2011年11月

2011年11月21日

ディープブリランテ デビュー2連勝で重賞制覇!

今年の東スポ杯2歳Sは好面子が揃ったと言われてましたが、終わってみればなんと3馬身差でディープブリランテが圧勝。
次走はラジオNIKKEI杯2歳Sのようです。札幌2歳S勝ちのグランデッツァと早くも激突予定。
楽しみではありますが、チョコ大量発生の予感…。

さて、今週も京都で注目レース。京都2歳Sが開催予定。
新馬勝ちの内容で更に評判を高めているクロフネ産駒トリップ。アドマイヤムーン産駒アルキメデス。ディープインパクト産駒レッドエクスプレス
そして萩S2着のダンス産駒ショウナンラムジが登場。

このレースを勝った馬もかなり評価があがるでしょうからねぇ。上の2頭に匹敵するような勝ち方をする馬が出ることを望みたいと思います…。POG的に…。

それでは。

5回東京5日(11月19日)東京スポーツ杯2歳S 芝1800m
ディープブリランテ
・・・★★★★★★
他の有力馬が苦にして沈んだ不良馬場。こんな馬場ですから走ってるだけでスタミナも使うんでしょうが、道中は掛かり気味に2番手を追走…。道中が道中だったので垂れるのかと思ったんですが。。直線入って早々に先頭に立つとパワフルな末脚でグイグイ後続を引き離しながらゴールという一方的な内容。荒れ馬場も苦にしないパワフルな走りでスタミナも相当ありそうな雰囲気。無事なら当然クラシックの主役候補。早いアガリの勝負にも対応するよならもうお手上げ。

5回東京5日(11月19日)新馬・牝馬 芝1400m
ガーネットチャーム・・・★★★★
母父SSのファルブラヴ産駒、叔父にゴールドアリュールという血統。ゆったりとした流れを中団馬群の中で待機。直線半ばで外に持ち出されるとラスト1Fでエンジンがようやく全開。とても届きそうにない体勢でしたが、ゴール前の脚は1頭全く違い結局1馬身ちょいも突き抜ける。小柄な牝馬らしい素晴らしい切れ味。

5回東京5日(11月19日)新馬 芝1800m
フェアブレシア・・・★★★
好枠から好スタートを切りましたが、控えて好位のインを追走。直線での瞬発力勝負に備えて脚を溜める。直線で前が開くとど真ん中から豪快に伸びて突き抜けた。大型馬らしく迫力のあるパワフルな末脚ですが、トップスピードに乗るまでも早い。大型馬ですからね、1回使われて更に良くなりそうな雰囲気。

5回東京5日(11月19日)未勝利 芝2000m
スーパームーン・・・★★
アドマイヤムーン産駒かと思いきやブライアンズタイム産駒。好スタートを切るも控えて中団馬群の後ろで内に入れる。3、4コーナーで内からコーナーワークを利用した一気のマクリで2番手まで進出すると、直線ではジワリジワリと脚を伸ばして抜け出した。長く脚を使えてしぶとい走り。ただ1番の勝因はコースロスなくまくれたことかも。

6回京都5日(11月19日)新馬 芝1600m
エーシンフルマーク・・・★★★
好枠から好スタート、好ダッシュを決め難なくハナへ。道中は後続を引き付けながらの逃げを打つ。4コーナーでもじっくり引き付け追い出しを我慢し直線手前で一気の突き放しで勝負を決めた。鞍上の好騎乗もありましたが、勝負どころで先行勢をあっという間に突き放した瞬発力は素晴らしい。レースセンスも良さそうで差す競馬もできそうなタイプ。

5回東京6日(11月20日)500万下 芝1400m
オメガハートランド・・・★★★★
新馬で1800mを使った馬ですが何故かその後は1400mを。好スタートを切ると控えて中団馬群の外からの競馬。直線では外から進出し4頭並んでの追い比べを制すと、逃げてしぶとかった2着馬の驚異的な粘りもゴール前で捻じ伏せた。初戦同様に瞬発力も捻じ伏せる根性も素晴らしい。当然距離は伸びても問題なし。というかマイルくらいの方が良さそうな気も…?

5回東京6日(11月20日)未勝利 芝1600m
マイネルアトラクト・・・★★
スタートはちょっ早。しかし今回は内の馬を行かせ控えるように好位の外へ。4コーナーを外から手応えよく回ると直線では追って追って追いまくられてジワリジワリと加速。内で伸びてた2着馬との叩き合いを制し1馬身差でゴールイン。切れる脚はないものの先行力を活かして粘りこめるタイプに見えます。中山に向きそうな雰囲気。

6回京都6日(11月20日)新馬 芝1800m
サンライズマヌー・・・★★★
外枠から好スタート。徐々に前へ進出し3番手でレースを進める。コーナーでは3頭併走するかたちで先頭に並びかけますが、追い抜いてペースは上げるようなことはせずドスローのまま、一団となって直線へ。直線での末脚勝負は力強く最後まで伸び切り先行したアドバンテージを生かしリードを保って押し切った。ラスト2Fの勝負で今回つけた着差は展開の差かなという印象。

6回京都6日(11月20日)未勝利 芝2000m
ククイナッツレイ・・・★★★
シェルズレイの息子、ディープインパクト産駒。道中は中団の内で待機し3〜4コーナーにかけて馬群の中へ、一団となったまま直線へ。直線に入っても馬群の中から抜け出せずにいましたが、前が開くとスイスイ加速しあっさり前を捕まえる。小柄な馬体も力の要る馬場はかなり得意そうな伸び脚。また使いつつ良くなってきそうな血統も魅力的。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年11月20日

マイルCS回顧! 秋のマイル王は今年もエイシン

厳密にいうと昨年は“エーシン”なんですけどね。

マイルCS 予想

 1着◎エイシンアポロン
 2着△フィフスペトル
 3着×サプレザ
 4着−ダノンヨーヨー
 5着△リアルインパクト

 6着▲マルセリーナ
 7着×イモータルヴァース
 9着〇ミッキードリーム
12着×レインボーペガサス
13着△グランプリボス

どんなペースで逃げるのか!?レースの鍵を握っていたシルポートでしたが、今回はそんな速くはなかったですねぇ。前走は先行馬を壊滅状態に追い込んだシルポートの逃げ。しかし今回は一転先行馬、そして内枠の馬を粘りに粘らせるペース。
わたし、何故か馬券が当たってますけど、予想見てもらうとわかるとおり真逆の展開予想してますからね…。もうなんつーか、ただただラッキーとしか…。
万馬券を当てたときくらいカッチョイイ回顧を書きたいもんだけど、こんなもんです実際は。

さて、8着までに入った馬のうち7頭が5枠までの馬。唯一外枠から突っ込んで来たのが3着サプレザ。そして掲示板に載った馬もサプレザを除けば内目を先行した馬ばかり。ダノンヨーヨーですら今回は前目に付けています。
前2回の来日でも枠順に泣かされていたサプレザは今回もまた枠と展開に泣かされた格好。内枠だったら恐らく…。
運の一言で片付けていいのかわかりませんけど、運がなかったのかなぁと。

逆に勝ったエイシンアポロンは父Giant’s Causeway、母父Sadler’s Wellsという重い血統。前日の大雨で重めが残った馬場もこの馬にプラスに働いたのかもしれません。また田辺騎手が騎乗停止になりながらも、2、3歳時に手綱をとっていた今期絶好調の池添騎手が空いていた。
勝った馬に運の一言で済ませるのは失礼な話ですが、運もあったのかなぁと。

混戦のG気鮠,弔砲麓体蓮棔伐燭”が必要だとよく言いますけど、今回は運だったのかもしれません。

まぁでも運も実力のうちと言いますからね、馬券当たったことも素直に喜んじゃおっと。

福島記念の方は重賞初挑戦の1本被りを嫌い2、3番人気の美味しい配当を買ってニヤニヤしてたんですが、アドマイヤコスモス強すぎっ!
これで買ってた3頭が2、3着に来てれば格好もつくんですが、どっか行っちゃってるし。。

しっかし次どこ使うんでしょ、この馬?楽しみですねぇ。

そして、わたし何気にこの馬の妹をPOGで指名してるんですけど…。

どこで何やってるんでしょ、妹?orz


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年11月19日

マイルCS、福島記念 最終予想

ディープブリランテ、つっっっっっえー!!

ホップ、ステップ、ジャンプでドーン!とマイルCSで勝負するはずだった馬券は京都5Rのホップの段階で早速躓き、府中メインのステップで豪快にすべり…。

とてもじゃないがジャンプする体勢になんかなれず。いつもどおり土曜の負けを取り戻すための勝負となりました。
がんばろっと…。

マイルCS データ

シルポートがどんな逃げをうつのか??
天皇賞のようなHペースで飛ばしてレースを引っ張るのであれば、道中追走だけでスタミナが削られるタフな流れになる可能性もある。
ましてや明日の馬場もかなり怪しい。重めが残るようだと更にスタミナが削られる可能性も…。
読みづらい展開予想ですが、混戦模様で展開が相当結果を左右しそうなレース。ちょいと決め打ちしてみようかと思います。

4番人気以内の前走毎日王冠出走馬
2、2、4、2、2着。データからはバッチリのリアルインパクトですが、上のような消耗戦になった場合、先行馬にはかなりきっつい展開になるかもしれない。
人気薄であればそういう不安もあまり気にせず行くんですが、この馬は前日段階で1番人気。ちょいと評価を下げて押さえに回します。

◎はエイシンアポロン。毎日王冠の連対馬は過去10年で7頭が馬券になっているという好相性レース。この馬は4着と連対こそしていませんが前年天皇賞(秋)からの約1年振りの競馬でクビ、クビ、頭差という僅差の競馬なら連対馬と同等以上の評価はしていいんじゃないでしょうか。
また不良馬場の富士Sを勝利と仮に馬場が荒れても問題なし。前走のように差してくるようなら1発あるような気がする。

〇にミッキードリーム。この馬も毎日王冠で連対はしていないものの僅差の3着に好走。また先行勢が壊滅となった天皇賞(秋)は5番手からの競馬で8着。同じく先行したエイシンフラッシュとは3馬身弱の差、馬群に沈んだローズキングダムとの比較からかなり頑張ってるように思う。スタミナが要る流れになるならば1800、2000mもこなせるこの馬のスタミナも活きるのかなと。

▲は桜花賞以来のマイル戦出走となるマルセリーナ。近走結果も出ていませんし、鞍上も安藤勝騎手に戻ったということで、展開どんぴしゃを狙っての追い込みのような1発狙いの競馬をしそうな予感。
狙いどおり先行勢に厳しく差し馬天国になるようならば復活があってもいいのかなと。

押さえは何気にちょいちょい馬券絡みのある前走スプリンターズS出走馬のフィフスペトル。タフな流れも向きそうな予感。
そして使われて一変しそう、というかアパパネのように本番に強そうな雰囲気のグランプリボス
日本の馬場への適性も十分のサプレザ。良くわからんなら一応押さえておけ!ということでイモータルヴァースの海外馬2頭。
穴は京都コース2−1−2−0、ダートもこなせるので力の要る馬場もドンとこいのレインボーペガサスで。

先行馬は厳しいんでないか?という決め打ち予想なので外枠に入り、また先行してこの頃結果を出してきたリディルは消し。

買い目
◎エイシンアポロン〇ミッキードリーム▲マルセリーナ
△リアルインパクト、フィフスペトル、グランプリボス、
×サプレザ、イモータルヴァース、レインボーペガサス

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△× 28点


続いて新潟なのに福島記念の予想も簡単に。

地方も含めると6連勝中、デビューから8戦8連対のアドマイヤコスモスが前日オッズでは1倍台の1番人気。しかし重賞は初挑戦。
完全にこの馬の扱いが鍵ですよね…?
レースを観る限りこのレベルの重賞ならいきなり馬券になる力は十分すぎるほどあるように思う。
でも新潟のハンデ重賞で重賞経験のない1倍台の馬を買いたくないという変なプライドもある!まぁ大体この余計なプライドで痛い目に合うんですけどね…(涙)

セイクリッドバレー。2番人気で単勝7倍ですか。本来ならこの面子を相手に新潟でこの馬がこんなオッズで買えることはないはず。
アドマイヤコスモスの1本被りにより実現した今回だけのプライス価格。単勝いってみます。

サンライズベガ。同じく新潟巧者。しかしセイクリッドバレーとの馬連は現時点で20倍を楽に超える。馬連いってみます!

モンテエン。新潟コースにも実績あり、底を見せていない魅力もある。現在3番人気のこの馬が2番人気セイクリッドバレーとの馬連で20倍超。サンライズベガとは50倍以上!!BOXでいってみます!

美味しいオッズがゴロゴロしてるのでついつい手を広げちゃいそうですが、恐らくアドマイヤコスモスにやられるのでこの辺で。

買い目
◎セイクリッドバレー〇サンライズベガ▲モンテエン

単勝 ◎ 1点

馬連 ◎〇▲BOX 3点


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年11月18日

東京スポーツ杯2歳S 最終予想

明日は我がPO馬ジェンティルドンナのデビュー戦。昨年の今頃こりゃつえーなぁ!と思っていたドナウブルーの全妹です。
こちらは気性もおっとり馬体は大きめとお姉さんとは逆に出た模様。ドナウブルーは激しい気性と馬体減りで高い素質を生かし切れず、残念ながらクラシックには乗れませんでしたので、そういう心配がなさそうなのはまず一安心。

あとはお姉さんと同じような能力がこの仔にもあれば。

ということで個人的には東スポ杯2歳Sの前に一勝負賭ける予定。ドーン!とぶち当ててメインに転がし、更に日曜のマイルCSに!なんていう壮大な計画をお酒片手にニヤニヤしながら立ててるところであります。

それではドーン!と勝負できることを信じて
東京スポーツ杯2歳S データ

参考データ9回中、キャリア1戦の馬が6勝!実績より素質がモノをいうレース。ではあるんですが…。
1〜3番人気のキャリア1戦の馬
1、1、4、8、1、9、4、1、10、7、13、14
と、3番人気以内に支持されるような馬でも、ぶっ飛ぶ確率の方が断然高い。来る時は勝ち切っているんですけどね、駄目なときは馬券に絡めないという両極端な成績。
これだけ馬券に絡まれると無視はできませんが、軸にするのはちょいと怖い。

ということで…
ピタゴラスコンマ。5番人気以内の馬で前走いちょうSに出走していた馬は2、1、3、5、3、2、4、着。複勝率は7割を超え6着以下なしという堅実な成績。
まぁ今年は面子が揃いすぎてて“5番人気以内”というのに当て嵌まらなさそうなんですけどね…。ただレース内容としては例年のいちょうS好走馬と遜色はなしですし、3ヶ月ぶりを叩かれた今回は上積みも見込めます。
データどおり堅実に走ってくれれば上位人気馬に自爆があった時に自然と馬券圏内にいる気がする。

クラレント。前走重賞出走馬は参考データ9回で僅か1連対なんですが、これはそもそも出走頭数が5頭と少ないため。5番人気以内の馬に限れば2、5、4、着と4頭とも掲示板を確保しています。京都が得意な血統で実際この馬自身も京都で好成績を残してきた馬。なので府中替りがどうか?だけでしょうか。

マデイラ。前走は直線手前で外に大きく膨らみ、勝負どころで置いていかれるという不器用な競馬でしたが、直線での伸びは1頭まるで違ってた。能力は相当高い予感。京都の内回りより直線の長い府中の方が競馬はしやすくなりそうですし、意外と左回りに替わることでスムーズに回れるかも?キャリア1戦の中ではこの馬を最上位にとってみます。

押さえは、重賞好走馬のマイネルロブストジャスタウェイディープブリランテは前走が物凄い強い内容ではあったんですが、2、3着馬の次走をみると、圧勝劇はやや相手にも恵まれてのものだったのかなとも…。ということで試金石はここ。あの着差でこの人気になってるとするならば、ちょいと嫌いたいということで×に。
また同じくディープインパクト産駒のエネアドはレース間隔が開いた上にキャリア1戦。また馬場が悪くなりそうなので自慢の瞬発力が生かせるのかどうか…。ということでこちらも評価を下げての×。

ディープインパクト産駒の素質馬2頭、この相手にどんな競馬をするのか楽しみではあるんですが、馬券上では飛ぶことよりもぶっ飛ぶことを期待。

買い目
◎ピタゴラスコンマ〇クラレント▲マデイラ
△マイネルロブスト、ジャスタウェイ
×ディープブリランテ、エネアド

馬連 ◎−〇▲△△×× 6点

3連複 ◎−〇▲△△×× 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△×× 30点


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年11月16日

東京スポーツ杯2歳S 過去の傾向から

キャリア1戦&3ヶ月振りの競馬でデイリー杯2歳Sを制したDD産駒のクラレント。2着に敗れはしたもののキャリア1戦で新潟2歳S1番人気、レースでもアガリ32秒6という末脚を披露したハーツクライ産駒ジャスタウェイ
更にはクローバー賞勝ちで札幌2歳S3着のゼンノエルシド産駒マイネルロブスト。ジャングルポケット産駒からはいちょうS2着ピタゴラスコンマ、そしてS・クリスエス産駒は芙蓉S2着サトノギャラント
そしてキャリア1戦の馬では新馬戦で強烈なインパクトを残したディープ産駒の2頭エネアドディープブリランテが登録。

好面子になりそうですねぇ。そして種牡馬もバラエティに富んでて面白い!

後にG祇鐇で活躍する馬を数々と輩出しているレース。今年もこの中から暮れのG気簍菁のクラシックを賑わす馬が恐らく出てくるはず。
個人的にはこの面子相手にキャリア1戦で挑むディープインパクト産駒の素質馬2頭がどんな結果を出すのかを楽しみにしています。

それでは過去10年の傾向を。参考データは中山開催を除く9回分です。
上位人気の成績
1番人気
13、1、4、1、1、4、2、1、1
2番人気
1、3、2、3、3、9、4、10、7
3番人気
4、9、8、5、9、2、5、2、2
4番人気
2、13、3、4、2、5、3、4、12
5番人気
8、7、1、2、4、3、10、6、中

前走未勝利勝ちという実績で1番人気に支持されたローエングリンが13着にぶっ飛んで以降、1番人気は掲示板を外しておらず5勝、6連対という好成績。連対馬18頭中15頭が5番人気以内の馬で、キャリアが浅い2歳馬の重賞ですが人気になった馬がそのまま上位に突っ込めるレースになっています。
上位3番人気の全滅なし、馬連の軸は3番人気以内の馬から。また毎年3着以内に2頭以上5番人気以内の馬が来ていますので3連単は人気馬からの2頭軸で!というのがこのレースの傾向です。

前走から
札幌2歳S連対馬

4、7

デイリー杯2歳S連対馬
2、
新潟2歳S連対馬
4、

前走OP特別連対馬

2、3、10、11、15、5、1、3、10、1、5、3、2、3、9、4、5、2、6、7
前走OP特別3〜5着馬
6、15、2、10、6、8、2、7、10
前走500万条件1着馬
6、7、8、13、5、11、4、2、15
前走未勝利戦1着馬
9、13、14、16、18、7、9、11、9、3、6、4、10、8、10、14、11、12、14、3、11、12、14、15、1、2、10、11
1〜3番人気のキャリア1戦の馬
1、1、4、8、1、9、4、1、10、7、13、14
4番人気以下のキャリア1戦の馬
2、10、16、6、12、13、9、11、1、11、12、1、3、8、9、13、5、3、5、6、8、12、中

キャリア1戦の馬が6勝!また前走未勝利から1勝とOPどころか500万下の経験もない馬が7勝もしています。レースキャリアや実績より素質重視のスタンスで。ただキャリア1戦馬の見極めは非常に難しく、4番人気以内に支持されてるような馬でも2/3はぶっ飛ぶ確率。そして来るときは勝ち切るものの、駄目なときは3着にも入れないという狙い辛さ。。
軸には向いていないのかしら??

5番人気以内に絞った前走別成績
重賞3着以内
2、5、4着
重賞4着以下

いちょうS出走馬
2、1、3、5、3、2、4、
その他のOP特別出走馬
1、2、3、2、9、5、10、6着
500万下1着馬
8、13、4、
500万下2着以下
4着
東京の新馬戦出走馬
4、8、1、9、4、3、10着
その他の競馬場の新馬戦出走馬
1、1、1、7、12、中、着
未勝利戦出走馬
13、7、9、3、4、1、2

キャリア1戦の馬は府中コースでデビューした馬が人気になりやすいのですが、このタイプは結構ボロ負けも多く危険。ただ6番人気以下で勝ってるフサイチアソート、ナカヤマフェスタは府中デビュー。なので府中デビューが駄目って訳では勿論ありませんが…。ちょいと人気になりすぎちゃう馬が多いということでしょうか?
ちなみにキャリア1戦で勝利した残りの3頭は3頭とも京都デビュー。
上位人気馬に限るとやはりOP実績のある馬の方が圧倒的に安定感はあるようで、特にいちょうS組は6着以下なしという堅実な成績。
また重賞出走馬も連対は1頭しかいませんが、こちらも4頭全て掲示板確保。まぁサンプル数少ないので何ともいえませんが…。

今日のまとめ
キャリア1戦の馬が大活躍のレースですが、軸を選ぶときはOP実績のある人気馬の方が安定感あり無難な模様。
来るときは1着も、ぶっ飛ぶ時はトコトンな可能性があるディープ産駒のエネアドディープブリランテはどちらも紐で押さえるのがデータ的にはよいのかも。
現時点での本命候補は好相性いちょうSからピタゴラスコンマ。5番人気以内に入ればかなりの確率で5着以内に入れると思う!
まぁ5着じゃ駄目なんですけどね。馬券的には…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年11月15日

マイルCS 過去の傾向から

アヴェンチュラまた…。それも両前脚とは。
エリザベス女王杯では2着に負けてしまったとはいえ秋の牝馬路線を盛り上げた功労馬。残念でなりません。
お互い万全な状態でレーヴディソールと対決する日は来るのだろうか…。
日本代表が負けたりと今日はブルーになるニュースばっかりですが切り替えて。

今週のメイン、マイルCSです。
今年は海外からあのゴルディコヴァを前走で負かしているイモータルヴァースが来日!そして今年もまたサプレザが来日!3年連続であります。まぁ今は吉田照哉さんが馬主なんで、こちらは来てくれたというより召集がかかった感じでしょうけど。
迎え撃つ日本馬は3歳勢が豪華。安田記念勝ちのリアルインパクトに朝日杯FS、NHKマイルC勝ちのグランプリボス。更には桜花賞馬マルセリーナと3頭ともマイルのG汽Εぅ福次
日本の古馬勢は意地を見せることができるんでしょうかね…。心配です。

それではマイルCS過去10年の傾向を。
上位人気の成績
1番人気
9、7、8、1、8、1、1、2、1、2
2番人気
2、11、2、9、3、7、4、4、3、
3番人気
12、2、5、14、1、2、5、5、4、13
4番人気
1、5、4、2、2、12、2、1、6、7着
5番人気
5、8、1、3、4、5、3、8、11、6着

只今1番人気が5年連続で連対中。1番人気が連を外した4回は2、3番人気が連対しており上位3番人気以内の馬が何かしら連対しているという傾向。
一方で二桁人気の馬券絡みがやたらと多く過去10年ではなんと7頭も馬券絡み(連対3頭)。ただ連対馬20頭中17頭は5番人気以内なので基本的には実力馬が力を出しやすいレースと言えそうです。
ちなみに6〜9番人気が不振で連対なし、3着も2回だけ。紐アレを狙うのであれば半端な人気薄ではなく超人気薄を狙うのがオススメ。

5番人気以内の馬で海外調教馬
14、7、3、4着
5番人気以内の3歳馬
5、8、2、3、5、12、7着
5番人気以内の4歳馬
1、2、9、5、1、2、4、1、2、4、2、4、5、4、6、
5番人気以内の5歳以上の馬
12、2、7、11、5、8、1、3、9、8、1、2、1、3、5、1、2、4、8、1、11、6、13着

連対数が多いのは古馬ということになりますが、3歳馬もダンスインザムード、ラインクラフトといったG鞠呂惑老瑤砲覆辰討い泙垢掘海外調教馬はサンプル数も少ないのであまり気にしないほうがいいのかも?

主要ステップレースの好走馬の成績
前走天皇賞(秋)3着以内
2、4、1、4、5、
前走天皇賞(秋)4〜9着馬
7、14、2、6、11、6、13、8、1、2、8、1、4、6、16
前走天皇賞(秋)10着以下
11、17、3、13、5、12、4、6、17
前走スプリンターズS掲示板から
12、7、15、1、1、6、8、13
前走スプリンターズS6着以下から
1、3、17
前走スワンS3着以内
4、3、13、3、3、4、7、11、6、3、15、2、12、5、15、18、9
前走富士S3着以内
8、9、5、9、12、5、8、6、10、16、9、18、10、13、10、14、5、18、、5、15着

最多の7頭が連対している前走天皇賞組ですが、実際出走頭数もかなり多く連対率でみればさほど信頼できる成績ではありません。
ただその他のステップレースは更に悲惨なようで…。スワンSは昨年久々に勝ち馬を出しましたが、その勝ち馬はスワンSでは8着だったエーシンフォワード。即ち引き続き“スワンS好走馬”は不振のまま。
富士Sはトウカイポイント、マイネルファルケが5、9着から連対しているものの、3着以内に好走していた馬はご覧のとおり。昨年のダノンヨーヨー1頭しか連対しておりません。
ちなみにスプリンターズSの好走馬は2回優勝していますが、これ2回ともデュランダル。なので実際は…。さて何を狙えばいいのやら。

4番人気以内の馬の前走別成績
前走天皇賞出走馬
2、11、2、1、1、2、1、4、5、4、1、4、6着
前走毎日王冠出走馬
2、2、4、2、2
前走スプリンターズS出走馬
1、12、7、1、8、13着
前走スワンS出走馬
2、
天皇賞、スプリンターズS以外のG汽譟璽垢暴仭していた馬
3、7、12、3、
富士S出走馬
9、5、5、8、
その他の重賞、OP出走馬
9、1、

次は上位4番人気馬に絞ってのデータ。天皇賞組は好走も多いですがやはり疲れもあるのか?適性の違いか?人気でも4〜6着とチョイと足りないことも多い模様。逆に毎日王冠組は頭こそないものの2着4回と安定した成績。その他の重賞のところにある優勝1回はブルーメンブラットの府中牝馬Sなので、前走府中1800mの重賞という捉え方をすると、抜群の好成績といえるのではないでしょうか。
ちなみに
同年毎日王冠連対馬の成績()内は中山開催
2、7、()、4、3、12、1、2、4、2、1

いいですねぇ。前走、前々走で毎日王冠を走り連対している馬はとにかく要注意。

今日のまとめ
データからはリアルインパクトが一押し。今年は天皇賞で好走しているような強烈な古馬は存在せず、古馬勢で人気になりそうな馬は大体がデータからは危険なステップ。今年の強力な3歳勢なら勝負になると予想。ただ問題はシルポートの逃げ。超Hペースで流れた場合、先行脚質のこの馬は追走で手一杯になる可能性も…。
そんなペースになるとまた二桁人気の馬が馬券に絡む、びっくりマイルCSになる可能性もあるんでしょうかね?


競馬blogランキング
TOPへ戻る

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年11月14日

ジョワドヴィーヴル、噂どおりのヤバイ末脚

京王杯2歳Sは1番人気モンストールが敗れ3連勝ならず。朝日杯FSは何が1番人気になるのか?
今週の東スポ杯2歳Sに注目が集まりますが、牡馬の場合そんなに朝日杯は重要視されませんので上位陣あ向かわない可能性もありますからねぇ。ちょいとこちらも混戦模様でしょうか?
既に混戦モードの阪神JFの方は、今週ブエナビスタの半妹ジョワドヴィーヴルが前評判どおりの勝ちっぷり。しかしJFに出るには恐らく抽選が!そしてキャリア1戦という不安要素も!!お姉さんも1勝馬で抽選を通って2歳女王になりましたが、キャリアは2戦ありましたしねぇ。出れば人気になるんでしょうけど、果たしてキャリア1戦で1番人気まで行くかとなると?

牡馬とは違いクラシックにモロに直結する注目のレースですが、今年はどうなるんでしょうか?
ちなみに今週はディープインパクト産駒が新馬、未勝利でなんと5頭も勝ちあがり!
また白毛で注目を集めているマシュマロもデビュー勝ち!
更には全国のガンダムファンが待ちに待ったジークジオンまで勝ち上がり!!

G気妊検璽ジオンコールが鳴り響くのが待ち遠しいぃぃぃ〜!
まぁジークジオンのレビューはしてないんですけどね…。


5回東京3日(11月12日)京王杯2歳S 芝1400m
レオアクティブ・・・★★★★+
スタートは五分も控えて後方2番手、前に馬を置き折り合いに専念。といっても結構行きたがってましたが…。直線手前で外に持ち出すと直線では馬場の良い大外から一気の末脚で牛蒡抜き。未勝利戦時のレビューでも幼いと書いた馬なんですが、今でも幼いまま。折り合いさえつけば距離ももっと持つでしょうし位置取りにも融通がきくんでしょうが…。ただそれでいて重賞を勝つんですからポテンシャルは相当。

5回東京3日(11月12日)新馬 芝2000m
ステアトゥヘヴン・・・★★★
好スタートからスーッと前へ。内の1番人気馬と併走する形での逃げ。3角手前で相手が控えてくれた為、ここからは楽な感じでの単騎逃げに突入。直線での瞬発力勝負では正直いつ抜かされるのか?といった脚色でしたが、並ばれたからがしぶとく結局最後まで抜かせぬままクビ差で押さえきった。ハデさはありませんが長くいい脚を使えて非常にしぶとい。

5回東京3日(11月12日)未勝利 芝1600m
オコレマルーナ・・・★★★★
アストンマーチャンの半妹。道中は掛かる仕草を見せながらも中団の外目で折り合い脚を溜める。直線に入ると伸び切れない先行勢を尻目にど真ん中から豪快に突き抜け3馬身半差の快勝。4角でペースがあがった時もかなり楽な手応えで追走。姉とはタイプが違いますがこちらもかなりスピードがありそうな雰囲気。もうちょいタフな流れになった方が持ち味が活きるのかも。マイル重賞で楽しみな存在。

6回京都3日(11月12日)新馬 芝1600m
ジョワドヴィーヴル・・・★★★★★★
スタートも良く、一団となってスローな流れを中団の外目より追走。ただイメージと違い4コーナーでは早くも手綱が動き、直線に入ってからの伸びも他馬と同じような脚色で…。正直これで勝つのか?とも思ったんですが、押してるうちになんかのスイッチが。トップスピード?に乗ってからは殆ど追わずに他馬とは全く違う瞬発力。最後は流した感じでラスト1F11秒フラット…。いったい途中までは何だったのか?これはかなりヤバイ馬の雰囲気。

5回東京4日(11月13日)赤松賞・牝馬 芝1600m
トーセンベニザクラ・・・★★★+
前走は追われて先行しましたが今回は控えて中団後ろの内で脚を温存。縦長の展開になり展開も嵌ったのかも?ですが直線では馬群を割りながら凄い伸び脚。外に出せないとみると馬場の悪い内に進路をとりましたが、脚色は鈍らず。今の府中では珍しく内をすくって差し切った。スタートはアレですが自在性があり末脚も安定。そして荒れた馬場も苦にしない力強さ。どこかでまた穴をあけそう。

5回東京4日(11月13日)新馬 芝1600m
アーカイブ・・・★★★★
調教がアレだったもので実はあまり期待していなかった私の指名馬。まずスタートではお約束の出遅れ。ダッシュも遅かったんですが幸いペースも遅く、後方3番手を追走。ただ一旦スピードに乗ると今度は押さえ切れないほど絶好の手応えを見せ直線では外から豪快な末脚で突き抜ける。追われてからの加速も速く、豪快な伸び脚。荒削りですが末脚は上でも通用しそうな破壊力。

6回京都4日(11月13日)黄菊賞 芝1800m
ブライトライン・・・★★★
内からスーッと3番手まで押し上げると早めに外に持ち出して待機。直線ではジワリジワリとしか伸びず一旦2着馬に引き離されましたが、そこからしぶとく伸びてグイグイと前に接近。ゴール前で頭差捻じ伏せる。前走レビューで相手なりに走れそうと書いた馬なんですが、平均ペースで流れたラップがキャリア1戦の他の人気馬には厳しかったのか?自分の競馬をしたら相手が垂れてくれ勝ちが転がりこんだようなそんな競馬にもみえる…。

6回京都4日(11月13日)新馬 芝2000m
ヒストリカル・・・★★★★★
カンパニーの半弟。スタートが合わず道中は後方の内で脚を溜めながらの追走。3、4コーナーでは外に出さずに内を突き、直線手前で一気に外へ。先行勢も結構伸びてはいたんですが、残り1Fから一気に加速すると馬群を割って猛追。ゴール手前で差し切った。兄を彷彿とさせる強烈な決め手。母系からはまだまだドンドンよくなってくる血統。将来が非常に楽しみ。


競馬blogランキング
TOPへ戻る

にほんブログ村 競馬ブログへ

2011年11月13日

エリザベス女王杯回顧 スノーフェアリーに脱帽

エリザベス女王杯 予想

 1着▲スノーフェアリー
 2着△アヴェンチュラ
 3着−アパパネ
 4着△ホエールキャプチャ
 5着−レインボーダリア

 9着〇イタリアンレッド
11着◎レーヴディソール
13着△アニメイトバイオ
16着△ダンシングレイン

まずはびっくりドッキリのシンメイフジの大逃げでレースは開幕。2週前の天皇賞が頭をよぎりましたが、今回は後続が追いかけて行かずホッと一安心。しっかし見せ場満点の大逃げでしたねぇ。ちょっと2年前も頭によぎりました。

次に◎にしていたレーヴディソールですが…。直線入って早々に手応えがなくなり…。この時点であっさりと私のエリザベス女王杯は終了。
当然こういう結果も覚悟はしてはいたんですけどね…。実際目の前で起きるとショッキング。まぁでも、調教で一喜一憂したり、オッズを観てニヤニヤしたり。ボロ負けしないかと不安になったり…。結果は残念でしたがこの馬の復帰で私は今年のエリザベス女王杯を目一杯楽しめたと思います。そう思おう。
そしてまずは競馬に戻ってこれたことを喜ぼう。

次は強いレーヴディソールが帰って来てくれることを信じて!


さてさて。〆ちゃいましたがレースは続きます。
今回は好枠に入りこれまでの牝馬3冠レースとは違って積極的に2番手からの競馬をしていたホエールキャプチャ。直線に入っても粘っていたシンメイフジを捕まえに行くとそのまま突き抜けるような脚色。それを外から捻じ伏せに行ったのが5冠牝馬アパパネ。おぉ!なんていう前走からの変わり身。あるのか?牝馬限定G鬼袷汗覇。
更にその外から秋華賞馬アヴェンチュラが襲い掛かる!!

3頭の熾烈な争いになるのかと思ったら、その隙間からなんとスノーフェアリー!!!

私、レーヴディソールばかり目で追っていた為、どこから飛んで来たのかさっぱりわからなかった。日本馬3頭による歴史に残るゴール前の攻防になるのかと思ったその矢先。とんでもない末脚で勝利を掻っ攫って行ってもうた…。
もう1度レースを見直すと、道中は外目を追走しているんですが、3角手前でなんと最内へ。昨年同様またも内からマクリ、直線では馬群を縫うように追い上げてゴール前で強襲。
大外枠なんで内に入れられないだろうと思って軽視してたんですが、恐るべしR.ムーア騎手。あの枠でもこの馬の最大の武器だと思われる多少荒れてる馬場でもスイスイ伸びる末脚を発動。
ただそれでも、あの位置から伸びてる日本馬3頭を交わすのは不可能にも見えたんですけねぇ。それを並ぶ間もなく交わすとは!

スノーフェアリー、恐るべし…。

これほどの馬が2年連続の来日でリベンジの機会を与えてくれたことに感謝。
そして2年連続の“ぐぅ”の音も出ない圧倒的な競馬に脱帽。

来年もまた来てくれませんかねぇ?


続いて武蔵野Sもちょろっと。

 1着〇ナムラタイタン
 2着◎ダノンカモン
 3着△アドマイヤロイヤル
 4着−ダイショウジェット
 5着▲ヒラボクワイルド

 7着△テスタマッタ
 8着△タイセイレジェンド
12着△オオトリオウジャ

こちらは馬連と3連複がヒット。ただ悔やまれるのは週中のデータ記事でダノンカモン2着付けの馬券で遊んでみようかなと書いてるにもかかわらず、その馬券を買っていないということ。
3連単17,150円ですかぁ…。相手が4、3番人気でこの配当。しかも被った1番人気は重賞では2着が低位置のダノンカモン。おまけに前日珍しく浮いていたので資金はあったのに…。

こういうチャンスを平気な顔して逃すから、いつまでたっても下手糞なんでしょうね…。猛省。

レーヴディソール惨敗、悔いが残る武蔵野Sと何とも気分が上がってこない今日のメインでしたが、新馬ではあまり期待してなかったPO馬アーカイブが勝ってくれました(馬券は不的中)!しかし勝ってくれただけで救われる!
嫌なことばかり考えると連鎖しますからね。アーカイブのレースでも観て、酒飲んで寝よっと。では!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村 競馬ブログへ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList