2012年05月

2012年05月31日

土壇場ですが、今年もPOG勝手におすすめ馬 その3

明日、いよいよドラフトであります。開幕週の出走馬どころか新聞の予想まで出ているというギリギリの状態で行われるドラフト会議。
しかもスケジュールが合わず深夜スタート。オールでの開催なんですよね…。

このブログで指名馬を報告する頃には、多分走っちゃってるはず。というか仕事明けのオールで疲れが溜まり、帰ってから爆睡しちゃったりすると指名馬のレースを見逃しちゃうなんて危険性も…。

JRAさん、お願いだから来年からせめて1週あけてくれ…。

欧州みたいに2歳G気いっぱいあるならまだしも、繰り上げ開催したってあまり意味ない気がしますし。
何よりダービー終わってからの、のんびり指名馬選びをもっと楽しみたい!
そんな自分勝手なお願いをしたところで、今日も評判になってる馬を勝手に評価していきたいと思います。
もうちょっとこのコーナーもやりたかったんですけどね。。

ラウンドワールド(ディープインパクト×グレースランド)
取りたい度90
上に寝ちゃうと指名馬のレースが観れないかも…なんて書いたのは、実はこの馬かトーセンパワフルのどちらかを指名したいから。個人的に相性の良いマツパク先生の今年の一押し。そして開幕週デビューは魅力的。ディープ産駒は早めデビューはあまり活躍できないみたいなデータもありますがマルセリーナも怪我さえなければ夏デビューですし、まだ2世代だけのデータはそんなに気にしない方がいい気がする。

ネオウィズダム(ネオユニヴァース×ゴレラ)
取りたい度95
初年度産駒の活躍を受け繁殖の質があがったネオユニヴァース産駒。当たればクラシックを持って行っちゃう破壊力のある種牡馬だけに、POGでも無視はできないところ。どこからでもアタリが出るBT系と違い、これまでのネオユニ産駒は比較的良血馬や評判馬からアタリが出ているようなので、素直に評判馬を取っておきたい。ただダービーを考えたとき矢作先生の2連覇はあるのか?という疑問も。

ランギロア(アグネスタキオン×ハルーワスウィート)
取りたい度95
ヴィルシーナの半弟、オークス向きと言われた姉でしたがそれは気性面での話。血統からは伸びて良さがでるようには見えず、馬体からもマイルに向きそうなタイプ。ダービーの頃には距離不安説が囁かれたりする可能性もありますが、アタリならば今年のグランデッツァ級の活躍が期待できるかも。タキオンもラストクロップですしね、もう一華咲かせて欲しいという気持ちもあります。

アメリDistorted Humor ×アゼリ)
取りたい度50
あのアゼリの仔が日本で走るとは!!とはいえSS系と配合させたくて購入したはずで恐らく生産者サイドの本命は、この下以降連続で種付けされるであろうSS系の産駒たちなんじゃないのかなぁと。この馬は父がダートよりの馬ですし日本の芝に適性がまるでない可能性も…。狙うなら来年のロブロイ産駒まで待ちたいところ。

エルミラドール(ジャングルポケット×アドマイヤサンデー)
取りたい度65
懸念材料はこれ以上この母からアタリは出るのか?ということと、何故角居厩舎でもなく松田国厩舎でもなくこの血統が笹田厩舎に入るんだろうか?ということ。あとうちのPOGではこの血統大好きなやつがいるんで、横取りするならそれこそ1、2位で獲りに行かねばならない。他人に獲られると怖くてたまらない馬ですが、自分が今更獲りに行くのも違う気がするのでこの評価。奇跡的に中位まであまってるようなら躊躇なく指名しますけど。

ダービーフィズ(ジャングルポケット×マンハッタンフィズ)
取りたい度90
どんな種牡馬でもクズを出さない優秀な母ですがジャングルポケットとの配合ではアプリコットフィズを輩出し特に相性が良さそうな気がする。エルミラドールを上位で指名するのであれば、真ん中あたりでも行けそうなこっちに行きたいところ。ただ、馬名にダービーってついてる馬ってあまり活躍できずに終わるイメージも…。気にしすぎでしょうか?


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


鳴尾記念? 過去の傾向から

開催変更のため金鯱賞が12月に移動。それを受けて鳴尾記念が宝塚前に復活しました。
G靴覆らG鞠呂法棕殴ロ、G暁呂法棕吋ロの負担重量で行われる別定戦は宝塚記念へのステップレースとして実績馬が集まるのを考慮したもの。

レース名こそ鳴尾記念ですが、扱いとしては昨年までの金鯱賞として捉えた方が良さそうです。

昨年までの鳴尾記念は年末の1800m戦で3歳馬の参戦も多く、全く参考データとしてアテにできませんのである程度サンプルが揃って来るまでは金鯱賞を参考データとして予想をしていきたいと思います。

それでは鳴尾記念の参考レース“金鯱賞”の過去10年の傾向です。

上位人気の成績()内は中京開催、《》内は京都開催
1番人気
2、2、1、1、2、1、6、)、《1、1
2番人気
1、4、3、3、3、10、1、4)、《8、
3番人気
13、9、4、4、1、2、4、5)、《7、》着
4番人気
(7、1、5、6、4、7、7、12)、《3、13》

1番人気が9連対とぶっちぎりの強さ。2、3番人気が合わせて5連対しており上位3番人気までで14連対と圧倒的に人気馬が強いレース。流石は宝塚記念へのステップレースといったところでしょうか。
上に書いたとおりG靴箸呂い─⊆太喃呂縫丱みたいな負担重量はありませんので恐らく人気馬が強い傾向はあまり変わらないかと思われます。本番でも楽しめるような馬には逆らわずに手堅く。

前走から
天皇賞(春)出走馬
2、3、7、3、4、2、4)、《8》着
その他のG欺仭馬
(13、1、8、1、6、10、3、6、16、6、16)、《1、3、5》着
芝のG僅対馬
2、9、4、8、4、1、1)着
芝ののG兇韮魁腺誼綰

13、6、9、2、10)、《中、2、11》
芝のG兇韮驚絨焚
4、18、5、7、中、3、7、11、14、2、10、12、15)、《6》
芝のG沓院腺鈎絨米
(10、8、1、4、2 )、《1、7、6、9、13、15》
芝のG靴韮潅絨焚
(14、5、10、2、6、12、2、5、1、3、7、10、5、6、8、12、15、中、4、8、13)、4、5、10、11、12、12、16》着
芝のOP特別で3着以内
1、6、11、1、3、12、中、7、4、11)、《4、10》着
芝のOP特別4着以下
(7、8、10、12、15、16、11、14、9、11、8、11、12、5、9、13、7、9、14、17、18)、《3、13、7、8、14》着
芝の1600万条件連対馬
3、5、5、3、5)、
芝の1600万条件2着以下
(7、6)着
ダート戦出走馬
(8、9、9)、《2、9》着

天皇賞(春)を除いた前走G欺仭馬は案外ポカも多い。特に前年G気らの休み明け、今年初戦の馬は要注意。前走G狭チ馬も何気に連対率は悪く、一方でG沓潅絨焚爾らの巻き返しもあることから前走成績を鵜呑みにしすぎるのは危険な模様。

上位3番人気以内の馬の前走別成績
天皇賞(春)出走馬
2、3、3、4、)、《8》着
その他芝G欺仭馬
1、1、10、6)、《1、3》着
大阪杯5着以内
2、4、)、《》着
その他芝G僑誼絨米
(13、4、9、2、1)着
芝G沓誼絨米
)、《1、7》着
芝G沓驚絨焚
1、3、4)着
芝OP特別1着馬
1、4)着
1600万条件1着馬
(5)着

芝のG沓驚絨焚爾らでも普通に巻き返していますので、こういうステップでこんな成績の人気馬は危ない!というのはあまりない模様。ここで人気になるような実績馬であれば前走成績はあまり気にしすぎず素直に買うのがいいのかも?

今日のまとめ
阪神と中京。そして昨年、一昨年行われていた京都では求められる適性がちと違うのでその辺りがどうでるか?という気はするんですが“宝塚記念のステップ”として考えた場合、人気馬が滅法強いという傾向はさほど変わらないように思えます。日曜には大荒れしそうなメインレースが控えてますしね、ここは手堅く資金稼ぎ。というか安田記念を気軽な気持ちで穴が狙えるようにしておきたいところ。
明日はPOGのドラフトなんですが仲間の仕事の関係で深夜開催になりましたので普通に夜予想を更新してから出れると思います。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年05月30日

土壇場ですが、今年もPOG勝手におすすめ馬 その2

ブエナビスタにオルフェーヴル。レーヴディソール、アンライバルド、ドリームジャニーなどなど。今年は今年でディープブリランテ、ジェンティルドンナ、ジョワドヴィーヴル、ワールドエース。

ある意味ディープ産駒以上に凶暴なのがサンデーレーシングのクラブ馬。

種牡馬がどうのこうの、血統がどうのいうよりもサンデーレーシングの馬を狙ってさえいれば面白みはないかもしれませんがPOG勝てちゃう気さえする。

ただ、ここ数年クラブ馬が圧倒的に強い所為で“良い馬はどうせクラブに回しちゃうんでしょ?”というイメージが馬主さんに付いちゃうのは牧場経営としてはよくないはず。
セレクトセールで馬が売れなくなっちゃいますからね。

そろそろ他のクラブにもいい馬を回したり、セレクト組にクラシックウイナーがバンバン出るような気もするんですが…。それが今年かどうかは?
ただ1つ言えるのはなりふり構わずノーザンF生産馬、育成馬を狙っていかないとPOGは勝てない時代になっちゃってる気がします。

それでは今日も勝手に評判馬を評価です。

リジェネレーション(アグネスタキオン×エアトゥーレ)
取りたい度70
キャプテントゥーレの全弟。クズを出さなく堅実に走る兄弟で今年の産駒の評価も高い模様。ただ最高級の評価を得ていたキャプテントゥーレでさえ2000mがギリギリというスピード感溢れすぎな血統。1つ上の半兄クランモンタナは中距離中心に使われたせいでそのスピードを生かしきれず勝ち切れなかったというのが私のイメージ。マイル中心に使われればかなり稼ぐ気はするんですが…

リグヴェーダ(ディープインパクト×ニキーヤ)
取りたい度65
母がゴールドアリュールを産んでからもう10年以上、その間評判になった弟妹もいましたがPOG期間に重賞はおろかOPも勝てていません。基本的には3歳春には完成しない母系な気がする。ダービー5着のゴールドアリュールですら芝のレースは期間内7戦1勝ですし。ここで出るなら上でも1頭くらい重賞ウイナーがいていい気がする。。

カミノタサハラ(ディープインパクト×クロウキャニオン)
取りたい度80
2つ上の兄ボレアスはダート馬。今年の3歳マウントシャスタは毎日杯2着、白百合Sも勝ちましたが、やはりパワフルな走りでマイルCでも伸びの欠き方をみるとG汽譽戰襪任亮任旅眤決着には不安が残ります。ただ国枝厩舎はパワフルな芝馬を育てるのが上手いですからね。夏の北海道開催や暮れの中山をパワフルな走りで荒稼ぎしそうなイメージも。

アルテミスハート(ハーツクライ×ムーンレディ)
取りたい度70
エイシンフラッシュの半妹。しかしその後に付けられたSS系種牡馬の半兄2頭は評判どおりの活躍を今のところ見せられていません。キングマンボの血統で大爆発しただけにSS系との相性はどうなのか?という疑問が残ります。逆にもしこの馬が期待ハズレに終わっても下のキングカメハメハ産駒は評価を落としちゃいけないとは思いますけど。

エピファネイア(シンボリクリスエス×シーザリオ)
取りたい度75
繁殖の質が一気にあがった現3歳世代ですらクラシックは勝てなかったSクリスエス。普通に考えれば今年はもう眼中から外すべきなんでしょうが、昨年ならそこそこ人気になりそうな評判馬を下位で指名できるとしたらアリなのかもしれない。何だかんだで2歳王者は出てますし、過去にはサンカルロ、アリゼオ、アプレザンレーヴと期間内G競Εぅ福爾發い泙垢靴諭

ミライエ(ディープインパクト×アドマイヤキラメキ)
取りたい度95
ラシンティランテの半妹で叔父にトーセンジョーダン、トーセンホマレボシ。お姉さんは使い方か気性的なものかリズムが狂って後半さっぱりでしたが、阪神JFでは3番人気に支持されるほどのパフォーマンスを見せていた馬。少し違えば頂点まで一気に上り詰めるような妹が出ても不思議じゃない。母系のよさからも非常に欲しい1頭。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


ユニコーンS 過去の傾向から

ダービーデイの目黒記念のように今年からこのユニコーンSもG気里△箸虜能レース組み込まれました。
G気△箸虜能レースは余韻に浸りながら気軽に穴でも狙いたいのに、なんかこうしっくり来ないのは私だけでしょうか?

G気瞭はG気冒肝賄蟲紊靴燭い鵑任垢韻匹佑Аまぁ目黒記念でも同じような文句垂れたら全力投球したダービーが外れて、気軽に予想した目黒記念の方が当たったんですけどね…。
なので文句に説得力がまるでないんですけど。

でも、目黒記念と違って比較的当てやすいユニコーンS。案外このレースに限ってはG気瞭の最終レースに変更になったのはいいことなのかも。
それではユニコーンS過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
2、1、4、1、12、1、1、1、1、2
2番人気
16、6、2、3、14、2、11、2、2、3
3番人気
9、3、13、7、10、12、2、3、4、
4番人気
3、4、3、2、1、4、9、12、中、9着
5番人気
6、2、1、5、3、7、15、5、9、13着

5番人気以内の馬で9勝、2着9回、3着7回。6番人気以下の連対は7番人気の僅か2頭しかなく3着3頭も7、6、6番人気。つまり複勝圏内に入った30頭全てが7番人気以内の馬という非常に固いレース。
安田記念でボコボコにされたあと、ドン!と絞って取り戻すには絶好のチャンスかもしれません。
安田記念を負けること前提に書いててすんません。

前走成績から
兵庫CS連対馬
2、6、2、3、2、10、1、3、9着
兵庫CS3着以下
5、15、10着
その他地方競馬出走馬
1、10、16着
昇竜S連対馬()内は中京1700m
(10、2、1、3、7、3、5、1、8)、
昇竜S3着以下
(5、6、11、12、13、8、10、8、8、9、13、14、16、6、10、9、14、6)、4着
端午S(いぶき賞)連対馬
13、1、2、1、1、2、2、3
端午S3(いぶき賞)着以下
14、4、16、6、7、8、9、12、14、6、7着
伏竜S連対馬
なし
伏竜S3着以下
15、8、5着
ヒヤシンスS連対馬
4、15、
ヒヤシンスS3着以下
9、16着
ダート500万下1着馬
7、7、16、5、7、11、14、16、6、10、11、13、14、1、10、15、3、5、7、14、13、14、2、5、7、10、13、15、4、5、15、5、8、11、12着
NHKマイルC出走馬
9、1、3、4、14、2、6、7、4、11、12、3、4、9、11、16、中、10、15着
その他芝のレース出走馬
3、4、8、15、16、5、9、11、12、13、15、6、12、15、12、4、9、11、12、8、9、13、2、6、7、12、4、8、11、12、11、13、13、14着

前走OP以上で連対していた馬が非常に強く、OP特別3着以下の馬や500万下を勝ちあがったばかりの馬は苦戦傾向と前走傾向も綺麗に出ています。
厄介なのは芝からの転戦馬がやたらと多く、そしてこれがまた結構馬券に絡むということ。OP実績のある馬を中心に芝出走馬をちょいと絡めて…こんな感じで。

5番人気以内の馬の前走別成績
兵庫CS連対馬
2、6、2、3、2、1、3、9着
兵庫CS3着以下
5着
昇竜S連対馬
2、1、3、7、3、1)、
昇竜S3着以下
6、14着
端午S連対馬
13、1、1、1、2、2、3
端午S3着以下
9着
ヒヤシンスS連対馬
4、15、
ダート500万下1着馬
1、10、7、2、5、4着
NHKマイルC出走馬
9、1、3、4、2、4、12、9、11、中着
その他芝のレース出走馬
3、16、12、2、12、13着

ご覧のとおり軸は当然OP競争連対馬。ただ今年の場合端午S連対馬が不在で、昇竜Sも昨年から距離短縮。昨年こそアイアムアクトレスが勝ちましたがサンプル数はまだ少なくアテにできるかどうかは?
芝のレース出走馬はよく人気になりますが、複勝率は低く狙うのであれば軸ではなくあくまで相手の1頭として買うくらいが良さそうです。

今日のまとめ
端午Sの連対馬が不在、昇竜S組は距離短縮になってからまだサンプル数少なくアテに出来ないということなら選択肢は1つ。兵庫CS勝ち馬オースミイチバンが軸候補。
問題は相手をどうするか?ということですが…。端午S3、5着馬あたりを繰り上げて評価するべきか。距離短縮でも昇竜S連対馬を信頼するべきか。それとも芝から狙うべきなのか?固い傾向であまり手を広げられないレースですので紐の絞り方と買い方が難しい…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年05月29日

土壇場ですが、今年もPOG勝手におすすめ馬 その1

ダービーも終わり、心機一転来シーズンへ向けての馬選び。というか、本来もうリストを作り終えていなくちゃいけない時期なんですけどね…。今年からダービー翌週から新馬戦が始まりますし。
時間もないので簡単な内容になりますが、来シーズンの展望と自分なりの評価をちょっくら更新してみたいと思います。

初年度産駒と違い重賞、OPに壁がなく重賞をバンバン勝ちまくった2年目のディープインパクト産駒。阪神JF、桜花賞、オークスと牝馬G気倭蹐覆瓠
牡馬路線でも皐月賞で2、3着。ダービーでは1、3、4着と上位を占めた。来年もこの調子だとしたらディープ産駒を指名しないとボロ負け確定。

ただ、初年度と2年目で配合を変えたように2年目と3年目もまた少し違うような気がする。また一般的に繁殖の質が落ちてくる種牡馬3年目。
3歳世代と比べるとちょいと質は落ちている気がする。逆に初年度好調だったネオユニヴァースの繁殖相手が大幅にアップしてるんですよね。

今年は走ったからといってディープ産駒で固めるのは危険な予感。かといって当たればでかいが外れてもでかいネオユニヴァース産駒で固めるも危険。
昨年はディープ産駒中心に指名馬を選びましたが、今年はバランス良く種牡馬を選んで行きたいと思っています。

それでは、オススメ馬。というか評判になってる馬の超勝手で無責任な個人的評価を少々。

リヤンドファミユ(ステイゴールド×オリエンタルアート)
取りたい度50
言わずと知れたドリームジャーニー、オルフェーヴルの全弟。この配合の相性の良さは最早疑いようはなく、あとはこの母から3匹目のドジョウが出るのか出ないのかの予想のみ。個人的にはもうこの母からの最高傑作は出たと。もし走られてもG毅欧弔六って行かないだろうと。というかオリエンタルアートの仔を1頭も
指名したことがないのに今更どの面下げて指名すればいいんだよ!というのが本音。

エアグルーヴの2010(ディープインパクト×エアグルーヴ)
取りたい度75
この母の仔は取らないと仲間内に宣言しちゃってるので今更取りにいけない馬ですが、評判はめちゃんこいい。全姉と比較しても同時期の評判はこっちの方が全然高いんじゃないでしょうか?母系が晩成なので早生まれというのも魅力的にみえる。ただ藤原英厩舎なので幼いと判断されたら期間中にあまり数を使ってくれない危険性はあると思います。

アドマイヤキンカク(ディープインパクト×ソニックグルーヴ)
取りたい度85
アドマイヤグルーヴの仔は別としてエアグルーヴの孫がこんなに評判になってることって今まであったのかしら?上もそんなに走っていませんし…。こりゃ相当馬のデキが良いんじゃないかなと。母父フレンチはマウントシャスタで結果も出ましたしね!馬名がキンカクというのがちょいと気になりますが、近藤さんの馬は結構デビュー前に馬名が変わったりしますんで、馬名で嫌うと痛い目に合う可能性も。

ディアマイベイビー(ディープインパクト×オールザウェイベイビー)
取りたい度95
アドマイヤムーン、レーヴディソールなどなどPOGでは大変良い思いをさせて貰ってる松田博厩舎。その松田博厩舎に昨年度指名馬のダノンドリームの妹が入厩。そういう背景だけで取る気満々。昨年の兄は怪我で思うように活躍できませんでしたが、ドラフト時点での評価はトップクラス。妹も同様に評価が良いようですし昨年指名した身としたら是が非でも欲しい存在。

ノーブルコロネット(ディープインパクト×ノーブルステラ)
取りたい度90
Smarty Jones産駒のお姉さんであれだけの快速馬が出たのであれば…。ディープ産駒はマイル路線での活躍も目立ちますし牝馬に活躍馬も多い種牡馬。また欧州血統の馬との相性もいい。当初は今年度から開業予定だった模様のG1レーシングクラブ。ある程度の実績を作るためにこの世代にはいい馬が揃ってるとみる。

ディオジェーヌ(ディープインパクト×フォーシンズ)
取りたい度90
欧州輸入繁殖牝馬にディープをつけて…というのは2年目ディープ産駒の大成功パターンの1つ。母父ノーザンダンサー系との相性は抜群でジェンティルドンナで今年お世話になった石坂厩舎というのもグッとくる。2年連続同厩舎からはないんじゃないの?という気もダービーを見るとしますが、2歳女王は2年連続同厩舎から出ていますしね!気にしません。

トーセンパワフル(ネオユニヴァース×アコースティクス)
取りたい度90
血統からも馬名からも非常にパワフルなタイプにみえる。ダービー向きではないかもしれませんが、早い時期にデビューできるので洋芝の北海道開催をはじめ秋の中山開催と稼ぎどころは非常に多く、指名できればロケットスタートを決めれる可能性も大。ただ三振も多いのがネオユニヴァース産駒。ハズレだった場合はドラ1レベルでいきなり大きく出遅れる悲惨なPOGスタートになる恐れも…。

ダイワレーヌ(チチカステナンゴ×ダイワスカーレット)
取りたい度80
ダイワスカーレットが引退しチチカステナンゴと配合されるというニュースを見たとき、産まれた仔の馬名はチチカススカーレット(字余り)になるのかなぁ?なんて馬鹿なことをブログで書いていたことを思い出した。あの時ネタにした生まれてもなかった仔がダイワレーヌという名前になってデビューを控えてる。感動であります。ただあれだけの繁殖を集めた割にあまり目立ったコメントを見ないのがチチカス産駒(この略仕方であってるの?)。初年度は様子見程度、余ってたら中位あたりで位がいいのかもしれない。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年05月28日

安田記念 過去の傾向から

さて、春の東京G杵∪錣發海譴悩埜紂終われ良ければ全てよしとは言うものの、終わりが1番当たる気がしない。

ただでさえ難しい安田記念なのに、今年はどの馬が1番人気なのか?すら見当も付かないほど中心馬不在の大混戦。
当たる気はしないですけど、当てたらでかいでしょうね。これは。
なんだかG鞠脇瓜里之茲泙辰討發なり大きい配当になりそうな気がしますし…。

どの馬も勝つイメージがわかないので、どういう結果が出るのか非常に楽しみ。
なのでお願いだから外国馬同士でのワンツーフィニッシュだけは勘弁して貰いたいところ。

安田記念過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1人気番
5、3、5、6、10、5、8、1、14、6
2番人気
2、7、14、8、4、1、1、2、4、10
3番人気
18、5、13、18、1、2、17、7、7、
4番人気
3、1、2、12、5、9、5、4、11、8
5番人気
4、11、3、3、9、16、2、9、3、2

5番人気以内の馬は5勝していますが、その内海外調教馬が1頭いますので、日本の馬で5番人気以内で勝ったのはアグネスデジタル、ダイワメジャー、ウオッカ(2回)の3頭のみ。3頭とも勝った当時既にG鞠呂任△蝓▲瀬ぅ錺瓮献磧次▲Εッカはその後、秋の天皇賞を制していますので3頭とも天皇賞馬でもあります。このクラスの馬でないと人気で勝ち切るのは厳しいのかも?
中位人気の馬が良く絡み、1〜5番人気の馬も殆ど成績に差がないのが特徴であまり人気は気にせず切れる馬はバシバシ切って穴を狙いたいレースです。

同年実績から
高松宮記念
1着馬
12、12、10、5、15着
2〜5着馬
1、11、14、18、5、8、11、10、13、13、15着
6着以下
9、7、10、3、5、12着
ヴィクトリアマイル
1着馬
5、1、6着
2〜5着馬
3、8、1、16着
6着以下
4、14、13、15着
NHKマイルC
1着馬
なし
2〜5着馬
11、
6着以下
なし
京王杯SC
連対馬
4、15、7、2、14、1、11、6、10、6、17、7、8、11、12、8、2、8着
3〜5着馬
2、8、17、12、6、12、8、9、10、18、5、18、3、10、4、5、16着
6着以下
6、14、17、18、6、8、12、9、17、16、18、7、16、18、12、9、14、13、12、13着
マイラーズC昨年まで阪神開催
連対馬
3、9、3、5、15、17、4、5、2、16、4、7、14、4、8着
3〜5着馬
6、8、5、14、1、5、4、10、3、11、9、13、3、4、7、6、10着
6着以下
15、17、17、6、10、15、18、6、11、13、16、6、10、5、10、2、15、17、3、16、17、18着
ダービー卿CT
連対馬
4、7、中、7、8、8、12、1、18、18着
3〜5着馬
12、14、9、14着
6着以下
7、8、15、4、16、6、9、15、4、6、16着
東京新聞杯
連対馬
1、9、3、6、14、15、10、16、5、16、13、4、
3〜5着馬
6、9、1、10、6、11、9、14、10、18着
6着以下
15、7、12、8、13、15、10、15、3、12、15、8、10着
中山記念
連対馬
3、5、7、9、4、17、16、3、4着
3〜5着馬
3、5、5、15、8、11、4、1、17着
6着以下
7、12、8、13、6、12、15着

一応それらしいレースの成績を調べてみたんですが、出走馬が使ってくるレースがバラエティに富みすぎていて好走しそうな馬を見つけるのは難しい…。相性の悪いレースは一目瞭然なんですけどね。
タフな府中マイルコースということで距離適性がマイルより気持ち長めの馬が活躍する傾向なのが安田記念。なので1400m以下の京王杯SCや高松宮記念といった短距離向きのレースで好走していた馬は不振傾向。ステップレースに東京や阪神の1800mのレースがあれば恐らく成績がリンクしやすいんでしょうけどね…。
あまり前走、前々走で好走していたからといって、それを鵜呑みにして馬券を買うのは危険というのが安田記念の傾向でしょうか。

前年実績から
マイルCS
連対馬
5、18、13、18、4、13、1、8、7、18、10、12着
3〜5着馬
2、7、3、6、5、17、10、5、4、15、7、12、18着
6着以下
6、11、14、15、17、5、8、2、6、15、7、12、9、18、11、3、13、15、9、14、17、3、13、15、17、3、5着
天皇賞(秋)
連対馬
1、18、1、1
3〜5着馬
17、2、5、2、4着
6着以下
7、5、5、6、6、7、8、9、13、17、13、3、7、3、8着
安田記念
連対馬
5、6、2、6、1、8着
3〜5着馬
11、5、6、7、14、17、1、11、1、9、5、13、6、15、
6着以下
5、13、14、4、2、8、17、4、5、9、10、13、16、17、18、6、15、18、3、4、7、8、17、7、17、2、3、5、8、12、9、12、13、17、18着

府中と京都マイルでの求められる適性の違いなんでしょうか?前年マイルCSの好走馬は酷い状況。逆に天皇賞(秋)の好走馬が好成績でやはり中距離適性のある馬の活躍が目立ちます。
前年安田記念出走馬もそこそこ馬券に絡めており、近走成績より府中マイルへの適性が重要なレースといえそうです。

上位5番人気以内の前走別成績
海外G汽譟璽構仭馬
5、3、1、1、9、2、17、11着
国内G汽譟璽構仭馬
5、5、1、1、6着
京王杯SC5着以内
2、4、7、2、14、6、12、9、10、5、8、2、8着
京王杯SC6着以下
18、18、9着
マイラーズC5着以内
3、3、5、4、2、4、7、3、4、7、14、10着
マイラーズC6着以下
16、
ダービー卿CT1着馬
8着
大阪杯5着以内
3、2
阪神牝馬S1着馬
13着
新潟大賞典出走馬
5着
芝OP特別出走馬
11着
ダート戦出走馬


国内外のG欺仭馬から4勝、そしてダートの交流重賞を叩いたアグネスデジタルが1勝。つまり京王杯SCやマイラーズCといった国内主要ステップを使って人気になった馬からの優勝はなく危険な人気馬になっています。
マイラーズC組は連対数は少ないものの14頭中9頭が掲示板確保でその内5頭が馬券絡みとそこそこ安定していたんですが、そのマイラーズCも今年から京都…。前年マイルCS出走馬のデータを見る限り買いづらくなってしまいました。
また国内G気ら優勝したのは2回ともウオッカですので、このデータを他の馬に当て嵌めていいのかといえば違う気がする…。人気馬に絞っても好相性と呼べるステップはどうやらなく逆に言えばどんなステップ、成績できた馬も危険な人気馬といえると思います。

今日のまとめ
難解極まりないレース。危険な人気馬はわかっても何を買っていいのかわからない。近走成績から馬を選ぶのではなく、府中1800〜2000mでの実績、もしくは適性がありそうな馬を狙って行きたい。
軸候補は天皇賞(秋)で2度馬券になっているペルーサ。そして前走京王杯SC優勝というのが逆に引っ掛かりますが、府中で行われた皐月賞で2着に入っているサダムパテック。昨年の勝ち馬で毎日王冠でも2着しているリアルインパクトなど。
3頭馬名を挙げてみたものの揃って飛びそうに見えるから困る…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年05月27日

日本ダービー回顧 ディープインパクト産駒初制覇!

大挙7頭出走のディープインパクト産駒。私も本命、対抗、単穴をディープ産駒で固め押さえで2頭。ディープ産駒7頭中5頭の馬券を購入しておりました。

よりによって買ってない2頭のうちの1頭。それも名指しで切った馬が頭とは…。
まぁ良くあることなんですけどね。
何もダービーまで。。

日本ダービー 予想

 1着−ディープブリランテ
 2着△フェノーメノ
 3着▲トーセンホマレボシ
 4着◎ワールドエース
 5着△ゴールドシップ

 9着×ベールドインパクト
10着△グランデッツァ
11着×ジャスタウェイ
14着△スピルバーグ
18着〇ヒストリカル

1000m通過59秒1は先週ズバッと差しが決まったオークスと全く一緒。前が残る馬場とはいえ、2番手に付けていたPO馬トーセンホマレボシのことを考えるとちょいと速いんじゃないかと思った。しかもそのあと、逃げるゼロスを追いかけ3番低下を引き離しに掛かっている。
Sペースの瞬発力勝負じゃまだ厳しいと思っていたので、やって欲しかった競馬は正にコレ。ただもうちょいペースが遅ければ…。

惨敗も覚悟したペースでしたが、2頭で後続を引き離して直線に入って来たところでゾクゾク鳥肌が立った。行けるかもっ!?
ラスト2Fで先頭に立った時は倒れるかと思った。あのペースを4番手に付けていたディープブリランテは伸びないはず。差し馬に向くペースだと思っていましたし問題は2強。その2強はどこだ?
そう思った矢先画面が切り替わり外の2強へ。まだあんなとこにいる!ワールドエースから買ってた馬券はすっかり頭の外に吹き飛んだ。

これなら勝てる!!!!!!!

再び画面が切り替わったら既に抜かれてた。残り200mはトーセンホマレボシとの1年間の思い出がまるで走馬灯のように流れてる間に終了。
ありがとう、ホマレボシ。今年の私のダービーは2200mでした。

勝ったのはこのペースを4番手じゃ伸びるはずないよね、と思ってたディープブリランテ。後でレースラップを見直してわかったんですが、1000m通過したあとの3Fでペースが少し落ちている。落ちているにも関わらず前2頭は3番手以下を離してる。
ということは…。3番手以下はかなりここでペースを落としてるみたい。この3Fで溜めた脚が最後に繋がった模様。そしてこの3Fで前2頭を捕まえに行かなかったことが“2強”も届かなくさせたのかも。

ここ3走ゴール前で差される競馬が続き仕掛けや乗り方に関しても大分批判がありました。しかし今思えばああいう負け方をした事が今回に繋がったのかも。
ここ大一番でハナ差凌いだギリギリの仕掛け。岩田騎手!天晴れ。
そして距離延長で軽い馬場の府中替りなら1円も要らないと思っていたディープブリランテ。強かったです。軽視してごめんなさい。

最後にアガリ最速を記録しながら馬券に絡めなかった“2強”について。
瞬発力がモノをいう東京2400mのダービー。アガリ3F最速を記録した馬が馬券に絡めなかったのはここ10年でこれで2回目です。もう1回は09年ロジユニヴァースの勝ったダービー。この時のアガリ最速は4着ナカヤマフェスタと6着のシェーンヴァルト。ただこの年は不良馬場で前残り。アガリ最速とはいえ39秒0という時計でした。
2強のどっちが正解かで盛り上がっていましたが2頭ともアガリは最速。負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれませんけど、2強から買った人もダービーの狙い方としては間違ってなかったんじゃないかと。

馬券にならなかったのは予想が悪いんじゃない!“運”がなかったんだ!と思い込み一緒に傷を舐めあいましょう(涙)

まぁ、勝ち馬ばっさり切ってる私には運とか抜かす資格はありませんけどね…。

さて、来年もまたダービーで叫べるように気持ちを切り替えて来年度のPOGへ。実は未だにリスト作成が終わっていない状況なんですよね。。
金曜日がドラフトなんですけど間に合うんだろうか。明日から本腰を入れて調べまくります!
そして今年の指名馬10頭。まだまだ応援してきますけど一先ずお疲れ様でした。そして1年楽しませてくれて感謝、感謝です!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年05月26日

日本ダービー、目黒記念 最終予想

前日1番人気は僅差でワールドエースのようですが、大方の予想どおり2強ムードのダービーになりそうです。
しかし両雄並び立たずということばがあるように、競馬でも案外2強ムードのときは2頭では決まらないもの。
府中の長い直線で人気2頭の追い比べもみてみたい気がしますが、馬券上では間に割り込む馬の存在に期待して好配等を狙ってみたいと思います。

日本ダービー データ

まず展開から。相変わらず内が残る馬場なのでSペースになると後ろの馬には厳しそうにも見えるんですが、その馬場のいい内につけようと前に殺到して展開が速くなったのが先週のオークス。前から競馬をしたい有力どころも多いですし、展開は速くなりそうな気がする。
また仮にゼロスがSペースに落として前半の1000mをゆったりした流れで入っても、人気の一角ゴールドシップはエンジンの掛かりが遅いタイプ。ドスローの瞬発力勝負には付き合わず早めにまくって行くことが予想されます。
人気の1頭が動けば一気に展開は速くなるはず。例え前半は緩くても後半一気に速くなるG気蕕靴じ靴靴のれになると予想。

むしろ前に行く馬よりも直線での末脚に賭ける馬を狙ってみたい。

そうなると末脚自慢のゴールドシップとワールドエースの2強でいいような気もするんですが…。
ゴールドシップについては昨晩書いてありますんで詳しくはこちらから→ゴールドシップの勝った皐月賞を振り返ってみる

レース間隔が開いた皐月賞でも−8キロと仕上がっていましたし、叩かれた上積みより反動の方が気になる。オッズ面からも軸にしないのであれば思い切って軽視。押さえの△で。

ということで◎ワールドエース。ラスト4Fが一気に速くなったきさらぎ賞では余裕を持って差し切り勝ち。瞬発力だけでなく持久力も兼備しており厳しい流れにも対応可能。前走も躓かなければ中団あたりに付ける気はあったようですし、この枠なら最後方からの競馬にはならないはず。皐月賞2〜4着馬が不振というデータはありますが、コース取りのアヤだとしたらそれもあまり気にならない。

ヒストリカル。好相性レースきさらぎ賞の2着馬。というかインパクト的には例年の勝ち馬と比較しても遜色ないレベル。また毎日杯勝ち馬も過去10年で3連対と好成績。今回も恐らく前半脚を溜めに溜めての末脚勝負。展開待ちではありますが嵌ればまとめて差し切れるほどの破壊力はあるはず。

▲にPO馬のトーセンホマレボシ。ゴールドシップに早めに来られると前にいそうなこの馬にはツライかなぁとも思うんですが…。ただ瞬発力だけでなく持久力も問われるような厳しい流れは歓迎なはず。調子は良いようなのであとは鞍上に全てを任してお祈りする。
あと1年POGで楽しませてくれてありがとうの気持ちを込めて単勝を。

△の1番手はグランデッツァ。距離延長は歓迎するタイプではないんですが、今の府中の馬場であれば乗り方次第でこなせるのかなと。またスプリングS勝ち馬はデータからも好成績で人気落ちの今回は是非とも押さえておきたい存在。
2番手以下は頭はないが馬券には良く絡む青葉賞馬フェノーメノ。末脚勝負では切れ負けしそうな気がしますが近年好調の最内枠に入ったスピルバーグも枠を生かした競馬ができれば面白そう。
穴はNHKマイルCステップできさらぎ賞出走馬のジャスタウェイ。皐月賞からダービーの間に1走挟んでいるローテがアントニオバローズやアサクサキングスと被るベールドインパクト

皐月賞向きにみえたディープブリランテは距離延長も向かなさそうで、軽い馬場への適性も疑問。また今展開が回差し予想ということもあり気合いの消しで。

買い目
◎ワールドエース〇ヒストリカル▲トーセンホマレボシ
△グランデッツァ、フェノーメノ、スピルバーグ、ゴールドシップ
×ジェスタウェイ、ベールドインパクト

単勝 ▲トーセンホマレボシ

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△×× 28点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△×× 42点


続いて最終レース目黒記念も簡単に。データ

このレースで大事なことは、ダービーのあと買うと勝っても負けても熱くなっちゃうので先に馬券を買っておくこと。
ましてや荒れるハンデ重賞で混戦模様。正直まったく当たる気はしない。。

こんな危険なレースをダービーあとに配置するとは。やるな、JRA!

スマートロビン。5番人気以内でメトロポリタンS3着以内の馬は4、2、11、1、4、2、9、13着。お世辞にもデータから好成績とはいえない成績ではありますが、他はもっとひどいのでこれにすがる。
府中実績も3戦2勝、G靴韮鈎紕渦鵑塙ダ績で今の馬場もこの馬に向きそうな予感。

相手は荒れるレースということで人気薄まで手広く。〇にダイヤモンドS5着、軽ハンデのピエナファンタスト。▲は本命馬とどちらを軸にするかで迷ったタッチーミーノット。△にはエアポートメサトウカイパラダイスコスモロビンに一昨年に勝ち馬コパノジングーを。
最後にトレイルブレイザーも押さえて終了です。

買い目
◎スマートロビン〇ピエナファンタスト▲タッチミーノット
△エアポートメサ、トウカイパラダイス、コスモロビン、コパノジングー、トレイルブレイザー

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点


それではダービー楽しみましょう!
トーセンホマレボシ頑張れ!!!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList