快に伸び、突き抜けた。牝馬ですが非常にパワフルでスピード感のある末脚。叔父にユートピア、アロハドリームがいる母系ですから力の要る馬場も得意なのかもしれません。

4回新潟3日(8月20日)未勝利 芝1600m
フライングバルーン・・・★★★
ハナも楽に切れそうな好スタートでしたが内の馬を行かせ2番手を追走。直線では直線半ばまで馬なりのまま追走するほど余裕の手応えで追い出しをギリギリまで我慢。追い出されてからは内に外にヨレヨレと若さも見せましたが、一気に後続を突き放し最後は3馬身半差の大楽勝。早めから追っていたら一体何馬身つけたのか?

1回札幌4日(8月21日)新馬・牝馬 芝1500m
ラシンティランテ・・・★★★
好スタートを切りましたが抑えて好位の馬群の中。道中はじっくりと脚を溜め4角で外に持ち出し前に並びかけた。コーナーワークで一旦離されたものの、エンジンが掛かるとあっさり。抜き去る前から流すような感じで前2頭を交わす余裕の勝利。レースセンスが良くスピード、瞬発力も上々。かなり走ってきそうな予感。

1回札幌4日(8月21日)新馬 芝1800m
マカハ・・・★★★
8頭と少頭数で1000m通過65秒3というSペース。道中は一団のまま流れ直線での瞬発力勝負に。なんですがその瞬発力勝負に参加できた馬は上位3頭のみ。ということでレースレベルはかなり疑問。前にいた3着馬を余裕を持って交わすと、後ろから差して来た2着馬とは同じ脚色。位置取りの差を生かしそのまま押し切った。瞬発力はかなりありそうですが、正直このレースではなんとも。試金石は次でしょうか。

4回新潟4日(8月21日)新馬 芝1800m
ヴュルデバンダム・・・★★★★
スタート後控えて後方からの競馬。かなりゆったりとしたペースで流れていましたが直線に入ったところでもまだ後ろから4、5番手という位置取り。直線で追われると溜めていた末脚が大爆発。外から一際目立つ末脚で追い込み、ゴール前で2着馬を捻じ伏せた。今の新潟は外が伸びるんでしょうけど1000m通過64秒8というSペースを後方から直線だけで抜き去る瞬発力は相当。あとは坂のあるコースでどうなるか?


競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月21日

札幌記念、レパードS 回顧

一応レパードSの馬連ゲットで重賞連続的中は継続も、豪快なトリガミ。
スランプは長いが好調期間は短し…。

札幌記念 予想

 1着◎トーセンジョーダン
 2着−アクシオン
 3着−レッドディザイア
 4着〇コスモネモシン
 5着▲カリバーン

 7着△マイネルスターリー
10着△ヤングアットハート

貫禄の。とまでは言えませんがトーセンジョーダンが1番人気に応えてハナ差で捻じ伏せた。レース後の鞍上福永騎手のコメントにもあるとおり、手応えはまるで良く見えず。直線でもレッドディザイアに交わされたかと思うような脚色。
それでも並ばれてからもう一伸びしきっちりアクシオンを交わすあたりが絶対能力の差ということなんでしょうか。
デキは悪くても結果を残すあたりは流石。秋に繋がる競馬だったと思います。

レッドディザイアの方は直線突き抜けるような手応えを見せましたが…。最後は勝ち馬に突き放されたというか、勝ってに脚があがっちゃったというか。。
それでもアガリ最速の末脚で3着。有馬記念以来久々ということを考えれば上々の内容。こちらも秋の復活に向け楽しみな競馬でした。

終わってみれば前走G欺仭の人気馬2頭が1、3着。2着にはこれで札幌実績2−3−1−0のアクシオンが入り3連単18,510円…。
獲れる人にとっては実に簡単に高配当をゲットして笑いが止まらないレースだったのかも。。

私の場合レッドディザイアは来たら仕方なしと割り切って消したので3連単に悔いも未練もありませんが、アクシオンとの馬連は悔い残りまくり。
今更だけど何で切ったんだろうか?猛省です。


レパードS

 1着◎ボレアス
 2着〇タカオノボル
 3着−タナトス
 4着−タガノロックオン
 5着△ダートムーア

 6着▲サトノサミット
 7着△インディーズゲーム
 8着△コスタパラメーラ
14着△ファストワーカー

こちらは馬連が本命・対抗で的中!なんて書くと格好がつきますけど、1、2番人気馬での馬連決着。
しかも◎ボレアスは2、3着くせえなぁと思っていましたし〇タカオノボルも安定感なさそうで飛ぶんじゃないかと思ってたくらいでして。
この組み合わせの馬連まったく厚く買っておりません。散々手を広げた挙句馬連570円だけが的中。トリガミもいいところ。
このレースだけでも鼻血が出るほどマイナスであります。ダートムーアの追い込みに夢は見れましたけどね…。

勝ち切れない馬だと思っていたボレアスは結局2馬身も突き抜ける快勝。強いじゃないか…。勝ち切れないようにみえたのはグレープブランデーが強すぎたせいだったのか。
しっかしボレアスに3戦3勝。先行すれば押し切り、後ろから行けば差し切るグレープブランデーは果たしてどんだけ強いのだろうか?
ダート路線も古馬勢との対決が非常に楽しみです。

ちなみにWIN5は小倉のガンダーラで終了。サンライズマックスが差し切っていたら新潟ではボレアスを買っていなかったので多分悶絶してたものと思われます。
ガンダーラありがとう!


もん‐ぜつ【悶絶】[名](スル)苦しみもだえて気絶すること。「あまりの苦痛に―する」


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList