2011年12月

2011年12月20日

有馬記念 過去の傾向から

3冠馬オルフェーヴルとG毅蕎,僚王ブエナビスタ。最初で最後となる1度限りの激突です!
最強馬のバトンを次世代のバケモノに受け渡して引退するのか。それとも最強馬のまま引退の花道を飾るのか。

3冠馬がいれば、普通の年なら相手探しムードになるんですけどねぇ。ファン投票1位まで奪って一騎打ちムードで有馬記念を盛り上げてるブエナビスタ。改めて凄い馬だと感じさせられます。
伏兵陣も多彩。伏兵と言ったら失礼な秋のG毅伽錣寮績を誇る天皇賞馬トーセンジョーダンに春のグランプリホース、アーネストリー
そして春の時点では揃いも揃って伏兵になるとは思いもしなかった4歳世代たち…。

今年を締めくくるに相応しい素晴らしいメンバーが揃ったことに感謝。
有馬記念、楽しんで参りましょう!

それでは有馬記念過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
5、5、1、1、2、1、
8、1、2、2
2番人気

4、1、8、11、8、4、5、12、1、1
3番人気
1、7、3、2、11、3、11、5、7、4
4番人気
10、4、2、5、1、5、4、8、4、13
5番人気
9、11、11、4、12、10、2、6、13、7

過去10年の勝ち馬のうちマツリダゴッホを除く9頭が4番人気以内の馬から2、3着馬にはマジっすか!?って馬が入ることが多い有馬記念ですが勝ち馬に関してはは人気馬から出ることが多いようです。マツリダゴッホの07年も2着は5番人気ダイワスカーレットが入っており5番人気以内の馬の全滅はなし。
6番人気以下の馬は1勝、2着4回、3着8回と13頭も馬券絡み。しかもその約半分にあたる6頭が二桁人気馬!!
5番人気以内でのワンツースリーは過去10年で1度しかなく紐はとにかく手広く穴狙いで夢をみたいところ。

同年秋のG祇績から
天皇賞(秋)1着馬()内中山開催
)、1、1、6、3、8、
2〜5着馬
5、4、12、11、(4、9)、4、8、12、11、10、5、10、1、3、4、8

天皇賞(秋)優勝馬は7頭が出走し3勝。5頭が馬券になる堅実な成績。ですが…2〜5着馬となるとグッと連対率が下がります。
ただ6着以下だった馬の巻き返しは結構あり、負けていたからといって割引きすぎるのは危険。

ジャパンC1着馬()内中山開催
8、1、1、
2着馬
5、11、11、1、4、5、
3着馬
10、(、1、5、8、8、
4〜9着馬
4、(7、6、10)12、14、3、7、6、10、11、5、12、14、11、12、13、8、12、14、3、5、13、4、7、11、12
10着以下
2、11、3、(4、9、13、)、6、4、9、6、12、4、16、13、6、9、10、2、11、10、12着

JC経由の勝ち馬は全てジャパンCで3着以内の馬から出ております。4着以下の馬はこれだけ出走しておきながら僅か2連対(アメリカンボス、アドマイヤモナーク)。3着馬も3頭(トゥザヴィクトリー、リンカーン、エアシェイディ)しかおらず、人気馬であれば大幅な割引きが必要。
ただこの5頭、5頭とも6番人気以下でうち3頭が二桁人気。紐穴を狙うのであればここかも。

天皇賞(秋)JCともに掲示板に載っていた馬
()内中山開催
5、4、()、1、1、8、11、5、8、2、

人気になりやすい戦績ですが、優勝したのはシンボリクリスエスの2回とゼンノロブロイ。2着は昨年のブエナビスタとのべ4頭のみ。4頭とも天皇賞(秋)勝ち馬でJCでも3着以内に入っていました。
ちなみに07年メイショウサムソンも天皇賞勝ち、JCで3着以内に入っていましたがこちらは8着に沈んでいます。トーセンジョーダンはどうなるか?

菊花賞1着馬
1、11、11、5、
菊花賞2〜5着馬
2、3、11、4、5、9、4、9、4、8、13着
エリザベス女王杯連対馬

3、5、15、10、2、7、14、12

菊花賞の好走馬は4頭が馬券絡みしていますが何れも菊花賞からの直行。ジャパンCを経由した菊花賞好走馬はザッツザプレンティ、コスモバルク、デルタブルース、ドリームジャーニーがJCで3着以内に好走しながらも有馬記念で飛んでおります。オルフェーヴルのJC回避は好データの模様。

同年春のG擬太咾ら
天皇賞(春)連対馬
5、4、7、1、10、13、1、8、8、5、着
宝塚記念連対馬
4、5、4、2、3、1、1、8、8、1、2
宝塚記念3〜5着馬
13、9、8、1、1、8、3、7、3、5、14、8、13着
皐月賞連対馬
6、11、2、5、4、15、15、
ダービー連対馬
1、3、9、2、5、9、11、13、7着
ダービー3〜5着馬
11、6、4、15、1、

春のG擬太咾盞觜十斗廖F辰吠塚記念は好相性で掲示板に載っていた馬から5勝もしています。古馬で同年の宝塚記念で好走歴がなく優勝した馬は9番人気で勝った中山の鬼マツリダゴッホとダイワスカーレットの2頭のみでどちらも宝塚記念は未出走。走っていれば掲示板には載っておきたいところ。

上位5番人気以内の馬の前走別成績
ジャパンC3着以内()内は中山開催
5、10、()、1、8、11、1、5、11、1、8、1、4、5、8、5、1、2
ジャパンC4着以下
4、(4、7)、12、5、11、8、12、13、4、7着
天皇賞(秋)3着以内

天皇賞(秋)4着以下
1、7着
菊花賞連対馬
1、11、2、2
菊花賞3着以下
3、4着
マイルCS1着馬

エリザベス女王杯出走馬
5、10、2、2
凱旋門賞出走馬

G興仭馬
9、4、11、6、4、13着

過去10年で6勝と主力ステップのジャパンC組ですが見て貰うとわかるとおり有馬記念が荒れる原因はコレ。人気のJC組のぶっ飛びの多さは凄まじい。3着以内でもこんだけぶっ飛んでますからね…。
古馬との初対戦が不安材料となっている菊花賞組ですが、安定感はこちらの方が断然上。天皇賞(秋)からの直行馬やエリザベス女王杯などのその他のG汽好謄奪廚砲靴診呂盥ダ績を残しており、JC組の人気馬のぶっとび方は際立ちます。それほどジャパンCというのはダメージが残るレースということなんでしょうね。
今年の場合は天皇賞もかなり厳しいレースになりましたので、2走とも走ってる馬の消耗度は気になるところ。大丈夫か?ブエナビスタ

今日のまとめ
ジャパンCが中心ステップなのは間違いありませんが、人気馬のポカが多いステップなのは気になるところ。上にも書きましたが今年は天皇賞(秋)もレース内容が厳しい展開でしたので両レースで好走しているブエナビスタトーセンジョーダンの消耗度はかなり気掛かり。
むしろ4歳勢の方がジャパンC惨敗がいいガス抜きになって好結果に!なんてこともあるかもしれない。人気薄であれば是非紐穴に加えておきたいところ。
軸候補は人気の前走菊花賞好走馬が好データなオルフェーヴル。そして宝塚記念好走馬でジャパンC回避も好材料アーネストリー

まぁこれだけの好面子。データ云々抜きにして好きな馬から買うのが正解かも?


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月19日

朝日杯だけじゃない!新馬からもクラシック候補が登場 ワールドエース

アルフレードのことは昨晩の回顧で触れたので今日は新馬を勝ったワールドエースを。
ディープインパクト産駒の2年目は1年目と違い大物感のある馬が非常に多いんですが、また出ましたね…といった印象。
このコーナーで今年★6個を新馬戦のレビューでつけた馬はこれで4頭目。ちなみに残りの3頭はディープブリランテ、トリップ、ジョワドヴィーヴルです。

別にディープインパクト産駒を贔屓してる訳ではないんですけど4頭中3頭がディープインパクト産駒なんですよね。
まぁ2戦目、3戦目以降どう転ぶのかわからないのが競馬ですけど、2年目の大ブレーク、ありそうな予感。
今年は昨日の他の種牡馬からも大物候補がたくさん出ていますので、上位独占はそう簡単にはできないとは思いますが…。
とりあえず、今週のラジオNIKKEI杯2歳S。どの種牡馬の産駒が勝つのか?
注目したいと思います。

ちなみに2歳リーディングサイアーの行方は残り1週を残して約1,000万差でディープインパクトがトップをキープ。
最後の最後までもつれにもつれそうです。こちらも大注目!


5回中山6日(12月18日)朝日杯FS 芝1600m
アルフレード・・・★★★★+★
好枠から好スタートを切り押して前へ。外の人気薄を行かせ絶好のポジションを先行。直線で狭い最内を突くと一気に2馬身抜け出した。力強くタフなコースも得意そうですが、前走のように平坦馬場で速い脚も使う。また先行も差す競馬もできるようにレースセンスも良い。弱点という弱点はなくあとは距離と相手関係だけ。

5回中山6日(12月18日)新馬 芝1600m
キネオピューマ・・・★★★★
縦長の展開を内の6番手から追走。直線では7番手以下は置いていかれ前6頭による差し比べ。外から凄い脚色で差して来た2着馬の完全な勝ちパターンでしたが…。。エンジンが掛かってからの伸びが凄まじく一瞬で並びかけ捻じ伏せてしまった。一旦は完全に2着馬に交わされてたんですけどねぇ。そこから止まってもない馬を差し返すとは…。アドマイヤムーン産駒らしい素晴らしい切れ味。


6回阪神6日(12月18日)新馬・牝馬 芝1600m
サンシャイン・・・★★★★
ワンカラットの半妹でハーツクライ産駒。道中は中団馬群の中で待機し、直線では外から追い込み開始。ややトップスピードに乗るまでが遅い感じもありましたが、ラスト1Fでエンジンが全開になるとあっという間に先行勢を捕らえて突き抜ける。上のクラスでも楽に通用しそうな鋭い決め手。姉が姉なんで血統から距離延長は微妙も、観た感じはこなせそうな雰囲気。

6回阪神6日(12月18日)未勝利 芝2000m
ナリタポセイドン・・・★★★
スタートは遅く、また行く気もなくのんびりと後ろに取り付く。やや縦長になった流れを後方2番手からマイペース。しかし3コーナー手前で馬群が詰まってくると、大外を通り早くもマクリを開始。押して押して追い上げると、直線では2着馬と併せながらジワリジワリと加速しゴール前で内の2頭を捻じ伏せた。かな〜り長く良い脚を使うタイプで追えば追うほどまだ伸びそう。菊花賞で面白そうなタイプ。

5回中山5日(12月17日)ひいらぎ賞 芝1600m
チェリーメデゥーサ・・・★★★
シックスセンス産駒。Hペースの流れを中団後ろの馬群の中で脚を温存。直線では馬場のど真ん中から内、外の馬と併せながら脚を伸ばし、ゴール前で6頭が横一線で並ぶ大接戦をハナ差で制した。勝負を決めたのはほぼクビの上げ下げ。Hペースで先行した人気馬が飛んだのも大きく、かなり展開と運にも味方された勝利。なので何とも評価しづらいんですが、タフな流れで良い脚を使うのは確か。

5回中山5日(12月17日)新馬 芝2000m
ジョングルール・・・★★★
超がつくほどのドスローな流れを内の逃げ馬を見るかたちで2番手から。折り合いもバッチリ。脚を溜めに溜めて直線に入るとパワフルなフットワークで力強く抜け出し2馬身差をつけてのデビュー勝ち。大型馬らしくスパッと切れる感じではありませんが、スピードに乗るまでは早く持続力もありそう。ただ今回は相手と展開にもちょいと恵まれたかな?という印象も。

5回中山5日(12月17日)未勝利 芝1600m
パララサルー・・・★★★
3ヶ月ぶりのレースも何のその。後方馬群の中で脚をため、直線外から一気の末脚で抜け出していた2着馬をゴール前で強襲。やや他馬の脚も止まっていたような感じでしたが、ラスト1Fからの末脚は素晴らしい。牝馬らしく軽い走りをする馬ですが洋芝の札幌、中山とこなせておりパワーも兼備。ただ京都だと更に切れ味が増しそうです。

6回阪神5日(12月17日)新馬 芝1800m
ワールドエース・・・★★★★★★
道中は中団後ろの外目をゆったりと、抜群の手応えで直線へ。軽く気合を入れられると大した追われることなくスーッと後続を3馬身ほど突き放す。途中から流したため2着馬に詰め寄られましたが3着以下を4馬身以上ちぎる余裕の競馬。抜け出す時の脚がめちゃんこ速く一瞬でスパッと切れる決め手があるタイプ。母系がドイツ系らしくパワフルな走り方。これもまたヤバイ…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年12月18日

朝日杯FS回顧 シンボリクリスエスからついに芝のG鞠話太検

朝日杯FS 予想

 1着△アルフレード
 2着▲マイネルロブスト
 3着〇レオアクティブ
 4着−トウケイヘイロー
 5着△ダローネガ

 6着◎サドンストーム
 9着△ローレルブレット
12着△スノードン

シンボリクリスエスから芝のG鞠呂ついに誕生。POGをやってる方はとっくにご存知だと思いますが今年の2歳世代はびっくりするほど繁殖の質があがってましたので、この世代で出ないと逆にヤバイんじゃないかと思ってたんですが…。出ましたねぇ!
有力馬が外枠に入っちゃったりして押し出された感じでの1番人気ではありましたが、終わってみれば2着に2馬身差。しかもタイレコードですから1番人気に相応しい馬だったということでしょうか。

ただ、データ中心で買ってる自分としてはひじょーに買いづらい1番人気馬。対抗、単穴が2、3着に突っ込んで1番人気との3連単が30,630円ですから悔しくないと言えば嘘になるんですけど、自分には獲れない組み合わせだったのかなと。そう思うことにします。個人的にはレーヴディソールがぶっ飛んだ愛知杯の方がショック…。

では、レース回顧です。
本命サドンストームは好スタートを切ったものの、外からアルフレードが押して行ったため控えてしまった。その間にマイネルロブストに入られ…。
まぁ距離に不安もあったと思うので出していかなかったとは思うんですけど、前に行って粘りこむ競馬が観たかった。最後の脚色も2着馬とはそんな変わりませんでしたしね。でも、今回は前2走で末脚を生かす競馬をしてるアルフレードを押して先行させたウィリアムズ騎手の好騎乗の方を褒めるべきなのかも。

外から先手を獲りに来た人気薄3頭はタレたものの、結果は最内を回して先行していたこのアルフレードとマイネルロブストによるワンツーフィニッシュ。
勝ち馬も最後脚色がいっぱいになっていたら枠を生かしての前残りのような競馬でした、で済んじゃうんですけど最後突き放してましたからねぇ。
強い馬が2歳王者になってくれたなと思えるのは良かったんじゃないかと思います。

ただ3戦3勝で2歳チャンピオンになったとはいえ、この世代で評価されてる札幌2歳Sの勝ち馬グランデッツァや東スポ杯2歳S勝ちのディープブリランテは早々にこのレースを回避し、“有力馬が揃い切らず…”という評価を戦前から受けていた今年の朝日杯。
牝馬路線の方は2歳女王が頭一つ、二つ抜けちゃったような感触がありますが、牡馬路線の方は面白い馬がまた1頭出てましたね、といった感じ。

どの馬が皐月賞で1番人気になるのか?候補がいすぎて面白い。

クラシック路線はこうでなくちゃ!ですね。あまり期待してなかった朝日杯からも面白そうな馬が出てきてくれて何より。そしてそれがシンボリクリスエス産駒というのもいい感じ。
欲をいえばこの候補馬たちの中に自分のPOG指名馬がいればよかったのに…orz


頼むぞ!ほんと、トーセンホマレボシ。来週もう1頭候補馬を増やしてくれぇ。。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月17日

朝日杯FS、愛知杯 最終予想

抽選で漏れて朝日杯FSには出走馬を送り出せなったディープインパクト産駒でしたが、今日だけでなんと4勝!
2歳リーディングをグッと引き寄せました。

ワールドエースですか。。これまた雰囲気ある馬が出てきましたね。
指名されてる…orz

阪神Cは今年もまた大荒れ。波乱狙いで行きましたがかすりもせず。
まぁでも狙い続けることが大事です。
穴が狙えるチャンスがあればですけど。ということで、明日もちょいと狙ってみようかなと。

朝日杯FS データ

ダローネガは中山マイルでは厳しい大外枠。クラレントは前走放馬&大敗。この時のダメージもまだ残ってるかもしれない…。
重賞実績もある馬はそれぞれ不安材料を抱え1番人気は前走新潟の500万勝ちアルフレードに譲った。まぁ新潟とはいえレースを観るとわかるとおり、確かに強い競馬なんですけどね。きんもくせい特別1着馬が1番人気なんて…。まさかこんな朝日杯があるとは思わなかった。
データからは重賞実績馬の強いレース。ハイリスク・ローリターンな気も。どの馬もこける可能性はある。なので人気で軸にはしたくない。

ということで。◎サドンストーム。京王杯2歳S組は過去10年中7年で連対し、ここ5年連続で連対中。昨年はワンツーも決めた好ステップ。洋芝で連勝したようにパワーもあり中山コースもこなせそうな雰囲気。1200mで勝って1400mまでしか経験がないため距離に不安はありますが、多少長くても誤魔化しのきく中山ならなんとかなる。
そして何といっても誤魔化しやすい最内枠に入ったのが大きい。

レオアクティブ。掛かり癖のある馬なのでこの枠は正直頂けませんが、逆に思い切った競馬ができるのかなと。鞍上もそういう人ですしね。おまけに来週乗れなくなっちゃいましたんで思いっきり1発狙いをするんじゃないかと。
その思い切った競馬とは恐らくスタート直後思いっきり下げての殿一気。展開次第で十分馬券圏内には突っ込める。

マイネルロブスト。重賞好走歴のある馬が強いというデータを信じて。札幌2歳Sでグランデッツァともコンマ1秒差の競馬をしているこの馬を単穴に。まぁ向こうは流してましたが…。
前走は馬場のせいということで度外視。中山実績もありますし距離短縮ローテも魅力的。

押さえに軽視したアルフレードダローネガ。内からすくったとはいえ好面子の萩Sを勝っているスノードン。重賞経験もOP経験もない馬はかなりの割り引きが必要なレースですが、昨年3着のリベルタスと同じステップを踏んでいるローレルブレットは好枠ですし押さえてみようと思います。

で。クラレントですが血統から京都巧者のイメージ。中山のような力の要るコースは向かない気がする。またDD産駒を2歳G気杷磴Φい砲發覆蕕此帖消しです。

買い目
◎サドンストーム〇レオアクティブ▲マイネルロブスト
△アルフレード、ダローネガ、スノードン、ローレルブレット

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


ダローネガも切ったろうかと思ってたんですが、先週同じ理由でバッサリいったサウンドオブハートが馬券に絡んでるんでやめました。

愛知杯 データ

こちらはもう迷うことなくです。

◎は元PO馬レーヴディソール。盲目的にエリザベス女王杯でも本命を打ってボロ負けしてる(馬券的に)訳でして、叩かれた今回は買わない訳にはいかない。
焦点はその一叩きで元に戻っているかどうかだけ。戻っていれば例え55.5キロでも突き抜けるハズ。頭付けで心中。

〇はワルキューレエリザベス女王杯5着以内は1、1、3、3、7、着。まぁこの馬は6着なんですが、5着に足りなかった分はあまりにも軽すぎるハンデ52キロで帳消しにできる。勝ち切れなかった準OPも結構強いところとやってますしね!ハンデ戦のG靴任△譴丕押■鈎紊△襪鵑犬磴覆い任靴腓Δ。

▲にフミノイマージン。4番人気以内の馬で前走がエリザベス女王杯だった馬は1、3、1、3、8、3、7、1、3、11、着。主力ステップの今年の実績最上位馬。とてもじゃないけど逆らうのは無謀。

押さえは前走OP好走馬のコスモネモシン。前走準OP出走馬は不振なんですが、府中牝馬で4着と重賞実績もありますしアスカトップレディ
残りのエリザベス女王杯組シンメイフジブロードストリートまで押さえて終了。

買い目
◎レーヴディソール〇ワルキューレ▲フミノイマージン
△コスモネモシン、アスカトップレディ、シンメイフジ、ブロードストリート

3連単 ◎→〇▲△△△△→〇▲△△△△ 30点

心中!!

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月16日

阪神C 最終予想

ダローネガは大外かーっ!そしてその隣にレオアクティブ。。
内枠有利の朝日杯FSで人気を背負いそうな2頭が8枠へ。ダローネガは内枠に入ってすんなり先行するならば…と思っていたんですがこの枠。どう乗るんでしょうか?
掛かり癖のあるレオアクティブはこの枠だと、思いっきり下げるかもしれませんねぇ。未だに軸が決まらぬ朝日杯FS。枠順のせいでさらにパニック。

まぁこちらは一晩ゆっくり考えることにして、とりあえず明日の予想です。

阪神C データ

データ記事にも書きましたがとにかく物凄い荒れるレース。3連単は勿論のこと3連複ですら過去5回とも万馬券。昨年に至っては3連複ですら10万馬券。
当てに行っても当たらない、ハナから外す気で買う宝くじみたいなレース。

凄い弱気なこと言いますけど、こういうレースは気楽でいい。

マイルCS組が5年連続で馬券になっている中心ステップですが、前走マイルCSに出走の5番人気以内の馬の成績は3、5、9、1、4、6、15、1、5着とかなり悪い。また、マイルCSで掲示板に載っていた馬の出走はこれまで4回ありますが3、5、1、着。悪くはありませんが半分は飛んでいます。連軸でみると75%の確率で裏切る計算。
荒れるレースですしね、当然こない方に張ってみたいと思います。

エーシンフォワード。マイルCS組は人気馬より人気薄が狙い目。ピークが過ぎたという見方もありますが、高松宮は香港からのぶっつけ&不利。京王杯SCは59キロ背負って3馬身チョイの差。スワンSも休養明けを59キロ背負って大外ぶん回しての6着なら悪くはない。またここ1年枠にも泣かされてる印象。
阪神は3−1−1−2で3勝全てが1400m、重賞勝ちもある相性の良いコース。
内枠に入り他馬と同斤で走れる定量戦。そして阪神替り。復活があるならここしかない!

ワンカラット。同じく阪神1400mの阪急杯が高松宮記念のステップレースとして好成績を残していますし、実際このレースの勝ち馬もスズカフェニックス、キンシャサノキセキとスプリントG詰ゾ’呂結果を残しています。マイルCS組が目を引きますが、スプリンターを狙ってみたい。京阪杯は3頭の連対馬を出していますし、ステップとしてもバッチリ。
阪急杯でも連対歴あり、短距離重賞での活躍が目立つこの馬を対抗に。

ガルボ。昨年の阪神C4着馬で今年の阪急杯2着馬。コース実績をみると阪神巧者にはみえませんが、実際はかなり得意な舞台に思える。来る時は相手のレベル関係なく突っ込めるタイプ。人気薄のときほど狙いたい馬。

押さえは人気薄での巻き返しが目立つマイルCSから人気落ちが見込めるグランプリボスマルセリーナの両G鞠呂スマイルジャック
そして、人気でよく飛ぶスワンS組は危険なステップなんですが、阪神短距離で無視する訳にはいかないサンカルロを押さえて終了。

リアルインパクトリディルはいないことにします。新聞の馬柱をハサミでチョキッチョキしやすい枠に入りましたしね!

買い目
◎エーシンフォワード〇ワンカラット▲ガルボ
△グランプリボス、マルセリーナ、スマイルジャック、サンカルロ

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月15日

阪神C 過去の傾向から

阪神JFはディープインパクト産駒のジョワドヴィーヴルが抽選突破から優勝した訳ですけど、朝日杯FSの方はディープインパクト産駒の2頭落ちましたね。。

これで今年の朝日杯はディープ産駒の出走なし。僅差で2歳リーディング2位のダイワメジャーにとっては大チャンスか!?
また同じく新種牡馬アドマイヤムーン産駒はレオアクティブスノードンの他にハクサンムーンが抽選を通り3頭出し。
あと新種牡馬の産駒はサムライハートの産駒ローレルブレットも。

2歳リーディングだけでなく、新種牡馬の産駒対決も興味深いところです。

楽しみなレースではあるんですけどね、難しくて当たる気はしない。。
前日少しでもプラスになっていればいいんですが…。こちらも、というかむしろこちらの方が難しそうですね…。
それでは阪神Cの過去の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
9、1、2、1、
2番人気
5、4、6、15、
3番人気
14、16、15、16、7着
4番人気
3、10、4、5、12着
5番人気
4、3、10、4、

波乱のレース。過去5回の3連単は全て万馬券でその最低配当は825.6倍!残りの4回はいずれも10万オーバー!!(2着同着で3連単の配当が2通りになった09年は両方の配当で10万超え)
一応4番人気以内の馬が必ず1頭は3着以内に入っているようですが、いつ全滅してもおかしくない雰囲気。紐が2頭狂うことも多いので人気馬を軸にするのであれば2頭軸ではなく1頭軸が良いかもしれません。

前走成績から
マイルCSで掲示板に載っていた馬
3、5、1、
マイルCS6〜10着馬
2、9、2、4、6、
マイルCSで11着以下
6、4、12、6、7、15、3、7、9、13、14、1、
その他のG欺仭馬
1、4、8、9、10、9、11、16、2、7、11
京阪杯で3着以内だった馬
10、13、2、4、13、
京阪杯4着以下
12、16、15、1、5、16、17、6、12、17、9着
その他のG供■猫靴之納板の載っていた馬
14、16、1、5、15
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
7、14、17、14、14、18、8、14着
OP特別連対馬
3、8、10、15
OP特別3着以下
13、8、17、10、11、18、3、8、10、12、13、16、17着
1600万条件1着馬
11、7、11、18、4、着

前走G欺仭馬が6連対で4頭がマイルCS、2頭がダートG欺仭馬。今のところマイルCS以外の芝のG欺仭馬からの連対はありません。
残りの連対馬は3頭が京阪杯、1頭がスワンSから出ており、連対馬は全て前走重賞出走馬。OP特別からは3着馬が2頭出ているだけで準OPからの馬券絡みはナシ。
荒れるレースとはいえ定量戦のG供実績重視の傾向です。

上位5番人気までの馬の前走別成績
マイルCS出走馬
3、5、9、1、4、6、15、1、5着
その他のG欺仭馬
4、10、16、2、7着
京阪杯出走馬
2、4着
スワンS出走馬
14、16、1、5、15着
OP特別出走馬
3、10、12着
1600万条件出走馬
4着

5年全てでマイルCS組が馬券になっていますので、ついつい買いたくなるところですが…。人気でよくぶっ飛ぶステップでもあります。というかマイルCS組の人気馬がこの成績なので波乱なのかも?
マイルCSから馬券になった7頭のうち4頭が6番人気以下で二桁人気が2頭も。人気馬よりむしろ紐で狙ったら面白いステップかもしれません。
またスワンS組の5頭は5頭ともスワンSで掲示板確保。これもかなり危険なステップといえそうです。

今日のまとめ
前走マイルCSの人気馬(リアルインパクト、マルセリーナ、リディルあたり?)も怪しければ、スワンS組の人気馬(サンカルロ)も危険。じゃあ何を狙えばいいのかと。
ここまで見事なまでに荒れ続けてきた波乱のレース。思い切った馬から買って一足早い夢馬券を狙うのもありなのかも。
人気薄を軸にして大穴を目指す。現時点での狙いは人気馬より人気薄での突っ込みが多いということでマイルCS組で人気の盲点になりそうな馬を狙う予定デス。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月14日

愛知杯 過去の傾向から

レーヴディソールは55.5キロですかぁ。この時期の別定重賞や定量戦の阪神Cをみても3歳馬は古馬に対し斤量1キロ貰えますんで、実質トップハンデ。
というか、エリザベス女王杯6着のワルキューレが52キロ!?確かにここ3年以上勝ってないけど…。フミノイマージンコスモネモシンとの比較でも、ちょっと貰いすぎてるような気も。

まぁ余裕で軸ですけどね!

エリザベス女王杯で心中した私にとって、ここで軽視するという選択肢はありえない。何故なら切って外したときの精神的ダメージがでかいから。
昨年、惚れに惚れまくった元PO馬です。ストーカーのごとく狂信的に心中する覚悟。
すっかりブエナビスタ→ジョワドヴィーヴルという世代交代の流れですが、この馬が間にいるということを思い出させて貰おうじゃありませんか!

それでは嫌な予感がプンプンする愛知杯。過去の傾向です。参考データは12月移行後の過去5年分です。

上位人気の成績()内は中京開催
1番人気
1、3、8、)、
2番人気
3、2、7、11)、
3番人気
2、8、3、4)、4着
4番人気
(8、1、14、)、中着
5番人気
(4、7、10、5)、16着

08年に16−14番人気でワンツーフィニッシュという超大波乱がありましたが、その年を除くと4番人気以内の馬が11頭も複勝圏内に入っているように比較的安泰。エリザベス女王杯組が頑張ってるお陰かローカルのハンデ戦にしては人気馬がよく突っ込めるレースの印象です。
ただハンデ戦だけに着狂いは多く昨年も1、2番人気が馬券に絡みながらも6番人気の優勝で3連単は291.3倍の万馬券。着固定はデンジャラス。

前走別成績芝のレースのみ
エリザベス女王杯5着以内
1、1、3、3、7、)、
エリザベス女王杯6着以下
3、4、5、8、5、16、1、2、5、8、10、11)、1、9、11、13、14、17着
その他G欺仭馬
(8、18)、中、着
G供■猫靴韮鈎絨米
(7)着
G供■猫靴韮潅絨焚
(9、12、13、9、12、6、18、9、13、14)着
ターコイズS連対馬
2、6)着
ターコイズS3着以下
(7、11、5、6、16、13、15、15、16、17)、15着
その他OP特別で3着以内
(8)、
その他OP特別で4着以下
(10、14、7)、4、5、10着
1600万条件出走馬
(14、2、4、11、13、15、4、10、11、12、17、4、12)、6、7、16着
1000万条件出走馬
(6、15、1、2、9、14)、8着

5年間で4勝、複勝圏内に入った15頭中10頭が前走エリザベス女王杯の出走馬。特に5着以内に好走していた馬の複勝率は抜群に高い!ただ、疲れからかハンデからか?3着がやたらと多いのが特徴なので、馬連でガッツリ賭けるのは案外危険かも!?
ここまではその他の重賞からの馬券絡みはなく、軽ハンデを活かした前走1000万条件出走馬の連対などもあります。が!何故か?準OPからの出走馬は不調なようです。

4番人気以内の馬の前走別成績
エリザベス女王杯出走馬
1、3、1、3、8、3、7、1、3、11)、
その他G欺仭馬
(8)、中、着
OP特別出走馬
2、8)、2、4着
1600万条件出走馬
2、4)着
1000万条件出走馬
(14)着

前走エリザベス女王杯で4番人気以内に支持された馬は11頭出走していますが、その内3頭が掲示板外へ。また3着が多いため連対率はかなり低くなっています。これを高いとみるか?低いとみるか?
OP特別、準OP組も人気馬に限ってみれば、6頭で3連対ですから案外安定した成績。というか連軸ならばこっちなんでしょうか?

今日のまとめ
上では狂信的に心中する覚悟なんて書いたんですが、データからは来ても3着な可能性が大いにありそうな…。マルチにしようかしら。
私の場合はもう本命が決まっちゃってるんで、あとは相手探し。今年はエリザベス女王杯で5着以内の馬というのがいませんので、6着でハンデ52キロのワルキューレは超魅力的。あとはサンプル数が少ないですがOP特別好走馬のコスモネモシンが2頭軸の相手候補。

明日の全日本2歳優駿で勝ったら、漢らしく頭付けで逝く予定。
ちなみにオーブルチェフ2着付けの3連単を狙ってます!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2011年12月13日

朝日杯FS 過去の傾向から

先週はディープインパクト、ダイワメジャー産駒ともに3勝ずつあげましたが、G気鬟献腑錺疋凜ーヴルで制したディープインパクトがついに賞金面でもダイワメジャーを上回り、残り2週を残した状態でついに2歳リーディングトップへ。

しかし今週の朝日杯FSではダイワメジャーは有力馬の1頭ダローネガがスタンバイしているのに対し、ディープインパクト産駒の2頭エネアドオコレマルーナは抽選待ちといった状況。
もしかしたら抽選の結果が2歳リーディングの行方を大きく左右するのかも…。

そんなことも考えつつ、2歳王者決定戦をみるのも今年は面白いかもしれません。それでは朝日杯FS過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
1、2、2、3、3、3、5、3、1、
2番人気
2、5、7、1、1、2、11、1、2、3
3番人気
6、8、6、2、4、4、1、6、14、5
4番人気
4、7、1、6、5、5、3、7、6、
5番人気
5、3、9、7、2、6、7、2、3、

1番人気は6着以下なし!複勝率8割と堅実な成績。しかし良く見るとやたらと3着が多く最近は特にワンパンチ足りてない印象。ここ7年で連に絡んだのはローズキングダムだけだったりします。
ただ、それでも人気馬が強いレースには変わりなく勝ち馬は全て、連対馬20頭中17頭、複勝圏内30頭中25頭が5番人気以内の馬です。
毎年2頭以上必ず馬券に絡んでいますので、3連単は5番人気以内の馬を2頭軸にするのも良いかも。

重賞実績から
新潟2歳S1着馬(1600mになってから)
11、1、4、8、
新潟2歳S2、3着馬
10、5、8、6着
札幌2歳S1着馬
2、2、14、
札幌2歳S2、3着馬
3、6、11、13着
デイリー杯2歳S1着馬
13、2、3、3、3、
デイリー杯2歳S2、3着馬
11、10、7、7、5、2、2、10、4、2、13、11
京王杯2歳S1着馬(中山開催除く)
6、1、11、12、5、11、16、2、1、2
京王杯2歳S2、3着馬
5、3、5、5、13、7、2、4、2、
東京スポーツ杯2歳S1着馬(中山開催除く)
1、1、
東京スポーツ杯2歳S2、3着馬
4、9、3、4、1、5、3、14、5

この5重賞で好走していた馬が良く馬券になってるレース。連対した20頭のうち上記の重賞に出走経験がなかった馬はアドマイヤドン1頭のみ。
前走が重賞じゃなかった3頭は、ヤマノブリザードが前々走札幌2歳Sを1着。エイシンチャンプが4走前にデイリー杯2歳Sを4着。前走が500万下だったスーパーホーネットも前々走でデイリー杯2歳Sを3着。
3着馬を含めても、重賞出走経験のなかった馬は05年ジャリスコライト、昨年のリベルタスの2頭しかおらず、重賞好走経験は重視の傾向。

上位5番人気馬の前走別成績
前走東スポ杯2歳S出走馬
9、3、1、1、4、1、5、3、1、14、4、5着
前走京王杯2歳S出走馬
5、6、1、1、5、11、2、2、1、2
前走デイリー杯2歳S出走馬
2、7、7、5、3、3、7着
前走札幌2歳S出走馬
2、2
前走新潟2歳S出走馬
4、4、
前走OP特別出走馬
1、3、5、6、6、3、6、6着
前走500万下1着馬
7、8、2、7、3、6、
前走地方競馬出走馬


人気馬の前走は東スポ杯組が4勝、京王杯組が3勝、2着3回と好ステップ。デイリー杯組はレース間隔が開くためかポカが多く、1走挟んで本番に臨むのが理想的でしょうか。

今日のまとめ
ダイワメジャー産駒は中山大得意だろうと、かな〜り前から朝日杯FSはダイワメジャー産駒がいれば迷わず軸にしようと思っていたんですが、ダローネガはポカの多いデイリー杯2歳Sからの直行なんですよね…。
データから近年特に好成績の京王杯2歳S組ですがレオアクティブは中山マイルで負けてるし、サドンストームもまた戦績からどうも短距離馬臭が。
じゃあ東スポ杯組を狙おうか!と思えば今年は上位3頭いませんし…。他に人気になりそうな馬は重賞経験なかったり。
こんなに軸にしたい馬がいないレースも珍しい。
これまでは比較的人気馬が強い傾向のレースですけど、今年はもしかしたら物凄い荒れるん可能性もあるのかなと?


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList