2011年12月

2011年12月31日

来年の勝手なクラシック予想 牡馬編

今年もこれが最後の記事になります。今年も1年お付き合い頂きまして本当にありがとうございました。

有力馬の多くが回避した宝塚記念の格を守り、復興支援競争も盛り上げてくれたマヤノトップガン。わたし、マヤノトップガンのことを思い出すと阪神・淡路の大震災を思い出す。
今年は東北で大変な震災がありましたが、後にオルフェーヴルやヴィクトワールピサ、ブエナビスタを思い出したとき、やはりこの震災を思い出すのだろうか。
忘れてしまいたいような悲惨な出来事でしたが、忘れちゃいけないこともありますからね。例えば義捐金を送る気持ちとか。
こういう年に多くの名馬が走ってくれたことをありがたく思います。その馬が引退したとしても、その馬の子供が走るたびに思い出すでしょうから。

来年もまた多くの名馬が登場することを祈りつつ。来年のクラシック予想。牡馬編いってみます!

皐月賞
まだ直接対決が少なく、底をみせていない馬が多いため非常に候補馬が多い。現時点ではHレベルで混戦という印象。まず無傷の3連勝で2歳王者に輝いたシンボリクリスエス産駒のアルフレード。例年の2歳チャンピオンと違い早熟マイラーのイメージはあまりなく距離は持ちそうな雰囲気。今年は面子が薄くレベルが低いといわれた朝日杯でしたが、2馬身差の完勝なら相手のレベルにもケチはつけられません。自在性もありレースセンスもいい、小回りでごちゃつく皐月賞ではこれも大きな武器になりそう。例え前哨戦で負けたとしても本番では是非買いたい馬の1頭です。
またSクリスエス産駒ではサトノギャラントも面白い存在。ただ母系が強く出てる印象で府中向きの気もしますが…。
今年は大物候補の多いディープインパクト産駒の中ではディープブリランテ。新馬も強い内容でしたが、不良馬場を圧勝した前走が凄い!時計の掛かるタフな馬場でも全く苦にしない走りはまさに皐月賞向き。また、出世レースのラジオNIKKEI杯2歳Sをアグネスタキオン以来となるキャリア1戦で制したアダムスピークも当然候補の1頭。中山の馬場への適性はわかりませんが、先行できるセンスの良さがありますしね。
その他のディープ産駒ではベストディール、ワールドエースも大物感たっぷり。2頭とも次走がどんな走りになるのかわかりませんが、一気に中心馬になれるほどのポテンシャルの高さを感じます。

前走で期待を裏切っちゃった馬の中ではグランデッツァが素晴らしい先行力があり、展開次第で前が残る皐月賞では非常に怖い存在です。

◎ディープブリランテ〇アルフレード▲グランデッツァ
△ワールドエース、アダムスピーク、ベストディール


NHKマイルC
何が参戦してくるか?まで読まないといけないので非常に予想しづらい路線。つかわからない…。ということで勝ち馬を予想するというよりも出てきたら面白そうだなという馬を書いてみたいと思います。
まずはクロフネ産駒のトリップ。前走があまりにも期待ハズレでがっかりだったんですが、この馬の持ち味はきっと長い府中の直線でこそ活きるはず。最近親子制覇も流行ってますしね。小回り中山では持ち味が出ないように思いますので皐月賞をスキップしてこちらに出てくるようだと面白いかなと。
次にサトノギャラント。シンボリクリスエス産駒なので中山向きなイメージで観ていたんですが、末脚の切れは抜群でした。母スティンガーの方により似てるのかも?例え皐月賞を使わなくても青葉賞に向かいそうな調教師なので、出てくるのかは?ですけど出てきたらあるんじゃないでしょうか!?
牝馬路線からは距離に壁がありそうなサウンドオブハートアイムユアーズ。オークスではなくこちらに使ってくるようだと中心になれそうな存在。

そして府中の2400mというよりもこちらに多く出走してきそうなダイワメジャー産駒。出てきそうな馬が多すぎて絞りきれませんが特に相手なりに走れそうなオリービンダローネガはここでもひょっこり2、3着に居そうな気がします。

最後にPOG指名馬のアーカイブにも期待!

◎トリップ〇サウンドオブハート▲オリービン
△アーカイブ、ダローネガ、アイムユアーズ


日本ダービー
順当に行けばここでもディープブリランテが中心になっているのでしょうが…。今のところアガリの速いレースは経験しておらず速いアガリの決着になった時は未知数。また、前走のインパクトが強いせいか切れよりも非常にパワフルな印象で瞬発力勝負になるとどうなのかなと?まぁ切れそうではあるんですけどね…。
ということで、ここでの本命はもっと切れそうな馬ワールドエース。初戦でみせた加速力が半端なく追えば追うほど伸びそうな雰囲気。まだキャリア1戦なので2戦目みてあれれ?てな可能性も十分ありますが、それでも本命にしちゃいたい大物感。
また同じくキャリア1戦ですが同じディープインパクト産駒のスピルバーグ、ジャングルポケット産駒のサトノグロリアス(故障中)も末脚強烈で間に合えば面白そうな存在かも。
その他の皐月賞で挙げなかった馬の中ではこちらも末脚が切れるホープフルS勝ちのアドマイヤブルー。勝ち切れないながらも末脚安定のゴールドシップ
穴っぽいところでは先日の未勝利戦を勝ったばかりのエアソミュールと新馬戦でゴール前で素晴らしい切れ味を使ったアドマイヤムーン産駒のキネオピューマ

あとはジョワドヴィーヴルが順当に行ってホントにここに参戦してくるようだと…?
他にも挙げたい馬がゴロゴロいるんですがこの辺で。

◎ワールドエース〇ディープブリランテ▲アルフレード
△アダムスピーク、ゴールドシップ、ベストディール×エアソミュール


それでは今年も1年お付き合いありがとうござました。
みなさん、よいお年を!
そして来年もまた宜しくお願い致します


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年12月30日

来年の勝手なクラシック予想 牝馬編

1年最後の更新は例年どおり来年のクラシック予想です。
今日は牝馬路線を。

牡馬路線と違い牝馬の方は完全に阪神JF組が中心になってきますからねぇ…。同距離、同コースで行われる桜花賞は勿論のこと、リニューアル後の阪神JFはスローの瞬発力勝負になることが多く、オークスでも好成績。

しかも今年の2歳女王の場合は“牝馬同士なら2400mでも”という枕詞がいらない血統背景。
1強モードになってしまうのでしょうか?それともお姉さんの時のように、JF未出走馬から強力なライバルが出てくるのか?

それでは桜花賞から。

桜花賞
2着アイムユアーズは力をほぼ出し切っての完敗でしたので逆転の目は厳しい気もしますが、3着サウンドオブハートは芙蓉S以来の競馬で大外枠、やや引っ掛かり気味だったことも考えると上がり目を感じます。また前に壁を作れず本来の力を出し切れなかったラシンティランテもまともに走ればもしかして…。エピセアロームも休み明けが響いたような競馬でしたし。
一応、阪神JFで人気を裏切った馬にも巻き返せる要因は結構ある。またキャリア1戦で出遅れながらも6着まで差を詰めたガーネットチャームも伸びしろは大きそう。
ただ普通の勝ち馬であれば、まだまだわからんよ?とも書けるかもしれませんけどね…。5月生まれで馬体も幼いまま、おまけにキャリア1戦と勝ったジョワドヴィーヴルが1番上積みがありそうという。。しかもマイルでは決定的ともいえる2馬身半差。ちょっとこの状況で阪神JF組に逆転を期待するのは酷かもしれません…。
負かす馬がいるとするならば、ウオッカの年のダイワスカーレットの様な同レベルのバケモノが阪神JF未出走馬の中から出てくる場合でしょうか?
マイルはやや短いかもしれませんがエリカ賞勝ちのヴィルシーナ。キャリア1戦の中ではダイワメジャー産駒のエクセラントカーヴ。ハーツクライ産駒サンシャイン。そして私のPO馬ジェンティルドンナに魅力を感じます(贔屓目?)。

そうなってくれたらいいな、という希望も込めてジェンティルドンナに重い印を!

◎ジョワドヴィーヴル〇サウンドオブハート▲ジェンティルドンナ
△ラシンティランテ、エクセラントカーヴ×アイムユアーズ

オークス
ジョワドヴィーヴル
は血統的にもレースキャリアを1戦多く積めるという点でも、桜花賞よりオークスの方が逆らえない。ただしダービーにも登録しているらしいので出てこない可能性はありますが…。
ここでは出てくることを前提に相手探し。本来ならここでもやはり阪神JF組が相手筆頭になるハズなんでがサウンドオブハートはスピード感たっぷりの走り方。桜花賞の結果次第だと思いますがマイルCの方に行くような気も。出てきたとしても距離が持たなさそうな予感…。他のJF組もあまり距離伸びて!ってタイプはあまりいないんですよね。4着イチオクノホシくらいでしょうか?

ということで、こちらは阪神JF未出走馬の方を相手筆頭に。距離伸びて魅力を感じるのはやはりヴィルシーナ。ただこの時期にこういう評価を受けていた馬が順当にオークスで好走するのって少ない気はする。他では前走で人気を裏切ったもののデビュー戦の内容がよく母系からスタミナが豊富に備わってそうなジャンボールフィズ。ここ2戦何故か1400mを使ってますが1800mの新馬戦の内容から距離伸びて良さそうなオメガハートランドも面白そう。
ジェンティルドンナは距離持ちそうな気性はしているんですけどねぇ。母系が母系なんで手応え抜群からの直線パッタリみたいな嫌な予感も少々。まぁ持つかどうかは走ってみないとなんで、とにかくこの舞台に立てるような戦績を歩んできて貰いたいものです。

◎ジョワドヴィーヴル〇シャンボールフィズ▲ヴィルシーナ
△オメガハートランド、イチオクノホシ、ジェンティルドンナ


では、今日はこの辺で。
明日は牡馬編を更新です。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年12月28日

東京大賞典 いきなり最終予想

明日はいよいよ、年末恒例の大イベント大掃除であります。じゃなかった東京大賞典!
なんか毎年大掃除しながら、というかサボりながら馬券買ってる気がするのよね…。
なんで東京大賞典の日に大掃除するんだろうか?

なんですが!うちの子供たちも大きくなりだいぶ掃除の戦力になってきましたので、ついに今年は私に戦力外通知が出されました!

「大して働かなくていい、その代わり夕飯奢れ」と。

どうやら東京大賞典を当てろということらしいです。無理難題をおっしゃる…。

ということで東京大賞典です。

まぁ、なんつーか簡単に当たるような気はするんですよ、単勝なら。
ただ下手すると当たっても賭けたお金がそっくりそのまま戻って来るだけかもしれない。
3連単もそうとう絞り込まないとガミるでしょうしね…。絞ったら絞ったで抜けるか裏に入りそうですし…。う〜む、買い方が難しい。。

スマートファルコン。ついて行ける馬もいないでしょうね…。仮に行ったら潰されるだけでしょうし。関心ごとは、もう勝つか負けるのかではなく、かといって何馬身離して勝つのか?でもない。
何馬身か後方にいるであろう2、3着馬がなんなのか?がこのレースの焦点。

ヤマニンキングリー。本命馬はいないものとして考えますのでこの馬が事実上の本命。初ダートのシリウスSを圧勝。3番人気に支持されたジャパンCダートでは7着に敗れましたが、アガリ3F37秒0は2着ワンダーアキュートに次いで速い。後方待機から上手く内をすくったワンダーアキュートに対し、こちらは大外を回してのモノ。今回はそんなごちゃつかないでしょうし、同じような位置取りからなら捻じ伏せられるんじゃないかと。2着固定で勝負!

テスタマッタ。安定感もありませんし、ややピークも過ぎたのかな?という気もしますが、変に勝ちに行かずに自分の競馬に徹してくれれば2着は十分ありそうな末脚の破壊力。ただこの馬まで2着に付けると買い目が倍になりますからね。。漢らしく絞りに絞ったところにドン!とぶっこみたいので(そうしないと有馬の負けが取り戻せないので)、気合の3着付けです!

シビルウォー
。JBCクラシックも2頭を除けば…という面子でしたので、相手のレベルがどうなのか?という不安もあるにはあるんですが、近4走交流重賞で安定した成績は残せている。地方の砂への適性を考慮してこの馬を4番手評価に。

ワンダーアキュート
。前走の2着は上手く内を捌いたことが最大の要因でしょうが今年に入ってからの安定感、実績はスマートファルコンを除けば最上位の存在。無視はできません。ただ大井は2度走って2度とも馬券になれず…。昨年の大賞典でも10着に完敗。あまり大井の砂はあってないような気も?

買い目
◎スマートファルコン〇ヤマニンキングリー▲テスタマッタ
△シビルウォー、ワンダーアキュート

3連単 ◎→〇→▲△△ 3点


終わりよければ全てよし!外れた場合は翌日の東京シンデレラマイルへ。当たった場合も恐らくシンデレラマイルへ…。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年12月26日

アグネスタキオン以来のキャリア1戦V アダムスピーク

毎年のように評判馬、素質馬が揃うラジオNIKKEI杯2歳S。キャリア1戦で馬券になる馬は結構いるんですが、優勝となると11年前のアグネスタキオン以来の快挙。
ここ10年キャリア1戦でこのレース馬券になった馬の中には2着にヴィクトリー、3着にアドマイヤジャパン、ダノンシャンティなど活躍馬も目立ちます。まぁサダムイダテンのようにこれっきりっていう馬もいるんですが…。
まぁしかし2、3着に札幌2歳Sの連対馬、4着に京都2歳S勝ち馬と実績馬を従えての勝利ですからねぇ。アダムスピーク!これはかなり期待してもいいのではないでしょうか?
最後までもつれにもつれた2歳リーディングサイアーもこの勝利がトドメとなりディープインパクトが2連覇を達成。

ちなみにディープ産駒の重賞ウイナーはこの世代ディープブリランテ、ジョワドヴィーヴル、アダムスピークと3頭出ましたが、どの馬もキャリア1戦で重賞に勝ってるんですよね。阪神JFは史上初。ラジオNIKKEI杯2歳Sはタキオン以来。そう簡単ではないはずなんですが…。凄い。


6回阪神7日(12月24日)ラジオNIKKEI杯2歳S 芝2000m
アダムスピーク・・・★★★★+
枠にも恵まれましたが今回も3番手を先行。楽に好位につけれるセンスは素晴らしい。内でじっくり脚を溜めて直線に向くと一瞬囲まれはしたものの、前が開くと狭いところを割って楽に突き抜けた。初戦では末脚のインパクトはあまりないと書いたんですが…切れましたねぇ。非常にセンスが良い馬でスッと好位から抜け出す競馬が得意そう。外枠に入った時どんな競馬をするのか観てみたい。★1つ追加です。

6回阪神7日(12月24日)新馬 芝1600m
ヤマニンファラオ・・・★★★
ヤマニンウィスカーの半弟でダイワメジャー産駒。Sペースで全馬一団の道中を中団やや後ろの外から追走。コーナーでも外、外と回し直線での瞬発力勝負へ。スパッと切れる訳ではないですが、徐々にグングン加速しラスト1Fでトップスピード。内で懸命に伸びていた私のドラ1を捻じ伏せた。直線長いコースで末脚を生かす競馬が合いそうな馬。

6回阪神7日(12月24日)未勝利 芝1600m
エアソミュール・・・★★★★★
母父SSのジャングルポケット産駒で叔母、叔父にエアデジャヴー、エアシャカールがいる良血馬。縦長の展開を中団から追走。道中は思いっきり引っ掛かっていましが…。直線入ったところで全くの馬なりのまま先頭に並びかける。相当前向きな気性で追わずとも本気で走るタイプかと思いきや、追ったら更に突き抜けた。突き抜けたあとも若さ爆発と、まだまだ幼さ全開の馬ですが久しぶりにこの一族からそれらしい馬が出てきたなという感じです。

6回阪神7日(12月24日)未勝利 芝1800m
ベールドインパクト・・・★★★★
スタート悪く後方4番手からの競馬。3コーナーから強烈なマクリをみせ直線入り口では早くも先頭に立つ勢い。かなり脚を使ったはずですが、直線でもジワリジワリと力強く伸び切り後続を突き放す。半姉にコイウタ、叔母にビハインドマスクという血統ですが、スタミナはかなり備わってそうな感じが…。能力は相当も不器用なので上でも取りこぼしが多そうな予感。

5回中山7日(12月24日)未勝利 芝2000m
アロヒラニ・・・★★★
母はブエナビスタの半姉ファインセラ、父キングカメハメハという血統。道中は中団で待機、3コーナーから外に持ち出し大外をぶん回しながら直線へ。馬体重よりも更に小柄に見える馬ですが、力の要るコースも何のその。鋭い瞬発力で1馬身1/4差抜け出した。血統からも走りからも注目の馬でしたが…どうやら骨折しちゃった模様。

6回阪神8日(12月25日)500万下 芝1600m
オリービン・・・★★★+
スタートでやや遅れ後方からの競馬。3〜4コーナーで早くもムチが3、4発入り外からグイグイと力強く脚を伸ばす。スパッと切れるタイプではなく追うごとに加速するような力強い末脚。ゴール前の急坂で豪快に突き放し1馬身3/4差をつける完勝。時計の速い馬場は切れ負けしそうなイメージですがこういう力の要る馬場は滅法得意そうで相手なりにも走れるタイプ。

5回中山8日(12月25日)ホープフルS 芝2000m
アドマイヤブルー・・・★★★★
今回も好スタートからスーッと前へ。4、5番手の外できっちりと折り合う。直線では前4頭を射程に入れて追われるもなかなか並びかけることはできず…でしたが。ゴール直前になっていきなりエンジン全開か?一瞬で前を捕らえてクビ差の勝利。エンジンの掛かりがやや遅い印象も、掛かってからの瞬発力は凄まじい。計って差し切ったのか、ギリギリ間に合ったのかは謎。

5回中山8日(12月25日)新馬 芝1800m
ミステリーコード・・・★★★
好スタートから控えてインの3番手を追走。ゆったりとしたペースを折り合わせながら直線までじっと我慢。直線でGOサインが出ると一気に前2頭を捕まえて抜け出した。最後は流して2馬身半差の楽勝!抜け出す時の脚も速く、抜け出してからの伸びも上々。ネオユニヴァース産駒ですがあまりごつくはなく、中山だけという印象はありません。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年12月25日

有馬記念回顧 オルフェーヴル、ナリタブライアン以来の3歳4冠達成!

スプリングSから6連勝でクラシック3冠+有馬記念を制覇。
震災の影響で皐月賞が中山で行うことができませんでしたが、これで中山のG気眈〕。文句のつけどころがございません。

オルフェーヴル、ナリタブライアン以来となる3歳4冠を達成デス。

有馬記念 予想

 1着〇オルフェーヴル
 2着×エイシンフラッシュ
 3着×トゥザグローリー
 4着−ルーラーシップ
 5着△トーセンジョーダン

 7着△ブエナビスタ
 8着▲ヴィクトワールピサ
10着◎アーネストリー
11着×ジャガーメイル

天皇賞(秋)とは打って変わって逃げ馬不在。アーネストリーが先手を奪い超がつくほどのドスローぺースに落とし込む。結果1着馬〜6着馬までアガリ33秒台を出すという有馬記念では観たこともない極限の瞬発力勝負。
道中で既にドスローなのはわかりましたんでオルフェーヴルの位置取りは大丈夫なんかなと?
下手したら思いっきり前残りのどっちらけが待ってるかと思って観ていたんですが…。これが3冠馬か!!!

直線短い中山でドスローの流れを道中後方3番手。差し切れなくても十分いい訳にはなる恵まれない展開。それをコーナーで外を回しながら徐々に押し上げると直線半ばで先頭に並びかけ、内から伸びて来たエイシンフラッシュをきっちりと捻じ伏せてからのゴールイン。つええ…。
菊花賞では速い流れを早めに動いて押し切ってますしねぇ。この馬はどこのコースでどんな流れのときに負かせるんでしょうか…。
遅生まれでまだまだ強くなっていくような雰囲気もありますからねぇ。引退した時に何冠馬になってるのか?
とにかく無事に競争生活を全うして欲しいものです。

さて。その他の馬のことも。
まず本命アーネストリー。ドスローに落とした張本人ですが直線は伸びきれず…。それもそのはず、この馬ここまでの22戦で1度もアガリ33秒台なんぞ出したことがない瞬発力勝負は不得意な馬。
同じハナに立つにしても、後続に脚を使わせるような逃げじゃないと。。今回こそシルポートがいてくれれば…。そう思いたくもなった不本意な競馬。残念。

続いて4歳勢。JCで惨敗していた2頭が見事に巻き返し2、3着。天皇賞の反動でジャパンCを惨敗していたことがいいガス抜きになったのか?もしくは、こういう極限の瞬発力勝負にこそ強い世代なのか?
一応2〜4着と格好はつけた形ですけど、頭は獲れないのは相変わらず。1こ下にバケモノもいますからね…。来年も受難な年は続きそうな雰囲気。
5着トーセンジョーダンはタフな競馬だった秋のG毅伽錣糧莽が気になりましたが、自分の力は出し切れたんじゃないでしょうか?ただ瞬発力勝負より長くいい脚を使う持久力勝負が向くタイプ。流れが向かなかったのかなという印象です。

そして最後にブエナビスタ。決して止まってる訳ではなく最後はジリジリとですが伸びてきてはいたんですけどね。直線入り口の勝負どころで置いていかれ気味。やはり反応がズブくなってる感じです。またピークが過ぎていた今、秋2戦の激戦の疲労も堪えたのかも?
テイエムオペラオーも最後の年は天皇賞2着→JC2着→有馬5着。
ゼンノロブロイは天皇賞2着→JC3着→有馬8着。
4歳時のメイショウサムソンは天皇賞1着→JC3着→有馬8着。

どんな名馬でもなかなか3つとも好走するのは難しい。。最後の最後で掲示板を外してしまったのは残念ですが、最後の最後まで競馬を盛り上げてくれたブエナビスタにお礼のことばを言いたいところ。
今回も普通であればオルフェーヴルの1強ムードだったはず。なのにJCを制しファン投票でも1位をとり、2強ムードにして有馬記念を盛り上げた。3冠馬がいるのに2強にするなんて凄いですよ、ほんと。

08年の阪神JFから3年に渡り常に主役として競馬を盛り上げてくれたブエナビスタ。ほんとお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
産駒がデビューするのを楽しみに待っています。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月24日

有馬記念 最終予想

ドラ1もラジオNIKKEI杯もまけたけどメリークリスマス!
まぁ我々にとっては有馬記念・イヴですけどね。
赤い服着たサンタではなく赤い帽子のサンワクだろうと。

プレゼントは自力でもぎ取るべし!

それではグランプリ行ってみましょう!

有馬記念 データ

1強だとどこで前を捕まえに行くか?だけですけど、今回は2強。お互いが意識しすぎて早めに動いて目標にされることを嫌うのであれば、小回り直線短い先行・有利の有馬記念。前目の馬の1発は十分ありえる。

普通のG汽譟璽垢任△譴弌△修ΔいΔ柄位椶稜呂話鰻蝓軸は2強のうちの1頭からとるところなんですけどね。有馬記念ですから。
しかもそんな前目で競馬できる馬が自分の好きな馬ですから。迷いはありません!

アーネストリー。前走は大外枠から先行しHペースに巻き込まれてズタボロ。ただ逆にあそこまで大敗したことにより今回マークは緩む。少なくとも2強が揃って早めに負かしにくるような競馬はしないはず。宝塚で掲示板に載っていた馬から5勝と春のグランプリの結果がリンクしやすいレースで宝塚連対馬の成績は4、5、4、2、3、1、1、8、8、1、2着と安定。オールカマー1着→天皇賞(秋)ボロ負けからの有馬直行は07年優勝のマツリダゴッホとも被る。

私の夢は有終の美でも、3歳4冠でもなく大好きなグラスワンダーの産駒による春・秋グランプリ父子制覇です!

オルフェーヴル。瞬発力が異常な馬かと思っていたら、菊花賞では厳しいペースを前から突き抜け抜群のスタミナも披露。絶対的な能力が非常に高い。まともな状態で出走してくるなら馬券圏外に飛ぶことは考えづらい。
上位5番人気以内で前走が菊花賞だった馬の成績は1−2−1−2と6頭走って5着以下は僅か1頭。菊花賞で負けていた馬も込みでもこの好成績なのに、この馬は3冠馬ですからねぇ。逆らうのは無茶。

ヴィクトワールピサ。JCは久々の上にスタート直後に不利もあり最後方から。全く勝負に参加せずに終わってしまいましたが、一叩きされた上積みはでかいはず。ドバイWCを勝った馬ですからね、勝負にならないと思ったら前走の大敗で引退→種牡馬入りです。出てくるということは…。

トーセンジョーダン天皇賞(秋)JCともに掲示板に載っていた馬の成績は5、4、()、1、1、8、11、5、8、2、着。JC2着馬の成績は5、11、11、1、4、5、着。案外ポカがある。特に今年の天皇賞(秋)は消耗戦になり、2戦続けてタフな競馬をしたことによるダメージがどれだけ残ってるのかが鍵。中山自体は得意なハズなので疲労があまりないようなら、ここでも好勝負になると思うんですが…。

ブエナビスタ。今年は追ってからの反応がずぶい。ベストと思われる府中2400mのジャパンCですらトーセンジョーダンを捕らえたのはゴール前でした。舞台がパフォーマンスの落ちる小回り中山に替わり、届かない可能性は更に高まる。一応押さえますが軽視。これまで逆らい続けてきた名牝と最後の勝負!

穴はJC3着馬のジャガーメイル。そしてタフな天皇賞(秋)の反動か?前走ボロボロだった4歳勢の巻き返しがあると睨んでエイシンフラッシュトゥザグローリーを。

買い目
◎アーネストリー〇オルフェーヴル▲ヴィクトワールピサ
△トーセンジョーダン、ブエナビスタ
×ジャガーメイル、エイシンフラッシュ、トゥザグローリー

 ◎

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単 ◎〇→◎〇→▲△△×××
     ◎〇→▲△△×××→◎〇 24点


それではみんさん、良いクリスマス&有馬記念を。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月23日

ラジオNIKKEI杯2歳S 最終予想

2強ムードになるのかと思いきや、3強ムードになりそうなんですねぇ。金曜売りなので何とも言えませんけど。

馬券は買いやすくなったような、買い辛くなったような…。

ラジオNIKKEI杯 データ

未勝利戦では早め先頭からの大楽勝。札幌2歳Sでも先行しそのまま手応え抜群のまま押し切ったグランデッツァ。他馬が追走で脚を使うようなペースでも楽々先行できるスピードがこの馬の最大の武器。
ただこういうスピードを生かすタイプの馬は必ずどこかで距離に壁がある…。半姉は牝馬同士でも距離延長でパフォーマンスが落ちたマルセリーナ。今回は脚を溜めてくる可能性もありますが、前2走と同じような競馬をした場合は坂で止まるかもしれない。
ましてや中間に筋肉痛が出たとの情報で仕上がりにも不安…。まぁでも能力の高さは世代トップレベルの馬ですからね!仮に止まったとしても馬券圏内に食い込む可能性は高いのかなということで…▲

◎はトリップ。前走は初戦と比べるとやや期待ハズレの末脚でした。ただ個人的には直線短い京都の内回りでエンジンが掛かり切る前に終わってしまったという印象。まぁそれでも勝ってるんで掛け切る必要もなかったんですけどね…。同じ内回りでも少しでも距離が伸びる阪神替りはプラス。パワフルな馬なので坂も歓迎。
京都2歳S連対馬は評判倒れで大敗する馬が多いのは気掛かりですが、その分大物もいっぱい出してますからね!大物の方に賭けてみる。

〇はゴールドシップ。5番人気以内の馬で前走重賞連対馬の成績は2、3、7、2、1、3、1、2着。ただこれ、01年マチカネアカツキを除くと全て前走1着馬だったりします…。なので過去10年例のない札幌2歳2着からの直行ってどうなんだろ??
グランデッツァが止まるのであれば差し切っても良さそうな感触は前走でありましたけど。差し切って1着なのか、2着なのか?それとも4着なのかは不明。

紐の1番手は2着でも馬券になれる京都2歳Sから、ゴール前の脚が際立っていたエーシングングン。頭は過去10年ではないものの、2、3着と馬券になる馬が多いキャリア1戦の素質馬アダムスピークサンライズマヌー。一叩きされて上積みが見込めるエネアドまで。

買い目
◎トリップ〇ゴールドシップ▲グランデッツァ
△エーシングングン、アダムスピーク、サンライズマヌー、エネアド

馬単 ◎→〇▲△△△△ 6点

3連単 ◎→〇▲△△△△→〇▲△△△△ 30点


自信はないけど頭付け。もし当たったらそっくりそのまま有馬記念へぶっこみます。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月21日

ラジオNIKKEI杯 過去の傾向から

今週は有馬記念一色といったムードですが、土曜阪神にも超注目レースが控えております。それは私のドラ1トーセンホマレボシが出走予定の阪神7Rメイクデビュー!
ではなくて…。札幌2歳S優勝馬アグネスタキオン産駒のグランデッツァと話題の大物クロフネ産駒トリップが早くも激突の出世レース、ラジオNIKKEI杯。

現時点でどちらが強いのか?非常に興味深いところ。まぁ2、3着馬からもG鞠呂出るレースなので、実際のところ勝ち負けはあまり気にしなくていいのかもしれませんけどね!
レース前からそんなこと言ったら盛り上がらないか。すんません。
またこの2頭をまとめて負かすような馬が出てくるとしたら、当然その後はクラシック候補として大注目の存在に!!

しっかし阪神JFの週にジェンティルドンナが初勝利とか、ラジオNIKKEI杯の週にトーセンホマレボシデビューとか。
悲しいけど、何かちょっとズレてんのよね…。まぁ本番は来年ですからね!諦めずに応援しよっと。
というかホマレボシ!ラジオNIKKEI杯の勝ち馬が霞むほどのパフォーマンスをみせてくれぇぇぇええ!

それでは大注目のラジオNIKKEI杯。過去10年の傾向です…。

上位人気の成績
1番人気
3、7、4、2、2、1、2、2、1、
2番人気
5、1、2、1、1、3、7、1、2、2
3番人気
4、3、3、3、7、2、8、8、4、4
4番人気
2、5、1、4、9、5、1、4、8、
5番人気
10、8、5、6、10、9、9、5、13、

1番人気は6連対で複勝率7割。2番人気は7連対で複勝率8割。人気上位2頭の安定感が素晴らしい。過去10年の勝ち馬のうち9頭が4番人気以内。
5番人気以下の連絡みは僅か2回だけという超堅いレース。堅実に賭けて有馬記念の資金をちょろっと増えればいいなぁくらいの気持ちがいいのかも?
毎年4番人気以内の馬が2頭以上複勝圏内に来ていますので、3連単、3連複は人気馬からの2頭軸がオススメです。

上位5番人気までの馬の前走別成績
朝日杯出走馬
8、
重賞連対馬
2、3、7、2、1、3、1、2
重賞3着以下
4着
OP特別連対馬
1、2、1、2、9、7、8、5、8、1、2、13、4、8
OP特別3着以下
4、
500万下勝ち馬
10、1、1、5、2、
500万下で負けていた馬
4、5、3、9、
未勝利戦勝ち馬
5、9、4着
1戦1勝の馬
3、4、5、3、6、7、10、2、2

前走重賞連対馬の成績が素晴らしい。出世レースだけあって素質も重要ではあるんですが、そういう馬が多数出走してくるだけに、さすがにキャリア1戦は不利になる模様。キャリア1戦馬の連対はキャリア1戦ながら1番人気に支持されたサダムイダテンと後の皐月賞馬ヴィクトリー。勝ち馬は11年前のアグネスタキオン以降出ていません。

6〜9番人気馬の前走別成績
朝日杯出走馬
5着
重賞連対馬
11着
重賞で3着以下
14着
OP特別3着以下
6、9、11、9着
500万下1着馬
2、10、8、12、4、12着
500万下で負けていた馬
1、8、8、7、9、10、12着
未勝利戦勝ち馬
8、9、4、9、7、3、5、8、中、5、3、7、10着
1戦1勝の馬
12、13、3、6、3、5、6着

前走重賞、OPを使って人気を落としていたようなタイプの馬の巻き返しはここ10年ではなく、新馬、未勝利などを勝ってきているまだ底を見せていない馬がよさそうです。
といっても連に絡む確率はかなり低く、買っても3連単の3着固定とかで点数を絞りつつ軽く狙う程度がいいのかも…。

今日のまとめ
1、2番人気の安定感が半端なく、恐らくそれに該当するであろうグランデッツァトリップの前走は好相性レースの札幌2歳Sと京都2歳S。
何か間違いが起こるとしても、2頭揃って連を外すことは考えづらい。更に恐らく3番人気が札幌2歳2着のゴールドシップ。この馬もデータからは結構な確率で馬券に突っ込んできそうな雰囲気。
ただ3頭で決まるのか?となると何か1頭くらいは飛びそうな気もするんですけどね…。
何れにせよ、何を買うかというよりもどう買うか?といったレースになりそうです。相当買い目を絞らないと儲からなさそうなので。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList