2012年01月

2012年01月24日

京都牝馬S 過去の傾向から

先週までは内外の馬場の差が激しく異様な前残り馬場だった京都競馬場ですが、開催が替りAコースからBコースに変更。
仮柵が外にずれることによってグリーンベルトは消滅するように思われます。これでちょいとはまともな馬場になるのかな?やってみないとわかりませんが…。

まぁ、京都牝馬Sは日曜メインなので土曜日の傾向を良く見てから予想をしたいところ。
人気どころの差し馬が多いですからね。

もし、まだ前が残るようであれば…。思いっきり狙ってみたい!!

それでは京都牝馬S。過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
4、6、6、3、5、1、4、3、1、2
2番人気
2、1、3、6、4、9、1、14、3、14着
3番人気
6、4、11、2、6、3、11、6、7、7着
4番人気
1、8、4、1、1、4、10、5、10、10着
5番人気
3、5、2、10、2、8、13、10、4、

あまり信頼できない人気馬たちですが、一応4番人気以内の馬が毎年3着以内に1頭は入っており、09年を除く9回で5番人気以内の馬が連対。一方で6番人気以下の馬が2勝、2着5回、3着4回と11頭も馬券になっています。3連複1頭軸で紐荒れ狙いがデータからのおすすめ馬券。
5番人気以内の馬は8勝と紐荒れする割には勝ち切れてもいますので、3連単は頭付けなんてのも面白いかもしれません。

5番人気以内の前走別成績
芝のG気韮誼絨米
6、14着
芝のG気韮驚絨焚
1、5着
芝のG供■猫系対馬
4、5、3、4、6、1、7、7着
芝のG供■猫靴韮魁腺誼綰
1、4、6、11、1、6、8、1、4、1、10、
芝のG供■猫靴韮驚絨焚
2、10、2、4、5、4、13、14、3、4、
芝のOP特別連対馬
2、2、3、10、3、10着
芝のOP特別3着以下
3、11、10着
芝の1600万条件1着馬
3、6、1、6着
芝の1000万条件出走馬
8着
ダート戦出走馬
9着

前走重賞出走馬が7勝と勝ち切ってはいるものの、ポカも多く見極めが重要。掲示板にのっていた馬でも平気で着外に沈みます。逆にOP特別組は頭こそありませんが出走数の割に複勝率が高く3連複の軸にはぴったりかもしれません。

6番人気以下の前走別成績
G欺仭馬
8、13、5着
芝のG供■猫靴韮誼絨米
12、4、13、12、1、8、14、9着
芝のG供■猫靴韮驚絨焚
6、11、12、3、7、11、14、16、5、7、8、9、10、14、7、12、2、6、7、15、16、8、13、2、7、9、11、12、13、4、5着
芝のOP特別連対馬
7、5、8、14、
芝のOP特別3着以下
8、10、15、16、14、7、11、15、11、14、3、7、4、11、13、6、6、11、12、13、15、16着
芝の1600万条件3着以内
2、1、12、9、2、3
芝の1600万条件4着以下
9、10、9、13、13、12、2、12着
芝の1000万条件出走馬
9、11、9、5、10、12、8、15、8着
ダート戦出走馬
15、15、10、16、13、6、9、5着

6番人気以下の穴馬でもやはり前走重賞出走馬は不振傾向。無い訳ではありませんのでバッサリ行くのも難しいところですが、これだけの出走数で3連対では狙いづらいところ。
また人気馬では好走する馬の多かったOP特別組も人気薄ではイマイチです。狙いは明らかに準OP組。好走していた馬は人気のあるなしに関わらず是非とも押さえておきたいところ。

今日のまとめ
G気任蘯太咾里△詛呂数頭登録していますが、ここはデータから準OP組を狙いたい。賞金1600万毎に1キロずつ加算される別定戦なので、別定戦とはいえハンデ戦のような斤量差。2キロ、4キロ貰えれば格下でも十分勝負に持ち込める。現時点での狙いは引き続き前が残るような馬場ならクィーンズバーンスイートマトルーフ。差しが届くような馬場になっていればビッグスマイルスプリングサンダー


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年01月23日

ゼロス3連勝で若駒S制覇!話題のワールドエースも完封!

芝の1200mでデビューしてその後4戦はダート。10、11月はローカル新潟の芝で2戦。
まさかまさかのここから3連勝。既に10戦!まさに使いつつ力を付けてきたゼロス。こういう馬をみるとシルクジャスティスを思い出します。
シルクジャスティスもまたなかなか勝ち切れず未勝利勝ちまで7戦。芝の1200mでデビューしダートを使ったところまでソックリ。
ちなみにこのシルクジャスティスの初勝利は3月16日。その後毎日杯、若草S、京都4歳特別を挟んで11戦目のダービーでサニーブライアンの2着。

この時期なのに指名馬が未勝利をさまよっている私やあなたもまだまだ諦めちゃあいけません!(涙)

それにしてもゼロスの快進撃はどこまで続くのか?個人的には今の京都の馬場が思いっきり嵌った馬にも見えて判断微妙なんですけど…。とにかく次が楽しみです。

1回京都6日(1月21日)若駒S 芝2000m
ゼロス・・・★★★
少頭数で競ってくる馬もおらず楽に単騎逃げ。向こう正面では5馬身ほどの差をつけて逃げていましたがペースはさほど速くはなく脚はじっくり溜まって直線へ。直線では溜めていた末脚をきっちり発揮。33秒9のアガリで後続を楽々と完封した。ただ今回は展開と前残りの馬場も大きく味方した印象。重賞レベルで道中競りかけられた時にどんな脚が使えるかが出世の鍵でしょうか?

1回京都6日(1月21日)新馬 芝1600m
カレンブラックヒル・・・★★★★
やや出遅れましたがダッシュが速く直ぐに前に取り付く。外の2頭がハナを主張しても譲らず3頭並走する形での逃げ。4番手以下を引き離しレースを引っ張る。コーナーワークで2着馬を振り切ると直線は更に突き放してのゴールイン。前残りの馬場ですがペースも速く3着以下は潰した格好での逃げ切り勝ち。スピード感溢れる先行力は重賞でも楽しみ。

1回京都6日(1月21日)未勝利 芝2200m
レッドブレイゾン・・・★★★
馬場もあってか?今回はハナへ。ゆったりとしたペースに落として直線での末脚をしっかり温存。直線では2番手追走の2着馬アドマイヤバラードと3番手以下を離しての一騎打ちムード。しぶとく食らいつかれましたが、最後まで抜かさせず半馬身差で押し切った。抜かさせなかったのは馬場のお陰か?勝負根性なのかは謎。

1回中山6日(1月21日)菜の花賞 芝1600m
パララサルー・・・★★★+
縦長の展開を中団で待機。3〜4コーナーでは随分と外を回していましたし、直線入ったところでもかなりの差があったんですが…。切れますねぇ。ゴール前では逃げてた馬の脚もあがってはいたんですが一気の末脚で突き抜けた。力の要る馬場で結果を出している馬ですが、時計の速い馬場では更に切れが増しそうなイメージ。★追加です。

1回小倉3日(1月21日)未勝利 芝2000m
ディアデラバンデラ・・・★★★
ディアデラノビアの息子でシンボリクリスエス産駒。今回は先行し道中4、5番手の位置どり。4コーナーでは持ったままの手応えで前に並びかけに行くと直線難なく抜け出して1馬身半差でのゴールイン。あまりスパッと切れる感じはしませんがパワフルでグングン力強い末脚がある。あまり速いアガリの競馬は向かないかも?

1回京都7日(1月22日)未勝利 芝1600m
シルクドリーマー・・・★★
スタートで遅れたものの気合をつけて前へ行き、2番手の内で追走。直線ではやや一杯気味の脚色でしたが、粘る逃げ馬に馬体を併せに行きしぶとく伸びて捻じ伏せた。出遅れも粘り込みも、馬場の良い内を通れる最内枠にはだいぶ助けられた印象で。。

1回中山7日(1月22日)若竹賞 芝1800m
バンザイ・・・★★+
初戦はレースレベルに疑問符がつくといって低評価しちゃった馬なんですが…。アオリ気味のスタートもダッシュが速く今回もハナへ。道中スローに落として直線入口で突き放しに行くのも前走通り。ただ今回は脚色とリードから捕まるかと思ったんですが、なんというシブトイ粘り!!結局最後まで抜かさせずクビ差で押し切り2連勝。不良馬場も良かったのかもしれませんがとにかく粘れる馬。

1回小倉4日(1月22日)新馬 芝2000m
ノーブリー・・・★★★
ウメノファイバーの仔でアドマイヤムーン産駒。スタートでやや遅れ後方からの競馬になりましたが、向こう正面で外から豪快なマクリ!なんとハナへ。しかしハナに立つとペースを落とし一旦脚を温存。直線に入ると瞬発力で突き放しそのまま突き抜けた。びっくり緩急にも素直に対応できる気性とスタミナ。途中で脚を使わなかったらどんな末脚だったのか?次走要注目です。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


2012年01月22日

AJCC、平安S 回顧

明暗を分けた単勝1倍台前半でしたねぇ。

まずは1.4倍で3馬身差圧勝のルーラーシップ。
AJCCからです。予想

 1着◎ルーラシップ
 2着▲ナカヤマナイト
 3着〇ゲシュタルト
 4着−サンテミリオン
 5着−トーセンレーヴ

 7着△ネヴァブション
10着△リッツィースター

内が荒れていたこともあり他馬も外目を回していたので、後方から進め4角でまくりにいったルーラーシップは思いっきり大外ぶん回し。こんなに外を回して大丈夫なのかとも思いましたが…。
最後は3馬身差とは半端ない。G気世硲粥腺驚紊多いワンパンチ足りない馬になっちゃうルーラーシップですが、G兇埜せるパフォーマンスはG鞠呂離愁譟思えば金鯱賞も物凄い強かった。そういや金鯱賞も不良馬場。もしや道悪の鬼なのか?それともG恐9砲覆里…?

こういうのを見ちゃうとG気任癲という気になるんですけどねぇ。今年こそなのか?それとも今までどおりなのか?
とにかくこの世代には今年もG兇任狼佞蕕錣覆なが良さそうです。

馬券の方は馬連を2点、3連単を6点と絞りに絞ってとりましたが、300円と1270円じゃ大して儲からず。
信頼してもっとドーンとぶっ込んでいればこの配当でもウハウハなんでしょうけどね…。休み明けの反動というのが最後まで気になってしまい雀の涙。
まぁマイナスにならなかっただけ良しとします。


続いては1.3倍で2着。3連単で大万馬券を演出してしまったエスポワールシチー。
平安Sです。

 1着△ヒラボクキング
 2着▲エスポワールシチー
 3着−シルクシュナイダー
 4着〇スタッドジェルラン
 5着△インバルコ

 7着◎トウショウフリーク
10着△タガノロックオン
16着△タカオノボル

斤量58キロの馬は不振というデータ。前走ジャパンCダートもポカが多いステップということで飛ぶことまで頭に入れてはいたんですが、流石にこの面子では連を外さないようです。
ただ2着に敗れただけで3連単は3連複の10倍以上の配当に。馬単も馬連の約5倍!
どうやら狙いすぎちゃったみたい。ぶっ飛び狙いじゃなくて2、3着に取りこぼしての高配当を狙うべきだったのか。3連単は無理でも馬単くらいは取れたかも?

と、まぁ馬券の反省は置いといてエスポワールシチー
この敗戦ですっかりピークは過ぎちゃったのかしら?モードに突入すると思われますが敗因は恐らく能力のピークだけでなく、上に書いたような斤量であったりローテじゃないのかなと。
昨秋3戦、JCダートも厳しい競馬をしましたし疲れはあったはず。そんな状況で58キロを背負いフェブラリーSの前哨戦に登場。当然次も見据えての仕上げなはず。なんでここを使ったのかは?ですが、使ったことで次走人気を落とすようなら是非フェブラリーで狙ってみたい。
多少能力は落ちてたとしてもまだG気杷老瑤砲覆詢呂禄淑ありますからね!

勝ち馬ヒラボクキングはこれで京都5勝目。第2のダイシンオレンジはこっちだったか。このレースは99年、00年連覇のオースミジェット、02、03年連覇のスマートボーイをはじめでエムアイブラン、クーリンガー、メイショウトウコン、ダイシンオレンジが2年連続で連対。マンボツイストやマコトスパルビエロも2年連続での馬券絡みと非常にリピーターの多いレース。

ちょっと気が早いですけど、出てくれば来年本命で狙ってみたい。

最近物忘れが激しいので覚えてるかどうかわかりませんが…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年01月21日

AJCC、平安S 最終予想

注目の若駒Sはまんまとゼロスが逃げ切り勝ち。ここを勝てば一躍3歳クラシック路線の注目馬の1頭になると思われたワールドエースは最後方からの競馬で2着確保が精一杯。
このレースは少頭数ということもあり展開も大きかったと思いますが、今の京都はホント前が止まりません。
そういう馬場だからこそ前に行った有力馬も多かったんだとは思いますけど、今日の京都芝のレースは4つ全て逃げ切り勝ちでした。
明日も後ろからしか競馬ができないようなタイプの馬はつらいかも。まぁ前に行く馬を予想するのもなかなか難しいんですけどね…。

それでは明日の重賞です。
まずは中山メインのAJCCから。データ

コスモファントムが出るなら狙おうと思っていたんですけどね…。いなくなっちゃったんで、今年は中山金杯の好走馬が不在。
これだと逆らえませんかね…。

ルーラーシップ。前走有馬記念出走馬はポカが多く、また1番人気の成績も勝つか飛ぶかの両極端。当初はデータからもこんなんですし、休み明けの有馬記念でいきなり好走したことによる反動、2走ボケを期待して軽視しようと思っていたんですが。。昨年の有馬記念はドスローの瞬発力勝負。ほぼアガリだけの競馬でしたのでそんなダメージはないのかなと。
先週のトゥザグローリーもトップハンデで来ましたしねぇ。まともなら恐らく楽勝。逆らはない方がいいのかも。

〇はゲシュタルト。前走OP特別組の人気馬はあまり好成績ではないということと、この馬自身の中山実績に期待して。4戦して0−2−0−2というコース実勢ですが2着2回は両方ともG供3度目の中山G僑加紊△覽いする。

ナカヤマナイト。前走OP特別出走の人気馬はあまり良くないと上で書いたばかりですが、この馬の場合は重賞実績のある馬ですし、G気任癸嘉抃納板に載ってますからね。おまけに中山コースも2−1−0−0と得意。前走がOPだからだけで軽視なんぞとてもできません。

と、人気どころばかりになっちゃったんで紐と買い目は絞りに絞って。
どこかで勝負しなくちゃ儲かるものも儲からないのでトーセンレーヴは気合の消し。この血統に中山コースは合わない気がする。
ということで△はリッツィースター。そしてもう流石にないだろ?と思いながらもついつい中山では買いたくなっちゃうネヴァブション。G気韮嘉截誼紊靴殖刑仍がこの馬のピークだとするならば、9歳でも買える!

買い目
◎ルーラーシップ〇ゲシュタルト▲ナカヤマナイト
△リッツィースター、ネヴァブション

馬連 ◎−〇▲ 2点

3連単 ◎→〇▲→〇▲△△ 6点


続いては平安S データ

こっちはこっちでエスポワールシチーが断然人気…。
しかし前走G気韮誼絨米發稜呂4、11、3、3、5、10、2、11、15、16、2、8、着。5番人気以内で前走がJCダートだった馬の成績は1−1−1−6。この中でJCダート5着以内の馬は3頭いましたが3、2、8着と案外。また斤量58キロ以上の馬も不振というデータ。
実際、みやこSを58キロで大楽勝してますんで、あっさりの可能性も高いんですけどデータ的には取りこぼしてもおかしくない馬。結構ローテもハードですからねぇ。
ということで来るなら来い!飛ぶなら飛んでもOKの▲扱いで。

◎はトウショウフリーク。万が一エスポワールシチーがぶっ飛んだ場合。みやこSの内容からそのまま逃げ切っちゃう可能性が高いんではないかと。JCダートで大凡走して人気を下げていますが、京都は3−1−0−0と別物。この京都巧者っぷりなら第2のダイシンオレンジにもなれる馬。

〇はスタットジェルラン。前走OP特別の連対馬は連対率は高くないものの、出走数が多くよく絡む。安定感はありますし、初重賞でも相手なりに走れるんじゃないかなと。

押さえは軸が軸なので超手広く。OP特別5着以内からタガノロックオンインバルコタカオノボルの3頭と京都4勝のヒラボクキングまでを3連単用の押さえに回し3連複では総流しを掛けて終了。

買い目
◎トウショウフリーク〇スタットジェルラン▲エスポワールシチー
△タガノロックオン、インバルコ、タカオノボル、ヒラボクキング

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複2頭軸 ◎〇軸で総流し 14点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


中山が荒れて京都が固く収まったら爆笑


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年01月19日

平安S 過去の傾向から

若駒S5頭立て!?まぁ元々このレースは少頭数になりがちですが…。
噂のワールドエース。勝ってもこのレースでは評価しづらくなっちゃいましたね。TR前にどれ程の馬なのかをチェックしておきたかったんですけど。
馬券も買えないようなオッズになりそうですし…。う〜む。

と、まぁ観るレースになっちゃった若駒Sは置いといて。

馬券的にも面白い日曜メインの平安Sを。こちらも注目のエスポワールシチーが登場。
フェブラリーSでトランセンドにリベンジする為には負けられない1戦だと思うんですが…。このレース、斤量58キロの馬って成績良くないんですよね。。
同距離、同コースのみやこSを58キロで楽勝しているので、まだまだこのレベルの相手には圧倒的に格上なんでしょうけど。
まず間違いなく1番人気だと思いますので、この馬を馬券的にどう扱うのか?がこのレースの鍵になりそうです。

それでは平安S。過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
14、4、3、3、5、6、2、2、2、
2番人気
3、12、11、11、2、9、9、8、8、
3番人気
2、3、6、14、6、2、7、1、6、
4番人気
10、5、5、1、4、8、4、7、4、
5番人気
7、11、1、5、1、5、3、3、1、15

1番人気0勝…。そして上位5番人気まで大して成績に差がないのが特徴です。というか差がないというよりむしろ1、2番人気より3、5番人気の方がいいくらい。また6番人気以下が7連対。紐も着順も狂うことが多いので人気薄が頭で入っての3連単好配当が狙えるレースです。
データ的にはエスポワールシチーが2、3着に取りこぼし3連単が高配当に!という感じでしょうか?

斤量58キロ以上の馬
58(牝馬56)キロ以上の馬の成績
16、5、7、14、9、14、4、15、16、15、2、6、1、8着

斤量58キロ以上の馬は不振。負担重量は想像以上に効いてる模様。上にも書いたようにみやこSを同斤で楽勝してるのでこの馬には関係ないかもしれませんが…。

前走から(ダートのみ)
過去10年で前走マイル以下のレースを使っていた馬の馬券絡みはなし。ということで前走距離1800(1700)m以上の馬に絞ってのデータです。
前走G気韮誼絨米
4、11、3、3、5、10、2、11、15、16、2、8、
前走G気韮驚絨焚
1、5、7、5、14、9、4、
前走G供■猫靴馬対
6、2、3、3、4、
前走G供■猫靴韮魁腺誼
1、16、5、6、15着
前走OP特別で連対
2、10、3、4、11、1、2、4、8、4、5、8、10、2、3、6、7、2、
前走OP特別3〜5着馬
3、7、14、2、8、7、12、7、6、7、1、14、5、10、11、3、8、4
前走1600万条件連対馬
4、8、15、12、10、13、1、6、1、3、8、9、5、10、11、15、4、2、

前走G気嚢チしていてもポカは多い。G気鬟好謄奪廚砲靴討詛呂篭堽未鯒愽蕕辰討襪海箸多いのが原因かも?
特に好調のステップはありませんが、複勝圏内に入った30頭中25頭は前走5着以内。前走距離と着順は重視したいところです。

5番人気以内の馬の前走別成績
JCダート5着以内
3、2、8着
JCダート6着以下
5、5、14、9、4、
東京大賞典5着以内
4、3、5、2、1
その他G欺仭馬
11着
G供■猫系対馬
11、2、3、4、
G供■猫沓鈎絨焚
5着
OP特別連対馬
2、10、3、11、1、4、5、2、3、7、2、5着
OP特別3〜5着馬
3、7、14、6、7、8着
OP特別6着以下
1、6、
1600万条件連対馬
1、6、8、9、
交流重賞ではない地方レースの出走馬
6、
芝のレース出走馬
12、15着

前走ジャパンCダートからは9頭が5番人気以内に支持されていますが1−1−1−6と正直微妙。掲示板にのっていた馬でさえも勝てていません。エスポワールシチー大丈夫か?
また前走OP特別連対馬が人気になることが多く、実際6頭が馬券になっていますがこちらも複勝率で5割ほど。底を見せていない感じの馬が結構人気になったりするんですが、結構ぶっ飛びます。というかこのレースの人気馬は正直どんなステップでも危ないっちゃ危ないんですけどね…。

今日のまとめ
5番人気以内の上位人気馬が良く馬券には絡むレースですが、前走からはどのタイプの馬が来て、どのタイプの馬が飛ぶのかは判断しづらい。
エスポワールシチーは上記のとおりデータ上では不安要素盛りだくさんですし、アドマイヤロイヤルは過去10年1度も馬券に絡んでいない前走マイル戦からの出走。1、2番人気もよく飛びますすからねぇ。土曜や日曜のメイン前までに勝ってて資金に余裕があるならば、この2頭を軽視して遊ぶのもアリかもしれません。まぁ日曜メイン買う時点で資金に余裕があることなど私にはまずない話なんですけどね…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年01月17日

AJCC 過去の傾向から

今度はルーラーシップが登場ですか。秋は1戦しかできませんでしたので先週のトゥザグローリーのような“疲れ”は心配する必要なさそうですけど、この馬の場合は“反動”が心配。
有馬記念は休養明けにもかかわらず、メイチの仕上げだったと思いますんで。そしてしっかり激走。2走ボケみたいなのはあるかも…

先週のトゥザグローリーが飛んれば、調子に乗ってここも軽視してもいいんですけど、評価を下げたらあの内容。
2週連続で「あぁ〜、やっぱり強かったですねぇ!」なんて回顧すんのも、なんかマヌケですし。。
2週連続で扱いに悩む!!

それではAJCC過去の傾向から。参考データは東京開催を除いた9年分です。

上位人気の成績
1番人気
1、7、1、4、4、5、8、11、
2番人気
3、1、5、2、1、1、2、6、4
3番人気
2、2、2、5、5、7、6、3、3
4番人気
8、4、6、3、10、12、1、4、6
5番人気
10、6、3、1、2、8、11、1、11

1番人気は勝つか、飛ぶかと両極端。今年の1番人気は恐らくルーラーシップだと思いますが…。もしかしたら2走ボケであっさり圏外に。なんてこともあるのかも?安定感のない1番人気の代わりに2、3番人気が頑張っており、揃って4着以下に敗れたことはなし。また勝ち馬は毎年5番人気以内の馬から出ています。

前走から
G気之納板に載っていた馬
1、2、2、8、4、11、
G毅驚絨焚
5、8、10、8、3、4、5、2、5、5、6、1、2、12、
中山金杯掲示板から

2、1、7、1、7、1、8、15、1、4、3、6、4
中山金杯6着以下
3、6、7、4、6、8、9、11、6、7、2、5、5、5
その他のG供■猫靴之納板に載っていた馬
4、11、2、5、4、8、9、10着
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
10、1、7、6、9、10、16、9、13、8、9、2、
芝の1600万条件1着馬
2、1、3、3、13、10、11、13、6

前走G毅誼絨米發帽チしてた馬でもぶっ飛びがあるのがAJCC。6着以下からの巻き返しも思ったより多くはなく前走G欺仭はアドバンテージより、むしろ疲れが心配。
中山金杯の好走馬は出走数が多く率にすると頼りないですが、4勝とステップとしては最多。6着以下からの巻き返しが少ないレースですので軸にするのであれば素直に好走馬を狙いたいところです。

5番人気以内の馬の前走別成績
有馬記念5着以内
2、8、4、
有馬記念6着以下
10、4、5、5、6、1、3
その他のG気韮誼絨米
1、2、11着
その他のG気韮驚絨焚
8、3、2、5着
中山金杯連対馬
7、1、1、3、4着
中山金杯3〜5着馬
2、1、8、1、6着
中山金杯6着以下
3、4、6着
その他のG供■猫沓鈎絨米
2、5、4、10着
その他のG供■猫沓潅絨焚

芝のOP特別出走馬
3、7、12、11着
1600万条件1着馬
2、1、11、6着
1600万条件2着以下
6着

前走有馬記念は11頭が5番人気以内の支持を受けましたが3連対と不振。ただ6番人気以下で連絡みしたシャドウゲイトも含めここ3年で4連対。傾向は変わってきてるような気も。。
安定感のなかった中山金杯組も5着以内の人気馬に絞れば複勝率が6割までアップ。6割というのも微妙な数字ではありますが…。
その他のG供■猫傾チ馬、OP特別組の成績があまり良くないようなので、今年の場合は6割でも狙いたいところですが…。コスモファントム出てくるんでしょうか?

今日のまとめ
軸にしたい馬がいない…。1番人気が予想されるルーラーシップは2走ボケの怖さもありますし、1番人気が両極端な成績ですからねぇ。また近年好調とはいえ有馬記念組はポカも多いですし…。
トーセンレーヴナカヤマナイトはあまりデータからは良くない前走OPからの出走馬。まぁ2頭とも重賞実績ありますし、ナカヤマナイトに至っては春のクラシックで2度とも掲示板に乗ってるような実績馬。前走OPなんてのはあまり気にする必要ないのかもしれませんけどねぇ。う〜む。
と、まぁこんな感じで何かしら引っかかる。終わってみればワンツースリーかもしれませんけど。。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年01月16日

ベストディール京成杯勝利 またまたディープ産駒が重賞制覇!

札幌2歳Sの敗因はキャリア1戦だったことを証明するかのような500万特別、G系⊂〃燹実際、札幌では先着を許したマイネルロブストにはリベンジ。
残りの2頭も再戦時にはもしかしたら?
ベストディール。クラシックに向けてまた1頭ディープ産駒の有力馬が出てきた感じです。
また面子が薄くイマイチ評価がしづらかった朝日杯組ですが、マイネルロブストがここでも2着に入ったことにより、多少は横の比較がしやすくなったかも?
楽に2馬身突き放しているアルフレード。やはりこの馬も相当強いのかもしれません。

牝馬路線の方は先週のフェアリーS、そして今週の紅梅Sを阪神JF出走馬が勝利。
キャリア1戦の馬が勝ったのでレースレベルに疑問符をつけたくもなる阪神JFでしたが、普通に例年どおりのレベルにはある模様…。

ジョワドヴィーヴル。改めて怖るべし。


1回中山5日(1月15日)京成杯 芝2000m
ベストディール・・・★★★★★
今回は控えて中団外目を追走。4コーナーから外を回して追い上げ直線に向くと中山コースでも素晴らしい切れ味。先行していたアドマイヤブルーを並ぶ間もなく交わし、追い上げてきたマイネルロブストの末脚も余裕を持って退ける。先行もできるレースセンスに加え、溜めれば中山でも切れる末脚も披露。府中向きかとも思われましたが、これなら皐月賞でも楽しみです。

1回中山5日(1月15日)未勝利 芝2000m
クロスカップリング・・・★★★★
スタートはゆったり出て中団待機。向こう正面では徐々に外を通って前へ、押さえきれないほどの抜群の手応え。3〜4コーナーでも外を回しながら進出開始すると直線ではジワリジワリと前との差を詰めていましたが…。坂の手前でグーンと急加速し楽々と差し切った。長くいい脚を使えますが追えば追うほどという感じ。ゴール前で見せた切れも鋭く、上のクラスでもかなり楽しみ。

1回京都5日(1月15日)紅梅S 芝1400m
サウンドオブハート・・・★★★★★+
前走とは打って変わって中団内で控える競馬。1番人気馬でしたし出せるのかな?という位置どりのまま直線に入りましたが、懸念したとおり前が壁に。あれで相当仕掛けも遅れたハズなんですが…。ゴール前で馬群がバラけると、間を割って一気の末脚!この馬溜めるとめちゃんこ切れますねぇ!あの流れであの位置から差し切るとは!!ただスピードが抜群すぎて桜花賞が心配になるほど1400mへの適性は高い。。

1回京都5日(1月15日)500万下 芝1600m
ゼロス・・・★★★
好スタートから先手を奪いレースを引っ張る。途中2着馬に並びかけられましたが、コーナーでまたリードを奪うと2馬身ほどの差で直線へ。ジワリジワリと差を詰められましたが、なかなか止まらない今の京都の馬場にも助けられクビ差で押し切った。これで9戦目、使いつつ力をつけており大崩れしない安定感もあり。重賞でも相手なりに走れるかも?

1回京都5日(1月15日)新馬 芝1800m
マジカルツアー・・・★★★
好スタートを決め大外枠でも無理することなくスーッとハナへ。Sペースに落としての足を溜めながらの逃げ。手応え十分で直線に向くと早めに突き放しましたが、最後まで脚色が鈍ることはなく逆に3番手以下は突き放しながらのゴールイン。前残りの馬場、展開には恵まれましたがアガリは最速。末脚も上々。

1回中山4日(1月14日)新馬 芝2000m
レッドフォルツァ・・・★★
ゼンノロブロイ産駒。一団となって流れるゆったりとした流れを2番手から追走。前を目標にしながらじっくり脚を溜めて直線へ。直線では力強く抜け出して後続の追撃も1馬身半差で退ける。ただペースの割には最後の脚色が鈍い感じで、展開とレースレベルに助けられたような印象も?試金石は次走でしょうか。

1回中山4日(1月14日)未勝利・牝馬 芝1600m
ミッドサマーフェア・・・★★★★
ここまでは先行して結果出ずでしたが、今回は好スタートを切ったものの控えてバラけた中団で待機。一団となっていた先行集団を尻目に脚を溜める。4コーナーから大外をマクリ気味に進出すると直線では1頭違う脚色。展開もハマった感はありますが、差す競馬も合ってる。上のクラスでも末を生かす競馬なら好勝負できそうな瞬発力。

1回京都4日(1月14日)新馬・牝馬 芝1600m
メイショウジェーン・・・★★★
ポーンと好スタートを切り、内の馬と並走する形での逃げ。前が残る馬場ということもあり、結局この逃げた2頭は終始馬体を併せながらゴールまで走ることになる。直線入口ではコーナーワークでちょいと離されたものの、直ぐに追いつき長い長い叩き合い。最後まで抵抗されましたがクビ差で捻じ伏せてのゴールイン。根性は相当。

1回京都4日(1月14日)未勝利 芝1800m
エキストラエンド・・・★★★★
スタート良く、先行集団の後ろの馬群の中で脚をためる。内が伸びる馬場ですので、コーナーでも外に出さずに直線勝負。直線半ばでエンジンが掛かるとグっと加速。抜け出す時の脚はなかなかのモノ。使われて一変したのか?アガリが速すぎるとダメなのか?は次走を観てみないと…ですが、加速の速さは重賞でも楽しみになるレベル。

1回小倉1日(1月14日)新馬 芝2000m
エーシングルーオン・・・★★★
好スタート、ダッシュも良く2番手を追走。逃げ馬をびっちりマークし直線手前から並びかけての瞬発力勝負。2頭併せながらの長く続いた追い比べをゴール手前で捻じ伏せクビ差のデビュー勝ち。まだ幼さの残るボリュームのない馬体ですが瞬発力と勝負根性はさすが。エイシンサンサンの子供はよく走りますね!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


2012年01月15日

京成杯、日経新春杯 回顧!

ようやく重賞で初日が出ました。
中山詣の効果が出たのか少し流れも上向きになってきたかな?
しかしこのところ好調だったPOGの方は昨日ドラ1トーセンホマレボシが2着。本日のコーダリーは7着…。
馬券の調子とPOGの成績は半比例するのか?なかなか全てが上手くはいかないもんです。

京成杯 予想

 1着◎ベストディール
 2着△マイネルロブスト
 3着〇アドマイヤブルー
 4着−アーデント
 5着−スノードン

10着△ブライトライン
12着▲コスモアンドロメダ
14着×マナウス

馬連、3連複、3連単が的中。アドマイヤブルーが2、3着、もしくは着外に飛んで高配当というのを狙っていたので馬連、3連単は珍しく狙い通りの会心の一撃。4着アーデント無印、他の流した相手は揃って二桁着順ですので、危っしい的中ではありましたが、ようやく的中できました。

で。レースの方ですが、エンジンの掛かりが遅い気がするので差し損ねるのでは?と睨んでいたアドマイヤブルーは前へ。2戦とも前から競馬をしてるので前いくのは当然といえば当然なんですけど、これまでの2戦は2戦とも前からとはいえ末脚を生かせる流れ。
初戦はアガリ最速で逃げ馬を差してますし、2戦目もゴール前での強襲。先行力を生かすというより末脚を生かすタイプの馬。今回の流れでは前へ行きすぎたか?レースセンスの良さが逆にアダになってしまったような印象です。

勝ったベストディールは…。強いですねぇ。札幌2歳Sはキャリア1戦というのが大きな敗因だと思いますし、この馬もまた底を見せていないという判断で良いと思います。しっかしほんとこの世代のディープ産駒は良く走る…。これで全て違う馬で重賞5勝ですか。2月の重賞とTRの結果次第ではクラシックの上位人気が全部ディープインパクト産駒になる可能性も…。

2着マイネルロブストは距離がどうかな?という事と、朝日杯組のサンプル数も少なかったのでちょいと評価を落としたんですけど、この距離でも切れましたねぇ。中山は実績どおり得意コースだと思いますし、京成杯組は皐月賞でよく穴を出すレース。
TRで人気を落とすようなことになったら本番で是非買いたい1頭だと思います。


日経新春杯

 1着▲トゥザグローリー
 2着△ダノンバラード
 3着〇マカニビスティー
 4着×ビートブラック
 5着◎スマートロビン

10着△ナムラクレセント
11着×マゼラン
12着×メイショウクオリア

参りました。トップハンデもお構いなしですかー!
このレースはハンデが効くレースでして、過去10年でハンデ57キロ(牝馬で55キロ)以上を背負った馬は15頭出走し全敗(2着2回、3着1回)。秋のG毅垣錣痢般椶妨えない疲れ”というのも当然あると思ったんですけどねぇ。
トゥザグローリーは今後はドバイを視野に。ということらしいですが、これなら十分期待できそう!
ただ引き続き、激戦の疲れは心配…。ドバイでピークに持っていけるんだろうか?昨シーズンも前年秋から使い続け、いざG機ってな時に調子を崩してましたし。
ただ単にG恐9砲焚椎柔も思いっきり出てきましたけどね…。

スマートロビンはレース間隔が開いてるのが気になってはいたんですが、モロに不安的中の+26キロ。どこがスマートやねん。
おまけに1000m通過59秒1というペース。人気で楽をさせてくれなかったというよりも、久々でちょいと持っていかれ気味だったでしょうか?

馬券上では大本命が飛んで高配当というのを期待していたんですが、これ仮にトゥザグローリーが飛んでいたとしたら、昨年の本命ビートブラックに割り込まれて馬券が外れるという悲惨な結末。
なんだかんだでトゥザグローリーが勝ってくれて良かったのか。

ドバイも楽しみになりますしね!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList