2011年08月

2011年08月07日

関屋記念、函館2歳S 回顧

サマーシリーズではないものの、とりあえず夏のローカル重賞初的中。
これで流れが変わればいいなぁ。

まずは惨敗した関屋記念から。

関屋記念 予想

1着−レインボーペガサス
2着△エアラフォン
3着−サトノフローラ
4着△マウネルクラリティ
5着◎セイクリッドバレー

6着〇スズジュピター
7着△リザーブカード
8着△アブソリュート
9着▲エイシンサクセス

OP実績のある馬たちが近走不振だったり、またセイクリッドバレーは勝ち切れないタイプの馬ということで、前走条件戦出走馬の突っ込みもあるのかなぁとは思ってはいたんですけど…。

ワンツースリーとはちょいと情けないですかね。

特に責められなくてはいけない馬はセイクリッドバレーの騎乗。昨年なんて平気でアガリ32秒台前半が出ているレース、今日の2歳新馬でも33秒台半ばが出ています。頭数も頭数ですからペースも上がらず先行、中団待機の馬からそういうアガリを使う馬が出てくるのは容易に想像がつくはず。
道中最後方から33秒台の脚を使っても届かないのは、ちょっと考えれば…。
ましてや相手も相手。スタートも悪くありませんでしたしね。実績では1枚抜けてただけにちょいと消極的な騎乗に映りました。

まぁこの馬が突っ込んできても馬券外れてるんですけどね。なので文句はこのくらいにしておきます。

前走条件戦出走馬とはいえ、何だかんだで2〜4番人気の人気どころでワンツースリー。
1着レインボーペガサスは3歳時に皐月賞4着、ダービーでは5着に好走した素質馬。また2着エアラフォンもこれで12戦9連対と底を見せていません。

3着馬も含めて楽しみな馬が上位に来たかな、と思う反面。3、4着馬をみるとホントに重賞のレベルにあったのか?という疑問も。
“重賞好走”ということで更に次走人気になるようなら、また逆らってみようかなとも思いました。


函館2歳S

 1着◎ファインチョイス
 2着▲アイムユアーズ
 3着〇ナイスヘイロー
 4着△コスモメガトロン
 5着△エクスクライム

11着△エクセルシオール

こちらは久しぶりに改心の一撃。何だかんだで今年もラベンダー賞組が馬券絡みしましたね。ラベンダー賞で実質2着に入る力がありながらも降着により人気をおとしていたナイスヘイローが3着に入り3連単はびっくりするほど高配当に。
そして何だかんだで今年もキャリア1戦の人気馬同士では決まりませんでした。キャリア1戦の人気馬が飛ぶのはただ単に確率の問題だと思うので、いつかはワンツーする日も来るんでしょうけど。
馬券の作戦としては暫くは1頭を軸で買ったら、他のキャリア1戦馬は軽視というスタンスでいいのかもしれません。

勝ったファインチョイスに関しては明日以降の新馬レビューで詳しく書くとして、今日は久しぶりに祝杯をあげちゃおうと思います。
以前POGで指名していたアドマイヤムーン産駒の重賞初勝利ですから!


まぁ現PO馬コーダリー残念会でもあるんですけどね…。
1回使われて良くなると思ったのに。。



競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月06日

関屋記念、函館2歳S 最終予想

お出掛けでちょいと帰りが遅くなりましたので簡単に。

まずは関屋記念 データ

前日1番人気はデュランダル産駒のエアラフォン。3連勝中とはいえ重賞初挑戦、新潟初挑戦のこの馬が、新潟5勝の重賞ウイナーであるセイクリッドバレーより人気とは。ちょっと被りすぎな気も…。

セイクリッドバレー。過去10年で前走条件戦出走馬の連対なし。というデータを重視すれば当然前走重賞で好走しているこの馬が本命に。上にも書いたように新潟実績も抜群ですしね。
抜けた人気でもおかしくない馬が前日2番人気の“低評価”ならば逆らう要素はございません。

スズジュピター。前走条件戦の出走馬軽視のスタンスで行くとなるとこの馬が対抗に浮上。この馬もまた新潟実績は2−1−1−2と良いですしね!
前走がOP、重賞であれば平気で二桁着順からも巻き返してますし前走の大敗も気にならない。

エイシンサクセス。条件戦出走馬軽視のスタンスで予想してますが、今年は出走馬の約半数が前走条件戦に出走。これだけ頭数が多いと流石に総切りも出来ないわけでして…。
ということで条件戦出走馬の中からはここ7戦中4戦でアガリ最速を記録しているこの馬を狙ってみたいと思います。

押さえにアブソリュートマイネルクラリティ。忘れた頃のリザーブカード
エアラフォンは消したろうかと思ってたんですが、こんなに負け続けているのにあえて消す必要がどこにあるのかと。
弱気に押さえてみたいと思います…。

買い目
◎セイクリッドバレー〇スズジュピター▲エイシンサクセス
△アブソリュート、マイネルクラリティ、リザーブカード、エアラフォン

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点


函館2歳S データ

大半の馬がキャリア1戦ということで自分の観た目を信じて。

ファインチョイス。デビュー戦では先行して押し切ってる訳ですが、スタートの速さとスピードの違いで前に行っただけで、終いの伸び脚が強烈。先行馬というよりも差し馬っぽい印象を受けました。
新馬、未勝利レベルでは逃げ・先行からスピードの違いで押し切る競馬が多いのが2歳戦ですが、重賞レベルでは差し・追い込みが有利。脚質転化して更に良さがでそうなこの馬を本命に。

ナイスヘイロー。対抗はコスモメガトロンでも良いんですけどね。。キャリア1戦の人気馬同士ではなかなか決まらないレースなので本命をキャリア1戦の馬にした以上は対抗、単穴はキャリア2戦の馬にしようかなと。
何だかんだで毎年のように絡むラベンダー賞組。降着で評価が下がってるようなので厚めに買いたいところ。

アイムユアーズ。対抗馬と同様の理由でキャリア2戦の馬を上位にということで。血統からも力の要る馬場は良さそうですからね!

押さえに軽視したキャリア1戦の人気馬コスモメガトロンエクセルシオールエクスクライムの3頭を。

買い目
◎ファインチョイス〇ナイスヘイロー▲アイムユアーズ
△コスモメガトロン、エクセルシオール、エクスクライム

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単 ◎→〇▲△△△→〇▲△△△ 20点

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月04日

関屋記念 過去の傾向から

今年は12頭立てになった関屋記念。夏のローカル重賞未勝利の私にとっては何とも心強い頭数。まぁこんなこと言ってる時点で気持ち的に負けなんでしょうけど。

それはさておき今年の12頭なんですが、随分と前走条件戦出走馬が多い。半分までは行かないものの何と5頭が前走条件戦の出走馬。
逆に前走重賞に出走していた馬は4頭しかいないんですよね。そしてその4頭中が3頭がタニノギムレット産駒だったりします。
このレース過去10年では前走条件戦出走で連対した馬はいないんですが、今年はこのタニノギムレット産駒が壁になれるんでしょうか?
なんか同じ種牡馬の子供なんで流れが向かなかったら揃って消えそうな可能性も?

頭数が少ない割りに難解な予感。とりあえず関屋記念、過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
3、1、3、1、2、3、1、1、2、
2番人気
5、4、8、5、1、10、13、6、1、2
3番人気
4、3、9、3、8、14、2、8、16、9
4番人気
1、6、2、6、11、5、11、4、4、7

ここまで1番人気が圧倒的な成績を誇っていましたが昨年ついに着外に。ただ代わりに2番人気が連対しておりますので、とりあえずは1、2番人気が揃って馬券圏内を外したことはなし。
また06年を除く9回で4番人気以内の馬が連対。8番人気以下の馬が6連対、3着6回とやたらと紐が荒れるレースですが案外軸は堅いようです。
馬券は人気馬からの紐荒れ、高配当狙いがおすすめ。

前走成績から
安田記念出走馬
5、3、2、3、4、
G供■猫靴韮誼絨米
3、4、12、6、1、5、8、12、14、1、9、14、16、7、2、17、2、2、
G供■猫靴韮驚絨焚
2、9、7、13、14、4、7、11、2、4、11、7、15、17、18、1、2、8、15、5、9、12、14、16、1、4、7、10、11、12、12、13、16、17、1、3、15、18
OP特別で5着以内
1、8、1、4、9、10、11、1、2、5、8、9、12、3、13、3、3、6、11、5、6、10、13、11、13、6、8、3、6、14、5、7、12着
OP特別6着以下
2、6、8、14、15、16、6、7、9、9、15、8、10、12、13、9、11、12、3、6、8、10、18、2、3、9、5、7、10、11、15、18、4、7、10、14、17
1600万条件連対馬
7、15、5、8、6着
1000万条件1着馬
7、

上にも書きましたがこれまで前走条件戦からの連対馬はなく、馬券に絡んだのは02年1000万下1着から3着に入ったビッグフリートのみ(3番人気)。
ちなみに1番人気が唯一馬券圏外に飛んだ昨年のスピリタスも前走条件戦の出走馬です。まぁ今年の場合は出走馬の半数近くが条件戦出走馬になりますので、あまり“重賞の壁”というのはないのかもしれませんが、一応データからは軽視したいステップ。

今日のまとめ
新潟7戦5連対。データからとコース実績を考えれば軸はセイクリッドバレーでいいように思う。ただこの馬相手なりに走るタイプですからねぇ。重賞の壁になれる存在かと聞かれれば何だか怪しい気も…。
残りの2頭アブソリュートはここ5走連続で二桁着順ですし、スズジュピターも古馬になってからは、むしろこの馬自身が重賞に壁を感じてるような馬ですし…。
マイネルファルケもここ4走は二桁着順。おまけに金杯以来半年明けですからねぇ…。データからは軽視なんですが今年は普通に条件戦からの出走馬が勝っちゃいそうな予感。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月02日

函館2歳S 過去の傾向から

あまり。というか殆ど来年のクラシックには繋がらないレースではありますが、過去10年ではローレルゲレイロやフィフスペトル、アンブロワーズなど2歳G気馬対した馬も登場。
何気に目の離せないレースだったりします。
今年もここで終わっちゃう馬よりせめて2歳G気泙任漏擇靴瓩修Δ頁呂望絨未僕茲突澆靴い箸海蹇

今年の注目は新種牡馬アドマイヤムーン産駒の牝馬ファインチョイス。夏場のローカル重賞は新種牡馬の産駒が活躍しやすい傾向にありますが、いきなり世代初の重賞を制覇することになるのでしょうか?
サクラバクシンオー産駒の快速馬コスモメガトロンや中山の新馬でいい勝ち方をしてきたエクセルシオールエクスクライムとの対決。楽しみです。

それでは函館2歳S、過去10年の傾向です。

上位人気の成績()内は札幌開催
1番人気
2、8、5、2、314、6、2、)、
2番人気
4、4、1、9、11、6、3、1、)、
3番人気
1、7、2、4、1、9、7、14、(10)、
4番人気
8、6、3、7、7、5、9、7、(6)、9着

3番人気以内同士での馬連決着が5回。その一方で5番人気以下同士での馬連決着も3回。ガチガチか荒れるかで両極端な結果になりやすいようです。
ただキャリア1、2戦の馬が大半を占める2歳重賞でこの上位人気の成績はかなり上出来な気がしますが…。
思ったより堅い決着が多いレース、キャリア1戦の1番人気の馬なんて買えねーよ!なんて抜かしてると痛い目に合うかも。

ラベンダー賞
1着馬
4、5、4、6、1、2、
2着馬
3、2、7、10、11、11、(8)、
3着以下
7、10、10、4、5、12、14、16、9、2、4、5、7、4、5、7、(12、15)、4

パッと見ではラベンダー賞組そんな良くないじゃん!とも思える成績ですが、過去10年中8年でラベンダー賞組が馬券絡み(7年で連対)。
3着以下の成績が良くないので基本狙いは連対馬ということになりますが、今年は勝ち馬が不在。2着馬は繰り上りと何だか怪しい雰囲気。前走降着で人気を落とすようなら2位入線のナイスヘイローは面白い存在かも?

キャリアと人気から()内は札幌開催
1〜4番人気でキャリア1戦の馬
5、7、4、8、7、8、1、3、2、9、3、7、11、5、9、14、3、6、9、1、14、(1、6、10)、1、3、
1〜4番人気でキャリア2戦以上の馬
1、2、1、2、4、6、2、5、4、7、1、6、7、2、7、()、
5〜9番人気でキャリア1戦の馬
5、9、7、8、9、1、10、13、2、6、1、3、8、3、5、6、13、(3、13、16)、4、7、13
5〜9番人気でキャリア2戦以上の馬
3、4、6、8、9、3、7、10、13、1、2、3、5、4、6、3、8、5、9、10、2、4、8、1、5、10、11、(8、9)、5、8

1〜4番人気に支持されたキャリア1戦の馬は27頭が出走し5連対。5番人気以下も含めるとキャリア1戦の馬が過去10年で6勝している訳でして軽視なんてとても出来ませんが、上位人気馬に関してはキャリア1戦より2戦の方が多少は信頼できるかなと。
また確率からいえばキャリア1戦の人気馬同士の馬連にドーンとぶっこむのは危険ということで。

今日のまとめ
この時期の2歳重賞ということでデータというほどのデータはありません。特に今年はラベンダー賞組が微妙ですし…。
もう今からでも新馬戦を観直して自分の目でこの馬つえー!と思えた馬から行くのが1番いいんじゃないかと。
ということで週末までに観直して来ようと思います。まぁお酒を飲みながら観るので翌日すっかり、すっきりと忘れてそうですけど…

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2011年08月01日

ディープ産駒の2世代目が初勝利 ヒーラ

初年度産駒の昨年とは使い方も違ってきてるハズなので、初勝利までちょいと時間が掛かりましたが問題はなしといったところでしょうか。
とりあえずディープインパクトの2世代目、これで初勝利。ちなみにこれまで8頭がデビューし9回出走。1−4−0−4と連対率55.6%。6着以下2回という堅実な成績。
まぁ、のべ9頭の出走中8頭が3番人気以内という人気馬ばかりなので好成績も頷けるんですが、逆に考えるとそれだけ人気馬ばかりというのも凄いですよね。

ちなみに唯一4番人気以下だったのは私の指名馬アルアマーナだったりします…。

3回新潟5日(7月30日)新馬 芝1600m
クリッピングエリア・・・★★★★
何かと話題のシンボリクリスエス×母父SSの配合で母はエアウイングス、姉にウイングレットという良血馬。道中は中団外目を追走し直線では馬場のど真ん中から豪快に追われて伸びてきた。牝馬ですが500キロオーバーの大型馬でエンジンの掛かりも遅く、直線では外によれたりと若さも見せていましたが、エンジンが掛かるとグイっと一伸び。内の先行馬を交わし、外からきた2着馬の猛追もクビ差で凌いだ。一叩きされてぐーんと良くなりそう。

4回小倉1日(7月30日)新馬 芝1200m
シゲルシバグリ・・・★★★
好枠からスーッと前へ。好スタートを切ったのが同馬主のシゲルバナナだったせいか無理なく先手を切れた。2番手にバナナを引き連れてのマイペースな逃げで直線に入っても余力十分。あっさりと後続を突き放し最後は3馬身差での楽勝。ちょいと展開的に楽だったかな?というのはありますが、直線では逆に突き放してますしね。普通に能力も高そうです。

4回小倉2日(7月31日)未勝利 芝1200m
オウケンハナミズキ・・・★★★
コスモネモシンの半妹でバゴ産駒。スタートはびっくりするくらいのロケットスタートを切って2馬身ほど抜け出す。ハナを切りたそうな感じでしたが、引っ掛かった最内枠の馬にあっさり抜かれ2番手を追走。直線ではその逃げた3着馬と3番手で追走していた2着馬との3頭による追い比べになりましたが、真ん中から捻じ伏せた。小さい馬ですが根性がありそうな感じ。

4回小倉2日(7月31日) 新馬 芝1200m
ヴェアデイロス・・・★★
スタート後追って4番手。あまりダッシュは速くないかも?4コーナーで外から前に並びかけると直線でも追って追って前で粘るカジキを競り落とした。この馬も小柄な馬ですが軽快なスピードで圧倒するタイプというよりも追って追って良さそうなタイプ。ただ上積みがないと上ではスピード負けしちゃうかも?ちなみにこのレースはバクシンオー産駒のワンツーです。

2回函館6日(7月31日)新馬 芝1800m
ヒーラ・・・★★★★
道中は中団で待機。外からちょいちょい交わされましたが折り合い面も上々で引っ掛かることもなく脚を温存。勝負どころで一気に外からまくると直線でもタレることなく抜け出した。2着アーデントが物凄い勢いで追い込んできましたが、最後まで脚色は衰えず1馬身ほどのリードを保ったまま楽々と押し切った。この馬もまた小さい馬なんですが力のいる函館の馬場をあっさり克服。切れる馬場ではどんな脚を使うのか見てみたい。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList