2011年10月

2011年10月31日

注目の萩Sは超人気薄スノードンが制す!

今年も評判馬が集まった注目の萩Sですが、まさか8頭立てで単勝万馬券が出るとは…。
アドマイヤムーン産駒の最低人気スノードンが鮮やかに抜け出しての快勝。人気は全くありませんでしたがレース内容は決して恵まれてのものではなく次走も期待できそうな勝ちっぷり。
一方ここを勝つようだと暮れの2歳女王決定戦で1番人気もあるか!?とも思われたアナスタシアブルーは距離が長かったか?牡馬相手の1800mはまだ厳しかったか?直線で失速4着に。

牝馬路線は今年もいい馬は多いものの、まだ抜け出すような馬はおらず。今週のファンタジーSの結果がJFでの人気に大きく影響を与えそうな感じです。

どの種牡馬の産駒が勝つのか?注目です。


5回京都7日(10月29日)萩S 芝1800m
スノードン・・・★★★★
スタートで煽るも直ぐに馬群に取り付き中団後ろのインで脚を溜めながらの追走。コーナーは内から1番人気馬と併せるようなかたちで直線へ。直線では徐々に外に持ち出しながら前を捕らえ伸びあぐねるアナスタシアブルーを競り落とす。2、3着馬とは脚色変わらず。コース取りの差で付けていたリードを活かして押し切った。人気薄も強い内容。着順は位置取りの差も出たとは思いますが、2、3着馬とも同等以上の評価を与えられる能力の高さ。

5回京都7日(10月29日)新馬 芝2000m
アルキメデス・・・★★★★★
アドマイヤムーン産駒で母父Seeking the Gold。スタートはゆったりも、あっさり好位に取り付きスローな流れを3番手で追走。4コーナーでは外から馬也のまま先頭に並びかけるほどの抜群の手応えで、直線追われると力強い末脚であっさり前を捻じ伏せあとは流してゴールイン。レースセンスが良くパワフルな走り。抜き去るときの加速も速い。どんな競馬場でも力を出せそうなタイプ。

5回京都7日(10月29日)未勝利 芝1600m
ピュアソウル・・・★★★★
母のヒストリックスターは2冠牝馬ベガの唯一の後継繁殖牝馬。ということで競馬的にいうと初孫にあたります。道中は先行集団直後の馬群の中を追走。そのままの体勢で抜群の手応えのまま直線へ。直線でも馬群の中で出しどころがない状態でしたが、外に進路ができるとそこからスイスイ加速。余裕たっぷり前を交わし去った。まともに追えたのは正味ラスト1Fといった感じで、そこからあっさり交わせる瞬発力が凄い。

4回東京8日(10月29日)新馬・牝馬 芝1400m
トーホウジュリア・・・★★★
メイショウボーラー産駒。外枠から絶好のスタート、二の脚も速く楽々とハナへ。道中は速い流れで後続を引っ張り縦長の展開に。Hペースで追いかけてきた他の先行馬の脚色をなくすと、後続の追い上げは序盤のリードで楽々と押し切った。距離延長は?ですが、上でも通用しそうなスピード感溢れる走り。

4回東京8日(10月29日)未勝利 芝1600m
ブライアンズオーラ・・・★★★
ダッシュがつかなかったか?控えたのか?スタートは五分もすぐさま最後方へ。4角でも大外を回し最後方のまま直線に向きましたが…。2歳未勝利にしては速い流れでこの後方待機がばっちり嵌る。内でジリジリとしか伸びない先行勢を馬場のど真ん中から楽な手応えで追い抜き2馬身突き抜けた。1頭まるで違った脚色でしたが、1頭だけ違う流れで競馬をして展開が嵌ったようにも…。

4回東京8日(10月29日)未勝利 芝2000m
フジマサエンペラー・・・★★★
シンボリクリスエス産駒で母チューニー。1頭が大逃げを打つ展開、道中は中団馬群の外目を追走。4角で内に入れると直線半ばで馬群を割って伸びてきた。外2頭と馬体を併せながらの追い比べになりましたが最後まで抜かさせず、逆にゴール前では突き放しての勝利。後ろから追いかけられる厳しい追い比べを制したしぶとい走り。混戦に向きそうなタイプです。

5回新潟5日(10月29日)きんもくせい特別 芝1600m
アルフレード・・・★★★★+
ゆったりとした流れで直線での瞬発力勝負。中団追走から直線ど真ん中をアガリ32秒5の末脚で突き抜けた。中山で走った初戦はエンジンの掛かりが遅いように見えたんですが大型馬らしく1度使って変わったか?今回は反応も良く追われると直ぐにエンジン全開。Sクリスエス産駒らしいパワフルな走りで終いの切れも素晴らしい。ローカル開催を使った為、次走さほど人気にならないかもですが、重賞でも要注意の存在ということで★1つ追加!

5回京都8日(10月30日)新馬 芝1600m
マデイラ・・・★★★★
クロフネ産駒。中団後ろのインから脚を溜めながら追走すると、4コーナーでは一気に大外へ。というか曲がり切れなかったような気も…?折角インをロスなく回ったのに勝負どころで置いていかれ大変なロス。しかし直線に入ると1頭外から他馬とはまるで違う脚色で直線一気の牛蒡抜き!かなり荒削りな印象ですがポテンシャルは相当高そう。不器用なところが出世の妨げになりそうな気もしますが…。

4回東京9日(10月30日)くるみ賞 芝1400m
トウケイヘイロー・・・★★★
最内枠から好スタートを切り控えて好位の内。しっかり脚を溜め抜群の手応えのまま直線へ。直線でも手応えは良く追い出しも我慢する余裕あり。いざ追い出されてからは手応えどおりの伸びを見せ、前2頭を余裕を持って抜き去った。この距離を好位で楽に追走するスピードから1200、1400mが良さそうなタイプ。

4回東京9日(10月30日)新馬 芝2000m
フェノーメノ・・・★★★
好スタートからスーッと前へ、途中外から上がってきた4着馬と併走するような形で先頭に立つとゆったりとしたペースでレースを引っ張る。直線での追い比べは終始馬体を併せられながらの厳しい展開でしたが、最後まできっちりと伸び切り後続の追撃をクビ差で凌ぎきった。ハデさはありませんがレースセンスも良くしぶとく粘れる。ステイゴールド産駒に多い中山で走りそうなタイプにみえます。

4回東京9日(10月30日)新馬 芝1600m
シャンボールフィズ・・・★★★★
アプリコットフィズ、クラレントの半妹でキングカメハメハ産駒。この兄弟はみんな種馬違いますがほんと良く走りますねぇ。スタートも良く二の脚も速かったですが控えて中団やや前目の馬群の中を追走。直線では早々に先行勢に並びかけ横一線からの追い比べ。ラスト1Fあたりからグングン後続を突き放し差を広げながらゴールイン。レースセンスよく瞬発力も上々。姉兄同様に重賞でも活躍できそうな雰囲気。

4回東京9日(10月30日)未勝利 芝1800m
ストローハット・・・★★★★
フジキセキ産駒。好スタートを切るも控える形、道中は掛かる仕草もみせるながらも中団で待機。4コーナーで追撃体勢に入ると外からグーンとマクって直線入り口では早くも2番手。直線での伸びも素晴らしく、逃げて突き放しにかかる2着馬を外から余裕たっぷりに捻じ伏せた。札幌でも良い末脚を使っており力の要る馬場も問題なさそう。まくる時の加速の仕方に大物感たっぷり。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年10月30日

天皇賞(秋)回顧 トーセンジョーダン驚異的レコードV

最強世代と言われている4歳世代は宝塚に引き続き中・長距離路線のG気鮠,討此8縮鮑廼牝馬は国内では初めて馬券圏内をはずした。
また春のグランプリホースもHペースに巻き込まれ大失速…。

勝ったのは最弱世代とも揶揄された5歳牡馬世代のトーセンジョーダン

しっかし1分56秒1?

なここれ、ダビスタですか!?ちょっと異常なレースになってしまいましたねぇ。

天皇賞(秋) 予想

 1着△トーセンジョーダン
 2着▲ダイークシャドウ
 3着−ペルーサ
 4着△ブエナビスタ
 5着△トゥザグローリー

 6着◎エイシンフラッシュ
10着〇ローズキングダム
14着△アーネストリー

シルポートが作り出した“超”がつくほどのHペースは前半1000m、56秒5!これはあのサイレンススズカが98年に叩き出したペースよりもコンマ9秒も速い。
さすがに後続も追いかけず単騎逃げになっていましたが、それでも2番手以下も相当なHペースになっていたと思われます。正確なラップはわかりませんけど画面上で確認すると57秒半ばくらいでしょうか?

これじゃあね…。先行勢は壊滅して仕方なし。

蛯名騎手はレースをぶっ壊したと言われてもフォローはできない暴走ラップ。しかもそのペースを作った本人は直線半ばで早々にスタミナ切れを起こしアガリ3F38秒9というバテっぷりでブービー。(ちなみに最下位は2番手追走のビッグウィーク)
まぁ大敗は逃げ馬の宿命。積極的な逃げで勝機を見出すのは人気薄なら尚更だとも思いますが、ちょっとこれはいただけない。
自分の馬券が外れたからではなく(ホントはちょっとあります)、純粋に力関係がどうなのかがわからなくなってしまった。それを楽しみに観てた人も多かったハズ。ペースによって結果がガラリと変わるのは致し方なしですし、それも競馬の醍醐味なんでしょうけども…。ここまで玉砕的な逃げだとちょっと待ってくれよと。何がしたかったんだとも言いたくもなります。
まぁ2番手以下がもっと離れて追走できれば、というのもあるんでしょうけど。有力馬の1頭アーネストリーが大外枠から先手を獲りにいったことである程度勢いもついちゃったんでしょうか?

ということで散々愚痴っちゃいましたが、馬券はハズレ。◎エイシンフラッシュが先行勢の中では崩れず見せ場もつくってくれましたのでその辺りは満足。
ブエナビスタは2着馬と差のない位置取りでレースを進めていましたが、直線外が開かず内から追い出しちゃったのが堪えたのかも?
懸念していた通り、ややズブくなってるように観えたので休養明けやピーク落ちの可能性も捨て切れませんが…。
ローズキングダムは…。これ、日経賞あたりから前目からの競馬をしていますが、本来の末を活かす競馬であれば馬券に絡んでた流れじゃないでしょうか?
宝塚でも先行して捻じ伏せられてたので、戻してくるかと思ったんですけどねぇ。この辺りは騎手がコロコロ変わる馬の不利なところか。

上位に喰い込んだ3頭は勿論次走も楽しみですが、大敗した馬も敗因はしっかり。各馬ジャパンCや有馬記念では巻き返せるはずです。
しかし、今日の結果である程度の力関係がわかると思ったんですけどねぇ。より混戦に拍車が掛かった状態でジャパンCへ。
まぁ残念なレースではありましたが、楽しみが後に伸びたとプラス思考に考えますか…。

では自棄酒してきます。


競馬blogランキング
TOPへ戻る

にほんブログ村 競馬ブログへ

2011年10月29日

天皇賞(秋) 最終予想

今日のことは綺麗に忘れて明日の天皇賞へ。

しっかしアーネストリー大外枠ですかぁ。。不向きにも見える東京コース。しかし大好きなグラスワンダー産駒。宝塚で買わずに悔しい思いをしていただけに、ここでの扱いを迷いに迷っていたんですがこの枠ですかぁ…。

天皇賞(秋) データ

今日のレースを観ると前も残る馬場ではありますが、逃げ馬は厳しい傾向にあるのが天皇賞(秋)。ましてや宝塚ではアーネストリーが前から押し切ってますからねぇ。今回も前からでしょうし、当然宝塚よりマークも厳しくなる…。
ましては不利とされる大外枠からの出走。ここは割り切って有馬記念で買おうかなと。
連覇の掛かるブエナビスタは今年も宝塚からのぶっつけ。負けても負けて強し!の惜しい競馬が多かった昨年までのブエナビスタですが、宝塚で突っ込んで来たのは最後の最後で2着争いに加わるのがやっと。ヴィクトリアマイルは最終的にはクビ差まで迫ってますが、アパパネに完全に抜け出されてるんですよね。こちらもゴール前でなんとかレディアルバローザを捕らえた形。
ちょいと昨年に比べて反応が鈍くなってるような印象。こんな状態でぶっつけは大丈夫なんだろうか?
宝塚からぶっつけは5着以内の馬でさえ3、2、1、10、12、6、1、6、8、13、2、1着。半分はぶっ飛んでますしねぇ。
府中実績を考えると切るに切れない馬ではありますが…。

宝塚連対馬の2頭を軽視したところで本命を。

エイシンフラッシュ。宝塚で5着以内に入っていた馬が過去10年で6勝。連対馬を軽視するのであれば必然的に上位評価に。更に天皇賞(春)で連対→宝塚5着以内に好走馬は過去10年で2、3、1、1着。過去の名馬に多い好走パターン。またKingmamboの血統は府中のG気瓩舛磴鵑涯いですしね!
ぶっつけが多少気になりますが京成杯からぶっつけで皐月賞3着のこの馬なら。

ローズキングダム。こちらも宝塚で4着と掲示板確保。そして本命馬と同じくKingmamboの血統。ステップレースを使ってきているところにも好感が持てます。ただ58キロ以上の斤量ではどうも末が甘くなるイメージ。前走59キロで快勝しましたが相手が相手でしたしねぇ、まだ半信半疑。

ダークシャドウ。毎日王冠連対馬のここでの連対率は大敗も多く大して良くはないんですが、一応毎日王冠ステップの馬が5年連続で連対してますしね。府中5戦5勝のコース実績も魅力的。ただ大阪杯でエイシンフラッシュに先着も相手は+2キロの斤量差で休み明けの叩き台。そう考えるとちょっと過剰気味の人気かなぁとも思います。

△に軽視はしても切りたくはないアーネストリーと軽視はしても流石に切れないブエナビスタ。先行して状態のいい馬場のど真ん中から伸びて来そうなトーセンジョーダン。宝塚6着以下はデータ的に消しですが、この馬がこの人気ならのトゥザグローリー。この馬もまたKingmamboの孫ですしね!

買い目
◎エイシンフラッシュ〇ローズキングダム▲ダークシャドウ
△アーネストリー、ブエナビスタ、トーセンジョーダン、トゥザグローリー

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年10月28日

スワンS 最終予想

私にとって明日のメインは何を隠そうコーダリー出走の萩S。
ただ使いつつ良くなって来てるとはいえ、馬券で思いっきり勝負するにはちょいと勇気がいりすぎる相手関係。
まぁでも、贔屓目でみて1800mをドスローにはせずある程度アガリの掛かる流れで引っ張れればチャンスはあるかな?とは思ってます。

馬券はショウナンラムジとの2頭軸でアナスタシアブルー、ヒーラ、エタンダール、アドマイヤトライへ3連複で流す予定。縦目臭がするが、そこはPO馬。気にしない。ま、こういう相手とやることも使いつつ良くなるコーダリーにとってはプラスのハズ。現状でどこまでコテンパンにやられるか?じゃなかった。この相手にどこまでやれるか?を目に焼き付けたいと思います!

それでは私にとっては準メイン。スワンSの予想を。データ

さて、さっぱりわかりません。
過去の結果を見ると当たる気もしません。
今年は例年よりも有力馬に前走マイル戦出走が多いので、マイラー向きの流れになって案外堅くおさまっちゃうかも?なんて気もすることはするんですが…。

スワンSですから穴狙って行きたいと思います!

サワノパンサー。能力的には明らかにG兇任和りなさそうな戦績ですが、京都1400m以下に限ると4−1−1−0とパーフェクトな複勝率。ここでもある程度の人気が予想されるエアラフォンにも勝ってます。
もしマイラーにはちょいと速い短距離馬向きの流れになった時に出番があるのかもなと。荒れるスワンSだからこそ本命にしたい馬。

本命が本命ですし、爆荒れが期待できるレースなので馬連は当然総流しで勝負。

3連複1頭軸の相手ですが〇に気性面からも1400mの方が向いてるフラガラッハ。▲に京都はあまり向きそうにありませんが、短距離実績を重視してサンカルロ。スプリンターズSからは6着以下の巻き返しが多いですから、そこにも期待!
押さえに短距離重賞実績馬のワンカラットエーシンフォワード。距離短縮が魅力的なオセアニアボス。人気もないですしね、ボスはボスでもオセアニアの方だぁー!みたいな流れを期待。
レース後やっぱりグランプリの方でした…。ってことになると笑えないので一応グランプリボスも押さえて終了。


買い目
◎サワノパンサー〇フラガラッハ▲サンカルロ
△ワンカラット、エーシンフォワード、オセアニアボス、グランプリボス

馬連 ◎から総流し17点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点


競馬blogランキング
TOPへ戻る

鶴っぽいけど
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ 


2011年10月27日

スワンS 過去の傾向から

グランプリボス登場!
安田記念を制し毎日王冠でも2着と好走したリアルインパクトが今年のマイルCSの中心馬であるならば、そのリアルインパクトと4度対戦し全て先着しているこの馬も当然主役候補になるわけで。
スワンSの勝ち方次第では1番人気になることもあるんじゃないかと思われます。

ただこのスワンS。めっちゃ荒れるんですよね…。

グランプリボスが勝てば本番での再戦がえらい盛り上がるとは思うんですが、春も休み明けはそこそこしか走れてませんしね。。英国でボコられた上での4ヶ月休養明け。おまけに京都で走ったデイリー杯2歳Sは惨敗してますし。

私、荒れるスワンSで真っ先に消し候補に入った馬がこのグランプリボスなんですが…。
なので勝ったら逆に物凄く興奮しそうですけども。この馬つえー!ってな感じで。
とりあえずスワンSの過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
7、5、4、3、2、5、14、4、5、8着
2番人気
1、1、2、6、17、4、6、8、11、5着
3番人気
3、16、8、14、15、3、1、2、3、1
4番人気
2、18、5、5、11、8、4、7、1、13

1番人気は1連対で頭なしという別定G兇箸六廚┐覆い曚蛭畛瓦弊績。今年の1番人気はグランプリボスなんでしょうか?2〜4番人気もかなり悲惨なことになっていますが、何故か1〜4番人気が揃って馬券圏外に沈んだことは過去10年で1度もなし。いつ全滅しても不思議じゃありませんが、一応傾向からは4番人気以内の馬を軸に3連複1頭軸で。
相手は8番人気以下の馬が4勝9連対(うち6頭が二桁人気!)。人気薄が頭でくることも多く、3着にもバンバン突っ込んでくるレース。超手広く。

前走成績から(前走芝のレースのみ)
スプリンターズS1〜5着
7、1、2、17、9、18、6、10、14、4着
スプリンターズS6着以下
1、2、7、9、3、5、10、1、4、6、10、6、10、11、4、5、6、8、10、15、7、13、3、5、7、9、12、1、3、6、11、1、7、9、13
1000〜1400mのG供■猫靴韮院腺誼
7、7、2、14、10、17、4着
1000〜1400mのG供■猫靴韮驚絨焚
3、1、6、12、5、16、1、3、11、2、17、15、5、
1600m以上のG供■猫靴韮院腺誼
9、2、8、13、2、13着
1600m以上のG供■猫靴韮驚絨焚
12、4、17、4、1、3、7、11、13、16、17着
OP特別1着馬
2、5、8、9、1、3、16、1、7、5着

1200mと1400mの違いか。中山と京都の違いか?スプリンターズS組は好走馬が良く飛び、6着以下からの巻き返しが多い。またその他の1000〜1400mの短距離重賞も好走馬の連対率は低く、着外からの巻き返しが多い。前走成績はアテにせず距離延長やコース替りによる変わり身に注意。
マイル戦からの距離短縮組が好走しているイメージがありますが連対率でみるとあえて狙うほどは良くないのかなと。05年は距離短縮組でワンツースリーしていますが重馬場でしたしねぇ。
短距離馬の流れになっちゃうとツライのかなといった印象も。

今日のまとめ
今年はマイル以上のレースを使ってきている馬が多いので逆にマイルに適性が強い馬に有利な流れになっちゃう可能性もあるんですが、あえて短距離適性の強そうな馬から狙って行きたいところ。荒れるレースですしね!一か八かというやつです。
といってもサンカルロは京都あまり合わなさそうだし…。前走1200mを使ってきた実績馬でこれだ!ってのがまだ見当たらない。。
どうせダメ元なら凄い馬狙っちゃおうかしら。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年10月25日

天皇賞(秋) 過去の傾向から

ヴィクトワールピサ、ヒルノダムール、ルーラーシップがいなくても、なんだこの面子!?と言えるほど超豪華な今年の天皇賞(秋)。
どの馬が古馬の総大将として3歳勢を迎え撃つのか?非常に興味深いところ。

注目は勝ち切れないところがありながらもここ1年以上古馬中長距離路線を引っ張り続けてきたブエナビスタ。3歳馬とやる前に引導を渡されるのか、それとも秋の盾連覇でまだまだご健在をアピールするのか?
テイエムオペラオーやゼンノロブロイ、メイショウサムソンの5歳秋を観ると、そろそろ怪しい気もするような…。

まぁそんな考えでウオッカを軽視したらどえらい目にあわされたんですけどね。。
いい思い出です…。
それでは、天皇賞(秋)過去10年の傾向からです。参考データは中山開催を除く9回分で。
上位人気の成績
1番人気
2、1、1、2、5、1、1、3、1
2番人気
3、13、11、6、3、6、2、5、
3番人気
7、4、4、15、4、9、3、4、6
4番人気
1、17、12、5、1、4、10、6、
5番人気
4、2、10、12、6、8、17、1、18

1番人気が圧倒的。府中開催に限れば複勝圏を外したのは06年の1回だけ。ちなみにこの時のスイープトウショウは前走京都大賞典を勝ってはいましたが、前々走は前年のエリザベス女王杯。2番人気はG橘ぞ〕の3歳馬アドマイヤムーンと中心馬不在でかなり押し出された感がありました。
例年どおりの面子が揃う年ならば、軸は1番人気で堅いかなぁというのがこのレースの傾向。
ただ1番人気が強い割りに2〜5番人気の馬券絡みはさほど多くなく、6番人気以下が9頭も馬券になっております。5番人気以内同士でのワンツースリーは3回、紐荒れに注意です。

実績から
前年の天皇賞(秋)連対馬の成績()内は前年中山開催
1着馬
2、(1)、2、9、
2着馬
7、3、4、

同年宝塚記念好走馬の成績
1着馬
3、5、6、6着
2着馬
2、2、10、6、1、13、
3着馬
12、2、4、
4着馬
7、1、15、1、6、
5着馬
1、12、16、8、2、
宝塚記念5着以内の馬で天皇賞へ直行した馬
3、2、1、10、12、6、1、6、8、13、2、1
宝塚記念5着以内の馬で国内ステップレースを使いそこで連対していた馬
2、1、15、12、1、4、6、1、3

同年天皇賞(春)の連対馬の成績
1着馬
2、13、1、18
2着馬
3、1
この中で宝塚記念で5着以内に入っていた馬
2、3、1、1

同年安田記念の連対馬の成績
1着馬
17、4、4、9、1、3、16
2着馬
11、5、7、11着

優勝馬9頭のうち同年の宝塚記念で5着以内に入っていた馬が6頭(例外3頭はアグネスデジタル、ヘヴンリーロマンス、ウオッカ)。同じ府中コースの安田記念好走馬の成績は近年パッとせず、中距離G気任亮太咫∧塚での結果を重視したいレース。ただ宝塚好走馬でも直行するとぶっ飛び大敗が結構目立ちます。
天皇賞(春)の連対馬は宝塚でも好走すると複勝率100%の安定感。ただここ10年このタイプの馬が少なくサンプル4頭(テイエムオペラオー、メイショウドトウ、ゼンノロブロイ、メイショウサムソン)なんですけどね…。参考データ外ですが11年、12年前ですと4歳時のテイエムオペラオー、スペシャルウィークがこのパターンで春秋連覇しています。また降着しちゃいましたがメジロマックイーンも一応1位では入線…。

ステップレースの成績から
毎日王冠
1着馬
11、12、1、8、1、14
2着馬
9、14、5、14、6、2、1、3、17
3〜5着馬
5、4、5、3、7、11、10、16、9、10、4、6、11、2、5、8

京都大賞典
1着馬
2、6、15、5、4着
2着馬
1、11、4、12
3〜5着馬
3、13、12

オールカマー
連対馬の成績
7、8、10、4、15、7、9、6、17、6着
3〜5着馬の成績
12、5、2、5、7

札幌記念
1着馬
1、3、17、7、
2着馬
9、

毎日王冠組が5連対でステップレースとしては最多。しかもここ5年連続で連対中!なんですが…。連対馬の成績はご覧の通り二桁大敗も多く信頼度はイマイチ。叩き台として特に好相性レースというのがある訳ではなく、連対馬の前走は南部杯や秋華賞、(叩き台じゃないけど)英国のインターナショナルS、大阪杯からの休養明けなど何でもアリ。
3着まで広げると関屋記念や府中牝馬Sまで。どのレースを使っても大した問題じゃないっぽいというのがこのレースの傾向なのかな…。
ただし前走着順は超重要で3着以内に入った27頭中26頭が前走5着以内。宝塚から直行して馬券に絡んだ6頭も6着以下の馬はいませんでした。ちなみに例外の1頭は05年3着ダンスインザムード。

今日のまとめ
宝塚記念5着以内のうち4頭が登録。素直にこの4頭の中から本命を選びたい。心情的にはアーネストリーなんですが昨年の負け方を観てると府中の瞬発力勝負はどうなのか…?ブエナビスタも春のG毅伽錣瞭睛討届きそうで届かないからよく2着まで届いたなぁに変わってきましたからねぇ。ちょっと衰えてきてるのかも?そういう状況で宝塚からのぶっつけは非常に怖い。
となると宝塚のあと一叩きもされ府中も得意なローズキングダム。そして春の天皇賞連対、宝塚でも好走と過去の好走してきた名馬たちと似たような戦績を辿るエイシンフラッシュのどちらかかなぁと。

週末まで悩んでみたいと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年10月24日

今年の2歳ディープ産駒が初のOP勝ち!アーデント

秋の東京、京都開催に入った先々週は人気でポカスカ負けていた為、大丈夫なんかな?とも思ったディープインパクト産駒。
しかし先週スピルバーグで勝利をあげると、今週はアーデントのOP勝ちを含む3勝。やっぱり普通に走りますね。

現時点での2歳リーディングサイアーはダイワメジャー、アグネスタキオン、シンボリクリスエスに次ぐ4位。今年は2年目ということで使い出しも遅く、出走頭数も出走回数もこの4頭の中では1番少ない状態。
ちなみに出走回数はトップのダイワメジャー(149回)の半分以下(63回)。

こっから溜めてた馬たちがドンドン出てくるんでしょうからねぇ。2年連続の2歳リーディングもかなり確率が高くなってきたのかなと。
先々週でディープ産駒の新馬戦ちょっと疑ってかかった方がいいかも?なんて書いたんですが、この調子だと疑うとえらい目に合うかも…?


4回東京6日(10月22日)いちょうS 芝1600m
アーデント・・・★★★★
少頭数7頭立ての競馬でしたが道中は前3頭が4番手以下を離す縦長の展開。そんな流れを2番手から競馬。直線に入ると馬場の良い外目に持ち出し馬なりのまま先頭へ。余裕たっぷり追い出しを待っていましたが…。いざ追われてからの伸び脚はやや期待ハズレで最後は差してきた2着馬までハナ差まで詰め寄られる辛勝。馬場の所為かもしれませんが手応えほど追って伸びないタイプかも?

4回東京6日(10月22日)新馬 芝1800m
シルバーウエイブ・・・★★★
ジャングルポケット産駒。道中はゆったりとした流れを後方2番手から追走。直線入り口で最後方という一見絶望的な位置取りでしたが、今の府中は外が異様に伸びる。。直線で大外に出されるとジワリジワリと脚を伸ばし内でバテバテの先行勢を牛蒡抜き。ドハデな勝ち方ですが、かなり通った馬場に助けられた印象も。

4回東京6日(10月22日)未勝利 芝2000m
ホーカーテンペスト・・・★★★
こちらも道中後方2番手。そして直線まで無理してまくらず直線大外に持ち出しての末脚勝負。直線入り口ではまだ後方2番手もパワフルな伸び脚でグイグイと差を詰め、ラスト1Fから一気に前を捕らえて4馬身突き抜けた。強い内容ではあるんですが、こちらもまた通ったコースと展開がズバリと嵌った印象で、過剰評価は危険な雰囲気…。

5回京都5日(10月22日)新馬 芝1400m
タガノグーフォ・・・★★★
外目の枠でしたがバラついたスタートだったため難なく内へ。道中は中団内からの追走。3〜4コーナーで一気に内から差を詰め直線手前で外へ。直線に入るとあっさりと先行勢を交わし最後は流す余裕の勝利。派手さはないものの、レースセンスは良さそうでネオユニヴァース産駒らしい力強い末脚。距離はもうちょいあった方がいいかも?

5回京都5日(10月22日)未勝利・牝馬 芝1600m
キャトルフィーユ・・・★★★
レヒアルバローザの半妹でディープインパクト産駒。スタートはあまり良く見えませんでしたが、内から押し上げジワリジワリと前へ。3角手前では先頭に内から並びかける。そこからはコーナー途中から併走に加わった2着クラヴェジーナとゴール前まで長い長い叩き合い。最後まで並んだままでしたがクビの上げ下げでハナ差制したところがゴール。相手は2着続きの勝負弱い馬なので勝負根性云々はなんともいえませんが、初戦から見事な変わり身。

4回東京7日(10月23日)新馬 芝1400m
ダイワインスパイア・・・★★★★
ダイワパッションの息子でダイワメジャー産駒。好枠からロケットスタートを決め1馬身ほのリード。ダッシュも速くあっさりハナを奪い自分のペースでレースを引っ張る。直線で突き放した時に外にヨレましたが、最後までスピードで圧倒しての大楽勝。距離はあまり伸びないほうが良さそうですが、1200mの重賞でも押し切りそうなスピード感。

5回京都6日(10月23日)新馬 芝1800m
レッドエクスプレス・・・★★★★
好スタートからスーッと2番手へ。道中14秒台が出るほどのドスローな流れをきっちり折り合って直線での瞬発力勝負に。きっちり脚を溜めて直線でも伸びていた逃げ馬を外から豪快に捻じ伏せ1馬身ちょい突き抜けた。ディープ産駒にしては大きめでパワフルな走り。あとは軽い馬場でどんだけ切れるか?

5回京都6日(10月23日)未勝利 芝2000m
ブライトライン・・・★★★
道中は離れた2番手を脚を溜めながら追走。1倍台の人気馬が実質溜め逃げの形。この時点で3番手以下に出番はなかったか。直線に入っても楽に逃がしていたキクエチャンとの差はかなりありましたが、相手もバテてきたこともあり難なくとっ捕まえ、そのまま楽に押し切った。今回は順番が回ってきたという感じですが上のクラスでも相手也に走れそうな雰囲気。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年10月23日

菊花賞回顧 祝!オルフェーヴル3冠達成!!

圧倒的!!
まぁなんつーか、これくらい同世代と力の差がないと3冠は無理ってことなんでしょうねぇ。

きさらぎ賞までの5戦は3冠馬には相応しくない成績でしたが、一戦毎に力をつけ最後は歴代の3冠馬たちと肩を並べるのに相応しいパフォーマンス。
文句なしです。

菊花賞 予想

 1着◎オルフェーヴル
 2着△ウインバリアシオン
 3着▲トーセンラー
 4着−ハーバーコマンド
 5着−サダムパテック

 9着△ユニバーサルバンク
10着〇フレールジャック
12着△ルイーザシアター
15着△ダノンマックイン
18着△サンビーム

神戸新聞杯で完敗した2頭は正攻法では負かせないと踏んで、5番人気フレールジャックはオルフェーヴルの前から。1周目のスタンド前では先頭に立つほどの積極的な競馬。2番人気ウインバリアシオンはHペースで差し馬有利の展開を願いつつ最後方待機の末脚勝負。最終コーナーでも外に出さす馬群に突っ込むという一か八かの騎乗。
一方で神戸新聞杯で当たっていない3番人気トーセンラーはオルフェーヴルをマークする正攻法で負かしに行く競馬。
やり方はいろいろと分かれましたが、福永騎手、安藤勝騎手、そして蛯名騎手ともに勝つための思い切った騎乗をみせてくれました。

結果的にはフレールジャックはHペースで撃沈。トーセンラーはあえなく返り討ち。ウインバリアシオンは流れが向いたはずだったんですが、直線で突っ込んで来た頃にはもう勝負がついてましたからぇ…。あのペースを早めからの競馬で楽々押し切られちゃ、他馬はお手上げ状態。
タラレバですがウインバリアシオンに至ってはオルフェーヴルさえ居なければ青葉賞から4連勝の2冠馬(しかもダービーは7馬身差)になってたかもしれない馬。そんな馬がどんぴしゃで展開嵌ったにもかかわらずそれを子供扱いですからねぇ…。

どんだけ強いんだよ、オルフェーヴル!!

さて。2冠馬ですとその先のG気鬚いら勝っても3冠馬、4冠馬とは言われませんが3冠馬ですとこれが4冠、5冠と増えていく連荘モードに突入。
父は50戦目でG気鮟蘋覇したステイゴールド。母父には菊花賞を勝ち、4、5歳で天皇賞(春)を連覇。6歳時には宝塚記念を勝ったメジロマックイーン。そして全兄は2歳から活躍し5歳時の宝塚、有馬記念を勝ったドリームジャーニーという完全な晩成一家。
この馬も血統通りだとすると…。〇冠馬の〇の部分は一体いくつまで増えていくんだろう?
楽しみでもあり。シンボリルドルフやディープインパクトの“7”を大幅に超えそうで怖くもあり…。

次はいよいよ古馬との対戦。今の層が厚く面子が揃ってる中長距離路線の古馬勢に対し、こんな失礼なことを言う日が来るとは夢にも思いもしませんでしたが果たして古馬の意地を見せつけることは出来るんでしょうか?

ちなみに馬券ですが、まさか菊花賞で人気どおりに入るとは思わず。一応馬連、3連単とも押さえてはいたものの、全く厚めに入れてないため思いっきりガミりました!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログへ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList